■お知らせ
■『築地あるき』

楽天ブックでどうぞ~~!!

■ブログ内検索

■ユーザータグ
■こんな感じで書いてます
■最近の記事はこんなです。
■神戸で生まれ育って18年。

Author:midori
今では東京暮らしの方が長ぅなってしまったけど、大好きな神戸にいまでもこだわりがあります。
山と海がないとね~
(本文中の写真はクリックすると少し大きくなります)




神戸の会社設立屋が送る神戸時計

■ブログ全記事表示
■RSSフィード
■コメントありがとうございます。
■とらばしてもらいました
■イカナゴのクギ煮アンケート!

イカナゴのクギ煮のアンケートにご協力ありがとうございました。 こちらの記事にまとめました。 イカナゴのクギ煮アンケート結果報告 これからも宜しくお願いします。

■いつもお世話になってます
■❤ New Entry

■ページランキング :2007.10~のエントリー

■過去記事2007年度

■FC2カウンター
■訪問中!

■リンクサイト

好きです神戸

■ネットショップ





スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
垂水廉売市場 * なまこ

  年末も29日になると、そろそろ正月の買出しも大詰めとなる。
ウチは小さい頃(小学校はいるまで)は灘区に、小学校から垂水区に住んでたので、それぞれの場所で年末の買い物に行く場所が違ってた。

 灘区にいた頃、そして垂水区に引っ越してしばらくは、年末の買い物というと、兵庫の湊川商店街に行っていた。ここは、神戸の台所、と銘打たれてるように、ほんまに長い商店街で、アーケードも高くてスペシャルな場所やった。
 年末の湊川は人でごった返してた。 魚や野菜や、餅やしめ縄や、ありとあらゆる正月商品を見定めるおばちゃんおじちゃんでいっぱい。 人ごみで親とはぐれると冗談なくヤバイと 子ども心に緊張感あふれる市場やった。
 大人になってから京都の錦市場に行った時、湊川のほうが通路が広くて、(車がすれ違えるくらいの広いところもあった)アーケードが高~い感じがした。錦は意外と狭いんやなぁ、と思ったんを覚えてる。


 垂水区に引っ越してから、親が地域の人に教えてもらったんやろう、垂水の駅からすぐのところにある、こっちは湊川と比べると天井は低いけどやっぱりアーケードの、垂水廉売市場に行くようになった。
 湊川商店街が東京でいうと北区の十条銀座商店街 みたいな感じやとすると、垂水廉売市場は一区画のなかに商店が密集するタイプ、吉祥寺のハモニカ横丁の道幅をもう少し広くしたかんじ。
この垂水廉売市場は、年末以外にも時々買い物に行った。三ノ宮、元町に出るまでもない、日常使いのものが垂水ではほとんど手に入ったので、近隣住民は結構垂水で買い物をしてた。
20061229230345.jpg
 垂水の駅を降りて、先ごろ閉鎖になったダイエーの裏手、廉売市場の入り口が店と店の間にさりげなく開いている。
 そこ以外に出入り口は4箇所はあったろうか。中に入ると左手、右手にと道が枝分かれしていく。先でまたもとの道に戻るところもあるし、そのまま他の出口に出てしまうところもある。しばらくなれないとちょっとした迷路のよう。
 普段はいろいろな種類の鰹の削りたてがガラスのショーケースの中に沢山たまっている、前を通ると つばが出て仕方がない かつおぶし屋さんや、もみ殻の上に綺麗に山積みされた卵を、十個ずつ新聞紙でクルクルッと巻いてあっという間に卵ケースの大きさに包んでくれる玉子屋さんや、私の大好きなニンジンの間引き菜を売ってる八百屋さんや、もちろんピンピン跳ねてる魚を売ってる魚屋さんも何軒も。 茹で麺をすだれの上にオイシそうに盛って売っている大好きな麺屋さんに、鯨の肉を何種類も置いてある、角っこの渋い鯨屋さん。肉屋さん、雑貨屋さん、総菜屋さん…20061229230403.jpg

 年末、こちらの市場も人出がすごかった。
この市場は通路が湊川ほどもないから、ショーケースの前に何人も順番待ちの大人がいて、その後ろをすり抜けるようにして歩くようなところは、親の手を離すとほんまに迷子になりそうで怖かった。 アーケード、というよりも天井が完全に光を通さない屋根なので、 市場の中はいつも室内のように 電燈がついている。 人ごみで大人に電燈の光を遮られた子どもは、夜祭りの屋台の間をぬって連れまわされているような感覚だった。 親についていくのが必死だった。

 そんな買いもんの最中。母が必ずその前で ひたっ!と立ち止まる店があった。
正月の海産物を売ってる店。 その店先に置いてある、母の視線の先には…

ホーローのバットの中に、ホーローのバットの形に添って四角い棒のようになってるなまこ

 これは嫌いやった! うちで私一人が食べれん。他の家族はおいしそうに食べるんや、これがまた…
なんでなまこ買うんよ、おかぁさん!

 その、だいっ嫌いななまこ、母がしばらく物色して、「これ!」ゆうて指差すと、おっちゃんがその指差されたなまこを … もちあげると
き … 
気色悪いことに、なまこは 柔らかそうな見てくれとは正反対に、
カッチンコッチンに固まった棒状のままビニール袋へ…


うげげげ~~~!


私がどんだけ嫌がっても、 母は必ずそこでなまこを買った。
年末の 買出しから帰ったその日の食卓には なまこが刻まれて酢の中で泳いでいた…
もちろん、私一人がなまこを食べれずせつない思いをしていたことを 母は知るよしもない。


【垂水廉売市場】 の場所は こちら  現在の廉売市場内のお店については こちら 

【湊川神社・湊川商店街】 楠公さん(湊川神社)の迎春準備の写真と共に。 須磨人さんのブログ≪迎春準備~湊川神社≫より。 


ブログパーツ
関連記事


街あるき | 22:00:00 | Trackback(0) | Comments(8)
コメント
れんば市場
子供の頃は、廉売なんて意味わからないから、れんば市場って言ってました。黒い点がびっしりついた、回転する蠅取紙をずっと眺めていたもんです。今日垂水に帰ります。
2006-12-30 土 09:46:22 | URL | nr [編集]
神戸で美味しいもんを!
『れんば』 ゆうてはったんですね。
垂水の地元の人、ゆう感じします。かっこええなぁ。
これから私も 『れんば』 言お。
私は駅が垂水ちゃうかったんで、垂水ゆうたら繁華街、憧れでした。
中学行く頃にはたるせんの本屋に入りびたってました。(文庫本立ち読みしてもなんも言われんかった)
今でも神戸帰ると廉売市場行きます。

nrさんも、神戸でお正月ですね。ええなぁ。
美味しいもん沢山食べてきてください。
私も年明け早いうちに帰りたいと思ってます。
よいお年をお迎えください。
2006-12-30 土 09:53:54 | URL | midori [編集]
はじめまして
さいとうさんのブログから来ました。
灘区にも住んでいましたが、現在垂水在住です。
廉売市場の記事を見て嬉しくなりました。
また寄ります。
http://d.hatena.ne.jp/MSHIBATA/
2007-01-10 水 15:23:11 | URL | MSHIBATA [編集]
MSHIBATAさん、こんにちは。
メッセージありがとうございます。
私も小さい頃灘区に住んでいました。
今は垂水にお住まいなのですね。
廉売市場、私の市場の原体験かもしれません。今でも神戸に帰る時は出来るだけ寄るようにしています。
廉売市場、今は随分シャッターが降りたままのお店があるようですね。寂しいです。

たるせんも随分変わってしまいましたね。(今は名前も変わったのでしょうか)あそこのスーパーにも寄ります。ダイエーがパチンコ屋になったと、つい先日友達からの情報で知りました。

これからもよろしくお願いします。
2007-01-10 水 17:25:35 | URL | midori [編集]
たるせん
山陽の方はMOLTIという名前になっています。
JR側は別の名前でリベント?だったかな。
http://d.hatena.ne.jp/MSHIBATA/20051213/p1
2007-01-10 水 18:07:44 | URL | MSHIBATA [編集]
たるせん!
私はたい焼き、あんこ系はイマイチですが、JRの側のカスカードやったか、パン屋さんにはよう買いに行かされました。あと、本屋は立ち読み専門で随分読ませていただきました。(笑

力餅も懐かしいですね~!
懐かしい、という事は今はもう…という事ですね~(涙
2007-01-10 水 19:04:22 | URL | midori [編集]
力餅@垂水商店街
垂水商店街の力餅は健在ですよ。
http://ha6.seikyou.ne.jp/home/osarukun/zatuwa5kobe.htm
2007-01-10 水 21:16:07 | URL | MSHIBATA [編集]
力餅って、たくさんあるんですね!
垂水の力餅でご飯食べたの、そういえばもう随分前になると思います。最近はお好み焼きにはまってるんで…
力餅さん、まだ元気にやってらっしゃるんですね。懐かしいです。あのなんとも言えず暖かい居心地が好きでした。

駅前が随分変わってしまって、垂水もなんだかよそよそしい町になってしまったと思ってました。魚屋さん、減っちゃったし。

垂水、頑張って欲しいです。
2007-01-11 木 23:44:24 | URL | midori [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。