■お知らせ
■『築地あるき』

楽天ブックでどうぞ~~!!

■ブログ内検索

■ユーザータグ
■こんな感じで書いてます
■最近の記事はこんなです。
■神戸で生まれ育って18年。

midori

Author:midori
今では東京暮らしの方が長ぅなってしまったけど、大好きな神戸にいまでもこだわりがあります。
山と海がないとね~
(本文中の写真はクリックすると少し大きくなります)




神戸の会社設立屋が送る神戸時計

■ブログ全記事表示
■RSSフィード
■コメントありがとうございます。
■とらばしてもらいました
■イカナゴのクギ煮アンケート!

イカナゴのクギ煮のアンケートにご協力ありがとうございました。 こちらの記事にまとめました。 イカナゴのクギ煮アンケート結果報告 これからも宜しくお願いします。

■いつもお世話になってます
■❤ New Entry

■ページランキング :2007.10~のエントリー

■過去記事2007年度

■FC2カウンター
■訪問中!

■リンクサイト

好きです神戸

■ネットショップ





スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
live in kobe② 北野はすごい人やった。急きょB級グルメツアーに変更!


今日は「神戸観光がしたい!」という娘を連れて、それではまず北野から、と三宮駅に降り立つ。
予定として私が用意したルートは

生田神社 ⇒ にしむら珈琲本店 と 元フロインドリーブ ⇒ 一押しお食事! ≪ルセット≫ ⇒ 北野の異人館 ⇒ ハーブ園 ⇒ 三宮で夕食


というものだったんですが…    実際の写真で追いかけてみるとこうなります。


阪急三宮    イカリスーパー  ikariレジ袋


まずは 三宮駅地下の≪ikari≫で お散歩グッズ(飲み物、お菓子)を購入。
イカリのレジ袋、好きです。
なんかこれ持ってるだけで 「神戸です、わたし」と言ってるみたい。
東京の紀伊国屋や三浦屋で これ見よがしにこの袋をつかって…みたい…

生田神社大鳥居 生田神社 お宮参りも。おめでたいですね。 生田の森


で、つぎはやっぱり ≪生田さん≫でしょう。
さすが、GWといっても 普段はGWスポットになってるはずもない生田さんが、
若い観光客でいっぱいです。
GWの間だけのようですが、 観光人力車も鳥居のところから出てたし。

お賽銭握って、鈴の前に人が並んでる! これはちょっとびっくり。
まぁ、ええことですやん。 人が賑わってるんは。

小さい赤ちゃん抱っこした、お宮参りさんもずいぶん見かけました。
地元の人に慕われてる生田さん。 これからまた人が集うとええね。


北野に行く予定やったんで、 生田さんを通り抜け。
西側からの抜け道には ≪生田の森≫があります。
生田さんのご神木?とおもえるほど立派な楠(クスノキ)の幹が。
こういう空気、神社らしくて、私は好きです。
娘は正月に来るところなんで、「こんなのいつもと同じところじゃん」 と 通り抜けるのすら嫌がってたんですが…
にしむらコーヒー    元フロインドリーブ


フロインドリーブがあった場所を見たいと思ってたら、隣のにしむら珈琲本店の建物がえらい立派になってました。
前の建物と同じデザインやから、ひょっと見ると全然変わらんように思うけど、フロインドリーブの隣、一度更地になってたんで、やっぱり新しく建ったんやなぁ、と。

お昼に目指してるお店がハンター坂の方なんで、人は多いやろうけど、まぁちょっとだけなら通ってもいいか、と、行ってみると、なにやらイベントの様子。
道いっぱいに チューリップなど花の花びらを絵の具代りに巨大な絵が何枚も描かれている。
通りがかりの観光客も みんな喜んで写真を撮っていた。。


フラワーロード。   花絵


後で調べてみると、このイベントは≪インターフォーラム神戸2007≫の
花絵というイベントらしい。
ピエロの格好をした大道芸人が風船パフォーマンスをしていたり、音楽が流れていたり。
いい天気に恵まれて、絵もとてもきれいな状態で見ることができました。


おお。なんか、「観光地に来たみたいやん!」やっと盛り上がってきたやん!
こころなしか 娘の動きも軽快に。

さあ。もう開店時間過ぎてるし、さっさとお店行かんと、いっぱいになってまうよ。

店、見つかりました。
ちょっと奥まってるけど、これならまだ大丈夫やろう。
看板みながら階段を降りていった。

レセット


あら?


店の中、人でいっぱいやん。

えらい早いこと人が入ってるなぁ。


ドアを押したらお姉さんが出てきてくれて
「ご予約のお客さんですか」 ゆうて聞かれた。
あ、と思ったけど、もう遅い。
今日は予約でいっぱいなんです、 申し訳なさそうなお姉さんに
こっちが申し訳ない気分になる。


「あかんらしいわ」
娘を振り返ってそう言うと、娘は明らかにガクッと膝の力を抜いた。
「こんなGWに予約なしでこんな観光地でごはん食べようというのが間違いだって」
そうです。そのとおりです。
「もう、かえろう」
え、それはあかん。 まだ神戸観光してへんし。
「この調子だと どっこもいっぱいだよ」
そうね、たしかにちょうどお昼時だしね。


「あ、そうや。こないだ行った≪味加味≫ってお店、近いからそこに行こか。
あそこやったら観光客少ないんちゃう?」
そう言って 地図で場所を指さす。
「遠いじゃん」
いや、そんな遠くない。ちょっとこの先降りたところや。
「遠い。それにお店に入れるかわからないし。このあたりは皆混んでるんじゃないの」
もう行く気が全然ないのがわかった。
北野にも何の未練もないみたいだし。 もともと行きたがってたわけじゃない。
「神戸で観光」ゆうたら「北野」でしょ、ゆうだけやから。
だいたい、このお店行くんをものすごい楽しみにしてたんは私やから。


そうか。では打ち切り。
北野は やめ。
降りよう。 駅の方に行けば、観光客が入らんようなお店、どこかあるはず。


渋る娘をどうにか引っ張って 坂を下っていく。
足が重い。 スタートが遅かったんで、ちょうどどこもここも昼時に突入してるはずの時間。
あてはない。 蕎麦の正家はあるけど、 東京風の蕎麦食べる気分じゃない。
イスズベーカリーでサンドイッチでも買って そこらの公園で食べるとか…
娘の気分は全くそんなことを受け付けそうにない。

食べ物が絡んだ感情のこじれ、 ホンマにしんどいんです。うちの子の場合。
一番面倒なんは、 食べ物の好みが私とかなりずれてるということ。
こういう時の店選びには めちゃめちゃ神経遣います…(*_*) 
しかも、かなりおなか減ってるみたいやし。 一刻の猶予もない、ゆう感じで。

とぼとぼ坂を下りて行った。このまま三宮まで行ったほうがええかなぁ。
そんなこと頭ん中で 目まぐるしく考えながら。



ひょうたん北野坂店


と、ふと見ると≪餃子の店 ひょうたん≫ とある。
おおおお!これが もしかするとこの間私を味噌だれにハメた赤萬さんの対抗馬、ひょうたんの出店か?


きっとそう。 絶対そう!


すりガラスで店内が見えにくい。 でも、あまり混んでそうじゃないし。
思い切って戸をあける。 

やっぱりひょうたんさんだったようです。
味噌だれで餃子、しっかりいただきました。

さっきまでガッカリして歩くのすらいやだという風だった娘が
けろっと元気を取り戻しているのも 何となく笑える。
ビール、といきたいところだったけど、まぁ、今回は我慢。
真昼間やったから、店内が空き空きやったんでしょう。
うれしいなぁ。 こういう展開になるとは さっきまで考えられんかった。


餃子で幸せになれる。 まさに 神戸観光やんか!
しかし、思いっきりB級にシフトチェンジやなぁ。 (*^。^*)



このあと、まだまだ続く。


 


 


ブログパーツ
スポンサーサイト


街あるき | 00:24:12 | Trackback(0) | Comments(4)
live in kobe① 神戸の朝は港の音がする

今年は私にとって何年かぶり、久々の大型GWとなりました。
そろそろ仕事も引退して神戸にひっこもか? なんてニヤニヤしながら昨夜、仕事の後のぞみに飛び乗って帰神。
今回、はじめての「ライブで神戸」をお送りします!


朝。 
まずね、音が神戸。
神戸で聞く音は 車の音ですら自然に感じる。
スクーターの音、あ、どこぞのおっちゃんがお出かけしはるんやな、とか。
布団叩いてはるな、とか。
音が建物に反響して雑音がおおい東京とは 全然違う空間の広さを感じる。
これは、どこに住んでても朝から車の音がひっきりなしの東京と違うんやなぁ…

何気に遠くで汽笛が鳴ってるような気がする。
気のせいかもしれんけどね。


神戸は「うちの裏、山やねん」 ゆうくらい住宅に六甲山系が迫ってるから、
鳥も鳴いてるしね。
山肌に反響して、遠くの音が運ばれてくる。

南側、お陽さんが通る側が海なんで、開放感があるんやろうか。
海からの自然の風がいつも吹いてるし。
朝は特に、海から風が吹いてくるから 空気に海の香りが混じってる。
普段住んでるとあまり感じんけど、 東京から帰ってくると
この空気感の違い すごい感じる。
何となく 肌も潮っぽい感じになるしね。


今回は所用もあって、ずっと神戸におられんのやけど、
神戸におる間はできる限りライブレポートしたいと思います。
なんか、普通のblogみたいやね。(*^_^*)
たまにはええんちゃうの?


今回のテーマは ズバリ、≪神戸観光≫ !
神戸に何度か来てるけど、神戸観光したことない、という娘を連れて
ちょっとあちこち行ってみようかな、と。


なんかええ情報あったらぜひアドバイスお願いしますね。
とりあえず今日は北野に行ってみます!



ブログパーツ

街あるき | 09:06:20 | Trackback(0) | Comments(2)
今はなき〔太平閣〕のラーメン

 つい先日、 三ノ宮駅の南にあった〔太平閣〕が 豚まんだけのテイクアウトの店になっていた、という情報を聞いた。
前々回神戸に帰った時に、ちらっと見たら工事中。てっきり改装しているだけかと思っていた。

太平閣。


 私が子どもの頃。 三ノ宮へのお出かけに、母はよく 太平閣に連れて行ってくれた。
母は若い頃、三ノ宮のへんで仕事をしてたから、お昼ご飯に安くて美味しい店に行ってた、その名残りの店だった。

 しっかり出汁が出ている、透明な鳥ガラスープは塩味で、綺麗にそろったコシのあるストレートな細めんが入っていた。
青ネギの細かい小口切りがたっぷり、細くチンジャオロースの牛肉みたいに切りそろえられた豚肉に味をつけて、同じく細く切りそろえられた、歯ごたえ抜群のタケノコと片栗粉の餡でまとめられて、ラーメンの上に乗せられて出て来る。


ラーメンの味も、スープの味も、タケノコと豚肉の餡の味も、 本当に美味しくて大好きだった。
むしろ、ラーメンそのものより、このタケノコと豚肉の餡に魅せられていたといったほうがいいかもしれない。


 タケノコと豚肉の餡がのった、一番安い、ただの『ラーメン』。
他にチャーシュー麺や、色々あったけど、私は大きくなっても、このただの『ラーメン』しか食べなかった。

『食堂』というかんじの、だだっ広い店内。 お水はセルフサービス。 グラスはビールやジュースの名前入り。そんなお店。 


 高校に入ると、一人で三ノ宮のへんをうろうろすることもあって、そのころはまだファストフードなんてなかったから、 スゴクおなかが空いたら 一人でも入れる 太平閣に入った。
相変わらず美味しかった。 お金がない高校生のお財布にもとても優しい、うれしいラーメン1杯だった。


大学に入り、東京に出てきて、東京のラーメンのしょうゆ味にはどうしても馴染めず、神戸に帰ると『普通のラーメン』、鳥ガラスープの塩味ラーメンを食べに 時々太平閣に行った。

 高校時代の同窓の友達と遊び歩いて ふと『ラーメン食べへん?』と誘ったのも 太平閣だった。
友達は 美味しい美味しいといいながら、「なんでこんな店しってんねん!?」と言っていたけど、じつはその時、ちょっとそれまでと味が違うなぁと思っていた。


しばらく振りに 太平閣に行ったのは、1980年台も中ごろだったか。
すっかり味が変わっていて、 もう 来ない方がいいなあと思った。


それでも、母との思い出の店。 やっぱり 立ち寄りたくなって
その後も何度か 訪れていた。

またしばらくして、 味が少し前の頃に戻ったかな、と思ったら、 メニューが変わり、内装も変わって、なんだか、その頃流行りだしていた 点心、飲茶のお店になっていってしまった。


子どもを二度連れて行った。
ワンタンメンと柔らかヤキソバとビーフン。 
それが 最後の太平閣でのメニュー。
昔ながらの ただのラーメンは その時なかったような気がする。


私の中では 今でも 太平閣のラーメンは あの タケノコと豚肉の餡のラーメンだ。



〔太平閣〕 →HP。  今は豚まんのネット販売になっているようです。


ブログパーツ

街あるき | 21:10:56 | Trackback(0) | Comments(6)
イカナゴのくぎ煮に関するアンケート (お誘い)

 前回の【神戸の餃子のタレは味噌ダレか?】アンケートもひと段落し、私も目出度く神戸で餃子の味噌ダレデビューを果たしたので、ひとたび【神戸の餃子のタレは味噌ダレか?】アンケートは終結します。
 アンケートに答えてくださった皆様、アンケートの結果を気にしてこちらに足を運んでくださった皆様、なんのこっちゃわかりませんといいながらもこのブログに目を通してくださっている皆様。そしてもちろん、私に神戸の餃子の味噌ダレについて、ブログやコメントを通して多くの情報を下さった皆様!
本当にありがとうございました!


【餃子の味噌ダレ】については、ミイラ取りがミイラになってしまい、すっかり味噌ダレにハマっております私。これからも味噌ダレのレポートは続くことと思われ…
まぁ、気ぃ長ぁ~に、お付き合いの程、どうかよろしくお願いします。


 まぁ、せっかく発見したアンケート機能ですので、このままで終わりにするのもチィともったいない。それで、も一つアンケートを掛けてみることにしました。
これもダラダラ、やる気まったくないような振りをしながら、ナニゲに結果は見たいなぁ!という感じで楽しんでやりたいと思いますので、よかったらお付き合いくださいませ。


次のお題は 「今年、イカナゴのくぎ煮はもうたべましたか?」  です。


 今年、生まれて初めてのイカナゴのくぎ煮に挑戦を宣言した私に、 なんとイカナゴの不漁という天災がふりかかりました。
もちろん、マジメに毎年イカナゴのくぎ煮を炊き続けてこられた方達にすれば、イカナゴの不漁、さらには高騰は、私のようなちゃらんぽらん思いつきエントリー者とは比較にならないほど、切実に頭の痛い、身体にも厳しかったのではないかと想像します。


 そんなこんなな今年のイカナゴのくぎ煮。
今年もいつも通り食べたわ、という方。今年はちょっと遠慮しました、という方。今年こそと思ってかき集めて食べました、と言う方、え、何それ?という方。


色々いらっしゃるとは思いますが、まぁ、よかったらアンケートにポチりとお願いいたします。


今回のアンケートは、投票せずとも結果が見られるようにいたしました。
締め切りは、何となく梅雨頃かなぁと思っています。


それでは!  



(ちなみに、アンケート作ってしまってから気付いたのですが
「イカナゴのくぎ煮を食べたことがない」というような選択肢もあったほうがよかったかな、と。
まぁ、かなり神戸人限定アンケートかな、と思いつつ、選択肢訂正してません。
「イカナゴのくぎ煮を食べたことがない」という方は今回は観客、あおりで参加の程、どうかよろしくお願いいたします)



ブログパーツ

東西味違い | 22:01:37 | Trackback(0) | Comments(2)
ひつこいようですが、餃子の味噌ダレです。

 ひつこい(しつこい)と思われてるやろなぁ… そういいながらまたまた餃子の味噌ダレねたです。
ついこの間まで 「餃子の味噌ダレ? なんじゃそりゃ!(怒」 みたいな感じやったのに、この変わりよう。 新もん好きは神戸っ子の習いですがな。 まぁ付き合ったってください。


 というか、またつくったんですよ、餃子。
うちは、餃子好きなんですね。家族そろって。 ハンバーグはめんどくさくて年に1回位しか作らんのに、餃子はしょっちゅう作ってる。 餃子やったら面倒やと思わんし。買っても来るし。


 そういうわけで、前回作ったときにちょっと心残りやったニラの配分をちゃんとして味噌ダレで食べてみよ! 思て、作ってみたわけです。 なんといってもあの「満腹」ちゃうわ、「赤萬」さんの餃子と味噌ダレのベストマッチング、ニラ・ニンニク系の癖と味噌・酢・唐辛子の絶妙な旨味のハーモニーは、やっぱりどうしても再現したかったんですよ。


前ふり、相変わらず長いですが、ここから本編。


 前回、ニラがいつもより少なかったんで、今回はいつもの量で。
このぎょうざ、もしかしたら誰か店で出したらウケルかもと思うんで、大盤振る舞いでレシピもちゃんと考えながら書いてみますよ。 食に貪欲なあなた、チャレンジしてみィへん?


〔材料〕   豚肉 400g  ニラ2束   塩  胡椒   餃子の皮


前回、自然食品系の餃子の皮やったんで、ちょっとバリバリ割れてしもたけど、今回は市販の皮やから、柔らかい。包みやすいです。


前回の肉ニラ混ぜたところと今回の。 これくらいみどりにならなアカンネン。


混ぜた。ニラ、少ない…豚肉400gにニラ2束    皮柔らかバージョンニラ完璧版ぎょうざと味噌ダレ




なんでこんなにひつこうに書くんや? というとその答えはただ一つ!

ホンマにオイシイねん。味噌ダレとニラ(orニンニク)の組み合わせがっ!


 


 餃子に酢醤油も もちろん おいしいですよ。
私は、というと、 この数年は 酢醤油というより 酢(ちょっとだけ醤油)くらいの感じで、ほとんど酢で食べてました。

 醤油の味って、 好きな人は餃子を醤油だけで食べる人もおるけど、好きずきやから それはマァええと思うけど、 味としは結構主張が強いと思うんですよ、醤油は。 特に卓上醤油に使ってる濃口は。


 餃子はもともと餡に味付けしてるんで、それにプラスすることでより餡の味を広げるようなつけダレで食べたい、というのが私の食べ方の好みなんですね。


それでたどり着いた酢主体のつけダレやったんです。


 今回 神戸で新たな出会いを果たした餃子の味噌ダレ。
私の酢主体のつけダレにかなり近い発想で作られてるタレやと思うんです。
餃子の美味さをより引き出すタレ。
酢が肉と油の味を引き立てるのと同時に、 味噌がニラ(orニンニク)の味を引き立てる。
同時に何種類もの味が交じり合って美味しい方向に瞬間移動していく感じ。
さすが、神戸や。さすが、中華が生活に溶け込んだ町が作り出した味や。



酢が主体。 それに味噌で塩味を補いつつ、深みのある旨味を加える感じ。
ラー油は味噌を加えるとそれほど強く感じないので、結構入れても平気かも。
味はいろんなお店を回って自分の味噌ダレを作っていくほうがいいと思う。
自分の作る餃子の味にもよるし。


あくまでもニンニク、ニラ系の (これ、なんちゅうの?イオウ系の食べ物? ^^;) 餃子には抜群の相乗効果をもたらすという事ですよ。

他の餡の餃子にはまた違うんかもしれん。
私も次は赤萬さんのキャベツニンニクバージョンにちょっとチャレンジしてみようかと思ってます。



(ところで、どうも餃子と玉子焼きのネタはたくさん出てきそうなんで、カテゴリーにしてみよかなと思います。というか、このブログ、食べ物中心になってるみたいですけど、神戸は食がやっぱり豊やからこうなってしまうんかなぁ…いやいや、やっぱり本人のキャラの問題?)





ブログパーツ

東西味違い | 09:33:00 | Trackback(0) | Comments(0)
玉子焼き(明石焼き)≪お好み焼き道場≫ 実食編

今回、1泊2日で神戸に久しぶりに帰ったんやけど、 えっらい忙しかった。
こんなブログ始めたばっかりに、 いろいろ食べなあかんもんが増えてしもたし。
忙しすぎて いつも神戸帰ったときの 一番の食の喜び、を 全然食べへんかった(T_T)
(イイダコのシーズンやってんけどなぁ…)
まぁ、おかげさまで(なんのこっちゃ) いろいろ発見もありました。


で、 玉子焼き! お好み焼道場さん! お好み焼道場入り口


えらいことですわ。 ほんま ひっさしぶりに行ってみたら、 単刀直入に言うと、 なんと

みつばが はいってへん!


ビックリしたわぁ。 待っても待っても みつば、出てこんし。
おばちゃん、忘れとんちゃう? と思って 配膳台のほう 盗み見したけど
みつば  の字も あらへん。


みつばありません…(T_T)
あかんやろぅ? みつばなしの 玉子焼きはッ!


ちょっとエキサイトしてしまいました。 まぁ、当然でしょう。 
私が 玉子焼きの基本、本格としてるのは みつば入り ですから。



そういうことで、 かなり減点対象となってしまいました みつばなし玉子焼きですが、
それでも美味しかった。
思ったより 油っこくなかった。 そして、1個の大きさが 思ったよりでかかった!
東京で時々食べる明石焼きは「嗜好品」的な味がしますが、これは「ごはん」的な味。
大騒ぎして並んでまで食べるようなものというより、ちょっとオヤツに寄りました、位の
気軽な御近所立ち寄り系のあじ、ゆうたらええんかなぁ。
食べでがあるんで、ここのは1人前10個で十分です。人数より余計に頼んだ分も
モチロン完食しましたけど。

まぁ、気持ち、昔の記憶にあった「感激的な美味さ」は 減ってました。
私が大人になったからかなぁ。
あの味は、思い出の中の味なんかなぁ。


今回、発見がいくつか。


① お好み焼道場のつけ汁は  常温!  これは玉子焼きがアツアツなんで、冷ますのにちょうどいい。 前からそうやったんかなぁ? そうなんかもしれんけど、全然おぼえてなかった。


② 玉子焼きがのってる板は 手作りされた?と見まごうばかり ネジクギで留められている。 これも今まで全然気付かんかった。
写真で撮った時に初めて気がついて しげしげ見たけど、 こんなこれがお好み焼道場の玉子焼き台、他でみたことないような気がする。 というか、他でも写真撮ったりせんと気がつかんことかも。


③ 小さい子どもを連れたおかぁさんがようさん来てはった。  どうみてもおかぁさん自身が若い頃にここ来てた、ゆうかんじ。 子どもに自分が好きやったこれを食べさせたい! 私と一緒やん!と笑っちゃった。 たまたま今回相席になったグループもそんな親子連れでした。ほのぼのムード、ええ感じでした。 あと、そんな親子連れがどんどん来はるんで、 店の外で並ぶほどの盛況でした。 ウィークデーやのに、と、ちょっとビックリ。


お好み焼き④ お好み焼きも頼んだけど、 生地がちょっとゆるい感じがした。  前もこんなやったっけ? 確かにモダンと普通のお好み焼きと、あんまり生地が変わらんかったような気もしないではないけど…今回は モダンは食べへんかったんで比べてないからわかりません。 美味しかったんであっという間に食べちゃったけどね!


そして
⑤ 玉子焼き、生地の味がしっかりしてるんで、 汁につけずに食べてもおいしい。 いや、むしろ汁につけずに食べた方がおいしい! その代わりといってはなんだが、 実はたこの味、ちょっと弱く感じました。 あんなもんだったっけ? たこの味。


汁にみつばがないんで、汁に対してちょっと距離ができたせいか、 汁につけずに食べてみるという、いままであまりやったことのないことをしてみました。 なかなか美味しかったんで、案外皆さんやってはるんかもしれん、と思いました。
(最後の方で1個か2個、ソースつけて食べることは 時々やるけど…)


記憶なんて頼りないもんですね~(T_T) 
今回、一緒に連れて行った子が小学生のころ(十年位前?)にも行ってるんですけど。
全然記憶にないこともあったりなかったり。


今回、食後に お好み焼道場周辺を少し散策。
すぐ裏にある 明石焼きの松竹は お休みでした。(覗けなかったのが残念!)
隣りのお好み焼きやつふさは、 なんと移転。 斜め奥に、倍以上の広さで営業してました。
この一角、松竹のすぐ目の前にまるまるという これも明石焼きのお店があって、こちらも結構繁盛してそう。 なんだか 明石焼きで 明石は町起こし してるんちゃう?という気になるほど明石焼きのお店が以前より目につきました。


松竹への入り口松竹 この日はお休みだったやつふさ 移転してましたまるまる


【お好み焼き道場】  明石市大明石町1-6-6    ℡ 078-911-8084
              営業時間  11時~20時半 無休
                                     玉子焼き 1人前550円  お好み焼・そば焼 450円~


【玉子焼きマップ】  明石観光協会が作っているHPの玉子焼きのマップ。
             上述松竹とまるまるも入っています。
             これで見ると、汁にネギのトッピングも多いみたいですね…
             松竹さん、ぜひミツバのままで がんばり続けて欲しい!




ブログパーツ



明石 | 00:06:49 | Trackback(1) | Comments(4)
餃子の味噌ダレ作りにチャレンジ!

さぁて。

神戸で食べた赤萬さんの味噌ダレの味を忘れないうちに チャレンジしてみようという大胆企画。
ちょうど餃子の皮を購入してたので、早速餃子を作る。


うちの餃子はニラと豚肉、塩コショウだけのシンプルな味。


餃子の種ニラと豚肉と塩コショウ混ぜた。ニラ、少ない…包まれた餃子焼き上がり!


今回、いつも2束入れるニラが1束しかなかったので、ちょっとニクニクしてしまったけど。
赤萬さんの餃子はたっぷりにんにく味だったので、ニラたくさんのうちの餃子といいとこ勝負かなと思う。


味噌ダレ。
準備したのは 味噌(自家製。信州味噌系) 酢(米酢) そしてラー油(ペンギン食堂さんの)


自家製味噌味噌と酢を混ぜるペンギン食堂のラー油



味噌は自家製なので、漉さずにそのまま使ってみることにした。

酢と味噌の割合、最初は大匙で数えてたけど、そのうち面倒になって適当。

ラー油の成分は下記。いろいろ入ってるんで、ラー油といってもすごいマイルド。


見た目、なんとなく雰囲気は赤萬さんの味噌ダレに近い感じ。酢味噌の酢を多くして、ラー油入れた感じ。でも、なんか微妙に違う。というか、やっぱり違う。 実食


実食。


う。うまい! なかなか美味いです!
味噌を酢で溶くと、酢醤油のときよりもマイルドさがあります。
ニラにも味噌ダレ、合います。

でも、やっぱり味噌は漉したほうがいいなぁ。
味噌がどろどろな分、食べ応えが出てしまって、
おなかがすぐにいっぱいになってしまいます。

今回、ニラが少なかったのもちょっと痛かった。
もっとニラが多くて、味噌を漉してさらさらなタレを作ったら、
もう一歩 赤萬さんに近づいたんやないかな。


またチャレンジしてみよう。 そして、ほかのお店の味噌ダレも研究してみよう!



【追記】  この味噌ダレは 使えます!      2007.4.8
 赤萬さんの味噌ダレをなめてなめてなめ倒している時、「これって、ドレッシングにしたら最高やん!」と思いました。そこで、ウチで作った味噌ダレを他の料理に使ってみると…
これが、いけます!美味い。 ちなみに、炒り卵にこの味噌ダレをかけてみたら、お箸がとまらない…スゴイ合う。卵と酢って、合うんだなぁ…あたらめてそう思いました!
味噌ダレドレッシング、最高! 




【ペンギン食堂の島ラー油】 →ペンギン食堂HP
 原料は 島唐辛子・唐辛子・春ウコン・秋ウコン・ピパーチ・石垣の塩・黒糖・黒豆・白ゴマ・にんにく・山椒・植物油。
 私はラー油はあまり好きではなく、普段外では使わない。このペンギン食堂の島ラー油は辛さがマイルドで、しかも香りがいい。だから このラー油だけは好きで買い続けている。 餃子だけじゃなくてラーメンに垂らしたり麻婆豆腐に使ったりと万能調味料。でも、なかなか手に入らない。
 実は密かに仕入れられているお店を発見してそこで買っていたのだけど、このところのブームでそこでもぜんぜん目にすることがなくなった。(神戸のわしたショップにも置いてあるようだけど、多分予約で一杯になってしまうんでは?銀座のわしたショップでは棚はあるけど現物見た事ない…)
今のところしばらくはストックでしのげるけど、そろそろ底を尽きてきた。
だから、一滴一滴が貴重品。 今回のは底にたまったスパイスのオリを酢で溶かして味噌ダレに投入。最後の一粒まで食べつくさせていただきました。ごちそうさまでした!



ブログパーツ

東西味違い | 21:27:25 | Trackback(0) | Comments(0)
≪赤萬(餃子)≫ 〔神戸の餃子のタレは 味噌ダレか?〕お店探訪①

 行ってきましたよ~!  味噌ダレで食べる餃子のお店。 赤萬さん。
味噌ダレで食べる餃子のお店を検索すると 必ず出て来るのがこの赤萬さんとひょうたんさん。
「神戸で餃子は味噌ダレが当たり前って~~~!何それ~~~!!(怒」 と息巻いていた私も
赤萬さんとひょうたんさんの場所を調べたら…


知ってるやん。 この店。
今回はお持ち帰りのみ


 元町駅降りて大丸向かって交差点渡ったとこに ごちゃごちゃ~っと小さいお店がようさんあるんやけど
あそこに昔っから (少なくとも私が物心ついた時には既に) ありました。
赤いノレンに赤いビニール屋根、狭い店内はカウンター。
見るからに 「ビール。煙草。餃子。以上!」 みたいなオッサン様達御用達の店構え。
 こんな店、高校時代は全然縁ないですやんね。ふつ~の女子こ~こ~生には。
存在感メチャメチャあるんですけど、私の視界から強制撤去されてました。
でも、記憶の中にはちゃんと存在してたんですよ。 場所、一発でわかりましたから。


 あまたあるブログの中の一部、見させていただきましたが (御本家のHPはないんでしょうな。見当たりません) ピンとこないのはその味噌ダレの味。
白味噌、と書かれてるブログは多いけど、味の詳細は全然わからん。赤萬の味噌ダレ持ち帰り用
当然白味噌だけやないやろう。 多くのリピータを垂涎させる味噌ダレってどんな味なんや? すごい気になる。

 
たまたま通りかかったんは 夕方6時ちょっと前くらい。 まだカウンターにお客さんが2人位、テーブルにも1人位で、 入ろうと思えば並ばず入れた。 でも、なんかお客さん少なすぎてちょっと敬遠。
結局その後7時ごろに通りかかったらもう満席。
お持ち帰りがあるんで、それにしました。 味噌ダレもつけてくれる、言うし。


 家に帰って焼いた。 どうかな?この焼具合は!

味噌ダレはビニール袋に入ってる。これをそのまま皿に移してあります。
他のブログみると、味噌ダレはもう少し濃いようです。それを醤油や酢など自分で調合するらしい。タレはお持ち帰りようにつけてくれたのをそのまま。
お持ち帰りの味噌ダレは、お店の人一押しの調合やろうから、それを尊重。
お味は…


 まず酢。 そしてラー油。 味噌は醤油代わりになってるというか、醤油は入ってない感じです。
 味噌、書かれてるような白味噌の甘みは 全然感じない。
 酸っぱさが際立っているけれど、市販の白味噌の甘みは砂糖系の甘みだから、入ってればわかると思うんやけどなぁ。醤油も感じない。 でも、酸っぱさに旨味をかんじるので、もしかすると黒酢とか入ってるんかなぁ。
 ラー油はもともとニンニクが入ってるんが多いと思うんやけどここの味噌ダレにニンニクは感じない。 これは意外やった。 もっとニンニクが入ってるんやと思ってたから。


 味噌ダレにニンニクが入ってへんのはなぜか。


餃子を焼いて食べたらわかった。


ここの餃子はめっちゃニンニク味です。 (爆
この餃子にこの味噌ダレ、めっちゃ合います。 そしてまた、この餃子にこのタレは、ビールに合う!


スゴイよ !!!  この組み合わせは!!! 


 餃子の餡(中身ね)は、恐らくキャベツとニンニクのみじん切りがメイン。 はっきり言って肉が入ってるとか、そういうことを気にするようなレベルの話ではないっ!
 ニンニク満載でありながら野菜(キャベツ)によってかなり味はマイルドになっている気がする。
ニンニクだけどマイルドな餡と、ちょっと小ぶりな外見。
持ち帰りを家で焼くこれをこの味噌ダレにドッポリ漬けて、ぷっくりした腹をお箸で割って中の餡にも味噌ダレをグジュグジュっとしみ込ませて、おもむろに (汁が垂れないようにちょっと手を添えたりなどして) 口に運ぶ。 辛酸っぱいタレがニンニクと混じり、 口の中から ビールを呼ぶ声が聞こえる聞こえる! そこですかさずキンキンに冷えた ビ~~~~ル!!


極楽~~~~!!!!・・・・


惜しむらくはね。お店で出されている味噌ダレの味をまだ知らないという事なんですよ。 白味噌って書かれてるのがスゴイ気になる。
今回、餃子の傾向はわかったんで、次回はしっかりビール飲みに行ってきたいと思います。


あとね。 このタレやったらウチでつくってみたいなぁと。
そろそろ家餃子の時期なんで その時に味噌ダレにチャレンジしてみようと思いました。
ウチの餃子にはニンニクは入れませんけどね。(笑

【赤萬】  神戸市中央区元町通り1-11-10  
       営業時間 月~金 14時~  土・日 13時~ 水曜日がお休み
       1人前250円  2人前から。 持ち帰りは箱代が必要。



ブログパーツ

東西味違い | 23:52:56 | Trackback(0) | Comments(7)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。