■お知らせ
■『築地あるき』

楽天ブックでどうぞ~~!!

■ブログ内検索

■ユーザータグ
■こんな感じで書いてます
■最近の記事はこんなです。
■神戸で生まれ育って18年。

Author:midori
今では東京暮らしの方が長ぅなってしまったけど、大好きな神戸にいまでもこだわりがあります。
山と海がないとね~
(本文中の写真はクリックすると少し大きくなります)




神戸の会社設立屋が送る神戸時計

■ブログ全記事表示
■RSSフィード
■コメントありがとうございます。
■とらばしてもらいました
■イカナゴのクギ煮アンケート!

イカナゴのクギ煮のアンケートにご協力ありがとうございました。 こちらの記事にまとめました。 イカナゴのクギ煮アンケート結果報告 これからも宜しくお願いします。

■いつもお世話になってます
■❤ New Entry

■ページランキング :2007.10~のエントリー

■過去記事2007年度

■FC2カウンター
■訪問中!

■リンクサイト

好きです神戸

■ネットショップ





スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
イカナゴのくぎ煮

 東大寺二月堂のお水取りが終わり、 空の色が次第に春らしく明るくなって来る頃。
神戸の西 須磨~垂水、明石の市場に イカナゴが水揚げされはじめる。
 魚屋さんの店先に、でっかいプラスチックのカゴいっぱいになった生のイカナゴが並んで、おかぁさんたちは5キロ、10キロと 何度も買い求めてはくぎ煮にする。ikanago.jpg


イカナゴのくぎ煮。

 私の故郷、塩屋の町は 海から塩屋谷川という小さな川沿いに山に向けて開けていった町で、 狭い町だけに この時期、 街中のおかぁさんたちがイカナゴのくぎ煮を煮始めると 甘っ辛い醤油の匂いでいっぱいになる。


 いまや東京でもちょっとした高級スーパーなどで、小さなパック詰めを高い値段で売っているのをみるようになったけど、 あれはうちらのソウルフードの一つなんですわ。



 ウチの母は料理にはこだわりのある人だったようで、 黒豆を丹精こめて煮るために コックさんが使うようなアルミの寸胴鍋を買ったりする人やったんやけど、 そのアルミの寸胴鍋は 実はイカナゴのくぎ煮にも使われていた。


 母が亡くなってから、私達娘が母のレシピを捜すことは なかった。 母の友達であるSさんが 毎年イカナゴをくれはるんで(他にも父の知り合い何軒かからも回ってきて) イカナゴを一度も煮ることなく 20年以上がたった。


 ところが。 このブログをはじめて、いろいろなところにお邪魔しているうちに、 これは!とおもえるレシピに出会った。 

ほいほいさんの神戸・芦屋・西宮☆ぷらぷら日記
 ≪母直伝☆いかなごのくぎ煮レシピ≫


これ、ほんまおいしそう。お上手ですわ。
しかも それでいてレシピもわかりやすいし。 ほんまに 生まれて初めて「イカナゴのくぎ煮、やってみよ!」 と思ったんです。

 黒豆ン時もそうやったけど、おいしいやろうけど、なかなか自分でやってみよう思うようなレシピってないんよね。 美味しそうな出来上がりのほど、つくり方面倒そう。 おいしいやろうケド、ちょっとね…
イカナゴも黒豆も、おばちゃん くれはるし … 思ってたんで…



≪イカナゴ漁≫は 例年2月下旬から3月中旬にかけて行われるようです。






【いかなごといかなごのくぎ煮について】 兵庫観光壁紙写真集 のサイトに詳しく載っています。
いかなご漁と明石海峡大橋 写真


【追記 2007.2.21】  今年のイカナゴ戦線始まる!
 ふくださんの≪塩屋徒然≫ イカナゴ戦線2007 によると、 今年は漁も少なめのようだということ(神戸新聞ニュース)。まだ解禁になっていないのですが、イカナゴのくぎ煮に使う調味料類は着々と売られ始めているようです。
いよいよ今年も 始まりますね~!

【追記 2007.2.25】 今年のイカナゴ解禁は28日!
 上記ふくださんの≪塩屋徒然≫ とうとうイカナゴ解禁が28日になったという報道をアップ。
いつも最新情報、ありがとうございます!  神戸の皆さん。 始まりますね! 神戸新聞ニュースはこちら


【追記 2007.2.28】 ついにイカナゴ解禁!
 引き続き、ふくださんの≪塩屋徒然≫ イカナゴ解禁の朝の魚屋さんの様子をアップしてくださっています。 このお店こそ、私がいつも実家に帰ったときに立ち寄る魚屋さん。
こちらの魚屋さんとはまた別ですが、どうも同じ塩屋の魚友さんという魚屋さんのHPには、魚友さんがイカナゴのくぎ煮をはじめたというエピソードが載っています!こちら
それが本当とすると、私の出身地、塩屋は、なんとイカナゴのくぎ煮の発祥の地!という事なんか?ほんま?すごいことや、これは!

なお、魚友さんのHPには、今日のイカナゴのシンコが写真でアップされています!

【追記 2007.3.8】 イカナゴを買う行列…
 またまた引き続きふくださんの≪塩屋徒然≫イカナゴ戦線2007・行列。 イカナゴを求めて朝から魚屋さんの店先に並ぶ人々の列。 明石焼きは並んで食べようとは思わんけど、イカナゴは並んででも絶対手に入れなアカン。なんでかというと、今年作ったものを親類縁者に送らなアカンから。
 イカナゴを作って皆さんにおすそ分け、遠くで楽しみにして待っている人達に送るのが神戸の西部の春の行事。 

 今年は漁も予想通り少ないようです。 魚形は今、ちょうどいいくらいになってきている感じ。(魚友さんHP:3月7日のページ
神戸帰ってイカナゴ煮たい~~~!


【追記 2007.3.13】 今年は本格的な不漁…
 いつもイカナゴ情報をいただいているふくださんの≪塩屋徒然≫ですが、やはり今年は本格的に不漁だという記事。 イカナゴ戦線2007・くぎ煮のたれ
私が生まれて初めてイカナゴのくぎ煮にチャレンジ!という記念すべき年になるはずだったのに…地元の方ですら手に入りにくい状況だそうです。
≪イカナゴおらん!水揚げ昨年の3分の1≫ (神戸新聞ニュース2007・3・11)


 現在、イカナゴの情報だけを追記でアップしている状態なのですが、こちらのイカナゴへのアクセスが大変増えています。やはりシーズンなのでしょうね。
みなさん、今年のイカナゴは貴重品になりそうですよ。そんな厳しい状況を乗り越え、コーベからイカナゴを送ってくださるとは、なんとありがたいことでしょう。感謝いたしましょう。
イカナゴのくぎ煮は≪母の味≫、母の愛、親の愛、大事に思って下さる人々の愛、なのですね…


【追記 2007.3.28】 初めてのくぎ煮 (おがちゃんさんのblog)
 イカナゴ漁解禁からちょうど1ヶ月。今年はイカナゴの量が少ないとか、値段が高いとか色々不安要素が沢山でしたが、神戸の方達がそれでも一生懸命作って全国に送ってくださったので、東京在住の友人達からも 「イカナゴ、届いたよ」 の知らせが来ました。
 それでもやっぱりそろそろ終盤。もう今年はイカナゴ、終わるんかなぁ…とちょっと寂しい思いのところに届いた、『初めてのくぎ煮』の便り。スッゴイ美味しそうな出来上がりに、思わずよだれが… おがちゃんさんの≪おがちゃん便り≫ 『意外と簡単!?』
 生姜をレシピよりも大目に使われたそうですが、美味しく出来たとの事。私も来年こそ、生姜少し多めで美味しいお手製くぎ煮を作りたい!と思いました。


 


ブログパーツ


 

関連記事


東西味違い | 18:07:05 | Trackback(2) | Comments(6)
コメント
こんにちは
midoriさん、ありがとうございます
板宿の母にこの記事を見せたら、どれほど喜ぶことでしょう♪
金曜日に会うので早速報告させて頂きますネ。
midoriさんのいかなご、本当に楽しみです。
料理下手な私もやっぱり挑戦して、母のレシピを
受け継ぐべき~~?(笑)
2007-01-31 水 22:28:15 | URL | ほいほい [編集]
NoTitle
いかなごのくぎ煮は結婚して初めて知りました。
おいしくって好きですv
毎年実家にも送っています。
ダンナに作って欲しいといわれてますが
レシピがわからず作れなかったので、
今年は紹介してくださったレシピを参考に
がんばってみようかなあと思います♪
もう少しでシーズンですね~
釜揚げも好きなので待ち遠しいです。
2007-02-01 木 01:36:19 | URL | きゅう [編集]
NoTitle
春を呼ぶ魚ですねw
私も、知り合いからいただきます。
おいしいですよねぇ~!!
今年もくれはるかな?!
・・・かなり、人に依存している私(爆)。
是非、出来上がったら、写真にとってみせてください♪
2007-02-01 木 10:36:22 | URL | よりりん [編集]
ほいほいさん、ありがとうございます。
おかぁ様の素敵レシピ、本当にそそられます。
よろしくお伝えくださいませ!
ほいほいさんも、是非伝統を受け継いでくださいね!
(と人に言える立場じゃないですが 笑)

今年は暖冬なので漁期が早くなるのかな?
まだ情報が出ていないので、やきもきしています。
2007-02-01 木 12:52:30 | URL | midori [編集]
きゅうさん、私も釜あげ、すきです!
きゅうさんと同じく、私も釜揚げ、大好きです。
ポン酢、酢醤油、きゅうりとあえても美味しいし。
自宅で釜揚げを作ることができるのもこの時期ならでは、この地方ならでは、と思います。

私は甘辛い佃煮、子どもの頃は苦手だったんですけどね。(だからくぎ煮もあまり食べなかった)
最近、懐かしさもあって、ついつい箸が伸びています。
なんといってもやっぱり郷土の味、です。

きゅうさんも是非この際、チャレンジしてみませんか?
このレシピなら、なんとか出来そうじゃない? (笑
たぶんね、魚の大きさが作りやすさと関係してると思う。
5センチくらいが作りやすいのかなぁ?
どうなんでしょう。調べてみます。
2007-02-01 木 12:59:04 | URL | midori [編集]
よりりんさんも。
是非、作ってみましょう、とお誘いしたいところですけど、これって、かなり地域限定の水揚げみたいですね。
うちらはこの時期、魚屋さんの店先に樽のようなプラスチックケース一杯にイカナゴが入っているシーンが普通なんですけど、他所では見たことが無いです。

是非是非お知り合いの方からのを待っていてくださいね。
私も、うまい具合に水揚げの時期に帰神できるようにチャレンジしたいと思っています。

(今思うと、その時期やったらいつでもあるみたいに思ってたけど、その日の漁次第なんでしょうね。何とか上手くタイミングが合いますように! うまいこと出来たら写真でアップします!! ガンバ!!)
2007-02-01 木 13:06:26 | URL | midori [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

母直伝☆いかなごの釘煮レシピ
 生まれも育ちも神戸市須磨区!こってこての地元っ子の母が、いかなごの釘煮レシピを披露~♪「小さめ ... 2007-01-31 Wed 22:06:55 | 神戸・芦屋・西宮☆ぷらぷら日記
イカナゴについて-ギョギョギョでうぉっと驚き
イカナゴイカナゴ生物の分類|分類界: 動物|動物界 Animalia門: 脊索動物|脊索動物門 Chordata亜門: 脊椎動物|脊椎動物亜門 Vertebrata上綱: 魚類|魚上綱 Pischformes綱: 硬骨魚綱 Osteichthyes目: スズキ目 Perciformes亜目: イカナ 2007-02-25 Sun 00:36:01 | ギョギョギョでうぉっと驚き

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。