■お知らせ
■『築地あるき』

楽天ブックでどうぞ~~!!

■ブログ内検索

■ユーザータグ
■こんな感じで書いてます
■最近の記事はこんなです。
■神戸で生まれ育って18年。

midori

Author:midori
今では東京暮らしの方が長ぅなってしまったけど、大好きな神戸にいまでもこだわりがあります。
山と海がないとね~
(本文中の写真はクリックすると少し大きくなります)




神戸の会社設立屋が送る神戸時計

■ブログ全記事表示
■RSSフィード
■コメントありがとうございます。
■とらばしてもらいました
■イカナゴのクギ煮アンケート!

イカナゴのクギ煮のアンケートにご協力ありがとうございました。 こちらの記事にまとめました。 イカナゴのクギ煮アンケート結果報告 これからも宜しくお願いします。

■いつもお世話になってます
■❤ New Entry

■ページランキング :2007.10~のエントリー

■過去記事2007年度

■FC2カウンター
■訪問中!

■リンクサイト

好きです神戸

■ネットショップ





スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
神戸富士ってなに? (再度山追っかけシリーズ①)  

7SEEDS (セブンシーズ : 田村由美作 小学館) というマンガがあります。
(現在連載中。 以下 ネタバレありなんで ご注意願います!)
   →7SEEDS 1 (フラワーコミックス) ←Amazon


<時は近未来、巨大隕石が地球に衝突した。人類を含め、地上の生物は壊滅的打撃を受けた。
この最悪の事態を予測した政府はある対策を講じていた。
それが『7SEEDS(セブンシーズ)』計画である。
厳選された若者たちを5チームに分け、冷凍保存したのである。
環境が回復した後に解凍。放出された彼らをまちうけるものは…?> (コミックス版あらすじより)


このマンガに 再度山(ふたたびさん) が出てきます。

めっちゃ過酷な未来環境に放り出された青年たちが 唯一前時代から伝えられたのは
救援物資の保存されているシェルターが 日本各地の 『7つの富士』 にあるということ。
『7つの富士』 というのは あまたあるご当地富士の中から選ばれた7山。 
そのうちの1つが 『神戸富士』、つまり再度山 という設定。


    (ちなみに、『7SEEDS』で 再度山の場面が出てくるのは
     いまのところ コミックスの5巻41ページと 9巻、176ページ。



で、  『神戸富士』 って、 なんやねん???!!!

申し訳ないが 再度山を神戸富士と呼ぶとは 全くの初耳でございます。



再度山




しかも 六甲山系の 私が見なれた山並みは 
どちらかというとお椀を伏せたような なだらかな山容が続く
あるいはでべそのような 唐突な出っ張りのある いずれにしても 曲線的なイメージで。
『富士山』 というと まず独立峰。 そして プリンのような頂上が平らで
角ばった直線的イメージ。

記憶にありませんなぁ。 そういう山の形。

仕方がないから まずは再度山の写真をサイトで探す。


富士山のお膝元、富士市のHPにある「ご当地富士」のコーナーにあった再度山の写真は
 こちら 「富士山大集合 近畿編」 より


形はまさに 砂場で プリンの型で作ったような 典型的な富士山型。

これを見ても 思い出せない。 記憶にない。 ごめんなさい、再度山。

地図で見ると 再度山そのものは 元町駅の北側の 市章山・碇山 の奥に鎮座ましましている様子。
あっこらへんは そういえば 大きな山 (高取山、菊水山、鍋蓋山) がデンと居座ってる以外は
あまり山の形の記憶がありません。

でも、 再度山のふもとを見れば 懐かしい修法ヶ原の文字。
そうか。 修法ヶ原が 再度山の麓にあるのね。

修法ヶ原  と言えば 高校1年の最後のお別れ遠足で行った記憶が新鮮に残っている。
そのあと、 次の春だったか 友達と3人で 再度越えから修法ヶ原公園を抜けて
外国人墓地に行くくらいなら 慣れてるから大丈夫と 地図も持たずに麓から上がっていって
途中で道に迷い かなりハラハラドキドキしながら やっと辿り着いたのを思い出す。

その後は行っていないかなぁ。

幼稚園の頃から バスで、歩きで、何度となく行った場所だと思うのだけど
そういえば 山容を見た記憶がない。

六甲全山縦走路も 再度山は微妙に麓を迂回するルートになっていてね。
なんだか 謎な山。




とりあえず地図を頼りに 再度山を探すことにした。             (続くよ・・・)



*** ブログランキングに参加してるねん。よかったらここ →← クリックしたってくださいませ~ ***



アクセスランキング
ブログパーツ
関連記事


街あるき | 21:10:42 | Trackback(0) | Comments(7)
コメント
初めて聞きました、神戸富士。
再度山には山城があったので、てっぺんが平らに均されているのは確かです。
2007-11-27 火 23:43:01 | URL | ふくだ [編集]
◇ふくださん。
再度山には山城があったのですか。
てっぺんが異様に平な感じはそれでなのですね。
それも初めて知りました。
道理で周囲の山と雰囲気が違うはずです…
2007-11-28 水 00:39:10 | URL | midori [編集]
◇ふくださん。
ちょっと検索したら すでにご存じかもしれませんがこんなサイトがありました。
再度山のことも山城のことにも触れてありました。
http://www.ne.jp/asahi/tanba/kirinosato/KOBEtakiyama-siro-docu.htm
2007-11-28 水 00:45:39 | URL | midori [編集]
うはっ、再度山がv-263と呼ばれているなんて知りませんでした。
一度だけ登ったことがあります。おばあちゃんちの町内会の行事に参加して・・・おそらく小学校の低学年だと思います。
それくらい簡単に登れるv-263!!世界遺産にニンテイv-308
2007-11-28 水 22:35:22 | URL | 早坂 [編集]
三田富士やったら、行ったことあるんですけどね。
2007-11-29 木 00:21:03 | URL | nr [編集]
◇早坂さん。
そんなに簡単に登れちゃいましたか。v-411
関東には江戸時代、人工的につくられた富士山もどきがたくさんあったそうです。
それよりは難しかろうと思うのですけど、地図持たずに私たちが行こうとしたくらいだから。再度山の公園や池やらは本当にちょっと遠足にちょうどいい場所、というイメージがあります。
まさに裏山富士 ですね!
2007-11-29 木 09:47:55 | URL | midori [編集]
◇nrさん。

三田富士というのもあるんですね。
近畿にもたくさん富士があるのですね。
http://www2u.biglobe.ne.jp/~b-jack/fuji/kinki.htm
「三田」と聞いて、すっかり関東ぶっている私は東京の三田かと思ってしまいました。検索に「三田富士ビルディング」というのがたくさん出てきてちょっと笑っちゃいました。
2007-11-29 木 09:48:47 | URL | midori [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。