■お知らせ
■『築地あるき』

楽天ブックでどうぞ~~!!

■ブログ内検索

■ユーザータグ
■こんな感じで書いてます
■最近の記事はこんなです。
■神戸で生まれ育って18年。

midori

Author:midori
今では東京暮らしの方が長ぅなってしまったけど、大好きな神戸にいまでもこだわりがあります。
山と海がないとね~
(本文中の写真はクリックすると少し大きくなります)




神戸の会社設立屋が送る神戸時計

■ブログ全記事表示
■RSSフィード
■コメントありがとうございます。
■とらばしてもらいました
■イカナゴのクギ煮アンケート!

イカナゴのクギ煮のアンケートにご協力ありがとうございました。 こちらの記事にまとめました。 イカナゴのクギ煮アンケート結果報告 これからも宜しくお願いします。

■いつもお世話になってます
■❤ New Entry

■ページランキング :2007.10~のエントリー

■過去記事2007年度

■FC2カウンター
■訪問中!

■リンクサイト

好きです神戸

■ネットショップ





スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
豚まん! ≪一貫楼≫

 まず、【豚まん】 ゆうのは、肉まんのことです。ここんとこ、関西以外の人はピンと来てへんのとちゃうかと思うんやけど、どうなん?
 今朝、≪ベリーベリーサタデー≫見てたら、横浜中華街を紹介している中でパンチ佐藤が「豚まん」と言ってた。≪ベリーベリーサタデー≫は関西テレビ企画の番組やから、関西で放送してる分に「豚まん」ゆうのはわかるけど、全国放送やろ、これ。この 「豚まん」 て、なんや?と思ってる人、かなりおると思う。 東京で今、「豚まん」 言うて、どれくらい認知度あるんやろう? ごく最近(というか、今年の冬になってから) 東京のコンビニのノボリで 「豚まん」 ゆうのを見た時は正直、ウソクサ~と思ったけど、普通の人が 「豚まん」 ゆうて買うんかな? 「豚まん」 ゆう 「肉まん」 があるんちゃうんかな。 スゴイ疑いの眼。


 あとでネットで検索してみたら (中華まん:ウィキペディア) (豚まんと肉まんの違いって… :EXCITEニュース) 横浜では「豚まん」ゆう、と書いてあるけど、それ、横浜で普通なんかな。横浜周辺の人達は 「豚まん」 て 普段から使ってるんかな。
 今まで私が 「豚まん」 ゆうたら、それを一発でわかってくれた人、おらんかってんけど。 大体「なに?それは」 と聞かれる。せいぜい 「多分肉まんのこと言ってるんやろうなぁ」 みたいな反応をされる。  関西テレビの人らは皆関西人で 「豚まん」 ゆうのは普通やから、誰も気付かんかったんやろか。それとも最近は 「豚まん」 は全国的に知られてる、ということがはっきり解ったかなんかで、わざと 「豚まん」 で通したんかな。(テロップも説明のナレーションも入ってなかったと思う) 

 いつものように、細かいことなんですけど、気になる、気になる!


 ということで、今日は 豚まん!

 豚まん、ブタマンゆうたら一貫楼。 私は、というか、神戸の実家は ≪一貫楼≫ のブタマンです。他の店のをわざわざは食べないというのもあるけど、やっぱり食べ慣れた ≪一貫楼≫ のはおいしいと思う。 皮がほんのり甘くて、あの酵母で発酵したパンみたいな味がすごい好き。


 一貫楼、三ノ宮の駅にテイクアウトの専門店ができたと!
 一貫楼のHP→ ≪三ノ宮一貫楼≫


 神戸の豚まんで有名といったら、なんといってもまず ≪老詳記≫ の名前があがる。
でも、悲しいかな、 私がモノゴコロついた時には すでに ≪老詳記≫ は常に大行列のお店でした。
 そんなとこに並ぶんは、どうも気が進まん。なんかおのぼりさんみたいやし。ということで ≪老詳
記≫ 未食です。
 ウチの母が家の味を左右してたんですが、その母は ≪老詳記≫ のを食べたことあるけど、≪老詳記≫に並んででも買わなアカンとは思わん、とも言うてました。 ≪一貫楼≫ で十分や、と。

 そういうワケで ウチは≪一貫楼≫一本やりなんで、神戸では他所の豚まんはわざわざ買いには行かない。


 そんな 舌の基準が≪一貫楼≫の私が、神戸以外で豚まんを食べた時に思うのは、まず、皮の味がないとダメ、ということ。
≪一貫楼≫の豚まんは皮の味にかけては、かなり手作り感がある、味がある。
単にフワフワなだけでなく、手作りのパンなどに感じる粘りあるしっとり感。「発酵してます、私!」と主張する酵母臭(?)らしき得もいえぬ香り。そして、ほんのり甘い。


 次に具。
ジューシーで肉の塊と言うよりも少し柔らかく、玉ねぎの甘みが美味しい ≪一貫楼≫ のに慣れていると、いかにも肉の塊のような肉アンは 「豚まん」 の感じがしない。 本格中華、とは思うかもしれないけれど。


≪一貫楼≫ の「豚まん」は、良くも悪くも玉ねぎの甘い味と香り。
それが私には懐かしい 神戸の「豚まん」 の味です。



【ブログ・HPなど】


神戸・大阪豚まん放浪記 神戸、大阪の豚まんのお店めぐり。一貫楼の豚まんがトップバッター。
それだけで嬉しかったりするファン心理です (笑
このほかに老詳記や老詳紀、太平閣、551蓬莱などがしっかり押さえられていることと、淡々と内容を検討されていて しかも写真つき。GOOD!


食べログ.com 三ノ宮一貫楼 口コミ。いろいろな一貫楼観が伺えます。
老詳記との比較が面白い。 こんなにいろいろ書かれてる老詳記も いっぺんん食べてみようと思いました。



2008,4,21追記
◆ダンナのメシ屋 の 『三宮一貫楼(豚まん)/新神戸駅』 2008.3.23
なんと、新神戸駅にも一貫楼のテイクアウトの店ができたらしい!
むか~し、新幹線に三宮で買い込んだ一貫楼の豚まんを持ち込んで 
おやつ代わりに新幹線の中で ついついいくつか食べてしまった思いでが蘇る。。。
あの匂いは強烈に皆さんにご迷惑だったかも・・・(反省
・・・と思ってたけど、 いまでは東京にお土産に買って帰る人も多いんだろうなぁ!
(私もこの間そういえば新幹線の中で「蓬莱551」の包み紙をぶらさげてる人発見したし)
それにしても一貫楼の豚まんをここまでオイシソウに写しちゃうダンナさんには脱帽です(笑



 


ブログパーツ
スポンサーサイト


街あるき | 18:18:18 | Trackback(0) | Comments(12)
加納町三丁目の交差点

加納町三丁目の交差点。

ここの交差点の陸橋は 随分小さい頃から 同じ眺めやなぁ、  と 思う。



 新幹線の新神戸駅が出来てから、東京からの下車駅が しばらくは 新神戸駅 だった。
おっつけるように 地下鉄も出来て 新神戸(新幹線の駅) から三ノ宮(在来線の駅) まで
地上を歩かなくても よくなったんやけど
新神戸駅 降りて 三ノ宮の駅のほうを ずうっと港に向かって 眺めおろす風景に 誘われて
ついフラフラ 歩いて三ノ宮の駅に向かうことが 多かった。


 新神戸駅から三ノ宮に向かう道は 昔 生田川 が流れていた道すじらしい。
今は川筋を新神戸駅からまっすぐ南(海のほう)に向かって流す人工川になっているが
その川沿いも 桜が咲く生田川公園として いい散歩道になっている。


 新神戸駅 降りてすぐ右手方向に 道が ぐっと曲がっている。
その曲がり口 新神戸駅の側は 昔 市民病院があった。
私が産まれた病院。
今は市民病院はポートアイランドに移ってしまったけど 昭和56年まではそこにあったはずだ。 
低い 丸石の石垣、車でエントランスまで上がれるように道路から付け足したような坂道。
病院が移転すると決まってから 懐かしさで 幾度か前を通ったことを思い出す。

 病院のあとには オーパというファッションビルが建ち、そのあと 新神戸オリエンタルホテルと名前が変わり、そして今は新神戸オリエンタルシティという名前になっているが、 六甲の山沿いに オベリスクを思わせるタワーの形は変わっていない。


 病院まで行く手前、新神戸駅から真っ直ぐ降りてきた 布引の交差点のところに吉野家があった。
東京では牛肉より豚肉の生活(味も値段も)だったので、神戸に帰ってきてせめて最初に食べるものはなんか神戸らしいものを…というにはちょっとお粗末な気もしたけれど、ここの吉野家の牛丼は他所と違って肉がスゴク柔らかくてジューシーで、美味しかった。


 右手に北野町に上がっていく坂道を眺めながら だらだらと 三ノ宮のほうに降りていく。


 あまり変化の無い ビルが立ち並ぶ風景に 少し飽きてきた頃
加納町三丁目の陸橋が 交差する広い道路の上に 覆いかぶさるように 見えてくる。


kano-cho2.jpgこの陸橋の上に 頬杖をついたような格好で
中島らもさんが ボツボツと 喋っていた。


テレビで それを見た瞬間 『加納町の交差点や!』
と 叫んでいた。



 今は 新幹線は 大抵 新大阪で降りて 在来線に乗り継ぐから (『のぞみ』 で神戸に行くなら それが便利だ)
新神戸駅に行くことも あまりない。


 それでも、今も神戸に帰ると 三宮から山に向かい加納町三丁目の陸橋を渡って その先にある パンのお店やクッキーのお店に行くから
加納町三丁目には 意外に頻繁に行くのだ。


 加納町三丁目の陸橋に登って 広い交差道路を 上から見下ろす。
このとき なぜだかいつも 私は 小学校低学年の時の 『気分』 になっている。
小学校低学年の時 私はここで 何に出会ったのだろうか。





***


【追記】

≪加納町 『味加味(みかみ)』 ≫ さん

 この記事のきっかけになったのは、 早坂さんのブログ 『神戸っ子ごはん』
 
"ザ・シェフリンク"第5弾!めくるめく想定外の味のラビリンス!~神戸・加納町「味加味」 です。
 『味加味』さんの所在地図を見ると加納町の交差点の近くだなぁ…と。

 同じく 早坂さんの 『神戸っ子ごはん』 またも味加味さん。
 “ザ・シェフリンク再訪編 世界のワイン&味加味な料理の夕べ!~'
MIKAMI de WINE'07'スペ  シャルレポート!  長~!でも、めっちゃ行きたいです!の皆さんも御利用なようで、神戸製鋼コベルコスティラーズオフィシャルサイトにも記事が載っていました。 ‘神戸加納町 味加味(MIKAMI)’


 神戸製鋼ラグビー部



イスズベーカリー 本店≫ さん

 そのあと、ハーブの住人さんの 『神戸街援隊九十八番屯所』 ‘歯の治療の帰りは定番です’ と   ‘移転・新装オープンしてました:いすずベーカリー元町店’ を拝見。
加納町三丁目の交差点、陸橋を写した写真があったはず、と急遽この記事を書く事にしたのです。




フロインドリーブ≫ さん

 以前のチョコレートの記事 ‘チョコレート’ (今はなきコスモポリタンの話) でも少しとりあげましたが(そのうち記事を書くつもりですが) 大好きなクッキーとパンのフロインドリーブも この交差点の先にあります。
 このところ、神戸に帰ると必ずといっていいくらい行くのが、フロインドリーブとイスズベーカリー。
東京では味わえない、なつかしい神戸の味…なのです。


 


*** 


 


 加納町の交差点の写真は、フロインドリーブに行くときに写したものです。(思い入れがあるのか、通るたびに写すのです。でも、陸橋が大きすぎてなかなかうまく全容をお伝えできないのが残念!) 
この陸橋の降り口すれすれにイスズベーカリーがあります。いつも屋根の上から見下ろす感じで陸橋を降りていくのです。



ブログパーツ


 




街あるき | 22:56:35 | Trackback(0) | Comments(10)
恵方巻き ゆうのは のりまき のことやね。

きょうは節分。
恵方巻き 食べなアカン、ゆうやん。


うそやろ。


そんなん、関西おる時、いっぺんも聞いたこと無い。
絶対あんなん、バレンタインデーみたいなもんで どこかの誰かの企てや。


そやけど、流行りもんに弱いんです。 特に食べ物は…



今年は去年ほど大騒ぎな感じや無いんですけど、それでも今日はさすがに 太巻きが山盛りになってた。
3本1000円やて。 安いなぁ。 去年はもっと高かった気がする。

3年前、流行に乗せられて初めて食べた恵方巻きは、なんか まずかった。
味が濃い、ゆうか。 海苔がまずい、ゆうか。 寿司メシが酸っぱい、ゆうか。

今年は美味しかった。関西っぽい味やった。
寿司メシ、ほんのり甘め。 酢があまり効いてない。 なんか懐かしいあじ。
具も、無難。 厚焼き玉子、胡瓜、桜デンブ、しいたけの煮たのん、カニカマ。



太巻き。 実家では のりまき 言います。
秋の大運動会の時に 親がお重箱に入れてくるんが この のりまき。


嫌いやったなぁ。 (爆


なんか、おかずとご飯が一緒になってて、損した気分やった。
もっと派手な から揚げとか たこウインナー とか、
そういうのが食べたかった。


のりまき、 母が好きやったんです。
子どもらが嫌いやから、 家で ご飯の時に 作られへん。
運動会の時やったら 文句言わんと (言えんと) 食べるやろう、 周りに みんなおってやから 静かに食べるやろう、と。
しかも 母が腕によりをかけて作った、 自慢の のりまき。
母は播州の田舎の出身やったんで、 秋の運動会ゆうたら、祭りもいっしょ。祭りは のりまき! ゆうのが決まりやったらしいんで、 めっちゃ張り切って 力入れて 作る。
パッとフタ取ったとき まわりの皆さんが 「 おおおおおっ~~~~! 」 とどよめくのも 計算に入っとったんやないかと。


そう 子ども心に 思ってたんですけどね。



最近、母の作ってくれた のりまきが また食べたいなぁと思ってます。
というか、 大人になって ようやく私も のりまきの美味しさと有難みが わかるようになってきたんやね。
外でのり巻き 買ってきても なかなか美味しいのに当らんし。
のりまき作るんには 野菜や乾物を別々に煮て味付けて、 結構準備が大変や という事に 
ようやく気付いてきたわけですよ。


のりまき。 恵方巻きが流行ったお陰で この時期 選び放題です。
今年のは 結構美味しかった。 そやけど、 母の のりまきの こだわりは 三つ葉やったんかなぁ。 三つ葉の入ったのりまきには まだ(多分) 一度しか出会ってない。

自分でも そろそろ一度くらい 作ってみよかな、 思ってます。



≪母の のりまき≫ の 具

  高野豆腐   厚焼き玉子   穴子   三つ葉 
  しいたけの煮たの   ニンジンの煮たの   かんぴょう



 


ブログパーツ

東西味違い | 20:30:23 | Trackback(0) | Comments(14)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。