■お知らせ
■『築地あるき』

楽天ブックでどうぞ~~!!

■ブログ内検索

■ユーザータグ
■こんな感じで書いてます
■最近の記事はこんなです。
■神戸で生まれ育って18年。

midori

Author:midori
今では東京暮らしの方が長ぅなってしまったけど、大好きな神戸にいまでもこだわりがあります。
山と海がないとね~
(本文中の写真はクリックすると少し大きくなります)




神戸の会社設立屋が送る神戸時計

■ブログ全記事表示
■RSSフィード
■コメントありがとうございます。
■とらばしてもらいました
■イカナゴのクギ煮アンケート!

イカナゴのクギ煮のアンケートにご協力ありがとうございました。 こちらの記事にまとめました。 イカナゴのクギ煮アンケート結果報告 これからも宜しくお願いします。

■いつもお世話になってます
■❤ New Entry

■ページランキング :2007.10~のエントリー

■過去記事2007年度

■FC2カウンター
■訪問中!

■リンクサイト

好きです神戸

■ネットショップ





スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
深大寺そぞろあるき≪鬼太郎茶屋≫昔ながらの蕎麦屋などなど・・・
ちょっと脱線して深大寺で出会ったものなどご紹介。
鬼太郎茶屋

まずは≪鬼太郎茶屋≫。 →HP
「ゲゲゲの鬼太郎」の作者、水木しげるさんは、鳥取県境港の出身なのは有名ですが、
現在は東京都調布市、そう、深大寺のある街にお住いです。(水木しげる→ウィキペディア
ということで、深大寺に「鬼太郎茶屋」が2003年10月にオープン。
深大寺は久しぶりのナビ嬢も私も、鬼太郎茶屋は当然初めて。
ラッキーなことに私たちが訪れた「そば祭り」の日は入館料無料だったので
もちろんそそくさとご利用。
ね、ねずみ男?ネズミ先輩?

古い民家を利用した展示は、鬼太郎が本当に出てきそうな雰囲気だけど
お化け屋敷のオドロオドロシサはなく、家のあちこちに仕掛けられた「すき間」のような所に
妖怪たちが人懐こそうに顔をのぞかせている。
目玉おやじ様~~~
ん?なんだ?


ちょうど水木さんが調布の街を描かれた原画が展示されていた。
太っ腹ギャラリー

撮影OKの太っ腹に飛びついて 素敵な原画を激写。

ぬりかべ

なんだかとってもいいゑでしたぁ。。。。。(シミジミ感動
水木しげる的調布の街。。。

             ********

ナビ嬢、久しぶりの深大寺があまりに昔と様子が違っているのでびっくりして
以前の面影を求めて しばらくさまよう。

昔ながらの蕎麦屋が 深大寺の奥にひっそりと今でもたたずんでいるのを発見。
ここが昔からある蕎麦屋。

木立の中に立つ蕎麦屋は檜皮ぶきの屋根が苔むして、
写真ではわかりづらいけど軒が低くて とてもレトロ。とても江戸風情。
玉乃屋
いや~味がありますなぁ。。。。
今度きたら絶対このお店に入ってみたい。。。。。

軒が低い。。。

                  ********

深大寺のお隣は「神代植物公園」。  →公式HP
こちらのバラ園はとても広くて見事ということで、この時期多くの観光客が訪れる。
私もずいぶん前に秋のバラを見に来たことがありました。
広い野原の真ん中にパンパスが見事に穂をたなびかせていたのを思い出します。
→神代植物公園のパンパスグラス
パンパス・・・・塩屋小学校の運動会、いつも白い大きな穂が校庭の崖にそびえていたのを思い出すなぁ…
塩屋小学校パンパス2007秋
<神戸・塩屋小学校のパンパス 2007年9月撮影>
今でも同じ場所にパンパスが生えているんですよ。
40年以上、塩屋小学校の運動会を見てきたんですね。
(写真左側に見える影。まだ穂が白くなっていない。
今年もまだ生えていたら、きっと今ごろちょうど真っ白になってたなびいている頃です。。。)

ということで、深大寺ちょっと散歩。
お天気さえ良ければ一日楽しめる場所ですね。
ぜひぜひ一度足をお運びください!そして、お昼はお蕎麦食べてね~~~ヽ(^o^)丿

鬼太郎も大好きな人気ブログランキングへ~!m(__)m

ブログパーツ
関連記事


街あるき | 17:06:23 | Trackback(0) | Comments(4)
コメント
昨日はどうも!
今日、天気いまいちでしたが行って来ましたよ~!
まさに行って来たばかりの『鬼太郎茶屋』!
調布の駅前の漫画の原画!そしてその調布駅の
昔の写真!懐かしい~
まだパルコが立つ前の写真!自分が小学生頃でしょうか?

深大寺も何年ぶりかなぁ~
結構変わってましたね!
知っている人ももういませんでした!
考えてみれば20年の月日がすぎているもんね!
結局、一休庵さんでザルとそばがき食べてきました~
そばがき最高~
2008-10-26 日 16:37:31 | URL | リーゼント史朗 [編集]
こそーり。。。
 大きな声では書けませんが、ふたこま目の写真を見たときに、「あれ、なんでつきじろうさんが写っているんだ?」と言う言葉が、頭をよぎりました。










 逃げろーーーーーーーー
2008-10-26 日 17:04:47 | URL | 八面大王 [編集]
深大寺、ずいぶん変わってたでしょう?
◇リーゼント史朗さん。

昨日もお会いしましたね~!
深大寺にいらっしゃる予定、と伺ったので
大あわてで記事をアップしました。
ちょっと間に合わなかったかな?(*^_^*)

深大寺、ものすごく変わったでしょう?
私もナビ嬢ももう仰天ものでした。
調布の駅の辺もずいぶん変わったんですね。
水木さんの絵もとても味わい深くて素敵でした。
もう一度ゆっくり拝見したいなぁ。。

一休庵さんの、特にそばがきは、もう、本当に一度体験してよ~~って言いたいですね~~!(^_-)-☆
私もまた食べに行きたいです!(^○^)
2008-10-26 日 19:01:39 | URL | midori [編集]
うわぁ、逃げなきゃ~~!(*^_^*)
◇八面大王さん。

おお。それは私も・・・(ヒソヒソ
つきじろうさんは桃屋ののり平さんそっくり
CMhttp://www.momoya.co.jp/museum/cm/50-60/
と思ってたんですけど、ということは
桃屋ののり平さんはねずみ男と・・・



逃げろ~~~v-30
2008-10-26 日 19:09:50 | URL | midori [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。