■お知らせ
■『築地あるき』

楽天ブックでどうぞ~~!!

■ブログ内検索

■ユーザータグ
■こんな感じで書いてます
■最近の記事はこんなです。
■神戸で生まれ育って18年。

midori

Author:midori
今では東京暮らしの方が長ぅなってしまったけど、大好きな神戸にいまでもこだわりがあります。
山と海がないとね~
(本文中の写真はクリックすると少し大きくなります)




神戸の会社設立屋が送る神戸時計

■ブログ全記事表示
■RSSフィード
■コメントありがとうございます。
■とらばしてもらいました
■イカナゴのクギ煮アンケート!

イカナゴのクギ煮のアンケートにご協力ありがとうございました。 こちらの記事にまとめました。 イカナゴのクギ煮アンケート結果報告 これからも宜しくお願いします。

■いつもお世話になってます
■❤ New Entry

■ページランキング :2007.10~のエントリー

■過去記事2007年度

■FC2カウンター
■訪問中!

■リンクサイト

好きです神戸

■ネットショップ





スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
寺門孝之ミュージァム@表参道/神戸ゆかりのアーティスト

kaidan     
いよいよ10月!芸術の秋!!! 皆様いかがお過ごしでしょうか。(*^_^*)

今年の秋、東京にはミレイの「オフィーリア」が来ております。
Bunkamura →ジョン・エバット・ミレイ展HP
わたくし、midoriも 行ってまいりましたよ。 「オフィーリア」に会いに。

ミレイの「オフィーリア」に出会って 「オフィーリア」を同じ構図で描いた画家がいる。

神戸出身の画家、 寺門孝之さん。

寺門さんも先日、今回のオフィーリアに会ってきたそうだ。
◆「オフィーリアに会いに」 2008.9.12付
≪てらぴかのえんがわToday's Terapika≫ 

東京、表参道。

寺門ミュージァム5階

  

「赤道のオフィーリア」  by寺門孝之
赤道のオフィーリア



今年の7月表参道に新しくオープンしたミュージァム。 
寺門さんの絵が常設されています。
その名もズバリ、≪寺門孝之ミュージアム≫ 
→▼寺門孝之ミュージァム@表参道LEMONTREE▼ 北青山3-5-19
いろいろな出会いの先に こんな素敵なミュージァムが生まれたのだそうだ。
らせん階段をグルグル登っていく 秘密のたから箱のような 不思議空間に
寺門さんの絵が散りばめられている。

 

入口 kaidan


 4F egg


  kagami 4F


 
年4回ほど大きく展示替えする予定らしい。


********

 


寺門さんといえば関西在住の方には
大阪梅田のエスト→HPの絵で お馴染かもしれない。

私が寺門さんを 詳しく知るきっかけとなったのは 一枚のCDジャケット。
兵庫フィルが演奏する 佐渡裕指揮の 開幕の祈り (Amazonへ)
CDには とても大切に演奏された なじみ深いクラシックの小品が納められており 
鎮魂の思いが ひしひしと胸に迫る。
開設間もないこの空間が迎える「1月17日」の記事を このCDを流しながら書いたのを思い出す。
◆ もうすぐ あの日 ≪開幕の祈り≫  2007,1,14付


このCDジャケットが 銀座山野楽器のクラシック売り場に平積みにされている様は
そこに 天使の群れが フワフワ 浮遊しているようで ちょっと幻想的だった。

寺門さんが描いた天使だった。

CDに出会った後 実際に寺門さんにお会いする機会があった。
偶然にも同郷で同世代。
以降 いろいろなところで素敵な刺激を頂いている。

去年の「神戸ビエンナーレ」ではコンテナをタイムトンネルのような写真館に仕立てた寺門さんの企画に参加させていただいた。
◆ 【急募!】 時を隔てた2枚の≪神戸≫の写真 *タイムトンネル写真館@神戸ビエンナーレ* 2007,10,10付
◆ 神戸ビエンナーレ2007 の 風景 2007,11,12付

寺門さんは1993年に 活動拠点を 東京から 故郷・神戸に移した。
そのころのことを著書「TERAPICALOGY」(フェリシモ:1998)でこう記している。
-なぜ『天使』なんだろう?なぜ『イルカ』なのだろう?
僕の絵に「天使」が現れるようになったのは、93年の春、僕が東京から故郷・神戸へ生活の場を移してからだ。この街での生活が関係しているのだろうか?日々浴びるこの街に注ぐ光、目を通り過ぎるこの街の色、人々の色、交わす言葉…そんな様々が絵に天使のモティフを吹き込むのだろうか?・・・-

また、現在教授を勤めている神戸芸術工科大学のHPに以前、このような言葉を寄せている。
-(天使を描き始めたのは)北野のアトリエからです。神戸の光が独特で、どの色も均等に強く見える。陰が濃く出ないんです。そんな神戸独特の光から「天使」の絵なども生まれてきたように思えます。絵自体が発光している、そんな絵を描きたくなったのです。(神戸芸術工科大学;学長の部屋 より 2007.6.26付) -

北野のアトリエは1995年に被災。 その後も神戸での活動が続いていたが
3年前(2005年)に 神戸から再び東京に移動。
今は 東京と神戸を行き来する生活が続いているそうだ。
(なお、創作の変遷について、今年の8月に掲載された同大学「学長の庭」というサイトにも詳しい。
≪第1回「学長の庭」2008.8.4付≫


実は先日アップした「ゲージツの秋!東京が牧場に?!カウパレード2008」 2008.9.14付 に
寺門さんがペイントされた牛もいたのよ。カウパレード2008


                        ********

表参道は 私の「思い出の街」でもある。
18の時 受験で東京に来た時 ここからすぐ近くに3日ほど滞在した。

表参道の交差点。

青山通り



寺門孝之ミュージァムは青山通りに面したガラス張りのビルにある。

真ん中のビル


右端の入口から階段をあがって4階と5階がミュージァム。(出入り自由)

ビルの4・5階



ミュージァムの5階フロアから東京タワーが見える。
ここのソファに座るとのんびりネコのようにくつろぐ。
tokyo tower
増田屋&大坊珈琲店
ミュージァム向いに看板が出ている蕎麦 「増田屋 古道」(食べlog) 
以前は看板が出ている青山通りに面していた。
受験から帰って来てそこでお蕎麦を食べるのが楽しみだった。
二階の 「大坊珈琲店」(食べlog) は向田邦子さんが訪れていたお店らしい。
増田屋古道
大もりせいろ750円
増田屋古道大もりせいろ750円。


ところで、神戸で美術館 といえば 2007年3月、 六甲アイランドに
「神戸ゆかりの美術館」 が開館したそうですね!
http://www.city.kobe.jp/cityoffice/17/040/yukarimuseum/index.html
私はまだ行ったことはないけれど、神戸に帰ったらぜひ一度訪れてみたい場所。
チラシの絵を見ただけでも 神戸を感じさせてくれて ステキ。


神戸。 アーティストの似合う街。

東京・表参道からも 神戸の光を 発信中!

 


人気ブログランキングへ

ブログパーツ

関連記事


街あるき | 23:44:11 | Trackback(0) | Comments(8)
コメント
ええっ!
ゆかりの美術館なんて知りませんでした!ファッションミュージアムの中にあるのですね。。。5分ほどの距離なのに・・・ハイ、必ずや確認してまいります。
2008-10-02 木 08:58:48 | URL | 旦那in八丁堀 [編集]
神戸ファッションミュージアム!
◇旦那in八丁堀さん。

そうですって。できてたんですよ。
神戸はファッションも相当日本の中心だし、アートも盛んですものね。特に昔は神戸の港から海外に旅立ったアーティストも多かったようですね。
ゆかりの美術館は神戸在住出身などかなり濃厚に神戸ってるアーティストの展示が中心のようです。

ぜひぜひ確認してきてください~!(●^o^●)
2008-10-02 木 09:23:53 | URL | midori [編集]
No title
読まさせていただきました。
応援ポチッ!!!
2008-10-02 木 12:11:57 | URL | サトシ [編集]
応援ありがとうございます。
◇サトシさん。

いつもありがとうございます。
私は株のことはぜんぜんわかりませんが、
よかったらまた遊びに来てください!
2008-10-02 木 22:49:56 | URL | midori [編集]
きれい~♪
神戸の光は海からの贈り物ですね~♪
北野にアトリエを構えておられたころの「どの色も均等に強く見える。陰が濃く出ないんです」という言葉が印象に残りました。やっぱりそうだったんだ~って!
牛さんも確かに寺門さんの色ですね。
街を歩いていて思うことは・・・そんな格好じゃ神戸以外の街に行けないよ~って言いたくなるようなパステルカラーの服が多いことかな・・・。
隠居暮らしのワタシの父は毎日絵を描いているのですが、やはり明るいパステル調の色合いでモチーフは花やフランス人形です。
・・・やはり神戸ってユニークなのかしら(・。・?
2008-10-02 木 23:47:31 | URL | 早坂 [編集]
神戸の光。
◇早坂さん。

お隣の大阪ははっきりくっきりした色合いの街なのに、神戸に帰ると中間色が多いなぁといつも感じます。特に男の人が茶色、ベージュ、緑系の服、多くなるように思うんだけど。どうでしょう。
女性のパステルカラー&フリフリふわふわのお洋服(ついでに髪の毛もフワフワクルクル)も神戸っぽいですね。
神戸はちょっとファンタジーの中の街みたい?
関西弁やけどヽ(^o^)丿
2008-10-03 金 16:32:04 | URL | midori [編集]
関西弁やけど
ファンタジーなのに突然関西弁!そのギャップが面白いですね。いつだったか研修で神戸に滞在したことのある東京の男性が「なにしと~ん」って神戸の女の子が言うのに、もうメロメロになっちゃったって言ってました。神戸の女の子、甘えるのうまいですよね(^◇^m

男性は・・そうそう、秋になってベージュにちょっとピンクっぽい色のアクセントが入ったシャツとか・・・なによりハンチングが多いです。
昔、そのフリフリで急用があって梅田に行ったんです。そしたらタイトスカートだらけで、用事済ませて大急ぎで帰りました!心斎橋あたりだったら、なんとかなったかな~・・・(><;

そうそう、言い忘れてました!一枚目の写真。モダニズム芸術ですね!!
2008-10-04 土 00:44:13 | URL | 早坂 [編集]
カメラ買い替えますか(^v^)
◇早坂さん。

「なにしと~ん」でメロメロですか。チョロイなぁ(*^_^*)
明日から私も「なにしと~ん」連発してみよう(ちゃうちゃう(^_^;)

そうそう、男性にピンクのサシ色が入るのも神戸ですね。
全体的にヨーロッパっぽい。パンとかコーヒーとかステーキとか餃子とか(?)食べてるから神戸に人は半分くらいヨーロッパの血が流れてるのかもしれませんヽ(^o^)丿

>モダニズム芸術
って、芸術の種類?やった~!ついにクリオネmidoriにも芸術の秋がやってきた~!!!(●^o^●)
偶然出て来てくれたプリティな足のお嬢さんに、いつも狙ったタイミングとずれるウチのカメラちゃんがのぼせてタイミングよくシャッターをおろしてくれたので、思ったより面白くなりましたよ!早坂教授!ラッキーでした!
これからは教授のようにちゃんと狙って写せるよう頑張りたいとおもいます!これからもご指導よろしくお願いいたしますぅ~!!!
2008-10-04 土 13:15:51 | URL | midori [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。