■お知らせ
■『築地あるき』

楽天ブックでどうぞ~~!!

■ブログ内検索

■ユーザータグ
■こんな感じで書いてます
■最近の記事はこんなです。
■神戸で生まれ育って18年。

Author:midori
今では東京暮らしの方が長ぅなってしまったけど、大好きな神戸にいまでもこだわりがあります。
山と海がないとね~
(本文中の写真はクリックすると少し大きくなります)




神戸の会社設立屋が送る神戸時計

■ブログ全記事表示
■RSSフィード
■コメントありがとうございます。
■とらばしてもらいました
■イカナゴのクギ煮アンケート!

イカナゴのクギ煮のアンケートにご協力ありがとうございました。 こちらの記事にまとめました。 イカナゴのクギ煮アンケート結果報告 これからも宜しくお願いします。

■いつもお世話になってます
■❤ New Entry

■ページランキング :2007.10~のエントリー

■過去記事2007年度

■FC2カウンター
■訪問中!

■リンクサイト

好きです神戸

■ネットショップ





スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
そうだ築地、行こう④ 早春の築地 イイダコに飯が入りました!
築地シリーズ。 今回は 早春の築地からのレポートです。

12月に神戸に帰った時にコウバコがずいぶん目につきましたが
築地でもコウバコ、1月に入ってからもずいぶん並んでいました。
値段は 神戸が茹でてあるのが1杯300円位。 築地は場内でも300円から上、場外だと5~600円位だったでしょうか。

コウバコ

写真のコウバコは 場内で 店じまいギリギリの飛び込みだったので
10杯3000円で頂いてきました。
活きコウバコ(持って帰ってからもブクブク泡吹いて手足バタバタさせてた…)なので
かなりお得! いい買い物でした!


コウバコの漁が終わるころ、 子持ちイイダコが目につきだしました。

イイダコといえば 過去にこういう記事を書いたんですよね。
→ 『飯(イイ)の入っていない飯ダコ』 2006.11.13付
あの当時は東京でイイダコが食べられんと思っていたんですが、
昔は東京でもイイダコを食べていたし、今でも食べられていると知って 嬉しかったのを思い出します。

2月半ばの今は 子持ちイイダコのトロ箱を あちらのお店でも こちらのお店でも
見ることができます。
ちょっと白ッぽい感じがするのは 結構あちこちで見かけます。
透明感がなくなってちょっと白っぽい色になったのが 脱力的に墨にまみれておるのですが
キロ当たり1100円から1300円くらいが 多いかな?

ちょっと白っぽいイイダコ

こちらのは結構綺麗な色で 1キロ1500円。
これでもいいかなぁと思ったんですけど・・・・

ちゃんと 生のタコ色(灰茶色というのかな?)のもあります。
これ↓なんて 神戸で売ってるのと 色がそんなに変わらないでしょ?

生のタコ色してて 物もよさそうだし、飯もしっかり入ってるようなので
ついに 買ってみることにしました。
キロ当たり2500円。 一匹がかなり大きい。
4匹で0.6キロ、1380円です。

これ↓はかなり大きいんで、値段的には 神戸で買うのとそれほど変わらないようにも思うのですが
どうでしょうか?
値段のリサーチは今後の課題ですね。

イイダコ

4匹で0.6キロ。 一匹が結構大きい方なのではないかと思います。
ちなみに まな板の長い方、36センチです。

塩もみ後のイイダコ

おっと、大変!
神戸でイイダコ買ってくると お店で墨抜きしてくれているので
塩もみすると すぐ茹でられるんだけど。。。
これは何にも手を加えてない。 どうすりゃイインダコ?

とりあえずネットで調べて 胴の中のワタと墨は捨てちゃうということだったので
裾のへんから指をつっこんでワタを引っ張り出し、指でちぎり取りました。
ワタと飯(卵)がくっついてるかと思ったら そうでもなくて
一緒に飯も捨てちゃうんじゃないかという心配は 杞憂に終わりましたが、
さて、このでっかい肝。 美味しそうやけど 食べられへんのかなぁ…‥????
これは次回の課題です。 お店の人に聞いてみなくちゃ。

飯、入ってます。

横から写してみました。
結構飯の入ってるふくらみがわかりますね。
左隅に見えるのが 美味しそうだけど 捨てちゃった肝です。

煮てみます。 直接煮汁にぶっ込みます。 煮汁は水、酒、醤油。(このときは濃い口だったかな)

煮る

胴を割ってみます。

腹いっぱいの飯

うほほほほ!
腹いっぱいの飯です!
しっかり飯が入っていて 満足!!

しかし、神戸で食べるのと比べると 鮮度の関係か
やはりタコ味が劣る感じはあります。
昼網の 活きてるイイダコとは 比べる基準が違い過ぎなんでしょうね。
仕方ないねぇ。 このレベルが東京では限界なのかねぇ。

なにはともあれ、子持ちのイイダコ、東京でも結構扱われているし 
美味しく頂けるとわかって 本当にウレシイ!

人気ブログランキングへ


ブログパーツ
関連記事


築地 | 14:57:13 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
あの~今間違えて、書きかけ出したような~・・・蟹が列をなして匍匐前進しているような夢を見たような~v-12
v-15e-274e-352v-15e-274e-352飯蛸にもいろいろあるんですね。
今ふと思ったのですが、イカ飯って・・・なんで飯蛸がいるのに飯イカがいないんだって無理やり作ったのかしら~v-16
2008-02-20 水 12:23:21 | URL | 早坂 [編集]
◇早坂さん。

書きかけは届いてないみたいですよ。大丈夫、大丈夫!
蟹の匍匐前進? あ、それは夢じゃありません。本当に蟹がドテドテやってくるんだよ~!怖いよ~!!

イイダコ、神戸では飯が入ってるのが普通と思うんですけど、東京はそうじゃないんですよね。びっくりカルチャーショックです。

ところで、イカも子持ちありますよ! 子持ちイカで検索したら画像が載っているのがありました。
http://www.axis.or.jp/~seamart/contents/info%202008/yari-01.23/index.html
私も一度か二度くらいは食べたことがあると思います。
子持ちイイダコと比べれもそん色ない味(むしろかなり似ている味)だったような…
イイダコが身近だったので今まであまり気にしていませんでしたが、今度築地でも子持ちイカ気にしてみてみようかな。

というか、そういえばイカ飯初めて見たとき「イイダコのイカバージョンか?」と色めき立って買ってみたら…v-399…っていうのを思い出しました!
イカ飯、東京のスーパーや百貨店などでよくおこなわれる「駅弁大会」で人気らしいですけど…本当にあれはどういうきっかけで作られたんだろう???
2008-02-20 水 14:56:26 | URL | midori [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。