■お知らせ
■『築地あるき』

楽天ブックでどうぞ~~!!

■ブログ内検索

■ユーザータグ
■こんな感じで書いてます
■最近の記事はこんなです。
■神戸で生まれ育って18年。

midori

Author:midori
今では東京暮らしの方が長ぅなってしまったけど、大好きな神戸にいまでもこだわりがあります。
山と海がないとね~
(本文中の写真はクリックすると少し大きくなります)




神戸の会社設立屋が送る神戸時計

■ブログ全記事表示
■RSSフィード
■コメントありがとうございます。
■とらばしてもらいました
■イカナゴのクギ煮アンケート!

イカナゴのクギ煮のアンケートにご協力ありがとうございました。 こちらの記事にまとめました。 イカナゴのクギ煮アンケート結果報告 これからも宜しくお願いします。

■いつもお世話になってます
■❤ New Entry

■ページランキング :2007.10~のエントリー

■過去記事2007年度

■FC2カウンター
■訪問中!

■リンクサイト

好きです神戸

■ネットショップ





スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
焼豚 (やきぶた)

 年末の買いもん、ゆうたら、いろいろありますけど、 前回のチョコつながりで 『神戸土産』 になるもんは、まずは焼豚(やきぶた)です。

 私がいつも買いに行くんは、元町の駅からすぐ、JRの北側の商店街にある新生公司

ここに行くと、ショーケースに焼豚がぶら下げられてる。新生公司
 大抵何人か並んでるけど、その後ろに並んで待ってる間に品定め。私は脂身があまりついてないところが好き。手ごろな大きさ、形があれば、それをとってもらうし、大きすぎると思えばきってもらうこともできる。
 年末は人が沢山並んでる。あんまり混んでる時は南京町(神戸の中華街)のほうのお店か、そごうの地下に行くこともあるけど(年末でも南京町のほうが空いてることが多い)、7~8人位やったら並んで待ってた方がいいかな。
 いっつもローストされて赤くてかりながら沢山並んでつるされているから、選ぶ楽しみがあるし、つるしが少なくなると奥の方から出来立てを持ってきてくれるのもうれしい。この店は観光客が買いに来るというより、地元の人が贈り物や自宅用に買うのが多い感じがする。

 焼豚は甘くて赤い。洗双糖(を使ってるらしい)の甘みがしっかり焼き豚にしみこんでる。豚肉に甘い味がこんなに合うということを教えてくれたのはこのお店。タレに漬け込んでローストされたお肉は、甘みに引き出された肉の旨味が凝縮されて、しかも香ばしくてたまらなく美味しい。
 お店の人が、作りたてより2~3日置いたほうが味がしみこんで美味しいと言っていたのと、涼しいところに置いとけば冬場ならもつ、と聞いたので、正月の保存食に最適、と、年末年始の休みに神戸に帰れるときは必ずこちらに寄って、東京の親戚に持って帰る土産の分まで一緒に買い込む。


 以前、東京の小田急百貨店の地下に出店していたことがあったが、(今は出ていないようです)何度か買ってみたけど、どうも甘みが足りなかった。本店から取り寄せてるのか、東京で作ってるのか、知らないけれど、とにかく味が違うのでそれほど熱心には買いに行かなかった。

 焼豚を正月のおせちのお重に並べるのが 私流。
おせち用に買うんやけど、正月まで我慢できず、ちょっと味見、ゆうて切るはなから食べてしまうんで、正月にはなくなってることもしばしば。子どもが大きくなってくると食べる量も増える。(しかも旨いものには手が早いときたもんだ!) 正月ぐらいは値段を考えずに美味しいものを食べよう!と、いさぎよく買うので、かなりな金額になりつつある昨今。でも、お店で好きなものをたらふく食べたらもっと金額が行くので、それを思えば年に1度のつましい贅沢。年末の忙しい時に、お店ならではの美味しさのこの焼豚はほんまにうれしい。


 ところで。

 東京で、似たようなもんといえばラーメンなんかに入ってるチャーシューになるんやろうか。
これは初めて食べた時、ビックリした。
同じ豚肉から作られるんやけど、全く味が違う。醤油の味が濃いし、第一、煮てるやん!
 もともと神戸でも東京でも、ラーメン食べる時にチャーシュー麺というものは食べへんのですが、(というか、私が神戸で食べてたラーメンはチャーシューが入ってることが少なかったように思う)東京に来てラーメン食べると、結構な確率でチャーシューが入ってくる。しかも煮てるやつ。
まぁ、これはこれで美味しいんやけどね。特に脂身やスジの部分が柔らかくなってトロっと絶妙に旨くなるんは煮てるからこそやと思うし。
 チャーシューにはグリルするのと煮るのと、二種類あるんやね。そやけど、全然違う料理やのに同じ呼び方するんはどうなんやろう?
 
一口に焼豚といっても、お互い全然違うものを想像してる可能性があります。


 煮豚のほうのチャーシューは割に簡単に美味しいのができるんで、私も時々作るけど(これは酒のつまみに絶好なんですね…) 新生公司で買ってくるようなローストする焼豚はまず作れない。
 自宅で似たような焼豚を作るときでも、あんな大きなブロックでは出来ないし、あの味は出せない。(まぁ、簡単にできるようじゃぁ商売にならんやろうしね)
火の通りがいいように 一口サイズの大きさで作ります。(超簡単焼き豚のレシピは追記しますね)


 横浜の中華街に行ったら、神戸の焼豚と似てるんがつるしてあったりしてたんで、中華系の料理が盛んな神戸ならではの焼豚なんかもしれんね。


一度食べてみてください。 めっちゃ美味しいよ。






【追記】  自宅のグリルで作る焼き豚!

壱) 豚のブロック肉を適当なサイズに切る。このとき、大きすぎると火のとおりが悪いので厚みは分厚くても3cm位まで。 (ウチでは2.5cm角×15cmくらいの棒状に切る)
弐) ハチミツを塗り込む。このとき、手で塗るととてもよい。 しばらく置いてから焼肉のタレをかけまわして軽く漬け込む。
参) グリルに入れて焼く。 ハチミツが焦げやすいので、気をつけてね。


以上です。簡単で、結構旨いよ。


【追記2】 ≪グルメ紀行ブログ 新生公司本店≫ 
いつも御世話になります。さいとうさんのブログです。
新生公司の記事がありました。 いつもながら見事な写真とレポートです。
美味しい焼豚は 実は 私の神戸土産NO1.なのです。
是非是非一度お試しくださいませ。 ハマりますわよ。(●^o^●)


【追記3】 新生公司の写真をアップしました。   2007.4.13
昔の写真を掘り起こしていたら、新生公司の写真があったのでアップしました。
これは元町駅の北側の線路脇の本店の写真です。


ブログパーツ

関連記事


東西味違い | 00:00:00 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
焼豚
みどりさん~焼豚の美味しいお店、良いですね~
初めて知りました。
これは神戸行く時には是非チェックです◎
私は煮豚をよく作るのですが
この焼豚レシピは簡単そうで思わず作りたくなります。
切ってから焼くというところが上手くいきそうです~♪
今度ブロック肉買った時焼いてみますね。
2006-12-25 月 23:34:09 | URL | ぱすてる [編集]
チェック◎ですよ~
ぱすてるさん。
是非ね、一度お試しください。
新生公司も、お手軽焼豚も。
お手軽焼豚。そうそう。実は最初に切っておく、というのが相当ミソです。これはお友達から教えてもらった作り方。でも、便利で、よく利用させてもらってます。火の通りが早いし、一人1本お皿に取って食べればいいから、パーティにも重宝。もちろんお弁当にも。
ももブロックだと2~3枚におろして(ッて言うのかな?)短冊に切るとちょうどいい大きさになりますよん。
2006-12-26 火 00:13:57 | URL | midori [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。