■お知らせ
■『築地あるき』

楽天ブックでどうぞ~~!!

■ブログ内検索

■ユーザータグ
■こんな感じで書いてます
■最近の記事はこんなです。
■神戸で生まれ育って18年。

midori

Author:midori
今では東京暮らしの方が長ぅなってしまったけど、大好きな神戸にいまでもこだわりがあります。
山と海がないとね~
(本文中の写真はクリックすると少し大きくなります)




神戸の会社設立屋が送る神戸時計

■ブログ全記事表示
■RSSフィード
■コメントありがとうございます。
■とらばしてもらいました
■イカナゴのクギ煮アンケート!

イカナゴのクギ煮のアンケートにご協力ありがとうございました。 こちらの記事にまとめました。 イカナゴのクギ煮アンケート結果報告 これからも宜しくお願いします。

■いつもお世話になってます
■❤ New Entry

■ページランキング :2007.10~のエントリー

■過去記事2007年度

■FC2カウンター
■訪問中!

■リンクサイト

好きです神戸

■ネットショップ





スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
神戸ルミナリエ2007  初めてのルミナリエ①
神戸ルミナリエ。
震災の年、1995年からはじまって13回目の今年。
ようやく 初めて 行ってきました。

いつも会期が 帰省前に終わってしまうので
初日に 三宮の駅に降り立った時には 本当に 心がドキドキしました。

まだ夕日が傾き始めたばかりの午後。
三宮の駅にもこんなお知らせが。

PC060016_20071213001436.jpg

三宮駅の観光案内でパンフレットを手にすると
元町駅からずっと伸びるルートが書かれてあります。
元町駅から大丸の手前まで行って そこから三宮の方に一度折り返し、
再び大丸の方に戻って ようやく 三宮の南、東遊園地に至るルミナリエ会場に到達。

初めてなので 意味がよくわからないけど とにかくスタートは元町らしい。
でも、まだ点灯の時間じゃないので 準備をしているところを見てみよう! と思って
市役所の展望台をめざす。

展望台から 真下に見える東遊園地。


PC060029.jpg


そして 元町方向に目を向けると アーチらしい形が。

PC060035.jpg


下に降りて 東遊園地に向かう。

PC060053.jpg


通りには露店が準備を始めている。
どれくらいの人がここを通るんだろう?
今はぜんぜん想像できない こののどかな風景。

PC060054.jpg


骨組みに豆電球が取り付けられた ルミナリエの姿は 思った以上に美しい。
このままの方が 美しいんじゃないだろうか?と思うほど 細かいレースのようなその姿に魅了される。

PC060065.jpg


ルミナリエを支えているのか、針金が無数に走っている。
これは 夜には見えなくなるんだろうか。

東遊園地に設置されたクラウンのようなルミナリエに警備の警官の方たちだろうか、走り込んで来て整列されていた。その人数に驚く。

PC060078.jpg


その警官隊以外にも街の至る所で青い制服を着たルミナリエの警備にあたる人を見かけた。
今年のルミナリエは 「ひとり100円」募金への協力を呼びかけている。
今年ルミナリエに来るまで、私はルミナリエが入場無料だと知らなかった。
今まで企業からの募金で成り立っていたというのに驚いた。
そんなことでは いつまでも続けられないのではないか?
この警備のすごさを見ても どう考えても 参加する人が何かの形でその経済を支えないと
無理だよね。


報道のカメラマンが場所取りしてるのは たくさんのアーチを見通せる場所。
アーチを通ってきた人々の様子を写すんでしょうね。PC060071.jpg


アーチの部品。
本当に美しい。

PC060089.jpg



PC060093.jpg



 

アクセスランキング
ブログパーツ
関連記事


ルミナリエ | 00:44:00 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
今年も開催できてよかったです。
明日、神戸に行きますけど、博物館だけいってとんぼ帰り・・・汗。
今年はルミナリエを見ることができません(涙)。
年々、人が増えている気がするのに、それでも開催資金が集まらないんですね。
100円募金で、来年も是非開催できるといいな~とおもいます。
2007-12-13 木 23:50:43 | URL | よりりん [編集]
◇よりりんさん。

神戸はいかがでしたか?
ルミナリエの横を通り過ぎてこられたのでしょうか?

今まで企業の支援に大きく頼っていた部分を 参加者にも呼びかけるようにしたのはよかったんじゃないかと私は思います。
ルミナリエに参加して、その荘厳な美しさと鎮魂の思いに満ちた会場に
ぜひぜひ来年も、そしてそのあとも 続いてほしいと思いました。
2007-12-14 金 16:36:15 | URL | midori [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。