■お知らせ
■『築地あるき』

楽天ブックでどうぞ~~!!

■ブログ内検索

■ユーザータグ
■こんな感じで書いてます
■最近の記事はこんなです。
■神戸で生まれ育って18年。

midori

Author:midori
今では東京暮らしの方が長ぅなってしまったけど、大好きな神戸にいまでもこだわりがあります。
山と海がないとね~
(本文中の写真はクリックすると少し大きくなります)




神戸の会社設立屋が送る神戸時計

■ブログ全記事表示
■RSSフィード
■コメントありがとうございます。
■とらばしてもらいました
■イカナゴのクギ煮アンケート!

イカナゴのクギ煮のアンケートにご協力ありがとうございました。 こちらの記事にまとめました。 イカナゴのクギ煮アンケート結果報告 これからも宜しくお願いします。

■いつもお世話になってます
■❤ New Entry

■ページランキング :2007.10~のエントリー

■過去記事2007年度

■FC2カウンター
■訪問中!

■リンクサイト

好きです神戸

■ネットショップ





スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
築地土曜会・春の陣 ① 東京ならではの魚!
しょっぱなから お造り。

アオダイ?

これ、なんだと思います?

【アオダイ】

という 関東では高級魚として食べられてる魚らしい。 
とはいうものの、 スーパーのお魚売り場で見た記憶すらないんだけど。。。

→ぼうずコンニャクさんの≪市場魚貝類図鑑≫〔アオダイ〕 (以下同出典は※で表記)
私は 見るのも 食べるのも 初体験。

おいしぃ!!!!!!
ウマ甘くって さっぱりしてて でも、ネットリ旨みがあと口に残る。
神戸で食べるなら、なにはなくても鯛。 といっても神戸で鯛といえば真鯛 なんだけど、
真鯛の脂っ気を抜いて 身を柔らかくした感じかな。
いいっすね~! アオダイ!!!


今日は つきじろうさんに誘っていただいて 「築地土曜会(築地買い物案内)」に参加するのです。
それで 出撃前の 腹ごしらえ。
この アオダイ はじめ、ニシンの塩焼きやら かつおの刺身やら アマダイの西京漬やら ・・・
築地ならではのお魚料理を しっかり堪能させてくれたのは
つきじろうさんおすすめ、築地場内 【かとう】さん。 
【かとう】さんについては→つきじろうさんの≪春は築地で朝ごはん≫〔オオグチイシチビキを知ってますか?(前編)〕

朝ごはん参加班は、各々好きな物を頼んで それを一口ずつ味見させていただいたりと 修学旅行気分。
それぞれお魚の味がしっかりしていて 美味しかった。
その中でも カキ豆腐は 超ヒット! 一人で来た時に改めてゆっくり味わいながら食べようっと。
こういう料理は自分で作るより お店で食べる方が美味しかったりする。
アオダイは・・・・場内で一匹買って 思う存分食べよう!
そんな買い出しのアイディアをもらうにも 市場の定食屋さんでごはんを食べるのは 大事よね!

これ以外にも
【かとう】さんでの盛り上がりぶりは 築地ご飯 の師、つきじろうさんのブログでご覧頂いた方が早い・・・
≪春は築地で朝ごはん≫「築地土曜会」2008年・春 (前編)



さてさて。 今回の「築地土曜会」。
築地のディープゾーンを マニアックな方々と勉強しながら徘徊する会・・・でいいのかな?
   「築地土曜会」の詳細は→≪築地土曜会(築地買い物案内)≫
最近、お魚の紹介に使わせていただいている ぼうずコンニャクさん
 (前述≪市場魚貝類図鑑≫のサイト主の方!)が
お魚のいろいろを 教えてくださるのです!!
もう、それだけで ドキドキ。
ぼうずコンニャクさんのサイト、 魚の種類が細かく分かれてて
しかも 料理法もそれぞれ詳しく載ってる。

これは美味しい魚に出会えそうだ!

そんな (もちろん) 食い気先行型見切り発車 (いつものことだ) でしたが
しょっぱなから アオダイのお造りに 衝撃の遭遇。
朝一番、 始発に乗って まだ暗い築地に這うようにたどり着いた甲斐はあったというもの。

これから 何回かに分けて この「築地土曜会」の様子を 
(お魚写真中心に)お伝えしたいと思います。




午前6時の築地場外

空が白みはじめた築地。 灯りが入ってる築地の町並みも 今回初体験。


           *****************************

さて、今回は前座です。
「土曜会」で出会った いろいろなお魚の中から
東京ならでは 築地ならではの魚のお写真 などを。

まずは これでしょう。

アナゴじゃ~~~!

アナゴ。 といっても さすが築地。
これだけのアナゴ、 普段 なかなか一度に見る機会はありません。
産地と キロ当たりの値段が書いてある札が乗っています。
この店のアナゴは 活き〆してあります。
これを自分でさばいて 焼きアナゴにする日も そう遠くない????(^_^;)

こはだ

これは コハダ。 実に美しい!!! →〔コノシロ・小鰭(こはだ)〕
コハダ 丸まま一尾は 築地を歩き始めて それこそ初めて見ました。
それまで こんな風に開いてある姿でしか見たことなかったもの。
それにしても 神戸でコハダって 食べないよね? というか、存在してる?
東京じゃ、定番の寿司ネタらしいよ。 関東では 好んで食べられる魚なんかねぇ。
 
岡山のママカリに似てるなぁと思ってたけど、 どっちもニシン科。 親戚筋ってことなんでしょうか?
→〔サッパ/ままかり〕



全国からお魚が集まる築地。 神戸が関西から西日本の魚をよく見るのと違って
東北など東日本や 北日本のお魚をたくさん見かける。

鮟鱇。 →〔キアンコウ/鮟鱇〕 ※

鮟鱇


東京は ほんま、アンコウをよう食べますワ。
アンキモは 冬場の飲み会には 欠かせません。
築地にアンコウが 集中してるのか?と思うほどに アチラこちらで アンコウ見ます。

鮟鱇一匹丸ごと


ニシン。 →〔ニシン/鰊〕

真ん中の箱!ニシンでいっぱい!


写真が見づらいですが、 真ん中のハッポーのトロ箱、 ニシンでいっぱい。
この箱 一箱で4000円・・・・・ 何匹入っとるんじゃ~~~!!

生のニシンなんて、 まず 神戸で見たことない。
京都のニシン蕎麦か、 正月の昆布巻き  位かなぁ。
どっちも身欠きニシン、 干物のニシンですよね。

ニシンの塩焼き。 初めて食べたのは 20年くらい前かなぁ。
東京のとある地方都市 市役所の食堂の「焼き魚定食」で。
安い! いったい何が出てくるんだろう?と 期待より怖いもの見たさで頼んだら
なんとでっかいニシンに でっかい数の子入ったまま 焼き上がってきました。

はぁ~~~~!!
数の子入ったまま(一腹だから当然数の子は2本ね)のニシン。
普通の魚のように塩焼きですか!  市役所の食堂の定食で。

美味しかった!!
ニシンの身も ほんのり 数の子っぽいくせがあって 後をひく味。
生の数の子も 塩数の子とまた違った歯ごたえがいい。
お正月に チビチビ数の子食べるのと比べると 冗談みたいに
豪快に丸かじりしながら・・・ なんだか複雑な気分。


東京の奥深さというか、 食の違いをまざまざと感じた 思い出のメニューです。


こういう 普段スーパーの魚売り場でなかなかお目にかかれない魚も
築地には入ってきてる。
次回は そのあたりを。

         ・・・・・つづく・・・・・しかもこのペースで書いてたら 終わりが見えない・・・・(^_^;)
             
→人気ブログランキングへ。ぜひともよろしくね!


ブログパーツ
関連記事


築地 | 22:40:12 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
midori様のレポート、お待ちしてました!
撮った写真だけじゃなくて、丹念に補足資料のアドレスも添えて
さすが丁寧なまとめ方をなさってますね。
さて何回シリーズになるでしょうか・・・?(笑)
2008-03-13 木 06:52:51 | URL | つきじろう [編集]
◇つきじろうさん。

いつものようになかなか記事がアップできない&終わらない病です(^_^;)
書き始めるとあれもこれも…
本当に盛り沢山の「築地土曜会」でした。
お誘いいただき、ありがとうございました。v-436

動きながらの写真は猛烈難しいですね。
つきじろう様の素晴らしいカメラワークに
「同じ場所におったのに!!」と愕然とします。
次の回でも 必要な写真を写してなかったり…

このところ築地に行っても写真撮ってなかったんで
もう少し丁寧に見ながら写真も撮りながら歩かなくちゃ、と思いました。
あと、もう少し早い時間に行かなくちゃ…
商品の種類も量も桁違いでした…
2008-03-13 木 09:22:08 | URL | midori [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。