■お知らせ
■『築地あるき』

楽天ブックでどうぞ~~!!

■ブログ内検索

■ユーザータグ
■こんな感じで書いてます
■最近の記事はこんなです。
■神戸で生まれ育って18年。

midori

Author:midori
今では東京暮らしの方が長ぅなってしまったけど、大好きな神戸にいまでもこだわりがあります。
山と海がないとね~
(本文中の写真はクリックすると少し大きくなります)




神戸の会社設立屋が送る神戸時計

■ブログ全記事表示
■RSSフィード
■コメントありがとうございます。
■とらばしてもらいました
■イカナゴのクギ煮アンケート!

イカナゴのクギ煮のアンケートにご協力ありがとうございました。 こちらの記事にまとめました。 イカナゴのクギ煮アンケート結果報告 これからも宜しくお願いします。

■いつもお世話になってます
■❤ New Entry

■ページランキング :2007.10~のエントリー

■過去記事2007年度

■FC2カウンター
■訪問中!

■リンクサイト

好きです神戸

■ネットショップ





スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
蕎麦屋で憩う≪上杉≫@吉祥寺≪鞍馬≫@西荻窪&やきとり≪いせや≫@吉祥寺
ウチではある方のことを親しみをこめて敬称つきでお呼びします。
「杉浦日向子せんせい」    (杉浦日向子→ウィキペディア

〔コメディーお江戸でござる〕というNHKのバラエティ番組を覚えておられるだろうか。 (→ウィキペディア)
江戸時代の庶民の泣き笑いをドタバタ仕立て舞台にした番組。
生の舞台が終わった後、今回のポイントは? というような趣旨で
江戸時代の風物についての時代考証などの講釈に現れる和服の女性が
杉浦日向子(すぎうらひなこ)せんせいでした。

ウチでは一家そろってこの番組を拝聴。
簡潔明瞭でとても興味深い杉浦日向子せんせいのお話を一同正坐で伺っていたものです。

杉浦せんせいといえば、お蕎麦でお酒を召し上がることで有名。
最近、改めてソバ好きということが判明したわたくしは
さっそく杉浦せんせいのお蕎麦のご本を入手。  
もっとソバ屋で憩う―きっと満足123店 (新潮文庫)


「もっとソバ屋で憩う」を手に まず突撃したのは昔馴染の西荻窪、吉祥寺。
以前「富士そば」の件でしばらくぶりに西荻に行って懐かしかったのでまた行っちゃいました。
 ◆ →駅前蕎麦≪山陽そば≫VS≪富士そば≫

まずは吉祥寺から。
≪上杉≫ 武蔵野市御殿山1-3-7 ℡0422(42)0521 火曜休み
上杉
吉祥寺駅から徒歩5分位。ジブリ美術館の方に歩く。
通り過ぎてしまいそうなこじんまりした店があった。
「新そばを打ち始めました」の文字。
品書き
お店の方は気さくで柔らかなものごし。 居心地が良い。
常連さんが次々に入ってきては 「せいろ」 「つけとろ」 などと注文をして席に着く。
つけとろ
<つけとろ 800円>
これは連れの。
とろろ汁は少し甘めだが、とろろ芋は濃厚で美味しい。

三色天もり
<三色天もり 1800円>
こちら、せいろ、田舎、さらしなの三種類をすべて試せる。
天ぷら用と蕎麦用の蕎麦つゆ入れが分かれていないのは困った。。。
仕方ないので蕎麦を先に食べてあとから天ぷらを食べることに。
(私は油の浮いた蕎麦つゆで蕎麦をたべるのが嫌いなのです)

この3種類中では私は さらしな が好きだなぁ!
蕎麦の甘みめちゃくちゃ美味しい。蕎麦つゆはキリットした辛口。
蕎麦つゆの辛さで 蕎麦の甘みが より際立つ感じ。 
めっちゃ美味しい~~~~!!(^○^) ★★☆
さらしな、すごく細くて、短く切れ気味なんだけど、そんなの気にならないくらいの美味しさ。
でも、やっぱり長ければもっと嬉しいな!次回は迷わず さらしな を頼もう!(*^_^*)

普通のお蕎麦は少し太めかな。
これは本当に普通に美味しい! のど越しもいいです。
田舎は太~~~~っ!
ここまで太くなくてもいいかも。 もう少し細ければかなり好きなワイルド系なお味ですけれど。
蕎麦つゆに蕎麦湯を入れて田舎蕎麦を入れてみたけど、ほどけないなぁ!!
頑丈な蕎麦です! ものすごいかみごたえあります。(笑

お店のマッタリ感、居心地よくしてます。
連れが天ぷらを食べようとしていたらすばやく察して天つゆをもう一つ持ってきてくれました。
お店の方のこういう心遣いが また来たいなぁと思わせるんでしょうね。
さらに日本酒がすきなら こういうお店、いいだろうなぁ。

満足して≪上杉≫さんを出ると、すぐ近くには私がこよなく愛する焼き鳥屋≪いせや総本店≫がある。
いせや総本店HP  ウィキペディア
以前の二階建木造建築はレトロ感たっぷり、炭焼きの煤(すす)たっぷりでとても味わい深かったので
建て替えはとても残念だったが、今年5月に元の場所での営業が始まって以来初めて入ってみた。

建て替え前のいせや
いせや 建て替え前<2006年3月撮影>
店内<店内はいつも煙で満ちていた。でっかい換気扇がフル稼働してもほぼ影響がない感じ。。。カウンターは客用なのか店の小物置きの場所なのか判然としないほどごった返していて、物の隙間で焼き鳥をつつくのが常態。その雑然としたさまが、またいいんだ>

あのレトロで妙に居心地のいい店の雰囲気が建て替えで変わってしまったのでは?という心配は杞憂だった。
さすがに店内ずいぶん移動もしやすく(!)テーブルも椅子も綺麗にはなってるけれど
壁や柱の色や素材にずいぶん気を使って建て替えたようで、
確かに新築なのに、なんとなく年季が入ってマッタリした以前の雰囲気が漂っていて、いい感じ。
いせや新店舗
<新しくなったいせや外観>
煙は以前のまま・・
<店内、煙は以前のまま。。。>
1本80円
<1本80円。備長炭使用の燻された美味しさは焼きたてが一番味わえる。焼き鳥は店で焼きたてを食うべし!>

おお、ひさびさの≪いせや≫さんについついコーフンしてしまった…


次は 隣町 西荻窪へ。
≪鞍馬≫  杉並区西荻南3-10-1 ℡03(3333)6351  水曜・第3木曜休み
鞍馬
この一角だけで蕎麦屋何軒あるんだ?(^_^;)
品書き
こちら、お値段は結構しますね。
お店の雰囲気、お店の方の対応がいいですよ。 こちらものんびりまったりできるかんじ。
上杉さんは常連さんは地元の人、一人客が多い雰囲気だったけど、
鞍馬さんのほうは常連さんがお友達を連れてグループで来てる方が多かった。
箱盛りそば
<箱盛りそば940円>
こちらには「茨城県産常陸秋そば有機栽培もの」の表示あり。
イヤー!美味しい!
いや~!ここのお蕎麦の太さ、めっちゃ絶妙!!!!
ウマ~~~!!!!! (゜o゜)★★☆

≪上杉≫さんところと蕎麦つゆの味は似た感じ。
濃厚な出汁の利いた、辛めの蕎麦つゆ。
この味はわたくしごのみでとてもうれしゅうございます。

さらにコチラ、≪鞍馬≫さんのお蕎麦は、その太さがいい。
太すぎず細すぎず。 のど越しの快楽を突き詰めたら多分この太さになるんだろうな、と感じさせる太さ。
蕎麦そのもののお味は≪上杉≫さんの普通のせいろと同じように、普通に美味しく感じました。
甘みはあるけれど、≪上杉≫さんのさらしなほどじゃない。

こちらのお蕎麦ののど越しは 一度食べてみる価値ありです! 快楽 です(●^o^●)
お値段はちょっとはりますけれどね。。。。。
もうちょっと安ければ、毎日でも通って絶品のど越しを味わってみたい。。。。


杉浦せんせいの蕎麦屋についてのお話は もっともで、うなずくことばかり。
曰く「馴染みの地域に絞り込んで、確実に通える店を探す。足しげく通ってこそわかる良さの方が、最初の一口の衝撃に数倍も勝るとわかる。憩いは、そこから始まる。 つまるところ、憩いとは、与えられるものではなく、時間をかけてともに醸し出すものなのだ」 (前出「もっとソバ屋で憩う」より)
うーーーーーー! カッコいいーーーーーー!!!!(●^o^●)

この本を読みながら、蕎麦屋を訪ねてるうちに、
どこかのお店で 粋な江戸っ子すがたの杉浦せんせいに お会いできる気がしますよ。


人気ブログランキングへ

ブログパーツ

スポンサーサイト


街あるき | 01:19:18 | Trackback(0) | Comments(18)
≪BAR樽TARU≫絶品ワンコインカレーと消えゆく昭和の香り
ドラマ「篤姫」も いよいよ兵庫開港の話まで進んでまいりました。(*^_^*)
兵庫開港といえば 神戸の外国人居留地~(*^_^*)
子どもの頃、「居留地」というのは第二次大戦後に進駐軍が作ったんだとおもってましたけど
もっともっと古かったんですね~~!
進駐軍は江戸時代の兵庫開港時に作られた外国人居留地を接収して使ってたので
そんな風に思ってたんでしょうね。

今は神戸居留地の おしゃれな西洋風建築の立ち並ぶ雰囲気に魅せられる観光客も多いようですが、
私も大好き。旧居留地の建物。 古い建物好きなんです。(*^_^*) →築地も昔居留地だった話
築地にもありましたね。 【華僑ビル】。
(当ブログ記事華僑ビル関係 →その1  →その2
華僑ビルは昭和初期の竣工だそうです。
以前、「鱧ハモの会」の時に出会った建物も、交詢ビルディングという、由緒あるビルだったようです。
それでも、建て替え前の竣工は昭和4年。

先日、大正時代竣工の銀座の【銀緑館】という建物が
いよいよ建て替えられるらしい、という話を聞いたので、行ってきました。 【銀緑館】。
銀座銀緑館
<銀緑館:中央区銀座6-11-10>

銀緑館(第一銀緑ビル) は1924年、大正13年に竣工。
ということは、 関東大震災の翌年に建てられたビルということ。
入口

door

このビルは古い文化的建築物が比較的多く残っている中央区でも
最古参の部類にはいるビルのようだ。
天井
≪銀座みゆき通り周辺≫
◆「東京コンシェルジェ#75」 銀緑ビルはじめ銀座周辺の古いビル情報が載っています。


。。。じつは。。。 
【銀緑館】に入ってる「BAR樽」というお店が出すワンコインランチが ひそかな狙い。。。(^_-)-☆
ワンコインカレー
<「おかげさまで創業55年に感謝!」one-coinカレー>

こちらのワンコインランチ、テレビでも拝見したことあります~ヽ(^o^)丿
「創業55年 Bar TARU(樽)のワンコインカレー」2008,6,24付 ≪ゆるーり、ゆるゆると~≫
◆→livedoorぐるめ
地下へ~
<お店は地下へ。写真は帰りに撮影。私が店を出たときにちょうど「売り切れ」になった>
銀緑館
BAR 樽(TARU)は たしか、神戸出身のきり絵作家成田一徹さんも描かれていたように思ったのだけれど、気のせいかな?
店内
<店内。Barのカウンターやジュークボックスは写してませんが、とてもいい雰囲気。>

成田さんの切り絵は どこか神戸っぽさを感じる洒脱さがとても素敵。
◆成田一徹HP
◆asahi.com マイタウン東京 中ほど「東京シルエット」 に成田さんの連載記事を掲載。

店内はモダンジャズが流れる、 めっちゃワタシ好みの空間。
モダンジャズが流れてるだけで なんとなく「神戸」を思い出すのは なんでだろう。

さて。噂のワンコインランチは    ・・・       これだ。
カレー
冷製ビシスワーズ付き ビーフカレー500円。サイドメニューから揚げ100円をつけて。
ビーフカレー!
牛肉はしっかりローストしてあって、ドミグラスソース仕立ての欧風カレーは
誠実な作りを感じる上品で奥ゆかしい旨味と、 その旨味を壊さない程度の小粋な辛さで
オイシイ~~~~!!!ヽ(^o^)丿★★☆
ビシスワーズ! これがまた、丁寧に作られた美味しさ。 うまあ~~~~~!!! ★★★(出た!久々三ツ星デス!)
私、カレーといえば 普段はどっちかというとインドカレーの方が好き。
神戸では欧風カレーを食べる機会が多かったと思うんですが、
神戸の欧風カレーは好きやけど、よそのカレーは「モッタリ」しすぎで あまり美味しいと思えんことが多くて。

ここのは美味しいです!
ものすごい私好みな「やさしくてオトナな味」の欧風カレー。(*^_^*)

これがたったの500円。 しかも、銀座で!
もう、びっくり!

お店を出て、しばらく建物を撮ってたら、お店の方が看板下ろしに出てこられた。
夜のメニュー
<先ほどランチの看板がかかってたところ。下には夜のメニューが>

「この建物、建て替えられるそうですね。。。もったいないなぁ。。素敵なのに」
「床のタイルとか、いいでしょう?」
「とてもおしゃれ。懐かしいですね~。 カレーもすごく美味しかった。御馳走様でした。また来たいです!」

夜は成田さんが描く、大人のBarなんでしょうね。
一度くらい来てみたい。
BAR 樽

【追記 2008,11.1】
つきじろうさんが以前「BAR TARU」のジュークボックスを記事にされていました。
≪番外:銀座「BAR TARU」のジュークボックス≫2007.11.27付
素敵なジュークボックス、私は写真が撮れませんでしたが、こちらにはバッチリ。
是非ご覧ください。 


モダンジャズに酔いしれて人気ブログランキングへ

ブログパーツ


街あるき | 21:45:18 | Trackback(0) | Comments(5)
築地でつきじろうさんと朝ごはん&昔懐かしい立ち食いそばの味:築地≪まるよ≫
(久しぶりに長い題名だ~~(笑)

夏の熱気は しばし前に去り、
首筋を吹く風も すでにうす寒さすら感じる今日この頃、
ようやく「暑気あたり」から復活しつつある男がいる。
ね、ねずみ男?ネズミ先輩?
(ち、ちがう。。。こ、これは深大寺「鬼太郎茶屋」のネズミ男氏…)

その名は つきじろう。 (ちょっとだけ似てるかも?参考資料;→桃屋HPより

彼を慕う人々は、さっそく彼との朝ごはんを催促。
彼もしぶしぶ重い腰をあげた。


じゃーん! つきじろうさんと久しぶりのあっさごっはん~~~~!!! 
(^○^) キャァ~~~!(喜

この土曜日は築地でフォーラムがあるとかで、 築地土曜会の方も何名か参加される由。
→森里川海フォーラム     →築地土曜会
私は今日はKさんと 築地お買い物。
ということで、フォーラムに参加されるつきじろうさんと、おなじくMさんとご一緒に
朝ごはんをすることになりました。

つきじろうさん~~~~~おひさしぶりです~~~~~~~~ヽ(^o^)丿

待ち合わせ場所は・・・・やっぱり 「高はし」 前~~~~!!
でも、今日は土曜日ですからね~~。
開店1時間後位でこの行列ですよ、行列。ギョ~でつ・・・・(汗
土曜の朝高はし前

まぁ、並んでも4人同時に入るなんて無理なんで、さっさと「高はし」さんはパス。
「江戸川」さんにイン!
江戸川品書き(部分)
なんか、今日は写真が少ないですよ~~ 看板すら写してないし~~~m(__)m
江戸川しろいか1300円
「江戸川」 白いか1300円
香ばしくて甘くてプリップリ。これ、オイシィ~~~!! 値段は安くはないですが。。。
でっかいので他の人とシェアして食べるとお得感たっぷり!
江戸川深川丼850円
「江戸川」 深川丼850円。
江戸川さんの深川丼は甘めの醤油仕立て。
深川丼、今までに食べたのは 甘めの味噌仕立てと、さっぱり醤油仕立て。
どれもそれぞれ味わいが違って、好みでしょうけど、浅利の味が生きてるのはどれも同じ。
いろいろ試してみたいですね! 浅利の旨味で食べさせる 東京の名物。
大根煮50円
大根煮50円。 安っす~~~~~!(*^_^*) (すみません、500円だったようです)
これも甘めの醤油味。 全体に江戸川さんは甘めなんかな?
これはこれでなんともいえない美味しさです。50円でこの量はなんでも許せる?(笑あさり味噌汁140円
浅利味噌汁140円。 浅利タップリ。140円安いかも! やっぱ、浅利味噌汁美味しい~~!

これにおすそ分けでマグロブツ頂きました!
一人の朝ごはんもいいけど、たまにはこうやってワイワイ食べるのも楽しいねぇ。
御一緒してくださった皆さんに感謝。ありがとうございました!
つきじろうさんも、早く爆食連食ペースを取り戻してくださいね~~って、もうだいぶん復活気味?(*^_^*)よかったよかった!!
◆つきじろうさんの記事アップ、流石早い!しかもフォーラム関係動画もあります!
さらに、この前後記事はとても勉強になります。 ぜひご覧くださいね!
「江戸川」+築地フォーラム基調講演 2008,10,26

つきじろうさんが元気にモリモリご飯食べてる姿は 何物にも代えがたく
ほんとうにお久しぶりでうれしゅうございました。。。(シミジミ・・・

このあと、つきじろうさんとMさんはフォーラム関係熱烈お勉強コースへ。
私とKさんは仲卸や場外市場でお買い物。

上海ガニ
上海ガニ、先週あたりから目にするようになりました!(仲卸エリア)
上海ガニ、食べたことないけど、横浜中華街で売ってるのを見たことあります。
美味しいらしいですね~ 一度食べてみたいけど、カニって当たりはずれあるから、
素人が仲卸で買うのは難しいかなぁ。。。 (チュウゴクモクズガニ→ウィキペディア)
紀文
おなじみ「紀文」の煉りもの。このバラ売りのシイタケのが私の特にお気に入り。(場外) →紀文HP
全国スーパーで売られている袋入りのとなんとなく味わいが違うように思うのは気のせい?
「紀文」は築地から全国規模になったお店。築地には他にも煉りものの老舗が何店舗も。
神戸で煉りものといえばまず思い出すのが「カネテツ」焼板かまぼこ。。。  →カネテツHP
最近は東京でも時々見かけるようになって、懐かしくて時々買ってます。。。
♪てっちゃんてっちゃんかねてっちゃん。ちくわとかまぼこちょうだいな。
はいはい毎度 ありがとさん♪  →てっちゃんの歌(てっちゃんねる) この歌は東京では流れてないんだなぁ。さみしい~~~
いくら~~
いよいよイクラもシーズン突入。これからどんどん高くなっていく一方だって。 (場外)
買うなら今よ。って言われても。。。 近々買おう。きっと。。。

(10/27追記:このとき、お店の方が「川のイクラ(色がうすい)は短い間だけしか物がないから、買うなら今だよ」と言われて、川のイクラと海のイクラの違いがよくわからなかったのですが、つきじろうさんの川のイクラと海のイクラの食べ比べの記事→こちら を拝見して納得しました。いつもどこでもつきじろうさんにお世話になりっぱなしです…ありがとうございます!)


Kさん。またご一緒しましょうね!!! 

               ********

ところでさかのぼること3時間前。

深大寺そばまるよ

私はついにこのエリアに足を踏み入れてしまった…
まるよ かけ500円


さいきん、深大寺にお蕎麦食べに行ってたでしょう?
それは すべて この日のために。
「名代 深大寺そば まるよ」 (場外) →店サイト →食べlog
築地の立ち食いそば屋、「まるよ」さん。
いつも横目で通り過ぎるお店でした。
築地に来て立ち食いそば食べるには、まだまだ修行が足りない築地シロウトの私。
でもさ、そろそろちょっと背伸びして いってみようじゃないの?
築地で立ち食いそばを。

きっかけは
◆「春菊天ぷら@まるよ」  2008.10.12  「岸田屋@月島」 2008,10,23  
ともに旦那in八丁堀さんの≪六哀(六アイ)の会in東京≫ の記事。

気になる気になる、深大寺そば。
東京は立ち食いそばのメッカと言われているらしい(ほんまか?)。が、
ここは深大寺の蕎麦屋が立ち食いそば展開で作った蕎麦屋、ということでもないような・・・

「まるよ」 かけ500円
まるよ かけ500円

一口。
ナ、懐かし~~~~~!!!!!(●^o^●)
これは、まさに、 私が30年前に東京に出てきた当時の立ち食いそば屋さんのそば。
(≪山陽そば≫VS≪富士そば≫)
麺は茹で置き色黒麺。 でも、伸びてはいない。
前回「富士そば西荻窪店」で食べたときには 生めんの茹でたてだったのが
どうもレトロ感とはしっくりしなかったんだけど、 
この茹で置き色黒麺こそが30年前当時の立ち食いそばの正しい形ではないだろうか!!

当時の富士そばの麺よりも少し細めなのは時代に合わせたのか、もともとなのか。
できれば思いっきりレトロ感に徹底して、もう少し太めの麺でも 私はOKよ。(^_-)-☆

汁は甘辛カツオ系ちょっとぼんやりした味。 
これがいいんですよこのぼんやり感が。立ち食い系蕎麦麺とよく合うんだよね。 
一度ハマるとなかなか足抜けできない味。(?)
(注記:ちなみに、どうもmidoriはカツオ系と濃い口しょうゆはよほど出汁が濃くないと「ぼんやりした味」という表現になってしまうようです。実際はちゃんとカツオ出汁の味がしてます。基本的にはカツオ+昆布+淡口しょうゆの組み合わせが好きで、濃い口しょうゆの時はカツオ、昆布に椎茸が入ると好ましく感じるようです)

ただ、トッピングのカイワレがちょっとおしゃれすぎ。あと、
値段はやはり300円台までで押さえていただきたかった。

うん、これは築地で食べても後悔しない。(私はね)
天ぷらの油の匂いが道に充満してるのがちょっと嫌なんだけど、
まるよさん。 また何かの時にはお世話になります。 よろしくお願いしますm(__)m

ということで、築地の「深大寺そば」も征服し、 今日は満足まんぞく。

自己満足に満ち満ちたところで ちぃと人気ブログランキングに行ってみませんか?(*^_^*)

ブログパーツ


オフ会 | 22:11:12 | Trackback(0) | Comments(13)
深大寺そぞろあるき≪鬼太郎茶屋≫昔ながらの蕎麦屋などなど・・・
ちょっと脱線して深大寺で出会ったものなどご紹介。
鬼太郎茶屋

まずは≪鬼太郎茶屋≫。 →HP
「ゲゲゲの鬼太郎」の作者、水木しげるさんは、鳥取県境港の出身なのは有名ですが、
現在は東京都調布市、そう、深大寺のある街にお住いです。(水木しげる→ウィキペディア
ということで、深大寺に「鬼太郎茶屋」が2003年10月にオープン。
深大寺は久しぶりのナビ嬢も私も、鬼太郎茶屋は当然初めて。
ラッキーなことに私たちが訪れた「そば祭り」の日は入館料無料だったので
もちろんそそくさとご利用。
ね、ねずみ男?ネズミ先輩?

古い民家を利用した展示は、鬼太郎が本当に出てきそうな雰囲気だけど
お化け屋敷のオドロオドロシサはなく、家のあちこちに仕掛けられた「すき間」のような所に
妖怪たちが人懐こそうに顔をのぞかせている。
目玉おやじ様~~~
ん?なんだ?


ちょうど水木さんが調布の街を描かれた原画が展示されていた。
太っ腹ギャラリー

撮影OKの太っ腹に飛びついて 素敵な原画を激写。

ぬりかべ

なんだかとってもいいゑでしたぁ。。。。。(シミジミ感動
水木しげる的調布の街。。。

             ********

ナビ嬢、久しぶりの深大寺があまりに昔と様子が違っているのでびっくりして
以前の面影を求めて しばらくさまよう。

昔ながらの蕎麦屋が 深大寺の奥にひっそりと今でもたたずんでいるのを発見。
ここが昔からある蕎麦屋。

木立の中に立つ蕎麦屋は檜皮ぶきの屋根が苔むして、
写真ではわかりづらいけど軒が低くて とてもレトロ。とても江戸風情。
玉乃屋
いや~味がありますなぁ。。。。
今度きたら絶対このお店に入ってみたい。。。。。

軒が低い。。。

                  ********

深大寺のお隣は「神代植物公園」。  →公式HP
こちらのバラ園はとても広くて見事ということで、この時期多くの観光客が訪れる。
私もずいぶん前に秋のバラを見に来たことがありました。
広い野原の真ん中にパンパスが見事に穂をたなびかせていたのを思い出します。
→神代植物公園のパンパスグラス
パンパス・・・・塩屋小学校の運動会、いつも白い大きな穂が校庭の崖にそびえていたのを思い出すなぁ…
塩屋小学校パンパス2007秋
<神戸・塩屋小学校のパンパス 2007年9月撮影>
今でも同じ場所にパンパスが生えているんですよ。
40年以上、塩屋小学校の運動会を見てきたんですね。
(写真左側に見える影。まだ穂が白くなっていない。
今年もまだ生えていたら、きっと今ごろちょうど真っ白になってたなびいている頃です。。。)

ということで、深大寺ちょっと散歩。
お天気さえ良ければ一日楽しめる場所ですね。
ぜひぜひ一度足をお運びください!そして、お昼はお蕎麦食べてね~~~ヽ(^o^)丿

鬼太郎も大好きな人気ブログランキングへ~!m(__)m

ブログパーツ

街あるき | 17:06:23 | Trackback(0) | Comments(4)
深大寺そば巡り②≪深水庵≫≪水神苑の屋台蕎麦≫&大般若転読会
ソバ蕎麦そばSOBA 蕎麦だらけ。(*^_^*)
ううむ。 神戸でも美味しそうにお蕎麦食べてる人がおるし。蕎麦シーズン到来です(*^_^*)
◆「都そば 新長田店」 ≪ニキニキ日記≫2008.10.20付
懐かしいなぁ。うどん粉の多い関西系のおそば。
関西の出汁の効いた汁には うどん粉の多いちょっと太めのお蕎麦がベストマッチ!

深大寺も負けてられへんでぇ!ヽ(^o^)丿
ということで 前回よりおなじみ そば祭りシスターズ二人組 が向かったのは 
前回(10/17)もお邪魔した ≪深水庵≫さん。 
  →クーポン付ぐるなび  →ちょうふどっとこむ
深大寺が久しぶりのナビ嬢に、とりあえず私がお連れできるお蕎麦屋さんといえば
こちらになるでしょう?やっぱ。
前回写しそびれた お店の写真~~~!
深水庵
そしていきなりお蕎麦~! 前回と同じ 「深大寺そば」700円。
深水蕎麦
ナビ嬢、一口おすすりになって
「う~ん、オイシィ~~~(ハートマーク&目にお星様!)」
うふふ。 気に入っていただけて ホッとしました。(*^_^*)

そういえば、前回のコメントで ちょっと太め?とか書いたけど、
関西のお蕎麦に比べると ぐっと細いんですよ。
関西のお蕎麦(うどん粉たっぷり系)を関西のうどん(普通サイズ)と置き換えたとしたら
ちょうどお蕎麦の太さくらい といえば わかる?

ところで、 ナビ嬢様。
関西でお蕎麦を召し上がったこともおありとのことなのですが、関西では
「にしんそば」食べられたとか。 (他のお蕎麦は食べなかったのかな?)

にしんそば。
私は食べないですけどね。(苦笑
あの甘辛い味が。。。と言いかけて気がついた。

関東の蕎麦ソバしたお蕎麦だと、関西系の 出汁は濃いけど淡口しょうゆのそばつゆは
いまいちな感じで やっぱり濃い口しょうゆ系主体の甘辛系のそばつゆが合うなぁと。

それと、

そば→甘辛の味付けしたい欲求

ってのが 関東人には条件反射的にあるんでないか?

新たな仮説が誕生しました。
どう?どうなのこの仮説は?(*^_^*)


そんな駄話しながら完食~~~ヽ(^o^)丿
やっぱり 蕎麦粉の甘みをしっかり感じられて 
美味しゅうございました。 ≪深水庵≫さんのお蕎麦。

                  ********

お店に入る前にちょっとふらついてるときに 人だかりを発見。
なんだなんだ!! 出入りだ出入りだ!!!
深沙大王
先日は「これは何だろう?」と思った、木立の中にひっそりたたずむお社の周りに すごい人だかり。
そして 読経の声が。
おおお~! 時々お経で床をぶっ叩きながらお経読み上げながら 
パラパラパ~~~~~~~っと 開いてる~~~!!
大般若転読会
こ、これがウワサに聞く(初めて聞いたけど)  大般若転読会 ですか!
  →天台宗:大般若転読会  →大般若経ものがたり
ううう!すごいスピード感です! マジックのトランプのカード切り、
あるいは アコーディオンのじゃばらを超ハイスピードで動かしてるみたいです!!!
冒しがたい空気があたりに発散されています。
天井の龍の絵も眼に光が宿るようです。

「深沙大王祭」というのだそうです。
すごいものを拝見しました!!!!! m(__)m

                   ********

感動ひとしきりのあと、 目についたのは このお店。
江戸時代?
このお店は先日はなかったような。。。
しかも、手前のオブジェ(?)、見覚えがあります! 写真をごそごそ探してみると…あった!

そばの屋台

お! そっくり!!!  思ったより全然そっくりで、探し出した当人もびっくり!(゜o゜)
これは 深川の「深川江戸資料館」の展示物。 江戸時代の 蕎麦屋台 ですね。
ここは照明が刻々変わって江戸の町の1日を表現しているので
写真の明るさも時間がたつと変わってしまう。m(__)m (撮影は2006年8月)
蕎麦屋台 深川江戸資料館
朝の光の中の「蕎麦屋台」。江戸の町を再現したなかなか楽しい資料館でした。何枚かご紹介。
天ぷら屋台 物見櫓
深川江戸資料館は 一度遊びに行くと面白いですよ!
◆深川江戸資料館 HP 東京都江東区白河1-3-28 TEL03-3630-8625 →交通案内・休館日
◆江戸体験施設のコミュニケーション  深川江戸資料館ー1
私はぐるっとパスを使って入場料タダで行ってきました。
◆東京・ミュージアムぐるっとパス2008

深大寺で見かけたのは、江戸時代の蕎麦屋台を模した、水神苑の蕎麦屋台だったんですね。
平日の営業は夜なので前回お店を拝見してなかったのですね。土日は昼から営業。
提灯に火が灯っています。営業中の合図なんでしょうか。
水神苑蕎麦屋台
◆水神苑   →HP  →ちょうふどっとこむ
メニューはこちら。
menu
menu2
私は 冷たい今そばかけ600円 を頂きました。
今そばかけ
おおお!麺、めっちゃ大盛り!! こちらのは細めんで そばつゆも甘すぎない、深水庵さんに近いもの。
出汁のお味はこちらが若干強いかな?
これ又美味しいよ~~!ヽ(^o^)丿★★
ナビ嬢はかけそば600円をご注文。
あったかい汁にホロっとソバ粉がほどけるのがまた美味い~~~~!!
(ナビ嬢は冷たい方がお好みのようだったので交換させていただきました!
二人で二食を食べ比べ。 これは二度お得な食べ方ですね!)

                  ********

ところで、東京のお蕎麦屋さんといえば、こんなイベントもあるんですよ~
一度行ってみたいんですけれどね。
東京でも有名なお蕎麦屋さんが名を連ねています。
それぞれのお店のソバツユを比べられるなんて、なんてすばらしい~~!
今年はもう終わってしまいましたが、気になる方は来年、ぜひ!(*^_^*)
◆江戸神田蕎麦17店のつゆ比べと出世そば ~神田技芸祭「おとな縁日」で~

蕎麦 ウィキペディア

やっぱり蕎麦好きさんは→人気ブログランキングよろしくねン!

ブログパーツ


続きを読む >>
街あるき | 20:45:40 | Trackback(0) | Comments(14)
深大寺そば祭りでそばがき体験
ふふふ。鬼太郎!また蕎麦を食べに来たのか。ヽ(^o^)丿

kitarou!
やっぱり来ちゃいました。 深大寺そば祭り。
今日は地元出身のナビゲーターつきです。(鬼太郎ではない。念のため)

まずは 「そばがきづくり体験」 から。
これが今回の目玉おやじ。いやいや、超目玉ビッグイベント。(私たちのねヽ(^o^)丿)
会場となる水車小屋の前には すでに行列が!!!
行列嫌いで名高いmidoriも、 今回だけは 並びます! 根性入れて並ばせて頂きますっ!
水車小屋
イベントの前準備。 まずは玄そば(殻つきの蕎麦の実)を石臼で挽きます。
石臼!
重い~~~!(^_^;) 左手で回しながら右手で玄そばを継ぎ足すといいようでした。
でも、左手だけで回すのは無理~~~!
水車の動力を使った粉ひきも公開されています。
水車小屋
おおお! 水車小屋の中は 挽きたての蕎麦の香りが~~~~!
蕎麦の香りって、こんなに甘~~~いんだったんだぁ!!!
ううう…ウマそう…‥ヽ(^o^)丿
すぐ食べたい!すごく食べたい!
待ってられない私たちを ジックリ待たせて登場は そばがき隊のお兄ぃさんたち!
そばがき体験1
よっ! 待ってましたっ!(^○^)!
始まりますよ~~!
丼
まずは丼を温めます。
ソバ粉100g
そこに、先ほど挽かせていただきましたソバ粉を投入! たぶん100gね。(*^_^*)
そばがき作成中!
シュンシュン沸いたお湯を入れて そばがき隊の腕が鳴ります!回ります!!
いつもより多く回っております~~~~~っ!!!!!
あ、アツツツ~~~~っと丼が熱すぎて悲鳴が上がる!
丼は軍手かタオル使用が良いようです(^_^;)
はい。
「ハイ! もう少しまわしてから食べてください」
お兄ぃさんに渡された そばがき!
ネリネリ ネリネリ・・・
そういえば こんなお菓子あったわよね~~~ 
隣の人は「煉れば煉るほどいいんだから」 って ず~~~っと煉ってるけど・・・
もう、がまんできない~~~!!
醤油ちょいとかけて 「イタダキま~す!!」
醤油!
うひゃぁ~~~~!!!!! ウマひぃ~~~~~!!!!! ヽ(^o^)丿★★☆
醤油だけだと甘い蕎麦の香りがわかりやすくていいですね~!
でも、できればここに鰹節とネギがあればかなり嬉しいかな!・・・ 
やっぱりこないだの 「深水庵」 さんのソバガキが美味しかったからね~~~!(涎

ふぁっふぁで やわらかいソバガキ。 ウチでもできそう!
ポイントはなんでしょうか? シュンシュンのお湯を入れて アッチッチといいながら煉るあたりでしょうか(^○^)

ちなみに 今回のご案内はこちら。
イベント案内

あ。鬼太郎までたどり着けない。
鬼太郎!どこにいるんじゃ~~~
鬼太郎探しに→人気ブログランキングへ行ってみる?(*^_^*)

ブログパーツ


街あるき | 22:44:48 | Trackback(0) | Comments(12)
18日は深大寺そば祭り!深大寺そば巡り①≪深水庵≫≪一休庵≫
だあれ~? 私を新蕎麦に はめたのは~・・・
一休庵
<一休庵のお品書き>

ということで 築地で新蕎麦食べた勢いで 
深大寺に突撃してしまいました、お調子者のmidoriです。
しかも知らん間に続きもんみたいな番号ついてるし。 続くんか?ほんまに(^_^;)

関東ではお蕎麦というと いろいろありますが
一つのビッグネームとして 「深大寺そば」 というのがあります。
「更科」とか「藪」とか「砂場」とかは お店の名前なんだけど
この「深大寺そば」というのは 地名なんですね~!
「戸隠そば」とか「出雲そば」みたいに。 ちょっと違う気もするけど。(*^_^*)

ちなみに「戸隠そば」「出雲そば」とあと「わんこそば」で日本三大蕎麦らしいです。
おおお~初めて知った~~~!! ヽ(^o^)丿

深大寺は全国区的説明としては ジブリ美術館のある三鷹市のおとなり調布市。
地図だと 横に細長い東京都のちょうど真ん中ちょっと下寄り。
ちなみに 築地は東京湾に面した右端。

「深大寺そば」今までに何度か食べに来たんですけど
人に連れられて、人のお付き合いで、というかんじで。
まぁ、いずれもずいぶん昔の話です。

久しぶりの「深大寺そば」
どこにしようかな~~~
深大寺の参道は蕎麦屋で埋め尽くされているようで。
人もいっぱい~~~!!
深大寺アミューズメントパーク!
深大寺は蕎麦のテーマパークだって どこかのサイトに書いてあったけど。ほんとだ。
深大寺~

一件目。深水庵。  電話042(482)7337  金曜定休→ぐるなび(クーポン有)
深水庵メニュ

あら。今週末蕎麦祭りなのね。
蕎麦祭り

そばがき450円。
ソバガキ450円
柔らかい~~~!フワッフワ。 おいしい!!!★★☆
つけだれは生醤油にカツオ節とネギ。
いさぎよくすっきりした味でとても美味。
タダの醤油にカツオにネギやけどねぇ。
なんといっても黄金の組み合わせやもんねぇ。(*^_^*)

「深大寺そば」ってオイシイ記憶がなかったんだけどな・・・
めちゃおいしいと言ってもいい位美味しいよ~~~~ヽ(^o^)丿
しかも安いし。
そばがきって こういう食べ方 好きだなぁ!

深大寺そば700円。
深大寺そば700円
うん。美味しい。 ★★
ここのはそばつゆが甘すぎなくておいしいねぇ。
旨味もちょうどほどいい。 カツオがきいてますね。 甘みも控えめでスッキリしてていいです。
お蕎麦も少し太めだけど 角が立っててのど越しいいし。
新蕎麦!

いいですねぇ。
まぁ、欲をいえば ワサビがもう少し美味しいといいなぁ。
でも、こちらのそばつゆが 本当にちょうどいい味なんで
ワサビをつけなくても美味しくいただけます。 珍しいくらいバランスのいいそばつゆです。

そばつゆに蕎麦湯いれていただきました。
ちょっとトロミのある蕎麦湯。 蕎麦の甘みがたっぷりで おいしゅうございました~~! (●^o^●)

さて。
蕎麦団子とか蕎麦餅とか 食べながらぶらぶら。
深大寺さんにもお参り。
THE深大寺!

もしかしたら お参りしたの 初めてかな。
今までは お蕎麦食べにしか来てなかったのかしら・・・わたし・・・(^_^;)

ちょっと休憩しましょうか。 ということで
次のお店は 一休庵。  電話042(482)6773  月曜定休  →ぐるなび(クーポン有)一休庵
店頭実演でお兄ぃさんが蕎麦打ちしてました。
実演中
というか、ここで打ってるのを中で茹でて食べさせてくれる。
だから、お兄ぃさんが打ち終わらないと お蕎麦にありつけないんです~~~(^_^;)
蕎麦品書き

ということで 時間つなぎに 「荒挽きそばがき」 と 「そば団子と生麩しるこ」を~~~
そば団子と生麩しるこ 450円
そば団子と生麩しるこ700円
生麩に隠れちゃってますけど、この下にそば団子が3つ入ってました。

荒挽きそばがき 700円。
おっと、カメラの調子が悪くなった・・・ 携帯で写します~~~
荒挽きそばがき
おっ!(@_@)  なんか初めて見る絵面~~~~!!!
ワイルドなツブツブが 食欲をめちゃくちゃそそります~~!
あらびき!
ぐおおおおお~~! これは うまひぃヽ(^o^)丿 ★★
生姜がついてるのもいいねぇ。
そばつゆを少し緩めたのがついてくるんですけど、これはさっきの生醤油の方が圧倒的に好きだなぁ。
蕎麦屋の卓に醤油おいてないのはプライドなんですかね。
醤油と塩をおいといてほしいなぁ・・・
ここのそばがきにさっきの生醤油だったら 星5つ いっちゃいますね。マジ。(*^_^*)

お蕎麦は一休そば950円。 9割蕎麦だそうです。
一休そば950円
う~ん、これは お値段がちょっと高いような… ★
おいしいけどね・・・ さっきのと250円分の違いがわからない~~~
そばつゆはちょっと甘め。 後になんか味が残るのも気になるし。

あ、こちらのワサビはおいしゅうございましたよ!
ワサビが美味しいと、ついついたっぷりワサビつけてたべちゃいます。。。
ワサビ好きなもんで… (^_^;)

二軒はしごしちゃいました!
「深大寺そば」って 美味しい記憶がなかたんですけど
あと、蕎麦がやたら黒い、そばつゆが やたら甘辛い そばがき硬い~美味しくない~
という記憶が根強く残ってたんですけど
完全払拭。

たくさんお店あるし、 一番のお目当て店はお休みだったので
しばらく 定期買ってでも 深大寺に通いそう~~~ ヽ(^o^)丿

さいごに。
深大寺の入口に、 地元の小学生が植えたらしき「そば畑」が
ちょうど白い花で満開になってました。
そば畑


人気ブログランキングへ

ブログパーツ


街あるき | 00:26:54 | Trackback(0) | Comments(10)
ハモをさばくかい?(ハモ2008まとめ)
今年は例年になく 幸せハモ三昧 なmidoriでした。

ハモさばき会ハモ頭

今年のハモ記事 まとめてみました。
ハモの季節です!築地から初夏のお便り 2008.5.22付 
君はハモの子をたべたか?2008.5.24付
ハモその2 骨切り達人への道険し? 2008.5.28付
夏休みだ!第一弾 「夏といえばやっぱりハモでしょう!鱧ハモの会@たらふく銀座別館」2008.8.3付
◆ハモ三昧!特選活鱧コース≪たらふく銀座別館≫詳細!@銀座 2008.8.4付
◆コーベ的いえごはん② ハモと松茸「ハモマツ」コーベ風  2008.9.9

初の 「骨切り挑戦」は 思ったより簡単に取り組めたので
それで、今年の最終目標は 付け焼き にしました。 (生意気~~~(^_^;)

たぶん 自家製付け焼き 今年の最終形は   ・・・   これだ!

ハモ付け焼き2008
今年作った中では これでも一番の出来 です。
漬けだれがなかなか しみ込まなくて 切り口もつぶれ気味で
付け焼き、手ごわい~~~! 強敵です(^_^;)

串刺しにすると 串を身に刺す時 せっかく骨切りしてキリッと立っている身の切り口が
串を刺すために手で身を固定するので 押しつぶされて全然よろしくない。
キリッと切り口が立ったまま 付け焼きして、 しかも味をしみ込ませるのは
やはり 串うちして炭焼きしないとダメ、とか、職人の技がいろいろあるんでしょう。

いろいろ駄目だしはあるものの、 自家製付け焼きはハモの旨さに助けられて
かなり満足、おいしゅうございました~~~~!(*^_^*)
ハモって 焼いて食べるのも美味しいねぇ。

来年はぜひとも 上手な付け焼きを作って 鱧寿司作ってみたいです~~~

目指すのは これ↓(京都:いず重さんの鱧寿司)だから・・・・ 
道はかなり遠そうです・・・・(●^o^●)

京都いづ重さんの鱧寿司

いづ重鱧寿司!美しい!!

ううう、いつみても、何度見ても、激ウマそ~~~~(T_T)
どうやりゃあ こんな風に焼けるんかなぁ…

<京都 いづ重さんの鱧寿司>  いづ重 →ネットショップHP
八坂神社参道 祇園商店街振興組合ネット記事
Yahooグルメ
鱧寿司は季節ものです。美味しいよ~~~ あればチャンス。ぜひ一度お試しあれ。

              *********

今年最後のハモ? 
「ハモをさばく会」(←勝手に命名) が先日開催されました。

「ハモを送ってもらったから おいで~~~」 と 誘われて
魚仲間のお宅へ。
さばくところから料理まで 全部自分たちでやるとのこと。
ハモ以外にも 何種類かのお魚が来ているのだそうで。
お~! 喜んでおじゃましますよ~~!(さばくのは…どなたかお願い~~~・・・

料理しながら写真撮るのは難しくて、
今回は 御一緒してくださった魚仲間さんからお写真お借りしてます。
クレジットがついてるのがそうです。 
kiiさん、エコツボさん、ありがとうございます。m(__)m
(クレジットがないのはいつも通りmidori激写。
写真は諸事情によりトリミングしてあるものもあります。
 いずれもお写真の無断お持ち帰りはご遠慮くださいね)

これが和歌山から届いた、産直ハモ。 隣はカワハギ。これもめちゃウマでした。(*^_^*)
鱧さばき会1
湯引きにするのにちょうどいい、1キロ弱のが3本。
どなたか、さばいてくださいね~~~(+_+) お願いしますよ~~~(T_T) (再度懇願

midoriがオロオロうろうろしている間に 積極的なBoysが
二人仲良くさばいてくださいました。
ひえーすごいーーーー!!(*^_^*)
鱧さばき会2 実技
まずは腹を裂いて 内臓を出す。

背骨をとるphoto by kii さん


メヌキで頭を固定したあと、背骨や腹びれなどをとっていきます。
二人がかりで あーでもないこーでもないといいながらのハモさばき。
手元注意~~~といいながらも  けっこう楽しそう~~~(*^_^*)
開きましたphoto by エコツボ さん
キレイにできましたね~~ さて、骨切りは・・・・
骨切り中photo by kii さん
をををーーーーーーーっ! 有次の出刃で器用に骨切り中~~~!
すげぇ・・・・(感嘆

この日作ったのは ハモ落とし(湯引き) 刺身 肝あえ 浮き袋湯引き あと なんだっけ… 

この日の爆ウマは 刺身! ★★☆

photo by kiisanハモ刺身!photo by kii さん

写真はまだ作ってる途中のもの。 
完成形はできてすぐみんなで寄ってたかって食べちゃったのでお写真ございません・・・ヽ(^o^)丿

ハモの刺身といえば、 「鱧ハモの会@たらふく銀座別館」で初体験いたしましたが
今回のは 鮮度も味も また格別で 濃厚なハモウマ味がまことにおいしゅうございました!!
こりゃぁ、ええもん食べさせてもらいました~!!(*^_^*)


やっぱり産地直送は違うわね~~~(゜o゜) なんておしゃべりしながら魚さばきながら
どんどん料理にしてどんどん食べちゃったので、お料理の写真がとっても少なくて…
本当に美味しかったんですけど、 み~んな写真に撮られる前にお腹の中に・・・・(^_^;)
あまりに写真がないので、カワハギ君に再登場してもらいました。

カワハギ肝あえ
カワハギ肝あえ


おもいがけない スペシャルイベントにて
今年のハモ、無事終了でございます。

また来年。 美味しいハモを頂けるのが たのしみです~~~~!!!!!ヽ(^o^)丿
 
ハモ好きは必修よ(笑)人気ブログランキングへ

ブログパーツ


オフ会 | 16:21:27 | Trackback(0) | Comments(6)
ハモ (過去記事)
築地でハモを買うことができるようになったのでハモ記事が増えております。
こちらに過去記事をまとめました。
hamomatu


<ハモの過去記事>

ハモの季節です! 築地から初夏のお便り 2008,5,22付
・・・・・・東京ではハモは食べられない、という欲求不満を解消!築地でハモを初ゲット!

ハモ その2 骨切り達人への道険し? 2008,5,24付
・・・・・・ハモ初ゲット、そして初骨切りの顛末は… 骨切り成功までの聞くも涙語るも涙の道のりをえがく。

君はハモの子を食べたか? ハモ、オマケ! 2008,5,28付
・・・・・・神戸では食べたことのなかった ハモの子、内臓を食べてみるチャレンジメニュー!

夏休みだ!第一弾 「夏といえばやっぱりハモでしょう!鱧ハモの会@たらふく銀座別館」 2008,8,3付
・・・・・・なんと、生まれて初めてのハモづくしにご招待していただいた、そのめくるめく至福のひと時をレポート。

ハモ三昧!特選活鱧コース≪たらふく銀座別館≫詳細!@銀座 2008.8.4付
・・・・・・銀座の名店での活鱧コースの品々を詳細に。

夏休みだ!第三弾!「高はしで築地朝ごはん三昧」日本一高い秋刀魚&煮魚四天王、実食! 2008.8.13付
・・・・・・ついに築地にもハモの嵐が…ハモが骨切りした状態で売られているのを発見!

コーベ的いえごはん② ハモと松茸「ハモマツ」コーベ風 2008,9,9付
・・・・・・ハモにこだわる2008年。ついにたどり着いたのは結局定番中の定番だった。

ハモをさばくかい?(ハモ2008まとめ) 2008.10.17付


人気ブログランキングへ

ブログパーツ
 

街あるき | 20:09:15 | Trackback(0) | Comments(0)
新蕎麦出ました!≪築地そばアカデミー≫@築地
相変わらず蕎麦好きな関西人midoriです。

さて。
こないだ 築地関連のブログで なんかすごい美味しそうなお蕎麦屋さんの記事を見かけたんやけど
どこやったかな~~~~と思ってたら

旦那in八丁堀さんの≪六アイの会in東京≫で 記事がアップされたのを拝見。
「築地そばアカデミー」 2008.10.7付
その後、元ネタブログも発見しました。 こちら。
◆築地王さんの≪築地ニュース!≫ 「築地そばアカデミー秋の新作ランチ」2008,9,30付

あ~!ここや、ここや!!

ということで 無事店名も場所も確認できたので 行ってまいりました。
築地そばアカデミー  →HP
東京都中央区築地3-12-12JKプラザ3F ℡03-5148-5559  不定期営業‎
築地そばアカデミー入口!
入口がほんまにわかりづらい。入口にこんなのが置いてあるだけ。
普通のビルの3階です。
メニュー!
もりそば ないねん。
尋ねてみると、ざるそばに海苔がかかってないということなんで、 
あ、 それ、「もり」 やん!と思ったけど
まぁ、海苔がかかってなければOK。 名前は何でもいいんで。 
ざるそば800円を注文。

ざるそば800円
なんかいろいろくっついてくるけど、肝心のお蕎麦はこんな感じ。
このざる、ええなぁ!
このざる、ええなぁ!!!(*^_^*)

お味は・・・

蕎麦は美味しい~~~~!!!(^○^) ★☆(1.8)

香り、というより、甘いソバ粉の味が ほんのりほどけてフワッと口の中に広がって
蕎麦を食べるシアワセ~~~をしっかり感じさせてくれます。
コシもあるし、角が立ってるからのど越しもいいし、
ざる二つに分かれてるんで 水切れもいいし。

そばつゆは 
東京では珍しく、カツオが強すぎず、カツオと昆布が半々くらい?の感じ。
甘さも控えめ、塩分もちょっと控えめ、 全体的に「控えめ~~~」 な感じで、
正直、ちょっとインパクトに欠ける。

でも、 お蕎麦はなかなか美味しいですからねぇ。
これはまぁ、許せちゃう範囲かなぁ。。。。

希望すれば クルミ入りのソバツユもつけてくれる。(無料)
こちらも ちょっとインパクトに欠けるけど、 目先が変わって面白い。
蕎麦湯入れて飲むとなかなか美味しかった。
蕎麦湯はトロリタイプでようござんしたよ。★★(*^_^*)


あ、そうそう。
薬味の ワサビが猛烈に少なくて、 ビックリしたんですけど
(いつもワサビたっぷり使って食べるのが好きなんで…)
ここのお蕎麦は 主張が強くないから、 むしろワサビは使わなくていい感じ。
こういうお蕎麦も 久し振り。


個人的に いろいろくっついてくるものは 必要ないですかなぁ。
その分 お蕎麦の量を多くするか、値段を安くするかしてくれた方がいいかなぁ。

もりそばで蕎麦粉を感じさせてくれるお蕎麦屋さんの汁そばは 
今までの経験上、けっこう美味しいのではないかと想像される。
次回は汁そば食べてみますかなぁ。

ちなみに 今日のソバは「キタワセ」。 本日の割は9:1。 加水率は38.5%。
詳細情報が厨房前の掲示板にはっきり表示してあります。
お教室らしくて お蕎麦を食べる環境としてはちょっと変わってますが
結構わたくし、 こういう雰囲気 好きです。

築地界隈のお蕎麦専門店は 今まで2店舗ほど伺ってみましたが、
こちらのお蕎麦が私には合うようです。
お店の方も柔らかい雰囲気だし。
お店の場所さえわかれば とても利用しやすいお蕎麦屋さんです。

築地お蕎麦は しばらくこちらに伺うことにしようっと!
 


ソバといえば・・・・

先日の 「≪山陽そば≫VS≪富士そば≫」 2008,9,11付 の時に 
コメントで旦那in八丁堀さんが書きこんでくださった情報。
西荻窪の≪富士そば≫の全品制覇をねらう話を書いた、
東海林さだおの「偉いぞ!立ち食いそば」。
ずっと探してたんですけどね。
ついに発見しました!
偉いぞ!立ち食いそば

これがねぇ。 めちゃめちゃ面白い。
東海林さんの立ち食いそばへの思い入れ深い文章も軽妙だけれど、≪富士そば≫の社長、丹道夫氏との対談がまた面白い。
≪富士そば≫は昭和39年に立ち食いそばというスタイルで店舗を構えた、立ち食いそばチェーンの老舗中の老舗ということや、≪富士そば≫チェーンで使う麺には2種類あることや、現在、立ち食いスタイルから座る席スタイルに変えてきていることや、お店によって少しずつ味が違う理由や、かつ丼誕生の秘密や。
いろいろ興味深い話が怒涛のように続く。
何より私の興味をひいたのは、なんと、西荻窪店は最古参の第3号店とのこと。ちなみに渋谷が1号店、2号店は新宿伊勢丹そばにあったらしい。
知らぬうちに由緒ある西荻窪店でいただいていたとは…・ ちょっと感動。(*^_^*)

お蕎麦好き、とくに立ち食いそば出身者は 一度是非この本を手にとってくださいましよ。
偉いぞ!立ち食いそば→Amazonへ

              ********

そばにも 立ち食いそばもあれば ≪築地そばアカデミー≫のような蕎麦もありで、
東京でそばを食べるのはなかなか奥深くて面白いものでございます。
まぁ、もともと立ち食いそば出身のわたくしとしては、立ち食いの評価は若干甘め。
蕎麦専門店ではかなり辛め。これは値段と味とのバランスもあって 仕方ないことなのですが、
それでもどんなお蕎麦でもまずはお蕎麦と名がつくなら わたくしは まずめったなことでは残しません。
どんなお蕎麦でも 食べてしまいます。 蕎麦完食派 でございます。
味のウマいまずいよりも お蕎麦、ソバ粉への愛がまさるのでございます。
いやむしろ、まずければまずいほど、そんなまずい汁にから蕎麦を助け出さねばという思いが強くなるのでございます。


ああ。新蕎麦の季節。 今年初の新蕎麦をいただいて 少々頭が浮かれているようです。
失礼いたしました。

今年はあと何回 お蕎麦をいただけるか 楽しみでございます。

ということで、新蕎麦好きなら人気ブログランキングへ~(●^o^●)

ブログパーツ


築地 | 14:16:10 | Trackback(0) | Comments(12)
アマダイ(甘鯛)の季節がやってきた! 
10月ともなれば はやくも 年末が近づいてきた感じです。
いよいよ。 いよいよやってまいりました。
アマダイの季節が!
小アマダイ一夜干し<高はし>
(小アマダイの一夜干し<高はし>@築地)

オイシイ~~~~~よねっ!アマダイ!!!

ちゅうか、 私は もしかしたら 真鯛 より 甘鯛 の方が好きかもしれないくらい
甘鯛、 すき!

塩焼きにすると 
なんとも上品な透明感のある白身に、
皮の焼けたのが香ばしくて 
本当にいいお味でいい香りの焼き魚…・

思い出しただけでも ジュルっとして 目までウルウルしてきます。


神戸で 「鯛」 ゆうたら 「真鯛」 です。
「肉」 ゆうたら 「牛肉」 なんと同じくらい 「真鯛」様 の天下です。
というか、「『真鯛』 以外は鯛にあらず」とまで言い切りそうな勢いです。
それでもって、魚屋には真鯛が刺身でも丸ままでも昼網でも 年がら年中置かれてます。
正月前なんか 焼かれてしっぽ立てて 立派な船に乗せられて
魚屋と言わずスーパーと言わず もうどっこもここも街じゅう 「真鯛」だらけになるくらい。
神戸っ子は恐らくめちゃくちゃ「真鯛」好きです。

そんな真鯛の本拠地にあって 時々ひっそり顔をだす
ちょっとデコッぱちでつぶらな瞳の 甘鯛。

真鯛命の神戸っ子も タイ科でもない なんちゃって鯛の中でも 甘鯛にだけは甘くて 
けっこうやさしいまなざしを向けて
「ふむふむ、 たまにはアマでいくか」
なんて思ったりするもんなんです。 (ほんまか?(*^_^*)

アマダイの唯一の欠点は 値段が高い ということ。
あと、大きいのは京都とかいっちゃう、ということ。
京都はアマダイとかハモとかの集結地ですもんね。
まぁ、アマダイは 小さいのでも十分お高いので
大きいのが入っても買えへんのですけどね。

それに神戸は、他の魚も 新鮮で安くて美味しいから 
アマダイにまでは わざわざは手を出さないってのもあるのかも。

                  ********

え~、ところで。  
実は 築地にもアマダイが 集結してくるんですよ!!!!
それこそ一年中 アマダイがデコッぱちを揃えて トロ箱でねんねしてる姿を
仲卸で見てきました。
しかも、 2キロ位の でっかいのが入る。
しかも、 白いアマダイも 赤いアマダイも 入ってくる。

関西では白いアマダイも けっこう多いと思うんですけど、
築地では 白いアマダイは なかなか見かけない。
それ以外は アマダイは それこそ 神戸の魚屋の真鯛並に 築地の常連客です。



今年の1月。
まだ築地にあまり慣れてなかった頃。 ようやく顔見知りになりかかってた仲卸さんで
立派なアマダイを発見。

結構なお値段だったんですけど
どうしても欲しくて これまた 清水舞台で 買っちゃいました。 1.2キロで6930円。
これがめっちゃ美味しかった!!!
まず、3枚おろしにして 少しだけお刺身。
甘~~~い!
そして そのまま昆布ジメにして 次の日も、その次の日も、
ちょっとずつ ちょっとずつ削るようにして食べる。

うううううう うま~~~~~~~~~~~~ヽ(^o^)丿★★★

お値段はめちゃ高でしたけど、それだけの価値ありでした。
この1年、それこそ東京に来て以来20年分位のお魚を食べたけれど
その中でも 3本の指に入る美味しい記憶です。

写真は 探したけど 写してなかったのが残念。

アマダイの昆布ジメ は もともと好きだったんですけど
築地でいつもお世話になってる「高はし」さんの 小アマダイの一夜干しがめっちゃ美味しい!
という話を何度も聞かされて・・・
いつもお世話になりますつきじろうさんと、「高はし」さんのメニューから。
◆「築地高はし:アンコウ煮をめざせ!+α」 2006.12.15 ≪春は築地で朝ごはん≫
とにかく「高はし」の小アマダイの一夜干しは 一度食べないとダメらしい。(*^_^*)

なかなか「高はし」でアマダイに出会わなかったので 自分で一夜干しにして二度ほど食べてみました。
築地のアマダイ
(アマダイ@築地仲卸にて) 一夜干しにはこれくらい(300g位)のが手頃。

自家製でもアマダイの一夜干しは うま~~~~~!(*^_^*)



記事を拝見して半年以上たったある日。
とある情報筋より タレこみ有。
「明日明後日あたり、高はしに 『小アマダイの一夜干し』 が 入りますぜ。お嬢さん」 (ここらあたり若干フィクションあり)
お嬢さん、に気をよくした私は スケジュールを無理やり動かして
さっそく次の日、 築地に向かったのでした。(*^_^*)

じゃじゃじゃ~~~~~~ン!!!
高はしアマダイ!
高はしの小アマダイ一夜干し(単品3000円)  
やっとこさ ゲット~~~!!!!!(^○^)
おいしいぃ~~~~~!

香ばしい!上品なお味!!!   ヽ(^o^)丿  ウマ~~~~~!!!!!!!!★★☆
アマダイは身も美味しいけど、 香ばしく焼き上がった皮が最高ウマ~~~~!!!!!★★★

この焼き加減は ウチではできないなぁ!!!(*^_^*)
今回、2度目のカウンター一番奥かじりつき席だったので
厨房の中が丸見え、串を打たれたアマダイ四匹が 
一斗缶の上に並べられて焼かれている姿を 初めてじっくり拝見しました。
ああ。 あれが 「高はし」さんの 絶品焼き物を製造している
「遠火で直火」マシーンかぁ!!!! 
秘密兵器まで見せてもらって 本当に嬉し美味い今日この時。   


この日は私の次の人も、その次の二人連れさんも 「小アマダイの一夜干し」。
その時点で 完売!!!!! おおお。ギリギリセーフだったぁ・・・

うま甘ホカホカしっとりの アマダイに ホフホフふぐふぐ 食らいついておりましたら
とあるお客さん(臨時的小アマダイ一夜干し仲間)が
「これ、骨なんチャラ(なんて言ったか忘れた)にできますか」 と。 
若旦那が「できますよ」 って、 私にも大きなお椀を持ってきてくれました。 
「やります?」 はい。もちろん!

で、 身をむしった骨をお椀に入れて待ってると 小口切りネギと超沸騰したお湯を注いでくれました。
チョコッと醤油を入れて お味は・・・・
骨汁?
ううううう、
ウマぁ~~~~~~!!!!!(●^o^●) ★★★


とにかく 身だけでなく 骨皮ぜーんぶ美味しい アマダイ。

これからが ますます美味しくなるシーズンです。
みなさま。 この冬、アマダイを食べ忘れないよう ご注意くださいね!

≪参考資料≫
◆シロアマダイ
◆アカアマダイ
◆旬のお魚「アマダイ」 


【追記!】 2008,10,10

明日(10月11日土曜日)、 またもや小アマダイの一夜干しが
「高はし」さんに登場するようです!
「【朝】築地高はし」 2008,10,10 赤組のさくらさんの≪お百度参り的blog≫
「高はし」情報は最近こちらが最強(なんせほとんど毎日「高はし」ネタをアップされています)。
今が「小アマダイの一夜干し@高はし」のピークなんでしょうか? 
チャンスを逃さないように!! 皆さま!(*^_^*)


アマダイもビックリの人気ブログランキングへ~!

ブログパーツ

築地 | 15:15:22 | Trackback(0) | Comments(16)
筒井康隆「七瀬ふたたび」/神戸ゆかりのアーティスト
ゲイジツの秋!読書の秋! 皆さん堪能されてますか?!(*^_^*)
筒井康隆


先日の寺門さんのミュージアムは 表参道。
表参道―原宿―明治神宮の 参道沿いのエリアには、
我らが神戸が誇る作家、筒井康隆さんの東京のお宅があるらしい。
◆筒井康隆(ウィキペディア)

ほえ?
筒井康隆さんといえば 神戸、しかも私の実家のある町の隣町、
垂水にお家があったはず・・・

心配になった私は となり近所、親類縁者、知人友人に聞いてまわりました。
その結果。 どうも原宿にも神戸にもお家があるらしい。。。。。 らしい・・・・・

一応、ホッとしましたよ。
なにせ、私が物ごころついて筒井さんのファンになった時には
「あの偉大な作家は なんとウチの隣町に住んではるんだ! 」
ひょっとして 垂水を歩いていると 街かどで 着流し姿の筒井さんにすれ違うんじゃないか。
垂水に買い物に行く時ですら そんな密かな思いを胸に
アーケード街を歩いていたものですから。
筒井さんって、なんか他人に思えないんですよね~。 いや、他人だけど。(^_^;)


私が初めて筒井さんの作品に触れたのは
NHKで 1972年1月から始まった 今では伝説とまで言われている「少年ドラマシリーズ」 第一作目の
「タイムトラベラー」 (「タイムトラベラー」→ウィキペディア)
◆「少年ドラマシリーズ」 by≪テレビドラマデータベース≫
◆「少年ドラマシリーズ」 (「少年ドラマシリーズ」→ウィキペディア)

原作が 筒井康隆著「時をかける少女」。  時をかける少女(角川文庫→Amazonへ)
今昔の映像を見返すと いかにもあの時代のスタジオ撮影然とした 簡素な(苦笑)舞台装置ながら
映像化されたSF世界は想像力をかきたてられて魅力的で、
それに加えて ちょっとロマンスの香りがするサスペンス調のストーリーは
それまでオトナ向けかスポコンのドラマか、アニメか人形劇しか選択肢のなかった
思春期の乙女のハートをガッチリつかんで夢中にさせたのでした。

当時「時をかける少女」を発売した鶴書房成光社のSFベストセラーズは
今のジュブナイル(昔はヤングアダルトと言ってたティーンエイジャー向けの小説)というジャンルの先駆けになったといえましょう。
その後の少年ドラマシリーズの原作が目白押しで、 発刊されるたびに購入したものです。
もちろん、垂水の本屋さんで 筒井さんを待ち伏せしながら…(笑)
◆「少年ドラマシリーズ原作本・掲載本」少年ドラマ伝説
感受性の強い乙女のハートをガッチリつかんだ
「初恋の人」ケン・ソゴル(主人公のタイムトラベラー。木下清さんがクールに熱演)。
中学に行ったらきっとケン・ソゴルのような男性に巡り合うのだ!
そう決めてルンルン中学に上がった私を待ち構えていたのは
山を切り崩して造成半ばの 丘の中腹に建てられた学校と そこから見える明石海峡に沈む夕日と
夕日を眺めながら友達となぐさめあった せつない恋の物語でした。

青春っの思い出って 甘酸っぱいわね。(*^_^*)


 
さて、原作「時をかける少女」は その後何度もリメイクされました。
私の記憶に一番残っているのは1983年 大林宣彦監督、原田知世主演
♪と~き~を かける少女~♪の歌で有名な 最初の映画化。
最近では2006年7月15日に細田守監督でアニメ映画化されています。 
 (「時をかける少女」アニメ映画→ウィキペディア)
私にとっては久しぶりに見る映像での「時かけ」ですが、なかなか面白かったですよ。

最初の少年ドラマシリーズの「タイム・トラベラー」は原作にかなり忠実な感じに作られていましたが、
今回のアニメ映画「時をかける少女」はストーリーそのものが一新され、
まるで以前の「タイム・トラベラー」の20年後位?バージョン。 
主人公はもちろん、背景設定も全く違うのですが、なかなか楽しめました。
筒井さんの原作に組み込まれている、いろいろなSF的整合性みたいなものはちょっと置いといて…というところは SF好きとしては少し物足りないものがありましたが、
思いがけないところに差し込まれた 以前の「タイム・トラベラー」とのつながりを暗示するショットなどに
往年の時かけファン心はくすぐられちゃったのでした。 
憎い作りしてるね~~、この~~~ヽ(^o^)丿

               ********

筒井さんが神戸市垂水区にお住まいを移されたのは まさに「タイムトラベラー」が放送された
1972年。
このころからの筒井さんの作品の中に 神戸や垂水の街の描写が見られるようになります。
特に 今は絶版になっていますが(残念!!) 
短編集「メタモルフォセス群島」には
垂水の街がそのままパラレルワールドになってしまう「並行世界」や、
義経のヒヨドリゴエの逆落としを筒井流にアレンジした「こちら一の谷」が収められていて
まさに神戸の街を舞台に筒井ワールドが繰り広げられる 魅力あふれる作品となっています。

 メタモルフォセス群島(Amazonへ)

たとえば 「並行世界」 の一節から

・・・「おれの家は、海岸に迫った山の中腹にある。つまり家を出て下へ行けば海、上へ行けば山頂に近付くわけで、大体このあたりは南北を海と山に挟まれた細長い街が東西にずっと続いているのだ。おれの家のすぐ山側には厄除け八幡というじんじゃがあり、境内は広くて木が茂り、ちょっとした森みたいになっている。家を出て通りを下ると商店街になり、その商店街を抜ければ国鉄の駅へ出る。この駅のプラットホームに立ってうち眺めると海が見渡せるのである。海と駅との間には、海神社とか綿積神社とか呼ばれている海神を祀った神社があり、この神社の境内にも、やはり木が多い。このあたりは昔から漁村でもあったため、そういう神様を祀ってあるのだろう」・・・(新潮文庫版p154より引用)

とあるのは そのまま こんな風景です。

プラットホームに立って海側を見る
垂水駅プラットホーム
ちょうど去年の今の時期に写したものですね。
手前左、うっそうとした茂みが 海神社の森です。
前方が明石海峡大橋方向。 橋脚がかすかに見えます。
筒井さんがメタモルフォセス群島を書かれたときには もちろんまだ橋脚はなかったはずです。

海神社。 駅に入った電車の中から写したのをやっとさがし出しました。
はしっこの方ですが、これが海神社です。
海神社
本当は駅に入る直前に、電車からよく見える位置に大きく「海神社」と書いた柱が立っているのです。



筒井さんといえば 10月9日(今週の木曜ですね!)から
「七瀬ふたたび」が NHKドラマシリーズで始まります
。 →番組公式HP


七瀬ふたたび!
七瀬がかえってくる!


少年ドラマシリーズでも人気だったようですが、
七瀬といえば このシリーズの最初の作品 「家族八景」 と「七瀬ふたたび」は
筒井作品の中でも 特に人気の高い作品だと思います。


私も久しぶりに「七瀬ふたたび」を読み返しましたが…・

あ~~~~~こんな結末が~~~~ 

ということで、エスパー七瀬はたいへんなことになっていくのです(^_^;)


ドラマ、お見逃しなく!
そして、原作もぜひお読みになってね(^_-)-☆


 (七瀬ふたたび→ウィキペディア)
 七瀬ふたたび (新潮文庫)→Amazonへ~~~


こちらは人気ブログランキングへ~~~

ブログパーツ

街あるき | 00:43:42 | Trackback(0) | Comments(6)
塩屋百年百景 募集中!だそうだ!
緊急特番! midoriの 塩屋ニュース!
塩屋1
<第一中野センターの向いの公園>

去年、「塩屋百人百景」 という素敵なイベントが企画されて
ステキな写真集ができあがりました!
<当ブログ関連記事>
◆塩屋百人百景 2008.2.29
◆2008年4月1日【塩屋】は独立したらしい!ヽ(^o^)丿 2008.4.1付
塩屋商店街
<塩屋商店街に出るわき道>

今度は 「塩屋百年百景」 を企画しているというお知らせが。

≪塩屋百景≫ 「塩屋百年百景!」 2008・10・6付

神戸、塩屋の昔の写真を広く集めるそうです。 期間は9月1日から12月31日まで。
主催:塩屋まちづくり推進会
連絡先はこちら。

「塩屋百景」事務局/森本アリ
tel/fax 078-220-5312 e-mail: shioya100(アット)yahoo.co.jp (アット)→@

塩屋小学校の二宮さん
<塩屋小学校の二宮さんと百葉箱>

塩屋百年百景といえば、わたしなぞは
40年前には塩屋におったわけですから。

その当時の写真があれば まさにそれがお宝になるわけで。

懐かしい街並みを せめて写真としてでも残していこうというもくろみ。

ええ企画ですなぁ。
最近こういう企画、 ものすごく嬉しいです。



人気ブログランキングへ

ブログパーツ


塩屋 | 17:09:49 | Trackback(0) | Comments(10)
寺門孝之ミュージァム@表参道/神戸ゆかりのアーティスト

kaidan     
いよいよ10月!芸術の秋!!! 皆様いかがお過ごしでしょうか。(*^_^*)

今年の秋、東京にはミレイの「オフィーリア」が来ております。
Bunkamura →ジョン・エバット・ミレイ展HP
わたくし、midoriも 行ってまいりましたよ。 「オフィーリア」に会いに。

ミレイの「オフィーリア」に出会って 「オフィーリア」を同じ構図で描いた画家がいる。

神戸出身の画家、 寺門孝之さん。

寺門さんも先日、今回のオフィーリアに会ってきたそうだ。
◆「オフィーリアに会いに」 2008.9.12付
≪てらぴかのえんがわToday's Terapika≫ 

東京、表参道。

寺門ミュージァム5階

  

「赤道のオフィーリア」  by寺門孝之
赤道のオフィーリア



今年の7月表参道に新しくオープンしたミュージァム。 
寺門さんの絵が常設されています。
その名もズバリ、≪寺門孝之ミュージアム≫ 
→▼寺門孝之ミュージァム@表参道LEMONTREE▼ 北青山3-5-19
いろいろな出会いの先に こんな素敵なミュージァムが生まれたのだそうだ。
らせん階段をグルグル登っていく 秘密のたから箱のような 不思議空間に
寺門さんの絵が散りばめられている。

 

入口 kaidan


 4F egg


  kagami 4F


 
年4回ほど大きく展示替えする予定らしい。


********

 


寺門さんといえば関西在住の方には
大阪梅田のエスト→HPの絵で お馴染かもしれない。

私が寺門さんを 詳しく知るきっかけとなったのは 一枚のCDジャケット。
兵庫フィルが演奏する 佐渡裕指揮の 開幕の祈り (Amazonへ)
CDには とても大切に演奏された なじみ深いクラシックの小品が納められており 
鎮魂の思いが ひしひしと胸に迫る。
開設間もないこの空間が迎える「1月17日」の記事を このCDを流しながら書いたのを思い出す。
◆ もうすぐ あの日 ≪開幕の祈り≫  2007,1,14付


このCDジャケットが 銀座山野楽器のクラシック売り場に平積みにされている様は
そこに 天使の群れが フワフワ 浮遊しているようで ちょっと幻想的だった。

寺門さんが描いた天使だった。

CDに出会った後 実際に寺門さんにお会いする機会があった。
偶然にも同郷で同世代。
以降 いろいろなところで素敵な刺激を頂いている。

去年の「神戸ビエンナーレ」ではコンテナをタイムトンネルのような写真館に仕立てた寺門さんの企画に参加させていただいた。
◆ 【急募!】 時を隔てた2枚の≪神戸≫の写真 *タイムトンネル写真館@神戸ビエンナーレ* 2007,10,10付
◆ 神戸ビエンナーレ2007 の 風景 2007,11,12付

寺門さんは1993年に 活動拠点を 東京から 故郷・神戸に移した。
そのころのことを著書「TERAPICALOGY」(フェリシモ:1998)でこう記している。
-なぜ『天使』なんだろう?なぜ『イルカ』なのだろう?
僕の絵に「天使」が現れるようになったのは、93年の春、僕が東京から故郷・神戸へ生活の場を移してからだ。この街での生活が関係しているのだろうか?日々浴びるこの街に注ぐ光、目を通り過ぎるこの街の色、人々の色、交わす言葉…そんな様々が絵に天使のモティフを吹き込むのだろうか?・・・-

また、現在教授を勤めている神戸芸術工科大学のHPに以前、このような言葉を寄せている。
-(天使を描き始めたのは)北野のアトリエからです。神戸の光が独特で、どの色も均等に強く見える。陰が濃く出ないんです。そんな神戸独特の光から「天使」の絵なども生まれてきたように思えます。絵自体が発光している、そんな絵を描きたくなったのです。(神戸芸術工科大学;学長の部屋 より 2007.6.26付) -

北野のアトリエは1995年に被災。 その後も神戸での活動が続いていたが
3年前(2005年)に 神戸から再び東京に移動。
今は 東京と神戸を行き来する生活が続いているそうだ。
(なお、創作の変遷について、今年の8月に掲載された同大学「学長の庭」というサイトにも詳しい。
≪第1回「学長の庭」2008.8.4付≫


実は先日アップした「ゲージツの秋!東京が牧場に?!カウパレード2008」 2008.9.14付 に
寺門さんがペイントされた牛もいたのよ。カウパレード2008


                        ********

表参道は 私の「思い出の街」でもある。
18の時 受験で東京に来た時 ここからすぐ近くに3日ほど滞在した。

表参道の交差点。

青山通り



寺門孝之ミュージァムは青山通りに面したガラス張りのビルにある。

真ん中のビル


右端の入口から階段をあがって4階と5階がミュージァム。(出入り自由)

ビルの4・5階



ミュージァムの5階フロアから東京タワーが見える。
ここのソファに座るとのんびりネコのようにくつろぐ。
tokyo tower
増田屋&大坊珈琲店
ミュージァム向いに看板が出ている蕎麦 「増田屋 古道」(食べlog) 
以前は看板が出ている青山通りに面していた。
受験から帰って来てそこでお蕎麦を食べるのが楽しみだった。
二階の 「大坊珈琲店」(食べlog) は向田邦子さんが訪れていたお店らしい。
増田屋古道
大もりせいろ750円
増田屋古道大もりせいろ750円。


ところで、神戸で美術館 といえば 2007年3月、 六甲アイランドに
「神戸ゆかりの美術館」 が開館したそうですね!
http://www.city.kobe.jp/cityoffice/17/040/yukarimuseum/index.html
私はまだ行ったことはないけれど、神戸に帰ったらぜひ一度訪れてみたい場所。
チラシの絵を見ただけでも 神戸を感じさせてくれて ステキ。


神戸。 アーティストの似合う街。

東京・表参道からも 神戸の光を 発信中!

 


人気ブログランキングへ

ブログパーツ



街あるき | 23:44:11 | Trackback(0) | Comments(8)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。