■お知らせ
■『築地あるき』

楽天ブックでどうぞ~~!!

■ブログ内検索

■ユーザータグ
■こんな感じで書いてます
■最近の記事はこんなです。
■神戸で生まれ育って18年。

midori

Author:midori
今では東京暮らしの方が長ぅなってしまったけど、大好きな神戸にいまでもこだわりがあります。
山と海がないとね~
(本文中の写真はクリックすると少し大きくなります)




神戸の会社設立屋が送る神戸時計

■ブログ全記事表示
■RSSフィード
■コメントありがとうございます。
■とらばしてもらいました
■イカナゴのクギ煮アンケート!

イカナゴのクギ煮のアンケートにご協力ありがとうございました。 こちらの記事にまとめました。 イカナゴのクギ煮アンケート結果報告 これからも宜しくお願いします。

■いつもお世話になってます
■❤ New Entry

■ページランキング :2007.10~のエントリー

■過去記事2007年度

■FC2カウンター
■訪問中!

■リンクサイト

好きです神戸

■ネットショップ





スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
築地訪問一周年記念シリーズ携帯小説風その1:つきじろうさんとの出会い おまけは多け乃のカキフライ
思い起こせば去年の11月30日。
私は単身、築地初突撃したのだった・・・・tukizi

◆「そうだ 築地、行こう!①築地の魚は元気か?」 2007,12,2付
東京で暮らし始めて30年、ほぼ30年ぶりのお魚三昧な生活への記念すべき第一歩でした。

築地といえば、それまで2度ほど場外を観光的に歩いたことがあったけれど
場内に入れるということは、つきじろうさんの記事を拝見するまで知りませんでした。
ましてや場内仲卸で魚を買うことができるとは!

ブログを始めていなければ たぶん 知らずにいた世界。
ブログ、いや、インターネットを始める時に友達に言われた言葉を思い出します。
「世界が広がるよ」 と。

広がった広がった! 食べる魚の種類だけじゃなくて 人とのつながりも。

この1年の「築地でのmidoriのあゆみ」を振り返ることで
築地と、築地をきっかけにお知り合いになれた皆さんに感謝したいとおもいます。

ということで、築地とのおつきあいを携帯小説風に綴る「築地訪問一周年記念シリーズ」

その1 つきじろうさんとの出会い

神戸関係のブログ、ということで、ひたすら神戸へのノスタルジーで始まったウチのブログ。
最初は東京生活30年の主に食の恨みつらみの恨み節。
当時、神戸の現状を知りたくて神戸関係のブログを読み漁っていたのですが、
何度も訪ねるうちにコメントをさせていただいたり、していただいたりという関係が広がって行きました。
そのなかでも特に食べブログとして目を奪われたのが早坂さんの≪神戸っ子ゴハン≫。
毎回すさまじい量の見事な写真とともに、食べに行ったお店のシェフに、次のお店を紹介してもらうという
「ザ・シェフリンク」という特大ホームラン企画がはじまっており、これがまことに面白い。
お店の紹介を拝見していると、私の好きな食べ物が実にオイシソウに満載なわけですよ。
「次に神戸に帰った時はぜひこのお店に行ってみよう」
掲載の度にチェックをしながら読んでました。

そこにあるとき掲載された記事が、私の築地行きを運命づけることになるとは・・・
◆≪神戸っ子ゴハン≫ 【番外現地レポート】神戸ディープB級グルメ地帯を行く!「世界一」のソバメシ&ぼったこ!~神戸・長田「お好み焼 ゆき」 2007.1.29

神戸・長田のお好み焼き「ゆき」さんに早坂さんはじめグルメお仲間と訪れたつきじろうさん。
「ゆき」の名物そばめしを作るおばちゃんの動画をアップされたのですが、
おばちゃんのコテさばきがあまりに感動もので。懐かしさとソースの香りまでしてきそうな動画。
◆≪春は築地で朝ごはん≫ 「神戸ツアーSP【そばめし編】」 2007.1.24
つきじろうさんがどのような方なのか ≪春は築地で朝ごはん≫がどのようなブログなのか
よくわからないまま、とにかく感動してコメントしたのが midoriとつきじろうさんのコメント「初からみ」。
そうそう、この頃はまだつきじろうさんのHNもtsukijigoだったのですね。

その後 ≪春は築地で朝ごはん≫を拝見するようになり、築地に猛烈興味がでてきたわけです。
なんといっても お魚が美味しそうだし。
上京以来30年、おいしいお魚になかなか巡り合えないストレスがもしかして解消されるのでは? 
東京におるんやし、築地に行ってダメならあきらめられるやん。
そうだ 築地、行こう! と。

≪春は築地で朝ごはん≫には築地の地図はあるし、
食べ物屋さんの情報は整理されてるし詳しいし、
いろいろなところを拝見しているうちに、ついにつきじろうさんに直接ご相談メールを。

こんな積極的な娘(こ)じゃなかったのに・・・わたし・・・

お会いする具体的な話が進んだのは、なぜかというべきかやっぱりというべきか、食べ物関連記事での公然告白・・・
◆≪春は築地で朝ごはん≫ 「豊ちゃん7」2007.10.13付
シーズンがら、「あたまのっけなの?そうじゃないの?どっちがいいの?」
カキ話に食いつくmidori・・・

でも結局、つきじろうさんに伺ったお話を頼りに 急きょ単独築地に突撃することに。
12月に入ると築地は混む という、つきじろうさんのアドバイスが背中を押してくれたのでした。

つづく?(*^_^*)
続きを読みたい方はぜひとも人気ブログランキングの応援よろしくお願いネッ❤

きょうのおまけ

多け乃のカキフライ
多け乃のカキフライ
<単品750円。隣の人も、後ろの人も、あとから来た人もみなカキフライだった>
カキフライ?
<多け乃のカキフライは牡蠣がいくつ入ってるのかわからない。小ぶりだけど臭みのないジューシーな牡蠣がつまった、クリームコロッケのような形状は、今年初牡蠣にふさわしい風格と気品を感じる>
多け乃  中央区築地6-21-2  ℡03-3541-8698   日・祝休み



ブログパーツ
関連記事


築地 | 00:19:19 | Trackback(0) | Comments(4)
コメント
どもども。回想モードの冒頭に登場させていただき恐縮です(笑)。
最初は、ワタシが築地にご一緒しましょうと言いつつ実際には
モタモタしてたので(笑)、midori様が待ちきれなくなって単身突撃
なさったのですね~☆ (いやぁ、申し訳ないです!)
 
思えばワタシ自身が築地へ行くきっかけになったのは、一冊の本との
出会いでした。築地王こと小関様のご著書、「築地で食べる」。

それが昔ならファンレターでも書いて終わり・・・になるところ、
ネット時代って素晴らしいですね!、すぐに掲示板をつかって
リアルタイムの「生きた」コミュニケーションができるんですから。
おかげで、ワタシも現在の楽しい毎日に続いています。

そういや早坂様のとこで初めてワタシが反応したのは、たしか
食べ物ネタじゃなくて芦屋のイノシシネタでしたっけ。

んで、midori様のとこでも主に反応したのは六甲山ネタとか(笑)
 
ともあれ引き続き、懲りずによろしくお願いしま~す(笑)
2008-11-02 日 09:12:44 | URL | つきじろう [編集]
わ!
ケータイ小説風回想録の登場人物としてご紹介くださいまして、お褒めくださいまして♪ ありがとうございますm(。。)m
そうそう!v-533v-533v-533でした。六甲山縦断と・・・。
そしてmidoriさんのブログがなぜかグルメブログへの道を・・・?

思えばワタシが築地に興味を持つようになったのは、つきじろうさんのブログの美しく美味しそうなお魚たち・・・。
で、念願の築地初訪問で、midori姐さんとお会いして・・・もうすでにmidori姐さんは築地人として溶け込んでおりました~!!
2008-11-02 日 10:41:05 | URL | 早坂 [編集]
出会いは大切です!
◇つきじろうさん。

1年前には考えられないほど築地にどっぷりな生活。それもこれもすべてつきじろうさんとの出会いから始まったのでした。
ほんとうにお世話になりっぱなしです。ありがとうございますm(__)m

つきじろうさんも築地王さんとの出会いがあっての築地だったのですね。

ネットでの出会いが現実の出会いになるには、やはり偶然というか、運命もあったと思うんです。
そういえばこの時期の六甲縦走を思い出して記事を書いていたら思いがけず(笑)つきじろうさんとの交流が深まって、それが築地行きに発展したのでした。
六甲のイノシシv-533がキューピット、ということになるんでしょうか(笑
あ、いやその前にクリオネ族の族長が・・・(超感謝です!早坂姐!

相変わらずな私ですが、これからもどうぞよろしくお願いいたします!(#^.^#)
2008-11-02 日 20:37:20 | URL | midori [編集]
姐さん。。。
◇早坂姐。

おもえば、ブログを始めたばかりの私が恐る恐るネットをよちよち歩き始めた頃、どうにもこうにもかぶりつきじゃないと嫌!このお姐さんとおしゃべりしたい!と、小心者の私の心を溶かし、恐るべき積極性を引き出してくださった姐さんがおられなかったら、今のこんな私になっちゃってはいなかったと、これは本当にそう思って感謝どころではない、もうなんといいましょうか、私のへその緒を切ってネットの世界に導きだしてくださったお産婆さんでもあり、産みの母でもあり、そして大海の神ポセイドンのような父でもある姐さんを、限りなくお慕い申し上げております。m(__)m

好きな人のまねをしたいと思うのはちいちゃな子の素朴な思いで、知らず知らず私んちも食べ物ブログになって来ていますが、やっぱり姐さん、つきじろうさんには絶対なれない。
私はやっぱり私なりの家を作っていかなくちゃな、と。
そういう意味で今回、1年のまとめ的にやってみたいなと思いました。

これからもどうぞどうぞ、よろしくお願いいたします。
ケータイ小説ってのは実は読んだことないんですけどね(^_^;)
ちゃんとケータイ小説になるんかなぁ?これ(笑

2008-11-02 日 20:50:20 | URL | midori [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。