■お知らせ
■『築地あるき』

楽天ブックでどうぞ~~!!

■ブログ内検索

■ユーザータグ
■こんな感じで書いてます
■最近の記事はこんなです。
■神戸で生まれ育って18年。

midori

Author:midori
今では東京暮らしの方が長ぅなってしまったけど、大好きな神戸にいまでもこだわりがあります。
山と海がないとね~
(本文中の写真はクリックすると少し大きくなります)




神戸の会社設立屋が送る神戸時計

■ブログ全記事表示
■RSSフィード
■コメントありがとうございます。
■とらばしてもらいました
■イカナゴのクギ煮アンケート!

イカナゴのクギ煮のアンケートにご協力ありがとうございました。 こちらの記事にまとめました。 イカナゴのクギ煮アンケート結果報告 これからも宜しくお願いします。

■いつもお世話になってます
■❤ New Entry

■ページランキング :2007.10~のエントリー

■過去記事2007年度

■FC2カウンター
■訪問中!

■リンクサイト

好きです神戸

■ネットショップ





スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
これが再度山? 神戸富士? (再度山追っかけシリーズ②)

前回、 コメントでふくださんからのご指摘がありまして 調べてみましたら
再度山には 昔山城があったようです。
(≪神戸山手の観光登山≫に 多々部城 [再度城・多田部城〕 の詳しい記述がありました) 


そんなことは とんと知らないmidoriさん。
再度山は どこにあるのか どんな形なのか。 おぼろげな写真一枚と地図を頼りに探す日々。

まずは地図に記された位置から 市章山と碇山の奥にあると推定。
市章山、碇山といえば 「元町だ!」
大丸から見える 市章山、碇山。  小さい頃からなじんだ風景。

元町駅に降り立つ。
駅東を南北に走る鯉川筋。 大丸、海を背にすると まっすぐ正面が碇山。 そしてすぐ右手に市章山。
そしてその先は・・・
見えません。  

元町駅からだと碇山・市章山を仰ぎ見る角度になるので
その奥の再度山は見えなかった・・・・

残念!

(残念ついでに 写真探したけど行方不明です。 残念!
でも神戸っ子ならわかるよね? このアングル!)

それでは角度を変えて 三宮からはどうだろう?
神戸市役所は 展望台があったはず。 まだ一度も行ったことはないけれど。
高さもあるし、 これは行ってみる価値があるでしょう。
きっと見える。きっと見えるさ!


ルンルン気分で神戸市役所へ。
市役所といえば 今の立派な建物(1号館)が完成したのは 震災前の1989年。
噂には聞いてたけど 初体験の展望ロビーからの眺めは なかなか素晴らしい。
神戸市のイベントなど展示もあるし 市民ボランティアの方かしら 案内係の方もいる。
これなら 見えるかな。
北側の山をさっそく見に行くと・・・

市役所展望ロビーから


あっちゃ~!
見えませんね!



で、結局神戸まで戻ることになりました。
山側が見えて一番高そうな建物。
そうそう、神戸クリスタルタワー。
神戸駅前でメタリックな青光りをしている 強烈なタワーです。
ここは 兵庫県の関連施設がいくつか入っています。 →神戸ハーバーランド庁舎HP
ココに入るのも もちろん初めて。 おっかなびっくり 上がれるところまで上がりました。

20階からの展望。
前回11月24日にアップした 『いろいろな六甲全縦』 のトップにさりげなく載せておいた写真です。

神戸クリスタルタワーからの展望


どうですか?
碇山、市章山の左奥にそびえる それらしき山を探します。


あ。
これか! これが 神戸富士 か??!!

これが神戸富士だ?!


稜線から クッと立ち上がった 富士山のようなプリン型の山。
これが 探し求めていた 神戸富士、 再度山 なのですね???!!!

いま一つ 確信は持てないものの 地図と見比べると どうもそうらしい。


セブンシーズに 出てきていた 『神戸富士』 は この山だったんだねぇ。。。。

(まだまだ続くよ)





アクセスランキング
ブログパーツ
スポンサーサイト


街あるき | 21:41:20 | Trackback(0) | Comments(2)
神戸富士ってなに? (再度山追っかけシリーズ①)  

7SEEDS (セブンシーズ : 田村由美作 小学館) というマンガがあります。
(現在連載中。 以下 ネタバレありなんで ご注意願います!)
   →7SEEDS 1 (フラワーコミックス) ←Amazon


<時は近未来、巨大隕石が地球に衝突した。人類を含め、地上の生物は壊滅的打撃を受けた。
この最悪の事態を予測した政府はある対策を講じていた。
それが『7SEEDS(セブンシーズ)』計画である。
厳選された若者たちを5チームに分け、冷凍保存したのである。
環境が回復した後に解凍。放出された彼らをまちうけるものは…?> (コミックス版あらすじより)


このマンガに 再度山(ふたたびさん) が出てきます。

めっちゃ過酷な未来環境に放り出された青年たちが 唯一前時代から伝えられたのは
救援物資の保存されているシェルターが 日本各地の 『7つの富士』 にあるということ。
『7つの富士』 というのは あまたあるご当地富士の中から選ばれた7山。 
そのうちの1つが 『神戸富士』、つまり再度山 という設定。


    (ちなみに、『7SEEDS』で 再度山の場面が出てくるのは
     いまのところ コミックスの5巻41ページと 9巻、176ページ。



で、  『神戸富士』 って、 なんやねん???!!!

申し訳ないが 再度山を神戸富士と呼ぶとは 全くの初耳でございます。



再度山




しかも 六甲山系の 私が見なれた山並みは 
どちらかというとお椀を伏せたような なだらかな山容が続く
あるいはでべそのような 唐突な出っ張りのある いずれにしても 曲線的なイメージで。
『富士山』 というと まず独立峰。 そして プリンのような頂上が平らで
角ばった直線的イメージ。

記憶にありませんなぁ。 そういう山の形。

仕方がないから まずは再度山の写真をサイトで探す。


富士山のお膝元、富士市のHPにある「ご当地富士」のコーナーにあった再度山の写真は
 こちら 「富士山大集合 近畿編」 より


形はまさに 砂場で プリンの型で作ったような 典型的な富士山型。

これを見ても 思い出せない。 記憶にない。 ごめんなさい、再度山。

地図で見ると 再度山そのものは 元町駅の北側の 市章山・碇山 の奥に鎮座ましましている様子。
あっこらへんは そういえば 大きな山 (高取山、菊水山、鍋蓋山) がデンと居座ってる以外は
あまり山の形の記憶がありません。

でも、 再度山のふもとを見れば 懐かしい修法ヶ原の文字。
そうか。 修法ヶ原が 再度山の麓にあるのね。

修法ヶ原  と言えば 高校1年の最後のお別れ遠足で行った記憶が新鮮に残っている。
そのあと、 次の春だったか 友達と3人で 再度越えから修法ヶ原公園を抜けて
外国人墓地に行くくらいなら 慣れてるから大丈夫と 地図も持たずに麓から上がっていって
途中で道に迷い かなりハラハラドキドキしながら やっと辿り着いたのを思い出す。

その後は行っていないかなぁ。

幼稚園の頃から バスで、歩きで、何度となく行った場所だと思うのだけど
そういえば 山容を見た記憶がない。

六甲全山縦走路も 再度山は微妙に麓を迂回するルートになっていてね。
なんだか 謎な山。




とりあえず地図を頼りに 再度山を探すことにした。             (続くよ・・・)



*** ブログランキングに参加してるねん。よかったらここ →← クリックしたってくださいませ~ ***



アクセスランキング
ブログパーツ

街あるき | 21:10:42 | Trackback(0) | Comments(7)
六甲全山縦走 2007! いろいろな六甲全縦
毎年この時期になると六甲山は少し色づいて 空気もひんやりして来て
山登りには絶好のシーズンになる
P9230331六甲山脈2

六甲全山縦走を「六甲全縦」と呼ぶのは 今年ネットを検索していて 知りました。
六甲は神戸人に身近な山だけれど、1日で六甲山脈を縦断する
過酷な「六甲全縦」はアコガレはするけれど 自分には縁がない。

ずっとそう思ってました。

でも、ネットの世界って すごいね。
ネットで六甲全縦の話を読んだり写真を見たり動画を見たりして
家に居ながら、東京に居ながら、とても身近に感じることができるようになった。

もともと神戸人は六甲山に何かしらで登る経験があるので
写真や動画を見ると いつかどこかで見たことのある 「懐かしい」風景と重なる。

六甲最高峰の六甲山ですら、その山頂にバスやロープウェーで気軽に行ける。
子どものころには 夏休みといえば 六甲牧場に連れて行かれてたし
修法ヶ原には 遠足で行ったし
毎年 元旦の日の出を拝みに登るのは 近くの裏山。
あ、その前に年末に ウラジロとりに裏山に登るし。

そんなこんなで 六甲全縦関係のネット情報のあちらこちらで
みたことのある風景を発見すると なんとなく自分もそこにいる気分になる。

そんな六甲全縦。
今年の六甲全山縦走は11月11日と23日。
昨日、その2回目が終了したばかりで、 今ネットで検索すると 本当に次から次へ、たくさんの「全縦記事」がアップされている。
それぞれの「全縦」への想い。
チームを組んで、一人で、ご夫婦で、
それぞれの参加の形に それぞれのエピソード。
完走の喜び。 表情。
一つ一つ、ゆっくり読んでいくと 胸に熱く感じるものがある。


今年は さらに裏方さんのお仕事を拝見する機会があった。

さいとうさんのブログ≪グルメ紀行ブログ≫ 2007KOBE六甲全山縦走大会 その2

何事にも 裏で支える方が必要で
自然が相手のイベントなら なおさら 主催者の深慮が必要とされるだろう。
六甲を愛し、六甲を知る人々が 支えるイベント。

これからも無事故で永く続きますように。

私も 神戸に帰った時に たまには山に登ってみよう。



アクセスランキング
ブログパーツ

街あるき | 14:20:14 | Trackback(0) | Comments(6)
神戸スイーツハーバー閉鎖・・・≪神戸ハーバーランド≫
神戸スイーツハーバーに この夏 初めて行きました。

神戸駅周辺、今はモザイク、神戸ハーバーランド中心に 人が結構歩いてるけど
私が子どもの頃、1960年代はまだしも、中学になる1970年代には
完全に人の流れが 三宮元町に集中して、
神戸はいま一つおいてけぼりな印象があった。

三越が神戸駅東にあたる元町6丁目から撤退したのは1984年(昭和59年)。
ハーバーランドは平成に入ってから作られた街 (1992年10月グランドオープン)
東京から帰るとたいていモザイクに行くのだけど、おのぼりさんみたいで 行くだけでもちょっと恥ずかしかった。
でも モザイクは今までの 『市場』 とは違った、こじゃれた感じを目指したショッピングモール。
神戸の町並みを意識した (テーマパークよりはちゃんとした造りの、あんまり安っぽくない) 落ち着いた雰囲気で
ウィンドショッピングも楽しいし 海に面してるし山も望めるから 眺めも良くて 子ども連れにも好立地。
今まであまり立ち寄ることのなかった神戸駅に 頻繁に降りるようになったのはモザイクが出来てからやなぁ。
(ショッピングセンター、ショッピングモール が全国的に広まったのは大規模小売店舗立地法が制定された2000年以降らしい→ウィキペディア『ショッピングセンター』に飛びます

人の流れが出来つつあったものの、大型店舗の入れ替わりがあって、その度に廃れるんじゃないかと思って心配したりしたこともあったけどね。
震災の少し前に西武が神戸駅前に進出したかと思ったら2年後に撤退(1994年) とか。

西武撤退直後に震災。
スイーツハーバー入口はここ


三宮の商業地域が壊滅的な打撃を受けてなかなか客が戻っていない感じでハラハラしたのと対照的に
震災を境に 神戸駅周辺は客足がぐっと伸びたんじゃないだろうか。
震災の年11月には神戸駅のダイエーが再開したというニュースを東京で聞いて、ほんま、嬉しかったなぁ。
次の年の正月にはハーバーランドを福袋抱えた人がたくさん行き来していたのを思い出す。
私も 忘れもしない、この年が福袋デビュー。
少しでも神戸にお金が落とせればと思って 山のように買ったもんやった。
あの年は神戸でいろんなもん買ったなぁ。
友達にも 「神戸行って 買い物してね」 と声かけてたなぁ。

神戸西武がそのあとハーバーサーカスになって
今 『ビーズキス』 というらしい。3年前にオープン。
名前も今回調べるまで知らんかった。 けど、お店が開いてれば安心。
そこにスイーツハーバーができると聞いた時は 若い女の子とかが行きそうやなぁと思ったし
実際女の子が集団でうろうろしてるのを見かける。
私はそそられんけど サンリオピューロランドみたいなノリの外見も
まぁええんちゃう? 人が集まれば、と思ってた。
震災直後 頑張って店開けてたダイエーも撤退したけど そのあと入った 神戸コムサは
広い敷地面積を活用して コムサの中でも とびきりおしゃれなお店になってるしね。
ここを通りぬけていくのが 最近の楽しみの一つだったりする。

結構頑張ってるなぁと思って 神戸駅周辺の変遷を見てたわけですよ。

最近では人の流れが元町→神戸港→ハーバーランド→神戸駅 になって
三宮→元町→神戸が 途切れることのないラインで人で賑わうようになってきたように感じる。
ハーバーランド効果かなぁ。 元町商店街の5丁目6丁目ゆうたら
昔こそ 賑わってたたかも知れんけど 1980年代は閑散とした 暗~いイメージやったんで
こないだ行ったら 平日やのに びっくりするほど人通りがあって 嬉しかったよ。

そんななか、 スイーツハーバーが閉鎖とは・・・
初めて行った時も人でいっぱいやったし、それ以前も あそこらへん通ると人はおるし
結構にぎわってるなぁと思ってたんやけど。
今週日曜いっぱいで閉鎖。あしたから3日間はドリンクの無料サービス(スイーツ買った人に)もあるらしい。
スイーツハーバー閉店セール

この夏初めて入って以来 3回くらいしか入ってないけど
ちょっと名残惜しいので写真アップします。

入口はこんな感じ。

スイーツハーバー

スイーツハーバー入口

中に入るとこんなシンデレラのカボチャみたいなのがあったりね。
エントランス


一応エントランスにはスイーツの歴史の展示がある。
まぁ、ここは通り過ぎる人が多いみたいやけど、じっくり見るとなかなか面白かった。
スイーツの歴史


中に入っていくと…  テーマパークですな。(笑
はりぼて感にあふれてますが、 これはこれで 結構笑えるし楽しい。P9230341.jpg



好きな場所の席を選んで ゆっくり座っておれるのも ええと思うなぁ。

P9230340.jpg

店内2

店内1


私が気に入ってたんは このお店。 美味しい果物がたっぷり。 
フレッシュジュース1杯だけでも ゆっくり足を休めることができるし、最高でしたわ。

arrow tree

お店の案内

ショーケースもにぎやか

美味しそう!


スイーツハーバーのマップ。
このマップも もう 〈貴重な資料〉 に なってってしまうんやなぁ。
スイーツハーバーマップ




「神戸スイーツハーバー11月に閉鎖、観光に打撃」  神戸新聞ニュース2007.10.27
「神戸スイーツハーバーが閉幕しました」 (ビーズキス インフォメーション)



アクセスランキング
ブログパーツ

街あるき | 10:32:06 | Trackback(1) | Comments(3)
明石焼きの歌!  -明石焼きを愛するすべての人にささげる歌-
早朝神戸よりタレこみが入る。

  〔「明石焼きの歌」が 無料配布されていますぜ、おくさんっ!〕

どれどれ。  をををっ! なんやこれは!

≪明石市ホームページ 市民ガイド/観光・産業/明石焼きの歌≫
『明石焼きの歌決まる』   という題で広報されています。

「 市民から歌詞を公募していた「明石焼のうた」が完成しました。164人175作品の応募があり、
その中から最優秀賞、準優秀賞が選ばれました。
歌詞には市内在住の音楽プロデューサーがメロディーを付け、市内の明石焼店をはじめ、
商店街や各種団体のイベントなどで活用します。
最優秀賞:竹内稔さん(明石焼のうた)
準優秀賞:池田富江さん、平山晴美さん、愛酒万謡さん(平成明石焼物語) 」
(明石市ホームページよりママコピペ)


ページには「(明石名物)明石焼きのうた」というCDジャケットが添付され明石焼きのうたCDジャケット

その横から ♪明石焼きのうた♪ と ♪平成明石焼物語♪ がダウンロードできるようになっている。

もちろん 即ダウンロード。

♪明石焼きのうた♪ は レゲエ風に始まって 
~♪ここは明石のうおんたな 明石のタコはNO.1! ~♪ ってな感じ。

♪平成明石焼物語♪ は いまどきJ-popな感じで
~♪たこ焼きチャウチャウ 明石名物玉子焼き~♪ と歌う。
(私はこのノリは かなりインド映画っぽいと思うんですがね…)

なんという ノリのよさ。
なんという 濃厚さ。

これはまさに事件です!

記事がアップされた日付が書いてないので 探してみました。

ありました。神戸新聞。
『レゲエにポップス 〈明石焼きの歌〉完成』 2007.11.14の日付。

まさにホットな明石焼き情報です!
取り急ぎアップしておきます。
またあとから 付け加えたいと思いますが
ぜひぜひダウンロードして 車ででも聴きながら ご一緒に歌ってほしいてほしいところです。
(電車の中で思わず歌いだしても ・・・・・・・ 私は知らん顔してますけどねぇ。
 電車の中で歌うなら ぜひ 須磨から明石に向かう窓の外の瀬戸内海を眺めながら をおすすめしますよ。  もちろん、私は責任とれませんけどねぇ。)


ノリと活きのよさは保証しますぜ、おくさんっ!




【追記】
その1) どうやら この夏、明石焼きの歌詞を募集していたようです。
       『明石焼(玉子焼)の歌』歌詞を募集 (BY明石市役所)

その2) ジモティの熱~~~い明石焼き(玉子焼き)ブログを発見!
      【蛸壷ブログ】 tako焼き  tako_sukeさん。 明石焼きについての考察、お見事です!


アクセスランキング
ブログパーツ

明石 | 10:48:59 | Trackback(0) | Comments(4)
神戸ビエンナーレ2007 の 風景

瀬戸内海に開いた港には船が行き交い、背にした山は豊かな緑に覆われている。
赤い神戸ポートタワーは 子どもの頃から 神戸のシンボル。
ちょうどそこから 山に刻まれた錨と市章が望める。

神戸ビエンナーレのメイン会場、メリケンパークは 
そんな神戸らしい景色の真ん中にあります。(ハーバーランド・メリケンパーク 神戸市HP)
PB070572.jpg


絶好の行楽日和。
メリケンパークに設置された コンテナ不思議空間。
ビエンナーレ神戸周遊ブックと入場パス

入口で手続きすると ビエンナーレ神戸周遊ブックと入場パスをくれます。
ビエンナーレ神戸周遊ブック(写真赤い冊子)は期間中これを提示すると
54か所もの施設などで入場料のお得やプレゼントが楽しめるようです。

会場入ってすぐのところに 寺門さんたちの作ってくださったタイムトンネル写真館。 

タイムトンネル写真館

昔の神戸の写真に思わず見入ってしまいました。

コンテナ 一つ一つが それぞれのテーマで 不思議空間を作り出しています。 

PB070574.jpg

近づくと
PB070580.jpg



PB070582.jpg

こんなのも
PB070600.jpg


ちなみに 写真は撮り放題 です。
なんてふとっぱらな。 

PB070583.jpg

コンテナの外にも 不思議な飾り付けが????

これは私一番のお気に入り
        
PB070589.jpg



神戸ビエンナーレについては いつもながらDAIさんのレポートがとても詳細で綺麗写真満載です。

◎ 美し都神戸から (鳥瞰図を描きましょう) 
  神戸ビエンナーレ2007  ←オープニングセレモニーの写真も満載。
  アートインコンテナ  ←コンテナ一つ一つ見て回るのは時間がかかるのでこのレポートは貴重です
神戸ビエンナーレ盛況です♪
 ←タイムトンネル写真館について詳しく書いてくださっています
空から 神戸ビエンナーレ2007  ← これまたビエンナーレ会場の様子がよくわかる上空からの写真満載。空からしかわからないペイントもあるんですね!楽しいなぁ!
私のお気に入りのオブジェの怪しい姿もしっかり写っています。
その怪しさにますます気に入っちゃいました。
タイムトンネル写真館のコンテナの位置もはっきりわかります。


≪塩屋徒然≫のふくださんも 閉会直前滑り込みセーフの素敵なレポート。
神戸コンテナ芸術祭 → そうそう、「なんだ、これは! なんか面白そうなことやってるじゃないか。」 なんですよ。
体感型の展示は 本当に面白かった。とてもおおらかな気持ちになれる芸術祭でした。


      
                           






アクセスランキング
ブログパーツ

街あるき | 16:26:31 | Trackback(1) | Comments(3)
イカナゴのくぎ煮アンケート 結果報告!!!!!


ずいぶんお待たせいたしました。 明石魚の棚大善さんでもイカナゴのクギ煮売ってます。
前にイカナゴのくぎ煮について アンケートしてました。
覚えていてくださっている方もいらっしゃるでしょうか。
えらい遅くなってしまいましたが、 結果を発表させてください。
イカナゴのくぎ煮。
今年は不漁と言われ、店先にイカナゴを求める行列ができ、
しかもキロ当たりの値段がいつもの倍くらい?という 逆境にもめげず、
というより いつも 当たり前に食べている 神戸の春の風物詩 
「いかなごのクギ煮」が 「食べられない」 となると
「たべたい!」と思う 私のような人も おられるのではないだろうか?
そんな疑問を このアンケートにぶつけてみました。

協力してくださった皆さん。
結果を楽しみにず~っと毎日見に来てくれていただろう(?)皆さん。
大変お待たせして 申し訳ありませんでした!
結果発表です~~~~~~!!!!! 

(写真は明石魚の棚、焼きあなごで有名な大善さん。
大善さんでもイカナゴのクギ煮を売っていました。
右奥ショーケース、若草色の箱包みが そうです)
↑いやぁ、びっくりしました。大善さん、この写真を撮った直後に自己破産申告されていたようです。
以前の【コスモポリタン】の廃業のときみたいです。この写真が最後になるとはなぁ・・・
tako_sukeさん、情報ありがとうございました。



                             ***

今年はもう いかなごのクギ煮を 食べましたか?

投票期間 2007年4月12日~2007年8月17日
投票数14 

毎年食べる。今年ももう食べた  6票  (42.9%)
毎年食べる。今年はまだ食べていない  1票 (7.1%)
たいがい毎年食べる。今年ももう食べた  3票 (21.4%)
たいがい毎年食べる。今年はまだ食べていない  0票 (0%)
毎年は食べない。 今年はもう食べた  1票 (7.1%)
毎年は食べない。 今年もまだ食べてい  0票 (0%)
ほとんど食べない。 今年はもう食べた  3票 (21.4%)
ほとんど食べない。 今年もまだ食べていない 0票 (0%) 
 
コメント 
 
          高値なんで例年の1/3製造。( 毎年食べる。 今年ももう食べた)

          シーズンは、もうとっくに済んでしまったのですから、
今年はもう食べたはちょっと変ですね。
(毎年食べる。 今年ももう食べた)

家族そろって大好物です。 (毎年食べる。 今年はまだ食べていない)

            自分では炊かないので、「必ず」となるとアヤシイですが、
でもたいがい毎年食べています。
( たいがい毎年食べる。 今年ももう食べた)
  
            明石の叔母が毎年炊いてます。(たいがい毎年食べる。 今年ももう食べた)

                                 ***

結果は みなさんの予想通りだったでしょうか?
私は、「ほとんど食べない。今年はもう食べた」 3票 が なかなかいい味を出していると感じました。

コメントでもご指摘いただいた通り
地元神戸におられる方には 若干時期はずれな感のあるアンケートになってしまいましたが、 
東京では イカナゴのクギ煮は 年中売られているので
あえての長期アンケートとさせていただきました。 


来年の イカナゴのクギ煮は どうなるでしょう?!
イカナゴ不漁は 「もう結構」 です けどね。



【フロク】

イカナゴのクギ煮発祥の地は わが故郷 塩屋だという説もあるようですが
今年9月に発行された「神戸学検定」(公式テキストはこちら Amazonにとびます!→ 神戸学検定公式テキスト神戸学)では
イカナゴのクギ煮発祥の地は 「諸説あってはっきりしない。」となっています。

つい先日、クギ煮を最初に作ったというお店の碑が塩屋に立っていたので撮ってきました。
(碑の裏面に平成15年3月に建てられたと記載がありました)イカナゴのクギ煮発祥の地?

イカナゴのクギ煮ルーツについて興味深いサイトがありました。
いかなご釘煮のルーツは?≫  fishmlホームページより。

もひとつ。
「イカナゴGOGO」というイカナゴのクギ煮の曲を検索していてこんなブログを見つけてしまいました。
≪蛸壷ブログ 『イカナゴ ゴーゴー』≫ tako_sukeさん。
こちらによると、垂水区の幼稚園、小学校では「イカナゴGOGOダンス」を学校で踊るそうです。
いやぁ~~~見たいなぁ~~!!!









*** ブログランキングに参加してるねん。よかったらここ →← クリックしたってくださいませ~ ***

 

 


アクセスランキング
ブログパーツ

東西味違い | 21:21:29 | Trackback(0) | Comments(7)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。