■お知らせ
■『築地あるき』

楽天ブックでどうぞ~~!!

■ブログ内検索

■ユーザータグ
■こんな感じで書いてます
■最近の記事はこんなです。
■神戸で生まれ育って18年。

Author:midori
今では東京暮らしの方が長ぅなってしまったけど、大好きな神戸にいまでもこだわりがあります。
山と海がないとね~
(本文中の写真はクリックすると少し大きくなります)




神戸の会社設立屋が送る神戸時計

■ブログ全記事表示
■RSSフィード
■コメントありがとうございます。
■とらばしてもらいました
■イカナゴのクギ煮アンケート!

イカナゴのクギ煮のアンケートにご協力ありがとうございました。 こちらの記事にまとめました。 イカナゴのクギ煮アンケート結果報告 これからも宜しくお願いします。

■いつもお世話になってます
■❤ New Entry

■ページランキング :2007.10~のエントリー

■過去記事2007年度

■FC2カウンター
■訪問中!

■リンクサイト

好きです神戸

■ネットショップ





スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
おどろき!築地も昔 居留地だった! 築地土曜会・春の陣 最終回
なんともいえない 懐かしい佇まい。 ここどこやと思います?

ここはどこ?

神戸で女子高~生~してた頃、 うちの高校はこんな感じでしたよ。

階段なんかも。こんな感じ。

階段も・・・




で、こんなのとみくらべてみましょう。

兵庫公館

↑これは神戸。兵庫県公館。

 
これも神戸。…大丸のへんかな?

↑これは大丸のへんかな?明石通り に面してるあたり。  
これも、ね!

↑これも神戸。 〔海岸ビルヂィング〕 だったかしら?

 


緩やかなカーブを描く廊下、 落ち着いたたたずまい。
そのラインは極めてシンプルでありながら 直線と曲線の組み合わせと重なりが
どこか優美を感じさせる。

ふと 神戸の西洋風建築を思い起こさせる  ちょっと学校のような この建物

実はこちら、 築地のセリ場の上 でございます。
3か月前の「築地土曜会」の時に 突然出現した 築地の異空間 です。


3か月前の「築地土曜会」。 シリーズ最後のレポートは
「次回は (たぶんそろそろ最終回・・・) 築地で出会った 懐かしい神戸を思わせる風景・・・ 」
な~んていう 思わせぶりな終わり方だったんだけど・・・
(『築地土曜会・春の陣』 過去記事はこちら →    ) 

3か月ぶりの今回の「築地土曜会」で ようやく写真を撮ってくることができました。
パチパチパチ!!!ヽ(^o^)丿

ちなみに セリ場の上は 通常一般人は入れない場所。
「築地土曜会」は 大都魚類(株)さんという大卸さんのご厚意により
事後反省会の会場をこのセリ場の上にある会議室を使わせていただいています。
〔「築地土曜会 夏の陣」会議室での様子については
つきじろうさんの『築地土曜会(2008年6月7日)をご覧ください〕


この建物みて グッ と来るのは 神戸人だからかな?(*^_^*)

あまりに階下のセリ場や 仲卸のお店が並ぶ市場とは趣が違います。
あまりに神戸を思い出させてくれる建物です。 


神戸って 小学校から高校まで 公立学校は 校舎の中でも土足。
土足の理由に、「神戸は昔から西洋風の生活習慣を取り入れていたから」 と
説明されることが多い。
神戸に住んだことのない全国の方に誤解のないよう記しておくけど、
私の小学校は床が板張りの全国どこにでもある古い校舎だったけど、それでも土足だった。
(ちなみに、小豆島の二十四の瞳のモデルになった学校とたいして変わんないわよ。
月刊小さな旅 より 小豆島二十四の瞳  パッと見た感じはね)

高校の校舎、 いつ頃の建築だったんだろうなぁ。
戦前なのは確かなので、 昭和初期の西洋風建築華やかりしころの建物だったのかもね。 
まさに 築地のセリ場の二階は 私の高校時代の校舎そのまま。

さて、不思議に思って築地の歴史を少しひも解くと・・・

もともと日本橋にあった魚市場が 関東大震災(1923年。大正12年)のあと、 
築地に移転して再開したのが 今の築地市場の始まりとか。 →築地今昔ものがたり(東京都HPより)
この建物は 昭和初期(おそらく昭和10年の築地市場開設時)に
建てられたものなのかな。  そこのところはまだよく調べられてません。

ぐっときます!

こういう小物も いい味出してるねぇ。

築地でこういう建物、空間に出会うとは 正直想像もしていなかったんで
不思議だなぁ…と 思って さらに調べてみると・・・・

なんと、 築地は そのむかし 居留地 だったんですね!

かの 池波正太郎先生も書かれておられます。
≪築地は、明治元年に外国人の居留地となった。
明治三十年代に、アメリカ聖公会のトイスラーが設立した、美しい聖路加病院を中心にした築地には、いまも、どことなく、居留地時代の面影が淡く漂っていて、マンションやビルディングも程良く立ち並び、緑も深い≫ 
池波正太郎〔江戸切繪図散歩〕新潮社1989 より抜粋 →Amazon 

神戸は地元やったから 居留地 という言葉が生活の中に溶け込んでたけど
東京にも 居留地があったとは。
しかも、東京の居留地は 築地やったとは。

こんな感じにもグッと来る (^^)

池波先生がおっしゃるような「居留地時代の面影が淡く漂っていて…」というのは
今で言うと いったいどこら辺なんだろう。

池波先生、続けてこうも書かれています。
≪だが、聖路加病院も近く改築され、魚市場の移転するというから、築地の景観も変わらざるを得ないだろう。≫ (同上より引用)

聖路加病院が建て直され 新病院が完成したのは 平成4年(1992年)。
→聖路加病院 沿革 (聖路加病院HPより)
今は昭和8年(1933年)に建設された旧病棟を含むトイスラー記念館として残されているとのこと。 
→聖路加国際病院 (ウィキペディア)

池波先生が書かれた20年前から もうずいぶん街の眺めも変わってしまってるんだろうなぁ。


ちなみに、 本来築地居留地と呼ばれていた 治外法権の区画は
今の町名でいうと 明石町 (あかしちょう) だそうな。  
(今の築地の場所は雑居地だった)

明石町  と 聞いただけで またグッと きちゃうわけだけど
その名前の由来について 『中央区 歴史・観光まち歩きガイドブック』 (2007年 中央区教育委員会発行) には こう書かれている。
≪町名は播磨国明石(現兵庫県明石市)の漁師が移住したためとも、佃島を淡路島に見立てると明石の浦に似た風景だったからともいわれています≫ とのこと。

明石町 という町名があるのは知ってたけど
ほんまに あの我らが明石とつながりがあるとは!!!

これこそ 築地体験 最大の驚き! でした。

(ちなみに、佃島をなぜ淡路島に見立てるか、というと、正保元年〔1644年〕摂津の国佃村の漁師たちが普請して築き上げたことに因んでいるようです。 佃島の漁師が将軍に献上する白魚を漁する様子は冬の江戸の風物詩だったそうな。摂津の国佃村は今の大阪市西淀川区。)


築地、旧居留地。
なんだか 面白いものを見つけてしまった! 
これから たまには 築地居留地探検報告しますね!


                               ◆◆◇◆◆

いろいろ集めた面白資料。

◆築地市場の扇型について。 築地には昔駅があった!
→東京市場駅(ウィキペディア)

◆築地市場内、場外などの情報満載。 写真がとても綺麗。 
『やっぱり築地がおもしろい-プロが案内する築地』 2007年12月掲載
『築地場外・写真散歩~フォトジェニックな市場を歩く~』 2008年5月掲載   共に≪Webマガジン マカロニアンモナイト≫ より

◆築地周辺の西洋風建築の写真がアップされています。
鉄道のある風景-東京都東銀座・築地

◆築地居留地についても書かれてます。
→外国人居留地(ウィキペディア) 

◆築地居留地については まずここに載っている情報から 入りました。 今は移転してます↓
中央区明石町資料室(中央区のまちづくり・中央区の特色ある複合施設)

◆↑こちらから移転して、常設展がある資料館になってます。(平成17年12月オープン)
タイムドーム明石

◆ちなみに、昭和38年当時の築地の航空写真がありました。
 →goo地図へ

◆ろさんに教えていただいたサイト。東京の近代建築が素晴らしい写真と建築士などの情報とともにまとめられています。必見。
→東京の近代建築

◆同じくろさんに教えていただいたサイト。 会議室のある建物も載っているらしい「東京市中央卸売市場築地本場・建築図集」に触れられています。
カジキ日記 築地魚河岸昔がたり(68)  築地市場建設の経緯




◇神戸の居留地マップが完成! 素晴らしいです!ぜひご覧ください。
神戸旧居留地 ≪好きです神戸≫神戸調査隊記録 より




人気ブログランキングへ


ブログパーツ
関連記事


築地 | 00:31:26 | Trackback(0) | Comments(9)
コメント
No title
おお~、築地の歴史散歩ガイドになりましたね!
仲卸の2階は、ふと自分の子供時代にタイムスリップ
したような気分になってしまう不思議空間です。
マカロニアンモナイトさんの記事もいいなぁ・・・☆
2008-06-12 木 06:13:56 | URL | つきじろう [編集]
二階の下は
◇つきじろうさん。

大変ですね~。歴史のお勉強は(^_^;)
もともと社会が苦手だったので(特に世界史は最悪…)もう何が何かこんがらがっちゃいます(T_T)
でも、面白いので買い物の合間に明石町を歩こうと思ってるのですが・・・
魚抱えて歩くのはこれからの時期無理なので「築地で朝ごはん→明石町散策」という日も作ろうかな、と思っています。(*^_^*)

マカロニアンモナイトさんの記事、まとまっていていいですよね~!
5月に新しい記事が出てるのに気がついたので追記しておきました。(うちの記事を書き始めたのは3月だったので…)

ところで、あの建物の下は仲卸なんですか?
いま一つ位置関係がよくわからなくて。
通路とか、荷物置いてあるところのへんかとも思ってたんですけれど。

不思議な造りになってる建物ですね・・・
横から眺めてもよく解りません…
2008-06-12 木 09:37:54 | URL | midori [編集]
No title
築地の羊羹もとい、洋館達です。
http://www.zoukei.net/kantomain/ginza3.htm

私の高校は港区でしたが、やはり上履きはなかったですねぇ。建物の内装はよく覚えていないなぁ。
2008-06-12 木 17:31:56 | URL | ろ [編集]
No title
築地市場の建設当時の話です。
http://www.uogashiyarou.co.jp/kajiki/2007/04/post_242.html
鈴与のメカちゃんが書いています。
「東京市中央卸売市場築地本場・建築図集」誰か持っていないかなぁ。
2008-06-12 木 18:33:13 | URL | ろ [編集]
素晴らしいサイトですね!
◇ろさん。

なんと充実のサイトでしょうか。
どちらも見ごたえ読みごたえがあります。
さっそく本文にリンクを載せさせていただきました。
ありがとうございました。m(__)m

「東京市中央卸売市場築地本場・建築図集」、見てみたいですね。どこかにあるんでしょうかね。
私が写した場所は やはり卸売りの二階、ということになるんでしょうか。
また築地に行った時もう一度確認してみなくては。

ろさんの高校も土足でしたか。
東京も 高校は土足が多いのかな。
そういえば東京で生まれ育った娘の学校も小中は上履き、高校は土足でした。
2008-06-12 木 23:20:09 | URL | midori [編集]
うひゃ~
築地が居留地だったとは!!
確かに、目に馴染む建物のないそうですよ、これは!
明石と佃、面白いですね。将軍御用達の魚を生簀に入れて船で大阪から江戸まで運んだってーのも聞いたことがござんすよ!
神戸の居留地にも確か明石町ってありますけど・・あれはなんででしたっけ・・・v-15
2008-06-13 金 18:45:52 | URL | 早坂 [編集]
明石町なんですよ!
◇さっすが~~~!早坂さん!!

ね、ね、明石と佃、おもしろいでしょ!!
それでね。
去年、三宮神社から港の方に旧居留地を歩いた時、その通りが明石通り。
で、明石町って、もしかして由来は明石?と思ったんだけど、その直後に築地に行くようになって、明石町が近くにあるのを知って、さらにこの建物でしょ???

そりゃぁ、気になりますわな。
偶然の一致なの?これは??!!

神戸の明石町の名前の由来、ちょっと検索してみたんですけど、

神戸市総合インフォメーションセンター ハローステーションKobehttp://hello-kobe.com/framepage1.htm
の中にある
知っ得情報 由来・歴史http://hello-kobe.com/yurai.htm
に少し載ってましたが、
詳しい由来が知りたいですね!!!(^_-)-☆
2008-06-13 金 21:04:25 | URL | midori [編集]
そっかー・・・ん?
もっと詳しく知りたいですよね~。
伊藤町は伊藤博文で加納町は、加納なんとかさんなんですが・・・。
もしかして江戸とか京都とか播磨・・・そして明石。日本地図のつもりで町名をつけたとか???

小中学校の上履き。テレビの中でしか見たことがなくって、別世界を見る思いでした~v-10

明石のプラネタリウムは小学校の遠足か社会見学かで行きましたよ!もちろん“子午線”帰りのお土産で少しだけもらいましたv-238
2008-06-13 金 23:45:35 | URL | 早坂 [編集]
げた箱に・・・
◇早坂さん。

明石町の町名の由来は本当にもっと詳しく知りたい。
日本地図?うううん、そんな大胆な…(^v^)
すごい縮図ですがね。もしかして大正解?(*^_^*)

ネットの限界かな。やっぱり昔ながらの活版印刷物を指につば付けながらひもといて調べないと出てこないのかしら。


ところで、げた箱にラブレターって青春ドラマにあこがれませんでした?
なんてったってげた箱なんて幼稚園以来未体験ゾーン。
幼稚園の時はさすがにげた箱にお絵かき&メッセージつき画用紙が入ってた…なんてこともなく…(^v^)
あの当時は学校に個人の持ち物を置いておく棚みたいなものもなかったと思うんだよね。
全部机と椅子にくくりつけて授業受けてたように覚えております。
もしv-5あったとしたら…机の中か?
それも掃除の時机動かしてバッサリ落っこちちゃうとか・・・

明石のプラネタリウム、必ず小学校で行くことになってたのかしら。
個人でも行ったと思うんだけど、何度も見てますね。あそこのプラネタリウムは。
神戸の小学生時代ほどプラネタリウムを見た時代はない…
「子午せん」は炭酸煎餅というより瓦焼きに卵を多く入れてサクッとしたような感じ、だったかなぁ。
炭酸煎餅とはちょっと違いましたね。
そういえばここ10年ほどは食べていない気がします。
2008-06-14 土 01:02:48 | URL | midori [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。