■お知らせ
■『築地あるき』

楽天ブックでどうぞ~~!!

■ブログ内検索

■ユーザータグ
■こんな感じで書いてます
■最近の記事はこんなです。
■神戸で生まれ育って18年。

Author:midori
今では東京暮らしの方が長ぅなってしまったけど、大好きな神戸にいまでもこだわりがあります。
山と海がないとね~
(本文中の写真はクリックすると少し大きくなります)




神戸の会社設立屋が送る神戸時計

■ブログ全記事表示
■RSSフィード
■コメントありがとうございます。
■とらばしてもらいました
■イカナゴのクギ煮アンケート!

イカナゴのクギ煮のアンケートにご協力ありがとうございました。 こちらの記事にまとめました。 イカナゴのクギ煮アンケート結果報告 これからも宜しくお願いします。

■いつもお世話になってます
■❤ New Entry

■ページランキング :2007.10~のエントリー

■過去記事2007年度

■FC2カウンター
■訪問中!

■リンクサイト

好きです神戸

■ネットショップ





スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
築地魚河岸三代目  観ました。 読みました。
映画の喫茶店は

ウィっす! midoriですっ!

過去記事  
◆築地魚河岸三代目!いよいよロードショー!  2008.6.3

前回、【築地魚河岸三代目】の映画が封切りされる直前に記事を書きました。
関連グッズもいろいろ手に入れたんだよ~って
見せびらかしてもみました。

そんな私ですが
なんと
コミックスは未読でした。

で、とある日。 届いたのが これ。
三代目コミックス

築地魚河岸三代目 →Amazonに飛ぶ! 築地魚河岸三代目 (1) (ビッグコミックス)

いやぁ~。 面白いっす!
以前、「美味しんぼ」っていうマンガが流行ってましたよね。
あれより 身近な食の感じです。
スーパーや魚屋さんで売ってるお魚についてのいろいろな知識も面白いし、
料理方法も 比較的わかりやすく丁寧に載ってるし。

意外なことに 連載当初は特に 関西の魚について のいろいろが載ってて面白い!
私がこだわってるマナガツオ、ハモ、アマダイ、アナゴ・・・全部のってるやん!!!

マナガツオは東京じゃぁ銀色がはげちゃっていまいちな格好で売られてる…とか
ハモは関東じゃぁあまり食べないけど、それは骨切りできる職人がいないからだ…とか
アマダイは関西ではシロアマダイが人気・・・とか。


あああああ! もっと早く読んでりゃよかった!!!

なにより人情に厚い築地の人たちのなんやかやを描いてますから
うるるっときます。

そして 私が行きました映画館はこちら。 新宿歌舞伎町。
新宿

上映期間終了間近の平日昼間に行ってきたのですが
さすがに混雑してはいなかったが (笑
上映直前にはそこそこの入りで その顔ぶれがまた渋くてようござんした。(*^_^*)

ストーリーは原作と人物設定をかなり変更して、より映画っぽい設定になってましたが
それも原作の雰囲気を崩さないで しかも築地のよさを強めている感じがよかったなぁ。
全体に アクションやラブロマンスが抑え目なあたりもよかったし
人とのつながりを味わい深く描きながらも 築地の市場としての力強い躍動感もしっかり感じられて
とってもようござんした。

次回作が決定とのことで、今回作、いかにも「人物紹介」な感があったのはまぁ御愛嬌というかんじ。
唯一、原作でめっちゃかっこええ(私の憧れの)大旦那が
実は…というあたりが 私的にはちょこっと引っかかりましたけどね。(笑

これからの連作、期待しています!
もっとたくさんの人に見てもらえるといいなぁ。
派手さはないけど、 いい作品だったと思います。

映画館で見ると 築地の広大な敷地を体感できて 本当に築地にいるみたいでした。

つくづく思ったけど 築地って 現代版「三丁目の夕日」 だね。(*^_^*) →ALWAYS三丁目の夕日

この記事トップの写真は 映画のシーンで使われた喫茶店。
こちらのコメント欄に説明されているように、
映画の中で登場人物たちが集まって何度もミーティング?してる喫茶店は
築地の華僑ビルで営業していた≪ライライ≫という喫茶店。
→◆ LAILAI (ライライ) ≪春は築地で朝ごはん≫ 2008、
 ◆ 華僑ビル、築地の古いビル  ≪ゆる~り、ゆるゆると~≫ 2007.11.19付
 ◆ 華僑ビル 『喫茶LAILAI(ライライ)』の自家製ハンバーグ ≪ゆる~り、ゆるゆると~≫ 2007,11,23付

最後になりましたが、 築地からのたっぷりの愛、「築地魚河岸三代目」コミックスを貸してくださった
つきじろう様。 本当にありがとうございました。
私もこれは全巻そろえますね!!(^_-)-☆

注目! 映画の料理を一気掲載!   追記2008.7.17
≪平野文のDJ blog≫  で 映画で出てきた料理がみられます。
7月2日(水) 【映画】 にちなんだ料理 


人気ブログランキングへ

ブログパーツ
関連記事


築地 | 09:54:05 | Trackback(0) | Comments(8)
コメント
そうなんや!!
そうやったんや。そうなんや~v-406
マンガ、見たい読みたい!ですわ~v-393 え!?まだ売ってるんですか!!イェイ
あれでまだ、人物紹介に過ぎないんですかv-354 続編って?もうこれ以上に何があるのって思ってましたがv-364そうなんですかv-467やった~v-278
ライライの写真・・・ここって普通は入れないんですよね・・・はぁ~行ってみたい
2008-07-15 火 11:39:36 | URL | 早坂 [編集]
いやいや、これからでっせ。
◇早坂さん。

原作、ぜひ読んでみてください。
主人公のキャラも若干雰囲気違うし、まず人間関係がかなり違いますんで、映画とコミックスは兄弟作品みたいで二倍以上楽しめると思います。
お魚のこと、いろいろ書いてあって楽しいですよ!築地で実際今上がってきてる魚の様子とはちょっと違うみたいに感じますけどね。まぁ、マンガですからそこらへんは脚色とかもあるのかも。

ライライさんは一階は普通に通り抜けできました。
すごい古いビルです。
築地に行き初めてすぐ、すごく気になって写真何枚か撮ってたんで、今回アップしようと思って探したけど見つかんない。

そういえば、今年初めだったか、一度だけビルを覆ってた網が撤去されてて、「あら、塗装し直すのかしら」なんて思ってたけど、今思えばあれは映画の撮影のためだったんでしょうね(^_^;)
今は又網がかけられています。
ちょっと元町の旧居留地みたいな雰囲気ですよ~!
2008-07-15 火 13:11:18 | URL | midori [編集]
No title
どもども。映画版は、原作をお手本にしたアナザーストーリーって感じでしたね。

個人的にはもうちょっと築地ならではのディープなネタも欲しかったですが、マニアックになってしまうと一般のお客さんは見てくれませんから、まあコレぐらいでもいいかなと(笑)

とりあえず下町人情ネタと恋愛三角関係ネタで、シリーズ化への土台はしっかり固めてあるなぁと、苦笑半分ですがニヤニヤしつつ鑑賞した映画でした・・・☆

コミックのほうは、最初のほうで「新鮮なイワシは身が締まってて手で開けない」というのを私も実際に経験したので、なるほど!と一気に引き込まれました。

あと4冊、こちらの手元に残ってるので次回ぜひ・・・☆
2008-07-15 火 17:28:11 | URL | つきじろう [編集]
アカムツの。。。
◇つきじろうさん。

コミックスありがとうございました!
あれはやはり手元に置いて字引きのように使わなければ。(*^_^*)

ところで映画の中でアカムツが出てきましたが、トロ箱のなか、三匹は口を開いていて残りの二匹は閉じてた(反対だったかな?)は気になりませんでしたか?

あれは絵的には面白いんでしょうが、ちょっと不自然な感じがしました。

あと、ブリの見定め。
あんなに裸もなしで天日に魚をさらすなんて…
腐っちゃうじゃないか!と。
あの宴会場は普段立入禁止の場所なんですかね。
封切り前に大沢くんがテレビの宣伝番組で歩いていて気になってました。

いろいろ、いろいろ気になる映画でした。

新鮮な鰯は手で開けない。
神戸では有、ですよ(^_-)-☆
むしろ、手開きできるのは。。。って感じでした。

コミックス、今、娘が激読中です(笑
2008-07-15 火 22:00:13 | URL | midori [編集]
ドル箱・・じゃなかったトロ箱
私も印象的でした。アカムツ。絵的にきれいという演出でしょうか・・・それとも一本釣りを混ぜた・・・?

2008-07-16 水 00:13:41 | URL | 早坂 [編集]
ドル箱はいくらでも
◇早坂さん。

ドル箱、なんぼでもイタダキまっせ(^_-)-☆
アカムツは気になりますよね~
それに、あれだけ大きなアカムツってのもすごい値段張りそう、と気になりました。
今度お店で確かめてみよう。
2008-07-16 水 09:33:04 | URL | midori [編集]
No title
いや~ん!私も全巻欲しくなりました!!(全く読んだことないんですけど。)
やはり、本と映画では違ってくるんですね。映画は初日に友だちに付き合ってもらって・・・その友が今度の旅の友です。友は、大沢さんにうっとりしてましたよ。。。

いつの日かコミック買って、魚の勉強でもしようかな・・・(^^)
2008-07-16 水 21:32:13 | URL | プレッツェル [編集]
お友達!
◇プレッツェルさん。

本と映画では違うところが多々ありましたね。
どちらも楽しめました。
原作では高級魚も大衆魚もどちらも美味しい!いろいろなお魚がいるよ!ということがとてもよく伝わってきます。
魚の種類だけではなく、養殖魚や輸入魚、漁業全般の問題なども描かれています。

いやぁ、しかし、映画はやっぱ大沢君でしょう!(*^_^*)
私もうっとり~~~。
マンガの方で私のお気に入りは、映画には出てきてなかったけど、新宮三代目という人です!ヽ(^o^)丿
2008-07-16 水 22:09:25 | URL | midori [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。