■お知らせ
■『築地あるき』

楽天ブックでどうぞ~~!!

■ブログ内検索

■ユーザータグ
■こんな感じで書いてます
■最近の記事はこんなです。
■神戸で生まれ育って18年。

midori

Author:midori
今では東京暮らしの方が長ぅなってしまったけど、大好きな神戸にいまでもこだわりがあります。
山と海がないとね~
(本文中の写真はクリックすると少し大きくなります)




神戸の会社設立屋が送る神戸時計

■ブログ全記事表示
■RSSフィード
■コメントありがとうございます。
■とらばしてもらいました
■イカナゴのクギ煮アンケート!

イカナゴのクギ煮のアンケートにご協力ありがとうございました。 こちらの記事にまとめました。 イカナゴのクギ煮アンケート結果報告 これからも宜しくお願いします。

■いつもお世話になってます
■❤ New Entry

■ページランキング :2007.10~のエントリー

■過去記事2007年度

■FC2カウンター
■訪問中!

■リンクサイト

好きです神戸

■ネットショップ





スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
≪高はし≫「あんこう煮」今季食べおさめ?
金曜、 東京は一日雨模様。。。のみならず
多分すごい寒い、もしかすると雪?

今季ラストあんこう煮


という天気予報を見たら 金曜の築地行きを繰り上げて木曜にしようって
普通はそう思うわね。
そして 木曜も金曜もフリーなわたくしは 迷うことなく木曜の築地へ。

でもさぁ。。。。みちゃったのよぉ。。。。
「高はし」さんの店の裏で 大旦那が仕込んでる あんこう を・・・

あ、明日(金曜)、 あんこう なのね。。。。

大旦那が あんこうのヌル(体表体内いたることろのネバネバ粘液)を
包丁でこそげ落とし、またこそげ落とし、

「これがあるからアンコウはちゃんと処理したもんじゃなきゃダメなんだ」

胃袋を広げて

「これは包丁だけじゃだめなんだ」

包丁でこそげ落とした後塩もみし。。。

「あんこうは卵巣が膨らむと肝がやせる。そうなるともう終わり。
 今年ももうあと少ししか出せないんだよ」

・・・今週は北海道、しけで大変だったみたいですね・・・

「そうよぉ。流氷の海に漁に出掛けるのよ。命がけだから
 いくら欲しいって言われても無理なんだって、そりゃそうだよ」

あんこうが下処理されていくのをずっと眺めていた。

いつも なにげなくいただいているご飯。
そうなのよね。。冬の海で漁して送られてきてこういう処理があってこその美味しいご飯なのよね。

あんこうはつるし切りを含めて今季4回ほど処理を拝見したけれど
何度見ても、いつみても
ほんとうに大変。。。

。。。。。。。 となれば 当然 
このあんこうは わたくしが食べてしんぜねばならんだろう。(*^_^*)


ということで、 最高気温4度
(しかも明け方が最高記録、それからどんどん冷えていく。。。)
ミゾレまじりの雨をついて
築地まで。。。。。。。。

道中
「midoriさん、今日はあんこうが売れ行きいいんでヤバいっすよ!℡した方がいいんじゃないっすか?」 
との忠告メール有、
「今日は築地にきてますかぁ??」
とのおたずねメール有、
℡しようにもなんと「高はし」さんの℡番号が携帯に未登録だったり
ようやく℡したら三代目が「大丈夫、とってあるから」とありがたいお言葉。。

などなど。

築地についた時にはちょうど 雨がミゾレに変わりつつあり。
last ankou

「東京は今年初雪」 だったそうだ・・・

転ばないように気を付けながらゆっくり向かった「高はし」さん。
場内、お客さんは若干少なめ。 流石にお寿司屋さんは行列だったけど
「高はし」さんには すんなり潜り込めた。

「お、いらっしゃい~!」
三代目の威勢のいいごあいさつ。返礼。お礼。お話。何やかや。。。。。
気がついたら おねぇさんが小さな声で
「では、あんこう煮でよろしいでしょうか?」 あ。はい。 (^○^) 注文し忘れてた…笑

last ankou2

今季、たぶんラストあんこう。
いい香り。 あ~~~~美味しそう!!!!

でも、ここで慌ててはならぬ。

まずは 忙しくほかの小皿に手をのばす。
おシンコもそのままワシワシ食べる。
小鉢の煮物もワシワシ食べる。
ここではご飯には手をつけない。我慢。ぐっとがまんです。

なぜここでごはんは我慢?

それは・・・・
なんといっても  今シーズン4度目となるあんこう煮。
ついにわたくしは
あんこう煮@「高はし」の食べ方midori流
をあみだしたからなのだ!

あんこう煮の醍醐味は、なんといってもその汁。
あんこうの七つ道具から溶け出てくる まろやかで奥深いコラーゲン系の旨味。
お口の中がホワ~~ッ!!っと幸せになる、あの香り。
フィニッシュを その香りで〆るためには
あんこう煮の汁の中にご飯をインして、
あんこうの旨味を最大限感じながら それをすすりきってフィニッシュ!
というのがmidori流 理想的なあんこう煮の食べ終え方。

それゆえ、 まずはあんこう煮(とご飯)以外のものは先にやっつけてしまうのだ!



ということで 必死になって小皿系を攻撃していたら
「midoriさ~ん、おいしい?」  (出た~~~~三代目~~~~)

「・・・あ、まだそこまで到達していません。。。。(苦笑」

「あ、そうなんだぁ。。。。笑」

ということで、三代目公認のもと、せっせと小皿攻撃を再開。
と。
横からおねぇさんが追加のお皿を・・・・・あれ??・あれれ???
おまけ
(サービス?。。。あ。。ありがとうございます!!!。。。m(__)m深謝)

えらいことになっちゃった!
あんこうの前に立ちはだかる巨大な敵! 敵だけど、超味方!!嬉しい悲鳴!!!!

き、貴重なご飯を、それでもお刺身とあらば ご飯にのせて食べねばならぬ。
刺身にわさびのせて醤油付けて ご飯チビチビけちけちしながらも
ワシワシ。ワシワシ。。。。。ヴマァ~~~~~!!ヽ(^o^)丿 
(いや、マジウマでした。ブリも、そして中トロマグロ==!最高~~~~!!)

おっと、忘れるはずもないけれど、 ついつい忘れがちになりがちだったよ、アンコウ君。
ごめんよ、ごめん。今からね。
待っててよ。ほれ。それそれ、これは、胃袋ちゃん。。。
(もう何度も大旦那の解説付きであんこうの解体を見学してるので
大体の具材は何かわかるようになっておりまする。。。)
あああ、この歯ごたえ。
ジワッとしみ出る肝系の香り。
うふう、たまらん。 ご飯をレンゲにのせて お汁にイン!
うほほほ~~~(^○^)
これよね!これこれっ!このお味っ!

口の中いっぱいに広がる マッタリしたうま味。
ご飯が加わることで 奥の方に隠れていた味が前面に押し出されて
ご飯の粒と粒が うま味に満ち満ちた汁の間でゆるゆると浮かんでいる。

ウッマ~~~~~! 


あとはもう、レンゲの上で豆腐を崩して汁とともにいただくとか
その豆腐とご飯を一緒に汁とともにいただくとか
肝をちょっとかじってみるとか
また七つ道具をひとつづつ点検しながらゆったりかみしめてみるとか

そういう作業が 続くこと約15分。。。。


ついに わたくしにとっては今季最後? の あんこう煮を 完食したのでした。


もう・・・・満足。。。。。!!

来年まで いい思い出を胸に
楽しみに待っていられそうです。

本当にごちそうさまでしたm(__)m


※考えるに、今年は一度もフグに縁がなかった。
 アンコウの年だったのだ。
 東京ではフグよりもアンコウのほうが手に入れやすい。
 これも土地柄なのか。
 とにかく、一度美味しいアンコウを食べてアンコウにハマるとやばい、
 ということは 今回よくわかりました。(*^_^*)

食べるだけでヘロヘロになってしまったmidoriを人気ブログランキングで応援おねがいいたしまする。。

<今年初あんこう記事>
◆あんこうや≪高はし≫であんこう煮を喰らう! 2009.1.9付

ブログパーツ
スポンサーサイト


築地 | 00:03:57 | Trackback(0) | Comments(10)
おばあちゃんの原宿オフ≪ラ・グーリュ≫@巣鴨
先日、やっちゃ場を案内してくださったフレンチのシェフのお店でオフ会。

ラ・グーリュ1



ところで昨日、「20世紀少年 第2章」をやっとこ観てきました。
なにはともあれ 1960年生まれの私にとって最高のノスタルジック・エキサイティング・ファンタジー作品!
               ヽ(^o^)丿

sugamo1



その「20世紀少年」に なんと 今回のオフ会で訪れたばかりの
おばあちゃんの原宿、巣鴨が 何度も何度も出てきたのよ~~~!
ほんま、びっくりしたでぇ。。。。!!!
写真に撮った、この場所。
巣鴨 高岩寺。 (→ウィキペディア)
この門と、その左に「巣鴨地蔵通り商店街」とあるアーケードが何度も出てきたけど
アーケードは ここにあったかな?あったっけ?
sugamo3
あ、あった。 遠景で撮った中に アーケードがちゃんと写ってました・・・

sugamo2


奇遇やなぁ。。。それにしてもびっくりした。
「骨抜き地蔵さん」とよばれるこのおてらのご本尊は非公開なんだそうだが
皆さん、「洗い観音」と呼ばれる観音さんをお洗いするために行列して並んではります。

sugamo4


頭上に輝く 「AED」 のマークが素晴らしい! (→AEDのサイト。日本心臓財団)
こんなにわかりやすいAEDの設置場所標識、初めて見たような。。。
何かあった時にすぐ駆けつけられますね。
「AED」 と 消化器の場所は これくらいわかりやすくしていただけると
それだけでも街生活の安全性が高く感じてしまうから不思議なものです。
さすが、おばあちゃんの原宿。巣鴨!
(巣鴨商店街歩いているだけで同じ標識を2か所で発見しました)

sugamo5

sugamo6


sugamo7
巣鴨って、なんとなく関西を感じさせる。
ものすごいミセス向きの服のお店靴のお店、ホカロン山積みの薬局、
通りすがりのおばちゃんが「あめちゃんやろか」 ゆうてくれはりそうな気配すら感じる。(それはないか。。。
そして豆大福のお店がやたらと多い!笑
あ、この大福屋さんのショーケース、よく見て。関西人には見なれないものが。。。。
「今日のおまけ」でアップするけど、びっくりせんといてね。(*^_^*)


あっちへふらふらこっちへふらふら。
やっとシェフのお店にたどりついた。 あら、なんだか「巣鴨」っぽくない(?)
ヨーロピアンなたたずまい。。。

sugamo8


≪レストラン ラ・グーリュ≫
    東京都文京区千石4-43-5 ラピュータ千石1F ℡03-3944-6109 →HP 火曜定休
    (要電話予約)



sugamo8


今回同行してくださったのは
まさぞうさん。 つきじろうさん。 なべひろさん。 プラスおまけが一人。
そして、いつも通り、素晴らしい詳細レポは つきじろうさんのブログへ、ぜひぜひ。笑
sugamo9
しょっぱなの「前菜」(5人でシェアしながらいただく)から 狂喜乱舞の美味しさ。
トップ画像の「猪モモ肉のハム(自家製)」の美味しさも特筆ものだけど
こちらの「菜の花とヤリイカのマスタードオイル肝和え」
どうしよう!めちゃめちゃ美味しい!!!
マスタードオイルとイカの肝が絶妙なバランスのソース。
ヤリイカが新鮮で甘くて濃厚でこれまた絶品で。。。
お皿食べちゃおうかと思うほどおいしかったのですよ。ホント。(^_-)-☆

sugamo10


「ワインはどうしましょう?」 つきじろうさんがシェフと相談して決めてくださったワイン。
とってもお料理に合ってオイシイ。赤味の強いロゼです。
お酒のことなら、、、のつきじろうさんとなべひろさん。
お食事しながらいろんなお酒の種類の説明をうかがうのも楽しい。

sugamo11
パン。皮がバリッツ!としてて香ばしく、中がフゥ~~ンワリ。
まさに神戸で馴染んで食べてた美味しい、普通に美味しいぱん!
これこれ。こういうパン、普通に食べたいのよね。普通にヽ(^o^)丿
この 普通 のなんと贅沢なこと。。
そしてさらに
お皿が空くか空かないうちにシェフが焼き立てを追加して持ってきてくださるの。

sugamo13



今、シェフがお一人で切り盛りされててとても大変?と思ってたのだけれど
心遣いが素晴らしくて、器も手作りされているというシェフの穏やか~~な雰囲気に
すっかりくつろいでしまう。
お料理を待つ間がとても楽しくて、おしゃべりも弾んで、
仲間とゆったり優雅でまったりとした時間をすごすには最高のレストラン。

sugamo12


メインディッシュはお魚お肉両方選んでみました。
真鯛をオイル掛けながら表面からフライしたようなお料理。
じっくり時間をかけてフライされた細かい骨はカリカリに仕上がっているので 食べられちゃう。
むしゃむしゃむしゃぶりついて食べてしまいました。

sugamo14


お肉は子羊の肩ロースクリーム煮。
子羊の煮込み???カレー以外で初めて食べる~~~(^_-)-☆
グリルとまた違った子羊のお肉の風味。
煮こむとどうなるんだろう?と思ったけれど、上質なコーンビーフみたいに
お肉の香りがギュッと中に閉じ込められていて、かみしめるとフワッとほどけ出てくる。
なんとも表現しがたい複雑なお味ながらモッタリしすぎていないクリームがからまって、
うう~~~ウマい~~~~!! (●^o^●)
子羊の脂身、煮こまれてトロットロ。美味しい~~!!!ヽ(●^o^●)丿

sugamo15


チーズも

sugamo16


デザートのブリュレも 両方頂いたので大満足!

ブリュレ、「ウドの・・・」とシェフがおっしゃるのよ。「ウドの・・・」って。
ウド?ウドウド?
そういえばなんとなく後味にホワイトアスパラのような・・・
(先日やっちゃ場で「ホワイトアスパラ」を買って茹でてから、ちょっとした
 「ホワイトアスパラ」マイブーム中のmidori・・・)
sugamo18
(エスプレッソのカップもシェフ手作り。。。しっぽり手のひらにおさまる、イイ感じのカップでした)

お肉系のお料理は派手だから目を奪われがちだけれど、
こちらのお野菜たちは 美味しかったなぁ。。。
野菜だけのコースも食べたくなっちゃうくらい。
今度伺う時は「ホワイトアスパラ」の茹で方をシェフに教わらなくちゃ。。。。(笑



結局、お料理全部アップしちゃった (#^.^#)

久しぶりのフレンチ。 
嬉しかったなぁ。。。
ごちそうさまでした!

そして、素敵な時間をご一緒してくださったみなさま、
ステキなお料理と空間を私たちに提供してくださったシェフさま、

本当にありがとうございました!!(*^_^*)


<きょうのおまけ>

うふふふ。これな~んだ?!
sugamo17
巣鴨の豆大福のお店で見つけて
「つきじろうさん、これ、しってる?」
と聞いてみたら 案の定
「え、なんですか?」 って。 知らないの。
関西から来て 初めてこれ見た時は 私もおったまげたよ・・・・


「すあま」

といいます。
お菓子です。
ラーメンにいれる 「なると」 ではありません。
「紅白かまぼこ」 でもありません。

純粋に甘いお菓子です。

どんな味かって?

こればっかりは食べてみないと!笑


つきじろうさんに 食べさせてあげようと 
買ったのを分けずに持って帰ってきちゃったんだけど

こちらのお店のも やっぱり 「すあま」 の味でした。

う=ん、わるくはないと思う。
わるくはないんだけど、 これが大好きで
一本買って来て食べる という話を聞いたら ちょっとびっくりする。

東京では コンビニでも ヤマザキデイリーストアでも売ってる。

「すあま」 好きが 東京には結構いるらしいぞ・・・・笑  

「すあま」の味を知りたい人は、まずは人気ブログランキングをクリック、そしてそのあともどってきて右下の「more」をクリック。(●^o^●)

ブログパーツ
         


続きを読む >>
オフ会 | 23:54:17 | Trackback(0) | Comments(8)
緊急速報!今年も2月28日がイカナゴ漁の解禁日!イカナゴのクギ煮2009 ①
つ、ついにこの日がやってきました!!

イカナゴ漁解禁日が決定! ことしも 2月28日!

midoriryuu


<イカナゴ2008、midori初イカナゴクギ煮。。。ほぼ醤油のつくだ煮。。。>

ちなみに、去年もおととしも、解禁日は2月28日。
最近、2月中解禁に何か、こだわりでもあるんかな?兵庫県漁連さん??笑

イカナゴの新子の漁については今年も兵庫県漁連さんのHPでチェックしてくださいねっ!
兵庫県漁連HP

sinko

<新子2008>

ちなみに去年は思い出すに悲しい貨物船沈没事故、そして重油流出があって
シンコ漁は途中で中止になりました。

今年は無事に美味しいシンコがたくさん水揚げされて
クギ煮の匂いを全国に届けられますように!

sinko!

<あ~ん、でも美味しかったのよぉ。。。この香り。懐かしい春の風物詩。。。>


去年の当ブログイカナゴ関連記事

◆今年初イカナゴは 築地の釜揚げ! イカナゴのクギ煮2008 ① 2008,2,24付
◆緊急速報!今年は2月28日がイカナゴ漁解禁日! イカナゴのクギ煮2008 ② 2008,2,25付
◆イカナゴも海苔も えらいこっちゃ!!! 2008,3、10付
◆イカナゴ、ゲットしてんけど…  イカナゴのクギ煮2008 ③ 2008,3,17付
◆イカナゴ漁中止!垂水の浜(現場)へ行く・・・・ イカナゴのクギ煮2008 ④ 2008,3,19付
◆これも神戸の春の味。【茎ワカメの煮つけ】 イカナゴのクギ煮2008 おまけ 2008,3,22付
◆イカナゴ漁2008 その後 2008,4.5付

一昨年にやった、イカナゴのクギ煮アンケートについて
◆イカナゴのくぎ煮アンケート 結果報告!!!!! 2007,11,9付

イカナゴフルセ@築地

<フルセ(親イカナゴ)> 前回のやっちゃ場編の時に場内で見つけたもの。

ikanago


<フルセ(親イカナゴ)> これは同じ日、場外で見つけたもの。 新ものだそうです。でも、まだ新子の釜揚げは出てなかった…


ところで!

今年私が見つけた 今年最初のイカナゴ関連記事は・・・

「クギ煮検定で元気を」 asahi.com 2009、2,2付

おおお!イカナゴのクギ煮、おまえもかっ!(●^o^●)

詳しくは、こちら!
『神戸いかなごくぎ煮名人認定試験の実施について』 神戸市産業振興局水産課(DPF)
実施日は3月15日(日) 場所は神戸市立水産会館及び神戸市立水産体験学習館・・・・ って。

あ~~~~行きたい~~~~!見に行きたい~~~~~ヽ(^o^)丿

??あ、実技はないのね・・・・???
なぁんだー~~~~ \(-o-)/

まぁ、そういうことでイカナゴのクギ煮が盛り上がるのはとても嬉しいことです。
っていうか、ちょうどそのころ、神戸に帰れるかも!

去年に引き続き、 今年もイカナゴのクギ煮に挑戦か!!!!

おおおおおお~~~~~~! がんばるど~~~~~~ヽ(^o^)丿


イカナゴももちろん、人気ブログランキングもヨロシクねっ!!(^_-)-☆


<新着情報>
イカナゴ・シンコ漁解禁 大阪湾、初日は不漁 (神戸新聞ニュース) 2009,2,28付

いかなご創作料理会@垂水センター街 2009,3.7付 ≪神戸まち探訪 下町ブログ≫ なかさんが神戸の下町、市場を丹念にレポートしてくださっているとても貴重なサイト。廉売市場もなかさんに写してもらうとまるでディズニーランド並み、ワクワク感いっぱい~~!(*^_^*) 

ブログパーツ



街あるき | 22:19:03 | Trackback(0) | Comments(8)
ターレ初体験!<仲卸で買い物・番外編>&≪高はし≫赤地がれい
ギヤァ~~~~~~っ!!

ta-re




このシーンはいったい・・・・・(^_^;)


先日の やっちゃ場潜入レポの続き・・・・なんですが・・・・
◆築地のやっちゃ場(青果部)潜入レポ<仲卸で買い物・番外編>&≪高はし≫ぶり刺し!(素人築地あるき体験記) 2009.2.18付

皆さんとお別れした後、もう一度水産物部に突入しました。
前回載せていないお魚、気になったものもアップ。

鰆!


鰆! 前回の西京焼きで見たような、でっかい、身の分厚い鰆です。
鰆、好きな魚だけれど、去年はマナガツオに気をとられている間に食べずに終わってしまった。
今年は絶対買うぞ~~~~~ って、これ一本何キロ?(^_^;)
鰆を買う日は 流石に鰆だけで保冷バックがいっぱいになりそう。。。。

ササガレイ


ササガレイ。 (ヤナギムシガレイ→市場魚介類図鑑
神戸では冬の風物詩ともいえる日本海側からくるササガレイ。
築地でも結構見かけるのは 意外。 でもなつかしくて嬉しい。
実は子どもの頃、親が好きでよく買って来てたのだけど
そのせいなのか、今では私はササガレイは食べない。。。。

matukawa


マツカワ。
去年、初めて手に取った「築地魚河岸三代目」のコミックス。 →過去記事
そこでとても気になったのがこの 「マツカワ」 というカレイ。 (マツカワ→市場魚介類図鑑
築地には北の海からたくさんの種類のカレイが入ってくる。
神戸でカレイというとメイタカレイ、そしてササガレイ…・
神戸の魚を追いかけるのと並行して 東京ならではの魚も開拓したい。
その筆頭が この マツカワ。
スーパーで一度切り身を買ったら めっちゃ美味しかった!!!
正直、今までのカレイのナンバーワン! ただ、値段もめっちゃ高かった…(T_T)
だから、こういう風に活けてあるマツカワは はたして・・・・ おいくら・・・・???(怖

anago


アナゴです!
きれいねぇ。 お値段もお手頃。
大きめのと小さめのが混在してます。 今日は見るだけ~~~


そうこうするうちにお昼に行きましょう、ということになり。。。(この段階で影の同行者有)
またもや高はしに向かおうと 仲卸を出ようとしたら・・・

「お姉さんお姉さん・・・どこ行くの?」 と セクシーヴォイスが。。。
お! なんと、ターレ乗りの 〇〇さん。。
「ちょいと高はしさんまで」
「それはちょうどいい。 のせて行ってあげるヨッ!」
〇〇さんのピカピカ光る築地のロールスロイス、スーパーターレ1号!
「えええ~~~! それはウレシイィ~~~~~!!!」

もちろん、その場で乗り込む midori&影の同行者エックス。
い・・・意外に車高が高い・・・
なんとか乗り込んだ瞬間、弾丸スタート! ヒェェェェ~~~~~~!!!!!

「写真、写真!」こんなチャンス、写真にとらんでどうするねん! と思ってカメラ取り出そうにも
すごいスピード?でカーブ、レシーブ、ジャンプ! 

危うくカメラをすっ飛ばしそうになり、 さらには自分もすっ飛びそうになり、
慌てて手すりにしがみつきながら バッグをまさぐりカメラを取り出し
ようやく撮った一枚が。。。。。 トップ画像だぁ。。。。(T_T)


さすがのつきじろうさん、ターレ体験をなんと動画で押さえておられます。
うううむ、キャリアの違いをまざまざと感じる。。。。
◆【動画】 築地ターレット・ドライブ2008.2.8付・・・おおお、ちょうど1年ほど前の記事ですね。。。

どうにかこうにかわたくしも落っこちることなく、
「高はし」さんの玄関先に チャッ! とスーパー・ターレ1号をつけてくれた〇〇さん。
「よっ! ついたよ!」
ターレの振動に足元もふらふらしながら着地。 
おおおお~~~~~~~~~~~~。 タ、タ~レに乗ったぁ~~~~~~~(゜o゜;)

頭の中まだ振動でボーッとしながらも、 記念撮影きねんさつえい!!!

ta-re2

ちょっと恥ずかしすぎるのでカナリ加工の記念写真です!(*^_^*)

〇〇さん、あ、ありがとうございましたぁ~~~~!m(__)m

ターレって、おもったよりハードな乗り物なのね。。。
初ターレ体験の夢見心地と内臓の振動を残して
あっという間に〇〇さんはチャッ!と去って行ったのでした。。。。カッコエ~~~~・・・・・・




本日二度目の「高はし」さん。
一日二度は初。 初づくしだ、きょうは!

赤地がれい


赤地がれい (単品1200円)

「高はし」さんでカレイは初めて。 卵の味、カレイの種類によって違うねぇ。美味しい!
肉厚なカレイにハマりそうです。

影の同行者エックスさんとその後漂った先は

kokoa
サービスしすぎでホイップクリームがあふれるココア・・・といえば・・・
フォーシーズンさん。 (→過去記事)

もう、ヘロヘロ。
だけど、お昼時で超忙しいはずのマスターの弁舌が
今日はまた、さえにさえて、もう、お腹の筋肉がマヒして動かなくなるまで笑こけ。


はぁ~~~~お疲れ様でした~~~~!
でも、 楽しかったぁ~~~~~!!!!

ステキなやっちゃ場体験の朝が生みだした新しい出会い、 もう一つ続くのだけれど、
それはまた次回。

ヘロヘロのmidoriに人気ブログランキングの応援を!

ブログパーツ

築地 | 23:03:15 | Trackback(0) | Comments(10)
築地のやっちゃ場(青果部)潜入レポ<仲卸で買い物・番外編>&≪高はし≫ぶり刺し!(素人築地あるき体験記)
≪仲卸で買いもの≫シリーズ番外編。

普段 わたくしが≪仲卸で買い物≫というと、
魚を扱っている水産物部での買い物を指します。

野菜を扱う青果部は わたくしの築地出撃の時間には
業務がほとんど終わっているということもあるし
水産物部のおにぃさん達と違って青果部のおにぃさん達は
「呼び込み」的なことをしない。 というか、ただみてるだけの人には目もくれない。
素人にはちょっと買い物しづらい雰囲気。。。

なので、 今まで何度か足を踏み入れたことはあったのですが、
本格的に買い物をしたことはなかった。


今回、おざわゆきさんのお友達がフレンチのシェフと一緒に
やっちゃ場(青果部のことを築地では「やっちゃ場」と呼んでいる)に行くと聞いて
あいのり(便乗)させていただきました。

まず、朝が早い~~~~(T_T)
集合時間は 土曜会並に早い7時40分。
でも、今日はやっちゃ場に行くんだよ~~~ なんかめちゃめちゃやる気満々~~~!(なんでやねん!

さむ~~~


よりによって 今日はまた 完全な冬型の気圧配置・・・・
ここ何日かポカポカ陽気やったんで、最低気温1度が身にしみます。。。さむ~~~~(T_T)(T_T)

teitenn


わたくしの定点観測地点。
朝の光がいつもに比べてずいぶん横から射し込んできています。
というか、ほぼ横? ということは日の出直後?(T_T)(T_T)(T_T)

あいのりメンバーと無事合流。
で、築地で朝まずやることといえば・・・・・

あさごはん   よねッ(^_-)-☆

高はし


築地で朝ごはん。。。は。。。 「高はし」さん。
人数が結構いた割にはすんなり入れました。
この時間にこの空きようは意外。。。

わたくしが頼んだのは<たら豆腐>(定食) 1800円 →絵はこちらに。。。(秘密サイト

あ。そうそう。
今年のわたくしのいわゆる一つの目標に
「去年食べたのと 違う魚を食べてみよう!」 というのがあります。
たら豆腐も 去年なら食べてみようとは思わなかったもの。
(大体、去年はほとんどが「あなご丼」でしたからねぇ。。)

おすそわけ頂いたのは 鰆の西京焼き。 

鰆西京焼き



こんな肉厚な鰆。。。。  一度買ってみたい! 笑(でもマジで狙ってます
「高はし」さんの西京焼きは始めてでしたが、 予想にたがわず、甘すぎない いいお味。
今年もまたまた西京焼き熱が再燃しそう!!

あいのりメンバーと頼んだシェア一品は ブリ刺身。(2000円)

burisasimotiage


ぶり刺し持ち上げを ゆきさんにお願いしてしまいました(^○^)

もう一枚、すでに流出させてますが、ぶり刺しの写真、 みて! →アップのゑはこちらに(秘密サイト

このブリ刺身が 本日のベストオブ「高はし」!最高~~~~!!!ヽ(^o^)丿
大将も 「今日のは今年最高だよ!」 と太鼓判。
私、ブリそのものが生まれて3回目なんですけど、 これは「美味しぃ・・・・」 と思ったねぇ!
ブリの美味しさ、 なるほど、 こういうおいしさなのかぁ。。。。


な~んてご飯のことばっかり書いてたら全然やっちゃ場にたどりつかないじゃん!(-_-メ)

ということで ごちそう様をして 至急やっちゃ場方面へ。

とはいうものの こちらは絶対はずせません。 仲卸に来たら墨田書房さん詣り。

築地あるき2!


<「築地あるき2」 に 朝日が射し込むシーン>  →当ブログ墨田書房さん関連記事はこちら
順調に売り上げを伸ばしているようです。 場所も定位置確保してるし。。。
わたしゃどうも お店の方に顔を覚えてもらえたらしい・・・(^_^;) がんばって愛嬌振りまくり…・!(^^)!

シェフ先頭にいよいよやっちゃ場へ!

慌ただしい仲卸


さすがに9時前の仲卸は 慌ただしく人もモノも行き交います。

nakaorosi


さらには、このくそ寒い中。。。

ice

氷は今日は近寄りたくない存在。。。。

hikaresou

台車小車(こぐるま)も猛烈なスピードで引かれて行きます。。。
※台車の名前、小車(こぐるま)というのだそうです。リーゼント史朗さん、情報ありがとうございます!

ここを渡ると、その先はやっちゃ場!
ついにやっちゃ場 潜入成功!

1

うわっ! いきなりトレビツ! 見たことない紫のチコリ(アンディーブ)!

この1年、やっちゃ場に入るのが夢でしたが
まさか いきなり欲しいものが手に入るお店にたどりつけるとは…・
おざわゆきさんと出会って こういう機会が訪れて 
なんというめぐりあわせ。 なんという幸せ!
同行を快諾してくださった皆さん、本当にありがとうございます!!

感謝しつつ 目は野菜へ。。。。。

2

「これ、一つでも買えるでしょうか?」 とシェフに伺うと
「こちらのお店は大丈夫だと思いますよ」  とのこと!

お店の方に伺うとOKとのことだったので、早速!
トレビツ・・・チコリ(普通のと紫のと両方)・・・ホワイトアスパラ…

3

家に帰ってさっそく使ってみました。 (今日のおまけにアップ!)
場所もしっかりチェック。次回はもっといろいろ買おう~~~!!(*^_^*)
お魚だけじゃなく野菜も買えるとなると、いよいよ荷物運びが大変になりそうだけど。。。。

このあと 水産物部に戻ります。

daisya

台車小車がならんでます。。

daisya2

ターレもカッコいいけど、わたくし、意外にこの台車小車が好き・・・
今日はたくさん並んでて嬉しいわぁ。。。。
(このあと、ターレに関するサプライズが私を襲うことに!続きはこの次の記事で。。。)

まだ早い時間なのでお店はほとんど開いてます。
久しぶりにお魚の写真がたくさん撮れた。

sakana

ナマコ、そろそろ終わりかしらね。 また年末までさよならね^~^ (なまこといえば・・・過去記事・・・)

kuzira

そういえば、クジラのお店。 いつも遅くくるんで閉まってるから買えなかったけど、
今日はあいてる。 このチャンスはゲット。ひさびさのハリハリ鍋~~~。 
(こちらもクジラのお店といえば…過去記事)

iidako

イイダコも今年は早くから子持ちになってました。
1月末に買った子持ちイイダコは8~9割方イイが入ってて満足~~!(*^_^*)
今年は型が大きいんだって。 関東だからでかいのかと思ってた。。。

akamutu

う。すごい!  すごいアカムツ!
産地の 「竹岡」 って 最近気になってたのですが、 なんでしょうか?
→◆≪築地魚河岸旦那日記≫「ケケ岡の下付帳」 2009.2.17付
→◆江戸前を歩く-どらくスペシャルー 「東京湾のいま~内房の漁港から」
アカムツももう一度くらい食べておきたいなぁ。。。この値段は手が出ないけど。。。。

さて、そろそろ皆さんともお別れです。

nakaorosi

仲卸もようやく落ち着いてきました。
普段は 私はこの時間に出撃してくるのです。
なんともまぁ朝っぱらとは ずいぶん雰囲気が違うものです。
氷もそれほど寒々しく感じない気温になってきました。

今日は本当にお世話になりました。
あいのりさせてくださった皆さんに感謝です。

またいつか築地でお会いできるといいですね!
ありがとうございました。
声をかけてくださったおざわゆきさん、本当にありがとう~~~!(●^o^●)


さあ、次回築地出撃から やっちゃ場にもロックオン!(*^_^*)
(若干「高はし」三代目ふうに。。。?笑)


今日のおねだりも人気ブログランキング!よろしくおねがいいたしまするるるる。。。m(__)m



≪今日のおまけ≫

買って帰ったチコリ、さっそく何かに使って食べ比べ===とおもったら
ちょうどいいレシピが・・・

◆≪神戸っ子ゴハン≫ 
"ザ・シェフレシピ" 「同源」銭明健シェフに教わる☆ オウチでも出来ちゃう・・・パン・トゥトオゥ・スーってなに~(@@?
じゃがいもの千切り、普段も好きでやってるので、がぜん燃えてつくってみました!

zyagaimo


が!
見るからに全然違う~~~~(T_T)

まず、千切り。プロの千切りはやっぱり凄い!
あと、「さっと湯がく」の「さっと」というのは やっぱり何度かやってみないと分かんないなぁ。。。
パッと見、もう少し湯がいた方がいいみたいだ。。。

でも、このジャガイモの。
チコリにのせて食べると・・・・・ 合うんですよ~~~!!!
ほろ苦いチコリ、うっすらごま油で風味の付いたジャガイモと 超合う!

これはいいねぇ。 これからも作っちゃうぞ~~~ヽ(^o^)丿

ちなみに、紫チコリと普通のチコリの味のちがいは・・・
紫の方が苦味が強くて私の好みでした!

わたし、山菜っぽい苦い野菜好きなのかも。(トレビツも苦味がたまらん旨さなのよね。。。)

ブログパーツ

築地 | 22:28:04 | Comments(17)
あなごオフ≪はかりめ≫@銀座
そろそろオフ会の記事もお休みするかなぁ。。。と思ってたところへ飛び込んだ
あなごオフ会
築地の大恩人つきじろうさんの記念の会、しかもあなごづくし。。。
築地&あなごブロガー(?)としてはこれを書かずして何を書こうか。

ということで もうすぐ建て替え予定の歌舞伎座(→ウィキペディア)からほど近い
あなご料理専門店 ≪はかりめ≫さんへ。

はかりめ




≪はかりめ≫   東京都中央区銀座5-9-5 チアーズ銀座6F
             ℡ 03-6253-7070   →ぐるなび(クーポン付)
           土日月曜限定 穴子づくし4800円コースを クーポン利用で3800円!


え~、聖なるばれんたいんでぇ~に あなごを食べにお集まりのみなさまは。。。
  つきじろうさま。 ゆきむらさま。 prayforrainさま。
  まさぞうさま。 なべひろさま。 おざわゆきさま。    そしてmidori。

今オフ会の正式名称は 「つきじろうさんの偉業を称える会(つきじろうさんの300万pvを祝う会)」
先日ゆきむらさんの300万pvを称えたばかりですが、このお二人ったら、本当に仲良く次から次へとpv(ページビュー)をぬりかえ、そのたびに飲み会を開いてはブログネタにしているという、全身全霊ブログにささげておられるお方たちです。それにしても 今日は世の中はバレンタ・・・・

ま、 なにはともあれ めでたい めでたい ということで カンパイ~~
kanpai

むむ! もうしょっぱなから アクセル全開猛烈呑む気満々の呑兵衛は ・・・ やっぱり・・・ あの方。。。
tirori
日本酒を「おすず」 っちゅうらしいよ。こちらのお店では。
錫に入れたお酒は格別旨い!らしい。。。 私にはようわかりませんが。。。
錫の「ちろり」に入って出されるおすず。 (「ちろり」も懐かしい響きやなぁ。。)
「ちろり」の形も見目麗しく。 白木のテーブルも肌ざわりやさしく。
いまおもえば、この時すでに これから始まる至福の時の前奏曲が流れだしていたのですねぇ。。。


saisyo

<牛乳豆腐(手前)、穴子と鰹の酒盗(奥)>
 ・牛乳豆腐にはほのかに出汁が利いている。この出汁の軽やかさはもしかするとあなご出汁?もっちり絶妙の口触りの牛乳豆腐単品でも美味しいが、上にかかっているとろみのついた餡がまた素晴らしくおいしい。絶品。
 ・酒盗がこれまた絶品。めちゃくちゃ新鮮で生のままでガンガン食べたいあなごの細作りが、絶妙の塩加減とまろやかで膨らむ味わいのなにものか・・・これが鰹の塩辛か?・・・で和えられてるような感じの一品。これは危険だ。。酒がすすむ。。。



穴子といえば 神戸では焼きあなごが一般的で あなごは何かと欠かせない。
冷蔵庫には焼きあなごの定位置が必ずあるという・・・・
神戸っ子のあなご好きは、明石海峡という好漁場があるからなのでしょうね。
東京も あなごの好漁場、東京湾を抱えます。
いわゆる「江戸前」のあなご。 天ぷら盛り合わせは言うに及ばず、ドンブリはもちろん、
蕎麦にも欠かせないあなごの天ぷらはあまりに有名。煮あなごの握りも大人気。
東京の人もあなご大好きなんですね~~(●^o^●)

東京で食べるあなご、大雑把に ウナギみたいにでっかいのと、天ぷらに使う小ぶりなのに分かれる感じです。
いつもいただいてる「高はし」さんのあなご丼や、「多け乃」さんの白焼きは でっかいあなごを使ってます。
≪はかりめ≫さんで使っておられるあなごは・・・どうでしょう?

anagosasimidukusi

<あなご刺身盛り>
 ・右から時計回り/刺身・湯〆・焼き霜(炙ってある)、奥にうっすら見えるのが薄造り。それぞれ口に含むと同じあなごとは思えないくらい違った味わいが楽しめた。アナゴスキー垂涎の一皿。さらに・・・

薄造り

<あなご薄造り/アップ(あんまりアップでもないけど)>
 ・フグのようにごく薄にひかれたあなごは、もう絶品絶品、なんだろうこのあと味は!濃厚なれど上品なすっきりしたうま味が、軽やかな脂に伴われてふくよかに口内を広がっていく。たったの3枚、なれど3枚の至福。あなごの質もいいのだろうけれど、生臭さを微塵も感じさせない職人技に心底酔いしれる。同じ食材を渡されてもこれほどのものができるわけもなく。やはり料理の回数も大切だけれど、どれだけ素材を愛してきちんと対面していくかはセンスと情熱も必要なんだろうなぁと猛省のひと品。
要するにメチャメチャおいしかった!!!



去年の夏ごろから、国産のあなごを扱うお店、仲卸さんや飲食店さんで
「あなごが獲れない。手に入らない」 と 何度も聞きました。
先日の 恵方巻きづくりに あなごを仕入れに行った時
あなごが店頭に見当たらず、「少ししか入らないから隠しといた」というのを出していただいたりして
あなご、ほんまに少ないんやろうか。。。 どんどん高く手の届かん高級魚になっていくんかなぁ。。。涙

ふんわり煮あなご

<ふんわり煮あなご 杉板焼き>
 ・これはまさに 「あなご煮」 というイメージぴったりの一皿。ちょっと甘め濃いめの甘辛タレでふんわり煮詰めたあなごは、ここでごはんが出てこないのはちょっと残念、と思わせる。山椒の粉(京都・原了郭さんの!)をパラリと振れば、こりゃもう堪らない!お酒~~オサケ~~~~~~ヽ(^o^)丿

アナゴスキーと豪語しながらも お店であなごづくしとかは食べたことのないわたくし。
大体、神戸であなご専門店なんか絶対高そうで値段すら見たことないし。
ちなみに神戸のあなご専門店といえば・・→ぐるなび「本焼きあなご 下村あなご亭」
ま、いつものことです。
ハモハモハモ~~~~~と言いながらも ハモづくしは去年が初体験
ま、わたくしの人生、そんなもんです。

そんないつまでも のろまなかめのような主婦midoriも、
こうしていろいろ美味しいお店でオフ会してくださるから
今回はあなごづくし初体験! ほんと!ブログやっててよかったわぁ。。。。(違

kanimisosarada

<カニみそサラダ>
 ・これはあなごは入っていないが、カニみそのドレッシングが絶妙に旨い。 この店のタレというかソースというかが、とても繊細な旨味を感じさせてくれてものすごく好みのタイプだなぁと 確信した一品。

あなご骨酒

<あなご骨酒>
 ・「骨酒」とあるので、脊髄のカラッと焼き上げたのでも入ってるのかとおもったら、身もついてるカマ部分の焦がしが入ってたのでちょっとびっくり。ふぐひれ酒みたいかと思ったけど、全然違ってた。あなごの脂のせいか、お酒がとてもマイルドになってとっても飲みやすい。危険だこれは!(*^_^*)

syabusyabu

<あなごのしゃぶしゃぶ>
 ・1センチ四方位の昆布が沈められた鍋。ちょっとそら豆型の具載せ皿。見た目も楽しいが、とても細かく美しく骨切りされた(そしてちょっと冷水でしめてある?)あなごをしゃぶしゃぶすると、これがまた、絶品!あなごの上品な脂が温められて放つなんともいい香り。またまたお口の中が至福の時迎え。。。。(感涙

uma...



香煎揚げ


<あなごの香煎揚げ>
 ・ふむ。これは普通に香ばしくおいしい揚げもの。やっとここで一息つける。。。という何とも皮肉な、あまりにコーフン多いコースでありまする。このあとご飯ものとデザートがついて、これで1000円引き、3800円とは、まことにコストパフォーマンスよすぎ。ランチ来なきゃなぁ、と思った一瞬。

siroyaki

<あなごの白焼き・追加注文一皿1260円>
 ・お酒がまだ残ってるんで~~~~ということでアテを別注文。もちろん、築地の白焼きとの食べ比べのためには「白焼き」頼むしかないでしょう! と、頼んでやってきた白焼きちゃん。 この白焼きの上品さったら・・・最後に頼む品は、それまでのあなごのオイシィお味を打ち消すんじゃないかという心配は一切不要でした。白焼きならではの濃縮されたあなごのうまみに大満足。

しろやき


 ・この白焼きは一干しされてる感じではなく、生をそのまま焼いた感じ、かな??香ばしさには少し欠けますが、あなごそのまんまな味です。

お茶漬け

<あなご茶漬け>
 ・出し茶漬け。全体の美味しさを〆るにはいい一品でした。中に浮かぶのは白焼き?湯引き?これはもうひとひねり、一夜干しカリカリ焼き位にするともう気絶もの絶品メニューになっちゃうかも!

gomaaisu

<ゴマアイス> これは普通にアイス。白ゴマのアイスは初めてだけどあっさりしてておいしかった。

あああ、オフ会でごはんのせるのはもうやめようって思ってたけど。。
しょうがないよ、あなごだもの。

今日のメニュー、もう一度思いっきり食べたいのはあなごの薄造りとしゃぶしゃぶ。
ランチでぜひ攻めてみたいのはあなご丼とひつまぶし重あたりかなぁ。


東京もアナゴスキーが多い街だから、まだまだ、まだまだまだまだおいしいアナゴのお店があるようです。
(チェックだけはしてる・・・たとえばこういうのとか・・・"◆ふわふわとろとろの穴子重 日本橋「玉ゐ」  2008,3,13 ≪習志野習志の食日記≫

これからもあなごブロガーの名にかけて(そうだったっけ?)あなごレポートは続けるわよ!

じゃなくて、これはつきじろうさんの偉業を称える会!だったんだってば(^_^;)
ただの 「理由を作って飲んだっくれる会」 じゃないんですってば。

それが証拠に つきじろうさまへの皆さんからの貢物が…‥ あ、写真ない。。。。(T_T)
つきじろうさまのサイトへ是非いらしてみてくださいね!すごい貢物の数々が・・・

そして つきじろうさまからも 私達へ お品物たち(複数形)を頂き・・・・ 
ううう、申し訳ないです。ありがとうございます。

楽しい会に美味しいもの、さまざまなおしゃべり。
今回もとても素敵なオフ会でした。
つきじろうさん、おめでとうございます。これからもよろしくお願いいたします。
御一緒していただいたみなさま、本当にありがとうございました。

tukizirousannkyaku
さいごに・・・
つきじろうさまの必殺携帯三脚技!

このほかにもつきじろうさまご持参の何やら怪しげなメカで卓上はにぎわっておりました。。。ヽ(^o^)丿

私のニューカメラはどうも接写拒否型ピントよくわからない型で、
しばらく格闘が続きそうでございます。。。

<今日のおまけ>  ギンザ~~~

ginza


店出たところが こんな感じっす…・
ギンザ~~~~~!!! 都会~~~~~!!!笑


人気ブログランキング(通称人ブロ?笑)へのクリック、よろしくです~~~m(__)m

ブログパーツ

オフ会 | 21:07:12 | Trackback(2) | Comments(18)
仲卸で買い物 3<迷子になったら天井をみろ!> (素人築地あるき体験記)
築地の仲卸エリアは 広い! です。
しかも店の数は半端じゃない。

dai5daituuro



だから 迷子になります。


前々回 <仲卸に突入の準備>で 
あれほどしつこく 「地図、もって行こう!地図~~~!!!」
と言っていたのは 

仲卸の中で迷子になるのは 簡単~~~!
出口を見つけるのは 大変~~~~!

だからです。

なぜなら。 わたくしの場合・・・

≪1回目≫ とにかく「場内地図」 と 「つきじろう動画」(築地市場「高はし」への道) で確認したとおりに
        とりあえず入場。
        とりあえずまっすぐ歩く。 そして退場しようとしたら 出口が不明。
        一回目から ちょっぴり迷子気味になる

≪2回目≫ つきじろう様に引率していただき、くっついて歩く。
        通称「やっちゃば」、青果部市場も連れて行っていただく。
        とにかく「波除神社」 と 「海幸橋」入口がちゃんとわかった。

≪3回目≫ 調子にのって ウチのダンナをつれて「初荷」へ。
        「海幸橋」入口から入ったものの、なぜか前回と同じようにはいかず
        なんとも得体のしれない裏道に・・・・超迷子状態!
        仲卸どころかシャッター降りた倉庫みたいなところばっかり、川までみえるし・・・・(汗
        (あとから思うにあれはセリ場ですかね。。。)
        死に物狂いで歩きまわっているうちにやっと仲卸に到着。
        そこからまた出るのに迷い、ホウホウノテイで退出。

ってな具合でしたさ。 ・・笑


その後、ようやく仲卸になんとかすんなり入れるようになったものの
その仲卸がまた迷宮で。。。

とにかくお店の数が とんでもなく多い。
例の地図を持っていても 自分がどこにいるのか あっという間にさっぱりわからなくなる。
→つきじmap

大雑把に 扇型になってる弓状の通路と 「骨」部分の通路に分かれていて
「骨」部分の大きな通りを「大通路」と呼んでいる。大通路は「第一」から「第七」まで。
大通路はターレなどが頻繁に行き来する。
広くて歩きやすいからとボケボケ歩いてたら超危険!

弓状の通路は 「高はし」さんなどがある 「魚がし横丁」に近い方から「イロハ二」の4列(並び順は逆)、その先は1000番から8000番まで8筋の通路がある(並び順は逆)

ちょっと弓なりな形に目をつぶれば、 実に理路整然と
京都の碁盤の目状の路地とおんなじなんですなぁ。
冷静に考えれば。

でも、仲卸に入るとそれだけでコーフンして血圧あがるし頭の中白くなるし。
さらに迷子になるし。(私だけですか?笑

そういうときに ふと みあげてごらん♪ 市場の天井を♪

tokei


「時計!」 じゃないよ。
案内板だよ。 なんだか妙な記号や数字がかいてあるじゃぁあないかぁ。。。

irohani



これは 空を漂う天使の羽か 天界から救いのクモの糸か。
「ここは 第5大通路の ハと二の 間~~~」
と さりげなさげに 空間を漂いながらも しっかり我らに指示しておられるその数字。

扇の骨のどこに自分がいるのか。
地図で確かめたら 今度は 横をふりむき 弓状通路も 眺めてみよう。

yoko



さっきまで なにも道しるべのないところを あてもなくさまよう旅人の心細さだったのが
地図と 案内板の店名が同じなのを見つけて 
思いがけず「ホッ」と 安堵の息をつく。

安堵のため息



そうして少しずつ 少しずつ 築地という場所に慣れていくのです。。。。


あなたのクリックに「ホッ」と安堵の息をつく…こちらは人気ブログランキング~~




今日のおまけ ≪きょうの「高はし」≫

mebaru


<赤めばる煮>2000円
メバル、久しぶりですが、メバルでした。笑
高はしさんなら多分こういう味付けするんだろうなぁ。。。。と思った通りの味付け。
ウフッ。オイシイ。。。。
「高はし」さんの煮魚は 勉強になりますぅ。。。
だから しっかり何度も食べねばぁ。。。。(*^_^*)

もひとつおまけ。

wakame


ワカメ。 出はじめかなぁ。 久しぶりです! 茶色いゴワゴワワカメ。
神戸ではお馴染の茶色いワカメ、 東京のスーパーではまだ見たことないかも。
500gぐらいで300円。「サジマのだよ!」 とおにぃさんが元気よく教えてくれたけど
「サジマ;佐島」というのは どうも築地ではある種ブランドらしいよ。
蛸とか、「佐島だよ!」ってのは 「(品質の)いいやつ」 という意味合いっぽいものね。

で。 ワカメ。 当然湯がいて頂きます。

じゃこワカメ


湯がきたてのワカメ。シャキシャキっとした歯ごたえがたまりません~~!
香りと舌触りは何となく(気のせい?)神戸で食べる明石海峡のワカメの方がいいような気もするけど
なにはともあれ、うれしい春の海からの贈り物。
ゴチソウサマデシタ!!

→去年の神戸のワカメ記事◆これも神戸の春の味。【茎ワカメの煮付け】 2008,3,22付

ちなみに、「高はし」で またまたあの方におあいしました!(*^_^*)

ブログパーツ

築地 | 01:37:59 | Trackback(0) | Comments(16)
浅草オフ≪青森物産展≫と浅草ぶらぶら
なぜか急きょ浅草へ~~~~。

先日青森に行ってこられた つきじろうさんが 超おススメの≪青森物産展≫。
昨日、偶然行くチャンスにめぐまれ・・・・
→松屋浅草 →青森物産展

ご一緒してくださったのは
つきじろうさん、まさぞうさん、釣りキチ四平さん、なべひろさん・おざわゆきさんご夫婦。

いつものように詳細はつきじろうさんの≪春は築地で朝ごはん≫の完璧速攻レポートでごらんくださ~い!


東京で物産展というと、〔京都〕 とか 〔北海道〕 とか東京では人気で頻繁にあるので、私も時々行くのですが
〔青森〕 って、今まで行ったことあったかなぁ。。。

青森というと、最近では 「大間のマグロ」で有名。
個人的には映画「壬生義士伝」でハマった地域。 →壬生義士伝 上 文春文庫 (Amazon)
そのほかというと、津軽三味線、ニンニク、ヒバ、南部鉄、南部せんべい、リンゴ、などが思い浮かびます。

今回は、まずはラーメンらしい(笑
青森≪長尾中華そば≫ 催事場イートインは久しぶりですが、さらにラーメンというと。。。
初めてかもだなぁ。。。
asakusa
私は素直にチラシにのってる「こく煮干しチャーシュー麺」1000円。
kokunibosi

ををを! にぼしじゃぁ~~~~~~ヽ(^o^)丿
濃厚な「トロみ」 は、獣系骨系スープが入ってるから?
でも、圧倒的に味も香りも煮干っぽいです。 煮干しの皮というか、銀色の片鱗がスープに浮いてるし(笑

麺が太めなのは、煮干し濃厚トロみたっぷりスープが絡みやすく考えられてるんですかねぇ。
これが最近 密かなブーム?の青森ラーメンの姿なんですね?

なるほど。青森でも煮干し使うのかぁ。人気なのかぁ。 すごい親近感わきます。
煮干し大好き瀬戸内育ちとしては、目新しい美味しさでもあり、楽しい体験でした。

さて、豪快な試食は鯖寿司、サバの味噌煮。
sisyoku

猛烈美味しそうな鯖の棒寿司は、つきじろうさんが青森で体験済み。
ブログ記事で拝見し、とても気になっていたものが さっそく目の前に現れちゃうのですから
物産展よ、ありがとう!! です (●^o^●)

わたくしてきに 猛烈嬉しかったのは、 青森ヒバのお店がでてたこと。
manaita
15年以上前に 青森の下北ヒバで作られたまな板を買ったのですが、
抗菌作用が高く、水切れがよく、目が詰まって傷が付きにくい。最高に使いやすいまな板。
最近、大きな魚をさばくもので、もう一つ欲しいなぁと思ってあちこち探してたところでした。
なかなか手に入らない青森ヒバのまな板。
出会ったところで買わないともう二度と出会えないかもしれない。。。。買っちゃいました。。。笑

居ればいるだけ買い物で膨れ上がっていく私の姿を見かねたか、
そろそろ行きましょうか、。。。。 と 連行されたのは 
ディープな浅草、浅草の地下街。

asakusatika
浅草に地下街があったの?????(゜o゜)

神戸にもこういう感じのところありますねぇ(笑
以前湊川のこと書いた時にうろうろした湊川とか新開地の辺、思い出しましたよ。
浅草も新開地・湊川も、共通するのは昭和に栄えた歓楽街、というところでしょうか。
映画や興行の香りのする町、というのかなぁ。。。

hukutyan
で、こういう感じのお店が元気に営業してると、ついつい入ってみたくなるじゃないですか。(*^_^*)
set
「ブタ飯」ってのが気になりますが・・・
私は 焼きそば+餃子 650円 で。
kanpai
gyoza gyoza

餃子、久々に外で食べましたが、おいしいねぇ。
ビールにぴったり、ニンニクばっちりだけどキャベツもたっぷりで
正しい餃子でした。(笑
これで味噌ダレがあればサイコーなんだけどなぁ。。。(*^_^*)

結果的にここで少し腹ごしらえして正解。
だって、地上に出ると、ものすごい誘惑がアチラこちらに張り巡らされており
魂が抜けて屋台に漂っていくこと数度。。。という方も出現しておられましたから。

さすが土曜日。
浅草寺の仲見世は結構人でいっぱい。
nakamisedori

おのぼりさん然としていながらも われわれのチェックするポイントは

あの超有名な雷門のでっかい赤ちょうちんの下の
kaminarimon
龍だったり・・・
sensouzi
仁王門の
kisin
魚河岸講の寄進の提灯だったり・・・



わが敬愛する神戸の大先輩 淀川長治さんの手形もありましたよ。 →「浅草公会堂」HP<案内図>スターの広場yodogawasan

あまりの楽しさに1日、我を忘れて歩きまわり。。。。
浅草はまかせろ!のなべひろさんにくっついて、ディープな浅草の入口をちょこっと御紹介いただいただけで
今までの浅草と全然違った親近感が グッとわいてくるのが不思議でした。

いや~~~、浅草に来られてよかった~~~~(●^o^●)
御一緒してくださった皆さん、本当にどうもありがとうございました~!

このあと、とりまくった(?)写真がちょっと編集できないことになってて
全然写真アップできないんで、残念ながら今日はこれで〆。
じゃないと、延々と続きそうだし。。。笑 ちょうどよかったかも。

ということで、浅草、また来よう! と心に誓って後にしたのでした~~~~

人気ブログランキングへはいつでも御遠慮なさらずぜひどうぞ~~~ヽ(^。^)ノ

ブログパーツ

オフ会 | 10:03:38 | Trackback(0) | Comments(18)
仲卸で買い物 2<仲卸への突入・時間や私的きめごと> (素人築地あるき体験記)
<築地突入は金曜日に!>

仲卸へは いつ行けばいいか?

築地仲卸



◆プロの買出しは月曜と木曜

何度か行くうちに、どうも プロの買出しは月曜と木曜が多い、ということを嗅ぎつける。
さらに、休み明けの月曜と木曜は、 前々日からの持ち越した荷物と
新たに仕入れた荷物とが混在するので、目利きじゃないとダメのようだ。

◆水曜は 築地市場の不定休日。

◆土曜日は素人がたくさん仲卸に入るので、場内は意外に混んでいる。
(特に食堂は行列必至。。。ということはご飯が「高はし」で食べられないということ)


となると、わたくしのような素人が築地の仲卸に潜入するのに最適日は

火曜 か 金曜 

ということになる。

土曜日に家族団らん 一家打ち揃って大量に買い付けた魚を食べまくる

ということで 金曜日が midori家買出し日 ということに。

もちろん、個々人のスケジュールに合わせて、曜日は設定するといいと思うけれど、
わたくしの場合、 「築地突入は金曜日」 に決めたことで
築地ライフの快適度が かなりアップしたのかもしれない と 最近になって思うのです。

たとえばさ。
今日、築地に行かなかったのよ。金曜なのに。
そんな日に限って、こういうことがあるわけです。

≪お百度参り的blog≫ 築地高はし① 〔築地市場〕2009,2、6付
「高はし」さんに毎日のようにいかれている赤組のサクラさんの御報告、
「高はし」三代目さんの告知板に「今はなんといっても金曜日が暇なのです」、だから
私の大好物〔あんこう煮〕が なんと本日(つまり、金曜日) 通常の300円引きに!
よりによって 私が行けない金曜日が。。。

こういうことでもわかりますように、
私が築地ごはんといえば ほとんど「高はし」さんに入れているというのは(それも並ばず・・)

「金曜日に築地に行くから」
 
「じつは金曜はヒマ説」は   「高はし」さんに行き初めの頃に漏れ聞いた
私のちょっとした「ひみつ」 だったんですけれど。

築地に行く日を こうやって決めるのも なかなか楽しいですよ(●^o^●)

nakaorosi




<仲卸突入は9時半過ぎがベスト>

わたくしの 仲卸突入時間。
結構遅いんですよ。

9時すぎると 「高はし」さんの行列もなくなり 入店してすぐごはん食べられるので
ゆっくり食べ終わって (たとえば焼き魚焼いてもらったりもできるし)、
それから 仲卸に突入するにはちょうどいい時間。

◆プロは9時までに買い物を済ませる。
◆仲卸の荷物の移動がピークに達する9時頃が 一番仲卸が落ち着かないし道路は危ない

9時半をすぎる頃、 場内の道路が 落ち着き始める。
仲卸も そろそろ片付けはじめるか。。。。 という雰囲気。

お店によっては 店頭に素人向けに安く(みえる)商品を残して、
あとは 明日のためにこん包し直して(ハッポーに魚を片付けたり、
それを別の所に運んで保管したり) 店周りの掃除を始める。


私が最近お世話になっている仲卸さんは
早いお店は10時には完全に店じまいが終わっている。
おそいお店は昼過ぎくらいまで開いてる。

だから 9時半過ぎに行くと どちらのお店も そこそこ 荷物もあって
お店の人も余裕があって いい感じで買い物ができるんです。

もちろん、お目当ての店がもっと早く店じまいされるのであれば
もっと早くいかないとダメですけれどね。


「築地土曜会」は 7時半に場外に集合、8時には仲卸に入ります。 →「築地土曜会」(築地買い物案内)サイト
この時間、 まだプロの買付の最中で、お店もアクセル全開状態。
いろんな魚が見られるけれど、 その時間は なかなか素人が買い物できる雰囲気ではない。(とおもう)

「築地土曜会」 はプロの方が引率してくださるからこそ
珍しい魚を買ったり 魚の種類の説明を聞いたりできるので
「築地の仲卸ならでは」の魚を買いたいとおもうなら、
この手の会などで仲卸体験をしてみるのもおススメです。

でも、普段、素人がいきなり仲卸で自分の思うように買い物できるか?というと・・・・

それはたぶん、まずないだろうな、と。

基本的に仲卸さんはプロ相手のプロですから。
素人、しかもイチゲンサンみたいなお客さんに ていねいに説明したり、
街の魚屋さんみたいに 魚をおろしたりはしてくれないと思った方がいいでしょう。

街の魚屋さんは ある意味 「至れり尽くせり さばいて造れるお魚コンシェルジュ(総合世話係)」
仲卸さんは 「魚の素性・質を見抜く 魚の目利きマイスター(名人・職人)」

仲卸さんの目を頼って買い物をする。
それから先は自分で頑張る。。。
(さばいて造るのは基本的に自分。。。だから逆に自分がさばいて造れる範囲のものを買う。。。)

それがわたくしの 基本的な姿勢です。

ただね。
仲卸さんも「買います」と言って買い取ったあとに
どうやって食べるといいかとか聞くと、結構いろいろ教えてくれる。
そういう よく相手してくださる仲卸さんを早く見つけることも
仲卸での買い物が楽しくなるコツかもしれません。


<仲卸では値切らない。小口買いしない>

わたくしは基本、プロ相手のプロのおこぼれちょうだいする、という感覚なので
「仲卸では絶対値切らない」
「小口買いしない」
というのを最初に決めました。

zyougai



ネットで調べると仲卸は「1キロ単位」で売ってる感じだったので、
買い物するとしたらまず1キロ買ってかえれるものを買おう。
そう決めて。 

1キロ買って自分でさばける魚って 限られます。
初めから高のぞみしない。 
仲卸さんとの距離を測りながら徐々に自分の買いたいものを買えるように頑張ってみよう。
そんな「長期戦」であることをまず肝に銘じて。

仲卸さんとの関係を作るには、まずは仲卸さんのルールに乗っかって築地に慣れていく。
「郷に入らば郷に従え」 ですね。

実際には1キロ単位じゃなくても分けてくれる仲卸さんも多いし、
「これ、半分でいいよ」と声かけてくれることもあります。
素人相手にちゃんとていねいに説明してお得に買い物させてくれる仲卸さんもおられます。
でも、逆の場合もたんとあります。

まずは「築地ルール」に乗っかる。

だから 値切らない。 小口買いしない。

そう思ってこちらも気合い入れて仲卸に入っていると
その気の入りようが 伝わるんじゃぁあないでしょうか。

多く買い過ぎたらご近所と分けてもいいんだしね。

あ、ちなみに「築地土曜会」でも 全体で買いこんで後でみんなで分けるというのをやってて
とても人気企画になっています。
「築地土曜会」だけじゃなくて 築地に来てる素人さん、特に女性の3~4人組位の集団は
そこここで荷物広げて「わけっこ」してるのを見かけます。

みなさん、上手に仲卸さんを利用してるなぁと思います。




記事書きすぎてヘロヘロのmidoriを元気づけるのは、もちろん、人気ブログランキングへのあなたのクリック一つ!!(ここよ、ここ、ここ。この青い字のところです。よろしくね~~~)(●^o^●)


<今日のヘロヘロおまけ~~~>

kuzira


何年ぶり? ≪池のや≫さんで頂いたクジラ刺し。
今年はブログで「持ち上げ」シーンが 課題 なんだそうです。 (某ブロガーさん談?笑)
ブログパーツ


築地 | 23:19:14 | Trackback(0) | Comments(4)
勝どきオフ≪池のや≫で家庭料理風居酒屋に和む
勝鬨橋(かちどきばし)を渡ったのは初めてかもしれない。

勝鬨から対岸の築地市場を眺める


築地の対岸、勝鬨にわたって ちょっとぶらぶら川岸を歩く。

なんともまぁ。 素晴らしい夜景。

対岸に東京タワーがくっきり。 そして、手前川岸の灯りは築地市場。

いい眺めだなぁ。 神戸の夜景をポートアイランドから見たような感じなのかもしれない
(って、ポートアイランドから神戸の夜景見たことないけど・・・)

今回は初勝鬨(かちどき)オフ。
勝鬨といえば、あの方。ポーアイじゃなかった、六甲アイランドの紳士≪旦八の築地と神戸を行ったり来たり≫のだんぱっつぁんのお誘いで、
初めてお会いする≪マッシーのグルメ日記≫のマッシー益子さんと奥さま、
そしておおおっ!わが愛する≪築地あるき≫の、著者なべひろ&おざわゆきさんご夫婦も。

場所は旦八さんが「勝鬨の良心」と絶賛の「池のや」さん。 勝どき3-7-10 →食べログ(マップ有)
マッシー益子さんも「池のや」ランチ、大好きなんですね~~!!(*^_^*)
お食事処池のや(ランチ) ≪マッシーのグルメ日記≫


これは伺うしかないでしょう(●^o^●)

katidoki ikenoya




お店を切り盛りするのが なんとも優しげなお母さん(お二人?)と
これまた柔らかな雰囲気のおにぃさん。。。。
橋一本渡っただけで、 対岸の築地の勢いべらんめーな感とは全然ちがっているのが新鮮。

お願いするのが、なんと、お料理1000円ポッキリコース!(ただし、飲み物は別)

最初に出てきたのが 小付け、、だけで何種類?
kotuke
いやいや、これだけで軽く2杯は呑めるでしょう(●^o^●)
手前長皿、金粉がかかってる小魚(煮干しみたいなワカサギみたいな、なんかわからん魚)の甘辛煮、まるで上等のイカナゴのクギ煮をそのまま思い出すような味付け。(あ~もしかしてイカナゴかも!) 右奥は合鴨?
奥の小鉢、新じゃがの煮っころがしにウド酢味噌和え。
う~~ん、この正月のお年始回りに出されそうなお家料理っぽい見かけながらも
煮付けられた味がちょっとお家と違う、ひとひねりしてあるところがいいですね~~。
お料理上手だけど気取らない知り合いの家に来たような気分。

当然、お酒がガンガン進んでますよ。おのおのがた。

刺身盛り



んんん???  このお刺身は これだけ山盛りで なんと3人前!
え~~~? 刺身だけで一人1000円いっちゃうんじゃないの?????(゜o゜)

sasimimori
今日のマグロはメジマグロ。(本マグロの小さいの) 背身と腹身、両方乗っかってます。豪勢!
手前、〆サバは私は食べないけど、うすい板こぶが載ってる、関西でよくみかけるバッテラを
さらに炙り入れてます。 細工がこまかいね~~。
シマ海老が絶品。 あと、久しぶりに鯨刺身食べました!これまた臭みが全くなく柔らかくてオイシイ!

食べても食べても減らないのよね~~!
こんなうれしい悲鳴、築地来て初めてかも。
お酒も美味しいので、ものすごく忙しい。 食べなくちゃいけないし、呑まなくちゃいけないし。

sagoti


焼きものまででるの~? サゴチの塩焼き???
サゴチ、さわらの小さいの? オイシイよ。
皮がパリッと香ばしくて焼き加減もいいね~!

hurai


揚げもの。 天然エビのフライにカキフライ!!!!
なんじゃこりゃ~~! あんだけ出てきた後にこんな大物が!
これが又美味しい! カキフライは食べてないけど 
海老フライ、これは正直な話、何本でも行けちゃいますね! 全く臭みなし。
この付け合わせみたいなタルタルが ツボ でした(●^o^●)
このタルタルの作り方知りたいな! タルタル解明するためにランチに通おうかな!!


さすがにもうでてこないだろうと思ってたら
siokara
自家製塩辛

sarada

                                                 和風サラダ

 
ehoumaki
そして、やっとトドメだ、恵方巻き&福豆(炒り豆)。

塩辛、若干甘味を感じさせる独特なもの。
続いて出てきた和風サラダに通じる、本当にかすかな 隠し味的甘みがとてもいい感じ。
普段砂糖使わない料理の私が こちらの甘みを嫌だと感じない。むしろ、マネしたいのです。
不思議なお味。 くせになるお味。 また来たくなるお味よね~~これは!

最近オフ会の食べ物写真をあまりアップしないわたくしですが、
こちらのお料理、本当に全部で1000円には 感服いたしました。

「勝鬨の良心」 どころか、 「勝鬨の奇跡」 という称号を差し上げたいくらいです。

橋をちょっと渡れば ランチにこちらを利用することもできるのね。
これは、築地ランチに強力なライバル現る、です。

こんなお店が職場の近くにあったら、そりゃああああ、通いますよ。
そりゃああああああああ、魚好きになりますってばよ。

いいなぁ。勝鬨。 

初めてのお店と思えない和み感は、
お料理、お酒の美味しさに、お店の方たちの柔らかなスポンジのような笑顔。
そして、初めてお会いしたけれど本当に素敵なマッシー益子さんご夫妻の心配りもとても大きかったなぁ。

旦八さん、こんな素晴らしい居酒屋オフを設定してくださって、本当にありがとうございました。


                     ********


で、酔っ払っちゃった人続出だったので ちょっと休憩してから帰ることになったらしい。

行った先は、やはりとても行ってみたかったお店。 TJ’s Bar。  勝どき4-4-9 →ぐるなび(クーポン有)
カツカレーのお店ですよ。 ラーメンのお店ですよ。

menu


なのに、やっぱりやるのね。
kanpai
出来たばかりのお店。 店内きれい~~。

gurasu


グラスもキレイで イイ感じです~~

イイ感じでさらに呑みかさね~~~~


え? カレーもラーメンも食べないの????
みんな飲むだけ飲んで、えびせんしか食べてないよ~~(T_T)

え? もう帰っちゃうの????
というかんじでお開き。 

気がついたら 夜中だったよ。笑

また勝鬨オフやりましょうね。 よろしくお願いいたします!


今日もおねだりは人気ブログランキングへのクリック!



<きょうのおまけ>

最近築地で流行りというか、幻というか、 なかなか手に入らないらしいパン。
おざわゆきさんが朝これだけを買いに築地に来てくださったとのこと、本当に感謝感謝!
このパン、めっちゃすきタイプ! 美味しい!
う=ん、これは久々に東京のパンで感動、かな。
 
しかし、私がこのパンを買える日はくるのだろうか・・・・
omiyage
≪ボヌール・ドゥ・パン≫ 築地7-10-11
       →livedoorグルメ (マップ有)

(ちなみに、このパンは私が超お気に入り≪サラ秋田白神≫の白パンにかなり似てます。おススメです)
ブログパーツ



オフ会 | 23:34:28 | Trackback(2) | Comments(14)
仲卸で買い物 1<仲卸に突入の準備> (素人築地あるき体験記)
今日の築地。

今日の築地


築地に行き初めて早いもので1年と3か月。
「築地のいろいろ書きたいです~」と宣言して早3か月?笑

ぼちぼち始めてみましょう。

どうやら記憶もどんどん抜けていくようだし。早くやらんと忘れちゃう。。。

<初めての仲卸に突入すための準備は こんなだった>

初の築地行きの時の記事。
そうだ 築地、行こう。① 築地の魚は元気か? 2007.12.7付
で、その時のいきさつを語った記事がこちら。
築地訪問一周年記念シリーズ携帯小説風その1:つきじろうさんとの出会い おまけは多け乃のカキフライ 2008,11,2付
初の築地行き。 私の準備したものは…
築地訪問一周年記念シリーズ携帯小説風その2:第一目標は「高はし」であなごを喰らう おまけは 2008.11.3付
↑ここにも書いてありますが、
築地に一人で突入するとなって 準備したのは とにかく地図。

持ち物 その1 <地図類>
築地場内、場外の地図 
築地市場マップ。  (←こちらのサイトの「築地市場全マップ」というところをクリックすると仲卸のお店の名前の入った地図が出てきます)
◎東京のポケット地図。

このうち、築地市場マップは半年くらいは持ち歩いてた。とても便利、というか、仲卸に入るには必携。
事前にネットで仲卸のどのお店で何を買うか、情報を集めてみたが、
ネットに仲卸の店名で出ているところはそれほど多くなく、しかも評判がよさそうとなると難しい。

仲卸に入ってすぐわかったのは、店名でチェックしておいたはずの場所が見つからない、ということ。
迷子になっちゃうのよね。築地の仲卸、お店の数が多すぎて。。。
店番というのが役立つ、と理解はできるんだけど、実際に仲卸の中でそれを使えるようになるのはやっぱり半年くらい必要だった。(これについてはまた改めて書きますね)


そして、現地の第一歩を記す上でで一番役立ったのが 事前に3回以上はみた、つきじろうさんのブログ動画。
◆≪春は築地で朝ごはん≫  築地市場「高はし」への道 
バスを待つ人々
(築地市場の前でバスを待つ人々。ツアーのお客さんは本当に多い。この門から奥は場内)

立入禁止の立て看板


(「立入禁止」の立て看板も「素人」を威嚇する。ツアーの方たちはあまり気にしてないみたいだけど、どうなんだろう。。。)

正直、この動画がなかったら、一人で築地市場正門から足を踏み入れることすらできなかったかも。
動画で見るのと、紙の上に線と色分けで書かれた地図とでは全然リアルさが違う。
「え、こんなところ入っていくの?いいの?入っちゃって?」  というところも
動画にあったと同じ暗さ、柱、人の流れ、トラック、ごちゃごちゃさ、 みたいなものを確認して
「だ、、、だいじょうぶそうだ、こんな感じだった、。。。」 と突き進んでいけたから。

誰も案内されることなく、一人で築地に入るとしたら
やっぱりこの動画は 事前に何度か見た方がいいでしょう。
(そして動画の目的地でもあり、midoriが最初に築地で目指した場所、「高はし」さんであなご丼を食べれば、その時からあなたもmidoriになれる!え?なりたくない?笑)


動画通りに築地市場のディープゾーンへ。
奥に入っていけばいくほど 前から横から後ろから 走って突っ込んでくる
軽トラ、自転車、原付、車、ターレ、。。。。

「ボヤボヤしてんじゃないよっ!」

とは言われなかったけど、 言われなかっただけ。
これは動画でもなかなか伝わらない、本当のリアルな市場の勢い。

築地はプロの街。

それを一瞬にして感じられる、 そんな緊迫感あふれる空間だった。
 
(今は私が初訪問した1年ちょっと前より一層観光客が多くて、それほどの緊張感がないままウロウロしている姿を見ていると、「築地の人たち、仕事し難くないかなぁ」と思ったりする。まぁ、1年前の自分もそうだったかもしれないけど。それにしても最近の築地場内への観光客の多さはちょっとびっくりだ)



持ち物 その2<保冷袋>

これは、とりあえず手持ちの保冷袋(大きめ)を 肩下げできる買い物袋にセットして持参。
でも、すごくよさそうな保冷リュックを築地のサイトで発見。
築地場外市場オリジナル保冷リュック (現在は売り切れ) →築地食のまちづくり協議会公式サイト

2回目の築地行きでつきじろうさんにつきあっていただき、保冷リュックをゲット。
それ以降、やはり半年くらいはこれを使う。

築地訪問一周年記念シリーズ携帯小説風その5:ラヴレターto・・・! おまけは 「洋食たけだ」 2008,11,7付


服装

靴。

ネットで調べると、長靴、汚れてもいい服、とあります。
長靴・・・・ねぇ・・・(汗
築地行き初日のために唯一買ったものは 他でも使えるようにと 
防水の利くスニーカー。(ゴアテックスのアウトドア用)
今思えばそれも必要なかったかも。
とにかく、濡れてもいい、汚れてもいい格好をしていけばよい。

服装はこだわりました。

これから築地にずっと行くとしたら まずお店の人に顔を覚えてもらわなければならない。
顔を覚えてもらうのに手っ取り早いのは  目につく格好で それも毎回同じ格好で。

家にある、冬なので海沿いの築地でも寒くないアウトドア用ジャケット。。。 赤の。。。。神戸の震災の翌年、神戸の福袋でゲットした、普段はまず使わないけど、捨てられない服。

思い切って 築地ユニフォーム に決定!

春になるまで、この赤いジャケットで通しました。
途中、 本当に恥ずかしくてやめようやめようと何度も思ったけど。

おかげで(?) お店の方に覚えていただける早さは 他の服着てるより早かったんじゃないかな?と
今は思ってます。(せめてそう思い込みたい…・思いこませてください、お代官様・・・(T_T))



初築地の後、必ず持参するようになったもの・・・

お札は千円札。 できるだけ小銭。

理由は・・・・詳細がこちらに・・・(^_^;)
築地訪問一周年記念シリーズ携帯小説風その3:そして仲卸のおばちゃんに怒られる おまけは 魚のスジ 2008,11,4付

クリックのおねだり↓
築地人気にあやかって、midoriも人気ブログランキングばく進中???(*^_^*)

                *********

きょうのおまけ

超キュートなえぼちゃんのおかお(●^o^●) ほんと、かあいい~~~~!
えぼだい
今日買ったえぼちゃんは 一匹300グラム弱ほど。大きいです。
西京味噌漬けと一夜干しと酢ジメにするんだよ~~~ヽ(^o^)丿

そして、えぼちゃんの奥にみえるのは・・・・

そうよ!そうよ!! 明日はせ・つ・ぶ・ん! え・ほ・う・ま・き~~!!ヽ(^o^)丿

ブログパーツ



築地 | 22:39:07 | Trackback(0) | Comments(4)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。