■お知らせ
■『築地あるき』

楽天ブックでどうぞ~~!!

■ブログ内検索

■ユーザータグ
■こんな感じで書いてます
■最近の記事はこんなです。
■神戸で生まれ育って18年。

midori

Author:midori
今では東京暮らしの方が長ぅなってしまったけど、大好きな神戸にいまでもこだわりがあります。
山と海がないとね~
(本文中の写真はクリックすると少し大きくなります)




神戸の会社設立屋が送る神戸時計

■ブログ全記事表示
■RSSフィード
■コメントありがとうございます。
■とらばしてもらいました
■イカナゴのクギ煮アンケート!

イカナゴのクギ煮のアンケートにご協力ありがとうございました。 こちらの記事にまとめました。 イカナゴのクギ煮アンケート結果報告 これからも宜しくお願いします。

■いつもお世話になってます
■❤ New Entry

■ページランキング :2007.10~のエントリー

■過去記事2007年度

■FC2カウンター
■訪問中!

■リンクサイト

好きです神戸

■ネットショップ





スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
旗振り山・鉢伏山 ② 春の里山

 六甲山のふもとに広がる神戸の街は、海と山が迫った自然の豊かな街だ。
すぐ背後の六甲山は 風化した花崗岩の赤茶けた土で出来ている低山の連なり。
休みの日のハイキングや、普段でも散歩で利用する人が ほんまに多い。
 山歩き、という言葉は 神戸では散歩とイコールくらい、とても気軽で日常的な言葉。


 六甲山地の最西端、鉢伏山(標高246m)は 六甲山地を尾根伝いに歩く 六甲全山縦走路 の起点でもある。 昭和50年からはじまった、市と六甲全縦市民の会共催の「六甲全山縦走」では、以前から親しまれていた塩屋からの入山ではなく、須磨浦公園集合出発となっているが、もともとこの縦走路踏破を自らの登山訓練としていたという、不世出のアルピニスト、加藤文太郎氏のルートは、新田次郎著『孤高の人』では塩屋からの入山になっている。
 
JRの塩屋駅から鉢伏山に入っていく山道は、日曜の早朝には軽登山靴にデイパックの中高年の方たちの姿を意外なほど頻繁に見たもんやったけど。





鉢伏山、旗振り山、鉄拐山。 海から一番近い この山のふもとで 育った。
小学生のころは 3月の後半、ちょうど春休みになる頃から この自然豊かな山で 山菜摘みを楽しんだ。
 山の斜面は、高い木が切られ下草が生えるだけの 少し日当たりがよくなったところは ワラビが生えた。
ワラビ採り、ツクシ採りは大好きだった。
夢中になってワラビを採っていたら 白い青大将を見つけてビックリ。
飛んで逃げたこともあった。


 私がまだ小学生のころは 家の周囲もまだ山を削って造成の進行中、という感じで、
造成されていない山の谷間には昔ながらの田んぼやあぜ道、貯水池や水路となっている小川が点在していた。
田んぼには レンゲの花が満開で 茜紫のレンゲの花が風に揺れて
摘んでは花輪にするのももどかしいほど 摘んでも摘んでも その先のレンゲがもっと綺麗に見えて どんどん摘んでは手にいっぱい抱えて 満足だった。

 湧き水が小さな池を作っているところには 食用蛙の、でっかい(10センチくらいはあっただろうか)、灰色っぽいオタマジャクシと、黒くて小さな、青ガエルのオタマジャクシがイッパイ ちょろちょろとしっぽを振りながら泳いでいた。 
 子ども達は長靴をはいて、でもパンツまで泥水でビチョビチョになりながら、オタマジャクシを追いかけた。
 時々、牛小屋の牛が もぉぉぉぉぉぉ~~~~っと のどかに啼(な)いていた。



 住宅地のところどころに こんもりした小山に手付かずの林が残っていた。
雑木林。 どんぐりの木がたくさん生えていて、 木と木の間には 子ども達が木をつかみながら斜面を這い上がっていく道。 ケモノ道のように 落ち葉がそこだけ はげている。
 冬の落ち葉はふかふかの腐葉土。湿気た独特の山の匂いに、色々な若葉、茎の匂いが混ざってくる。山椒の若芽がスゥっとした香り、ノッポの八手やクズの乳臭い香りが混ざってくると、もう春も盛りに入ったなぁと思う。


 山はどんどん目覚めて動き出す。 小さな虫が飛び交う。
人も山をそぞろ歩き始める。 足元に 白い和たんぽぽの花を見つけて喜ぶ。
山の道々、山菜や花や草芽を楽しむ。 木々の間切れ切れに海を眺める。
山頂で 神戸の街並みを見下ろして 神戸の潮交じりの山風を感じて爽やかになる。

ご夫婦で。友達同士で。 一人で。 グループで。
すれ違うと 「こんにちは~」と声をかけ合う。山で遇ったら自然に笑顔を交わす。
そういう風景が 神戸の春にはあった。 


 


今でも そうなんだろうか。


 



ブログパーツ


 


関連記事


街あるき | 23:00:00 | Trackback(0) | Comments(13)
コメント
こんばんは!midoriさん。

子供の頃、住吉川の上流に住んでいた私は一人ででも山登りをしましたよ。どこまでもどこまでも、岩なんかもよじ登って・・・・。そしたらガサガサってウズラを大きくしたみたいな鳥が走り去ったりしてビックリしたこともありましたっけ。

帰りはただ下るだけ。適当に下っていくとなんとなく見知った住宅地のどこかにひょっこり出てくることが出来ました。

最近、六甲山で遭難して冬眠状態になって奇跡的に助かった方がおられましたけれど、子供の頃知らずに結構危ない遊びをしていたんだなって思いました。

きゃ!(^O^)今日のmidoriさんに影響されて書いて見ました。
2007-03-18 日 00:04:01 | URL | 早坂 [編集]
牛小屋は見かけません(^_^ゞ
田んぼも下畑まで行かないとないでしょうか。

> 山歩き、という言葉は 神戸では散歩とイコールくらい、とても気軽で日常的な言葉。
この感覚は、今でも生きてると思います。
旗振山から毘沙門天へ下りてくる道の途中で、犬を連れたご年輩の男性とすれ違ったことがあるのですが、「犬の散歩で登ってるんか!」と驚きました。
毘沙門天の前の道は、塩屋台から駅への近道で使う人もいて、たまに鞄を抱えたサラリーマンと林の中で出くわしてびっくりします。
2007-03-18 日 00:06:20 | URL | ふくだ [編集]
◇早坂さん。
あらぁ。早坂さんも山登りしてましたか。
しかも住吉川って、私が小学校に入る前まで住んでた石屋川のお近くやないですか?
あそこら辺、山ゆうたらマジ六甲山でしたよね。
小さい頃にあそこら辺におったんで、つい私も山をなめてたんでしょう。先輩の結婚式に六甲山ホテルに行った帰り、真っ直ぐ山降りたら帰れるやん、この道知ってるし。思って降りていって、山ん中、だぁれも通りすぎんで、途中ヘビも見るし、ホンマ死にそうな思いしたことあります。
あ、このルート、もしかしてこないだそうなんしはった人の使こたルートかな?v-12

早坂さんのグルメ以外の話、スゴイ聞きたい!(爆
またジャンジャン書き込んでください。ここのブログ、半分位書いてくれはって構いませんよ~~~i-6
2007-03-18 日 01:02:41 | URL | midori [編集]
◇ふくださん。

牛は…私が中学あがる前に、牛小屋ごとどこかに消えてしまいました。小学校の南にあった鶏舎は、もうしばらくはあったと思いますが…

私も犬を飼っていたときはよく山に散歩に行ってました。今回は書かなかったですが…山に犬をつれて行くと寄生虫をもらうからよくない、というのを聞いたのは犬が亡くなってからです。でも、犬を連れて山に上がる人はたくさんいらっしゃるので、単なる噂だったのでは?と思ったり。

毘沙門の方に降りていく道。あの先の方は確かに朝夕の通勤にあそこを使われるでしょうね。山からスーツで下りてくるって、神戸ならではの風景ではないでしょうか。
(鎌倉あたりも神戸に似た地形で懐かしかったですが、あそこらあたりも山からスーツの人が降りて来そう)
2007-03-18 日 01:11:22 | URL | midori [編集]
◇早坂さん。
ウズラの大きくしたような鳥って、ヤマドリかhttp://kurogoma.blog1.fc2.com/blog-category-202.html
雉のメスっぽいのではないでしょうか?
http://yachoumu.web.infoseek.co.jp/kiji.htm

神戸も六甲の山に深く入れば雉の声を聞いたりした記憶があります。今私が住んでいるところでは耕作地や河原に雉が住んでいて時々綺麗な羽根のオスが飛んでいるのを見かけたりします。

山の中で生き物に出会うとビックリしますよね!
リスでさえドキドキしちゃいます。
2007-03-18 日 17:03:20 | URL | midori [編集]
わーーーーv-237私の見たのヤマドリやったんやv-322この時は従姉と一緒に道なき道を草掻き分けて前進してて、ガサガサ!だっだっだっだと走って生きました。振り返って従姉に「見たv-405?」って聞くと彼女は生唾の見込みながら黙ってうなずいたんですv-12。だから目の錯覚じゃないよね!って今まで思ってました。

イノシシv-533ならしょっちゅう見ます。大阪に住んでいた主人と初めてデートv-238した時も出ました。公園で。体操したりしているおじさんも、もちろん私も「ああ、イノシシv-533ね」ぐらいにしか思ってないのに主人一人「わ゛ーーー」ってベンチの上に立ち上がっちゃいました。「なにしてんの?この人」と思った記憶がありますv-411
2007-03-18 日 23:07:33 | URL | 早坂 [編集]
◇早坂さん。

あ、やっぱりヤマドリやったんや!ヤマドリって、意外に普通に出てきてビックリするよ!それでまた意外にでかいしi-183

>もちろん私も「ああ、イノシシね」
え!そんな感じ?神戸でイノシシ出る、ってテレビでも時々やってるけど、私はイノシシさんには出合ったことない。多分イノシシ出たら御主人と同じ反応すると思う…v-12
あああああ、こんなことからまた神戸人としてのアイデンティティーが崩れてゆく~~~~~i-282
2007-03-19 月 08:13:44 | URL | midori [編集]
イノシシv-533、旧新神戸オリエンタルホテルv-260(今のクラウンプラザ)のあたりなんかでも出ますよ。
もちろん東灘区では、天井川という人の入れない川の土手で群れなしてv-533v-533v-533v-533v-533昼寝している時も・・・。
エサをやる人が昔は多かったのですが、エサをやらないようにしてゴミもあさられないようにして最近ようやく少なくなってきたような気がします。
うちの主人はスーパーの袋を持って歩いていて、後ろから袋を押されて「誰や!?」って振り返ってらイノシシv-533だったv-399ってこともありましたv-411めちゃくちゃ可笑しいv-411
2007-03-21 水 22:58:51 | URL | 早坂 [編集]
イノシシが群なして昼寝って、それ、動物園みたいですやんねぇ。v-519
神戸、凄いことなってるんやなぁ。神戸人はイノシシをのらネコかのら犬位に思わなアカンネンなぁ。私もまだまだ修行が足りんなぁv-356
まさか、早坂さん、イノシシ捕まえて食べちゃったりしてないですよね?(爆
そ~言えば、東京の山の方って、結構猟をする人がいて、クマやら鹿やら、獲ってきたのをいただくこともあるんですけど、神戸は山で猟したりするのかな。あれだけ報道されてたイノシシたちって、駆除して食べちゃったりするような話、ないんですか?
ウチの近くのラーメン屋、以前は店の入り口に多分御主人が獲ってきたイノシシがさかさまになってよくぶら下がってたりしてたんですよ。あれにはビックリ…
2007-03-22 木 18:58:53 | URL | midori [編集]
v-533はどうやら保護獣みたいです。10数年前のことですけれど芦屋川で、麻酔銃で撃って山に返そうとしたことがありました。それを見物している人たちの間から「ナニ可哀相なことするねんv-412」ってかなりブーイング出てました。

確かに・・・うう~ん・・ノラ猫v-283みたいな感じかな?あ、少なくとも私には・・・・。こっちが騒がなければv-533何もしてきませんよ。奈良の鹿のほうが怖いかもv-411だからmidoriさんもすぐ平気になっちゃいますよ、きっと。

ラーメン屋にv-533!!客寄せ?だったのでしょうか!?
2007-03-22 木 23:56:58 | URL | 早坂 [編集]
猪、保護獣なんですか!そりゃ増えるわな。食べると美味しいんだろうけど…捕まえて食べるってわけにはいかないんだ…v-16
ラーメン屋にぶら下がってたのは、最初は客寄せかと思いました。スッゴイ目立つ。最近その店の前を通ってないんだけど、まだぶら下がってるんだろうか。すごく気になってきました。v-355
2007-03-23 金 17:50:00 | URL | midori [編集]
midoriさん、こんばんわ!
先におわびを。midoriさんのブログリンクしたつもりが、
先ほど気つきリンク貼りました。すみません。
鉢伏山、私も登った事ありますよ。
でも、一番多く登って遊んだのは、鷹取山ですね~。
六甲山もよく行きました。ポニーに乗りに(笑)
今でもポニー乗れるのかどうか分かりませんが。
ポニー乗ったあとは、レストランで、晩ご飯に、
ジンギスカン食べて帰るって、パターンでした(笑)

2007-03-23 金 22:19:54 | URL | ゆかり [編集]
素麺好きの◇ゆかりさん。
こんばんは~!v-411

リンク、すいません、ありがとうございます。
ゆかりさんちは私がブログ始めたばかりのころにリンクの意味もわからんとリンクさせてもらってたもんで…こっちこそお手数かけちゃって申し訳ないです。

鉢伏山に登るのは、意外に小さい頃遠足とかであるのかもしれんけど、高取山に登るのは地元の人か縦走の人やないとあまり経験しないのかな?と思ったりして。地元的にどんな感じなんでしょうか。
高取は高校の時、学校から近かったんで初めて登りました。鉢伏に比べるとでっかいなぁ、カッコええなぁ、と思ってました。デカイ神社はあるし。茶屋もあるし。v-365

六甲山の牧場も小さい頃よう行く場所ですね。私はあそこで羊と牛を見るんが好きでした。あの羊、ゆかりさんに食べられてたんかぁ?(爆
私はソフト(アイス?)クリームを食べてましたけどね。v-353
2007-03-23 金 23:06:24 | URL | midori [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。