■お知らせ
■『築地あるき』

楽天ブックでどうぞ~~!!

■ブログ内検索

■ユーザータグ
■こんな感じで書いてます
■最近の記事はこんなです。
■神戸で生まれ育って18年。

midori

Author:midori
今では東京暮らしの方が長ぅなってしまったけど、大好きな神戸にいまでもこだわりがあります。
山と海がないとね~
(本文中の写真はクリックすると少し大きくなります)




神戸の会社設立屋が送る神戸時計

■ブログ全記事表示
■RSSフィード
■コメントありがとうございます。
■とらばしてもらいました
■イカナゴのクギ煮アンケート!

イカナゴのクギ煮のアンケートにご協力ありがとうございました。 こちらの記事にまとめました。 イカナゴのクギ煮アンケート結果報告 これからも宜しくお願いします。

■いつもお世話になってます
■❤ New Entry

■ページランキング :2007.10~のエントリー

■過去記事2007年度

■FC2カウンター
■訪問中!

■リンクサイト

好きです神戸

■ネットショップ





スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
恵方巻き ゆうのは のりまき のことやね。

きょうは節分。
恵方巻き 食べなアカン、ゆうやん。


うそやろ。


そんなん、関西おる時、いっぺんも聞いたこと無い。
絶対あんなん、バレンタインデーみたいなもんで どこかの誰かの企てや。


そやけど、流行りもんに弱いんです。 特に食べ物は…



今年は去年ほど大騒ぎな感じや無いんですけど、それでも今日はさすがに 太巻きが山盛りになってた。
3本1000円やて。 安いなぁ。 去年はもっと高かった気がする。

3年前、流行に乗せられて初めて食べた恵方巻きは、なんか まずかった。
味が濃い、ゆうか。 海苔がまずい、ゆうか。 寿司メシが酸っぱい、ゆうか。

今年は美味しかった。関西っぽい味やった。
寿司メシ、ほんのり甘め。 酢があまり効いてない。 なんか懐かしいあじ。
具も、無難。 厚焼き玉子、胡瓜、桜デンブ、しいたけの煮たのん、カニカマ。



太巻き。 実家では のりまき 言います。
秋の大運動会の時に 親がお重箱に入れてくるんが この のりまき。


嫌いやったなぁ。 (爆


なんか、おかずとご飯が一緒になってて、損した気分やった。
もっと派手な から揚げとか たこウインナー とか、
そういうのが食べたかった。


のりまき、 母が好きやったんです。
子どもらが嫌いやから、 家で ご飯の時に 作られへん。
運動会の時やったら 文句言わんと (言えんと) 食べるやろう、 周りに みんなおってやから 静かに食べるやろう、と。
しかも 母が腕によりをかけて作った、 自慢の のりまき。
母は播州の田舎の出身やったんで、 秋の運動会ゆうたら、祭りもいっしょ。祭りは のりまき! ゆうのが決まりやったらしいんで、 めっちゃ張り切って 力入れて 作る。
パッとフタ取ったとき まわりの皆さんが 「 おおおおおっ~~~~! 」 とどよめくのも 計算に入っとったんやないかと。


そう 子ども心に 思ってたんですけどね。



最近、母の作ってくれた のりまきが また食べたいなぁと思ってます。
というか、 大人になって ようやく私も のりまきの美味しさと有難みが わかるようになってきたんやね。
外でのり巻き 買ってきても なかなか美味しいのに当らんし。
のりまき作るんには 野菜や乾物を別々に煮て味付けて、 結構準備が大変や という事に 
ようやく気付いてきたわけですよ。


のりまき。 恵方巻きが流行ったお陰で この時期 選び放題です。
今年のは 結構美味しかった。 そやけど、 母の のりまきの こだわりは 三つ葉やったんかなぁ。 三つ葉の入ったのりまきには まだ(多分) 一度しか出会ってない。

自分でも そろそろ一度くらい 作ってみよかな、 思ってます。



≪母の のりまき≫ の 具

  高野豆腐   厚焼き玉子   穴子   三つ葉 
  しいたけの煮たの   ニンジンの煮たの   かんぴょう



 


ブログパーツ
関連記事


東西味違い | 20:30:23 | Trackback(0) | Comments(14)
コメント
NoTitle
私も15年くらい前にはじめて知りましたね~
関東では昔からやってたんでしょうか??
小さい頃は豆を食べて終わりやったんですけどね?
のりまきは好きな方です。
でものりが固くて噛み切れないのは好きじゃないです。
食べにくいですもん。。
我が家も母がよく作ってくれました。
ちなみに我が家の運動会メニューはお稲荷さんでした。
好きだったからよかったけど、嫌いだったら・・という量をいつも作ってくれてました(^_^;)
2007-02-03 土 21:46:09 | URL | きゅう [編集]
関東ではここ2~3年ですよ。
コンビニで流行らせ始めた、という感じです。
去年は普通の店(お寿司屋さんや総菜屋さんや…)でもここぞとばかり巻き寿司売ってました。

>ちなみに我が家の運動会メニューはお稲荷さんでした
お稲荷さんも入ってましたね~、運動会。(笑
お稲荷さん、関東は寿司メシ(白)だけですよ。信じられんけど。
初めて食べた時、手違いか何かやと思ってお店の人に言いそうになりました。
このことはまた書くね~!(爆

ところで、きゅうさんもやっぱり『のり巻き』 ゆうてですか?
私もウチで『のり巻き』ゆうんで、それが関西では普通やと思ってました。 ちょっと調べたら、関東で海苔巻きゆうけど、関西は『巻き寿司』ゆう、と書かれてるのが多くて、 また私の勝手な記憶違いかなぁとちょっとめげてたところでした。

のりまきの海苔は 硬いのは勘弁して欲しいですね。
最近、めっちゃやたら硬いのがあるんですけど。
今日食べたんは柔らかかったんで、それだけで◎です (爆
2007-02-03 土 21:58:13 | URL | midori [編集]
のりまき
「のりまき」っていうのは関東風の言い方ですね。
関西では「巻き寿司」。

でもお母様が作られる「のりまき」は、高野豆腐と三つ葉と穴子が入ってるから、正統派の関西の「巻き寿司」ですね。

例の恵方巻きの比較では、穴子が焼き穴子ではなく煮穴子がはいってる恵方巻きがあって、ちょっとびっくりしました。
2007-02-04 日 22:36:22 | URL | hirokun [編集]
のりまき
hirokunさん。
のりまき、関東風の言い方やと、hirokunさんのブログに書いてはったのを読んで、あちこち検索もしてみたんですけど、どうもウチは『のりまき』 ゆうてたんですね。
それで、神戸の友達にちょっと聞いてみてるところです。
今のところ 『巻き寿司』派と 『のりまき』派が 半々くらいです。
どうなんでしょうね。親の出身地も関係あるんかな。
絶対『巻き寿司』 言うという人もおってなんですが、ウチは絶対『のりまき』というわけではなくて、巻き寿司、とも言うんです。
気になります!(爆

穴子、焼き穴子は主に関西なんでしょうか。こっちでは煮穴子が目につきますね。あれも美味しいけど。
あと、三つ葉。
関西は三つ葉率が高いんかなぁ?

そこらへんも気になります。 (爆
2007-02-04 日 22:58:26 | URL | midori [編集]
NoTitle
うちは「巻き寿司」派です!(^^)
他方「のりまき」という呼び名もあるのですね! 知りませんでした。 勉強になりました!
2007-02-06 火 15:56:55 | URL | DAI [編集]
DAIさん!
『巻き寿司』派ですか! (笑
『のりまき』という呼び方は御存知なかったですか。
年代なども関係しているのでしょうか…
私の神戸の知り合い、今のところ4名が『のりまき』とよんでいた
(ただし、『巻き寿司』ともよぶことがある)とのことでした。

気になることがいろいろ発掘されますね~!(*^。^*)
2007-02-06 火 21:42:54 | URL | midori [編集]
うちも巻き寿司派です
節分に恵方の方角を向いて、食べる。
「一人一本」食べ終わるまで、しゃべったらあかん。
太巻き食べ終わった人から、いわしの焼いたん食べてもいい。
もちろん、もうしゃべってもいい。
あの儀式は、子ども心に苦痛でしたね~。
普通に一本食べきるだけでもしんどいし、涙目なってのつごつしながら食べてた。

私は京都人ですがルーツが複雑で、オトンは山口やし、
オカンは京都生まれやけど、
オカンのおかんが丹後の出、オカンのおとんは京都生まれやけど東京と京都を行き来する一家で。
だから、時節ごとの、いわゆる食べ物関係は特にもう「雑居ビル」です。

正統派(?)の生粋の純京都人の友達からしたら「非国民」なんですって。
知らんがな…。笑
2007-02-06 火 23:20:11 | URL | りっさん [編集]
のつごつ?
りっさん。のつごつ てなに?

京都では正統派(生粋の京都人)は何代なんでしょう。
江戸は3代つづかなアカンらしい。ウチは娘の代でようやく江戸子になります。(江戸っ子になってもたらアカンがな!と日々神戸弁で洗脳中)
京都はもっと長そうやね。

>「非国民」
やっぱり…京都は未だに「国」なんやね(笑

食べ物雑居ビルは結構便利でしょ。ええとこ盗りやから。
ウチの雑煮の関東風、とか。ほんま、神戸ブログ書く立場ちゃうねんけどね。でも、神戸はもともと流れもんの街やからOKかな。(爆
2007-02-06 火 23:35:31 | URL | midori [編集]
のつごつ
あ、これももしかして一般的な関西弁ちゃうんかな?もしかして婆ちゃんルーツの「丹後弁」なんかな?

えーと、なんか、「喉元に詰まる感じ」です。 「のつごつ」。
飲みこめへん!お茶ちょうだい! みたいな。

正統派(生粋の京都人)は、なんか移流民が身内に入るのを嫌う傾向ありますね。
嫁とか、跡継いだ婿養子の旦那が地方出身とかやったら、それを伏せたりね。
「代々うちは、揃いも揃って京都どすえ~」みたいな。
もうね、アホかと。 一生やってろ!みたいな。

うちもお雑煮は関東風のすましです。そこに丸餅(関西風)です。
雑居ビル、ええですよね。何より、自分が縛られへんから、楽しいです。
2007-02-07 水 02:43:27 | URL | りっさん [編集]
NoTitle
あ、のりまきともいいますけどどちらかというと「巻き寿司」って言ってる方が多いです。
「太巻き」は最近知りましたね~
「のりまき」を知っているのは祖母が神戸出身だからかもしれません。
我が家のお稲荷さんは白寿司飯かゴマ入り寿司飯でした。
具は入ってなかったです。
でもそれはただ母が手抜きしただけかも(^_^;)
関西風の具入りお稲荷さんっておいしいですよね♪
2007-02-07 水 03:47:11 | URL | きゅう [編集]
のつごつ!
神戸人にはわからんと思うけど(笑
でも、言い得て妙。 使えると便利そう。
「のつごつや、お茶ちょーだい!」(って使うのん?)

『正統派』ゆうんですね。京都生粋は。
京都の町は、学生でおると過ごしやすいけど、住むとナカナカ…ゆうのは暗黙の了解であったなぁ。学生時代は京都、仕事は大阪、住むんは神戸、ゆう言い回し。これは神戸人だけが言うてるんやろか?
伝統は重いですな。江戸はたかだか3代で江戸っ子語れるんやから、よっぽど気楽な街かもしれん。

ところで、お雑煮の話はまだ書いてないんですが(トピックとしては。チョコチョコあちこちには書いてるけど)ウチもりっさんちと一緒や。丸もち、澄まし、です。
関西も正月二日目は澄ましや、ゆう話は聞くことあるけど、ウチはずーっと澄まし丸もち。

>雑居ビル、ええですよね。何より、自分が縛られへんから、楽しいです
そうそう。楽しい。神戸って割に雑居ビルの人が多いんちゃうかな、と思ってるんです。新しもん好きな気質があるんちゃうかな。司馬さんあたりが書いてそう。どこかにあるかもしれんから探してみようかな。
2007-02-07 水 08:56:47 | URL | midori [編集]
白寿司メシ稲荷はどこから来たんやろう?
きゅうさん。

太巻き、言うのは私は東京来てはじめて知ったんちゃうかと思います。
細巻き、ゆう言い方、神戸ではしてへんかった。胡瓜巻き、穴子まき、ゆうぐあいに。単品のまきもんは巻き寿司は巻き寿司やけど、ちょっとつまむ程度の、オヤツみたいな感覚で、いわゆる太巻きののりまきは、ちゃんとしたご馳走、という感じがしてました。

関東来てかんぴょう巻き、おしんこ巻きの細巻き見た時には仰天したものです(笑  

>我が家のお稲荷さんは白寿司飯かゴマ入り寿司飯でした。
具は入ってなかったです。
でもそれはただ母が手抜きしただけかも(^_^;)

手抜きというより、おかぁさんにとってはどっかで体験済みのことやったんちゃうかしら。京都でいつも私が買いに行くお稲荷さんには、細かく刻んだゴボウの煮たのと麻の実だけ、ゆうのがあります。
初めて食べた時、ああ、こういう作り方もあるんや、と感動。最近時々まねしたりして。
 白い寿司メシのお稲荷さん、私が知らんだけで関西でもあったかもですね。私はちらし寿司(関西の)やかやくご飯みたいに、サンドイッチみたいに手軽につまめるようになってるんかと思ってました。具なしのお稲荷さんは、東京来るまで見たことなかったんです。
『東京弁は感染るんです』に、稲荷ずしについてのっていました。
http://homepage2.nifty.com/GANSO_hirokun/backnumber/118.html
東京の稲荷ずしも江戸時代には具が入っていたようです。
『江戸では弘化(1844年~)の初めに稲荷寿司が流行したそうで、この頃はキクラゲやかんぴょう等を刻んでまぜたご飯を詰めて、わさび醤油をつけて食べていたそうです。』(上記『東京弁は伝染るんです』より)

ごま入りのお稲荷さん。どっかで頂いたことあります。
どこやったろう。

香辛料の柚子の粒だけが入ってるお稲荷さんも食べたことあります。おいしかったんで、これも時々真似してます。

ちなみに ウィキペディアの『稲荷ずし』 はこちら
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A8%B2%E8%8D%B7%E5%AF%BF%E5%8F%B8
2007-02-07 水 10:16:38 | URL | midori [編集]
遅れて参加。
midoriさんのブログって記事もさることながら、皆さんのコメントが「ほほぉ~」って感じ!

ちなみに私は・・・父は生まれも育ちも大阪。母は生まれも育ちも奈良。
で、巻き寿司と言ってたし、1本食べ終わるまで無言で恵方に向かって食べました。
残念ながら「のつごつ」とはしなかったけどw

嫁ぎ先では・・・舅が生まれも育ちも兵庫。姑は名古屋から嫁いで来た。

柊にイワシの頭刺して、お玄関とお勝手口に刺して厄よけするの!
それに、恵方向いて食べるのは一口だけ。

私だけ黙々とそっち向いて食べてるのに、主人はペラペラ。
「は?なんじゃそりゃ?普段、巻き寿司食べるのと違うんよ?」

「え?1本食べるまで黙るってなんじゃそりゃ?ンなことやってられるかっ!」

ってわけで我が家辺りから、かなり雑居ビルになってますw
2007-02-13 火 12:50:01 | URL | ka-ko [編集]
すごい雑居ぶりですね~!§^。^§
ka-koさんちの雑居ぶりには脱帽です。
大阪と奈良の組み合わせでの、厳粛な『恵方巻き』のお作法も、兵庫と名古屋の組み合わせではなにやらお祭り騒ぎの気配すら感じます(爆

普段の巻き寿司とちがうんや!というka-koさんの気持ちは十分に伝わって参りました。やはり習慣というか、続けてやってきていることとそうでないことの違いは大きいかもしれないですね。

どちらかというと そういうしがらみ系はどんどん切り捨てても気にならない地域に育ったせいか、私も都合のいいものだけ習慣として残してきたようにも思います。
(核家族のハシリで育ったんでウルサイばあちゃんも身近にいなかったし)
それで楽な部分も確かにあるけれど、自分で基準を作っていくとりとめのない不安感というのもあります。人付き合い一つ、「当たり前」のルールがなくなったら、一つ一つが手探りで。(ナニゲにシンミリ…

ところで、お勝手に柊イワシはやりませんか?
ウチの実家ではやりませんでしたが(全般的にそういうのやらない)お向かいさんは2件ともやってました。
まぁ、神戸は雑居ビルの最たる地域なんで、自分の出身の慣わしを引き継いでやってるだけだったのかもしれないですけど、小さい頃からそれを見ていたので何となく柊イワシは「ありえるな」、と。 
2007-02-14 水 15:22:09 | URL | midori [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。