■お知らせ
■『築地あるき』

楽天ブックでどうぞ~~!!

■ブログ内検索

■ユーザータグ
■こんな感じで書いてます
■最近の記事はこんなです。
■神戸で生まれ育って18年。

Author:midori
今では東京暮らしの方が長ぅなってしまったけど、大好きな神戸にいまでもこだわりがあります。
山と海がないとね~
(本文中の写真はクリックすると少し大きくなります)




神戸の会社設立屋が送る神戸時計

■ブログ全記事表示
■RSSフィード
■コメントありがとうございます。
■とらばしてもらいました
■イカナゴのクギ煮アンケート!

イカナゴのクギ煮のアンケートにご協力ありがとうございました。 こちらの記事にまとめました。 イカナゴのクギ煮アンケート結果報告 これからも宜しくお願いします。

■いつもお世話になってます
■❤ New Entry

■ページランキング :2007.10~のエントリー

■過去記事2007年度

■FC2カウンター
■訪問中!

■リンクサイト

好きです神戸

■ネットショップ





スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
<番外編>広島のあなご丼とか
ここのところオフ会報告が続きましたが、
今回の神戸行き、実は広島であなご丼を食べるツアーでもありました。
あなご丼(あなごめしうえの)
(≪あなごめしうえの≫ のあなご丼)
あなご丼は広島、それも宮島で大名物だという話。
先日買った「あまから手帖」3月号に たまたま載っていたのです。
◆西のあまから、東のダンチュー 2009,3,3付

これにはびっくりした。
なぜなら、3月に宮島に行く予定だったから。
食べ物について何も準備してないところに ふってわいた宮島おいしいもの情報。
しかも 「アナゴ!」 (笑
なんたって瀬戸内人はおしなべてアナゴ好きのようですからね~~
それにしても宮島らへんが そんなにアナゴに熱いとは知りませんでした!

瞬時にして 宮島で「あなご」たべまくり計画がたてられたのは言うまでもない。。。

ということで、宮島に着いたその日に行きました。
「あまから手帖」でとりあげられていた≪千代乃庵≫さん。
≪千代乃庵≫ 広島県廿日市市宮島町滝町215-1 ℡0829-44-0234 →HP
千代乃庵
町屋を使った趣のあるお店です。
あなご丼
あなご丼(吸い物・香の物付)1780円。
アナゴは少し甘めのタレを薄くつけて焼かれている。
アナゴの上からそのタレを煮詰めたツメなのか、かかっている。
ご飯は白米。アナゴの旨味と煮詰めたツメを混ぜていただく。
アナゴの味はさすがに濃い。
肉厚にびっくり。瀬戸内でもこんなアナゴを食べてたのね?という分厚サイズ。
明石の焼きアナゴ系ではちょっとお目にかからない分厚さではないかしら。
そぎ切りになっていることを割引いても、この厚みはなかなかのものです。

アナゴの肉質、歯ごたえがしっかりしていて、ご飯と混ざりこむ感じではないね。
まぁ、こんなもんかな?という感じ。

香の物が美味しかったなぁ。柴漬け味のキクラゲらしい。お土産物屋さんでその後発見。
ここらあたりの名物なのかしら? (小豆島周辺ではお店が何件かあるようですが・・・)

ところで、広島といえば神戸の人間にとってはやはりカキ。
カキシーズンぎりぎりセーフで、やはり食べておかねば、とカキフライを頼む。
カキフライ(絶品!)
カキフライ1260円。
今年わたくしは残念なことにカキはご法度なので相方に味を聞くと…
聞くまでもなく猛烈美味しい!という顔をしてる。
いわく「こんなカキ初めて食べたかも」
カキフライ(超クリーミー!)
中が猛烈クリーミーで磯臭さが全くないらしい。
ちなみにあなご丼についてきた吸い物にも大粒のカキが・・・
これも相方のお腹に収まったのだが、 これまた「こんなの食べたことない。。。。(絶句」 でありんした。

夜ごはんの前に合流した友達と入ったお店でもアナゴを注文する。
しろやき
アナゴの白焼き(値段は忘れました。。。)
一見、あぶらげみたいですが(笑
これも美味しかった! アナゴの味、濃厚ですねぇ。。。。嬉しいなぁ。。。
広島在住の友達も 「うま~!」 と叫びながら食べてましたね~(^u^)

翌日。 宮島から戻って船着場すぐのところで もう一軒、「あまから手帖」のお店を発見。

≪あなごめしうえの≫ 広島県廿日市市宮島口1-5-11 ℡0829-56-0006  →HP
あなごめしうえの 看板

「白焼きを一緒に頼むといいですよ」と店内に貼られたおススメもあって、ここはぜひ白焼きを。
白焼き
白焼き 1000円。
白焼きアップ
いやいや、 この白焼きったら!
食べたそのあとに 「う~~~~ん・・・・・・」 としか出てこない。
うま~~~~~~い!!!! (●^o^●)
白焼きと云いながら すこしなにかタレにつけてあるのか、それともそのまま塩焼きなのか、
とにかくアナゴの味がすごいとしか言いようがない。
そして本当に上品に香ばしく焼きあげられていて。。
参ったなぁ。。。。。これは。。。。

あなご丼!

あなご丼 1470円。 
今回、全体にピントがうまく合ってなくてごめんなさいね。
アップ写真ではよくわからないですが、ご飯が薄く茶色い色をしています。
しいて言えば アナゴのツメをうす~~~くのばした汁で炊いてあるような
ホンワリ甘さを感じながらも 全体にはとっても上品なほとんど味を感じない程度の味付けのご飯に
しっかり焼きしめた これまたウマ~~なアナゴがタップリ。

先ほどの白焼きがあまりに絶品だったので 感動がいまいちでしたが
普通に食べたら これはめっちゃうまいです。たぶん。
今でも 週一回 これが食べられるなら 宮島口に住んでもいいかもしれないと思ってるくらい。。。(^u^)


このほかに、 ≪あなごめしうえの≫の弁当と、船着き場すぐ横で売ってた
≪あなごめし ふじの屋≫さんの弁当(小さい方、1000円)を買って帰りました。

写真撮ってなかったのですが、この弁当食べ比べは、どっちがどっち?という感じで
ほとんど味の違いはない。
どちらも うすーい味付きごはんに焼きアナゴがびっしり。
≪あなごめしうえの≫の店内で出来立てを食べたのと弁当とでは微妙に味が違いましたが
できたてじゃないし、お弁当だしねぇ。。。。という感じ。
駅弁としてはいいですねぇ。 どこでも買えるともっといいなぁ。(^u^)
こちらのやわらかな味付けのご飯としっかりアナゴ味満載の焼きアナゴは
ちょっとマネできないですからねぇ。。。。

と まぁ、 宮島であなご三昧?したあとは、やっぱり広島だからねぇ、ということで・・・
広島焼き
ここからおまけレポート。 いわゆる広島風お好み焼きのお店≪へんくつや≫さん。

≪へんくつや 新天地店≫ 広島県広島市中区新天地2-12 西豊ビル 1F ℡ 082-242-8918 →ぐるなび
お好み村?
お好み村? →HP
≪へんくつや≫さんのちょいと横にあったアーケード状のものが気になって写真に撮ったのですが、
後で調べるとこれがうわさの?「お好み村」というものか?

まぁ、今回はとある方におススメしていただいた≪へんくつや≫さんへ直行。
カキ塩焼き

カキ塩焼き 800円。
広島やから やっぱりカキでしょう(●^o^●)
これもバカウマだったらしい(同行者談)
そばスペシャル

そばスペシャル 1050円。
これは由緒正しく広島風お好み焼きですね。
皮が思ったよりしっかりしてて、中のそば類との一体感にちと欠ける感 が意外でした。
ちょっとオムソバっぽい感じ?(@_@;)
私が三原でいただいて熱中した 「鶏肝入りお好み焼き」(広島風) とも感じが違ってますね。
ソースは広島らしく?少し甘めだったような気がしますが、正直、ちょっと忘れてます。。。(+o+)
せせり塩焼き
セセリ塩焼き500円!!!
「せせり」 という文字をメニューに発見した瞬間に 頼みました。(^u^)
これが超絶品でしたさ!
いやぁ。。。嬉しいですね~。 カキと一緒に炒めてある細いもやしといい、関西を感じます。

広島 アナゴ探求の旅、 なかなか充実しておりました!

ほんまは一番食べたかった ≪あなごめしうえの≫さんの2階にあるという
≪懐石料理 他人吉≫さんの コースの一品、「アナゴ釜炊き飯」 は 食べられませんでしたが
広島旅行以来、 ますますアナゴにハマっているレポーターmidori がお伝えいたしました~§^。^§

アナゴも大好き、人気ブログランキングも大好きよ~~(^u^)ワンクリックお願いいたします~~

ブログパーツ
関連記事


東西味違い | 23:59:51 | Trackback(0) | Comments(10)
コメント
美味しいアナゴ丼を射ただけたようで、良かったですね!
私もいつの日か、リベンジにしに行きたいと思います。(笑)
白焼きで、お酒飲みたいですね。アナゴ大好きなんで。

へんくつやのお好み焼は、イマイチでしたか。。。
神戸のお好み焼とは、また違った味わいですもんね。
せせりも大好きです。お酒と一緒に頂きたいですね♪
2009-04-10 金 00:12:19 | URL | ゆかり [編集]
アナゴリベンジ、ぜひしてくださいね!
◇ゆかりさん。

> 私もいつの日か、リベンジにしに行きたいと思います。(笑)
そうでしたね~!ゆかりさんもぜひぜひ、ぜひぜひ食べてみてください!!
あれはやみつきます(●^o^●)

> 白焼きで、お酒飲みたいですね。アナゴ大好きなんで。
白焼きが最高~~!でした!
あの作り方教えてもらえば家で思いっきり呑めますなぁ(^O^)/

> へんくつやのお好み焼は、イマイチでしたか。。。
> 神戸のお好み焼とは、また違った味わいですもんね。
直前情報、ありがとうございました!!m(__)m
おかげさまで間違えずにへんくつやさんのほうに行けました(笑
お好み焼きとしては神戸のとも違うけど、三原で食べたのとも違いました。
ちょっと皮と中身が分離気味なのに驚きました(^O^)
東京でもお気に入りの広島のお好み焼きの店があるんですが
そこのはどっちかというと三原のに近かったんで
広島のはそんな感じなのかなぁと思ってました。

まぁ、一枚しか食べなかったんで、通常の状態なのかがわからんのですが
もう少し合体感があるとよかったかなぁ。。。
味はよいと思ったんですけどね。

> せせりも大好きです。お酒と一緒に頂きたいですね♪
セセリがねぇ。。。めっちゃウマウマでした!!
地鶏?と思うくらい味が濃厚で、セセリやから脂たっぷりジューシーで!
キャベツもついてて、ほとんど焼き鳥状態ですよ(^O^)/
セセリだけで何杯でもチューハイいけそうでした!
次回行かれる時にはぜひぜひお勧め!
2009-04-10 金 00:34:26 | URL | midori [編集]
えらい大きなあなごですやん。
ワタシが福山で食うたんは、きざみ穴子のせこいのでしたが、そこそこイケてました。大善の焼き穴子よりはるかに柔らかいし。
2009-04-10 金 06:48:51 | URL | nr [編集]
広島には一時よく行きましたが帰りは必ず夫婦あなご飯を2個かって新幹線でビールでしたね(^^)
そんなにすごい代物ではありませんが急いでいるときにはちょうどよいのです

夫婦あなご飯↓
http://www.ekibento.co.jp/special/shousai.php?items_id=17&offset=0
2009-04-10 金 08:10:19 | URL | 旦八 [編集]
それほど大きいわけでもなかったんですけど。。。
◇nrさん。

比較するものがなかったんでいま一つ大きさが分かりづらいですが、
東京の煮アナゴに使うアナゴほど大きくはなかったんですよ。
大善のいちばん大きめの、位の大きさ。。。かな?と思って見てました。

大善、つぶれてからもう結構たつのに、いまだに私の中でアナゴの基準になってるところがすごい。。。というか、アナゴと言えば大善やった時代が30年以上あるんでどうしてもしょうがないですね。

大善さんのは、家庭用の小さいサイズのはかなり焼きがきつくて保存によかったんで、歯ごたえありましたけど(ハモカワといい勝負くらい?)あのしっかりした身は、混ぜご飯や五目チラシに入れるにはとても便利でした。
やわらかい焼きアナゴはそれだけでごはん何杯でも行けそうですね~(^u^)
2009-04-10 金 16:04:18 | URL | midori [編集]
駅弁、気になるのが・・
◇旦八さん。

夫婦あなご飯(2個?笑)を追いかけていくと、気になるお弁当が。
三原の駅でしか売っていないという幻のたこめし弁当があると、三原に行っていた当時聞かされて、一度買って帰ったことがあります。
ご紹介いただいたサイトから探していって、もしかしてこれかな?というのに出くわしました。

http://travel.biglobe.ne.jp/ekiben/bentou/BIGBT0064.html
http://www.ekibento.jp/cg-mihara2.htm

わたし的には三原はたこめしの作り方を教わった、たこめしの聖地のようなところがあるので、この弁当ももう一度食べてみたいと思います。
(三原の知り合いに作ってもらったたこめしがわたし的には人生ナンバーワンたこめし、駅弁はそれよりは・・・という贅沢な思い出があります)

今回も実は、何とかして三原で途中下車してたこめし弁当を買おうと思って画策したのですが、なんだか最近の新幹線があまりに接続悪くて、三原で降りていたら家にたどり着けない計算になってしまって、泣く泣くあきらめたのでした・・・
2009-04-10 金 16:11:08 | URL | midori [編集]
穴子みっしり~\\(^▽^)
ワタシが一度入ったことがあるのは「うえの」でした~。名前、知らなかった(><:
引き締まったアスリートな穴子がそぎ切りになってご飯の上にミッシリ乗ってて~・・・古い駅弁の包み紙とかお店に飾っていたような・・・。とにかく穴子の旨味が噛めば噛むほどジュワ~ッだったことと、ご飯が美味しかったことを覚えています。神戸の穴子よりも、リキ入ってますよね!!

広島の友人おすすめは、お好み村の「源蔵」でした!巨人軍の選手たちの行きつけのお店でもあるらしくって、写真がイッパイ~(^◇^)/のお店です。で・・・(・◇・)お好みだから、あくまでもお好みでいい話ですが・・・お好み焼きは一体になっているもの!って思ってる関西人は蕎麦と皮が分かれてしまうことに少なからず戸惑いを覚えつつも~おたふくソースは美味しいな♪ って感じでしたでしょ~~~v-275

わ~い!midori長官とおんなじ経験できたんだー☆
2009-04-10 金 17:42:23 | URL | 早坂 [編集]
んむぅ・・・☆
穴子の世界とは、何と奥深いものか!!
関西にいた頃はピンと来なかったのだけど、江戸前の世界を
垣間見た瞬間から、一気にアナゴワールドに引き込まれたような
気がします。
やはり本命は白焼きかと思うのですが、穴子丼のごはんがチョイと
味をしみこませた仕事ぶりって・・・ あー、たまらん妄想が(笑
2009-04-10 金 20:29:21 | URL | つきじろう [編集]
Re: 穴子みっしり~\\(^▽^)
◇早坂さん。

> ワタシが一度入ったことがあるのは「うえの」でした~。名前、知らなかった(><:
あ~やっぱりそうでしたか~~~
お話伺った時、同じお店かなぁと思ったんでした。

> 引き締まったアスリートな穴子がそぎ切りになってご飯の上にミッシリ乗ってて~・・・古い駅弁の包み紙とかお店に飾っていたような・・・。とにかく穴子の旨味が噛めば噛むほどジュワ~ッだったことと、ご飯が美味しかったことを覚えています。神戸の穴子よりも、リキ入ってますよね!!

そうですそうです。なんだかたくましい筋肉質でやたらと美味しい、まるで牛のすね肉か鶏のセセリかというようなアナゴちゃん達でした。
アナゴに力が入ってるのか、アナゴに対する人々のおもいいれに力がはいってるのか?
どっちもなのかもしれないですね~~!(^O^)/

広島のお好み焼きを市内で食べたのが初めてなので、市内の他のお店と比較できないのですが、広島風といわれるお好み焼きはかなり昔から食べてきてたので、それとの違いにちょっとびっくりしました。
ずいぶん前に三原(広島県)で食べたお好み焼きもいわゆる広島風で、違和感なかったんです。。。かなり今戸惑ってます。。。

まぁ、東京にもいわゆる本場からイベントなどで出店してるお店もあるので
一度食べてみようかなぁ。。。(^_-)-☆
2009-04-10 金 21:30:56 | URL | midori [編集]
アナゴは深いです~~~(^u^)
◇つきじろうさん。

江戸前のアナゴに初めて触れたとき、
「アナゴ、恐るべし!」とかなりコーフンしたのを思い出します。
白焼きも、築地でいただいたものも了なのですが、
こちらの白焼きの到達度の高さはもうひれ伏すしかありませんでした。

あなご丼のご飯の味がまさにミラクル。
あのそこはかとないうま味の出し方は、新しい世界が開けるような感じでした。

チャンスがありましたらぜひぜひ!宮島、超お勧めです!(^O^)/
2009-04-10 金 21:34:22 | URL | midori [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。