■お知らせ
■『築地あるき』

楽天ブックでどうぞ~~!!

■ブログ内検索

■ユーザータグ
■こんな感じで書いてます
■最近の記事はこんなです。
■神戸で生まれ育って18年。

Author:midori
今では東京暮らしの方が長ぅなってしまったけど、大好きな神戸にいまでもこだわりがあります。
山と海がないとね~
(本文中の写真はクリックすると少し大きくなります)




神戸の会社設立屋が送る神戸時計

■ブログ全記事表示
■RSSフィード
■コメントありがとうございます。
■とらばしてもらいました
■イカナゴのクギ煮アンケート!

イカナゴのクギ煮のアンケートにご協力ありがとうございました。 こちらの記事にまとめました。 イカナゴのクギ煮アンケート結果報告 これからも宜しくお願いします。

■いつもお世話になってます
■❤ New Entry

■ページランキング :2007.10~のエントリー

■過去記事2007年度

■FC2カウンター
■訪問中!

■リンクサイト

好きです神戸

■ネットショップ





スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
【番外編】 大阪のたこ焼き≪会津屋≫あの有名店の催事出店に遭遇! 
ふと立ち寄った銀座『松屋』の催事場で (『松屋』銀座のHP)
かの有名な大阪たこ焼きのお店『会津屋』さんに遭遇。 
会津屋 @ 銀座松屋

(『会津屋』HP)
『会津屋』さんといえば 『美味しんぼ』にも取り上げられた有名店。
大阪たこ焼きの名店。

そんな『会津屋』さんに こんなところで出会えるとは!!

12個500円。

う~ん、どうだろう… 

大きさは ちょぼ焼きサイズというのだろうか、 明石焼きよりも小さい普通のタコ焼きよりも
さらに小さな穴の焼板で焼いているので、 出来上がりも当然小さい。

材料に使われているタコは 結構大ぶりに切られているので
ちいさな生地に目一杯タコ、という設定は なかなかそそられるものがある。

けど、 小さいよなぁ。
12個500円かぁ…
持って帰って食べたら 出来たての味がわからんしなぁ…

たかが500円、されど500円。

開店直後で 会場内に人がまだまばらなのをいいことに
他のお店を見に行ったり 『会津屋』さんの写真を撮ったりして
うろうろしていたけれど、なかなかふんぎれず。

それだけ 小さくみえましたのよ、 こちらのタコ焼きは・・・



まぁ、そうは言っても もう二度と『会津屋』さんのたこ焼きを食べるチャンスはないかも。
そう思ったので 結局12個入り一箱500円をゲット。

家に持って帰ってまだほんのり暖かなたこ焼きをいただく。
CA250448_20080220211207.jpg

おっと~!

ふたをあけると、焼き場でも小さく見えたタコ焼きが
しぼんでさらに小さい…

CA250447_20080220211259.jpg

もうこれは ほとんど おちょぼ口サイズ。

あ、だからちょぼ焼きか、 なんて冗談も空しく響く冬の昼下がり。

一口。食べる。

おおおおお。


美味しいやん。

生地の味がしっかりしてる。
何もつけなくても、冷めても美味しいって、 確かにそうだね。 美味しい、おいしい。

タコと生地のみ、明石焼きと同じ。
大阪のたこ焼きのイメージ、キャベツや紅ショウガや天かすやネギなんか
ごちゃごちゃ入ってるたこ焼きとは違う。

中のタコ。
CA250449_20080220211334.jpg

結構大きいよね。
まぁ、がわが小さいから 比較すると大きく見えるのは当たり前やけど
しっかりしたタコの味が これはなかなかなお味ですのよ。
今まで食べた明石焼きのタコに匹敵する美味しさ。

これはねぇ、 大阪のたこ焼きというより、 明石焼きのお持ち帰りバージョンですがな。


外はカリっ、中はトロットロ。
生地にしっかり味がついてる。

これを出汁に浮かして食べたら そのまま明石焼きやん。


美味しゅうございました。

できれば腹いっぱい食べれるだけ 量があればよかったんだけどね。



ちなみに お持ち帰りの中に入ってたリーフレットはこのように書かれておりました。
『大阪のたこ焼きは、昭和8年、会津屋の初代遠藤留吉が肉、コンニャクなどを入れて焼いたラヂオ焼がはじまりです。
 その後、もっとおいしい大人の味をと考え、昭和10年、『明石のたこ』と『ころも』に味をつけて焼いた大阪のたこ焼が生まれました。
 戦後、ソースの普及により、ころもに味がなくなり、色々なものが入ったのが出まわって、庶民ほんらいの味からはなれたものが増えてきました。 
 たこ焼とはソースをつけない、手もよごさずさめてもおいしいのが本物です。 
 なにわの味、大阪の味、それを代表するのが元祖たこ焼の会津屋です。  皆様の憩いの友、おみやげとして、七十数年焼き続けて参りました。
 これからも味の追求を続け、よりおいしいたこ焼、皆様に愛されるたこ焼を目指してガンバリますのでよろしくお願い申し上げます。』

→人気ブログランキングへ


【追記】
ニキニキ日記で≪会津屋≫さんに行かれたようなのでチェックです!(*^_^*)
◆たこやきの元祖 会津屋 2009,1,14付 
ええなぁ。。。現地取材出来て!(^○^)



ブログパーツ
関連記事


東西味違い | 13:34:13 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
TBありがとうございましたー♪
2009-01-18 日 15:01:18 | URL | ゆかり [編集]
◇ゆかりさん。

> TBありがとうございましたー♪
こちらこそ、素敵なレポート楽しませていただきました!ありがとうございました!
2009-01-18 日 21:50:49 | URL | midori [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。