■お知らせ
■『築地あるき』

楽天ブックでどうぞ~~!!

■ブログ内検索

■ユーザータグ
■こんな感じで書いてます
■最近の記事はこんなです。
■神戸で生まれ育って18年。

midori

Author:midori
今では東京暮らしの方が長ぅなってしまったけど、大好きな神戸にいまでもこだわりがあります。
山と海がないとね~
(本文中の写真はクリックすると少し大きくなります)




神戸の会社設立屋が送る神戸時計

■ブログ全記事表示
■RSSフィード
■コメントありがとうございます。
■とらばしてもらいました
■イカナゴのクギ煮アンケート!

イカナゴのクギ煮のアンケートにご協力ありがとうございました。 こちらの記事にまとめました。 イカナゴのクギ煮アンケート結果報告 これからも宜しくお願いします。

■いつもお世話になってます
■❤ New Entry

■ページランキング :2007.10~のエントリー

■過去記事2007年度

■FC2カウンター
■訪問中!

■リンクサイト

好きです神戸

■ネットショップ





スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
かぶらの漬けもん と 千枚漬け

 コーベの漬けもん、ゆうたら、何となく奈良漬、ゆうイメージがあるんですけど、
私、奈良漬嫌いやったんで、神戸でも東京でも奈良漬は食べません。(神戸の奈良漬のことを甲南漬って言うのかな?ただ奈良漬ってよんでたけど、ようわかりません)

 ウチの母が大好きやったんは、垂水のダイエーの横に 朝市のテントみたいな出店してた漬物屋さんの蕪のぬか漬け。 かぶのこと、ウチはかぶら、言う。 ナスはなすび。

 垂水に買いもん行ったときはその漬物屋さんに必ず寄ってた。
普段は祭りの時の屋台でたこ焼き買うんもあまりええ顔せん母やのに、 子ども心に 「こんなお店で買って大丈夫なんやろか」 と思ってたけど、そこのお店はええらしかった。 確かにかぶらのぬか漬け、美味しかったし、そこで買った白菜のぬか漬けも美味しかったんで、 私は漬けもんゆうたらこういう味なんや、と思ってました。


 大人になって、漬けもん食べるようになって、ぬか漬けの美味しいのんに当ることは、滅多にないんや、という事がわかってきた。
というか、売ってる漬けもんそのものが、ほんまに美味しい思えるもんが なかなかない。
大体が 化学調味料のあじがすごい。 あれ、野菜の旨味が 消されてしまう。

 あの垂水の漬けもん屋の漬けもんは、かぶらやったらかぶらの味、白菜やったら白菜の味がしっかり味わえてたなぁと思う。 ぬかや塩や、昆布の味が合わさって、野菜の味を引き出してさらに美味しく感じるように出来てたんや、と。


 かぶらの漬けもん。 自分の家では 新鮮なかぶらを薄くスライスして 軽く塩もみしただけで食べるんが好きです。 かぶらって、甘いんよね。 かぶらの甘み、塩でより際立って、ほんまに美味しい。 そのままでも美味しいけど、オカカ かけて お醤油たらっとたらすと、もう、ご飯何杯でも食べてしまいます。



≪千枚漬け≫ ってあるでしょ。 聖護院蕪の漬けもん。 
あれ、甘酸っぱい味で、かぶらの味もなんもわからんので、嫌いやったんです。

 その≪千枚漬け≫。
京都の【東山八百伊】さんゆう漬物屋さんに出会ってから 好きになりました。
【東山八百伊】さんとの出会いも、懐かしい思い出があるけど、それはまた改めて。

 ここの 丸のままのすぐきと 生しば漬け、一本ものの壬生菜漬けは、化学調味料が入ってへん。 塩だけで漬けてあって美味しいんです。
 何年か前、それまで敬遠してた≪千枚漬け≫を 初めて試食したら、 かぶらの味がして、めっちゃ美味しかった。
かぶらに昆布の味がふくらみを持たせて、ふうわり口ん中でかぶらの甘みと香りが広がる。
≪千枚漬け≫って、もともとこういう味やったんちゃうの?と感動でした。


 昨日、たまたま 【東山八百伊】 さんが日本橋高島屋に催事出店してる、ゆうんで行ってきました。
 ちょうど、先だって ほいほいさんのブログで 【村上重本店】 さんが日本橋高島屋に しなもんを置いてはる と聞いて、 ついでやから 両方買って食べ比べしよ、思って。




 千枚漬け。 写真手前、東山さん。奥が村上重さん。村上重さんのは、蕪とお塩だけ。千枚漬けがたっぷりの昆布でぐるぐる巻きにされてて。 さらに ビニール袋に入れられ、輪ゴムでしっかりグルグル止めにされてる。 なんかものすごい質実剛健な感じ。(笑
20070110102712.jpg
 ちょっと昆布多すぎ?ゆうくらい、マッタリした旨味がかぶらにしみこんでる。かぶらの味が引き出されてもいるけれど、昆布も味も、すごい。 私はちょっと昆布の漬け込みすぎかなぁ、昆布味がきついかなぁ、と思いましたが、家族には好評。

 残念ながら、東山さんのは今回、お砂糖がちょっとだけ入ってました。2年ほど前に買ったときは入ってなかったと思うんやけど、今回のはちょっと甘い。 とは言うものの、かぶらの甘みを引き出すだけの、隠し味みたいな使われ方なんですけど。 絶妙な美味さはそれなり。 でも、村上重さんのと比べてしまうと、甘みの中に歴然と砂糖の甘みを感じてます。
砂糖が少し入ってるといっても、 他の千枚漬けとは全然ちがう。 私はそれでも好きでしたよ。

 東山さんのは かぶらのシャキッとした歯ごたえがたまらない。 アッサリした感じで、パクパク食べられます。
(東山さんの、今回は普通のビニールパックでしたけど、最初に食べたんは紙の包装紙に入ってました。 おんなじものなんかなぁ? つくり方変えはったんかなぁ?)20070110102746.jpg


 ついでに すぐきの食べ比べ。
写真手前、東山さん。奥が村上重さん。
こっちも同じような感想です。東山さんはアッサリ。ちょっと酸味が強めで、このままで食べるより チョロッと醤油かけると 旨味の相乗作用で抜群に美味しい。 ご飯が何杯も進んでしまう。 (私はすぐきは 最初に何もかけず、次に醤油かけて、最後にオカカかけて 3回は楽しめます)

 村上重さんのすぐき。 すぐき蕪の味の癖が、発酵とともにさらに味わい深く、 深みのある味になってます。 村上重さんのはこのままのほうが美味しい。
ちなみに、葉っぱのほうは、村上重さんのはちょっと癖が強いので、東山さんの方が食べやすかた。好きな人はきっと村上重さんの葉っぱがタマランやろうね。


 それぞれに美味しかった。どっちもそれぞれの美味しさでした。


 どちらのお店も、塩のみで漬け込んだお漬物を作り続けてはる、というところが とてもポイント高いです。こういうオツケモン、いつまでも作り続けて欲しいなぁ。


 かぶらはやっぱりかぶらの味が生かされた漬け方が好きやなぁ。
かぶらって、もともと美味しいんやから。



ブログパーツ
関連記事


東西味違い | 11:11:11 | Trackback(0) | Comments(5)
コメント
奈良漬
生まれた家の3軒隣の角にでっかいお家がありまして
そこが 十一の奈良漬さんのお宅でした。家の横が工場で 私が中に入って暮らせそうなでっかい桶が 洗って干されて居たり・・・(もちろん中に入るとすごい匂いで すぐに出てきたのですが・・・) だから、奈良漬というと十一の奈良漬を思い出します。今は・・・・甲南漬けのところにすんでますけどね (-^〇^-)アハハハ
関西のお漬物 昔は甘塩の 野菜の味のするものが多かったですね 今は時代でしょうか? 唐辛子いっぱいのものや やたらと甘いものとか・・・ ( ̄~ ̄;)ウーン・・・と言うものが多いです。
でも、20年前は 茨城県で漬物を買ったら しばらく水に放して塩抜きしてからでないと食べられなかったことだけは確かです。漬物に昆布を入れたりかつおを入れたりするのは 関西地区だけなのかなぁ・・・
2007-01-12 金 11:53:20 | URL | まみや★さん [編集]
こんばんは~
漬物いいですね~。僕も好きなんですよ。
でも奈良漬はちょっと苦手ですね。
一時は自分で浅漬作ったりしてました。
なかなか上手くいかないものです(^^;
2007-01-12 金 21:06:42 | URL | ようへい [編集]
NoTitle
千枚漬、大好きです。
私は母の漬けたものが一番好きですv
すごーくおいしいんです!
母の漬物はぬか漬もおいしいです。
ぬか床は隣の奥さんにわけてもらったもので
奥さんのぬか床は実のお母さんから受け継いだものだそうです。
夏はキュウリやナス、冬は白菜や大根と年中大活躍で
私が一人暮らしをしていたときも(20代前半)このぬか床を
わけてもらって持っていき、漬物をつけていました。
今はできないのがくやしいです。
奈良漬も好きです。
奈良漬は値段が高い程おいしいような(^_^;)
小さいスイカの奈良漬が好きです。
また食べたくなりました。

2007-01-13 土 16:55:03 | URL | きゅう [編集]
ダイエー横の漬物屋
元ダイエーだったビルの筋の漬物屋さん、健在ですね。
わたしも時々買いますが、おいしいです。
2007-01-14 日 21:40:02 | URL | MSHIBATA [編集]
コメントありがとうございます。
まみや★さん。
奈良漬の樽、ですか。それはなかなかに匂いそうですね(笑
お漬物にも地域差があるのでしょうね。関西は甘塩のイメージなんでしょうか。そういえば、他所のはたいてい辛い(塩っからい)と感じます。すぐきは強烈酸っぱいけど、塩気は薄いですもんね。

当世、唐辛子入りが流行なんでしょうか。キムチは大好きですけど、高菜はちょっと苦手かなぁ。あれに唐辛子混ぜてるのとか、辛過ぎるやろう、と思ったりします。(笑


ようへいさん。
自分で漬けられていたこともあるんですか。上手くいきませんでしたか?
お野菜食べるのにサラダより漬物のほうが食べやすいのか、男の人は漬物は食べますよね。飲み屋に行くと結構おしんこ頼んでるのを見かけます。
白菜のぬか漬けを「これが美味しいんだ」と言って食べてるのを見てて、ぬか漬けはお袋の味ってことなのかなぁと思ったことがあります。
ようへいさんのお国情報、楽しみにまた伺わせてくださいね。


きゅうさん。
きゅうさんのおかぁさんの糠床、欲しいです(笑
でも、あれは毎日それこそ文字通り「手入れ」しないとだめだから、私は一発でダメにしてしまいますね。
やっぱり美味しいお漬物を漬けたものを頂くのが私には合っています。だから、ひたすらそういうお漬物に出会うチャンスを待つしかないんです。
すごく消極的な態度ですね~われながら。(笑

奈良漬はお値段がいいほど美味しいんですか。
まず食べないので(多分今まで一切れ以上二切れ未満しか食べたことない)味比べなんて想像も出来ません。
奈良漬が好きな方と隣り合わせになったら喜んで差し上げると思います。あのお酒っぽさがダメなのかもしれません。(お酒も甘酒も飲むんですけど、奈良漬も粕汁も嫌いで食べないんです)


MSHIBATAさん。
ダイエーの並びの漬物屋さん、テントが今はプレハブみたいなちゃんとした店舗になってたんじゃなかったでしょうか? 以前、久しぶりに楽しみにして買いに行ったら、味が何となく変わったように感じました。蕪がちょっと美味しくなかったんですね。なんだか別の店みたいだなぁと思った記憶があります。それ以来買いに行っていません。
最近は神戸に帰る時は漬物は京都で買うようになったのも大きいかもしれません。でも、白菜のぬか漬けはやっぱり垂水のあのお店のがもう一度食べてみたいです。もう一度チャレンジする価値あり、と思っています。
2007-01-14 日 23:43:48 | URL | midori [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。