■お知らせ
■『築地あるき』

楽天ブックでどうぞ~~!!

■ブログ内検索

■ユーザータグ
■こんな感じで書いてます
■最近の記事はこんなです。
■神戸で生まれ育って18年。

midori

Author:midori
今では東京暮らしの方が長ぅなってしまったけど、大好きな神戸にいまでもこだわりがあります。
山と海がないとね~
(本文中の写真はクリックすると少し大きくなります)




神戸の会社設立屋が送る神戸時計

■ブログ全記事表示
■RSSフィード
■コメントありがとうございます。
■とらばしてもらいました
■イカナゴのクギ煮アンケート!

イカナゴのクギ煮のアンケートにご協力ありがとうございました。 こちらの記事にまとめました。 イカナゴのクギ煮アンケート結果報告 これからも宜しくお願いします。

■いつもお世話になってます
■❤ New Entry

■ページランキング :2007.10~のエントリー

■過去記事2007年度

■FC2カウンター
■訪問中!

■リンクサイト

好きです神戸

■ネットショップ





スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
丹波の黒豆

おせちに入れる黒豆。 (ウィキペディア)
黒豆は丹波がええですね~。

 神戸で黒豆、ゆうたら やっぱり丹波のが最高級
。 たぶん、高いんやと思う。
ウチの母が毎年年末にお友達と黒豆煮てたんですけど、あるとき、「今年は○○さん(母の友達)が丹波の黒豆が手に入ったからゆうて、分けてくれるねん」 ゆうて、大切そうに煮てたんを思い出します。
 当時まだ小学生やったから、黒豆なんかあんまり美味しいとも思わんし、(どうせなら黒豆減らして栗きんとん増やして欲しいと思ってた) そのありがたみもよう解らんかったけど、確かにその年の黒豆は、今までになくめっちゃでかかった。 黒豆、ゆうより、福豆くらいの大きさに思えるくらいのでかさやった。(実際にはそれほど大きかったかはわからない。でも、子どもの目にはそれくらい違って見えた)
 丹波の黒豆やったんは多分その時位で、次の年からまた普通の黒豆になったように思う。
でも、母はその友達と毎年、この時期になると黒豆の皮にしわがよらんように、細心の注意を払って鍋を見守っていた。


そんな丹波の黒豆。全国的に有名なんや、ゆうことを知ったんは、東京来てからです。
丹波は神戸の奥、兵庫の町やからね、ただちょっと神戸やら関西辺では有名なんかな、と思ってたものが、実は全国区やった、ゆうことに気付いて すごい嬉しかったもんです。


 丹波は黒豆のほかに、つくね芋、栗が有名。
もともと京都に近くて、上質な農産物を納めてたんが、丹波の名前を押し上げてるところもあるんかも知れませんね。京都で認められるいうことは、京都の長い歴史の中で最上物のお墨付きもらうようなもんやったろうからね。
 丹波出身の知人によると、寒暖の差が激しいことや、盆地で霧が深いことなども、豊かな農産物を育んでるんやろう、ということです。

 実際に丹波の黒豆、他の黒豆と種類が違うんやろうか、思うくらいにダントツに大粒。丹波黒とも呼ばれて、特別に扱われているようです。丹波の黒豆は大粒なので、『ぶどう豆』 とも呼ばれているようですね。それくらい大きいという事でしょうね
 ≪丹波黒大豆≫ はふっくら煮上げると ねっとりした舌触りに とろけてしまいます。

 私は母みたいに黒豆煮たりしませんが、今はすっかり黒豆好きになり、年がら年中黒豆のパック売りを常備しています。 これだけ食べるんやったら 普通は自分で煮たほうが得なんちゃうかと思うんやけど、こと黒豆に関しては 母たちが煮てるんをみてて、自分で煮ようとは思わんようになりました。
 母は結構マメで神経質な性質やったんもあると思うんですけど、一度黒豆を煮出したらほんまに黒豆一色の生活になるんです。なんでも火加減がすごい難しいとか。それでやと思うけど、出来上がった黒豆はいっつもぷっくり膨らんでて、甘い汁がじんわりしみこんでて、まぁ、それなりに美味しくできてました。 なんといっても、一緒に作ってる母の友達の黒豆ももらうと (多分ちょっとずつ交換してたんやと思う) 必ず皮にシワが寄ってたし、中は何となく硬くて、そうでなくてもあんまり好かんのに、こちらのは申し訳ないけどほんまに箸が進みませんでしたから…


 私は母の友達とキャラ被ってるんで、多分黒豆は煮れん…と、自己判断してるんです。
それでも黒豆食べたい。 いろいろ市販のを食べてみたけど、一番自分に合ってたんはフジッコの丹波黒黒豆です。 これは甘みも控えめ。ちょっと醤油の味がきいてて、母が煮てたんと似てるんで、好きです。
 なんといっても普通のスーパーで売ってる。普段はちょっと値段が高いんですけど、時々安売りする。このときに買占め。
 注意せなあかんのは、 年末、そろそろ正月の買い物せなあかんなぁ、と思ったときにはこの普通のパックがなくなってしまうこと。 全部プラスチックケースに入った、正月仕様になってしまって、値段も普段の2倍~3倍です。中身も違うんやろうケド、私は普段のパック詰めので十分なんで、普段の買いだめはかなり重要なんです。



丹波 : 京都の丹波(京丹波町)もあるけど、今回のは兵庫の丹波篠山を念頭にしてます。
       松茸、タケノコで有名なんは京丹波、和牛で有名なんは兵庫の但馬。兵庫県は
       瀬戸内海から日本海までと~っても広いです。


*黒豆高野豆腐 : 以前、兵庫物産を扱ってる 『ひょうごふるさと館』 で黒豆の高野豆腐を
       買ってましたが、今はもうないんやろうか。普通の高野よりきめ細かくて味も濃くて、
       好きやったんやけどなぁ…


【追記】 hirokunさんが自宅で作られるという黒豆、あまりに見事で、あまりに簡単そうなのでトラックバックさせていただきました。 じつは私も今からhirokunさんの方法にチャレンジです!



ブログパーツ
関連記事


神戸 | 22:22:22 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。