■お知らせ
■『築地あるき』

楽天ブックでどうぞ~~!!

■ブログ内検索

■ユーザータグ
■こんな感じで書いてます
■最近の記事はこんなです。
■神戸で生まれ育って18年。

midori

Author:midori
今では東京暮らしの方が長ぅなってしまったけど、大好きな神戸にいまでもこだわりがあります。
山と海がないとね~
(本文中の写真はクリックすると少し大きくなります)




神戸の会社設立屋が送る神戸時計

■ブログ全記事表示
■RSSフィード
■コメントありがとうございます。
■とらばしてもらいました
■イカナゴのクギ煮アンケート!

イカナゴのクギ煮のアンケートにご協力ありがとうございました。 こちらの記事にまとめました。 イカナゴのクギ煮アンケート結果報告 これからも宜しくお願いします。

■いつもお世話になってます
■❤ New Entry

■ページランキング :2007.10~のエントリー

■過去記事2007年度

■FC2カウンター
■訪問中!

■リンクサイト

好きです神戸

■ネットショップ





スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
【シャコを買うぞ!・4】 仲卸de買い物(4) 再び仲卸のおばちゃんに怒られる
どうにかシャコを扱うお店を 3軒ほど発見。
店頭でシャコを販売してたので
なんどか 行ったり来たりして

どこのがいちばん 新鮮そうか!

見比べにも 神経を使う。



さっき あんなことがあったからね。
小心者のわたくし。


シャコの前では 立ち止まらず
さささっと 通り過ぎざま
シャコの色・ツヤ・形を チェック。

立ち止まらない! 立ち止まったら また恐ろしいことが起こる!! (>_<)



決めたのは すこーし動いてるシャコを見た瞬間。

全体にグテ~~~っとだらけてるシャコの
ごく一部ですが 動いたんだよね。  ほとんど ピクッ って程度だったけど。

そう思ってみると、ここのシャコは透明感があって 身体の色もちょっと緑がかってるあたり
かなり新鮮そう・・・・に・・・・・見える・・・・・

動いてないやつも 動いてるのとおんなじくらいの色・・・・・・に・・・・・見える・・・・


「すみませんっ!」

覚悟の発声!

お店の人、 「?」 という顔をするモノの 
ほんの 3メートルほど離れた位置にいるのに こっちに近づくとか そういう雰囲気がない・・・・

買うんか、買う気あるんか、オマエ・・・・
ってなもんでしょうか?いや、そんなことはないよ、ええ人や、この人もほんまはええ人なんや。。。

でも、 シャコを袋に入れようとか、そういうポーズは見せてくれない。
これはある意味 さっきの恐怖よりも怖いっ!!

ううう・・・・買いたいんです。
このシャコが 買いたいんですっ!!!

ここで負けたら 何も買えずに 築地を後にするに違いない。
がんばれ! がんばれわたしっ!


「これください!!」


かくして ようやくお店の人も 声に反応してくれる。(ここから以前の記事を多少補足しながら転載します)

「どれくらい?」
「これ(カゴに載せてあるのを指さして)のでどれくらいですか」
「1キロくらいだね。キロ○○円」 (あ・・・・・やっぱ。。。キ…キロ単位の値段なんだ・・・)
「じゃあ、1キロください」

「ちょう○○…行って」
へ?なに?何のこと?

やっと目的達成!と ちょっとほっとしたところに 
了解不能な貼付を投げつけられる。
慌ててるわたくしに めんどくさそうに(と私には思えた)あっち、と指差す方に
木製の電話ボックスみたいな、銭湯の番台みたいなものがあって
そこにおばちゃんがいる。

「あ、あそこですね」
おっちゃんはめんどくさそうに(と私には思えた)袋にシャコを入れてそこらへんに置いてる。
あ、それが私のシャコなのね。

おばちゃんとこに行って、とりあえず挨拶から。
「おはようございます」
「はい、○○円」 (ドスのきいただみ声だ・・・(^_^;))
万札しかない・・・ さっき、ご飯食べて千円札使いきっちゃった…
「すみません、これでお願いします・・・」
と、突然おばちゃん、どなり出す。 私にじゃなく、後ろにいるおっちゃんに。
「ちょっと~。おっきいの持ってきてどうすんのよっ!細かいの持ってくるように言っとかなきゃダメじゃない!
ちゃんと言っといてくれなきゃ困るよッ!!!」

・・・って、 もしかして  わたくしのことじゃないでしょうか・・・(T_T)

私には「あいよ」っておつりと伝票を渡してくれたけど・・・
「ありがとうございました」 ←これ、わたくし。
「・・・(無言)・・・」  ←こっち、おばちゃん。

う~~~~~~(涙・・涙・・


仲卸に入る時は ぜったい千円札を切らさないように。
それ以降、私が築地に行く日の前には 必ず両替するようになったのは言うまでもない。

(以上、転載・補足終了。ここまで、前回書いたのと記憶が全く重なっております。いかにこの初築地初買い物が 衝撃的かつトラウマ的に私の中に残っているか。その証でもあります・・・)


              *****


(@_@;) この日のシャコのその後については はじめての築地行きを記した
わたくしのウイウイシイ記事はこちら。

◆そうだ 築地、行こう② 築地で生シャコに遭遇! 2007年12月4日up


このときは こんなあんないろいろがあったことなんて
あんまり書いてないです。

おすまし記事の裏には こぉ~~~~~~んな
語るも涙の物語が あったのですのよ::::::ホホホホホ;;;;;;;;




(@_@;) このあと1年たって このときの強烈な記憶を引きずりだして書いたのがこちら。
今回、文中引用(転載)したのはこちらの記事からです。
◆築地訪問一周年記念シリーズ携帯小説風その3:そして仲卸のおばちゃんに怒られる おまけは 魚のスジ  2008年11月4日up

ふうむ、こちらを見ると、 仲卸には1号館の横から入ったんですね。
そうだそうだ、この日は「高はし」から「豊ちゃん」へ ハシゴしたんだった。

これを書いてさらに1年弱。。。
どんどん記憶が消えていくのは 読んでて面白いけれど、
シャコを買う前のあの緊張感は 忘れられないんだろうなぁ。
何度かいても 同じ雰囲気になっていく。。。。。


ということで、 今回の「シャコ編」 はここでおしまい。

次は何を書こうかな?


(【シャコを買うぞ!】編 おしまい)

人気ブログランキングへ

ブログパーツ
スポンサーサイト


築地 | 21:55:42 | Trackback(0) | Comments(10)
【シャコを買うぞ!・3】 仲卸de買い物(3)
築地の魚は 静かだ。。。。。

魚と言えば 漁港直送の
特にシャコ、川津エビ、タコなどが 魚屋の店頭のトロ箱で
ピチピチ跳ね、うねうねとトロ箱からの逃走を企てようとする姿が
常態の町で育ったわたしだ。


築地の魚・・・・・ 仲卸に入ってすぐ気付いたのは

「魚が うごいてへん・・・」 

トロ箱で安らかにお眠りになっておられるお魚たち。

時々 ドジョウが樽の中でグネグネ動いていたり
活け締めにされてる鯛なんかが どったんばったん暴れてたりはするけれど
おおむねみなさん静か。

「シャコを買うぞ!なんとしても買うぞ~~~!」 と
意気込んだまではよかったけれど

動いてないシャコを 私は見つけられるかしら。
神戸でも、動いてるからシャコってわかる、って感じなのに。。。

もうひとつ、神戸の市場とちがうのは、
シャコのシーズンはどの魚屋でも シャコを置いてるけど

築地の中、すでに 仲卸の長い通路を3往復位はしてたと思うのだけど
どうも シャコは見かけていない。

(ひょっとして シーズンじゃないとか? とは思わなかった。。。
 神戸では完全にシャコシーズンではないし。
 東京のシャコのシーズン、神戸とは違うんだろうなぁ、クラいの感じでしたよ。。)


で、シャコを探す。






店の前に 明らかに素人相手に小売してる感じに 
商品を 小さなザルに入れて売ってる店もあれば
そういうザル系があまりなくて 商品はすべからくトロ箱に、という店もある。

シャコを探して さ迷っている間に 
つい 店頭で 「これいくら?」と
トロ箱の中のものを指さして お店の人に聞いた


その瞬間


「キロ2000円!」  って 
いきなりお店の人が ビニール袋にそれを入れて
重さを計るぞ、 というポーズをした


ヤバいやばい!
買わへんって。むりむり。うそです、ウソウソ。 
ちょっと声かけてしまっただけですって。
ごめんなさい、気が緩んで ついつい声かけてしまいました…・


買う気がないなら 声かけちゃだめだ。


あ~~~~~やばいやばい、「ごめんなさい~~~」 と
そそくさとその店を離れ

自分のうかつさを反省、 若干たそがれながら 
それでもシャコ、あるかな~~~とみてたら

何軒か、店先にザルにシャコを入れて売ってる店があった。

動いてないシャコです。
どちらさんも 色は動いてるシャコみたいな色してますけど
動いてないです。

さっきのことがあるしね。
生半可に 「生きてるか~~~?」 なんて
触ってみたり


できないっすよ???!!!


でも、 もちろん、 買うんですよ。

シャコ。

もう 決めましたから。

この店のどれかで シャコ 買うねんっ!!!!!!!


(つづく)



人気ブログランキングへ

ブログパーツ

築地 | 20:55:02 | Trackback(0) | Comments(0)
【シャコを買うぞ!・2】 仲卸de買い物(2)
「シャコをかうぞ~~~!」

と 買いたいものを決めて仲卸に入る。
これは、実は 初仲卸にしては上出来な作戦だった。

というのは、

仲卸の中に 入ったら とにかく すさまじい数の魚屋さん。
まぐろ、えび、貝、うなぎ、干物、魚卵、冷凍もの、ねりもの・・・
同じ種類のものばかり置いてある店もあるし
なんでも置いてる店もあるし、

そういうお店が ごちゃまぜ状態 で しかも 延々と続くのだから。

どこで何を買えばいいのか、歩けば歩くほど 迷ってしまう。
何か一つ 買うものを決めてるだけでも
お店の見方が キリっと定まるというか
とりあえず シャコならシャコのお店だけはしっかりチェックできる。


たとえば、甘エビ、美味しそう~~~と思って
でも、さっきのお店の方が安かったかな???? 
値段とか大きさとかちゃんと覚えてないから戻ろうとするんだけどさ。

さっきのエビのお店って どこだっけ? 

と 戻った店が エビの店じゃなかったりする。
他の物みて チェックした店だったりするのよね。



しかもね。
仲卸エリアって、いとも簡単に迷子になっちゃうんですよ。



地図、ちゃんと持って行ったんですよ。
でも、 見ながらあるくなんて とんでもない。
足もと、ガタガタだし水浸しのところあるし、
店先にトロ箱が出っ張ってたり
向こうから対向者があれば サッとよけないといけないし
通路で立ち止まるなんて できないできない。

ちょっとこ広い通りで やっと地図を出して
「ここはどこ?私が行きたいのはどこの店?」 とやってたら
が~~~~~~~!!!!!!
っとターレがやってきて 
わ~~~~~~~!!!!!!
っとよけた拍子に 肩からカバンがずり落ちて・・・


そんなこんなですから。

もう大変なわけですよ。 はじめての築地っつうやつは。


それでもね。
わたくしにも次第しだいに 意地が芽生えてまいりました。
このままスゴスゴ何も買わずに帰るのは あまりに口惜しい。
石につまづき、買出しのプロにあおられ、ターレにひかれそうになって
さらに何もゲットできないとは。。。。。
負けたも同然じゃないかっ! 

「何も買わずに帰られりょうか~~~~~!」


はいはい。 独り無駄に燃えましたよ。
水のシタタル第6大通路で。。。。




(つづく)




人気ブログランキングへ

ブログパーツ







築地 | 22:02:43 | Trackback(0) | Comments(2)
【シャコを買うぞ!】 仲卸de買い物(1)
(これはとある一般主婦が築地の仲卸に、大胆不敵にも潜入し買い物をする、という
 暴挙の一部始終ないしは途中適当に省略、を携帯小説風につづっていこうと試みたものである。
 すでに朦朧としている記憶を元に、多少のフィクションと本人の信じるところのノンフィクションが
 入れ混じったものであることを最初にお断りしておきます。 
 あ、また、写真は面倒なのでこのシリーズでは省きます(●^o^●))


一人で仲卸に入ってみよう、と思い立ったのは突然だった。

「築地に行きませんか?」と誘ってくれた人が忙しいらしく
なかなか日程が合わなかった、というのもある。
年末に近づくにつれ、「混雑する築地」というイメージが
「早く入っておきたい」 と思わせたのもある。

で、場内の地図をプリントアウトし、
最大目的地であるごはん処「高はし」への道も 動画で予習して
とにかく場内にある「高はし」までたどり着けば
オノズト仲卸にたどり着けるだろう、 という
安易な考えで
初めての場内潜入に向かったのだった。

「高はし」には首尾よくたどり着けた。
これはすべからく「高はし」への道を動画に仕立ててくれたサイトのおかげだ。
(そして、このサイトの主が、わたしを築地にいざなってくれた張本人なのだけど)

「とくダネ!」であなご丼を見て「これを食べたい!!!」と思ったその熱烈な想いは
簡単に遂げることができた。

この調子。

そう、調子に乗ってた。 ちょっとね。

どの道を使って仲卸にはいったのか。
今はもう定かではない。
でも、おそらく 地図で見るところの最短距離、
一般人は普通歩かない、 トラックに品物を積み込む場所を突っ切って
仲卸に入ったに違いない。

仲卸に入れたとしたら

シャコを買うぞ!

そう心に決めていた。
だから、仲卸に入ってすぐ
眼はシャコだけを探していた。

なぜシャコを?

それは 生の、というか 生きているシャコを知ってるから。

私の田舎である神戸で春の風物詩の一つが
足をすごい勢いでシャカシャカシャカシャカ動かしてる
とんでもなくグロテスクなトロ箱いっぱいのシャコ。

いくら世界の築地だとて
生きてるレベルのものを知ってれば
プロの仲卸さんに「けおされる」ことなく買い物ができるだろう。

単純にそう思ったから。

仲卸突入直前、 築地関連サイトで
「そろそろシャコが出てきてますよ~~~」
という情報を見た、というのも 直接の引き金になってはいた。

ところが・・・

(つづく)

<資料>
築地市場「高はし」への道 築地市場の地図 ≪春は築地で朝ごはん≫ (つきじろうさんのサイト)
築地市場全マップ


人気ブログランキングへ

ブログパーツ

築地 | 22:48:25 | Trackback(0) | Comments(2)
今日の小車(8)・≪高はし≫のどぐろ・青森のシジミ
今日の小車。

こぐるま8

蒸し暑くなってきました。
今日築地は、雨が時々 ざ~~っと降り過ぎていく 不安定な天気。
氷も涼しげに見えるようになってきたなぁ。。。。と 氷売り場の近くにいたら

大きな木の箱を載せた小車が通り過ぎる。

ゴロンゴロン ゴロンゴロン ・・・ と
車輪が路面に軋むごとに 木の箱に共鳴して音がする。

ゴロンゴロン ゴロンゴロン  ・・・


           ***


今日の高はしさん。
高はし

珍しく店頭のご案内に目が行く。
なんかすご~~~く気合い(殺気?笑)を感じたもので。

「王の帰還」

ん? なんじゃ???

ノドグロが入ってますよ、 ということらしい(^_^;)

当然、目指すは 喉黒さま。
店内入ると ラッキー!まだ 札がおろされていない。

小さな声で おねぇさんに 「ノドグロおねがいします・・・」 と言ったら
「midoriさん、 ちょっと奥に。。。」 とでっかい声で3代目===(^_^;)

「これ、midoriさんが食べる子だから」
ノドグロ

赤い大きなおめめがうるんでる。
コロッと太った麗しいノドグロさん。

ううう・・・・ いただきます・・・・(合掌。。。

のどぐろ

甘みが強めの、めちゃめちゃ美味しいお魚のお出汁たっぷりお汁でじっくり煮られて
上品なうま味、脂、とろけるコラーゲンたっぷりの皮が
わたくしを 物言わぬ20分間に誘います。。。

煮魚四天王。

さすがの貫録。 一人でいただくのが 本当に心ぐるしい。 でも、 おいしい幸せ。 うれしい。。。。


御馳走様でした!


            ***
仲卸。

サンマ

先週からすでに 東京築地にはもうサンマの入荷があります。

ハモ

ハモ、 高い~~~~
京都の祇園祭、最高潮の今が ハモも最高値?
500gサイズのハモ、キロで4500円ということは、
1匹大体2300円くらい・・・

先日買った 青森のシジミ、
もう一度買おうと思って 前回と同じ仲卸さんへ。
今回も大きいのが残ってたけど、
今回は 十三湖の方のを買ってみた。

帰って早々、水にちょっとだけ塩を入れてシジミを入れたら

シジミ

入れてすぐに しじみが パカパカ口をあけ始めて・・

おおおおお~~~~やばい、しんじゃう????

と思ったけど、 実は ものすごく気持ちよさそうに 水管を開いてたのでした。

シジミって。 かわいい。。。。
なんだか ペットみたい。。。。

どうしよう。 可愛すぎて 明日シジミ汁 作れなくなりそう。。。





人気ブログランキングへ

ブログパーツ

築地 | 22:45:02 | Trackback(0) | Comments(2)
今日の小車(7)
小車7

築地の通路。
モノも人も すり抜け合いながら通る。



    ***


とてもお世話になっていた仲卸さんが お店を閉められた。
残念です。




みなさん、どうぞ お元気で。

どこかできっとまた おあいしましょう。







ありがとうございました。

ブログパーツ

築地 | 23:31:20 | Trackback(0) | Comments(4)
今日の小車(6) 青森のシジミ
今回は なんと 鉄製の小車を発見!

小車6-1

水産とやっちゃ場の間の、
小車だまり
とわたくしが 勝手に名付けているエリアです。

久しぶりにこちら方面にやってきたので
(仲卸も広いので、毎回端から端まで歩くわけではない)
「あ、そうそう、 ひさしぶりに 『小車だまり』 で 写しましょう!」
と やって来てみて 発見したのです。

なんか ガンダムみたいな(?) 超合金的 な(??) やろう  な かんじ ・・・

でも 小車 なんですけどね。  きっと ・・・


小車6-2


それにしても 小車を撮るのは 想像以上にプレッシャーがかかります。
いままで 本当に何気なく撮ってたので
ぜんぜん気にもしてなかったですけど

意識過剰じゃないかと思うけど

小車だけ撮ってる人って  やっぱり  ちょっと  ・・・

へんだよね  ・・・

って お兄様たちに 見られてるような気がしたりしちゃうものです。

ふん。
まけないワ。


)^o^(


          ****


「高はし」さんで
今週は今日だけよ
という
最近妙に噂がウワサをよんでいる
青森産の でっかいシジミが 入るということだったんだけど

朝、瞬殺だったでしょうか。
私が訪れたときにはすでに跡形もなく。。。


で、 食いっぱぐれた私は

青森シジミ

当然。 買いましたサ。

お味噌汁にしました。

上品なお味です。  ちょっと病みつきになりますね。これは。

1キロ2300円。 青森小川原湖産。
かなりお高いですね。 でも、 しょうがない。 食べたいんだもの。
今回は500g買いました。

もう一回くらい買おうかな・・・

人気ブログランキングへ

ブログパーツ


築地 | 23:37:40 | Trackback(0) | Comments(12)
今日の小車(5) アユ・白バイ(レシピつき)
今日の小車。

小車5

今日は曳いてる人も写してみました。
こういうのが好きなんだなぁ。。。

小車5-2

空の小車は結構スピード出るみたいです。
というか、何度かひかれそうになったことがあります。。。(^u^)

今日も小車さんたちがあちらこちらで大活躍してました。

小車を写真に撮ってる人はあまりいそうにないので
人がひいてる小車を撮るのは勇気がいります。
本当は人がひいてる姿が一番好きなんだけど。。。

    ***

今日のお買いもの。 年に一度は。。。。

アユ

去年も一度買いました。
今年もそろそろお値段が下がってきているようなので、思い切って。

家に帰り、庭に「生やしてある」(勝手に生えてきたのでこれ幸いと育ててた) 蓼 の若葉をむしり
蓼酢を作りました。

いやいや、美味しい。。。
脂の香りがたまりません。
皮も美味しい。頭も美味しい。。。

やっぱり 年に一度くらいは アユ 食べたいです。


今日の「高はし」さんで出会った 青森から来た でっか~~~いシジミ。
シジミ

つきじろうさんの記事
を拝見してたので、頼んでみました。
でかいね~~~!!!(^O^)/

大きさを比較するものがなかったので、手に載せてみましたが、
ちょっと想像を絶する大きさじゃぁぁ~~~あ~りませんか?)^o^(
(これは一番大きいやつですけれど)

今までこんなに大きなシジミを見た記憶がなかったので、
仲卸に入って見てたら、 このサイズ位のが所々で扱われてました。
今、このシジミのシーズンなのかしら??
一度買ってみようかな???
(「市場や各地で見られるシジミ」 ぼうずコンニャクの市場魚貝類図鑑)


今日はアユのほかに 白バイを。
先日「高はし」さんで社長に白バイの煮付け方を教わってたんですけれど、
今回はなんと、煮上がったばかりの白バイを試食させていただきました。

煮汁の味。

これは食べてみないとわからないでしょう??


で、今日の社長さんの白バイの煮汁。
ふわっと軽い甘さが 貝のうまみを引き立てるんですね!
これは。。。。

遠い昔、 金沢の魚屋さん&飲み屋さんだった「寺喜屋」さんで食べた
めちゃうまバイの煮付けを思い出しました!!!
寺喜屋 Yahoo!グルメ

この味。

当時は煮ものが苦手で、全然再現できなかったけど、
今日の味付けを元に、少しだけ再現できた。。。かな???
続けて作ってるうちに 何とか近づけそうな予感です。
嬉しい~~~~!!

社長さん!ありがとうございます。
白バイ

これは 殻。 味見した分のです。
今、本体は煮汁に浸かって冷蔵庫に入っております。

「煮汁に熱いごはんいれて、貝の刺身の細切りでも入れて食べりゃあ、
 いい暑気払いだよ」

と、社長さんのお言葉。 ほんまにこれは暑気払いに最高です!

今年の夏は 貝の煮ものにハマりそう~~~(^u^)


→人気ブログランキングもよろしくね☆


あ、そうそう。
白バイのレシピ(「高はし」社長さんバージョン)を簡単に
下に載せておきました。
煮汁の味がポイントですが、これは味をみながら何度も自分でチャレンジするしかないです。。。
健闘を祈る。

ブログパーツ

続きを読む >>
築地 | 21:37:24 | Trackback(0) | Comments(12)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。