■お知らせ
■『築地あるき』

楽天ブックでどうぞ~~!!

■ブログ内検索

■ユーザータグ
■こんな感じで書いてます
■最近の記事はこんなです。
■神戸で生まれ育って18年。

midori

Author:midori
今では東京暮らしの方が長ぅなってしまったけど、大好きな神戸にいまでもこだわりがあります。
山と海がないとね~
(本文中の写真はクリックすると少し大きくなります)




神戸の会社設立屋が送る神戸時計

■ブログ全記事表示
■RSSフィード
■コメントありがとうございます。
■とらばしてもらいました
■イカナゴのクギ煮アンケート!

イカナゴのクギ煮のアンケートにご協力ありがとうございました。 こちらの記事にまとめました。 イカナゴのクギ煮アンケート結果報告 これからも宜しくお願いします。

■いつもお世話になってます
■❤ New Entry

■ページランキング :2007.10~のエントリー

■過去記事2007年度

■FC2カウンター
■訪問中!

■リンクサイト

好きです神戸

■ネットショップ





スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ほんまもんの浅草海苔のつくだ煮はめっちゃ美味しい!≪江戸前生のり&あさくさのり≫
前の記事はもう2週間も前ですがな。
ちょうど全国休漁日、デモやらなんやら 大騒ぎな一日でした。
それから日本列島各地で竜巻大雨大洪水が連日。。。
神戸からも悲しいニュースが飛び込み…

いろいろな7月でしたが もう 今日で終わりやん。
ふと気がついたら エライこっちゃ!

きんのり丸さんちの 
海苔のつくだ煮の特売が 今日まで!

生のり佃煮


東京湾きんのり丸ショッピングカート
http://kinnori.cart.fc2.com/?ca=all

佃煮の作っている様子がよくわかるブログ→東京湾きんのり丸@ブログバージョン


もう ほんま 駆け込みですが、 海苔好きな方はぜひお試しいただきたい一品。
神戸の海苔の養殖がとても気になる昨今、
東京湾で いわゆるほんまもんの江戸前、浅草海苔を 復活させていこうという取り組みの一環だそうで。
→≪東京湾きんのり丸≫ あさくさのり

へんな課長とかの味は一切なし。
しかも、原料となる海苔だけでなく、醤油や砂糖の調味料に至るまで
ほんまもんをつこてる。
(写真は お得、おすすめの 「江戸前生のり」)
うら。

だから、ほんまに ほんまもんの味がします。
海苔の香りが すごいです。

爽やかな磯の香り。 
磯臭さ、とよく言うけれど、
臭くないのよね、本当に新鮮でおいしい海のものは。
磯の「香り」です。 まさに。


つい先日、お取り寄せしたのを いつもお世話になっている つきじろう様に。
そしたらとてもタイミングよく 救援物資になったようで・・・

◆≪春は築地で朝ごはん≫ 江戸前サプリ  2008.7.30付

で、その前に なぜお取り寄せしようと思ったかというと。
築地土曜会でお世話になっている魯さんのブログで 拝見したので!

◆≪色々だらだら≫ 江戸前揃い踏み 2008.7.13


で、もともとなぜこの海苔のつくだ煮が?というと・・・・
先月、ミニストップ(コンビニ)でこの海苔のつくだ煮を使ったおにぎりが売られていて
食べてみたら めっちゃ美味しかったので!!!!

◆≪築地土曜会 市場でお買い物掲示板≫ 江戸前佃煮のおにぎり! 2008.6.10~

そうそう、この掲示板みて、やっぱりつきじろうさんがすぐにこの記事をアップされてました。

◆≪春は築地で朝ごはん≫ ミニストップ「江戸前生のり佃煮」おにぎり 2008.6.11付

お味は・・・

江戸前生のり は すっきりした海苔の香りも高く、 甘さ控えめの味付けに どんどん食が進む逸品。
量も多いからお得感あります。 家でつかうなら これは超おススメ。

あさくさのり は 甘く上品な香りがたまらない一品。 柔らかな海苔が口に入ってとろけるようにほどける食感は一度味わうとヤミツキになる。
少し甘めの味付けは むしろ上品でこちらも絶品。

わたしもまだこの2種類しか 食べていませんが
あさりなど貝類も 瓶の外から見るだけでも美味しそう。
ていねいに手作りされたものの良さが 最大限に生かされている、
そんな商品なのではないかしら。

兵庫海苔i@築地
最後におまけ写真は築地(場内)で見つけた兵庫海苔の箱。(写真撮影は2008年3月ごろ)
場内で毎日行列が絶えない寿司屋さんの裏口で発見。
兵庫海苔~~~~元気なのか~~~~
今年の年末は 無事に海苔網を張れそうなのかなぁ~~~~


えっと、これは なんのカテゴリになるんやろう?
おススメグッズ?
まぁ、そんなとこかな。

そういうことで 【midoriのおススメ】 ってので どう?(*^_^*)

時間がなくて 写真もなにも間に合わないでごめんなさい==3  ←ようやくちょっとだけ写真アップしました。でも、とりあえず これでおしまい~~~

…と思ったけど、 桃屋の「江戸むらさき」の ええ~話 があったんで、アップしておきますね。
◆COMZINE by nttコムウェア 日本ロングセラー考 vol.12≪江戸むらさき≫

→ ということで、毎度写真のアップに手こずってるmidoriを応援して~~~ 
m(__)m 人気ブログランキングへ


ブログパーツ
スポンサーサイト


その他 | 00:00:34 | Trackback(0) | Comments(4)
築地魚河岸三代目  観ました。 読みました。
映画の喫茶店は

ウィっす! midoriですっ!

過去記事  
◆築地魚河岸三代目!いよいよロードショー!  2008.6.3

前回、【築地魚河岸三代目】の映画が封切りされる直前に記事を書きました。
関連グッズもいろいろ手に入れたんだよ~って
見せびらかしてもみました。

そんな私ですが
なんと
コミックスは未読でした。

で、とある日。 届いたのが これ。
三代目コミックス

築地魚河岸三代目 →Amazonに飛ぶ! 築地魚河岸三代目 (1) (ビッグコミックス)

いやぁ~。 面白いっす!
以前、「美味しんぼ」っていうマンガが流行ってましたよね。
あれより 身近な食の感じです。
スーパーや魚屋さんで売ってるお魚についてのいろいろな知識も面白いし、
料理方法も 比較的わかりやすく丁寧に載ってるし。

意外なことに 連載当初は特に 関西の魚について のいろいろが載ってて面白い!
私がこだわってるマナガツオ、ハモ、アマダイ、アナゴ・・・全部のってるやん!!!

マナガツオは東京じゃぁ銀色がはげちゃっていまいちな格好で売られてる…とか
ハモは関東じゃぁあまり食べないけど、それは骨切りできる職人がいないからだ…とか
アマダイは関西ではシロアマダイが人気・・・とか。


あああああ! もっと早く読んでりゃよかった!!!

なにより人情に厚い築地の人たちのなんやかやを描いてますから
うるるっときます。

そして 私が行きました映画館はこちら。 新宿歌舞伎町。
新宿

上映期間終了間近の平日昼間に行ってきたのですが
さすがに混雑してはいなかったが (笑
上映直前にはそこそこの入りで その顔ぶれがまた渋くてようござんした。(*^_^*)

ストーリーは原作と人物設定をかなり変更して、より映画っぽい設定になってましたが
それも原作の雰囲気を崩さないで しかも築地のよさを強めている感じがよかったなぁ。
全体に アクションやラブロマンスが抑え目なあたりもよかったし
人とのつながりを味わい深く描きながらも 築地の市場としての力強い躍動感もしっかり感じられて
とってもようござんした。

次回作が決定とのことで、今回作、いかにも「人物紹介」な感があったのはまぁ御愛嬌というかんじ。
唯一、原作でめっちゃかっこええ(私の憧れの)大旦那が
実は…というあたりが 私的にはちょこっと引っかかりましたけどね。(笑

これからの連作、期待しています!
もっとたくさんの人に見てもらえるといいなぁ。
派手さはないけど、 いい作品だったと思います。

映画館で見ると 築地の広大な敷地を体感できて 本当に築地にいるみたいでした。

つくづく思ったけど 築地って 現代版「三丁目の夕日」 だね。(*^_^*) →ALWAYS三丁目の夕日

この記事トップの写真は 映画のシーンで使われた喫茶店。
こちらのコメント欄に説明されているように、
映画の中で登場人物たちが集まって何度もミーティング?してる喫茶店は
築地の華僑ビルで営業していた≪ライライ≫という喫茶店。
→◆ LAILAI (ライライ) ≪春は築地で朝ごはん≫ 2008、
 ◆ 華僑ビル、築地の古いビル  ≪ゆる~り、ゆるゆると~≫ 2007.11.19付
 ◆ 華僑ビル 『喫茶LAILAI(ライライ)』の自家製ハンバーグ ≪ゆる~り、ゆるゆると~≫ 2007,11,23付

最後になりましたが、 築地からのたっぷりの愛、「築地魚河岸三代目」コミックスを貸してくださった
つきじろう様。 本当にありがとうございました。
私もこれは全巻そろえますね!!(^_-)-☆

注目! 映画の料理を一気掲載!   追記2008.7.17
≪平野文のDJ blog≫  で 映画で出てきた料理がみられます。
7月2日(水) 【映画】 にちなんだ料理 


人気ブログランキングへ

ブログパーツ

築地 | 09:54:05 | Trackback(0) | Comments(8)
垂水廉売市場
垂水廉売市場。
北入口

(撮影2007年10月~2008年3月)

→廉売市場の過去記事
◆なまこ*垂水廉売市場2006.12.29付
◆焼そばは太蒸し麺!≪島谷商店≫2008.5.14付 
◆幻の…たこやき≪信川≫2008.7.3付

幼稚園終わる間際に引っ越した 神戸の西の町。塩屋。
その隣町が 垂水。
母は ちょっとした買い物をするときは 国鉄で一駅、垂水まで よく出かけていた。

垂水は当時 駅高架下を使ったショッピングセンター「たるせん」が東西に延び
国鉄(JR)の南側に飲食店、北側に商業地域が広がっていた。
国鉄の北側。 
アーケードの商店街が東は垂水小学校の手前、西はジャスコまで延びていて、
中心にダイエーと垂水廉売市場。
雨の日でも 傘をささずにずっと歩いて 買い物ができた。

ダイエーは結構大型店で、生鮮品はもちろん、服や日用雑貨もあって、
昭和40年代にはデパートか大阪の万博でしか体験したことないような
立派なエスカレータが動いてる、ちょっとかっこいいスーパーだった。

垂水廉売市場はそのころ活況で、ダイエーも市場も人であふれていた。
母はまず市場に行き、そのあとダイエーに寄る、というかんじだった。
私にとってはどちらも同じ位楽しかった。
市場では 卵を新聞紙でピシッと包む技を見るのが好きだったし
ダイエーでは カラフルな文房具を見ていて飽きなかった。

こないだ調べてたら、昭和26年に垂水小学校の児童数が4000人を超えて
日本一になったという資料が出てきた。 →垂水環境推進協議会・昔の垂水
このころの垂水は半端なく人口が増えていたんだね。
人口が猛烈に増大して 消費がめちゃくちゃあった土地だったんだろう。


垂水廉売市場の賑やかさが 記憶の中にしっかり楽しい思い出として刻みこまれてるし
昔懐かしい味が そのままそこにはあるから
今でも 神戸に帰った時は ちょっとした買い物に 垂水に行く。

現在は、廉売市場の東側はコープが入るビルになり(レバンテ垂水 2000年3月オープン→PDF)、
西側はバスのロータリーになり、
アーケードは 北側の垂水センター街に残るだけになってしまった。

廉売市場は シャッターの降りた店が多くなり、 外の道路に面した店は
営業を続けているものの、 市場の中に足を踏み入れると 急に開いている店数が減ってしまう。

巨大な迷路のようになっている市場は 子どもの頃、 
迷子になる恐怖とmaze(迷路)のスリルとで、 夢にも何度も出てきた位。
シャッターが降りた店が多い市場は 知らない土地で通りがかるとちょっと怖くて
足を踏み入れる気がしないのだけど
廉売市場は通路の明かりが昼間も灯されているし、 ごみもなくてきちんと整理されてるし
最近できた若者向けのお店にも人が集まっているようだし、
なにより地元の人が昔のように抜け道につかうのだろう、人の流れが絶えないから
もちろん 馴染み深いということもあるのだろうけど
怖いというイメージはない。

それでも、昔の盛んなころを知る人たちにとっては
寂しい風景に違いない。

西、南入口

西入口と南入口。センター街側から。 西側(右手)がダイエーだった。 今はパチンコ屋。
二つの入口は ほとんど隣接。 ここらあたりから 不思議空間度がぐんぐんアップ!

北入口

北口。 垂水センター街 中ほどに堂々とした「垂水廉売市場」の看板が。

東側入口

ここは今はもう入口の看板ももげているけれど、たぶん東側の入口。

これは中から外に出る道。

中から外に出て行く道。
さっきの東側の入り口はここからつながってる?違うんだっけ?
右側、シャッターが閉まっているのは 昔、八百屋さんだった。
つい先ごろまでやっておられたと思ってたのだけど…

外に出る直前にお稲荷さん。

ここにお稲荷さんがあるって、 知らなかったなぁ…
ここを歩いて行くと・・・

市場のうらっかわ

こんな広い敷地がある。 向こうの高い屋根は垂水センター街のアーケード。
この道は 子どもの頃は通ったことがなかった。

廉売市場内。

廉売市場1

北口から入ってすぐあたりかな。
左側、魚屋さん。 右側、肉屋さん。 魚屋さんも肉屋さんも 市場内に何軒もありますね。

廉売市場2


廉売市場4

卵屋さん。佃煮も売っておられます。 こちらは 麺の島谷さん、たこやきの信川さんのお向かいあたり。

廉売市場3

こちらも卵屋さん。

廉売市場6

昔は 卵台のうえに もみ殻が敷き詰められ
そこに卵が並べて置かれていた。 卵がきれいに並べられた姿は美しかった…

廉売市場5

服、雑貨、お惣菜屋さんもあちらこちらにありました。
そういえば、廉売市場でお惣菜をいろいろ眺めるのも楽しかった。
よそんちの味、外食が珍しかったから、何でもおいしそうに見えました。


あ~、やっぱり写真を載せきれないなぁ・・・

また続きを そのうち・・・

あ、こちら、よろしくおねがいします!→人気ブログランキングへ




◆神戸で市場、といえばやはりこちらでしょう! 
いつもながら 街の空気を感じさせてくださる すばらしい写真の数々。
去年、廉売市場の記事がアップされたときには 歓声をあげたものでした。 
◆垂水センター街・廉売市場へ行きました2007.3.2付 ≪神戸まち探訪≫さん


◆垂水区役所HP   http://www.city.kobe.jp/cityoffice/88/

 


垂水廉売市場

   



ブログパーツ

街あるき | 09:46:11 | Trackback(0) | Comments(10)
幻の・・・ たこやき≪信川≫@垂水廉売市場 【隠れた名店】⑥
これが信川のたこ焼きじゃ!

たこやき 信川  垂水廉売市場内  →ウェブサイト
神戸市垂水区神田町6-7  (垂水廉売市場内) ℡078-707-1398
営業時間 12:00~18:00

midoriです。

先だって ちょっと知り合いにお願いしていたクール便が届いたので
何気なく あけてびっくり 玉手箱。

たこ焼きが入ってました!

クール便で届いたたこ焼き!


垂水廉売市場の ≪たこやき信川≫さんのたこ焼きです(^_-)-☆
信川1


垂水廉売市場の 過去記事は こちら↓
◆なまこ*垂水廉売市場2006.12.29付
◆焼そばは太蒸し麺!≪島谷商店≫2008.5.14付 

実は、≪信川≫さんは ≪島谷商店≫さんのお隣さん。
玉子屋さんの手前。 なまこ屋さん(と今でも私は呼んでいるが、今は閉店)と≪島谷商店≫さんの間。

子どもの頃は ≪信川≫さんでたこ焼き買うことは なかったんですね。
なんでかというと、母が「だめ」ゆうから。
ウチの母、屋台での買い食いはもちろん、
肉屋さんのコロッケすら買い食いさせてくれへん人やったんです。
自分は子どもの頃屋台で思いっきり買い食いしとうくせに・・・
なんやねん。おかん。

中学なって 学校帰り どうしてもお腹すいてしかたなかったんで
学校帰りに第一中野センター(宝船本舗さんの、あそこね) の肉屋さんで買い食いしてましたけどね。(笑

≪信川≫さんのたこ焼き。
東京で神戸の友達に会ってるときに 何度も耳にした店でした。
廉売市場のたこ焼き屋。
とにかく安いだけやなく、ほんまにおいしいたこ焼きや。 て。
≪島谷商店≫さんの話するときにも 「ああ、あのたこ焼き屋さんの隣のな」。
≪信川≫さんは 道路標識ですかい。ヽ(^o^)丿

それで 気になって仕方ない≪信川≫さんやったんですが
まぁこれが ほんまに なかなかたこ焼き焼いてはるところに出くわさん。
≪島谷商店≫さんに行くたび見るんですけどね。
シャッター閉まったままやったり
シャッター開いたばっかりやったり

お好み焼屋もたこ焼き屋も行き慣れてる 神戸っ子はわかると思うんですが
お好み焼もたこ焼きも 店開いてすぐにはできへん。
鉄板あったまるのには 時間がいる。

まぁ そういうわけで なんやかや 初めてたこ焼きをゲットできたんが
去年やったわけです。 

で、いきなりですが その時初めて遭遇した ≪信川≫さんのたこ焼き!信川たこ焼き一舟

うほぉ~~~
皮パリッパリ。 アツアツで美味しそうっ!!

これで なんと250円? (2007年12月時点)
安~~~!

「もって行かれますか? 奥でも食べられますけど」
おねぇ様が優しく声をかけてくれます。
あ、どうしよう。
普通やったら持って帰るとこやけど、 初めてのお店やけど なんか居着きたい雰囲気。

「奥って ええんですか?」
「あ、奥ゆうても ココですけど よかったら」
ゆうて案内してくれはったんが 焼き台の後ろ。 カーテンで仕切られた「奥」。
奥!

テーブル向こうのカーテン、わかります?
そのカーテンのさらに向こうで おねぇ様が焼いておられます。

「お茶、よかったらどうぞ」
うわ~~~! めっちゃすいませんッ!!!

ちなみに、≪信川≫さんの向いに 休憩所みたいな場所があります。
閉鎖店舗の後を改造して 市場内でちょっと一休みできる場所にしてあるみたいです。
そこで食べても ええらしい。

さて。 たこ焼き。
ソースはつけんと このまま頂きます。

これが信川のたこ焼きじゃ!


皮がパリっ!
中がトロッ!

あああああ!!!! ウマい~~~!!!! ヽ(^o^)丿 ★★☆

生地に出汁の味がしっかりついていて、 しかもこのトロかん。
トロ感は 明石焼きの≪松竹≫さんを思わせ 
皮のパリ感と生地のトロ感、そしてトロ生地の出汁のトータルなパフォーマンスとしては
これ、大阪の、例の≪会津屋≫さんと なんかめっちゃ近い感じがするんですけど!!!

ほんまに これはオイシィ たこ焼きです!
明石焼きとたこ焼き 両方の美味しさを 子どもの手に届くお値段に設定した
超B級グルメの至宝!!!


私の絶賛に おねぇ様、 ほんま恐縮しておられました。
「お店は いつやってはるんですか?」
「まぁ、だいたい お昼位からですね。 何時にというのはないんですけど」
「混んでて待つということもありますか」
「まぁ、すぐにできるもんやないんでね。 待っててもらうときもありますけどね」

ていねいに作ってはるから 時間はかかりますよね。
だからこその この美味しさなんでしょうね。


で。 冒頭 うちに宅配されてきた ≪信川≫さんのタコ焼き。
チンしたらええ、と 送ってくれはった知人は言うとってでしたが
いやいや。 チンはあきません。
自然解凍して 明石焼きの台で 焼きなおしましたよ。
焼きなおし
 
わかります?
このタコ焼き、思ってるよりでっかいんですよ。
明石焼きの台の穴いっぱいになります。
≪会津屋≫さんのは ラヂオ焼きゆうか 普通のタコ焼きよりもだいぶ小さかったんで
≪信川≫さんのは ほんまにたっぷりのボリュームなんです。
出来上がり

お店の焼きたてと比べると やっぱりトロ感が足りない感じですが
それでも外がカリっとなって 美味しかった~~~!!!

ごちそうさまでしたっ!!!ヽ(^o^)丿

おまけ

≪信川≫さんで発見。

あっぷる!


これ。
あっこでもみたなぁ(*^_^*)

人気ブログランキングへ

ブログパーツ



街あるき | 10:50:17 | Trackback(0) | Comments(6)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。