■お知らせ
■『築地あるき』

楽天ブックでどうぞ~~!!

■ブログ内検索

■ユーザータグ
■こんな感じで書いてます
■最近の記事はこんなです。
■神戸で生まれ育って18年。

midori

Author:midori
今では東京暮らしの方が長ぅなってしまったけど、大好きな神戸にいまでもこだわりがあります。
山と海がないとね~
(本文中の写真はクリックすると少し大きくなります)




神戸の会社設立屋が送る神戸時計

■ブログ全記事表示
■RSSフィード
■コメントありがとうございます。
■とらばしてもらいました
■イカナゴのクギ煮アンケート!

イカナゴのクギ煮のアンケートにご協力ありがとうございました。 こちらの記事にまとめました。 イカナゴのクギ煮アンケート結果報告 これからも宜しくお願いします。

■いつもお世話になってます
■❤ New Entry

■ページランキング :2007.10~のエントリー

■過去記事2007年度

■FC2カウンター
■訪問中!

■リンクサイト

好きです神戸

■ネットショップ





スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
明石魚の棚2008冬
こんにちは~ さいきんすっかり「明石のことでもかこうか」のmidoriです~~

明石で〆は やっぱりうおんたな(魚の棚)。
訪れたのは11月下旬、ちょうどコウバコ(せこがに)がたっぷりお店に並んでいる頃。

セコガニ、4つ1000円、 3つ1000円・・・・
うおんたな2

コウバコのシーズンイン直後にこれを見たので、
築地で1匹500円をなかなかくだらないコウバコには手がでず・・・
ついに今年は食べずじまいになりそう・・・

うおんたな3
太刀魚もまだ売ってます。 けっこうでかい。
そういえば、わたしはうおんたなで魚をあまり買わないなぁ。。
理由は・・・・高いから…・
うおんたなは 観光地化してるから高いのかと思っていたのだけど
実は 一匹一匹も結構でっかいからじゃないだろうか、と今回気づいたわけです。
神戸でいつも使いのお魚屋さんは 街の小さな小売なので 核家族にも手頃な小さな魚を売ってるのかな、なんて思ったりね。

うおんたな4

奥の方には 「天然つばす」 の荷札が。
他の店先にも ツバスが活け締めでピンピン動いてる。ちょうど旬?かな?
つばす・・・・・ そういえば 神戸でよく聞く名前だ。
東京だと なんていうんだっけ? はまちのちいさいの・・・ ワカシ?
手前にメイタ、マルハゲ、川津海老の大きくなったの?あぶらめ?
イイダコもありますね。シーズンじゃないと思うけど、ちょっとだけ飯が入ってるように見えます。
今どきから飯が育ち始めるのかしらね。
tatiuo
太刀魚、あまりにも見事なので写してみました。
2本1500円は 築地ではあり得ん安さでしょう!
後ろに写ってるお店の人の靴の大きさからも推測できるように、棚の大きさが80センチ位?
棚より少し長い位の大きさ。 けっして小さなものではありません。
築地で見なれた値段からすると、めちゃ安。 
神戸で私がいつも買う値段で比べても、高くないと思う。

意外にうおんたなもお買い得品あるのね。

たこ。 網に入ってます。 活け締めされて棚に並べられてるのもいたけど。
tako

アナゴ2本500円はお買い得! 中型の美味しそうなアナゴだった!
うおんたな5

マグロもある。ゆでだこもある。すでに年末商戦に入ってた?
うおんたな1

年末、といえば、これだよね~~~~!!!!(*^_^*)
karei!
「淡路産 出平かれい」
うおんたな6

子どもの頃は正月近くになると親がこれを買い込んでは ストーブの上で焼いて食べるので
飽きちゃってもういやって感じだったけど、 いま思えば 素朴で美味しい魚の干物だった。。。

で、やっぱり明石といえば、これでしょう。
うおんたな7
JR明石の駅から 播但汽船の乗場まで歩いていく道すがら、
淡路に渡った岩屋の港周辺には、こういうタコがぶらぶら干されてましたなぁ。。。

下の方にかけられてる 味醂干しみたいなのは 築地でも見かけるけど
上にかかってる タコ! タコです! という形のは 見たことないなぁ。

うおんたな8

結構高いものなのよね。
ウチではこのタコは買わんので、タコめしには活けダコを使うけど、 干しダコをタコめしにするんも美味しいらしいね。本格派は干しダコ使うとか使わんとか・・・
干物って味が深くなるから、きっと美味しいんやろうなぁ。
今度一度買ってタコめしにしてみよう!

海産物の保存食って 奥深いねぇ。
東京で出会った 鮭トバ も 鮭を寒風にさらして作る保存食で、まことに美味しい。

海からの頂きものを大切に最後まで頂く先人の知恵は、 これからもまだまだ活用したいもんです。

今回の神戸行きはこれで終わり~~ということで名残惜しい人もそうでない人も人気ブログランキングへどうぞ~~~~ヽ(^o^)丿


きょうのおまけ


明石からさらに西へ。 姫路駅の 姫路名物えきそば
himezieki
umai!
麺、黄色いです。 中華めんです! 汁は純和そば系。 これがなんと、うまいんだなぁ・・・!
kaisetu
ちょっと癖になります、これは。 姫路駅にお越しの際はぜひ!(*^_^*)




ブログパーツ




明石 | 21:15:09 | Trackback(0) | Comments(6)
玉子焼き三昧≪今中≫と≪いまい≫のハシゴ!その2 ≪いまい≫
≪今中≫さんを出て ≪いまい≫さんを探し始める。
なんででしょうねぇ。
≪いまい≫さんは なかなか見つからない。

「いい感じに腹ごなし」程度に歩いたところで ようやく発見。
いまい

なつかしゅうございます。お久しぶりです。
お店の中には お一人先客あり。
こちら、ご近所さんのようですね。
お店のお姉さんとおしゃべりが弾んでいます。
前に伺った時もそうだったなぁ。

おしゃべりに加わるわけではないけれど 聞くとはなく聞いてる。
マッタリした時間が流れて行きます。

いまいの玉子焼き

一人前20個630円。

アップもあるよ!
アップ!

menu
これは去年9月の訪問時に写した品書きなので お値段が少々ちがうのですが
こちらのお店は 玉子焼きが二種類あるんです。

「玉子焼」 と
「玉子焼(上)」 (卵多めでおいしいよ) ←と品書きに書いてある

去年、食べ比べたところによると、確かに「玉子焼(上)」 は 卵がおおい。
その時の印象としては
「玉子焼」 の方は生地の味がシンプルでちょっとドロッとした感じ、
≪松竹≫さんの明石焼きに近い感じ、
「玉子焼(上)」 の方は 卵が多い ≪お好み焼道場≫さんのに近い感じがしたんです。

ホントは、今回、≪いまい≫さんの「玉子焼」(普通バージョンの方)と
≪松竹≫さんのを 食べ比べてみたいなぁと思ってたんです。

でも、無理っしょ。

≪今中≫さん 1人前20個。
≪いまい≫さん 1人前20個。
計40個。

このあと いくら1人前15個とはいえ ≪松竹≫さんに行ったら
ひょっとすると 私は 玉子焼きがしばらく嫌いになっちゃうかもしれない。
嫌いになるまではいかなくても、 せっかく銅鍋買ったのに、 しばらく使う気にならないかもしれない。

≪今中≫さんに入ろうと決めた瞬間、 私の密かな≪いまい≫→≪松竹≫連食計画は
消滅していたのでした。。。(笑

で、 ≪いまい≫さんの 玉子焼き。

正直な話。 ≪今中≫さんで頂いた直後では、
生地の出汁が 猛烈に効いて ちょっとききすぎくらいに感じます。
ビールでもあればなぁ。。。。と思うくらいに ちょと味が濃い。

前回、全然そう思わなかったんだけどね。
むしろ、出汁の上品さに感動して、再訪、再再訪してるんですから。
不思議なもんです。

こちら タコ、しっかり入ってます。
タコ美味しいです(ちょっとしょっぱいか・・)。 生地の出汁しっかりしてるから、それはそれでおいしいです。
≪今中≫さんのすぐあとっちゅうのは ちょっと条件わるかったかなぁ~~~
でも、まぁ、私としてはお店の雰囲気もすごく好きだし、
こちらは すぐ探せさえすれば ぜったい再再再訪のお店になると思われ。

なんですぐ見つからんのやろうねぇ。 それが一番の謎。(^_^;)


ということで、今回で無事 明石焼き3強≪今中≫≪いまい≫≪ふなまち≫制覇。
今、率直に自分の言葉で表現すると・・・

≪ふなまち≫ 
ごま油の香りが独特、値段も一番安い、駅から一番近くてわかりやすい場所にあって
駐車場もあるのは手軽でいい。
食べるのが遅い人、ゆっくりする人と一緒に行くのはちょっと気兼ねするかな。(いつも混んでるから)
冷めても美味しいのは持ち帰りに最適。
ただ、ごま油がちょっともたれる感もある。数が多いからなおさらかも。

≪いまい≫
とにかくお店のお姉さんの柔らかい雰囲気が好き。 お好み焼もゆっくり食べられるし、
玉子焼きが二種類あるのも 気分で選べていいと思う。
卵が多い方も、そうでない方も好きだけど、どっちかというと多くない方が素朴で
「昔ながらの玉子焼き」的な感じが、イメージだけですけど、そっちが好きかな。
≪ふなまち≫がごま油使っている分ちょっとしつこい感じだけど、それに比べるとあっさり素朴。
場所がね~~~ ほんま、私そんなに方向オンチちがうんやけど、 どうもまっすぐたどりつけません。
うろうろ探すだけの時間がない時は無理かな。 

≪今中≫
今回、衝撃の出会いをしたわけですが、もうれつに私好みです。
あんなに上品に昆布出汁して、しかも出来上がりの形が美しい。
極上の茶碗蒸しが一口大の香ばしい薄皮まとった毬に仕上げられた感じ。
それに、なんですか、あのタコの味と香りは!
ちょっと反則!!くらい美味しい。私には。
あれはちょっとマネできないかもなぁ。。。。まず、タコが無理でしょう。そして、生地も・・・
並ばないならぜひ入りたいお店です。次回も多分、目指すなぁ…・
あ、でも、ジャンキーな味が好きな人にはNGかも。 出汁も汁も超薄味やから。。。

いまんところ、こんな感じです。
どのお店も、ボリュームあってお手頃価格になってるし
地元密着的ですごくいい感じ。
お腹の具合と気分で その時その時お店を選んでいくようかなぁ。

うおんたなからちょっとだけ歩けば この3強を味わうことができるから
観光で明石に来た人にも、ぜひぜひ 明石漁港の空気も楽しみながら 明石の漁港町を歩いてみてほしいと思いまするるるるる。。。。

〔いまい〕  明石市岬町18  ℡078-914-6139

なぜか「明石のことでもかこうか」の人になってるmidoriを応援する人気ブログランキングへ~~!よろしくです~~~ヽ(^o^)丿

あ、つぎあたり、 うおんたなの写真アップします。

ブログパーツ

明石 | 23:00:39 | Trackback(0) | Comments(4)
玉子焼き三昧≪今中≫と≪いまい≫のハシゴ!その1 ≪今中≫
○○に行く予定です・・・

わたくしが安福のおとぅさんに告げたお店。
それは、 以前「ふなまち」さんに行った時、 そのあと続けていったお店。≪いまい≫さん。
ここにはアップしてませんでした。 ないしょにしててごめんね~~m(__)m

「岬町18番」 という番地を頼りに歩き回った 明石の岬。
昔「源氏物語」で須磨明石の段でここらあたりが物語の舞台になったという。
そんなことを思いながらウロウロしてたら ヒョイとうまくお店の横に出たので入ったのでした。

その時のことを思い出しながら、 詳しい地図も持たずにウロウロし始めたのだけど
あらまぁ。 全然たどりつけないんですけれど!
どうしたもんだか。

そんな時、 ふと見ると あらら。 
明石焼きといえば 三本の指に必ず入る≪今中≫さんののれんが!
今中
(真ん中の黄色い壁のお家が≪今中≫さん)

≪今中≫ といえば 明石焼きのブログで 絶大なファンを誇る
明石焼きの中の明石焼きの店。
≪今中≫≪いまい≫≪ふなまち≫の 三大店として並び称されることも多く
いったいどんな店だろう、ものすごく気になってたお店です。


そういえば、前回も≪今中≫さんを見つけた後に ≪いまい≫さんが見つかったのでした。
その時は≪今中≫さんはお休み。
縁がなかったんだ。。。 そう思って さっぱりとあきらめたのです。
お休みだからあきらめるにも 心残りがない。

そんな≪今中≫さんが 今回は あいてる~~!!!
平日、しかもおそらく開店したばかり位の時間。

これが運命というやつなのね。

≪いまい≫さんに行くつもりだったんで、全然予定してなかったけど
急きょ 「≪今中≫&≪いまい≫明石焼きはしご大作戦」 に変更~~~!!!


今中

っていっても、明石焼きの写真は2枚だけです。。。。
なんてったって 急なことで心の準備ができてない。
明石焼きの雄(らしい)とも思っているお店ですからね。
ドキドキでのれんをくぐる。

いきなり面前カウンター。その奥対面で焼き台。
お母さんが 明石焼きの定番 菜ばし両手に一本ずつ、計二本で
明石焼きをクルクル回してはります。

店内 お客は私ともう一人だけ。

う~~~。 これって 素晴らしい出会い? ちょっと緊張するシチュエーション?(*^_^*)


明石焼き。 1人前20個600円。

今中!


おおお、アップです!
THE 今中!

ここでカメラは失礼して、明石焼きに集中!!

お出汁はものすごく上品な昆布出し?
ほとんどだしを感じないのに美味しい。
そして、明石焼きは…‥

これまた ぎりぎりに抑えられた出汁と卵が
ふうわりととろけて
奥に コロリと 小さいけれど
ああ、このタコの香りは いったいどうしたことだろう。。。。。

なんということでしょう。
こんな明石焼き。 初めてです。

とにかくタコの香りが尋常じゃない。
タコだけじゃないですね。 茹でる時、下処理に
なにかお母さんの知恵が働いているのでしょう。

あのタコ。 いったい 何が・・・

美味しいものに出会って 再現できそうな時は
猛烈再現欲がわきあがるのですが
こちらのタコは 

ムリ。

そういう明石焼き、いや、玉子焼きでした。

お店を出ても タコのいい香りが しばらく口の中で夢見るように香ってました。

「玉子焼きの雄」 の お母さんは
クルクル 玉子焼きを きれいにまあるく仕上げながら
楽しそうに焼いておられます。
香ばしい焼き色がついて とても美しい玉子焼き。
やさしい雰囲気が とても和みます。

ありがとうございました。
ごちそうさまでした・・・・・・


〔今中〕  明石市岬町26  ℡078-913-6455  木休  →食べログ
今中行く前に→人気ブログランキングにもいっとかなあかんで~~ヽ(^o^)丿

ブログパーツ



明石 | 22:35:39 | Trackback(0) | Comments(0)
明石焼きの鍋を買う。≪安福≫@明石うおんたな

「久しぶりの1日神戸にmidoriはなにをしたか」 シリーズーー!に戻ります~~~~!

以前の記事はこちらね~~
◆ルミナリエ2008 (12/02)
◆神戸のイルミネーション、南京町のランターンフェア (12/03)
◆味覇(ウェイパー)の廣記商行で豚デンブを買う (12/07)
◆≪ぎょうざ苑≫でジャジャ。高架下でカウパレード。 (12/10)


今回、「これだけは~!」 という私の意気込みそのままに
明石のうおんたな(魚の棚)は今日もにぎやかに大漁旗はためいてます~!
(うおんたなの様子は 後にアップ予定~!)
うおんたな

今日の目的地は うおんたなから一本海側の大通りに面したお店。

yasuhuku


≪安福:ヤスフク明石焼き工房≫  明石市本町2丁目6-7 ℡078-911-2855
ー明石を食べる 郷土料理を訪ねてー「うまさを引き出す銅鍋 明石焼き」2007年1月6日掲載
(神戸新聞読者クラブ)

◆ヤスフク明石焼工房 @ 明石本町 2007.01.16付 ≪ころりんの「道楽もんのこころだぁ~」≫

ラインナップ

以前、神戸で明石焼きの銅鍋を買ったお店をご紹介しましたが
◆live in kobe③ 高架下→センタープラザ→元町森谷のコロッケ
銅鍋のヘリの立ち上がりがお店仕様のようじゃなく、生地がこぼれやすいのが気になってました。
ちゃんとお店みたいなキリッと立ち上がりのある銅鍋欲しい~~~!!!

物欲が頭をもたげたのは、 もちろん、 今年ついに築地で出会えた 美味しいおタコ様のせい。
美味しいタコが手に入れば、当然明石焼きを焼きたくなる!
タコ焼きなら小学生の頃から回してた(タコ焼き焼くとき回すからそう言う)わたくしです。
どうしても、どうしても、ど~~~~うしても 欲しくなってしまった。 プロの使う明石焼きの銅鍋が。
ビタクラフトもル・クルーゼもいらんから、 明石焼きの銅鍋、買わせてください!お代官様ぁ~~~~m(__)m

銅鍋

おおおー!あるある。 銅の明石焼き鍋。
美しいわ~~~ヽ(^o^)丿 欲しい欲しい ほ・し・い~~~!

ご主人にお話しいろいろ伺いながら物色。
形だけでなく、銅の厚みが違うなど、いろいろな種類があります。

「こっちで作ってんねんで」 と 奥の作業所に案内してくださる。
「あ、 ここは撮ったらあかんで」 はいはい。
お~~~~~!!!すごい! 作りかけの鍋がいっぱい~~~!
めっちゃきれい~~~ めっちゃ楽しい~~~~~ヽ(^o^)丿
銅鍋って、好きです。 うちの雪平、出汁巻き焼き、銅です。 めっちゃ便利です。
明石焼きのお鍋も、銅じゃなくちゃ。あの熱の伝わり加減、最高~~~!

奥の方で作りかけてた、カッコえ~鍋に持ち手をつけてもらうことにしました。
「ちょっと待ってて~40分くらいしたらできるから。 
明石焼き、食べてくるんやろ。 その間につけといたるわ。どこの店にいくんや?」

今日の予定は○○です。

「あ、あっこな。 あっこの鍋、こないだ作ったで。 前のがアカンようになってきたゆうてな」


ということで、作ってもらってる間に 明石漁港経由 あのお店へ…

明石漁港といえば、 この春、とても気になることがありました。
◆神戸の海苔≪須磨海苔!≫その1 明石漁港でであったお兄さんたちは海苔養殖の準備をしていた 2008.1.7付
◆イカナゴも海苔も えらいこっちゃ!!! 2008.3.10付

お兄さんたち、どうしてるかなぁ。
漁港の方に行くと、道路もスッキリ、海苔網はもう海やろうか…
垂水の沖合には海苔網が張られてる感じやったんで、 ちょっとほっとしてたんですけど。

明石漁協

明石漁港

お昼近かったんで 若いお兄さんたちが 漁協の屋根の上で集まってくつろいでおられました。
そのほかは トビが海の上に輪をかいてるくらいで。
あったかい陽の光に のんびりした雰囲気の海辺でした。
今年の海苔が うまくできますように。

瀬戸内の海風は やっぱり気持ちいいなぁ~!ということで、人気ブログランキングへよろしくね!(^_-)-☆

おまけ!

ウチに連れて帰った 安福さんの明石焼き鍋。
立ち上がりがりりしい!
鍋に油引いて、いろいろ手当して育てなあかんそうです。
補強がすごい!
ゼーったい曲がりそうにない、補強!!
持ち手が四角い。カッコいいです!
来年のタコシーズンが楽しみです!!!(●^o^●)


ブログパーツ




明石 | 23:07:20 | Trackback(0) | Comments(8)
≪ぎょうざ苑≫でジャジャ。高架下でカウパレード。
本日の買い物はこんなところで打ち止め~~~
さて、もうヘロヘロでございます。
ご飯食べて家に帰ろう。。。

元町、といえばあそこに行こう、と思ってたんだけど
雨が降ってきて、重いかさばる荷物をずるずる引きずって長距離移動はちょっとつらい。

ということで、 そこは何でもあります、南京町。
この時間なら入りやすいだろう、と向かった先は ≪ぎょうざ苑≫さん~~。
ぎょうざ苑~~!
やはり夜は行列なし、すぐに入店!(*^_^*)
夜は初めてです~
メニュ~~ヽ(^。^)ノ
メニュ~

まずは水餃子~! (420円)
水餃子!
水餃子はやっぱり酢醤油だね~~。
ニラがキリッと効いてて美味しい!
水餃子、ウマ~~~~!!! (*^_^*)/

焼餃子~~! (420円×2)
焼餃子~
焼餃子でようやく味噌ダレにお久しぶりのごあいさつ。
なんといっても味噌ダレの総本山(とは言わん?)(^_^;)
ここの味噌だれは、前回感じたまま。 味噌の塩辛さが強くて、ピリ辛。シンプル。素朴。
焼いてあります~~!
≪ぎょうざ苑≫さんは味噌ダレが肝心やから、焼き餃子二人前頼みましたけど
大きい声では言えへんが、私は水餃子の方が好きやなぁ。。。。
焼餃子も水餃子と同じく、肉みっちり、シンプルに美味しいには変わりありません。。。


今回の最大目的!! これが食べたかったよ~~! 初ジャジャ飯。(420円)
じゃじゃ飯
前回、じゃじゃ麺を頂いて、そのジャジャぶり(というの?)がすごく気に入った私。

(以下、独り言が始まる・・・

ジャジャ麺のジャジャって、「ピリ辛肉みそ」の部分のことを言うのか
それとも別の意味なのか、すごく気になってるのですけれど、
わたくしてきにはジャジャ=「ピリ辛肉みそ」でOK(^_-)-☆
うどんにジャジャからめて食べるジャジャ麺も嫌いではないけれど
このジャジャは絶対ご飯に合う!
と思ってたら、まさにジャジャにご飯、ジャジャ飯があったのね!!!

ジャジャとご飯をまぜまぜ。 ついでに茹でキャベツもまぜまぜ。
ご飯にからまるジャジャの、これまためっちゃ絶妙複雑濃厚な、深い味わい。。。。
あああああ~~~~~~~!!!!!! ゴクラク~~~~~~~

(以下、独り言がまだまだ続く・・・・

豚肉を、味噌ダレで味付けしたみたいな味なんだけど、
肉の旨味が、ふぁ~~~っと広がって、それが
最近お気に入りの このお店の小龍包の中のおつゆの香りに似てるのね。
きっと、コラーゲンもたっぷり入ってるんだわ。
そして、西洋の豚肉がセージと出会ってソーセージに変身したと同じように
中華の豚肉と何かの香辛料が劇的に出会って幻惑的でもあるこの味ができたに違いない。
そんな、衝撃的出会いの場に遭遇する幸運に酔いしれながら
マッタリマッタリ、ジャジャまみれのごはんを 頂くこのひと時~~~ ヽ(^。^)ノ

・・・・以上、独り言終わり。・・・)


うむ、、、満足満足ヽ(^。^)ノ
満ち足りたら、重い荷物も気持ち軽く感じて
家路に向かうJR高架下・・・

う。
なんじゃ?
うし?

カウパレードin神戸?
うし!

大きさもちょうど同じくらいだねぇ。
いったいどこから来たのよ、あなた。

もひとつ。
元町駅のすぐ脇で 高架下を工事中。
高架下工事中!

ちょうど作業員の方たちが出入りしてたので
中が見えました。
薄暗い高架下、ず~~っと奥まで 高架橋脚が何本も見えて
怪しげな雰囲気につい覗きこみたくなるのでした。。。。

こちらにも何やら得体の知れないものが隠れているカモ。笑。。→人気ブログランキングへ


ブログパーツ



街あるき | 21:39:10 | Trackback(0) | Comments(10)
味覇(ウェイパー)の廣記商行で豚デンブを買う
今回は 丸一日しか神戸にいられなくて。
久しぶりの神戸。 こんな時はもちろん! 一日中「買出し」 です。

私がこういう場合に 必ずむかうは 南京町。
味覇(ウェイパー)で有名な あのお店。

廣記商行

廣記商行(こうきしょうこう)さん。  (→HP) ←これ、オープニングめっちゃ音出ます!注意!
店先

おおお。ウェイパー山積みやんか。(笑

ウェイパー

じつは、先週の読売テレビ系「秘密のケンミンSHOW」 (→HP) ←これも音!注意!  で
「大阪府民は、ウェイパァーが欠かせない!?」  というのを見た方も多いと思うんですが
神戸人ならみんなあそこでつっこんどうやろ?
「ウェイパーは神戸の会社や~~~!なんで大阪のネタで出てくるねん~~!!」って。(*^_^*)

ウェイパーの総本山(とはいわないか)が こちらの廣記商行さん。

で、私はこちらで 中華食材のいろいろを いつもお世話になってます。
ちなみにウェイパーは買わんけどね。(笑

今回はウェイパーが並んでる様子だけしか写してません。
あしからず~~~。

廣記商行さんでのお買い物は母の代から。
母は何を買っていたのか定かではないが(笑
子どもの頃は店の前でウェイパーに載ってる顔のおじさんが店先で
「漁洗鍋」というらしい鍋の持ち手をこすって水しぶきを上げているのを
ずっと見てるのが楽しくて このお店に行くのは大好きでした。(笑

「漁洗鍋」はその後、吉祥寺で見かけたことがある。懐かしかったなぁ…

わたくしが大人になってからは 食料の買出しでもうかがっておりますが
中華セイロや中華鍋など 調理用具類も ここで買います。
必要なものはなんでもあるし、しかも安い。
オレンジのハデなレジ袋も 厚みがあって丈夫で便利。(笑

私が買出しするものといえば・・・・たとえば・・・

ピータン 
地下の一番奥、棚の下にどっさり置いてある。
昔は毎回10個入りを買っていたが、最近は重いし東京でも同じメーカーのがあるので
宅急便で送るあてがない時は買わないようになりました。
でも、やっぱりここのは安いし、美味いよ(●^o^●)
竹ささら
竹ささら
同じく地下のピータンの棚の並び。中華鍋には欠かせない。
消耗品なのでストックが切れると大変。 
昔ストックが切れて神戸にも帰れない時、横浜の中華街に行った時に
片っぱしからお店に入って探したけど、高い。神戸の倍近い値段だったのがショックで買わず。
神戸に帰ったら必ずここでまとめ買いしてた。写真右が数年前に買ったストック品。
今年はなんと、築地で同じくらいの値段で発見。写真左。ね。同じでしょう?
だから、竹ささらも ようやく神戸卒業。これからは築地でお世話になります。

竹皮
主に中華ちまきに使う、だから量が必要。 東京でも売ってるし、
築地でも売ってるけど、少ない量で高い。
そもそも中華ちまきを作るために売ってる感じじゃないんだよね。(オニギリ用とか煮物用とか書いてあったりする)
これはそんなに頻繁に買うわけじゃないけど、廣記商行でドバッとまとめ買い。グラムの量り売りなのが面白い。

豚デンブ

豚デンブ
豚デンブは、今でも神戸で必ず買う商品。 やはり横浜の中華街で探したけど
やっと一軒見つけたけど めっちゃ高い~~~(T_T) もちろん、買わず。
今回、いの一番に豚デンブをまとめ買い。 おかげさまで幸せな正月が迎えられそうヽ(^o^)丿
写真背景はこれが有名なハデハデレジ袋で~~す!!(*^_^*)

干し貝柱フレーク
国産のホタテ貝柱の崩れたのを手頃価格で売ってる。 
中華粥に必要なのでどうしても欠かせない。
築地でも扱うお店が数軒あり、国産のも置いてあるのだけれど、
廣記商行のは塩気が少なく味がいい。
でも、築地のは値段も手ごろなので まあ妥協して、最近は築地で。
ちなみに、干し貝柱の崩れてないのも築地にあるけど、高い~~~(T_T)

エビせんべいのもと
干し餅のスライス。中華系の食材を扱うお店にはたいがい置いてるのだけれど
ここのは安い! 今回は1箱120円だったかな?
ついつい買ってしまう安さです。 そしてそのついついが重なってどんどん荷物が重くなる~~~

そのほか、たまご麺、さんざし、ビーフン、などは以前よく買ってましたが、
最近は東京の中華食材の店などで買うようになりました。


そうそう。
レジのお姉さんに「ケンミンSHOWでやってたねぇ」と声かけると
「そうそう!ウチも見てたよ~~~!」 と盛り上がった盛り上がった!!!(●^o^●)

「パンにはぬらんやろう」
「あれはやってもまずいんちゃうか、ゆうてウチで盛り上がっててん」
「ウチでも。 あんなようさんぬったらちょっとまずそうや、なぁ(笑)」
「そうそう。薄くぬってトーストするんやったら美味しいかもしれんけどなぁ」
「あ、それ、おいしそうや。 やってみよかなぁ」 (^○^)/


必要なものを買って、やっと落ち着いた。
これでいつでも東京に帰れる(^_^;)
次はあの店に行きますよ~~
おたのしみに~~!!(*^_^*)      
ということで、やっぱり人気ブログランキングへお願い!❤ ネ(^_-)-☆ 

ブログパーツ




街あるき | 00:14:21 | Trackback(0) | Comments(6)
神戸のイルミネーション、南京町のランターンフェア
ルミナリエの会場を歩いていると
銀行の行員さん達が 閉店後の店内でクリスマスの飾り付けをしていた。
ルミナリエでみんなが歩く道路側のガラスに トナカイやサンタのハッポーの切り抜きを張りつけたり。
ツリーの飾り付けなどなど

でも、思ったより街の中にイルミネーションが少ないなぁと感じながら
ぶらぶらあるいて
ぶらぶら

南京町に。
南京町


ちょうど人波の切れる時間だったのか、平日の夕方は思ったより寂しい光景。
去年来た時はちょうど黄色くて大きなボンボリみたいなのが
街じゅうに飾ってあって、 とても華やかだったんだけどなぁ。。。と
ちょっとさみしい気分で歩いてた・・・
                        ・・・ら・・・。

ららら???

でっかいワゴンみたいなのに乗ったお兄さんが 何やら黄色いものを~~~!!!(*^_^*)

ワゴン!

こ、これは、、、、!!!

ほりあげ!

今まさに、あのボンボリをつりさげようとしているところじゃないかぁぁぁぁ・・・・・!!!!


動転してて動画にできなかったのが まことに残念!
解説すると・・・

ワゴンの後ろに控えているお兄さんが、黄色いボンボリを広げ、丸くして
下から エイヤッ! っと ワゴンの上のお兄さんに向って投げ上げる!
それを受け取った ワゴンの上のお兄さんが そのボンボリを電線にとりつける!
いっちょ上がりっ!

って感じでした。

で、今日からそのボンボリ、(ランターンというらしい)のイベントが始まっているようです。
12月3日(水)から28日(日)まで。 17時頃から22時頃まで。
≪2008ランターンフェア≫  神戸南京町HPより

帰りにはもうすっかりランタンが取り付けられた南京町広場らへんは
まだ灯がともされてないのに 黄色いランタンが光って見えて
明るくてあったかい雰囲気になっていました。
南京町広場
南京町広場2

これもまた 神戸の冬の風物詩なんやろうね。


神戸の 一年を通じて変わらないイルミネーションといえば・・・・

鯉川筋のこの場所。

碇山イルミネーション
ルミナリエの日には碇が青くなるのでしょう。

トいうことで、人気ブログランキングもよろしくです~(^_-)-☆

ブログパーツ

街あるき | 23:49:00 | Trackback(0) | Comments(10)
ルミナリエ2008
先週ちょこっと、1年近くぶりに神戸に上陸しました。
まずは気になっていた あそこへ。
1,17

ルミナリエ2008。
1.17希望の灯り。

今は準備中のルミナリエ、東遊園地にそびえる「光の壁掛け」の奥に
ひっそりと 燃え続けていました。
希望の灯り

多くの亡くなった方たちに思いを馳せ
自然、胸が締め付けられます。

そして、震災のあの日、震災後初めて神戸に足を踏み入れたあの日、
ルミナリエに初めて灯が点ったあの日と それをつなぐ日々が
走馬灯のようによみがえってきます。

合掌。

スパッリエーラ
準備は着々と進んでいるようです。

ささえられて
去年初めてルミナリエを見たとき 電球の輝きも素晴らしくて心を打たれたけれど
土台の鉄骨を支える無数のピアノ線(?)が張り巡らされていることに とても感動した。
光り輝く裏でたくさんのピアノ線と人々の物心両面での支えがあるんだなぁ・・・と。

今年も募金を呼びかけています。
入場は無料。一人100円の募金のご協力をお願いします。。。

ガレリア
もちろんルミナリエは点灯すればものすごくきれいだけれど
この夕焼け空をバックにしたシルエットもすごく好き。

ルミナリエ2008
今年のアーチはこんな感じ。
アーチ入口
これは表側。 こちら側から入って 通り抜けて行くのね。
今年はどんな風になるかしら。。。

ルミナリエチラシ
今年のチラシ。 このチラシのデザインは去年のルミナリエを使っているみたいですね。
大丸の先を曲がった瞬間、パッと目に飛び込んできた あの輝く回廊は 忘れられません。


今年のルミナリエは あさって 12月4日 (木) から 15日(月) まで。

midoriの ルミナリエ関連記事はこちら → ルミナリエ・ビエンナーレ
そして・・・人気ブログランキングへ

ルミナリエ2008関連記事

◆kobeportさんの≪神戸トピックス≫  
 ルミナリエ2008始まりました 2008.12.4付
 ルミナリエ2008 消灯しました. 2008.12.16付

◆須磨人さんの ≪海の見えるベランダ≫ ルミナリエ2008 2008.12.6付

◆ゆかりさんの ≪ニキニキ日記≫ 第十四回 神戸 ルミナリエ 2008.12.14付

ブログパーツ


ルミナリエ | 17:05:22 | Trackback(2) | Comments(8)
筒井康隆「七瀬ふたたび」/神戸ゆかりのアーティスト
ゲイジツの秋!読書の秋! 皆さん堪能されてますか?!(*^_^*)
筒井康隆


先日の寺門さんのミュージアムは 表参道。
表参道―原宿―明治神宮の 参道沿いのエリアには、
我らが神戸が誇る作家、筒井康隆さんの東京のお宅があるらしい。
◆筒井康隆(ウィキペディア)

ほえ?
筒井康隆さんといえば 神戸、しかも私の実家のある町の隣町、
垂水にお家があったはず・・・

心配になった私は となり近所、親類縁者、知人友人に聞いてまわりました。
その結果。 どうも原宿にも神戸にもお家があるらしい。。。。。 らしい・・・・・

一応、ホッとしましたよ。
なにせ、私が物ごころついて筒井さんのファンになった時には
「あの偉大な作家は なんとウチの隣町に住んではるんだ! 」
ひょっとして 垂水を歩いていると 街かどで 着流し姿の筒井さんにすれ違うんじゃないか。
垂水に買い物に行く時ですら そんな密かな思いを胸に
アーケード街を歩いていたものですから。
筒井さんって、なんか他人に思えないんですよね~。 いや、他人だけど。(^_^;)


私が初めて筒井さんの作品に触れたのは
NHKで 1972年1月から始まった 今では伝説とまで言われている「少年ドラマシリーズ」 第一作目の
「タイムトラベラー」 (「タイムトラベラー」→ウィキペディア)
◆「少年ドラマシリーズ」 by≪テレビドラマデータベース≫
◆「少年ドラマシリーズ」 (「少年ドラマシリーズ」→ウィキペディア)

原作が 筒井康隆著「時をかける少女」。  時をかける少女(角川文庫→Amazonへ)
今昔の映像を見返すと いかにもあの時代のスタジオ撮影然とした 簡素な(苦笑)舞台装置ながら
映像化されたSF世界は想像力をかきたてられて魅力的で、
それに加えて ちょっとロマンスの香りがするサスペンス調のストーリーは
それまでオトナ向けかスポコンのドラマか、アニメか人形劇しか選択肢のなかった
思春期の乙女のハートをガッチリつかんで夢中にさせたのでした。

当時「時をかける少女」を発売した鶴書房成光社のSFベストセラーズは
今のジュブナイル(昔はヤングアダルトと言ってたティーンエイジャー向けの小説)というジャンルの先駆けになったといえましょう。
その後の少年ドラマシリーズの原作が目白押しで、 発刊されるたびに購入したものです。
もちろん、垂水の本屋さんで 筒井さんを待ち伏せしながら…(笑)
◆「少年ドラマシリーズ原作本・掲載本」少年ドラマ伝説
感受性の強い乙女のハートをガッチリつかんだ
「初恋の人」ケン・ソゴル(主人公のタイムトラベラー。木下清さんがクールに熱演)。
中学に行ったらきっとケン・ソゴルのような男性に巡り合うのだ!
そう決めてルンルン中学に上がった私を待ち構えていたのは
山を切り崩して造成半ばの 丘の中腹に建てられた学校と そこから見える明石海峡に沈む夕日と
夕日を眺めながら友達となぐさめあった せつない恋の物語でした。

青春っの思い出って 甘酸っぱいわね。(*^_^*)


 
さて、原作「時をかける少女」は その後何度もリメイクされました。
私の記憶に一番残っているのは1983年 大林宣彦監督、原田知世主演
♪と~き~を かける少女~♪の歌で有名な 最初の映画化。
最近では2006年7月15日に細田守監督でアニメ映画化されています。 
 (「時をかける少女」アニメ映画→ウィキペディア)
私にとっては久しぶりに見る映像での「時かけ」ですが、なかなか面白かったですよ。

最初の少年ドラマシリーズの「タイム・トラベラー」は原作にかなり忠実な感じに作られていましたが、
今回のアニメ映画「時をかける少女」はストーリーそのものが一新され、
まるで以前の「タイム・トラベラー」の20年後位?バージョン。 
主人公はもちろん、背景設定も全く違うのですが、なかなか楽しめました。
筒井さんの原作に組み込まれている、いろいろなSF的整合性みたいなものはちょっと置いといて…というところは SF好きとしては少し物足りないものがありましたが、
思いがけないところに差し込まれた 以前の「タイム・トラベラー」とのつながりを暗示するショットなどに
往年の時かけファン心はくすぐられちゃったのでした。 
憎い作りしてるね~~、この~~~ヽ(^o^)丿

               ********

筒井さんが神戸市垂水区にお住まいを移されたのは まさに「タイムトラベラー」が放送された
1972年。
このころからの筒井さんの作品の中に 神戸や垂水の街の描写が見られるようになります。
特に 今は絶版になっていますが(残念!!) 
短編集「メタモルフォセス群島」には
垂水の街がそのままパラレルワールドになってしまう「並行世界」や、
義経のヒヨドリゴエの逆落としを筒井流にアレンジした「こちら一の谷」が収められていて
まさに神戸の街を舞台に筒井ワールドが繰り広げられる 魅力あふれる作品となっています。

 メタモルフォセス群島(Amazonへ)

たとえば 「並行世界」 の一節から

・・・「おれの家は、海岸に迫った山の中腹にある。つまり家を出て下へ行けば海、上へ行けば山頂に近付くわけで、大体このあたりは南北を海と山に挟まれた細長い街が東西にずっと続いているのだ。おれの家のすぐ山側には厄除け八幡というじんじゃがあり、境内は広くて木が茂り、ちょっとした森みたいになっている。家を出て通りを下ると商店街になり、その商店街を抜ければ国鉄の駅へ出る。この駅のプラットホームに立ってうち眺めると海が見渡せるのである。海と駅との間には、海神社とか綿積神社とか呼ばれている海神を祀った神社があり、この神社の境内にも、やはり木が多い。このあたりは昔から漁村でもあったため、そういう神様を祀ってあるのだろう」・・・(新潮文庫版p154より引用)

とあるのは そのまま こんな風景です。

プラットホームに立って海側を見る
垂水駅プラットホーム
ちょうど去年の今の時期に写したものですね。
手前左、うっそうとした茂みが 海神社の森です。
前方が明石海峡大橋方向。 橋脚がかすかに見えます。
筒井さんがメタモルフォセス群島を書かれたときには もちろんまだ橋脚はなかったはずです。

海神社。 駅に入った電車の中から写したのをやっとさがし出しました。
はしっこの方ですが、これが海神社です。
海神社
本当は駅に入る直前に、電車からよく見える位置に大きく「海神社」と書いた柱が立っているのです。



筒井さんといえば 10月9日(今週の木曜ですね!)から
「七瀬ふたたび」が NHKドラマシリーズで始まります
。 →番組公式HP


七瀬ふたたび!
七瀬がかえってくる!


少年ドラマシリーズでも人気だったようですが、
七瀬といえば このシリーズの最初の作品 「家族八景」 と「七瀬ふたたび」は
筒井作品の中でも 特に人気の高い作品だと思います。


私も久しぶりに「七瀬ふたたび」を読み返しましたが…・

あ~~~~~こんな結末が~~~~ 

ということで、エスパー七瀬はたいへんなことになっていくのです(^_^;)


ドラマ、お見逃しなく!
そして、原作もぜひお読みになってね(^_-)-☆


 (七瀬ふたたび→ウィキペディア)
 七瀬ふたたび (新潮文庫)→Amazonへ~~~


こちらは人気ブログランキングへ~~~

ブログパーツ

街あるき | 00:43:42 | Trackback(0) | Comments(6)
塩屋百年百景 募集中!だそうだ!
緊急特番! midoriの 塩屋ニュース!
塩屋1
<第一中野センターの向いの公園>

去年、「塩屋百人百景」 という素敵なイベントが企画されて
ステキな写真集ができあがりました!
<当ブログ関連記事>
◆塩屋百人百景 2008.2.29
◆2008年4月1日【塩屋】は独立したらしい!ヽ(^o^)丿 2008.4.1付
塩屋商店街
<塩屋商店街に出るわき道>

今度は 「塩屋百年百景」 を企画しているというお知らせが。

≪塩屋百景≫ 「塩屋百年百景!」 2008・10・6付

神戸、塩屋の昔の写真を広く集めるそうです。 期間は9月1日から12月31日まで。
主催:塩屋まちづくり推進会
連絡先はこちら。

「塩屋百景」事務局/森本アリ
tel/fax 078-220-5312 e-mail: shioya100(アット)yahoo.co.jp (アット)→@

塩屋小学校の二宮さん
<塩屋小学校の二宮さんと百葉箱>

塩屋百年百景といえば、わたしなぞは
40年前には塩屋におったわけですから。

その当時の写真があれば まさにそれがお宝になるわけで。

懐かしい街並みを せめて写真としてでも残していこうというもくろみ。

ええ企画ですなぁ。
最近こういう企画、 ものすごく嬉しいです。



人気ブログランキングへ

ブログパーツ


塩屋 | 17:09:49 | Trackback(0) | Comments(10)
映画【20世紀少年】は懐かしい風景に満ちている!
最近、駄菓子屋や「復刻版」が気になるmidoriです。
復刻版と名がつくと つい買っちゃうんですよね。
本当に以前のものをちゃんと覚えてるかと迫られちゃうと、ちょっと困るんですけどね。
新宿ピカデリー
(新宿ピカデリーで)

現在封切り中の映画 『20世紀少年』 (原作:浦沢直樹)
   →映画版公式サイト 
注意!音出ます!最初画面まっクロになりますが、がまんして待っててね。 何度も言うけど音、でます!

もう観に行かれましたか?!  (もうそろそろ興行も終盤かな?)

原作の好き嫌いがあるとは思いますが 
 (私は原作はまだ読んでません。お金なかったから)
「3部作」の第1部、つまり結末がない、続きものというの、好き嫌いがあると思いますが 
 (私はどっちでもいい。指輪も星大戦もおもしろければどこからでもみちゃう)

これは懐かしい昭和の香りがする映画

家の前の路地だけじゃなく、どこもたいてい土の道だったあの頃。
男の子はTシャツなんかじゃなくて白のランニング
ヘラブナ釣りにセミドロップの自転車で出かけて行ったり。
学校帰りには「文房具屋さん」といいながらオモチャやらお菓子やらも売ってる
怖いおばばのいる店に 親に内緒で恐る恐る立ち寄ったり。
近くのヤブやら山やら川やらに「秘密基地」を作ったりしてたでしょう?
「大阪万博」、行った? 「月の石」、見た?
アポロが月面に着陸して、偉大なる一歩がしるされて、
ヒューストンと交信したり同時通訳のものまねが クラスメイトとのネタになって、
そのうち、スプーンまげが流行って、コックリさんが流行って
もうすぐ「恐怖の大王」が降りてくるんだって 急に雲行きが怪しくなってくる。

あなた! そう、あなた。
心当たりがあるでしょう?(^○^)
あのときのあの空気をかもし出してるのですよ。この映画は。

もう、全編、 懐かしさでいっぱい!
この際ストーリーなんて どうでもいいと思っちゃうんだけど。
でもまぁ、副題は一応本格科学冒険映画なんだそうで。
確かに科学で冒険だ。ちょっとサスペンスっぽいところもある。
「本格」って いかにもな言い回しも たまらないねぇ。。。。

「科学」と「冒険」という言葉に私は弱いのね。
モノゴコロついた頃にはロボットや特殊能力を持った人造人間が主人公のアニメやドラマを夢中で見ていたし
「人類の進歩と調和」を合言葉の大阪万博は 科学で何でも出来ちゃうんじゃないかと
近未来は本当にこんなパビリオンみたいな建物がたくさん建ってるようになるんじゃないかと。
大阪万博の直前にアポロが月に行ってるし、SFの世界が本当になる日が来ちゃうんだろうなぁと。

でもそのうち、川はあわぶくぶくになってくるしトイレットペーパーは値上がりするし
人類は本当に21世紀まで持つんだろうか、私たちは生き残れるんだろうか、って不安にもなったりして。

そんな 喜怒哀楽栄枯盛衰人類の発展と調和と恐怖の大王ないまぜの時代を通り過ぎてきたんだという思いが
ぶわ~~~っと押し寄せてきたですよ。この映画を見て。



役者さんは豪華で見ごたえあるし
私自身はこういうノリのお話好きだし、ストーリーのオチにも興味あるんで 
次の映画(第2章)来年1月31日公開予定、 見に行く気バリバリです!
でも はやく結末知りたいなぁ。 「あれ」は「誰よ?」だけでもわかんないかなぁ。(爆
1月まで待てないなぁ。
原作とは違うかもしれないけど 原作のコミックス、読んじゃおうかなぁ。(*^_^*)「20世紀少年1」→Amazonへ


                  **********

ところで、 昭和レトロブームは いよいよ盛り上がっておりますね!

昭和レトロブームに火をつけた「夕焼けの詩(うた)-三丁目の夕日」(映画タイトルはALWEYS三丁目の夕日)は1950年代の話。 
私が生まれ育った少し前、ということになります。
「20世紀少年」は 1960年代生まれの作家(浦沢直樹)が描いた、
1960年代に子ども時代を過ごした人の記憶の中の昭和が詰まっている。
ちまたでは 1960年代から1970年代、私たちの成長期だったこの時期にスポットを当てた企画が目白押しでございます。

R45なんて言葉作ったりして、某コンビニで いかにもそそられるグッズが売りだされてたり
◆ファミマ・フードパークR45

駄菓子屋、給食を出すレストランなどの情報もテレビから毎日のように流れてきます。

ネットでは、入ったが最後出られなくなってしまう人続出中という こういうサイトも。
◆≪まぼろしチャンネル≫ あまりに有名? 
こちらの副題?は「昭和の思い出ネットワーク:懐かしの昭和30年代、団塊の世代のB級文化を振り返る、 昭和レトロ系総合サイト」

みんな見てた日曜の6時半は 「サザエさん」!
今、グリコのCMで現代実写版バージョンが放送中。 楽しい。
カツオ36歳(浅野忠信) ワカメ34歳(宮沢りえ) タラオ28歳(瑛太) イクラ26歳(小栗旬)
◆OTONA GLICO(オトナグリコ)

うふふ。 今回特別に 私の秘蔵っ子も ご披露~~~(*^_^*)

今年入手した、チェリオの瓶入り~~~!!
チェリオ

昭和33年8月に誕生したチキンラーメン。大すきでした。→日清食品の歴史
これは最近でましたね~! まだ買えるんじゃないかな?
チキンラーメン



1960年代神戸で子ども時代を過ごした私。思い出を羅列してみると例えば…

裏山の木の根元に「基地」を作って木に登ったら 
枝が折れて周りの笹やぶに落ちて死ぬかと思ったり
春の田んぼに山盛り盛られた積みワラにダイブごっこして怒られたり、
春にはワラビやツクシが雑草のように生え、夏前には羽化する直前のブイブイの巣穴をほじくって幼虫を掘りだすにとてもいい「秘密の場所」があったり
狭い山道でふと頭上の木の梢を見上げると蛇が垂れ下がってて 驚いて山道を転げ落ちたり。

日曜日。インスタントラーメンの茹で麺をタッパーに、汁を魔法瓶に入れて
家族で登った鉢伏山。 山頂で合体させた「自家製カップヌードル」はウマかった・・・・

ボーリングゲーム、ボーリング、やりましたね。 中山律子さん、立木大和(これテレビドラマの中のチーム名)、東京ボンバーズ、応援してました。
ギター、せっかく買ったのにクラシックギターで、ヤングオーオーみても怒られなかったけどドリフみたら怒られて、
ヤンタン(深夜ラジオ放送です)きいたり、エアーチェックしてテープ(カセットテープのことですね)に録音して編集して友達と交換したりもしました。

海岸の岩壁にハウスを装着させている「おじさん」たちと交流し、二号線(国道)を歩いて垂水まで行き、
夕日に向かって叫び、コートにかける青春をし、愛と誠だったりベルサイユのばらだったり萩尾望都だったり、
星新一で、筒井康隆で、修学旅行は長野でスキーで、ニジマス釣りは有馬ヘルスセンターで、
六甲山頂のトーテムポール。ドレミファ噴水パレスのダンサーたち。神戸三越のエレベーターガール(これは記憶違いじゃないですかね?大丈夫かな?)。

1970年の大阪万博は もちろん行きました。 ものすごく暑くて疲れた。

大阪万博。太陽の塔。
なつかしい「芸術はバクハツだ!」岡本太郎氏のあの塔が
映画の中では ちょっと不気味な姿で登場します。

これがこの映画シリーズの 今後の謎解きの一つのカギになるんじゃないかな。

この映画と並行して 昭和のこの時代の子どもの目線からみた
事件やグッズや社会現象をコンパクトにまとめた本が出ています。

『20世紀少年探偵団』  竹熊健太郎:小学館 →Amazon
帯には-『20世紀少年』公式副読本!- とあります。

竹熊さんは1960年生まれ。(竹熊健太郎→ウィキペディア)浦沢さんと同じ1960年生まれだからこの本を書くことになったんじゃないだろうか、とご本人も書かれている。
同じ1960年生まれの私は、最近この本が手放せません。


太陽の塔 といえば、展示されていたオウム貝や三葉虫が忘れられない。
あれを手掛けていたのが「ウルトラQ」からウルトラシリーズの
怪獣などのデザインを手掛けておられた彫刻家の成田亨さんだそうで・・・
そんなこともこの本が教えてくれた。 コンパクトながらとても充実しております。

ちなみに、なんと 成田さんは神戸生まれなのだそうだ。(成田亨→ウィキペディア
さすが!神戸!!!(*^_^*)


ということで今回は 私のレトロブームに火をつけ油を注いだ
今年の夏の映画の話でした。


人気ブログランキングへ


ブログパーツ


街あるき | 06:47:21 | Trackback(0) | Comments(4)
マジ?明石のタコ絶滅?
今日もタコを求めてセンリマリのmidoriです。 (センリマリ→最後を参照)


先週の長崎ダコに気をよくして  (先週記事「長崎のタコで明石焼き!」)
今日も長崎県漁連さんに
ルンルンはなうたまじりでスキップしながら到着。
水槽!

あの水槽。ありますあります。 
タコは・・・・

おらんなぁ。。。。


「今日はタコはおらんのですか?」
「ああ、タコね。 あれ、特別」
え~~~~~! 長崎のタコ、すごい美味しいやないですか!
入れてくださいよ~~~! 私買いますよ~~~!
「うーん、 タコ入れると他の魚が怖がるんだよね」

そ、それはわかるような気もするけど…・

これから長崎漁連さんにタコが入るかどうかは
わたしら客の声のおおきさ にかかってるんじゃないだろうかっ!

もう、タコは長崎しか考えられんですよ。わたし。(明石の活きダコは入手できんので)
タコご飯が タコ焼き(明石焼き)が 脳内に充満して
タコ酔いしそうなほど。 幸せなんです~~~長崎タコのある生活~~~~!!

「長崎のタコ、明石のタコにそっくりですよ!
タコごはんにしたら すぐわかる!」

と 何気なく訴えたら サラッとおっしゃるじゃぁありませんか!

「そりゃそうばい、明石に放流したタコは長崎の海のだけん(だったかな?)」

えええ~~~ッ!!!!!!

どういうことですか~~~そりゃ~~~!!
というか、もしかして 以前ちらっと耳にしたあの件と関係あるかしら??

ということで検索。 出てきました。

昭和38年の冷害の時、明石のタコが絶滅しかけたので、
天草のタコを放流したらしい。
今の明石のタコは 天草と明石の交配種らしい。
天草観光情報宝島ナビ「魚介類について」

地図、みましょう。 (お手元の日本地図をご覧ください!)

熊本県の天草と 長崎県の諫早、島原、長崎は 島原湾、橘湾、天草灘をはさんだ対岸なのです。
明石海峡をはさんだ 神戸・明石と 香川 のような関係なんですよ!

なんと、天草のお隣の長崎のタコが明石のタコと同じ味なのは
当然だったのだ!!
つうか、いままで神戸で「明石のタコ」と思って食べてたのは
実はほとんど天草タコ(そして長崎のタコ)の子孫ってこと?

ふ~~~~ん。 なるほどねぇ…・

昭和38年の放流、もっと詳しく知りたいと思ってるんですけど
ネットの検索だと なかなか確たることは出てこないんですよね。
タコで検索しても マダコ、ミズダコ、イイダコ、。。。 とか、タコの種類しか出てこないし。


検索中に出くわした ちょっとびっくりしたハナシ。
明石のタコが絶滅?
「絶不調…明石蛸」 2008.7.2 ≪_t_a_l_k_t_o_m_y_s_e_l_f≫
ほんまかいな! と思ってあちこち検索したけど、このハナシはここしか出てこない。
昨日ウチの近くのスーパーで「明石のタコ」売ってたし…・
どこかあるんでしょうかね、この「明石のタコ絶滅」の元ネタは。
どなたか 確実な情報を持っておられたらぜひ教えてくださいませ。


ちなみに、今年は確かにタコは不漁だったようです。
「タコ不漁 成長遅く水揚げ3-5割」 ≪神戸新聞ニュース≫ 2008.8.26
まぁ、この情報の数字をどうとらえるかも 個人の判断によりますが。。。
神戸新聞さん、がんばってくださいね~~!!(*^_^*)

ふむ。 ネット情報の取捨選択、裏読み深読みのさじ加減は 
いつも考えさせられますねぇ。。。 ププ。(*^_^*)



明石市民祭り協賛事業 「タイ・タコ放流感謝祭」2008.8.28

 
        *********************

ほんまにしょーもないことですが おまけ。

前回のタコ記事から使ってる 「千里万里」「センリマリ」 って
なんのことかわからんでも 関西人はつい口にしてしまう言葉です(ほんま?)
で、私も何のことわからんかったんで ウィキ調べました。
センリマリ=海原千里・万里 ですがな。   →ウィキペディア  
え~~~~~そうかぁ、 そういえばおったおった。 そういう漫才コンビ。
もっとびっくりは
海原千里=上沼恵美子 やて!
ありゃ===!!! なんちゅうことでしょう!
上沼恵美子 ゆうたら 東京でもテレビに出始めたとき、
「関西で絶大な人気があったんやって」  て聞いても ピンとこんかったもんね。
なんかエグい関西のおばちゃんやなぁ、、、みたいな感じで。
二人でネタやってるときと、ピンでしゃべくりしてる時と めっちゃ印象違いますやん。

あああ、びっくりした。
今まで全然気がつかんかった。。。。(大汗


【追記】2008.9.23

旦那in八丁堀さんがウチのレポートをご紹介くださっています。
さらに!
つい先日の 明石魚の棚(うおんたな)のタコたちの姿をとらえ、さらには
私はまだ訪問しておりませんが、うおんたなの玉子焼きのお店「よし川」さんのレポートも。

懐かしい明石の玉子焼きのお姿が 黄色く光り輝いております。垂涎です。
どうぞ、ご覧になってね。
「玉子焼き@よし川」 ≪六哀(六アイ)のin東京≫ 2008.9.22付

人気ブログランキングへ

ブログパーツ


明石 | 22:49:21 | Trackback(1) | Comments(16)
オリンピックで思い出した、アシックスタイガー。
オリンピック、終わりましたね。
始まるまでは どうなることかと思っていたけれど…
思ったよりも 表向き何事もなく 無事に終了したのは 本当によかった。
次のパラリンピックにつながりました。(9・6~9.17)
ごーがい!
go-gai

いろいろ感動したけれど、
男子400メートルリレー。

ゴールに怒涛のように襲いかかる先頭集団。
朝原選手が隣の選手より 胸一つ早くゴールに入った瞬間。
銅メダルと知った時の表情。 ほんとうに素敵だった。

朝原選手、神戸は夢野台高校時代から陸上を始めたそうですね。
高校時代は走り幅跳びの選手として。大学に入ってからは短距離の選手として。
どちらもいまだに兵庫県記録として残っていました。 →高校走り幅跳び →100m男子

今季限りで引退とのこと。9月の世界陸上のラストランを前に、
オリンピックでは 本当に見事なフィニッシュでした!(^.^)/~~~

≪朝原選手関係≫
Yahoo!スポーツ 北京オリンピック特集 朝原宣治   400メートルリレー詳細
ウィキペディア:朝原宣治
HYOGO Track and Field-兵庫県の陸上競技を応援しよう!- 朝原宣治

≪神戸新聞ニュース≫
スポーツで関西活性化 「ナイキ、アディダスに並ぶ」 2008.8.13付
兵庫の力、世界で発揮 4メダルを生んだ35人 2008.8.25付
北京パラリンピック代表、兵庫の13選手が抱負 2008,8,27付

≪パラリンピック関係≫
◆日本障害者スポーツ協会 北京パラリンピック競技日程
ウィキペディア:北京パラリンピック

               ***************

小学校の頃から 陸上は どっちかというと苦手な方で、
せいぜい長距離がまだましかな?というmidoriです。

今日は高校時代の話。

高校の時の友達が陸上部で、ある日、何かの拍子に貸してくれたのが
彼女が部活用に使ってた赤いアシックスのトレパン。
なにあろうアシックスこそ、私が中学時代から(当時はまだタイガー、虎印だった)
「硬派っぽい!」(?)とあこがれていたスポーツメーカー。

かっこよかったね~。
スクールトレパン?のテロテロしたコシのない手触りとは全然違って
見るからに織りのよさげな表の化繊と、足を入れるとビックリ内側のコットンの素材感。

さすが、陸上部はちがう!  と感動したもんです。 (*^_^*)

そんな大切だろうトレパンを それこそ「ポン」と貸してくれた友達。
ちょっとなんか、ジーンとくるものがありました。

陸上、と聞けばまず この友達と赤いアシックスのトレパンを思い出しますねぇ・・・。


アシックスの元になった オニツカ株式会社(オニツカタイガーで有名)は 
もともと神戸のシューズメーカーさん。
最近ではオリンピックの高橋尚子さんのシューズとして番組も作られていたし、
よく知られているのは野球のイチロー選手かな。
番組でアシックスの靴づくりが取り上げられていると 
関係者ではありませんが、なんだか自分がほめられているみたいで とても嬉しい。

◆アシックス HPより会社案内
ウィキペディア「アシックス」


アシックスのシューズはアコガレでしたが、
神戸といえばケミカルシューズの街、靴メーカーさんも、靴屋さんも多い。

そういえば
「京都の着だおれ、大阪くいだおれ、神戸のはきだおれ」
ともいいましたなぁ。

◆神戸市HPより ≪神戸キッズページ≫ 特産品(とくさんひん)

神戸発信の元気、これからもたくさん受け取リたいものです。(*^_^*)


オリンピックといえば…!→人気ブログランキングへ

ブログパーツ


神戸 | 16:11:40 | Trackback(0) | Comments(4)
るるぶ神戸ベストセレクトに ≪神戸っ子ゴハン≫早坂さんが!!
相変わらず夏休み中のmidoriです。
ところでね、おくさん!
私と同じクリオネ族(※)の早坂さんが…・
なんとなんと…

るるぶ神戸ベストセレクト  
<かわいい!おいしい!ハズさない!コスパ重視の神戸旅>

に 登場!!!との情報ゲット!


→早坂さんのブログ≪神戸っ子ゴハン≫
【ザ・シェフリンク再訪編】98%は自家製 凝りはじめれば限界知らず(その1)~神戸 北野坂「植むら」 2008.7.29付
北野坂の「植むら」さんの記事のさいごに ちょこっとお知らせが載ってます。
ほんとうに遠慮深いんだから~~~!!!

早坂さん、といえば…
私が神戸で 「なにか美味しいものを食べた~い!」 という親を連れて行くには
まず 早坂さんの≪神戸っ子ゴハン≫からお店をチョイス。
なんてったって老い先短いですからね。
同じ食べるなら よりおいしいものを食べさせねばなりません。

早坂さんの≪神戸っ子ゴハン≫が展開している 【ザ・シェフリンク】 は 
まさに 神戸の美味しい台所を預かるシェフたちがお薦めのお店を紹介していくという
なんとも美味しい企画。
意外にも 和洋中、無国籍多国籍スイーツまで 何でもありなところもいい。
ウチでは最近この【ザ・シェフリンク】が一番の 神戸美味しいものガイドとなってます。
(毎度毎度、気にいったお店をプリントアウトして神戸に持ち帰ってるんだよ…)


さて。 全国発売のるるぶさん。   → るるぶcom.
私、さっそく東京の状況を調査してまいりました!

<midori調査隊員 新宿ジュンク堂調べ>

今や東京を代表するともいえる、神戸出身の全国区書店、
われらが神戸っ子誇りの ジュンク堂! →HP
新宿ジュンク堂の神戸のコーナーに行ってみると

おおおおっ!
素晴らしい。
雑誌コーナー最前列に まとめてドッカ~ンと展示されております!
ジュンク堂新宿店

もちろん、即座に一冊を購入。
るるぶ!

えっと… 早坂さん早坂さん、と・・・・


おっと!
このページに おられます!
ブログで拝見したお顔にそっくり!
早坂さん!

すごい! すごいよ! 早坂さん!!!!


久しぶりに 神戸の情報誌を買いましたが
昔の神戸しか知らない私には 最新情報満載で 
しかも、ふろくに 「取り外して持って歩ける!神戸まち歩きマップ」 もついていて
なかなか便利じゃぁありませんかっ!!!

おおお!
ユーハイム本店さんで私が一押しの 本店限定マイスターの手焼きバウムまで載ってるし!
(これは正直、ちょっと秘密にしておきたかったなぁ…)

最近神戸っ子に注目されてるということでひそかにチェックしていた
パティスリーグレゴリー・コレも載ってるし!
(今や全国区のケーニヒスクローネも神戸発信なのよね!)

ドンクイスズべーカリーが軒を連ねているのを見るのも 誇らしく嬉しいよ!
(神戸のパンは美味しいよ! もっとみんなに食べてほしいもんだ!)



って、この本を東京で持っててどうするんや(^_^;)




と思っていたら  なんと 早坂さんご本人が 東京に遊びに来るって情報もゲット!

あああ、ついに初めてお会いできるチャンスが…



そう。そうなんです。
私と早坂さんは 未だにお会いしたことのない
ネットだけで契りを交わした仲。

あの方と ついにお会いするのね。。。。

あああああ・・・・・ そう思うだけで 胸のときめきが・・・・



そして その朝がやってきた    (つづく!)

※クリオネ族 … わたくしmidoriが早坂さんの美味しいものブログのコメント欄で展開する時の族称。クリオネって、可愛い格好してるのに、お食事の恰好がなかなかスゴイでしょう?(*^_^*)ちなみに クリオネ族はいまのところわたくしmidoriと早坂さんが所属中。

人気ブログランキングへ

ブログパーツ  


神戸 | 09:11:10 | Trackback(0) | Comments(0)
垂水廉売市場
垂水廉売市場。
北入口

(撮影2007年10月~2008年3月)

→廉売市場の過去記事
◆なまこ*垂水廉売市場2006.12.29付
◆焼そばは太蒸し麺!≪島谷商店≫2008.5.14付 
◆幻の…たこやき≪信川≫2008.7.3付

幼稚園終わる間際に引っ越した 神戸の西の町。塩屋。
その隣町が 垂水。
母は ちょっとした買い物をするときは 国鉄で一駅、垂水まで よく出かけていた。

垂水は当時 駅高架下を使ったショッピングセンター「たるせん」が東西に延び
国鉄(JR)の南側に飲食店、北側に商業地域が広がっていた。
国鉄の北側。 
アーケードの商店街が東は垂水小学校の手前、西はジャスコまで延びていて、
中心にダイエーと垂水廉売市場。
雨の日でも 傘をささずにずっと歩いて 買い物ができた。

ダイエーは結構大型店で、生鮮品はもちろん、服や日用雑貨もあって、
昭和40年代にはデパートか大阪の万博でしか体験したことないような
立派なエスカレータが動いてる、ちょっとかっこいいスーパーだった。

垂水廉売市場はそのころ活況で、ダイエーも市場も人であふれていた。
母はまず市場に行き、そのあとダイエーに寄る、というかんじだった。
私にとってはどちらも同じ位楽しかった。
市場では 卵を新聞紙でピシッと包む技を見るのが好きだったし
ダイエーでは カラフルな文房具を見ていて飽きなかった。

こないだ調べてたら、昭和26年に垂水小学校の児童数が4000人を超えて
日本一になったという資料が出てきた。 →垂水環境推進協議会・昔の垂水
このころの垂水は半端なく人口が増えていたんだね。
人口が猛烈に増大して 消費がめちゃくちゃあった土地だったんだろう。


垂水廉売市場の賑やかさが 記憶の中にしっかり楽しい思い出として刻みこまれてるし
昔懐かしい味が そのままそこにはあるから
今でも 神戸に帰った時は ちょっとした買い物に 垂水に行く。

現在は、廉売市場の東側はコープが入るビルになり(レバンテ垂水 2000年3月オープン→PDF)、
西側はバスのロータリーになり、
アーケードは 北側の垂水センター街に残るだけになってしまった。

廉売市場は シャッターの降りた店が多くなり、 外の道路に面した店は
営業を続けているものの、 市場の中に足を踏み入れると 急に開いている店数が減ってしまう。

巨大な迷路のようになっている市場は 子どもの頃、 
迷子になる恐怖とmaze(迷路)のスリルとで、 夢にも何度も出てきた位。
シャッターが降りた店が多い市場は 知らない土地で通りがかるとちょっと怖くて
足を踏み入れる気がしないのだけど
廉売市場は通路の明かりが昼間も灯されているし、 ごみもなくてきちんと整理されてるし
最近できた若者向けのお店にも人が集まっているようだし、
なにより地元の人が昔のように抜け道につかうのだろう、人の流れが絶えないから
もちろん 馴染み深いということもあるのだろうけど
怖いというイメージはない。

それでも、昔の盛んなころを知る人たちにとっては
寂しい風景に違いない。

西、南入口

西入口と南入口。センター街側から。 西側(右手)がダイエーだった。 今はパチンコ屋。
二つの入口は ほとんど隣接。 ここらあたりから 不思議空間度がぐんぐんアップ!

北入口

北口。 垂水センター街 中ほどに堂々とした「垂水廉売市場」の看板が。

東側入口

ここは今はもう入口の看板ももげているけれど、たぶん東側の入口。

これは中から外に出る道。

中から外に出て行く道。
さっきの東側の入り口はここからつながってる?違うんだっけ?
右側、シャッターが閉まっているのは 昔、八百屋さんだった。
つい先ごろまでやっておられたと思ってたのだけど…

外に出る直前にお稲荷さん。

ここにお稲荷さんがあるって、 知らなかったなぁ…
ここを歩いて行くと・・・

市場のうらっかわ

こんな広い敷地がある。 向こうの高い屋根は垂水センター街のアーケード。
この道は 子どもの頃は通ったことがなかった。

廉売市場内。

廉売市場1

北口から入ってすぐあたりかな。
左側、魚屋さん。 右側、肉屋さん。 魚屋さんも肉屋さんも 市場内に何軒もありますね。

廉売市場2


廉売市場4

卵屋さん。佃煮も売っておられます。 こちらは 麺の島谷さん、たこやきの信川さんのお向かいあたり。

廉売市場3

こちらも卵屋さん。

廉売市場6

昔は 卵台のうえに もみ殻が敷き詰められ
そこに卵が並べて置かれていた。 卵がきれいに並べられた姿は美しかった…

廉売市場5

服、雑貨、お惣菜屋さんもあちらこちらにありました。
そういえば、廉売市場でお惣菜をいろいろ眺めるのも楽しかった。
よそんちの味、外食が珍しかったから、何でもおいしそうに見えました。


あ~、やっぱり写真を載せきれないなぁ・・・

また続きを そのうち・・・

あ、こちら、よろしくおねがいします!→人気ブログランキングへ




◆神戸で市場、といえばやはりこちらでしょう! 
いつもながら 街の空気を感じさせてくださる すばらしい写真の数々。
去年、廉売市場の記事がアップされたときには 歓声をあげたものでした。 
◆垂水センター街・廉売市場へ行きました2007.3.2付 ≪神戸まち探訪≫さん


◆垂水区役所HP   http://www.city.kobe.jp/cityoffice/88/

 


垂水廉売市場

   



ブログパーツ

街あるき | 09:46:11 | Trackback(0) | Comments(10)
幻の・・・ たこやき≪信川≫@垂水廉売市場 【隠れた名店】⑥
これが信川のたこ焼きじゃ!

たこやき 信川  垂水廉売市場内  →ウェブサイト
神戸市垂水区神田町6-7  (垂水廉売市場内) ℡078-707-1398
営業時間 12:00~18:00

midoriです。

先だって ちょっと知り合いにお願いしていたクール便が届いたので
何気なく あけてびっくり 玉手箱。

たこ焼きが入ってました!

クール便で届いたたこ焼き!


垂水廉売市場の ≪たこやき信川≫さんのたこ焼きです(^_-)-☆
信川1


垂水廉売市場の 過去記事は こちら↓
◆なまこ*垂水廉売市場2006.12.29付
◆焼そばは太蒸し麺!≪島谷商店≫2008.5.14付 

実は、≪信川≫さんは ≪島谷商店≫さんのお隣さん。
玉子屋さんの手前。 なまこ屋さん(と今でも私は呼んでいるが、今は閉店)と≪島谷商店≫さんの間。

子どもの頃は ≪信川≫さんでたこ焼き買うことは なかったんですね。
なんでかというと、母が「だめ」ゆうから。
ウチの母、屋台での買い食いはもちろん、
肉屋さんのコロッケすら買い食いさせてくれへん人やったんです。
自分は子どもの頃屋台で思いっきり買い食いしとうくせに・・・
なんやねん。おかん。

中学なって 学校帰り どうしてもお腹すいてしかたなかったんで
学校帰りに第一中野センター(宝船本舗さんの、あそこね) の肉屋さんで買い食いしてましたけどね。(笑

≪信川≫さんのたこ焼き。
東京で神戸の友達に会ってるときに 何度も耳にした店でした。
廉売市場のたこ焼き屋。
とにかく安いだけやなく、ほんまにおいしいたこ焼きや。 て。
≪島谷商店≫さんの話するときにも 「ああ、あのたこ焼き屋さんの隣のな」。
≪信川≫さんは 道路標識ですかい。ヽ(^o^)丿

それで 気になって仕方ない≪信川≫さんやったんですが
まぁこれが ほんまに なかなかたこ焼き焼いてはるところに出くわさん。
≪島谷商店≫さんに行くたび見るんですけどね。
シャッター閉まったままやったり
シャッター開いたばっかりやったり

お好み焼屋もたこ焼き屋も行き慣れてる 神戸っ子はわかると思うんですが
お好み焼もたこ焼きも 店開いてすぐにはできへん。
鉄板あったまるのには 時間がいる。

まぁ そういうわけで なんやかや 初めてたこ焼きをゲットできたんが
去年やったわけです。 

で、いきなりですが その時初めて遭遇した ≪信川≫さんのたこ焼き!信川たこ焼き一舟

うほぉ~~~
皮パリッパリ。 アツアツで美味しそうっ!!

これで なんと250円? (2007年12月時点)
安~~~!

「もって行かれますか? 奥でも食べられますけど」
おねぇ様が優しく声をかけてくれます。
あ、どうしよう。
普通やったら持って帰るとこやけど、 初めてのお店やけど なんか居着きたい雰囲気。

「奥って ええんですか?」
「あ、奥ゆうても ココですけど よかったら」
ゆうて案内してくれはったんが 焼き台の後ろ。 カーテンで仕切られた「奥」。
奥!

テーブル向こうのカーテン、わかります?
そのカーテンのさらに向こうで おねぇ様が焼いておられます。

「お茶、よかったらどうぞ」
うわ~~~! めっちゃすいませんッ!!!

ちなみに、≪信川≫さんの向いに 休憩所みたいな場所があります。
閉鎖店舗の後を改造して 市場内でちょっと一休みできる場所にしてあるみたいです。
そこで食べても ええらしい。

さて。 たこ焼き。
ソースはつけんと このまま頂きます。

これが信川のたこ焼きじゃ!


皮がパリっ!
中がトロッ!

あああああ!!!! ウマい~~~!!!! ヽ(^o^)丿 ★★☆

生地に出汁の味がしっかりついていて、 しかもこのトロかん。
トロ感は 明石焼きの≪松竹≫さんを思わせ 
皮のパリ感と生地のトロ感、そしてトロ生地の出汁のトータルなパフォーマンスとしては
これ、大阪の、例の≪会津屋≫さんと なんかめっちゃ近い感じがするんですけど!!!

ほんまに これはオイシィ たこ焼きです!
明石焼きとたこ焼き 両方の美味しさを 子どもの手に届くお値段に設定した
超B級グルメの至宝!!!


私の絶賛に おねぇ様、 ほんま恐縮しておられました。
「お店は いつやってはるんですか?」
「まぁ、だいたい お昼位からですね。 何時にというのはないんですけど」
「混んでて待つということもありますか」
「まぁ、すぐにできるもんやないんでね。 待っててもらうときもありますけどね」

ていねいに作ってはるから 時間はかかりますよね。
だからこその この美味しさなんでしょうね。


で。 冒頭 うちに宅配されてきた ≪信川≫さんのタコ焼き。
チンしたらええ、と 送ってくれはった知人は言うとってでしたが
いやいや。 チンはあきません。
自然解凍して 明石焼きの台で 焼きなおしましたよ。
焼きなおし
 
わかります?
このタコ焼き、思ってるよりでっかいんですよ。
明石焼きの台の穴いっぱいになります。
≪会津屋≫さんのは ラヂオ焼きゆうか 普通のタコ焼きよりもだいぶ小さかったんで
≪信川≫さんのは ほんまにたっぷりのボリュームなんです。
出来上がり

お店の焼きたてと比べると やっぱりトロ感が足りない感じですが
それでも外がカリっとなって 美味しかった~~~!!!

ごちそうさまでしたっ!!!ヽ(^o^)丿

おまけ

≪信川≫さんで発見。

あっぷる!


これ。
あっこでもみたなぁ(*^_^*)

人気ブログランキングへ

ブログパーツ



街あるき | 10:50:17 | Trackback(0) | Comments(6)
兵庫県公館・県政資料館@元町
前回 迎賓館部門をご紹介した 兵庫県公館。
→兵庫県公館@元町

hyougokennkoukan



月曜日から土曜日までは 同じ建物の一、二階の 県政資料館が一般開放されています。

ところで、 このところ なんで 兵庫県のことを?  という素朴な疑問をお持ちの方に お答えします。

「神戸は 兵庫県の 県庁所在地 です」

神戸は大阪府ではありません。 
ちなみに甲子園は 大阪ではもちろんありませんが、
残念ながら神戸市でもなく 西宮市。 登録所在番地は 兵庫県西宮市甲子園町1番82号です。
もちろん 西宮も兵庫県です。  →阪神甲子園球場HP

そこんとこ 微妙に知られてないんで まぁお知らせしておこうかな、と。
神戸は兵庫県にあります。  よろしくね(^.^)/~~~


さてさて、 今日は北口から入ります。
入口の階段の下には 前回ご紹介した例の見取り図。

県公館案内図



入口から上がって後ろを振り向くと こんな風景。

県公館 北口



迎賓館とは違って 館内、写真撮影禁止の場所は ない?のかな?
「写真撮影禁止」の立札は 見当たりませんでした。
(一応初めて入った時に 入口のおねぇさんに写真撮っていいか確認しました)

県政資料館 というだけあって 歴代県知事がずらっとお出迎え。

歴代県知事



初代兵庫県知事は もちろん! 伊藤博文さん。
いかついお写真の左脇に見えるのは ひょっとして 日本刀?(゜o゜)

そのほかにも 兵庫県に由来する 様々な人物や産物などが紹介されています。

人物!



左上、植村直己(なおみ)さん(→ウィキペディア) は 城崎の出身。

aizen

(写真左下のアイゼンは植村氏のもの)

同じく県北部の出身の 加藤文太郎さんも 日本有数のアルピニスト。加藤文太郎さんは新田次郎の小説「孤高の人」のモデルとしても著名です。→加藤文太郎(ウィキペディア) 

ちなみに加藤文太郎さんが神戸に住んでおられたことなどは 以前にも書きましたね。
六甲全山縦走起点の山 ≪旗振山≫  六甲全山縦走シリーズ 2007.10.01
旗振り山・鉢伏山 ② 春の里山

今回、資料を掘り起こしていて興味深いサイトを見つけました。
すずかハイキング  →孤高の人2「加藤文太郎の山友達」 →孤高の人・吉田富久  

そういえば、城崎にて の 城崎も カニで有名な浜坂も  例の「平成の大合併」で 町名が消えちゃったんですね  (+_+)
→城崎郡(ウィキペディア)  →浜坂町(ウィキペディア)

展示の中にはこんなものも…

ミニチュア



設計された山口半六さんは42歳の若さで亡くなられているのですが →山口半六(ウィキペディア)
ちなみに、今も上野にある旧東京音楽学校奏楽堂も設計されています。 →HP
そして 今でも現役の音楽堂としてコンサートなどが開かれています。
一般公開されている建物なんだけど、コンサートがあると中に入れないので、
何度か入口まで行ってるんだけど、まだ一度も中に入れたことがありません…(+_+)


おわっ!



展示の一角で これにいきなり出くわした時には 正直めっちゃ退きました。。。(笑
はばタン ゆうの?
のじぎく国体(2006・9・30~10・10) ゆうのは聞いたことあったけど  →のぎぎく国体HP
はばタンは 東京まで伝わってないんちゃうかなぁ。 知らんなぁ。
今どきの ご当地キャラ流行りには ちょっと早すぎたからなぁ。
今なら ダントツ トップアイドルでしょう。
今から売り出しませんか? 兵庫県さん!

はじめ びっくりして (なんてったって あの色 シックな建物の中で浮いてるし) めっちゃ退いたけど
何度か 通って 見てるうちに 見なれる?ゆうの?
可愛ささえ感じるようになってきました。
いろいろおるよ。 はばタン。可愛いねぇ。

はばた~ん!!




はい。 気を取り直して 階段を上がります。

階段を上がると



中二階のような不思議な空間。 天井がやけに低い。。。

天上注意



下は 会議場の入口になっています。
右手の奥が 前回の南口、エントランス。
普段は 一般は入れないですが 議員さんなどが使っているのですね。

isu



飲食はできませんが 立派な椅子に座って 少し休憩するだけで
明治の淑女か 伊藤博文公にでもなった気分。
不思議なものです。



071106 (50) - コピー

兵庫県公館。
入場料無料で 明治の風を感じる体験ができますよ。
是非いちど いらしてみてね。

人気ブログランキングへ


ブログパーツ

街あるき | 00:08:46 | Trackback(0) | Comments(4)
兵庫県公館@元町
ここはどこでしょう? ヽ(^o^)

ここはどこ?



アンダルシアの風に吹かれて・・・

じつは  ここは元町。    兵庫県公館の屋上庭園。


兵庫県公館 神戸市中央区下山手通4丁目4番1号
         明治35年(1902年)竣工。 設計:山口半六 
→兵庫県公館について(兵庫県HPより)
→ウィキペディア

元町の駅を降りて、山側に5分も歩くと
県庁のある一角への入口に 兵庫県公館があります。
≪紀元≫さんに行く時には 必ず通る道。
このあたり一帯は 昔から残る大きな西洋風建築が点在していて 
ゆったりまち歩きにいい街。
兵庫県公館の山側にある 赤い煉瓦の栄光教会は 
震災で崩れていた建物が 今は再建されて 昔の姿で建っているしね。

→再度山追っかけシリーズ④



兵庫県公館、 建てられた当時 フランス・ルネサンス様式の建造物としては、
規模・優雅さ、ともに日本一の名声を博したそうです。

県公館案内図

北が下になってるのでちょっとわかりづらいけど、見取り図。

ところで、こんなポスター、みたことある?

神戸のポスター




JRの駅などに貼ってあって 「素敵だなぁ」 と思ってたら ここなんですね。

毎週土曜日に公開されている 迎賓館の3階です。 そっくり!(って、本物や!)
まねっ子


迎賓館の部分は 土曜のみ公開。 無料。
迎賓館の入口は海側の南門入り口からになります。

元町駅から山側に歩いて たどりつくのが 南門。

迎賓館はこちらから

月曜から土曜まで 通常公開されているのは 山側の入口(北口)から入る 県政資料館。
兵庫県の歴史や輩出した人物や記念の品が展示されています。
見ごたえタップリ。  いつもはこちらを一通り歩きます。

2007年秋、たまたま土曜日にここを通りがかって
迎賓館の公開日だと 気づいたのはラッキーでした。

いつもは開いていない海側の入口(南口)から入ります。

海側から入る

入ってすぐがエレベーターホール。

エレベーター

これは3階のエレベーターのドア。
階数を表す時計盤みたいなのが懐かしい! 昔、デパートにあったね!

koisoryohei



パッと見ても 小磯良平画伯の絵だとわかるタペストリー。
所蔵品もたくさんあるようで 絵と建物が一体化した 素敵なギャラリーにもなっています。

いろいろなお部屋があるんだけど 撮影禁止になってるところもあるので
あまりアップできません。
ここはぜひ 実際に足を運んでほしいなぁ。(*^_^*)

3階の廊下。 

外からの光に誘われて・・・



外からの陽ざしが誘うようで ふと外を見るとお庭が。

通路に立っておられた守衛さんに 「あそこへは どこからでられますか?」 と聞くと
「ドアから出られますよ」 
ドアを開くと・・・


okuzyou 1




ステキな空間~~~~~~ヽ(^o^)丿

小さな女の子を連れたおかぁさん。
お友達とお散歩されているのかしら。 3人組みの大きなおかぁさんたち。

ここはどこ?




okuzyou2



みんな のんびりくつろいでいました。

広さからいえば そんなに広くない どちらかというとこじんまりした空間なんだけど
頭上に広がる空の心地よさ。
なんて素敵な空間なんだろう! 
自然を取り込んだ空間の演出は まねしたくなる素敵さですね。
ふと フロインドリーブの奥にある中庭の空間演出を思い出していました。
ヨーロッパの建物のよさが 今でも生活の中に生きている街なんだなぁ。神戸は。。。

with eikoukyoukai




人気ブログランキングへ

ブログパーツ


街あるき | 00:38:51 | Trackback(0) | Comments(4)
心底美味しい≪紀元≫ のお粥! 【隠れた名店】⑤

これが紀元のお粥だ!



紀元 
    神戸市中央区下山手通7-6-17  ℡ 078-366-3358

去年(2007年) に私が書いたこちらの記事。
『今年出会った 懐かしくやさしい神戸の味 ベスト3!』
ありがたいことに アクセスの多い記事となっています。
この記事で『懐かしくやさしい神戸の味2007 №1』 に光り輝いたのが
「紀元」 の おまかせランチ 1050円  のお粥!

以前の記事 イチオシの≪紀元≫のお粥。 私の劣悪なカメラワークに 
まぁ、それでも 「≪紀元≫さんに 行ってみよか」 と 
思ってくださった方がおられるなら嬉しいのですが。

あまりにあまりな写真に ≪紀元≫のお粥に申し訳ない。
写真撮りに 今年3がつ、≪紀元≫に行ってきました!
(相変わらずのカメブログで申し訳ない…ごめんね~~。黄さん~~~)  
※黄さん=紀元の名物オーナーシェフ

ほんまは 神戸に帰る度に行きたいお店なんですけどね。なかなか余裕がなくて・・・

というのも ≪紀元≫に行くには 歩かなあかんねん。
JR元町駅から 徒歩約15分弱?
元町駅北側に降りて 県庁目指していくと 兵庫県公館もあるし
お散歩にはええコースなんですけど。

場所が場所なのに 人が絶えないお店。
遠くからも(私が紹介してもらった人は東京から)人が訪れるお店。
隠れた名店】どころか 広く知られた名店なんですけどね(^.^)


kigen1



さてさて。 たどりついた店の前には どっしりした椅子もご用意。
開店前に伺った時は ここで座って待ってました。。。

kigen2




≪紀元≫さんは 昼も夜もやっていますが、 私は昼しか行ったことないので
御紹介するのもお昼のメニューから。

お昼のメニュー (11:30~16:00)    1050円 (2008年3月時点)
☆一菜六惣菜、 お粥または飯、 スープ
 一菜:海老チリソース、とりから揚げ、など4品から選択。
 六惣菜: グリーンサラダ、旬ナス、香の物など、季節によって変わる。

このほかにも単品料理の注文もできます。

私は お粥 は 必修 なので  それ以外はその時の雰囲気で選択。

お粥+蒸し鶏の選択です。 これ全部で1050円! どう? 

kigenranti


お値打ち価格です。 これだけの品数、これだけのボリューム。
でも、 いくらお手頃価格でもね、 味がダメなら お値打ちとは言わないのよ。
こちらのは 一皿一皿 どれ食べても 素材の味が生きる薄味で
しかも 心がホンワカ幸せ感じるお味なんです。 まさにお値打ち!

実はこのとき、ランチタイムも終わりかけ、3時ちょっと前に駆け込んだんだけど
お店入るなり 「ランチセットは終わりね~」 って言われたんだよね。
私はなんといってもお粥狙いなんで、すかさず
「お粥はまだありますか?」 って聞いたら 「あるよ~」 。 結構です。
お粥のメニューってどんなのがあるのかしら? と 思ってメニューめくってたらしばらくして
「蒸し鶏でよかったら ランチつくるよ~」 
うんうん、 蒸し鶏で 結構でございます。 蒸し鶏でお願いします~~~

って 出てきたのが こちら。 

私 こちらの蒸し鶏、すきなんです~~~! (^o^)
いつもだって 蒸し鶏注文するんで 全く問題ない。
ここの鶏肉、臭みがないし、どういうかげんになってるのか ごま油のいい香りが強すぎず程良くて

kigenmusidori


素材は一見普通の鶏っぽいのに、お料理次第でこんなになっちゃうの??? 
そんな 料理人の「ただものでなさ」 を感じさせてくれる こちらの蒸し鶏。  
他のお皿もそう。
素材はそこらへんにある、普通っぽい素材に見えるのに 
全然普通じゃない味に驚く。  だからこのお店は超お気に入り。

六惣菜は こんな感じ。

なんだろうねぇ。

多分、いろいろかき集めて作ってくれたんだと思うのね。
これはなんだろう。 煮物?

ナス甘味噌がけ

このナスの甘味噌はいつものお皿。 これも素朴なんだけどオイシィのよねぇ。。。

白身魚

これは初めて。 白身魚(タラみたいな感じ)の天ぷら。ピカタみたいな感じ。
お魚が新鮮で!! オイシィの! もしかするとこれは緊急の材料で作ってくれたのかな。

お漬物?

お漬物? たぶん胡瓜は甘酸っぱいお味だったと思います。

サラダ

グリーンサラダ。 なんだかこれだけやけに「ランチ」っぽい香りがするヽ(^o^)丿
不思議にいつもランチにはこのグリーンサラダがついてる。 色がきれいだから・・・かな?(*^_^*)
胡瓜もトマトもキリッと冷えていて これもオイシィのよね。

ザーサイ、写してないけど、これがまたおいしい。 
分厚くて歯ごたえがよくて、噛めば噛むほどいいお味で。
ここのは ザーサイも好きなんだ~~~。

いよいよ お粥に突入。

これが紀元のお粥だ!


お粥食べ始めると 他のを食べるの忘れて 夢中になっちゃうので
私は先に 他のお皿をあらかた片付けてから お粥に本格的に取り組みます。

お粥アップ!




お粥、アップ!

なんと表現すればよいのでしょうか。
とにかく やさしいお味。
ホンワリふくらむお粥の甘さに 優しく寄り添い混ざり悦楽をもたらす 鶏のうま味。

口の中が まろやかなデンプン質で満たされた幸せは あたかも
絶妙の湯加減に 気づいたらまどろんでいた、 というような幸せ感に近い、かな。


やっとアップできましたよ~~~ 黄さ~~ん!!!!
今度神戸に帰る時は この記事、コピーして持っていこうっと。
この前、あの劣悪な写真の記事、それでも お知らせしとかなくちゃ、と思って持って行ったら
喜んでくださって…・
それが逆にうれしかった。。。

またお粥めざしていきますね~~~~!!! ヽ(^o^)丿

◆◆◆◇◆◆◆

もとはといえば、 早坂さんの 〔紀元〕さんの記事から こちらに伺ったのでした。 早坂さんに多謝。
≪神戸っ子ゴハン≫
●"ザ・シェフリンク"第14弾!いきなりたどり着いてしまった、神戸中華料理界の最高峰・黄啓健氏の店~下山手通「紀元」
●【ザ・シェフリンク再訪編】半世紀以上現役バリバリの中華の鉄人吼える!with突然の訪問者?~神戸・下山手通「紀元」&元町「喫茶ホワイト」
●【ザ・シェフリンク再訪編】フレンチNO.1シェフ&ユニークネスNO.1スーパーダイナーのオーナーが、神戸・中華料理界のドンの店に結集!!~下山手通「紀元」
●【ザ・シェフリンク再訪編】 黄さ~ん!今日のごはん何ー?~神戸・下山手通「紀元」


中華粥といえばこちらも美味しかった。 (当ブログ記事2008.1.13付)
◆再度山めざしたつもりだったんだけど・・・ビーナスブリッジ初登頂!そして神戸の街を臨む その1 (再度山追っかけシリーズ④)
残念ながらこの記事アップの後、写真が消えてしまって未だにアップできてないんですが、
この記事中の杏杏諏訪山工房さんのお粥は、しっかり鶏がらスープ味で、
「う、美味いッ!!! (ガッツポーズ)! (●^O^●)」  って感じ。




最近では ほいほいさんのブログでも見事に紹介されていました。 ほいほいさんもどうやらヤミツキ傾向にあるようで…・

≪神戸・芦屋・西宮☆ぷらぷら日記≫
神戸中華界の重鎮のお店 神戸・花隈『紀元』




追記! びっくりだ!

≪紀元≫さんをご紹介くださった、神戸グルメブログの大姐御、
早坂さんが≪神戸っ子ゴハン≫で この≪紀元≫ランチに大迫力接写!
もう、圧巻です!
しかも、弊ブログまでご紹介くださって…(涙、涙、そしてまた涙・・・
ありがとうございます!!!
◆≪神戸っ子ゴハン≫ 
  ●【ザ・シェフリンク再訪編】中華粥~☆ ランチセットに目を回し(@@・・・神戸 下山手通 「紀元」  2008.11.4付


人気ブログランキングへ
 
ブログパーツ

街あるき | 23:07:30 | Trackback(0) | Comments(4)
コーベの夏に ヤマシタアイス!【隠れた名店】④
暑なったり寒なったり 安定しないお天気ですが 
晴れたときの 太陽のパワーは もう 真夏のジリジリ照りつけと 変わらない。
外にいると あっという間にテリヤキになって 干からびてしまいます。

そういう暑い日には アイスクリーム!

昨今、チョコもアイスも高級志向がもてはやされておりますが
私の関心は昨年来、 ヤマシタアイス に注がれてきました。
それもこれも 去年≪グルメ紀行ブログ≫『ヤマシタアイスを探せ』 を拝見してからのこと。
地元神戸のメーカーさんが作る アイスクリーム。
しかも 私が子どもの時代あたりから 地元神戸で愛されてきた と 聞けば
そりゃ~ どんなもんだか 一度は食べてみたいやん!!!

神戸に帰ると スーパーなどのアイスボックスをのぞいて 探してましたよ。

ヤマシタアイス。   (神戸東食品工場) 神戸市東灘区御影本町3丁目2-10 →HP
見つからんねん。 あちこちのスーパーのアイスボックス覗いても。

ヤマシタアイスの HP読むと、 製造元でも どこで売られてるのか 把握できてないらしい。
(HPより→ヤマシタアイスを探せ!


で、 ことあるごとに
「ヤマシタアイス」 「ヤマシタアイスは知りませんか?」
「ヤマシタアイスを見かけた方は midoriまで 御一報ください」

と念仏のように唱えていたら…

ある日 ウチに ヤマシタアイスがやってきた!!!!
めっちゃ感謝です。 \(^◇^)/  Y先輩! ありがとうございます❤
ヤマシタアイスがやってきた!


4種類、6箱×6本=36ヤマシタアイス! 多ッ!
ヤマシタアイスです!

これが 一度食べてみたかった コーヒーバー! ↑

ヤマシタアイスですったら!!!

でも、ここは 大人の分別として 2箱ある あずきバーから 食べてみようか、と。
箱には
【この「あずき」は自然のおいしさを生かすために、安定剤、着色料、合成甘味料などは一切使用せず、
シンプルな素材のみでつくっております】 と書いてある。
原材料名は 砂糖 小豆 食塩。   ・・・・って・・・・ これ、 あんこ やん!

失礼しまして、ひとくち!
ヤマシタアイスですってばよっ!


ウフッ!
つぶあんです。 そのまんま つぶあん。
いまだから告白しちゃいますが
実は 私 アイスも つぶあんも どっちも ニガテなんやぁ~~~!
アイスが苦手なんは 虫歯さんの関係もありますが もともと冷たいスイーツはあまり食べない方かな。
つぶあんが苦手なんは まずは甘すぎるアンコが苦手、ということで、
アズキの味がしっかりするような、甘さ控えめアンコは好きなんですよ。 こしあんも好きだし。

で、 こちらの ヤマシタアイス あずき!

オイシぃ~~~~!!!!! (~o~)

どうした? 私! と思う間もなく ガリガリモグモグ・・・・
 
あっという間に 完食!ヽ(^o^)丿

うへへへへ!
ヤマシタアイスに もう 魂うばわれてますぜ。
    (←誰のセリフや、ダレのっ!)
ちょろいもんや 神戸のおばはんおねぃちゃんは! (←そやから、誰やねん、あんたはっ!)

さ~て 次は   今回 ひそかに 「本命!」 と 先ほど流し目しといた コーヒーバー!
ここはもう まどろっこしいことせんと さっさと食べちゃおう! と みると
なんとすでに 封があいてる!
娘の仕業かっ!(--〆)

これは ほっとくと 私の口に入る前に 姿が消えてるかもしれん!
やばい!

ということで あわてて かじりついたコーヒーバー!
コーヒーバー!

おおおおおっっっ!!!!
こちらは 想像もしてなかった 逆パンダ?ワッカ入りです。
このワッカはクリームですね。 コーヒーにクリーム ちゅうことでしょうかっ!
珈琲のほろ苦さが 実に上品でよいっ! しっかり珈琲の苦味が伝わってきます。
そして、 ここはとてもでかいポイントですが  人工香料で無理やりコーヒーというのではない
めっちゃナチュラルな 丁寧に手作りされたような そういうお味。
クリームが柔らかな甘みを添え、 とてもええ感じですっっっっっ!!!

いつも コーヒーはローストも深深炒り 苦いのが大好きな私ですが
食べ終わった後に口に残る 爽やかな苦味、ほのかなコーヒーの か・ほ・り!
う~~~~~~ん   やられたぁ~~~! 
これぞ 神戸のコーヒーバーや~~~~~~!!!!


つぎ。
ブルーベリー&ヨーグルトバー。

ブルーベリー&ヨーグルト

これはまた・・・・・・・

ブルーベリージャムが そのまま凍ってまっせ!!  奥さんっ!

濃厚です。 濃厚。 周りのヨーグルトがまた あっさりして口当たりがええ。
全体のバランスが めっちゃええですね。
しかも 今まで食べた すべてが 後味がとてもいい。
変な香料や甘味料 使ってない、ちゅう感じの味です。
手作り、 昔おかぁちゃんが作ってくれた氷菓子を思い出す
心ほっこり あったか~くなる(?!) アイスです。

くりやぁ~!


あ! スキをつかれて お父ちゃんに栗バーをかじられてしまった!

「おお。おおきぃクリが入ってるなぁ!」

栗好きな お父ちゃんの 嬉しそうな声。
美味しいかい?  それはよかったねぇ!!

栗バーは お父ちゃんに完食されておりました(^_^;)


全体に 甘さ控えめ 素材の味が生きていて あと味がすっきりとしています。
コーベで懐かしいアイスの味と言えば そごうの地下1階ヒロタのシューアイス がまず思いうかぶのですが
コーベの夏に ヤマシタアイスは なかなかな選択ではないか と思いました。

蒸し暑いコーベの夏。 
海風に吹かれながら ヤマシタアイスをホオバル。


う~ん! いいねぇ!!!

ヤマシタアイスのマーク?
↑これ、ヤマシタアイスのマークでしょうか?コメントで早坂さんからご指摘があったのでアップしてみました。

***********

ところで 「わたしは子どもの頃 ヤマシタアイスを 食べたことあったんか?」 

小学校のころ 通ってたお絵かき教室。
夏の お三時は アイスやった。
年長の子が 近くの酒屋の店先にある アイスボックスまで お使いに行くねん。
それで、 お絵かき教室に来てる子どもの数の分
ありとあらゆるアイスをかき集めて 買って帰るねん。

あの時のアイス。 あの中に ヤマシタアイスは あったんやろうか…‥?


ヤマシタアイス。 実食したけど  わからんかった…・
あの当時は ソーダとかメロンとかミルクバーとかオレンジバーとか
そういうのやったから  今回のものの中に近いと思うものもなかったなぁ。

あの頃は私はミルクバーが好きで ほとんど そればっかりやったしなぁ。


次は ミルクバー食べたいなぁ・:… ミルクバー・・・・


***********

ちなみに いまY先輩と私が追いかけているのは
コーベとは関係ないかもしれませんが 昔懐かしい 瓶チェリオ です。
瓶入り「チェリオ」自販機はいまや日本に3台 2004.10.29付
チェリオ(ウィキペディア)
◆↓チェリオのウェブサイトに 腰に手を当ててチェリオをラッパ飲みしている りりしい男の子の姿が…・
→チェリオ ウェブサイト

今年の夏、神戸で ヤマシタアイスを食べ 腰に手をあててチェリオを飲むのが 
密かに流行る…・  かも・・・・?????(*^_^*)

→人気ブログランキングへ



ブログパーツ

街あるき | 00:01:36 | Trackback(0) | Comments(6)
神戸フィエスタ。行けなかったけど今年の様子を集めてみました!

(最初にお断り。この記事は神戸フィエスタ現地のレポートではありません。イベント当日の写真もありません。あしからず)
布引ハーブ園からの眺め


フィエスタ会場となった 布引ハーブ園 からの 眺めは 
どのブログを拝見しても
「ああ、神戸やなぁ・・・・」 と ホッとする。

神戸の震災の時 この場所から 神戸の街を見たら どんなに胸が苦しくなっただろう・・・
あの時の神戸は 私の知っている神戸じゃなかった。
でも、あれも 確かに 神戸なんだ。
アジアの国で起こっている 甚大な災害の様子が 詳細になってくればくるほど
そんな思いがつのってきます。

あの時 絶望だけしかなかったのが 今ようやくここまで来ているよ
そんな神戸の様子を伝えていくのも できることの一つじゃないかと 思ったりする。

神戸に元気を。
「今 〔元気な神戸〕 代表」 が 集まってきたような 神戸フィエスタの様子を見ていたら、
来年と言わず いつでもいいから またやってほしい。 私も参加したい。

そんな思いを込めて そして単に私自身の覚書として
神戸フィエスタの記事を集めて記録しておきたいと思う。


神戸フィエスタ 2008年5月11日(日)11:00~16:00 布引ハーブ園 風の丘→公式HP


***********


神戸といえば。 ちょっとおしゃれな フレンチ、イタリアン、など西洋風も、
和んだりパンチがきいたりの 中国、インド、無国籍など東洋、東南アジア系のお店も
美味しいものを リーズナブルに楽しめるのが ええ所。 

今、早坂さんの≪神戸っ子ゴハン≫ 『ザ・シェフリンク』では 
神戸のお店の中から シェフが選んだお店をつないでレポートされている。 
さすが、神戸の一流シェフが選んだお店。
今まで何件か伺ったが、和洋中、いろいろあるけど どこも素材のよさを生かして 
しかも コストパフォーマンスがとてもいい。

味も値段もレベルが高いとおもう神戸のレストランの中から さらに選び出された良店。
そんな≪神戸っ子ゴハン≫で紹介されているお店や、神戸の食を支える名店の数々が集まり、 
神戸フィエスタ という イベントを企画、 なんと屋台を出しちゃうのだという。 

神戸の食の 見本市 みたいなもんやね。
これは グルメブロガーじゃない一般人でも 行きたくなるというもの。


***********


まずは 布引ハーブ園への道。
ロープウェイからのスバラしい眺め。

◆つきじろうさんの≪春は築地で朝ごはん≫【動画】神戸フィエスタ到着・準備編

フィエスタ前日は えらい雨で、 しかもこの季節に3月下旬の寒さ。
参加できない私も 東京で寒さに震えながら気をもんでいたが、
神戸は朝まで降っていたらしい雨も 開場時にはすっかり上がった様子で ホッと。

布引ハーブ園(→HP)は1991年に開園した、六甲のプレイスポットとしては比較的新しくつくられた施設。
(→ウィキペディア「布引ハーブ園」)
だから 私は2年前が初めての訪園やったわけです。
(→今週末は神戸フィエスタ@布引ハーブ園)

早くに神戸を離れた同輩たちには この布引ハーブ園に行ったことがない者も。
神戸っ子も、元神戸っ子も、ここは一度は訪れてほしい場所。
新神戸駅のすぐ裏、という立地がよく、 ちょっと坂はきついけど、
ちょっと登っただけでも とてもいい展望が望めるので
ロープウェーができる前には 私も何度も歩いて登ったことがある。
 
すっかり空気が澄んできて 神戸の街並みがきれいに見えるのは 
◆いさをさんの≪Oishii!!~関西グルメ食べ歩きレビュー≫の『神戸フィエスタ』 トップの写真。
素晴らしい写真です。

神戸は山と海の街。
山に登って海にのぞみ 神戸の街並みを見渡す楽しみは まさに神戸っ子の楽しみ。
よくぞ 神戸に 住みなしたり。 だな。


こんな素晴らしい山の上。
神戸で山に徒歩で登った人は 登った時のすがすがしさはわかると思うのだけど
その山の上で  海と山と空を舞台に こんなイベントが行われていたとしたら…
(わたしゃ、ちょっと、アルプスの山の上で奏されるアルペンホルンを思い出したね。
 あ、これはちょっと想像力豊かすぎ?笑)

◆『も~最高!!でしたね!』 ≪神戸フィエスタ 公式ブログ≫
 HAMASAKI KAYOKO &櫻井文恵  の カルメン!
 (株)コベルコ科研綱引同好会 の 綱引き!
 津軽岩木会 の 津軽三味線!
 宮田アキナ with Bb Swing のjazz!
 SHO AMANO 云わずと知れた 天野SHO!

ただのぶちあげイベントではない、食への奥深い愛を感じる、
親子で参加できる素晴らしいこんなイベントも!

◆親子料理教室(母子・父子):ラピエール 石井とルセット 依田が贈る安心素材で簡単フレンチ


***********


さてさて、屋台ですが…

最初に飛び込んできたレポートは 
 ◆takさんの  ≪外科医の食卓~関西食べ歩き日記≫の『神戸フィエスタ』
以前に味噌の仕込みで勝手に参考にさせていただいて以来、(→同『味噌仕込み』)
関西の美味しい情報発信基地として 楽しく拝見させてもらってます。
当日偶然会場に行かれた・・・なんて、うらやましい~~~!
美味しい情報はちゃんと必要なところに集まって行くものなのですね!
たくさんの写真が並んでいるので、ざっと見ただけでも屋台全体の雰囲気がわかるような…
夜のお店。ここの二階
takさんの写真、つきじろうさんの動画で 
ググッと引き寄せられる 赤いイチゴの山。
こちらのお店は リストランテ ラッフィナートさんの苺クレープ。

『神戸フィエスタ;「リストランテ・ラッフィナート」のクレープ』 ≪春は築地で朝ごはん≫


写真は 去年11月にお店に伺った時のもの。 →
白い建物右側の2階、ガラス越しに店内が明るく見えるお店です。
こちらのご紹介は早坂さんのこちらの記事。
≪神戸っ子ゴハン『ザ・シェフリンク第35弾』芦屋親王塚町イタリア料理「リストランテ・ラッフィナート」≫
神戸の街並み、川ぞいの並木道を歩いてたどり着いた 隠れ家のようなお店。
美味し~~ぃイタリアンを頂いてホッと幸せに浸っていたら、シェフ自らテーブルをひとつひとつ回ってこられて…
顔の見える、お話のできる関係って お料理がより一層美味しく感じるのは 不思議です。


他にもたくさんたくさんお店が出ていて さすがのつきじろうさんも 一日では食べきれないようでした。


引き続き ≪春は築地で朝ごはん≫より
◆『味加味』和牛ステーキ800円、『トラットリア・コチネッラ』「和牛ホルモンと地野菜のミネストローネ フォカッチャ」、500円、『中国家庭料理 杏杏』 中華粥500円、『イベリコロッケ』 『ギュール』うずらの炭火焼 淡路のたまねぎのパンケーキ500円  「神戸フィエスタ、続き!」≪春は築地で朝ごはん≫


◆『ラヴェニール・チャイナ』汁なし坦々麺500円、『ルセット』和牛煮込み800円、『イ ヴェンティチェッリ』朝採れ野菜のピッツァ500円、『広東料理 正』焼きビーフン500円、『同源』マーラ―あんかけごはん500円、『金泉』ホルモン500円・・・「神戸フィエスタ」 怒涛の後半戦!≪春は築地で朝ごはん≫

もちろん、早坂さんの≪神戸っ子ゴハン≫には つきじろうさんと一緒に回られたお店を中心に
ステージの様子など、神戸フィエスタの全体の記事が詳細にアップされています。

≪神戸っ子ゴハン≫
●【特別番外編】 食の祭典「神戸フィエスタ」~☆ 一流シェフ、布引ハーブ園に会す!!(公式ブログのほうの記事にも早坂さんも執筆。 →公式ブログ  )
ルセット
ここで紹介されている『ルセット』さん、
≪神戸っ子ゴハン≫を見て初めて訪れたお店。
お店も素敵。
妥協、手抜きしないフレンチ。

ほんとに久しぶりに
「神戸のフレンチ、食べたぁ~~~」 って満足を感じました。

フレンチ自体、何年ぶりだろう。
懐かしい・・・というくらい縁遠かったですね~ここんとこ。
ルセットさん伺ってから、 神戸に帰った時に
たまにはフレンチ食べよう、という気分になります。

神戸離れて すっかり忘れてた。フレンチ。
東京のフレンチは大仰で値段もめっちゃ高い(わりにお味が…)やからなぁ。。。


御紹介くださったときの早坂さんの記事はこちら。

◆● "ザ・シェフリンク"第3弾!フレンチの何たるかを知った夢のような昼下がり~北野・山本通「ルセット」 ≪神戸っ子ゴハン≫


***********

イベント っちゅうのは ほんまにたくさんの人の力が結集せんと成り立ちません。
小さなイベント一つ作るのでも、そのきっかけを作るのすら大変。
さらに実際に形にしていく過程で 一緒に作っていく仲間たちの力の結集、気持ちの束を作っていくなかで起こるのは、いいことばかりじゃない。
それを乗り越えて一つのイベントを成し遂げる。
しかも、それぞれ、本当にやりたいと思って楽しんでいる。

そんなオーラが伝わってくる 今回の神戸フィエスタ。

食について いつも真剣に考え取り組んでいる人たちがいる。
次回を本当に楽しみにしてますから。
是非是非、またやってね(^_-)-☆
今度はどこでもドアを使ってでも 絶対行きますよっ! 

   



◆さいごに、こちらは 私がフィエスタに行けていたら 絶対食べてみたかった一品。
『神戸フィエスタ;「ラピエールジパング」のハンバーガー』 (≪春は築地で朝ごはん≫より)

こちらのハンバーガー。 バンズは なんと フィエスタで販売もしていた
『イスズべーカリー』 が このハンバーガーのために作った特別なものとか。
イスズべーカリー行ったらこのハンバーガー、一日限定20個でもいいから
売ってるとか、、、、、、ないかなぁ・・・・・・(涙 

 



◆神戸新聞ニュース 『兵庫県産食材の魅力PR 11日、神戸フィエスタ』 2008.5.9付

***********

→人気ブログランキングへ
↑ここクリックすると、ランキングが上がるんです。
お知り合いの方はぜひ、ここをクリックしたって下さいね。
通りすがりの方も ここは一つ 人助けと思って クリックしたって下さいね。
もう一回 載せときましょうか?↓
→人気ブログランキングへ
え?しつこい?
すいません。性格なもんで…m(__)m



 

ブログパーツ





街あるき | 22:48:02 | Trackback(0) | Comments(6)
焼そばは太蒸し麺!≪島谷商店≫ 【隠れた名店】③ @垂水廉売市場

神戸にも 麺売る店は 数あれど 母選びしは この店の麺   by m.

島谷商店

midoriです。
最近、お魚に関しては 築地という史上最強の市場を掌中にして
お魚三昧の日々なわけですが
肉魚料理を食べ続けると あっさりしたものが欲しくなるもんです。 

正月明けのホッと一息七草粥 じゃないけど  
壬生菜のお茶漬け。 和風出汁のお雑煮。 そして 島谷の日本蕎麦、うどん、ラーメン。

とくるわけだ。


島谷商店。
垂水廉売市場で 私が子どもの頃からずっとお世話になってきた麺屋さんです。
  神戸市垂水区神田町6-7 (垂水廉売市場内) ℡078-707-3978    →HP
垂水廉売市場についての過去記事はこちら。
 ◆垂水廉売市場*なまこ  2006.12.26付 当ブログ記事

湊川の市場と違い、垂水廉売市場は 一区画の中を縦横複雑に通路が交差しており
入口も東西南北、何か所もあるので
どこから入ってどこから出るのか 慣れないうちは 迷子になってしまいそうな場所。
でも、どこから入っても なんとか島谷さんのお店にたどりつく…ような気がする。

島谷商店さんの麺の特徴といえば。。。

たとえば 焼きそばの麺。

いまでこそ スーパーでは 全国展開メーカーさんのビニール袋入りの茹で麺がほとんどですが、
特に焼ソバ麺に関しては あれは細すぎる。
神戸の焼ソバ(ソース焼きソバ)は 太い蒸し麺。  島谷さんの焼ソバ用麺もしかり。
(偶然だけど、今、某NHKの『ためしてガッテン』でやってるね。太い麺。プロ用だって。。。→HP
 そんなことないよ。神戸では 普通に売ってまっせ。一般家庭で使ってまっせ)

島谷さんの麺だけでなく、 神戸で「ここは美味しい!」とブログなどにアップされてる
麺屋さんの麺を拝見すると 少なからずこの 太い蒸し麺 だったりする。

長田の『ゆき』さんに伺った時に頂いた 『そば飯』も 太い蒸し麺。これが噂のそばめしです!

 
神戸関係のブログをあちこち拝見していると
特に 焼ソバ用の中華そばなどは 近所でお気に入りの麺屋さんがある
神戸人は
まだまだおってのようで、 とても嬉しい。
多分 麺屋さんの太麺のを使った焼そば(特にソース焼きそば)の旨さを 知ってはるからやろうね。

島谷さんの太い焼ソバ用麺は 実に味がある。
焼そばだけじゃない、他の麺、どれとってもそう。
麺にうま味を感じる、といっても過言ではない。
ウマい粉の味は 関西人やったら わかるやろ?

HPにも書いてあるけど、粉と塩と水だけ、シンプルやからこそ奥が深い。
そういうことを 舌にダイレクトに教えてくれる麺です。


さて、今年3月。 島谷さんに行きました。
「写真撮らせてもらってもいいですか?」
おずおず切り出した私に
「ええよ~。 中入り~」
なんと、ブログ始めて 初の店内撮影!
なんだか ≪神戸っ子ゴハン≫の早坂特派員になった気分です(*^_^*)

ほんまは 店の外から写させてもらえば十分満足やったんですが
願ってもないチャンスに そそくさと店内へ。

「これで粉をねるんや」  おとーさんがわざわざ機械のカバー外して攪拌してるところを見せてくれます。

島谷商店攪拌中


「それをここで製麺すんねん」

延ばし中。

白いロール状に巻きついてるのが 延ばされた麺生地。
出てきた麺は こんな風に並べられて…

生めん。

お。麺を茹でてるんですね!

ゆでます



茹で釜が~~!!!

なんと、茹で釜が 自動的に持ちあがり 麺を冷水に放り込みます!

出来たて細うどん!


あらら、 茹でたてに麺つゆササっとかけて
「ほら、茹でたて 食べてみ~」

えええっ! ええんですか~!
つるっつる、ぴかっぴかで めっちゃ美味しそう!

ちょいと一口。

あら!
このコシ!!!

柔らかくしなやかな生地なのに しっかりしたコシ。
う~んと引っ張っても 弾力が強くて 切れない。
歯に感じるシコッとした 反発力。
う~ん、快感っ!!!

それにしてもこれほどまでにコシがあるとは。。。

普段は蕎麦eaterの私ですが、 こちらのうどんは好きでついついたくさん買っちゃう。
コシがあってのびにくくて、麺の味がよくて、と 本当に美味しいのですが
茹で麺の状態で売られていてもコシがある麺の 茹でたては さすがにすごいんだね!
(ちなみに島谷商店さんでは自宅で茹でるための生めんも販売しています)

『美味しんぼ』にもありましたね。
力士が力まかせに練って作ったうどんは コシが強すぎて硬く
おばあちゃんが ネリネリして作ったうどんは 柔らかいのにコシがある。
(美味しんぼ 第10巻『ペンションの名物』 →参照) byロロモの世界
あれ、思い出しましたよ。

こちらのお店では うどんも日本蕎麦も中華めんも扱ってる。
それぞれが それぞれの粉の美味しさがしっかりしていて
ほんまに美味しいです。
粉だけやなく、塩にも気を使ってるらしいし。
おとーさんもおかーさんも ものっすごいええ人で しかも職人。
カッコえ~~~~!!!


お店の前にあるフリースペースにどっかり座って
茹でたての細うどんを頂いていると
次から次に お客さんが来る。

ラーメン用中華そば

ラーメン用の中華麺が売れてましたね~~!
私も 島谷さんの ラーメン用の中華麺、大好き!
ストレートの 細麺。 麺の断面が キリッと角のたった
のど越しが まことによい麺です。

この麺は 私は広島風のお好み焼きにも使います。
そして、 【神戸で焼きそば】 ゆうたら 通常は 【あんかけ焼きそば】 を指すと思うねんけど
その 【あんかけ焼きそば】 の時も この ラーメン用中華麺を使います。

粉のうま味、コシ、舌触り、のど越し…
そのどれも 絶品。



島谷商店さんのファンは多いらしく 地元の友達なども お店をよう知ってる。
地元の垂水だけやなくて 配達されてる店舗、施設もあるので
島谷さんの麺を 知らず知らず食べてる神戸人もおると思うよ。

とにかく、技ありの茹で麺屋さんです。
わたしは ベタぼれです。
(ちなみにここの日本蕎麦には 信州からも注文が来るそうだ。
私もここの蕎麦は ほんま美味しい!と思う! 
神戸で日本蕎麦買うなら、私はここ、と決めてます)

廉売市場の中のお店は なかなかすぐれもののお店が多いと思うんだけど
美味しいもの、ずっと作りつづけてほしいです!

 

垂水廉売市場、おもろいよ~! 一度行ってみ~!


人気ブログランキングへ


ブログパーツ

街あるき | 21:29:21 | Trackback(0) | Comments(13)
今週末は 神戸フィエスタ!@布引ハーブ園
王子動物園のゾウの諏訪子さんが亡くなり、
そごうのからくり人形時計が停止になり、
ついでに上野動物園のパンダが亡くなり、 そのニュースに関連して
王子動物園のパンダが 何度もテレビ画面を賑わせながら迎えた 
国民的一大イベント、ゴールデンウィーク。

神戸の感傷に浸る暇もなく 今年のGWのカレンダーの赤い字は わたくしには全く関係なく
日常生活にまみれて過ごしておりました。

そんなこんなで すっかりこちらの更新もご無沙汰の間に
実はすごいイベントが今週末にあるんだ、との情報が。

食で遊ぶ 食の祭典!!!  神戸フィエスタ!!!!→HP
5/11(日) 11:00~16:00 

場所が…場所がね。

布引ハーブ園

なんです・・・

布引ハーブ園から神戸を望む


布引ハーブ園。
新神戸駅横のロープウェーに乗って山頂に登ったところにある
すっばらしく 眺めのいい場所です。

山頂に向かうロープウェーから眺める神戸の街。
もう、 神戸っ子として 何物にも代えがたい 自慢の神戸の眺望です。

山頂駅から

実はこの写真、2年前の5月3日撮影です。
布引ハーブ園に 初めて行った時の写真です。
山頂の布引ハーブ園駅では ちょうど子ども向けのイベントをしていました。
このころは まだ初デジカメ買いたての頃でしょうか。
枚数もあまり撮ってなくて うまく景色を伝えられてないですが 

ええ天気で ほんまに すごいええ眺めでした。

懐かしいなぁ。
もう2年も経ったんやね。

子ども向け催し

布引ハーブ園。
最初、 名前で パッと思い出したんは
高校時代、初めて友達とバイトした 六甲山の高山植物園。  →HP

てっきりあそこやと思ったんですよ。

中学の時の友達とエントリーした、1日だけのバイト。
山の稜線にたてられた喫茶店は (→エーデルワイス)
涼しい山風が山肌沿いに吹きあがって 蒸し暑い関西の平野とは別天地。
お客さんも数人だけの 暇でなおかつ涼しい 
まるでリゾートで避暑でもしてるかのような 夢のような一日。
(それなのにお給金も頂けて しかもネルドリップで淹れたコーヒーのあまり も頂いて) 


ああ、あそこが えらいおしゃれにメジャーに生まれ変わってんなぁ。

なんて思ってたら 全然違うやん。

こじゃれた建物

最近の こういうテーマパーク的なものは なんとなく
はりぼて感のある、いかにも安っぽい作りものっぽいものが多いという 先入観があって、
そんな雰囲気やったら いややなぁと思ってたんですが 心配無用やった。

昔からの神戸らしい 実直な(ちょっとダサい位)作りの 欧風の建物が
やっぱり神戸の山には 似合うなぁ。

風が通る・・・

こういう場所は 新しい建物でも 写真で撮りたくなるものです。

吹き抜け

本物の石の石畳。
細かいことのようですが こういう肌ざわりや見た目の重厚感が 
長く愛され 思い出に残る場所を作り出していくのだと
最近つくづく思うのです。

飛び石

神戸は 観光でも実入りのある街ですが
神戸の山と海という 素晴らしい自然の資源を 最大限に生かした 神戸ならではの観光地ですね。
布引ハーブ園。 イケてるやないですか!

こんな素敵な場所で なんと、 ≪神戸っ子ゴハン≫の早坂さんがご紹介されている
神戸屈指のシェフたちの饗宴! 神戸フィエスタ!
          これは 行かんといかんでしょう!!!!!!!!!                          
                    あ、でも私、行かれへん・・・・

                               涙・・・・・・

行かれへん私の代わりに ぜひ 皆さん行ってくださいよ。

私が行きたくて行きたくて 未だに行けていないお店の味が 
テイクアウトで しかもほとんどがワンコインで食べられるなんて、 

ありえないやろ。それ!

という贅沢ですよ!!!!!

◆神戸フィエスタの  → ブログ
            →イベント概要         
            → 参加店舗一覧 (これはびっくりの店揃いです!必見)

◆早坂さんの≪神戸っ子ゴハン≫ 
→【ザ・シェフリンク再訪編】隠し味を探せ!!~神戸・元町 フランス料理「ラ ピエール ジパング」 with イベントのお知らせ!
     そもそもこの神戸フィエスタのきっかけとなった
     「ラピエール ジパング」の石井之悠シェフ。 
     早坂さんとの何気ない会話が この企画の素敵さを感じさせてくれます! 

◆つきじろうさんの≪春は築地で朝ごはん≫ 
まさに夢の競演!「神戸フィエスタ」 5月11日(日)
     私が行きたい理由。 こちらをご覧になれば簡潔明瞭に理解ができるはず。

あああ。絶対天気になってくれ~~~!!!

桜人気ブログランキングへ

       ↑ あ、そうそう。
        全然更新してへんのに どなたか ちょこっと クリックしてくれはってるようで
        おかげさんで なんとかランキングに残れてます。

         ほんまに いつも ひいきにしてもろて ありがとうございます!!!m(__)m



ブログパーツ 



神戸 | 16:00:43 | Trackback(0) | Comments(4)
そごうのからくり時計 終了
またも kobeportさんの≪神戸トピックス≫で知る。

そごう人形時計2007



そごうの踊る人形時計 2008.4.16
あの時、神戸にこんなものがあった!partⅢ そごうの踊る時計1996~2008.4.15

震災後、神戸に帰ってそごうに立ち寄った回数は そんなに多いわけではないけど
そごうに行ったときには なぜか
長針が12近くを指し、 『イッツ ア スモール ワールド』 が流れだし
からくり人形の扉が ひとつづつ開いて 人形たちが踊りだすタイミングに出くわす。

そごうは 三宮の駅から直接見える場所にあって 大きな建物と存在感だったので
震災で全壊。 その映像を見たとき、現場に立った時、本当にショックだったが。
からくり時計ができたのは 建て直された後だったのか。

もっと前から ずっとそこにあったような気がしてたな。

kobeportさんの記事、「そごうの踊る人形時計」の題名を見ただけでも
『イッツ ア スモール ワールド』が あたまの中に流れ出していた。

一つずつ扉が開いていき 人形が出てくる。
その時に巡り合わせた人たちは おとなも子どもも
人形が出てきて 全員揃って 時を告げるベルが鳴って
そして 人形がまた戻っていき 扉が全部閉まるまで
何気なく 見守っていた。

そんな気がする。



写真は 偶然去年(2007年)11月初旬に撮ったもの。
クリスマスの飾りつけで 華やかな雰囲気だった。
まさか こんな形でここにアップするとは…


ホッとするひと時をありがとう。




踊る時計15日で幕 そごう神戸、西神店 2008.4.8 神戸新聞ニュース
そごう玄関のからくり人形時計 15日に引退 2008.4.13 asahi .com

全国のそごう10店舗に残っていたからくり人形時計は 4月15日をもって一斉に終了したようす。
老朽化のため、とのこと。
神戸店のものは震災翌年の復興オープン時に設置され、
残っていた10店舗のからくり人形時計のうち最も新らしい設置だった。

ちなみに 東京ディズニーランドのアトラクション、「イッツ ア スモールワールド」のスポンサーはそごう。
ディズニーランドに初めて子ども連れて行ったとき、着ぐるみにおお泣きした娘が
唯一喜んで何度も並んで乗ったのが イッツ ア スモールワールド。
だから余計に この人形と歌は 思い入れが深いのです…
イッツ・ア・スモールワールド(ウィキペディア)

おまけにもうひとつ。 こちらもからくり人形時計。
5時45分  kobeportさん≪神戸トピックス≫ 2008.4.15




*****< ちょっと おしらせ >*****

kobeportさんのカテゴリーからヒントを頂いて
〔あの時の神戸〕というカテゴリーを 新設してみました。
古い物が去り、新しいものが生まれる。
世の常とはいえ すこし寂しい。そんな年齢なんです。私。

新旧交代 というか、 最近いくつか お知り合いのブログがお休みになっています。
いつもお世話になっていた
ふくださんの『塩屋徒然』。
実家のある塩屋の情報を含め、たくさんの神戸情報をこちらから頂いていました。
記事へのリンクもずいぶんさせていただきました。
去年のイカナゴ情報では 本当に毎日のように『塩屋徒然』へのリンクを書きかえていました。

先日から お休み、というか、『跡地』 になっています。
短い間でしたが、本当にお世話になりました。
ありがとうございました。

また どこかでお会いできるのを 楽しみに。


人気ブログランキングへ


ブログパーツ


街あるき | 10:53:54 | Trackback(1) | Comments(2)
諏訪子亡くなる
kobeportさんの≪神戸トピックス≫で知った。

『桜と共に諏訪子逝く』 2008.4.10

DAIさんも書かれています。 『諏訪子さん』 2008.4.10
『諏訪子さんに会いに行きました』 2008.4.13

神戸新聞news 『ゾウの諏訪子 神戸の歩み、市民とともに』2008.4.10
神戸市立王子動物園HP


子どもの頃、六甲に住んでいたので、
それこそ しょっちゅう王子動物園に連れて行ってもらっていた。

子どもの頃の記憶でとても鮮明なのが
王子動物園のモルモットに網越しにハコベをやっていた記憶。
親に連れて行ってもらったら 私は モルモットのところに行くのが定番。
親は「モルモットじゃなくて ウサギやったんちゃう?」 というけど
私の中ではモルモット。 ほんまはどっちやったんやろう。
(今の王子動物園にはウサギはおるけどモルモットはいません)

動物園がとても身近で 山も近くて 海も近くて
子どもが育つ環境としては 最高だったんだなぁ。
春は桜が咲き乱れ 幼稚園の遠足も 確か王子動物園だった。


諏訪子 は 私が子どもの頃から 王子動物園にいた。
ゾウもカバも 亡くなることがあるなんて 子どもの私は 全然想像もしていなかった。
動物園にいる動物は みんな ずっとずっと動物園にいるんだと思ってた。
そして諏訪子は 子どもだった私の思っていたとおり
ずっとずっと 王子動物園にいた。

諏訪子は いつも 王子動物園にいる。

それは当り前のこと。

そういう存在だった 諏訪子。


諏訪子が 国内最高齢で全国ニュースになったとき
久しぶりに諏訪子の名前を聞いた。
大人になった私は さすがに 「諏訪子はまだ元気だったんだ。 諏訪子は長寿だったんだ」 と
子どもの頃に見た 諏訪子に 思いを巡らす。
そして やっぱり諏訪子は いつまでも王子動物園にいるんだと 思った。 


震災直後は余震におびえていたこと、それからは ほとんど外に出なくなったこと、
時々耳にする諏訪子の話に 心痛む思いがしていた。

今年に入ってから 具合が悪そうだというニュース。
それでも 持ち直して いつもどおり ゾウ舎にその姿を見ることができるようになるだろうと
おぼろげに思い込んでいたのだけれど。



諏訪子さん。
本当に長い間 ありがとう。

そう伝えたい。


 
「 諏訪子 」のお別れ会
日時:4月19日(土)  午前10時00分~
場所:神戸市立王子動物園ゾウ舎東側(「諏訪子」寝室前


〔諏訪子 永遠に。〕   kobeportさんの『神戸ものがたり』
〔諏訪子さん〕 〔諏訪子さんに会いに行きました〕 〔諏訪子さんのお別れ会〕 〔KOBE・神戸・こうべ〕
                 DAIさんの『美し都神戸から(鳥瞰図を描きましょう♪)』 



人気ブログランキングへ

ブログパーツ


街あるき | 22:34:57 | Trackback(1) | Comments(7)
イカナゴ漁2008 その後
イカナゴ漁、今日はどうなってるかな?
と思って≪JF兵庫県漁連≫HPの『イカナゴ新子情報』をクリックしたけど 反応しない。
イカナゴ新子情報の掲載は

            終了いたしました。

  ご利用ありがとうございました」

だそうです。 ということは、イカナゴ漁、 終了した、ということなんだろうかね。

と思って、いつもお世話になります、神戸新聞NEWSを検索してると
こんな記事を見つけました。

【原油対策基金で支援 明石海峡衝突の漁業被害】 神戸新聞NEWS 2008.4.4付

【ノリ焼却、漁の不安続く 明石海峡3隻衝突1カ月】 神戸新聞NEWS 2008.4.5付

イカナゴ漁は消費者に直接わかりやすい影響があったので
多分、神戸でクギ煮を毎年炊いてる人は 「えらいこっちゃ」 と思ったやろうけど、
海苔は商品になるまで時間がかかるし、≪須磨海苔≫ゆうてもクギ煮ほど有名ちゃうやろうから
それほど市民の関心はないのかもしれんなぁと 思ったりしながらも

海苔の網を捨てる というのは やっぱり大変なことやと思う。

取り急ぎ記事にしましたが、 これからもこの情報は追いかけていきたいと思う。

全国の漁業してはる人、 なんと23万人ほどらしいし。
(→総務省・国勢調査『漁業従事者』)
たったの23万人… 私は唖然としました。
その貴重な漁業従事者が「こりゃ、やっとれん」と廃業してしまったら…・

お魚 食べられんようになるのは あまりに悲しいなぁ。

神戸の海も漁業も 大事にしたいね。


人気ブログランキングへ

ブログパーツ


神戸 | 20:56:51 | Trackback(0) | Comments(6)
≪たちばな≫ 玉子焼き(明石焼き) 三宮

神戸で玉子焼き、といえば 大人になってからは≪たちばな≫さんに行くことが多かった。
たちばな7

故郷に帰れるのは よくて年1回。
子どもが生まれてから 意識的に神戸に帰る時間を作ってきたけれど
 (なんといっても標準語も神戸弁もしゃべれるバイリンガルにしたかったからね)
 民族大移動のお盆、年末に、神戸の実家を拠点に
限られた日数、子どもを連れてでは そんなに あちこちには行けない。

となると 三宮~神戸間の 商店街巡りが どうしてもメインになってくる。
アーケード街をうろうろしながら 子どもの腹も満たさなければならない。
てっとり早く 神戸の味に触れさせるには ≪たちばな≫さんがうってつけだった。
だから、たぶん、うちの子の 『初玉子焼き』 は ≪たちばな≫ さんの『たこ焼き』。

震災の年。
ぐちゃぐちゃになった神戸に 夏休みを利用して帰ったとき 
≪たちばな≫ さんがもう開店していて 嬉しかったのを記憶している。
その時、アーケード街は 本当に閑散としてた。
あちらこちら 取り壊された店舗が更地になってたり、
ブルーシートで覆われた仮店舗で とりあえず商売始めたばかり、という雰囲気。
≪たちばな≫さんの たこ焼きの値段、 記憶していた震災直前の値段よりも
若干安くなってるかな?と思った。 定かな記憶ではないけど。
なんでやろう? お客さんが少ないからかな? と 気になりつつ 立ち去ったのを思い出す。

≪たちばな≫。

たちばな8

私が行くのは センタープラザ地下一階のお店が多いかな。
三宮の駅に行く途中でふっと寄る、そんな感じのお店。

080314 (3) - コピー

元町寄りの本店も このセンタープラザの店も
そつなく愛想よく、というタイプの店ではないので
初めての人、観光で入る人には ちょっと入りづらいかも 頼みづらいかも と思うことはある。

私の場合は ノレン越しに店の中を覗いて 空いてるようならサッと入って 
一人の時はカウンターにサッと座って 素早く「○人前!」と注文。

たこ焼き。 10個 600円。 

正しくミツバな「たちばな」のたこ焼き

(これは多分、ごく最近値上げしたはず。 去年の暮は580円だった↓)

2007年12月の値段
(写真は2007年12月の値段表)

ここの出汁は うま味が 比較的 濃いです。
正直、最近は この うま味がゆえに ちょっと敬遠しがちだった。
ただ、うま味が濃すぎず、絶妙に美味しい日もある。
出汁の味とタコの出来が 日によって微妙に違う感じ。

生地、うま味結構強いほうかな。塩っ気は強くないけどね。

080314 (9) - コピー

タコ、ちょっと塩気きついときもあったりして、そういうときに当たると ちょっとハズレ。
美味しい時にあたると ほんまに美味しいタコの味。
この波のあり加減がビミョ~やなぁと 最近思うようになってきてるけどね。 正直。

いつ来ても変わらんのは やわらかくて玉子多めの生地と 味の濃いタコと 浮き実のミツバ。


こないだ行った時は 小さめのタコが3個入ってるのもあった。
こんな「おたのしみ」があるのと やっぱり駅から近くて便利、休憩時間なく通しでやってる、というのとで
なんやかやと思いながらも ついつい≪たちばな≫のノレンをくぐっている。



※ところで、 ≪たちばな≫の玉子焼きはお店では『たこ焼き』と表示されてるけど
 これは 『神戸たこ焼き』 の流れということなのかな。
 今までずっと何の疑問もなく「≪たちばな≫の玉子焼き」 と思ってたけど
 長田の≪ゆき≫さんで 『ぼったこ』(多分、神戸たこ焼きの流れのたこ焼き)を食べたとき
 『ぼったこ』と『玉子焼き』はほとんど同じやなぁと思ったのでしたが・・・

 一応私の中で 『神戸たこ焼き』は 玉子焼き(明石焼き)の ソースも使うバージョンという位置づけで
 玉子焼きと神戸たこ焼きはかなり地続き、というか、兄弟姉妹、というか、そういう感じで
 思ってます。

 専門家の方のご意見も伺いたいところではあります。

◆神戸たこ焼き については →≪神戸たこ焼き≫「『神戸たこ焼き』とは?」 1995.1.1付  御参考まで。

080314 (6) - コピー

(≪たちばな≫さんには ちゃんとソースも置いてあります。ちょっとピリ辛系、どろソース系かな)

≪たちばな≫  
センタープラザ店  三宮センタープラザB1 →センタープラザmap ℡ 078(391)3791
本店 →Yahooグルメ →マップル  神戸市中央区三宮町3-9-4  ℡ 078(331)0572



人気ブログランキングへ



ブログパーツ

街あるき | 17:41:21 | Trackback(0) | Comments(2)
2008年4月1日、【塩屋】は独立したらしい!ヽ(^o^)丿
今日、塩屋は独立した国家になったらしい…?!

ふくださん。 びっくりするがな。 
(→「塩屋独立」 今日は≪塩屋独立≫というブログになったふくださんの 元≪塩屋徒然≫をごらんください)
まぁ、ゑープリールなんチャラですね。(*^_^*)

でも、これは真面目な話、 塩屋って 最近 アツイよ。
いままで 須磨、垂水 ちゅう 快速停車駅に挟まれて
ついこないだは お近くに新駅もできたというのに JR塩屋は昼間無人化してたと思ったら、
今度は委託社員にするらしいし
◆(神戸新聞ニュース『JR塩屋駅業務を委託化 住民、サービス低下を懸念』2008.3.12付)
海に突き出た半島にポツンとある 余所から隔離された場所のように
おいてけぼりな感のある場所やけど
今、「塩屋まちづくり推進会」というのが出来てて
先日の 『塩屋百人百景』 という面白いイベントなど企画したりもしているようす。
最近では 駅前の古色蒼然とした商店街(私は好きですが)を
カメラ片手に写真におさめに来る人の姿もちらほら見かける。

神戸まちづくりセンター資料 →塩屋まちづくり推進会 (PDF)
◆→神戸新聞ニュース 『レンズから見た街3240枚 神戸・垂水で「塩屋百人百景」展』2008.3.3付

眺めはええし、あったかいし。
異人館が点在するジェームス山もある。
じつは むか~しから 居心地のよさは折り紙つきなんやね。

まぁ、東京近郊でゆうたら 逗子とか 葉山とか
そういうかんじちゃうかな~?と 私はひそかに思ってます(笑



塩屋独立 おめでとうございます。
とりあえず フォトジェニックな塩屋の全身的魅力が満載の
「塩屋百人百景」を 是非ともお手に取り、できればご購入ください ヽ(^o^)丿
→≪塩屋百景≫『そしてカタログは売り続ける!』2008.3.12
sioya100nin100kei

〔参考資料〕 当ブログ 「塩屋百人百景」 2008.2.29付

人気ブログランキングへ

ブログパーツ


塩屋 | 20:22:41 | Trackback(0) | Comments(7)
≪きむらや≫ 玉子焼き(明石焼き)
 久々の餃子記事書いたら、
まだ書いてない食べ物系の記事が気になってきたので それをまずは片付けさせてください。
(時間がたつと どんどん忘れていく。。。)

明石焼き。 なんで明石焼きのこと書き始めたんやろう?と思って過去記事見直してみる。
あの頃は「神戸に帰ったとき まず食べる物」 というネタで書き続けてたんやね。
確かに明石焼きは 東京ではまず食べれん。
今でも神戸に帰ると大概一度は明石焼きの店に行くかお持ち帰りする。
あの 余所にない独特さが 郷愁をそそるんやね。

≪きむらや≫。

ひさしぶり~!

一番最初にアップした明石焼きの記事にも ちょっと触れている。
懐かしいその名前の記憶は 30年前の高校時代から。
過去の記事→玉子焼き(明石焼き)

・・・・・以下、玉子焼き (明石焼き) ≪お好み焼道場≫2007.3.5付当ブログ記事より抜粋・・・・・

(前略)明石焼き、ゆうたら 【きむらや】 さん(→HP)にも 高校の頃には よう行ったなぁ。
こっちは明石焼きとおでんがあったんは覚えてるけど、多分、明石焼きがメインのお店やったんちゃうかと思う。
お好み焼きはなかったんで、ちょっとオヤツ代わりに明石焼き食べよか、ゆう感じでいく店でした。
その頃はそんなに並んでないから、友だちとフラッと行って お客さんがそんなにおらんと
おでんのでっかいタコの足とか食べたりして ゆっくり駄弁ったりしてた。
【きむらや】 さんは、1人前が20個やった。他所の店が1人前10個やったんで、ちょっと値段が張ったけど割安感が強かった。それで人が並ぶようになったんかなぁ、と最初思ってました。
そのうち、行列がどんどん長くなって、あんなん、よう並ばんわ、思って行かんようになりました。
それでも子どもにやっぱり 【きむらや】 さんのも食べさせたいと思って 一度だけ、行列がかなり短くて数人並べばええ時に、よし、と思って並んだんを覚えてます。
 並ぶ、ゆうのも性に合わんけど、そのとき、以前は汁に三つ葉で出してくれてたんが、ネギになってたんで、それからすっぱり行かんようになりました。(後略)       ・・・・・抜粋ここまで・・・・・




高校時代、明石で遊んでいた時に明石の友達に教えてもらって行った店。
一人前の数が多い(20個)のと、 駄菓子屋さんみたいに
ダラダラ友達とダベってられるのんびりした雰囲気がよかった。

上記のように、ここ10年以上、≪きむらや≫さんからは遠のいてた。
明石焼きの記事を書くようになってから ずっと気になってたんやけどね。
朝早く明石に寄ったら 偶然 開店直後で人が並んでない≪きむらや≫さんに遭遇。

暖簾をくぐると・・・

チャンス到来! 久し振りに暖簾をくぐる。
「もうやってますか?」
「は~い。もうやってるよ~。どうぞ~!」
おねぇさん達の元気のいい 懐かしい声の響き。
思わず30年前にタイムスリップ。 スルッと店内へ。

店の中1

まだこれから忙しくなるお昼を迎える準備中、というかんじ。

おねぇさんたちは チャキチャキお店の準備をしながら 注文聞きにきてくれる。
「玉子焼き1枚とタコ足、スジおねがいします」
玉子焼きを1枚2枚で注文する時、他の店でフッとお店の人に感じる距離感が全然ない。
30年前。 ここでこうやって頼んでたんやなぁ。私は。

店内2


大通りから見えるように ガラス越しに玉子焼き作ってるところは 店内から見るとこんな感じ。
こういう風におねぇさんの背中を眺めながら ダラダラ夏の午後を過ごしてたんだった。

懐かしいタコ足。


玉子焼きを作ってる間に 頼んだタコ足とスジが来る。
タコ足。 一本500円。 相変わらずでっかい。
このタコ足を頼むのは 当時万年金欠病の女子高生にはずいぶんな散財。
初めて食べたんは、連れて行った友達がきむらや初めてで 思い切って頼んだんやったかな。
あのときの ちょっと背伸びした気分を 昨日のことのように思い出す。

タコ足。 相変わらず やわらかい!
なんでこんなに柔らかいんだろう!!
あの時も そう思ったなぁ。
ほんのり甘い かんとに(関東煮)の味が懐かしい。
この香り、この味。 ほんま、30年前のままです。

スジは一本250円。
このスジは スジといいながら ほとんどすね肉のように肉がいっぱいついてる。
からし醤油つけて食べると美味しい。
肉多い分、ちょっとパサパサしてるけどね。
まぁ、これはこれでええんちゃう?  ちょっと値段は高い気がするが・・・

これがきむらやの明石焼


「はい、おまちどう!」
きました! 玉子焼き! 1枚20個800円!
玉子焼きの生地もしっかり味付いてるし。

ううむ。
久しぶりやけど 埋没した記憶の中にある≪きむらや≫さんの味と
瞬間に重なった。

そして・・・ 思わず 「ウマいやん!」とつぶやく。

≪お好み焼道場≫さんのと比べると、小さめ。
さすがに≪お好み焼道場≫さんのは玉子が多い、玉子玉子してるけど
それとまた違った良さがある。
でも、なんか≪きむらや≫さんのも好きやった。
記憶の中で「ネギショック」で消滅されていた≪きむらや≫さんの玉子焼きの味。
いつの間にか 「記憶に残らない味」に記憶をすり替えてしまっていたけど
ここ何軒か 他のお店を食べ歩くようになって 改めて食べて
「こりゃ、なかなか美味しい!」 と思える味だった。


ところで、懸案の出汁ですが、 記憶に残ってるものより 
魚系の出汁の味が強くなってる感じがする。
これやったら 浮き実がネギでもええなぁ。
バランスは よいと思われ。 ちょっと長田の≪ゆき≫さんを思わせ。
よいんじゃないでしょうかっ!



タコでございます。




タコ。しっかりした歯ごたえ。味。
これぞまさに「明石やで!タコやで!」ゆうかんじ。懐かしい。この味。

オシャレさはないけど、おやつ感覚で玉子焼き食べるには
この店の雰囲気と いくつ食べても食べ飽きない味がええね。


おねぇさん達、お水付き足しに来てくれたり、何やかや 声かけてくれる。
そうそう。 この感じこそ、≪きむらや≫さん。
≪きむらや≫さんも≪お好み焼道場≫さんも
おねぇさんたちが 同じような雰囲気で それがとても居心地よかったんやね。
ほんまに久しぶりやったけど、 よかった。また来れて。

人が並んでなかったら また来たいなぁと思ったよ。
懐かしさ味わいに。 タコの足食べに。

≪きむらや≫   明石市鍛冶屋町5-23    ℡ 078 (911) 8320
                     営業時間  9:00~17:30頃
                             (仕込分が無くなり次第終了)

(撮影は2007年9月)

人気ブログランキングへ

ブログパーツ


明石 | 21:31:25 | Trackback(1) | Comments(2)
≪淡水軒≫ 神戸の餃子のタレは味噌ダレか?お店探訪⑥
「築地土曜会」 最終回はちょっと準備に手間取っているので
久し振りの 【餃子味噌ダレ】 シリーズ。

≪ぎょうざ苑≫さん (2008.1.26) の時に ≪terzo≫のaglio!さんが
「ビールには『淡水軒』が一番のお気に入り」 とご紹介くださった、≪淡水軒≫さん。
(aglio!さんブログ「元町西口高架下『淡水軒』で餃子とか」2007.12.3付)

≪淡水軒≫ →HP
       神戸市中央区元町高架通り2番138号
       ℡/fax 078-321-1546

何度もこのお店の前 通ってるんやけど…
モトコー と呼ばれる 元町高架下。  →元町高架下商店街(ウィキペディア)
その1番地、元町駅西口方面からの モトコー入り口のところに ≪淡水軒≫さんはあります。

モトコー一番地入口淡水軒

ここら辺の こういう感じのお店は ≪赤萬≫さんも、そうやったし、
こちらのお近くで 超有名な≪丸玉食堂≫さんも 
「まぁ、 ビールいこか」 ゆう 勢いというか、 雰囲気というか、
そういうのがないと 入られん。 ということで、 
「気にはなるけど 入りづらくて 後ろ髪ひかれつつ素通り」 と相成ります。 

東側入口

私も もうちょっと若かったらなぁ。
もう20年も若いころやったら 勢いで入ってたけどな…
それにしても、 こちらもノレンや看板が赤いなぁ・・・(笑

メニュー

メニューはこんな感じ。

赤いノレンをくぐって、店内へ。 キッチンを取り囲むようなカウンターのみのお店。
「一つ席、詰めたってくれる?」 とお店の方が声をかけてくださって
空いた隅っこに座らせていただきました。
(ちなみに、 出入り口は南北、東と3か所ありました。私が入ったんは東の入口)

店内大変手狭につき 写真控えました。
(餃子の中身のアップは 持ち帰りしたものを家で撮影)

お客さんの注文、餃子だけやなく、ラーメン、チャーシューまんべんなく、な感じでした。
ラーメンはストレートの細めん、ちょっと醤油っぽい色やけどそそられる絵面でした。
(ちなみにチャーシューは新生公司の叉焼を使っているとのネット情報有)

平日のセットメニューは 
焼き餃子7個+水餃子4個 + (ビールかラーメンどちらか) で1000円。
これは平日に来るべきやなぁ! そう思いながら待っていると 

まずは タレが やってきました。
味噌ダレは お店の人が ソース入れみたいなので
注~~~っ! と お皿に入れて渡してくれる。
左が味噌ダレ。 (右は水餃子用のタレ)

餃子を食べる前に 味噌ダレ試食。

淡水軒タレ

おおお!
すごい ウマ味・・・・   私、ちょっと苦手系かも・・・
ニンニクはそれほど感じない。
唐辛子も味噌も 辛すぎず。
とにかく ウマ味、ちょっと強いです。

焼き餃子。  6個300円。

焼き餃子1



焼き餃子2

仕上がり、お見事ッ!! コンガリ、パリッとした皮。 そうそう、餃子はこれでしょう。
割ってみると・・・
具はオーソドックスなキャベツとお肉。
他に入ってるのかもしれないけど、 キャベツの大きさが 私には最適。
キャベツの甘い味がしっかり味わえて、 しかも

ニンニクが強烈!

淡水軒焼き餃子

このニンニク強烈餃子、 先ほどの 私的には???の味噌ダレにつけると・・・
なんとなんと。 まぁ、
「ビール、 飲まんの? え? 飲みたいやろ??? ホレホレホレッ!!」
と言わんばかりのお味に!!!!!

そうですね。 今まで食べた餃子と比較するとしたら
≪赤萬≫さんの焼き餃子の具を もう少し 肉っぽい感じ、とでもいいましょうか。


さて。 お次は 水餃子。 8個550円。

水餃子1



水餃子2

おっと! ボリュームあります!
水餃子にも 専用のタレを 注~~~っ!とお皿に入れてくれましたが
これは マイルドな酢醤油、という感じ。

水餃子、 割ってみると・・・・
おおおおおっ!!!!!

淡水軒水餃子



肉がみっちり。 そして、 何か 肉、海老以外の コツコツ硬い箸ざわり。
食べてみると…・
しゃきしゃきした歯触り。 ひょっとしてクワイかしらん?
(どこにもそうは書かれていないので 本当はどうなんだろう?わかりません)

水餃子の方は、にんにくを感じません。
入ってるのかもしれないけど、 肉や他の具材の素朴な味わいがちゃんと楽しめます。
たっぷりな餡の量も嬉しい。

私的に 水餃子、 かなり好みだなぁ!!!
あの≪ぎょうざ苑≫さんの『三宝餃子』を思わせる満足感。
あっちは高級バージョンですが、こちらもなかなか負けてませんで~!というかんじ。


ビール飲むなら焼き餃子、 餃子の味を楽しむなら水餃子。
一軒のお店で見事に使い分けできそうです。
ラーメンも美味しそうだしね。 (こっちも一度食べてみなくちゃね)


駅から近いし、ちょっと時間ができたときに立ち寄るには 最適かも。
持ち帰りもすぐ対応してくれるみたいだし。
ちょっと 元町寄った帰りに お持ち帰り~ というのもできるなぁ!
いいお店、教えてもらいました。 ありがとうございました。

ごちそうさまでした~!


人気ブログランキングへ

ブログパーツ


街あるき | 00:33:51 | Trackback(1) | Comments(4)
前のページ 次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。