■お知らせ
■『築地あるき』

楽天ブックでどうぞ~~!!

■ブログ内検索

■ユーザータグ
■こんな感じで書いてます
■最近の記事はこんなです。
■神戸で生まれ育って18年。

midori

Author:midori
今では東京暮らしの方が長ぅなってしまったけど、大好きな神戸にいまでもこだわりがあります。
山と海がないとね~
(本文中の写真はクリックすると少し大きくなります)




神戸の会社設立屋が送る神戸時計

■ブログ全記事表示
■RSSフィード
■コメントありがとうございます。
■とらばしてもらいました
■イカナゴのクギ煮アンケート!

イカナゴのクギ煮のアンケートにご協力ありがとうございました。 こちらの記事にまとめました。 イカナゴのクギ煮アンケート結果報告 これからも宜しくお願いします。

■いつもお世話になってます
■❤ New Entry

■ページランキング :2007.10~のエントリー

■過去記事2007年度

■FC2カウンター
■訪問中!

■リンクサイト

好きです神戸

■ネットショップ





スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
神戸の海苔≪須磨海苔!≫その1 明石漁港でであったお兄さんたちは海苔養殖の準備をしていた
兵庫のノリ養殖は日本有数なんだそうだ。
→垂水区役所資料室(垂水の海から―ノリの養殖)
旗振山から海苔網の海を望む.jpg

(旗振山から海苔網が張られた海を望む)

初めてそれを知ったのは 去年発行された神戸学検定公式テキスト神戸学
私の子どもの頃の体験と、 毎年冬になると広がる 海の海苔網に
「神戸でも 海苔を作ってるんだなぁ」 と 思いながら電車の窓から眺めていた程度で
生産量日本一とは知らなかった。

海苔といえば 九州や東京が有名。 兵庫の海苔なんて、地元にいたときは聞いたことがなかった。
≪海苔ジャーナルエクスプレス≫というサイトで調べると、確かに日本で1,2位を争う産地らしい。
(ちなみにこちらのサイトでは兵庫県の海苔はコンビニおにぎりで使われる量が日本一、と書かれている)
≪海苔Japan≫ というサイトでは、このように書かれている。

≪海苔Japan≫ 海苔の基礎知識その4 海苔の産地〔兵庫〕
瀬戸内地区を代表するというより、日本を代表する大産地のひとつ。昭和40年代前半までは、現在の西播地区や神戸西部漁協(現在の神戸市漁協)でわずかに生産していただけでしたが、昭和40年代後半に浮き流し漁法が確立されて以来、多くの漁家が大挙して参入、短期間に大産地になりました。しかも、全国でも珍しいグループによる協業で大規模経営に取り組みました。昭和50年代に入ると、生産量は5億枚を突破。積極的な設備投資で経営体の協業化が進んでいるため、1経営体当たりの生産規模は全国第1位です。
 (以上、海苔Japan→http://www.nori-japan.com/kisokouza/kiso-index.htmlよりコピペ)



小学校の頃。  塩屋の浜によく遊びに行っていた。
その頃は、今の遠目にも目につくオレンジの屋根の建物群は まだなくて
国道2号線を渡ってすぐ 何軒かの漁師さんの家がある先は
結構広い砂浜が広がっていた。 (写真は今の塩屋漁港を東から望む)

塩屋漁港


そんな子どもの頃、 塩屋の漁港で海苔を抄(す)いて乾かしているのを見たことがある。
のりまきを作るときに使う巻きすの上に 油画のキャンバスの木枠のようなものをのせて
そこに黒いどろどろしたもの、今思えばそれが収穫された海苔だったんだろうけれど
それを流し込んだあと、木枠を外すと  巻きすの上に海苔が■こんな形になって盛り上がってる、というもの。
そんな■の乗った巻きすを 棚のようなものに斜めに掛けて水を切って潮風で乾かしていた。

当時はそれが商品になるのだとは思わず、漁師さんが自家用に作ってのかと思っていたが、
その光景は 今でも強く記憶に残っている。


                   *******


昨年9月半ば過ぎ。 明石焼きを食べに行こうと思って 明石港をさまよっていた。
今まで気になっていたけど 駅からちょっと遠い、 そんな港の先にある店。
天気がよくて のんびり散歩日和だったので 以前から気になっていた明石漁港も見に行ってみようと思った。

明石漁港は 今まで馴染みのある塩屋漁港より 圧倒的にボリュームがあった。
港のすぐ脇に 神戸港の倉庫街に並ぶ倉庫のような壁がずっと続いている。

明石漁港

ハムスターの回し車(ホイール状の遊具)のお化けみたいなのが置いてある。

明石漁協

明石漁協の建物は思ったよりもシンプル。

海の向こうに淡路島が見える

細い路地の先に 海が見える。 海岸ぎりぎりに建物が建っている。

謎のホイール

また ホイールだ!
あれはいったい何だろう??? 疑問に思いながら歩いていると 他にも気になるものが。

謎の水槽

この水槽はなんだろう?

ホイール実演中

ホイールが水槽の水に浸りながら回っているのを発見。
なんだろう、なんだろう??? と思いながら 歩いていると
漁港のお兄さんに声をかけられた。
「なに撮ってんの?」
「あ、これ、何かな~?と思って。これ、なんですか?」
「あ、これな、海苔のタネつけてるとこ」

お兄さん方が作業しているところを説明しながら見せてくれる。
網にもタネをつける

「これもタネつけてるとこ」

カラス貝の貝殻にもつける

「こっちのカラス貝の貝殻もや。 タネつけたら いっぺんしばらく冷蔵庫で寝かせとくんじゃ。 
そのあと海にもっていって 12月ごろ収穫するんじゃ」
(たしか、語尾が~じゃ、ってゆうてはったと思いました。ウチの母のお国訛り、播州なまりやな、と思った)


「私、子どもの頃、 塩屋で海苔乾してるのみたことあるんやけど」
「ああ、塩屋や垂水の辺は昔から海苔は盛んやったからなぁ」
おおお。そうだったのかぁ!


お兄さんたち、とても丁寧に教えてくれて ほんまにありがとう!
最後に記念撮影! 公開できないのが残念だけど素敵な笑顔は 私の心の中に!


070921明石 (167)-2


気になるブログランキングは→こちらになります。

明石浦漁協


人気ブログランキングへ
つづく!

<資料>
〔「須磨海苔」が地域団体商標に認定されました!〕須磨観光協会2007.7.21付
〔須磨の名物・ブランド(1)須磨海苔〕 須貝さんのブログ≪須磨人≫2007.7.24付


アクセスランキング
ブログパーツ
関連記事


街あるき | 16:28:37 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
兵庫海苔は色が黒くて硬いから、巻くのに良いんですよ。
逆に、有明海の海苔は柔らかいので、そのまま食べるのが美味しいですね。
私がアルバイトで作っていたころとは、本当に様変わりしました。
遅れましたが、今年もよろしくお願いします。
2008-01-09 水 23:50:19 | URL | おがちゃん [編集]
◇おがちゃんさん。

兵庫の海苔は黒くてかたいから、巻くのにいいんですね。
作り方による違いなのを今回知りました。
ということは、恵方まきに最適!ということかぁ!

今年もよろしくお願いします。
2008-01-10 木 10:19:09 | URL | midori [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。