■お知らせ
■『築地あるき』

楽天ブックでどうぞ~~!!

■ブログ内検索

■ユーザータグ
■こんな感じで書いてます
■最近の記事はこんなです。
■神戸で生まれ育って18年。

Author:midori
今では東京暮らしの方が長ぅなってしまったけど、大好きな神戸にいまでもこだわりがあります。
山と海がないとね~
(本文中の写真はクリックすると少し大きくなります)




神戸の会社設立屋が送る神戸時計

■ブログ全記事表示
■RSSフィード
■コメントありがとうございます。
■とらばしてもらいました
■イカナゴのクギ煮アンケート!

イカナゴのクギ煮のアンケートにご協力ありがとうございました。 こちらの記事にまとめました。 イカナゴのクギ煮アンケート結果報告 これからも宜しくお願いします。

■いつもお世話になってます
■❤ New Entry

■ページランキング :2007.10~のエントリー

■過去記事2007年度

■FC2カウンター
■訪問中!

■リンクサイト

好きです神戸

■ネットショップ





スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
中華粥対決!神戸≪紀元≫VS横浜≪安記≫と香港麺を探して横浜へ。
神戸ネタ。(→こちらの続きね)  時々こりもせずに VS. やってますけど、今回も。

今回の神戸では ひさしぶりに ≪紀元≫さんに行ってきました。
もう、禁断症状がひどくて。。。(^_^;)
お店に入るなり 「お粥プリーズ~~~m(__)m」 です。。。

紀元お粥
≪紀元≫のランチのお粥

ううう。。。。
いつ食べても 臓腑にしみこむ滋味。。。。
身体の真ん中から癒されている感じです。。。。

お口の中が お米が長~~~~い時間をかけて芯からモニョ~~~っと花開いたような
もっちり感のあるデンプン化物現象と
ほん~~~~~~に微細な鶏ダシのお味が 渾然一体となった至福感は
とにかく言葉で表せない----------- (●^o^●)

舐めるようにいただきました。

でも、 やっぱりもう少し食べたい。。。

「おかわりしたい~~~~」  オネダリ…しちゃいました…・(@_@;)

黄さん。
「ん。」 ゆうて おかわり 持ってきてくれはった・・・・


ありがとう。。。 ほんまにうれしかったです。。。。 ありがとうございました。。。

お昼のランチ
お昼のランチは 変わらず1050円。

紀元

≪紀元≫  神戸市中央区下山手通7-6-17  ℡ 078-366-3358

当ブログ内≪紀元≫過去記事

◆今年出会った 懐かしく優しい神戸の味 ベスト3!
 2007,12,20付
◆心底美味しい≪紀元≫のお粥!【隠れた名店】5  2008.6.15付

対抗馬として名乗りを上げたのは、 横浜中華街 お粥で有名な≪安記≫さん。

≪安記≫さん。 じつは わたくし 生まれて初めて中華粥というものを頂いたお店でもあります。
ずいぶん昔に初めて横浜中華街を訪れた時。
当時はネットはなかったので 食べ物ガイドブックで頻繁に目にしていたこちらのお店を目指してきたのでした。
でも、中華粥がどんなものかわからなかったので、中華粥をメインで頼むつもりではなく
「とにかく中華街で中華を食べる」 という目的だけでこのお店を選んだようなものなのですが・・・・

日本の味のしないお粥と違って 鶏スープの味の中華粥の 何と美味しく感じたことか。。。
それ以来 冬場の中華粥 が うちの定番メニューになっています。

安記お粥アップ
≪安記≫の白粥  500円

≪安記≫さんで 白粥を頼んだのは初めて。。。
トッピングをしてもらっても +300円 くらいなので それほど違いがあるとは想像してなかったんだけど・・・

ちょっとプレーンすぎないかい?(^_^;)
揚げパン(油条:ウィキペディア)すらついてこないのね。。。(^_^;)(^_^;)
しかも んん、、なんかさらさら。 うっすい~~~~(^_^;)(^_^;)(^_^;)

今回は 五目焼きそば(ランチタイム価格で700円)を頼んで 
そちらのウマウマ煮汁をお粥に混ぜながら食べた(飲んだ?)からまだ救われたものの、 
ちょっと・・・余りにちょっとちょっと…なお粥の薄さでしたよ。。。。涙

あまりに気になったので お隣のお粥を盗み見したけど、
少なくとも私のよりは濃い感じだったなぁ。。。大涙
(お店でお粥注文したのは私が一番だったということは関係あるのだろうか。。。上澄みだけだったとか。。。)

お粥だけじゃなく他のお料理もおいしいお店なだけに 
今回のダメージが強くて再訪に間が開きそうなのは ちょっと残念。


安記お粥

あ、冷静に味だけを比べると、 ≪紀元≫さんにも似た 上品に効いた鶏スープの味がいいです。

≪紀元≫さんの「極上感」には残念ながら及んでいないけれど、かなり近い。
それだけに。。。。ほんと、惜しい。。。。(まだ言ってる。。。
お粥メニュー


安記

≪安記≫ 神奈川県横浜市中区山下町147   ℡ 045-641-3150
        →食べログ      
 


・・・ということで、 今回の対決は≪紀元≫圧勝。
あああ。記事書いてるだけで ≪紀元≫さんに行きたくなる。。。
罪なお店です。。。。


今回、≪紀元≫さんのお粥、どないして作ってるのん????
 と
黄さんに聞いてみました!

そしたら 

「お米とお水の比率は。。。。。で、それを1時間強火、それから弱火でずっとかき混ぜながら2時間、全部で3時間」

と。。。

そ、そりゃあ うちで作るのとはまるきり桁違いな手間のかかりよう・・・ですねぇ。。。

はぁ。


やっぱり ≪紀元≫さんにいかなあかんねんなぁ。。。。(^u^)

ちなみに、鶏スープの効かせ方は 「しつこくならんように」・・・   だそうです。




おまけは <横浜中華街で香港麺を探す>

つきじろうさんのブログでご紹介の 香港麺・・・
◆休日メモ(神戸直送便、かきどうふ、デジカメ購入) 2009,3,15付

神戸の人にはおなじみの ≪廣記商行≫さんの香港麺。 (→≪廣記商行≫HP香港細麺)
今回、≪同源≫さんで そのおいしさに目覚めた私は
東京で手に入れられないか 探しておりました。
横浜中華街で 麺 といえば ≪永楽製麺所≫さん。
永楽
≪永楽製麺所≫  横浜市山下町92-3 ℡ 045-663-2000
               →HP

都内のスーパーでも置いてあるので 何度か試してみましたが
本店はさすがに いろいろ置いてあって 超極細の「龍髭麺」、さらに超極細の「銀絲炸麺」(これは本来はあんかけ焼きそば用の揚げ麺に使う麺)を買って帰りました。
永楽の麺
どちらも玉子をつなぎに使った、香港麺と同じ素材で出来た麺。
≪廣記商行≫香港麺はゆで上げ時間が20秒、≪永楽製麺所≫さんのはどちらも1分以上。。
細いから腰がどうしても弱くなってしまうようで。。。思ったように仕上がらない。

普段スーパーで手に入れているのは今回買ったものより太めの「伊府麺」 なのですが、味と歯ごたえなどは「伊府麺」の方が≪廣記商行≫香港麺に近いかも。

≪永楽製麺所≫さんは 季節ごとの麺もあるみたい。 いろいろな麺が並んでいるので楽しかったですよ。


また近々横浜中華街にいきたいですね~~。
次回は何を神戸の南京町のと比べようか。

あ、あれかな。。。(^u^)ぶ・た・・・・

・・・ということで 人気ブログランキングで ぶ・た・・・の続きを。。。(これは嘘。。。ごめんなさい・・・(^◇^)


うちの記事を見て ≪紀元≫さんに行ってくださいました~!(^O^)/
うれしい~~~!ありがとうございますm(__)m

◆gloutonneさんの ≪酔菓子酔日々≫ 「下山手通 紀元 でランチ」 2009.5.10付

ブログパーツ
スポンサーサイト


東西味違い | 01:49:20 | Trackback(0) | Comments(10)
春の魚たち、春の味覚2009<神戸・東京>と≪高はし≫さくらます
・・・ということで (→前回記事「広島のあなご丼とか」)

あなご丼
2月以来2か月ぶりの「あなご丼」≪高はし≫@築地 です。(^u^)
去年1年間、≪高はし≫さんではほとんど「あなご丼」を食べていたことを思うと 隔世の感がありますが
最近は「あなご丼」の比率は格段に低くなり(他の魚も「食べなくては。。。」との思いからですが)

広島でのあなご三昧の後は やっぱり 築地で東京のあなごをたっぷり食べたくなりました。(●^o^●)
≪高はし≫緑のれん
焼きアナゴと煮アナゴ、それぞれアナゴの違ったおいしさが味わえて どちらも大好き~!

神戸ロードの記事はおいおいアップすることにして
今回は季節もののお魚たちなどを 桜が散りきる前にアップしておきましょう。
さくら2009

(それにしても今年の桜は開花してから一度も雨にあわず、舞い散った花びらも
 人や車の行きかう度に はらはらと舞い上がる優雅さ。川面をうめる花びらも例年になく多いよう。
 今年はまさに桜を堪能した春でした)

桜 といえば さくらます。
さくらます
(「さくらます」塩焼き ≪高はし≫@築地) う、うま~~~~~~いんですよ、これが!(●^o^●)!!!

さくらます という言葉を 築地に通い始めてから知りました。
実際に食べたのは去年春が初めて。
仲卸さんに「美味しいよ」と勧められて買ってみたら
ものすごくおいしくて。。。。
神戸にいたころは 「しゃけ」という呼び方しか知らなくて
いわゆる 「ます」 と呼ばれている魚にもいろいろな種類があって
それぞれ魚の味が違うんだ、ということを 味でしみじみ感じさせてくれた魚。
◆サクラマスは ヤマメの降海型。 →ウィキペディア →市場魚貝類図鑑

今年のさくらますシーズンもあとわずか。
今期一度は一本買いして家で思いっきり食べておきたいものです。
5月になると 「さつきます」 のシーズンとなるそうです。
◆サツキマスは アマゴの降海型。 →ウィキペディア
→市場魚貝類図鑑
さくらます(正面)
いつも魚中心に写してるので ≪高はし≫さんのせっかくの美しい盛り付けが分からない。
正面からだと こんな素敵な具合になってます。
目にも鮮やかな 新緑のモミジ葉と こんもりいい形に盛られた大根。
≪高はし≫さんのお仕事はいつもこんな風に素敵なんです。
(ごめんなさいね。いつも魚のアップしか載せてなくて。。。)

それにしても、イワナもヤマメも川を下って海で育つとすっかり鮭のような身の色になるんですね。
しかもイワナ時代の味とは全然違う。。
自然の中ってすごいことが起きるものです。

シーズン物といえば、≪高はし≫さんでいただいた御海苔。
新海苔
軽やかですばらしく香ばしい磯の香り。 口の中でホロっとほどける上質感。
新海苔だそうです。 美味しいですねぇ。。。ごちそうさまです!

ノリ・・・・といえば、今回神戸でも海苔網と収穫船を見ることができてほっとひと安心なのでした。
塩屋
グッゲンハイム邸から
上は神戸・JR塩屋駅から海を眺めたところ。
下は塩屋の旧グッゲンハイム邸から眺めたところ。 (撮影:神戸・塩屋2009年3月10日)
塩屋の前浜はいつもどおり海苔網が張られていたようです。
電車に乗っているときに収穫船が稼働している様子を見ました。

今回、宮島にわたる船上から カキの養殖いかだ(?)を見ることもできました。(撮影:広島・宮島2009年3月12日)
広島カキいかだ
神戸で海苔網を見慣れているというのに、 カキのいかだは 海では見慣れていないものなので
目に新鮮~な感じで不思議でした(^u^)

今回、神戸の実家で調理できたのはイイダコだけでしたが、
シーズンに神戸で食べられるなんて、それだけで幸せ!
(撮影:神戸・塩屋2009年3月9日)
イイダコ
(まだ元気の残ってるイイダコちゃんです。メヂカラがあります)
いいだこ2
(美しいカールを描く8本の足。。。あまりの美しさに ついつい目もうるみます・・・煮汁は酒と淡口しょうゆで)
いいだこ3
(しっかり育った飯がみっちり~~!!! 飯がまったり濃厚ななお味なのよね~~
 ううう、うっま~~~~~!!!!!)

ということで神戸の味覚はこれでおしまい。 また東京の春の味覚へともどります。 といってもイカナゴよ。
小女子
寿屋商店さん(→HP) に ようやくまたゆで干小女子(イカナゴ)が入りました。 (前回小女子記事;今年初の小女子でした「西のあまから東のダンチュー)
今年は入荷が見えない、と伺っていたのですが、その後
神戸のイカナゴ漁も猛烈に不漁で、大阪湾は3月23日、播磨灘で漁をする明石浦漁協も4月3日で
イカナゴ漁を終了したそうで (≪明石の海より≫「イカナゴ漁」)≪寿屋≫さんにも関西からはほとんど入らなかったそうです。
今回の荷は茨城の方から。
小女子(イカナゴ)の獲れる時期は短いので、美味しい時に買いだめしておきましょう。
イワシのしらす干しとは違う味わいが何とも言えない。
酢醤油との相性は しらす干し以上じゃないかと私は思います。(^u^)

きびなご
春の味覚と言えば 長崎県漁連さんで 珍しい生のきびなごを売っていたので買いました。(撮影:東京2009,3,21)
→きびなご(市場魚貝類図鑑)  →長崎県漁連(東京直売所)
「どうやって食べるのがおいしい?」と聞いたら
「刺身も美味しいけど 生姜醤油で煮て食べると美味しいよ」 とのこと。
きびなごを煮て食べる???? びっくりしたものの お酒と淡口しょうゆ、
生姜を少しすりおろしてさっと煮てみたら・・・・
ごっつう美味しい!!!(●^o^●)
なんじゃこりゃ~~~!!なんぼでも食べられるやん~~~(^u^)

東京も築地ならでは、 いろいろなお魚を美味しい状態でいただけるという幸せ。
ほんま、こんな「美味しいものいっぱいの場所」を上京以来30年間 まるで知らずにいたのが
今更ながらに悔やまれます。

これは今週のゴリ。
ごり
去年たしかから揚げにして食べたらすごくおいしかったんだけど
どうも今回は手順を間違えたようで、変になってしまった。
半分くらい子持ちだったので、思い切って残りを佃煮に。
「子持ちゴリ」といえば、 私の大好物「子持ちゴリの佃煮」が、最近手に入らくなっていたので
思いがけず嬉しい 久しぶりの再会 となりました。
とはいえ、美味しい佃煮にするには ゴリちゃん、なかなかなつわものと見受けた。
自分ではうまく煮込みきれないので、近く佃に行って「ゴリの佃煮」(できれば子持ち)が出てないかみてこようと思います。

今年度初進出しております「やっちゃば」で はまっているのが、ホワイトアスパラガス。
ホワイトアスパラガス
そろそろシーズンも終わりなのかしら? うまいよね~~ホワイトアスパラガス茹でると~~~ヽ(^o^)丿
今回、ほぼ自分的には満足な「アスパラゆでレシピ」が作れたので大満足。
食べるだけ食べたし、そろそろ終わっても心の準備は完了です(●^o^●)


きょうのおまけは 「おとらはん」

春とは関係ない?微妙に関係ある? トラ関連グッズです。
 「≪高はし≫さんに 『おとらはん』 がおいてある」 という情報を小耳にはさみ、
早速伺ってみたら 出してくださいました。
本体は たまごかけごはんのタレで有名な≪吉田ふるさと村≫ の  「おたまはん」 ・・・ですね。(^u^)
「おたまはん」は 発見以来ずっと愛用中、しかも神戸出身のわたくしとしては 
この「おとらはん」がどこで売られているものかどうも気になります。
おそらく関西のお土産物屋さんとかで売ってるんだろうなぁ。。。。

今度新大阪駅あたりで探してみたいと思います。。。(いつになることやら・・・


おとらはん


★神戸でもサクラマス・・・
旦八さんの≪旦八の築地と神戸を行ったり来たり≫ 「肝胆亭」 にサクラマスのメニューがあったそうです。2009.4.13付

よろしければ人気ブログランキングへのワンクリックをお願いいたしまする。。。

ブログパーツ

東西味違い | 00:02:22 | Trackback(0) | Comments(8)
<番外編>広島のあなご丼とか
ここのところオフ会報告が続きましたが、
今回の神戸行き、実は広島であなご丼を食べるツアーでもありました。
あなご丼(あなごめしうえの)
(≪あなごめしうえの≫ のあなご丼)
あなご丼は広島、それも宮島で大名物だという話。
先日買った「あまから手帖」3月号に たまたま載っていたのです。
◆西のあまから、東のダンチュー 2009,3,3付

これにはびっくりした。
なぜなら、3月に宮島に行く予定だったから。
食べ物について何も準備してないところに ふってわいた宮島おいしいもの情報。
しかも 「アナゴ!」 (笑
なんたって瀬戸内人はおしなべてアナゴ好きのようですからね~~
それにしても宮島らへんが そんなにアナゴに熱いとは知りませんでした!

瞬時にして 宮島で「あなご」たべまくり計画がたてられたのは言うまでもない。。。

ということで、宮島に着いたその日に行きました。
「あまから手帖」でとりあげられていた≪千代乃庵≫さん。
≪千代乃庵≫ 広島県廿日市市宮島町滝町215-1 ℡0829-44-0234 →HP
千代乃庵
町屋を使った趣のあるお店です。
あなご丼
あなご丼(吸い物・香の物付)1780円。
アナゴは少し甘めのタレを薄くつけて焼かれている。
アナゴの上からそのタレを煮詰めたツメなのか、かかっている。
ご飯は白米。アナゴの旨味と煮詰めたツメを混ぜていただく。
アナゴの味はさすがに濃い。
肉厚にびっくり。瀬戸内でもこんなアナゴを食べてたのね?という分厚サイズ。
明石の焼きアナゴ系ではちょっとお目にかからない分厚さではないかしら。
そぎ切りになっていることを割引いても、この厚みはなかなかのものです。

アナゴの肉質、歯ごたえがしっかりしていて、ご飯と混ざりこむ感じではないね。
まぁ、こんなもんかな?という感じ。

香の物が美味しかったなぁ。柴漬け味のキクラゲらしい。お土産物屋さんでその後発見。
ここらあたりの名物なのかしら? (小豆島周辺ではお店が何件かあるようですが・・・)

ところで、広島といえば神戸の人間にとってはやはりカキ。
カキシーズンぎりぎりセーフで、やはり食べておかねば、とカキフライを頼む。
カキフライ(絶品!)
カキフライ1260円。
今年わたくしは残念なことにカキはご法度なので相方に味を聞くと…
聞くまでもなく猛烈美味しい!という顔をしてる。
いわく「こんなカキ初めて食べたかも」
カキフライ(超クリーミー!)
中が猛烈クリーミーで磯臭さが全くないらしい。
ちなみにあなご丼についてきた吸い物にも大粒のカキが・・・
これも相方のお腹に収まったのだが、 これまた「こんなの食べたことない。。。。(絶句」 でありんした。

夜ごはんの前に合流した友達と入ったお店でもアナゴを注文する。
しろやき
アナゴの白焼き(値段は忘れました。。。)
一見、あぶらげみたいですが(笑
これも美味しかった! アナゴの味、濃厚ですねぇ。。。。嬉しいなぁ。。。
広島在住の友達も 「うま~!」 と叫びながら食べてましたね~(^u^)

翌日。 宮島から戻って船着場すぐのところで もう一軒、「あまから手帖」のお店を発見。

≪あなごめしうえの≫ 広島県廿日市市宮島口1-5-11 ℡0829-56-0006  →HP
あなごめしうえの 看板

「白焼きを一緒に頼むといいですよ」と店内に貼られたおススメもあって、ここはぜひ白焼きを。
白焼き
白焼き 1000円。
白焼きアップ
いやいや、 この白焼きったら!
食べたそのあとに 「う~~~~ん・・・・・・」 としか出てこない。
うま~~~~~~い!!!! (●^o^●)
白焼きと云いながら すこしなにかタレにつけてあるのか、それともそのまま塩焼きなのか、
とにかくアナゴの味がすごいとしか言いようがない。
そして本当に上品に香ばしく焼きあげられていて。。
参ったなぁ。。。。。これは。。。。

あなご丼!

あなご丼 1470円。 
今回、全体にピントがうまく合ってなくてごめんなさいね。
アップ写真ではよくわからないですが、ご飯が薄く茶色い色をしています。
しいて言えば アナゴのツメをうす~~~くのばした汁で炊いてあるような
ホンワリ甘さを感じながらも 全体にはとっても上品なほとんど味を感じない程度の味付けのご飯に
しっかり焼きしめた これまたウマ~~なアナゴがタップリ。

先ほどの白焼きがあまりに絶品だったので 感動がいまいちでしたが
普通に食べたら これはめっちゃうまいです。たぶん。
今でも 週一回 これが食べられるなら 宮島口に住んでもいいかもしれないと思ってるくらい。。。(^u^)


このほかに、 ≪あなごめしうえの≫の弁当と、船着き場すぐ横で売ってた
≪あなごめし ふじの屋≫さんの弁当(小さい方、1000円)を買って帰りました。

写真撮ってなかったのですが、この弁当食べ比べは、どっちがどっち?という感じで
ほとんど味の違いはない。
どちらも うすーい味付きごはんに焼きアナゴがびっしり。
≪あなごめしうえの≫の店内で出来立てを食べたのと弁当とでは微妙に味が違いましたが
できたてじゃないし、お弁当だしねぇ。。。。という感じ。
駅弁としてはいいですねぇ。 どこでも買えるともっといいなぁ。(^u^)
こちらのやわらかな味付けのご飯としっかりアナゴ味満載の焼きアナゴは
ちょっとマネできないですからねぇ。。。。

と まぁ、 宮島であなご三昧?したあとは、やっぱり広島だからねぇ、ということで・・・
広島焼き
ここからおまけレポート。 いわゆる広島風お好み焼きのお店≪へんくつや≫さん。

≪へんくつや 新天地店≫ 広島県広島市中区新天地2-12 西豊ビル 1F ℡ 082-242-8918 →ぐるなび
お好み村?
お好み村? →HP
≪へんくつや≫さんのちょいと横にあったアーケード状のものが気になって写真に撮ったのですが、
後で調べるとこれがうわさの?「お好み村」というものか?

まぁ、今回はとある方におススメしていただいた≪へんくつや≫さんへ直行。
カキ塩焼き

カキ塩焼き 800円。
広島やから やっぱりカキでしょう(●^o^●)
これもバカウマだったらしい(同行者談)
そばスペシャル

そばスペシャル 1050円。
これは由緒正しく広島風お好み焼きですね。
皮が思ったよりしっかりしてて、中のそば類との一体感にちと欠ける感 が意外でした。
ちょっとオムソバっぽい感じ?(@_@;)
私が三原でいただいて熱中した 「鶏肝入りお好み焼き」(広島風) とも感じが違ってますね。
ソースは広島らしく?少し甘めだったような気がしますが、正直、ちょっと忘れてます。。。(+o+)
せせり塩焼き
セセリ塩焼き500円!!!
「せせり」 という文字をメニューに発見した瞬間に 頼みました。(^u^)
これが超絶品でしたさ!
いやぁ。。。嬉しいですね~。 カキと一緒に炒めてある細いもやしといい、関西を感じます。

広島 アナゴ探求の旅、 なかなか充実しておりました!

ほんまは一番食べたかった ≪あなごめしうえの≫さんの2階にあるという
≪懐石料理 他人吉≫さんの コースの一品、「アナゴ釜炊き飯」 は 食べられませんでしたが
広島旅行以来、 ますますアナゴにハマっているレポーターmidori がお伝えいたしました~§^。^§

アナゴも大好き、人気ブログランキングも大好きよ~~(^u^)ワンクリックお願いいたします~~

ブログパーツ

東西味違い | 23:59:51 | Trackback(0) | Comments(10)
神戸のパンを東京で食べたい!≪ルビアン≫@新宿
普通に美味しいパンが食べた~~~~い!!!」

と時々ほえるmidoriです。 (゜○゜)

普通に美味しい、の説明って難しい。

たとえばイギリスパン、というのかな。いわゆる山食。
外がパリッと香ばしく、中がしっとり柔らか。
塩がちなシンプルな味。

たとえばバゲット。
外は刃を入れると「ガリっ!」っと刃がかけそうなくらい硬く。
中は穴ぼこしっかり、でも生地は粘りは強く、でもふんわりしっとり。

たとえばデニッシュ。
パリッパリさくっさくのクロワッサン生地。
バターの香りと味が 軽やかに心地よく。

クロワッサン

<クロワッサン210円>


神戸だと、多店舗展開チェーン店?のパンだって普通に美味しいよ。
たとえば カスカード(Cascade) とか ドンク(DONQ)→HP とかさ・・・

他にいろいろ有名店はあるけど、
それほど高くを望んでるわけじゃない。
ただ ふつうに美味しいパン が 食べたいだけなんじゃぁ~~~~~!!!

東京にも「パンの美味しいお店」ってたくさんあるようだから 
気になってたまには行ってみたりするけど
いまのところ なかなかピンと来るお店はないんだなぁ。

「きむらや(木村屋總本店→HP)」さんみたいに なんとなく 日本パン とでもいいたくなるような感じか
本邦初上陸!本場フランスとかから来た、みたいな鳴り物入りのお店の両極端。

きむらや(木村屋總本店→HP)のあんパン。
酒種が香ってふうわり甘くて
きめの細かい生地、柔らかい焼き皮・・・・

あれはあれでおいしけど
私が神戸のパンに求めてるものとは ちがうんだよね。

本場フランス系~~!のパンは
「美味しそう~~!」に作ってある感じはわかるんだけど 
バターが強すぎてすぐ胸やけしたり 生地も具も味が個性的すぎるかんじで
毎日飽きずに食べ続けられるパンの感じじゃない。

たまにイベントで神戸でなじみのお店を見かけると
買わずにおられないのでたいてい買って帰るけど
神戸のお店で買うのとは違ってて かえってガッカリすることが多い。
いかにも工場製品っぽいビニール袋に詰めされてたりするとまずダメです。
きむらやのあんパンも スーパーとかで売られてるビニール袋入りの工場製品と
本店の奥で焼いてる焼きたてのとじゃ、別のものみたいな位違うように思うんだけど、
それと同じ感じ。


神戸じゃ、毎朝 パンだったのよね。私。
なんてことない そこらへんで買ってくる感じのパンが
普通に美味しい神戸って 実はすごく珍しい街なんじゃないだろうか。
神戸を離れて以来 普通に美味しいパンはめったに手に入れられなくて
ここ30年、すっかり 朝ご飯派だ (涙


ところが 最近 見つけたのよ。
新宿小田急百貨店地下食品売り場で。
神戸で食べてた 普通に美味しパン

≪ルビアン LE BIHAN≫ 小田急新宿店本館地下2F →HP

デニッシュ

<リンゴのデニッシュ。なまえは覚えてないけど生林檎をぎゅうぎゅう詰めにして焼いてある。ずっしり手に重い、嬉しいひと品。315円)

新宿を通るときは 最近は必ず寄って山盛り買って帰る。

ここのバケット。 まさに、懐かしい神戸の 普通に美味しいパンの味
シンプルな塩味が小麦粉の甘みを引き出してる。
なんといってもバリッバリの皮が暴力的なくらい硬い!(笑
和包丁で切ろうものなら欠けちゃいそうな勢い!(爆
なのに中はフワァ~~~っとしてるのよ。
弾力あるのにしっとりしてる。
これを買った次の日は 朝ごはんのトーストの時間がとても楽しみよ。
ハナウタまじりで 美味しいカフェオレでも淹れたくなるってもんだ。ヽ(●^o^●)ノ

このお店、スイーツでよく名前をきく アンテノール のパン部門。
やや昔の神戸の人ならスイス菓子エーデルワイス と聞けばピンとくるかも。
お店の人も神戸から来てる人もいるのよ。
懐かしい神戸弁が思いがけなく聞ける場所。

「ふるさとの 訛り懐かし停車場の・・・・」  ってうたったのは啄木だったけど

東京で一番、いや いまや日本で、いやいや、
世界で一番乗降客数の多い駅、新宿駅のステーションビルの
神戸のパンの店に 神戸弁を聞きに行く。

神戸のパンの香り。神戸のおしゃべり。(●^o^●)

う~~~ん。 東京在住神戸っ子の こころのオアシスかも!(^_-)-☆



人気ブログランキングへ~(^_-)-☆

ところで、このところ築地記事がお休み気味でどうも神戸記事が多いんじゃない?と思っているあなた!
そう!あなたは鋭い!(*^_^*)

来週あたりから少しの間、神戸の記事をとっぷりのせる予定なので その前振りなんです。
なんといっても 今の時期の神戸、 イベント満載ですからねぇ。
どうぞどうぞ 楽しみにしてやってくださいね!
(久々の神戸上陸に 既にややテンションあがり気味高血圧気味のmidori、でした!!)

ブログパーツ


東西味違い | 09:56:17 | Trackback(0) | Comments(16)
西のあまから、東のダンチュー

あまからダンチュー1




「西のあまから、東のダンチュー」


というそうだ。

西のあまから  とは あまから手帖。  (株)クリエテ関西発行(→HP)
東のダンチュー とは dancyu。      プレジデント社 発行 (→HP)


トップ画像は最近お世話になっている築地・墨田書房さん
「あまから手帖」 という文字を目にしたので 立ち止まって話を伺う。


「『あまから手帖』の現物見るの初めてです」

「そう?東京じゃあまり置いてるとこないからね」

「『あまから手帖』って 関西のブロガーさんがよく書いておられるんですけど」

「『西のあまから、東のダンチュー』っていうんだよ」

「あ、『ダンチュー』っていうのもよく耳にします」

「『ダンチュー』は全国のこと書いてるからね。あまからは関西の情報限定なんだよ」



あまから手帖って、 グルメ本のことだったんだ。。。。
ダンチューも知らない程度のわたくしなので、驚くことではないのですが。

一度くらい買ってみよう、と 、両方購入。

2




あまから手帖。  (Amazon:あまから手帖 2009年 03月号 [雑誌]


関西方面のお店の紹介がメイン。 今回は奈良特集。
バウムクーヘンのお店比べがあるのも嬉しい企画だが
なんといっても今回目をひくのは

「お好み焼三段活用」!
お好み焼のレシピが詳細に載っている。

さっすが、関西!笑   (いや、東京じゃ絶対あり得んから。。。爆)



対する dancyu。   (Amazon:dancyu (ダンチュウ) 2009年 03月号 [雑誌]


全国各地の美味しいもんを集めるのは 東京っぽさがあってなかなか豪快。
今回は日本酒の特集。
のみ方、のませ方、いろいろ見せてくれる。面白い。
全国の酒販店リストを載せているあたりは全国区ならでは。

でも、美味しそうなレシピを紹介しているお店は東京のものが多い?
東京にいたらすぐ行ける。東京以外の人は。。
神戸にいたときこういう記事見てもつまんないなぁと思ったもんだ。
全国区誌のジレンマ?



ふうむ。

みなさんこういうのでお勉強なさってるのかな。

なかなか面白い雑誌であります。


今日は短め一口メモでした。ということで人気ブログランキングもどうぞ~ヽ(^o^)丿

<今日のおまけ> 小女子@築地

今日ようやく小女子(こうなご・イカナゴのこと)を築地場外で発見。
和歌山からの荷。

イカナゴ



美味しいです。この味、ホッとします。
今年はどうも漁が少ない、とお店の方の話。
だから、次いつ入ってくるかわからない。
次に入って来る保障がないから、必要なら今のうちに買っときな、と言われました。

しっかり酢のものでいただきま~~す。

ブログパーツ



東西味違い | 23:14:05 | Trackback(0) | Comments(4)
東京でウグイスボールが買えるんやて!
緊急速報です!
いま、「東京ケンミンニュース」 (日テレ系「秘密のケンミンSHOW」) で なんと、
兵庫県民の心のオアシス「ウグイスボール」が取り上げられました!!
uegaki

そしてさらに!

東京で「ウグイスボール」が買えるんやて!

うおおおおお~~!
これはビッグニュース!!

今年、東京在住の神戸同窓会の時に
「ウグイスボール」をお土産に持って来てくれた子がおってん。

「なんやねん、ウグイスボールかぁ」
「そやかて、ウグイスボール、東京で売ってへんやん。すごい好きやねん。ウグイスボール」
「そうかぁ。好きなんかぁ」

ゆうてもろて帰ってんけど・・・

やっぱあれは食べ始めるとあかんなぁ。 手が止まらん。 美味しいなぁ。神戸の味やなぁ。

確か写真撮ったはず。。。と思って探してみようと思ったけど
すぐに出てこん。 →出てきたので貼り付けました~!11.14

東京で売ってるんやったら、さっそく明日でも探してみます。


なんか、今、東京のOLの間でも 人気らしいって? →アメ-バニュース
ほんまかいな。 そりゃ ウレシイなぁ (*^_^*)

ということで、こちらも手に入ったら写真アップしますね。→アップしました~!11.14
取り急ぎ、緊急ニュースということで!

kobe


◆秘密のケンミンSHOW  →HP    →ウィキペディア

◆植垣米菓   →HP    →ウィキペディア

→人気ブログランキング、行っといたってな。(*^_^*)

ブログパーツ


東西味違い | 21:59:25 | Trackback(0) | Comments(8)
駅前蕎麦≪山陽そば≫VS≪富士そば≫
もうすぐ 新蕎麦の季節ですねぇ。。。。 ソバ大好きmidoriです。
神戸でよく食べたそとごはんソバといえば・・・・
山陽そば
山陽そば きざみそば280円 (2008,3撮影)

私の場合、垂水駅の高架下通路にある≪山陽そば≫ が なんといっても一番思い出に残っています。(垂水:神戸の西部、須磨と明石の間にある街。実家のある塩屋の隣町である)

小学5年生の頃だったか、腕を骨折したので 垂水の接骨院?外科?に通いました。
近所の2歳年下の男の子もちょうど同じく腕を骨折してたんで
同じ接骨院?外科?に一緒に通ってました。
そのころの思い出といえば 接骨院?外科?の待合室の暗い廊下と
そこに山のように積み上げられていたマンガ雑誌を 彼と(おお、いいひびきね!!)片っぱしから読んでいたことと、
治療が終わってたるせん(JRと山陽電車共通の高架下にあるショッピングモール街)を通り抜けて
親に頼まれた買い物したり買い食いしたりしてから家に帰ったことかな。

当時、買い食いと言ってもお金もそれほど持ってるわけではないのだけど
一度 その男の子を連れて ≪山陽そば≫で ソバを食べたように記憶してる。
オトナと一緒じゃなくての 初めてのそとごはん、 そんな緊張感もあったような…

≪山陽そば≫は 多分 親と一緒に入ることが多かったんだろう。
子ども心に きっと 少しは勝手がわかってる安心感と 
ちょっとお姉さん面したくて 入ったんじゃないだろうか。


関西系の子どもにしては わたしはソバ派で、 親とうどん屋に入ってもソバを頼む子だった。
今でも 神戸では純粋に「蕎麦屋」というのはあまり多くないように感じる。
子どもの頃、蕎麦屋というと三宮の正家(ぐるなび)とか、家族亭(HP)とか
そこらへんのお店は ソバとして好きだった。
正家とか家族亭のソバは 蕎麦ッ! という感じのそばなんだけど
そのほかのお店(通常うどん屋のノレンが出てる)で頼むソバは
うどんのソバ色してるやつ
というかんじのものだった。

それでも 私には十分美味しかったし うどんより絶対的に好きだった。

≪山陽そば≫。
値段も手ごろだし。 煮アゲがちょっと甘くてそれも好きだったし。
なんといってもパンチの効いた関西風の出汁のきいた透明な汁が好きだった。
中学に入った頃には 本屋といえば垂水のたるせんの本屋で立ち読みをして
小腹がすいたら≪山陽そば≫に入ったものだった。
懐かしの≪山陽そば≫ 今年の3月に久しぶりに入ってみた。
山陽そば垂水店
店の場所は私が小学校だった頃と少し違うように思うけど
kenbaiki
券売機。
nedan
きざみそば280円。

obatyan
おばちゃんたち。 注文は券を出しながら「そばで」って言うのを覚えたのもここだったかな。
こういうのもある
おにぎりも置いてある。

昔の記憶よりも ずっとかつお風味だった。
じつは もっとすごくにぼし系だと思ってました。
麺は正しいうどん風そば。
刻みあぶらげ、ネギ、そしてペラッとしてるのに妙に歯ごたえのいい赤白かまぼこ。
かまぼこ、そうそう。関西はかまぼこ乗っかってるよね~~~ヽ(^o^)丿嬉しい~~~~!!!


ところで、この夏。
≪ゆきむらな食生活とか≫のゆきむらさん という もと大阪人のブログで こんな記事を見た。
名代富士そば@大井町(9) 2008.7.17 ≪ゆきむらな食生活とか≫ 

おおおっと~~~~~! 富士そば!

これこそ、東京に出てきた私が最初にお世話になっていた 駅前蕎麦の店(チェーン店)ですがな。
→富士そばHP
で、行ってきました。
かの思い出の 富士そば 西荻窪店 へ!(2008.9撮影)
富士そば西荻窪店
あら、こちらも店舗の場所、若干変わった?

西荻窪はわたくしが東京に出てきて初めて住んだ場所。
(西荻窪:にしおぎともいう。東京西部、武蔵野の入口にあり、有名な「吉祥寺」の隣町)
親戚が東京にいるので 東京の蕎麦のウマさは知っていた。 
それだけを楽しみにやってきたのだ東京へ!
ショーケース
いちおうショーケースなどもあります。
私が食べたいのは ここにはないんじゃぁ~~~~!!!
券売機
券売機。  わかめそば340円。  お、山陽そばより高い。
店内
「現金にてどうぞ」  って、 券売機の意味あらへんやろヽ(^o^)丿
でも、前も稲荷とか現金で払ってたと思う。 どっちでもええんですけどね、私は。

ゆきむらさんお薦めはカツ丼。(というか、富士そばでは「これ」らしい)
でも、私は これ です。
わかめそば
う=ん、これこれ! 懐かしい~~~!!
前より わかめの載りがいいんじゃない?
下宿生(と昔は言ってた)は野菜が不足がちなんで 緑分補給は外食の大命題。
soba
何年ぶりでしょう。
他の駅蕎麦は時々いただくのですが 富士そばは 本当に久しぶりです。
以前食べてた頃の記憶よりカツオだしが薄く感じるのは
時間のせいかもしれません(訪問時:午後1時半ゴロ)

一口いただいて お。思い出しました!
ソバの歯触り。 ちょっとザラっと何か残る感じ。
昔は 挽きぐるみ風にしてあるのかなと思ってたんだけど…・  これ、なんやろな。
歯触りはおいといても ここのは「蕎麦」であって「うどんそば」 ではないです。
そこがすごい。 そこがやっぱり東京や~~~~  ヽ(^o^)丿

汁は、みたとおり、 黒いです(^_^;)
でも、薄~い甘辛。 甘いのもほどほど。 出汁も薄い感じだったんで
全体にぼんやりと甘辛い感じ。

でも、 これ、 懐かしい。 (シミジミ・・・・

今思うに、 これこそ東京の甘辛味です。
神戸にいたときは 甘辛のイメージって、 甘いも辛いも どっちも強い味のブレンドな感じで
煮っ転がしとか、そういう味をイメージしてたんですけど、

東京の甘辛って そんなに辛くも甘くもない。
出汁は あまり効いてへんで
なんだかぼんやり甘辛い感じ。

この味もねぇ。 長い間 食べ続けると なんだか けっこう ええもんですわ。

もうすっかり関東人になっちまいましたかね・・・・  (遠い目・・・


山陽そばの記事
◆「山陽そば@垂水」 2008.5.1付 ≪スカパラ@神戸 美味しい関西 メチャエエで!!≫
◆「山陽そば@飾磨駅」 2007.7.21付 ≪ころりんの 道楽もんのこころだぁ~≫
◆「ぼっかけ!!そばで!!高速長田駅の山陽そば」 2006.10.19付 ≪神戸街援隊九八番屯所≫

富士そばの記事
◆「(ご参考告知)6月の築地市場水曜日はお休みです」  2008.6.3付 ≪春は築地で朝ごはん≫

人気ブログランキングへ

ブログパーツ




東西味違い | 21:59:01 | Trackback(0) | Comments(14)
神戸的いえごはん① 焼きあなご丼
いっぺん涼しくなったのにまた暑さが戻ってゲンナリのmidoriです。

さて、このところ調子よく記事をアップしていますが
こういうのって 一度止まっちゃうと なかなか次のエンジンスタートに時間がかかりますね。
それで、時々 時事ネタみたいに ちょこっとした記事をアップしちゃおうか、と。

今日は 神戸をしのびながら作った 創作いえごはん。 焼きあなご丼などを。



先日 築地でアナゴのいいのがあったのでいただいてきた記事をアップしました。
  ◆えぼだい(シズ)の刺身って食べたことある?&アナゴフライ続き≪小田保≫&メヌケ?
その時のあなご。
アナゴ!久しぶり~~~!

1キロ2000円を 700gほどいただきました。

アナゴもハモも メヌキでまな板に串刺しにしてさばく ということをしたことがありません。
神戸で売ってる状態までしてあるものなら買える。
アナゴの場合はだからこの状態のものしか買ったことがないのです。


焼きアナゴについては以前にチャレンジした記事がこちら。
 ◆焼きアナゴ 手作りしてみた!①
 ◆焼きアナゴ 手作りしてみた!②

それで結局、今はどんな手順で焼きアナゴを作っているかというと

① さっと洗ってキッチンペーパーで水気とぬめりの残りを取る。
    お店によって程度が違うようですが
    さばいてあるアナゴはぬめりもこそげとってあるものが多いようです。
    私がいつも買うお店はぬめりを取っくれてるので楽ちん。

② 密封ビニール袋(ジップロックとか)にアナゴとつけだれを入れる。
    つけ汁の割合は 醤油:みりん:さけ=2:1:1 くらい。
    きもち みりんを控えめにすることが多い。
    量は 今回のアナゴ700gに対して 醤油2分の1カップ、位。
    だから調味料ぜんたいだと1カップになるかならないか、位。
    それでも十分すぎます。多すぎるくらいです。

③ ビニール袋の空気を抜いて密封し、適当に寝かす。 
  時々アナゴにまんべんなくつけ汁がまわるよう、袋をモミモミする。

④ 味がしみ込んだと思ったら (うちなどは2日ほど冷蔵庫で放置することも多々あり)
  グリルでならべて焼く。(串うちはしない)
   

以上です。

グリルで焼く時、 うちのグリルだと最初の9分位で 「柔らかい焼きアナゴ」完成。
さらに7~8分焼くと しっかり焼けて 神戸でよく買ってた 硬めの「焼きアナゴ」の感じになります
この硬い焼き方だと 冷蔵庫の中でも結構日持ちするし、冷凍するとすごく持つ。


今回のいえごはんは 初挑戦!
柔らかい焼きアナゴを使った 焼きあなご丼!
出来上がった焼きアナゴみてて、「これ、このままご飯にのっけて食べたら美味しそうやん!!」と思ってやってみた、という 冗談(ひょうたん)からコマ系いえごはんです。(*^_^*)

作り方はいたって簡単。 
焼きたての焼きアナゴをご飯にのせるだけ。ヽ(^o^)丿
焼きアナゴ丼

焼きアナゴを崩すなりご飯に巻いて食べるなりなんなり
自分の好きなように食べて~~という丼もの。
アナゴに味がついてるので タレなどかけなくても十分美味しい。 というか、激ウマ!
とにかく焼きたてのアナゴの美味しさだけで勝負のいえごはん。

グルメブログって、みんなすごい美味しそうに しかも綺麗~~~につくってはるやん。
あれなぁ。 ウチ、苦手。

ガサッと作って ガッツリ掻き込む

それがmidoriのウチの いえごはん やねん。

それそのまんまアップしました。
香のものとか、ちゃんとテーブルセッティングとか してへんけど

これ、めっちゃ美味しかった~~~~!   ほんま。

新鮮でいい生アナゴが手に入ったら どうぞ一度お試しあれ。
きばらんでも 美味しい焼きアナゴできるから。

人気ブログランキングへ

ブログパーツ

東西味違い | 00:35:26 | Trackback(0) | Comments(10)
浪花ひとくち餃子 餃々 (チャオチャオ)築地店 【東京で神戸の味シリーズ】餃子味噌ダレ編

最近 かのかた が ≪丸玉食堂≫ やら ≪赤萬≫ やらの記事を
連ちゃんでアップされていて、もう、そそるそそる・・・・
コーベの中華、 食べたいよぉ~~~~

で、その かのかた が行かれた 某餃子チェーン店
味噌ダレやゆうし。
築地にも店あるゆうし。


浪花の餃子やということですが そんなんこの際 もうどーでもよく。

行ってきました。 味噌ダレ求めて 築地に ぎょうざ食べに!
チャオチャオ築地店

チャオチャオ築地店
東京都中央区築地2-10-7    ℡03-3541-0244  
月~金 11:30~26:30  土、日、祝  16:00~24:30  →チャオチャオ築地店HP(クーポン有)

お店があるのは 築地本願寺のちょっと北。
昭和な感じのお店が残っている一角。

周りの建物、ちょっとええ感じでしょう?
アカ(銅)の屋根、壁。 そそられます(*^_^*)
チャオチャオの反対の側には 美味しいパンの≪木村家パティスリーショップ≫さんがあります。
木村家パティスリーショップHP   これが明治の築地あんパンオールスターズに詳し~い!
築地三丁目交差点


チャオチャオ、でっかい餃子が壁についてて ちょっと道頓堀のカニみたいですなぁ(苦笑
道頓堀?

この日はラッキー雨の日サービスデー!
ランチ!

餃子がプラス1個。  すごいサービスやんね!
サービス!

実は 食後に気がついたんですけどね! (笑

ランチメニュ。
menyu


チャオチャオの味噌ダレ

これよこれこれ。
これを食べに来たんやで~!

味噌ダレ。
味噌を自分で調合するんじゃなく 出来上がってる状態で置いてあります。
(右奥のはトウガラシの練ってあるやつ。これは味噌ではない! ちょっと舐めたら超辛かった(+_+)

まぁ、ええか。

味は・・・・・

う!旨いっ!
甘さ抑えめ。 味、濃い~~~~! でも、課長の味が猛烈なわけじゃなく…
そして程良いピリ辛。 酸味も程良い。 とっても私好み~~~!

ちなみに、お店の人がお客さん一人一人にタレの説明してましたが
味噌ダレの方が若干甘め。。。とか・・・
いやいや、ここの味噌ダレやったら甘くないほうやって。
 
醤油っぽいタレの方はポン酢しょうゆみたいなマイルドさでしたな。
これもなかなかイケてます。

やってきました。 餃子~~~!
ランチ!

奥が こちらのおススメ、浪花の一口サイズ餃子。 雨の日サービスプラス一個で9個。
羽根がついてる~~~!
パリパリ~~~~!
このパリパリ感、視覚的にも めっちゃ美味しそうに見えます! ええですねぇ!!!

手前、大きい方の餃子はエビ餃子。 雨の日サービスプラス一個で 6個。

味噌ダレにつけますっ!
misodare

味噌ダレ、ウマ~~~~!ヽ(^o^)丿★☆
中のあんも、キャベツのみじん切りがたっぷりで 甘い~~!
肉も嫌みのない味だし、いいですね~!
食べやすい、というか、ぺろっと食べてしまえます。

包み方が両開きというか、棒餃子っぽい形してるけど
あんがしっかりしてるんで崩れません。

餃子はニンニク入りを頼んだけど、 そんなニンニクっぽくないなぁ。
この味噌ダレやったら 私はもっとニンニクかニラが入ってるほうが ええけどなぁ。
ちゅうか、もっとニンニクたくさん入ってたら 完全にビールが欲しくなりますね。


東京は築地で 美味しい味噌ダレと 嬉しい再会!
ゆかりさん!情報ありがとうございました~!!!m(__)m

※しかし、まわりに寿司屋がひしめく一角で ここに餃子屋は異色。
 レトロ感あふれるこの一角だからこそ その存在が光ってくるのか。
 ランチ時にはサラリーマンでいっぱいになってました。ビール片手の人もいたし。
 大阪が本店らしいけど、 味噌ダレが美味しかったので 餃子の味噌ダレ、合格! ヽ(^o^)丿
人気ブログランキングへ

ブログパーツ


東西味違い | 23:13:22 | Trackback(1) | Comments(18)
焼きアナゴ 手作りしてみた!②

前回 焼きアナゴが 思ったより手軽に作れたので 味をしめた わたくしは できあがり
さらにお手軽に より美味しい 焼きアナゴを求めて
焼きアナゴ実験の旅に・・・・

前回の焼きアナゴ
すごい美味しかったのはいいんだけど (なんてったって ネタがいいから味もいいよね)

正直 串うち は めんどうだ・・・
あと、 ちょっとしょっから(塩辛)かった・・・


で、考えたのだ。

つけだれの比率を変えた実験をしてみよう・・・と!

あ。 串うちは あっさり やめちゃうことにしました。
だって、料理に使うとき ちょっとくらい身が縮まってても 味には関係なさそうだもの。
それに、串うちさえなければ 何十匹でも何百匹でも焼けそうな勢いだったもの。

料理は まずは作ってみようという意欲が湧かないとね。
そのためには できるだけ簡単に。 
毎日でもやってみようという気が起きるようなレシピから始めないと・・・


毎日でもやってみよう! というお手軽さ。

下線部のポイント、意外に重要だと思っている 主婦midoriです。
ま、どうでもいいことですけどね。(*^_^*)

久しぶりに どうでもいい前書きを挟みまして 実験開始。



こんかい、実験の対象は  つけだれ。


前回のつけだれは ネットで調べたとおり
醤油大2、酒大1、みりん大1 でした。

これを
A) 醤油大2 酒大1 みりん大1
B) 醤油大3 酒大2 みりん大1
C) 醤油大3 酒大3 みりん大1

の3通りでやってみたのだ!

≪手順≫
① 裂いたアナゴを軽くぬめりをしごきながら洗い、水を切る    (注1)
② つけだれとアナゴを 密閉袋に入れ 40分つけておく
③ グリルで焼く。                             (注2)


(注1) アナゴのぬめりについては、ネットでいろいろ調べてみたけど、
     結局アナゴを裂く際に包丁の背でぬめりをしごいて取ってあるようで
     買ってきたアナゴはそんなにぬめりがなかった。(ちょっとぬめってる位だった)
     買ってきたアナゴにもよるのだと思うけど、 裂いてあるアナゴの場合は
     それほどぬめりをとることに神経を使わなくてもいいのかな?と思った。
     ・・・けど、これはケースバイケースなのかも。

(注2) ウチのグリルは魚を焼くのに 気も水も使わないでいいような ほっとくタイプ。
     だから 一度グリルに入れちゃうとそのまま 約15分位で出来上がります。
     もしかすると グリルによっては 火加減や焼き加減が一番大変なのかもしれない。
     そういう場合は midori並みに「超お手軽っ!」ってわけにもいかないかもしれませんが
     あしからず。
     
     ちなみに 一度普通位に焼くのに 約9分。
     そのあとそのまま少し置いて もう一度7分位焼くと 神戸の焼きアナゴっぽい
     カリッとした出来上がりになります。


実験中の写真を連打!  (ちなみに 今回のアナゴは1キロ18枚2000円@築地)

       アナゴ1キロ2000円  タレに漬け込む

       グリルへ  普通に焼き上がった状態

       さらに焼いて 正しい焼きアナゴ完成!  できあがり
     


で、結果なんですけど・・・・

「つけだれの味はあまり関係ない。 むしろ 焼き加減と 漬け込む時間で味が決まる!」

って感じかな…・ (+_+)
正直、この比率の差は 思ったよりも味に違いが出なかった。
だから逆に つけだれも 適当な味でつけちゃっていいんじゃない?って
猛烈にいい加減な結果に・・・・

まぁ そんなに適当にしても 美味しいっていうのが 焼きアナゴ。
味が濃すぎるようなら ちらし寿司に使えばいいし、
薄いようなら そのまま食べてもいいし。
出来上がりで 使い分ける・・・ それもまた楽しいんじゃない?

てなわけで 焼きアナゴシリーズは 一件落着。
適当に 美味しい焼きアナゴ 手作りして 楽しみましょう!


人気ブログランキングへまいりますよ。よろしくね!


ブログパーツ


東西味違い | 16:34:21 | Trackback(0) | Comments(2)
桜もち。 どっちがどっち?
今日は おひな様。

『関東と関西では お内裏様とお雛様の位置が逆』

というのは 結構知られていると思うのですが
(ちなみに 関西ではお内裏様は向って右、お雛様は左。)
→hirokunさんの ≪東京弁は流行るんです≫ 今日の症状 〔お雛様〕 2004,2,22もご覧くださいね。

桜もちも 関東と関西では違うって 知ってました?


おひな様の時に 和菓子屋さんがこぞって売り出すのが
甘酒 ひし餅 ひなあられ。
そして 影ながら実はこれが一番実質的で人気モノじゃないかと思われる
さくらもち。


いつの頃から でしょうねぇ。
おひな様が終わるころから お花見のころまで
桜もちを楽しみにするようになったのは。


若かりし遠い昔。  東京で 迎えた おひな様。
しがない下宿暮らし お内裏様もお雛様も 持ってなかったけど
「まぁ 桜もちでも食べて 気分盛り上げようよ!」
って 何気なく 買いに行った私を 襲った 衝撃!!!

これが   東京の   桜もちじゃぁぁぁぁっ!!!

とうきょうの 桜もち

なんじゃこりゃあ!!!!!


私の大好きな 桜もちは どこにも見当たらず・・・・・ (涙

ふと 目にとまった  それらしき姿には

「道明寺」

と書いてあるではないか!

道明寺~~~~!

なんやの、「道明寺」って。


これは桜もちやろう!


しかも白いし・・・


(それにしては 白っちい・・・・)




という まいどまいど 遠い昔の憤りを思い出させる ひな祭りの桜もち。


今年は 関東風と 関西風 二種類買って食べたけど
やっぱり 桜もちは 「道明寺」に限るね! (って、これが桜もちなんやってば!)


◆桜もちについても hirokunさんのサイトでご覧くださいね!

≪東京弁は流行るんです≫ 今日の症状 『桜餅』 2002.4.4

◆桜もち(道明寺)の作り方も載っています。 次はこれにチャレンジか?

≪井の頭和菓子処 末廣屋喜一郎≫ HPより 『和菓子のレシピ 道明寺』


人気ブログランキングへ
  ぜひぜひクリックなさってくださいましよ!m(__)m


ブログパーツ



東西味違い | 22:41:24 | Trackback(0) | Comments(4)
焼きアナゴ 手作りしてみた! ①
あなごは焼きアナゴ。 これ、神戸の常識。

とはいうものの、 東京の煮アナゴも美味しいよ~~~~!
最近私は 東京の煮アナゴにハマっています。
東京の煮アナゴは 大きなサイズのをふっくら蒸しあげたような 
ホロっと崩れる柔らかさが たまらなくおいしい!
油を抜いた上品なウナギ みたいな感じです。

サンプルとしてお見せするのは 最近入り浸っている築地場内の 
【あんこう屋 高はし】 さんの あなご丼のアナゴ

(【あんこう屋 高はし】さんについては もちろん つきじろうさんの →≪春は築地で朝ごはん≫ をご覧ください!)

高はしのアナゴ



ぶあっついでしょ~~~! おいしぃ~~~よ~~~~!



関西から東京にご旅行の折には ぜひとも 煮アナゴの丼を召し上がれ!



でも、焼きアナゴは やっぱり好き。
東京で なかなか手に入らない 焼きアナゴ。
築地でアナゴは 生で売ってるのよ。 活きてるのをさばいてるのよ。
築地だけじゃなくて 町のスーパーでも売ってたりするのよ。
生のアナゴが売られてるって、そんな珍しいことじゃないのよ。
なんてったって、江戸前のアナゴは有名。
東京じゃ テンプラサイズのアナゴ。
神戸じゃ ちょうど 焼きアナゴにもってこいのサイズなのよね。 

見るからに美味しそうな 活き活きアナゴが気楽に手に入るんだもの。
なんとか 手軽に焼きアナゴを作れないものか。
もうすぐ 桃の節句、 お雛様だしね!

お雛様には ちらし寿司、ちらし寿司といえば。。。。 やっぱ焼きアナゴ、でしょ?
あ、ちなみに ちらし寿司って 関東では 五目ずしとでもいうのかな?
関東のちらし寿司は 寿司ネタが酢飯に乗ってる丼みたいなもんです。(+o+)

『焼きアナゴの作り方を教えてください』←Yahoo!知恵袋

というわけで やってみたよ。 焼きアナゴ。

築地で手に入れた 開いた生あなご。
8匹1000円。
ぬめりが少しあるので 水洗いしてペーパータオルで拭き取ったのと
水洗いせずにペーパータオルだけで拭き取ったのと 両方やってみた。

けど、結局付け汁に一緒に入れちゃったから どっちでもよかったかな。

アナゴを付け汁につける




焼き方、よく焼いて 大善のみたいにしたのと
一応軽く火を通すのと これも両方やってみた。

焼きアナゴしっかり目焼いてみました



これは、 どっちもいいね。

同じたれ、同じだけつけたんだけど、
よく焼いた方は 出来上がり、 味がちょっと濃い目。

普通に焼いた方は ちょうどいい感じ。
ちょっと関東風の蒸して柔らかくしたアナゴみたいで
これはこれでいい感じ。

左側が普通に焼いてみた方





なんや。 焼きアナゴ、簡単に作れるやん!
しかも 美味しいし。
しかも 食べたいだけ食べられるし。

これでもう 神戸から冷凍したのを保冷材つめて
ヒーヒー言いながら 担いで帰ってこんでもええ。

これからは アナゴは 手作りに限る!

…というものの これには後日談があり…              (たぶん、続く…)
 


人気ブログランキングへ

ブログパーツ

東西味違い | 14:35:36 | Trackback(0) | Comments(2)
今年初イカナゴは 築地の釜揚げ! イカナゴのクギ煮2008 ①
去年はイカナゴ、不漁でほんま、大変でしたね~!

去年、 思い立って 生まれて初めてのイカナゴ炊きをしようと思ったのに
結局 イカナゴを手に入れられず あきらめました。
(去年の記事→カテゴリー『イカナゴ』

今年はどうでしょうね。
イカナゴ漁は 毎年3月上旬前後に解禁になります。
まだ神戸のイカナゴ漁が解禁になっていないんですけど・・・

今年初のイカナゴを 釜揚げでゲット!

幸先ええやないですか!


有難い初イカナゴ釜揚げを提供してくださっていたのは
築地場外市場 寿屋商店さん。  (→HP) 
(つきじろうさんのブログ≪春は築地で朝ごはん≫の→『寿屋商店』
遠慮がちに でも 通りに面した一等地に そっと置いてありました。

≪お待たせしました  甘塩 新小女子 和歌山≫

2008初イカナゴ


東京でもイカナゴを待ち望んでいる人がいるんだろうか! 嬉しいキャッチコピーですね!

豪勢にも 一袋丸まま試食で出してあったので(一番手前のですね) まぁ、一応試食。
美味しい!!!!

イカナゴの味は ちょっと癖があるので 慣れていないとそれほど惹かれるものではないのかもしれないけど 私は大好き。
美味しいイカナゴの味がしっかりしてる。
もちろん、頂いて帰ります。

イカナゴの酢醤油なんてもうたまりません!
大きくなった(ふるせ という)のは 天ぷらにして よく実家の食卓に上ってきてました。

ちょっとイワシの子(いわゆる釜揚げシラス)がちょこちょこっと混じってる。
この感じも なんか地ものを思い出して 懐かしくなります。

ikanago2008tukizi2.jpg




ごちそうさまでした!!!!!


基本情報  イカナゴ
ウィキペディア
JF兵庫県漁連/イカナゴ 
→神戸観光壁紙写真集・兵庫と神戸の風景壁紙写真兵庫県・神戸名物いかなごといかなごのくぎ煮
お魚ランド香川 / イカナゴ 
→魚net.jp
市場魚介類図鑑(ぼうずこんにゃくさん)

人気ブログランキングへ

ブログパーツ


東西味違い | 00:28:45 | Trackback(0) | Comments(0)
須磨海苔で恵方まきを作るぞ!その2 雪の東京、土井勝先生に感謝の中巻き
節分、豆まき、恵方巻き。
東京は久しぶりの積雪。
ゆきやこんこを眺めつつ、
「今年は自分で恵方巻きを作ってみよう」大作戦が始まる。

(過去記事 → 去年の 「恵方巻きいうのは のりまきのことやね」
          今年の 「須磨海苔で恵方巻きをつくるぞ!その1 今年は中巻き、アナゴ入りを目指す!」
とにかく 7種類の具を入れよう。

・・・・・・・・・今年の具は・・・・・・・・・・

あなご ミツバ 厚焼き卵 椎茸の煮たの ニンジンの煮たの
きぬさや 海老

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

あなごは事前にゲット。
ミツバを買い忘れていたので 雪の中 スーパーに行ったら
お客さんがまばらな中、 恵方巻きが山積みになっていた。
あの恵方巻き、 全部売れただろうか・・・


今日の恵方巻きのご指導いただいたのは かの 土井勝先生!です。。(→ウィキペディア:土井勝)
いやぁ、土井勝先生の「主婦の友デラックスシリーズ:土井勝の家庭料理講座(基礎からおもてなしまで)」(1983年主婦の友社)は 母の本棚からウチの台所に引っ越してきてもう何年になるだろう。
困った時にはまずこちらを手に取ります。

そして 築地の師匠、≪春は築地で朝ごはん≫のつきじろう様もご愛用のウェブサイト≪てまえ、板前、男前≫。こちらの写真は包丁の使い方とか、写真が細かくわかりやすいので、特に魚関係で困った時は本当に助かります。
今回は「太巻き寿司の巻き方」が大変参考になりました。


具です。
本日の具。

左から ミツバ 厚焼き卵 きぬさや 海老 椎茸 ニンジン あなご

海老は芝海老。
先週末築地で海老屋さんに勧められて デンブにしようかと思って買ったけど、
あまりに新鮮でおいしそうだったので 素揚げにして食べちゃった残り。
殻を剥いたら 意外に油っ気がなかったので急きょ恵方巻きに入れることに。

あなごは デパ地下の魚屋さんとちょっと高級スーパーでゲットした 焼きアナゴ
土井勝先生のレシピで煮直しました。

厚焼き卵は、アナゴを煮た煮汁の残りを入れて焼きました。
煮汁が美味しくて、厚焼き卵も美味しくできて よかったぁ。
水を足して もう少し柔らかな仕上がりでもよかったかな。

細かいレシピについては 後でアップするかも・・。


本日、トリを務めます役者は こちらの≪須磨海苔≫。
いかがですか? このピンキーな袋は。
本日のお海苔。


中巻き山積み。

中巻きの山積みです。
のり巻き巻くのなんて もしかして 細巻き入れても 生まれて3回目くらい?
両端からご飯や具やらが出てきちゃうのね。うえ~ん。

でも、これ、巻きすなしでやったんですよ。
ラップとふきんで…

巻きすが欲しいよ! めっちゃ面白い。 自分で作ると 味が好みに仕上がるし。
今度築地行ったら 巻きす買おう!そう心に誓ったのでした。

断面!

断面です。
一応恵方巻きなんで 今年の恵方、南南東に向かって黙ってまるかぶりしたあと
残ったのを切ってみました。
海老は見えませんが(真ん中に一匹入れただけだからね・・・)
まぁまぁのいろどり? ちょっと端っこに寄っちゃったね。
次回の課題でございます。

初めての 手作り恵方巻き。
結構楽しかったよ。
何より 自分好みな味が作れるのが最高。

須磨海苔のお味は… 軽くあぶったんだけど しっかりした歯触り。
これ以上のり巻きが大きかったり長かったりしたら ちょっと噛むのに疲れちゃったかも。
切ったのは 海苔がしっかりしてて崩れないから 食べやすくてよかったんだけどね。

意外に 恵方巻きには 不向きな感じ。
普通の切って食べるのり巻きなら GOOD! なのではないでしょうか。

ちなみに こちらは 築地で見つけた 兵庫県産の海苔。
「手巻き用」として売られていました。
嬉しくて写真写させていただきました!

兵庫産海苔@築地


人気ブログランキングへ

ブログパーツ

東西味違い | 23:30:40 | Trackback(0) | Comments(4)
【番外編】 大阪のたこ焼き≪会津屋≫あの有名店の催事出店に遭遇! 
ふと立ち寄った銀座『松屋』の催事場で (『松屋』銀座のHP)
かの有名な大阪たこ焼きのお店『会津屋』さんに遭遇。 
会津屋 @ 銀座松屋

(『会津屋』HP)
『会津屋』さんといえば 『美味しんぼ』にも取り上げられた有名店。
大阪たこ焼きの名店。

そんな『会津屋』さんに こんなところで出会えるとは!!

12個500円。

う~ん、どうだろう… 

大きさは ちょぼ焼きサイズというのだろうか、 明石焼きよりも小さい普通のタコ焼きよりも
さらに小さな穴の焼板で焼いているので、 出来上がりも当然小さい。

材料に使われているタコは 結構大ぶりに切られているので
ちいさな生地に目一杯タコ、という設定は なかなかそそられるものがある。

けど、 小さいよなぁ。
12個500円かぁ…
持って帰って食べたら 出来たての味がわからんしなぁ…

たかが500円、されど500円。

開店直後で 会場内に人がまだまばらなのをいいことに
他のお店を見に行ったり 『会津屋』さんの写真を撮ったりして
うろうろしていたけれど、なかなかふんぎれず。

それだけ 小さくみえましたのよ、 こちらのタコ焼きは・・・



まぁ、そうは言っても もう二度と『会津屋』さんのたこ焼きを食べるチャンスはないかも。
そう思ったので 結局12個入り一箱500円をゲット。

家に持って帰ってまだほんのり暖かなたこ焼きをいただく。
CA250448_20080220211207.jpg

おっと~!

ふたをあけると、焼き場でも小さく見えたタコ焼きが
しぼんでさらに小さい…

CA250447_20080220211259.jpg

もうこれは ほとんど おちょぼ口サイズ。

あ、だからちょぼ焼きか、 なんて冗談も空しく響く冬の昼下がり。

一口。食べる。

おおおおお。


美味しいやん。

生地の味がしっかりしてる。
何もつけなくても、冷めても美味しいって、 確かにそうだね。 美味しい、おいしい。

タコと生地のみ、明石焼きと同じ。
大阪のたこ焼きのイメージ、キャベツや紅ショウガや天かすやネギなんか
ごちゃごちゃ入ってるたこ焼きとは違う。

中のタコ。
CA250449_20080220211334.jpg

結構大きいよね。
まぁ、がわが小さいから 比較すると大きく見えるのは当たり前やけど
しっかりしたタコの味が これはなかなかなお味ですのよ。
今まで食べた明石焼きのタコに匹敵する美味しさ。

これはねぇ、 大阪のたこ焼きというより、 明石焼きのお持ち帰りバージョンですがな。


外はカリっ、中はトロットロ。
生地にしっかり味がついてる。

これを出汁に浮かして食べたら そのまま明石焼きやん。


美味しゅうございました。

できれば腹いっぱい食べれるだけ 量があればよかったんだけどね。



ちなみに お持ち帰りの中に入ってたリーフレットはこのように書かれておりました。
『大阪のたこ焼きは、昭和8年、会津屋の初代遠藤留吉が肉、コンニャクなどを入れて焼いたラヂオ焼がはじまりです。
 その後、もっとおいしい大人の味をと考え、昭和10年、『明石のたこ』と『ころも』に味をつけて焼いた大阪のたこ焼が生まれました。
 戦後、ソースの普及により、ころもに味がなくなり、色々なものが入ったのが出まわって、庶民ほんらいの味からはなれたものが増えてきました。 
 たこ焼とはソースをつけない、手もよごさずさめてもおいしいのが本物です。 
 なにわの味、大阪の味、それを代表するのが元祖たこ焼の会津屋です。  皆様の憩いの友、おみやげとして、七十数年焼き続けて参りました。
 これからも味の追求を続け、よりおいしいたこ焼、皆様に愛されるたこ焼を目指してガンバリますのでよろしくお願い申し上げます。』

→人気ブログランキングへ


【追記】
ニキニキ日記で≪会津屋≫さんに行かれたようなのでチェックです!(*^_^*)
◆たこやきの元祖 会津屋 2009,1,14付 
ええなぁ。。。現地取材出来て!(^○^)



ブログパーツ

東西味違い | 13:34:13 | Trackback(0) | Comments(2)
須磨海苔で恵方巻きをつくるぞ!その1 今年は中巻き、アナゴ入りを目指す!
さぁ、やってきました!節分やで!!! 恵方巻きやで!!!!!!!!


関西で 節分と言えば 最近は恵方巻きらしい。(過去の記事→「恵方巻きゆうのは のりまきのことやね。」
恵方巻きは 関西から発して 全国制覇のコンビニのおかげもあるんでしょうが
今や全国的な節分の行事になっておるようです。

恵方巻き → ウィキペディア

この数年、本当にすごい勢いで節分には恵方巻き、が定着しつつあります。
去年までは お店のを買ってきてた我が家でしたが
今年はかの名産≪神戸の須磨海苔≫ もゲットしたことですし。
家で巻いてみようか、と。 ええ、ええ。

しかし 問題はあの太巻きのぶっとさ。
あんなん しゃべらんと食べようとしたら 危ないやろ。

とくに そうでなくても 常日頃嚥下関係に難ありな老体には 無理無理。


うちで作って食べるなら そうねぇ、中巻きくらいがいいわねぇ。
そう思っていたところ ちょうど都合のいい サイトを見つけました。
その名もズバリ 『恵方巻きレシピ』
このサイト、本文自体はあやしくはなさそうなんですが どこのどちらさんのサイトかとんとわからん。
まぁ、都合のいいところだけ抜き書きさせていただくと…

・・・・・・・(以下『恵方巻きレシピ』より抜粋)・・・・・・・・・・・・
私は大阪出身で子供の頃食べた「節分の巻き寿司」(恵方巻は最近の名前です)を知っている私からみたら、最近コンビニで売ってる恵方巻は【暴力的】な太さです。(笑)。。。たぶん商魂たくましいコンビニの商品企画者が考えたのでしょう。
昔ながらの「節分の巻き寿司」はもっと細く短いです。一般の巻き寿司と細巻きの中間の太さで、長さは半分です。幼児じゃない限り、切らずに少しずつ食べることが可能です
                 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(以上 抜粋終わり)・・・・・・・・
こちらの出所は≪おしえて!goo!≫のこちら→Q‐No.2711795「節分の恵方巻きの食べ方について教えてください」
こちらのA‐No10の回答の抜き書きのようです。

(このところ 急激にクローズアップ現代されてるジャンルですから 情報もかなり錯綜しておるようですね)


ノリ巻きにしたあとは 切らずに食べるようだけど、 海苔のサイズは どうでもええということと勝手に理解。

うちの今年の恵方巻きは 『中巻き』 を目指す!
そして 懸案の 具 です。

去年の記事にもアップしましたが、(『恵方巻き ゆうのは のりまき のことやね。』2007.2.3UP)

≪母の のりまき≫ の 具

  高野豆腐   厚焼き玉子   穴子   三つ葉 
  しいたけの煮たの   ニンジンの煮たの   かんぴょう

これだけはっきり覚えてるというのは すごいことやと思う。
それだけ いつもおんなじ具が入ってたということやもんね。
私の料理のなかで これほど「きまった形」のものって あるだろうか?と ちょっと感動したりするわけです。

ま、でも、この中でも 私の気に入らんかったものは 惜しげもなくほかのものとチェンジしようと。

アナゴ は 絶対必要。
これは まぁ、神戸人なら 当たり前、 なのかな? あ、これ、アンケートとればよかったなぁ。。。「あなたの恵方巻きに アナゴは必要ですか?」 って。 まぁ、それは来年に置いといて…

まず、アナゴそれから、三つ葉。 
これも好きなんですよ。 胡瓜も あなきゅう(アナゴときゅうりの細巻き)美味しいから 好きやけどね。 でも、 恵方巻きには ぜひともミツバで上品にいってみたい。

あとは彩りとちょっと甘い系で シイタケとニンジン。

どうしてもやっぱり外せないのが 厚焼き玉子。 これはできれば出し巻きっぽい味でいこう。

あと2品ですね。

じつは、残った2品が 私が母の太巻きで できれば入れてほしくなかった具材なのよ。
(高野豆腐とかんぴょう・・・)

どうしましょう。 あと2品。→人気ブログランキングへ


たぶん・・・つづく。。。

ブログパーツ

東西味違い | 23:32:21 | Trackback(0) | Comments(2)
〔目出度い3連発! くわい・あたりめ・黒豆 その1〕  くわいの茹で方! 今年はくわいをたくさん食べよう!
目出度いモノ。 くわい、あたりめ、黒豆。
この年末年始、ウチでは人気者だったこの 3品。
実はいろいろありまして…  その顛末など。

緊急第1弾! くわい!

築地 くわい

写真は 築地市場で見かけた くわい。 左の1k1200円のは通常の大きさ(径3センチ位)
右のでっかいくわい!径5センチあるかしらね! こんなでっかいのは初めて見たよ!

去年暮れのアクセス数が 急に増えたのは
12月の築地の記事。 築地の師匠であるつきじろうさんが ウチのフワフワブログをなんと
素晴らしい つきじろうさんのブログ≪春は築地で朝ごはん≫に 紹介してくださっただけでなく、
築地にご一緒した記事も載せてくださったからです。 
→≪春は築地で朝ごはん≫midori様と築地訪問

それからひと段落ついて そろそろいつものコーベブログになるかと思ったら
また アクセスがアップ。
今度はなんじゃ?  増え方が何ともいえん「漸増」という感じだったので アクセス解析みたら
キーワードは なんと! 『くわい』 やったんですよ!

はぁ? くわい? 

そういえば 一昨年、 コーベブログ始めてすぐの頃は 年末で
ちょうど時事ネタとして おでんとか 年越し蕎麦とか おせちのこととか 書いてたんやった。

そのころから 食べ物のことになると 何気に執着心が見え隠れ…

いやいや、そのころそういえば 『くわい』 のこと書いたなぁ。 → 『くわい』  2006.12.26UP

アクセスは 『くわい』 はじめ 年末年始関連に 集中してました。
(12月31日23時のアクセス数 『くわい』 と同率一位は 『焼豚』。 
そのほかは 『年越しそば』 『買出し』 などが多かったです)

築地に行ったとき でっかいくわい見つけたし、アクセス伸びてることもあるし、
もいちどくわいのことでもかこうか…  な~んて のんびり思っていたところ
なんと 年が明けても くわいアクセスの延びが とどまるところを知らず!

ウチのブログ見に来るというのは 相当くわいの料理法で困ってらっしゃる方が多いのか?
そういえば 検索してみたけど 丸ままだったりスライスしたりするけど 揚げる料理法がほとんど。
煮物のレシピ、そういえば見かけなかった。
クワイの収穫と食べ方 →野次さんのブログ≪野次喜多日記≫より ←こちらのサイトは くわいの成長や収穫など、盛り沢山なくわい情報が写真付きで満載!くわいへの愛を感じて感動します! 必見です!


おせちでくわいって、どの位ポピュラーなのだろうか?と かなり疑問に思うのですが
(うちではくわいを煮しめにするわけではないので いわゆるおせちのクワイの作り方はわからないんですけど)
くわい好きとしては くわい好き人口を増やすのには やぶさかではないので
それならば 是非是非 美味しくくわいを食べてほしいと思っておるわけです。

それなのに せっかく来てくれた人が あのレシピともつかん作り方のを見て
クワイが美味しい! と思ってもらえるんだろうか!
心配になり 急きょ くわいのゆで方を デジカメで撮影! アップするぞ!

・・・というところまではよかったんです。

ところが… デジカメ、ダメになっちゃた・・・
ほとんど写真が残らず、、 残ったのだけでもアップします・・って、
今年買った生のクワイを並べただけですけど… ある意味これが本当に 偶然にも芽の出た目出度いくわいたち!
PC310373-1.jpg


去年披露させていただいた レシピともつかんレシピ。改定版です。

≪お正月のくわい≫  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・2008.1.2改定 2009.12.31再改定

一 洗う時に 芽をもがないよう気をつける。 芽の根元に砂がたまっていることが多いので丁寧に洗う。根元の砂に注意


二  くわいは 水から茹でる。 塩、酢少々入れ、初めから中火で。大きさにより20分~40分。
   (水カップ10につき 塩 大さじ1、酢カップ1/2 ~ 1位で。後は好みで調整してみてください。
   酢バスと同じような酢、塩加減でいいと思います。)

   ※酢は製品によって酸っぱさがだいぶ違うようです。お好みで量は加減してください。
    カップ1入れるとモノによってはずいぶん酸っぱくなるようです。お気をつけてね。
   
三  竹串がスッと通るようになったらザルにあげる。

   注! このとき、竹串の穴から白い汁が出てくるようなら、まだです。
   割ってみて中まで黄色くしっとりしてたらOK、中が白く粉粉した感じに見えたらまだ。


四 冷めたら皮を剥く。 尻から芽の方向に、六方むきにするとかなりカッコええ。
   しかしこの時芽をもがないように気をつけること。芽の根元は皮が薄く柔らかいので要注意。出来上がり


五 芽の外側の皮を一枚剥く。中の柔らかな芽の芯が出て来る。芽の先は切らんと、そのまま。
   これでできあがり。

  これを、マヨネーズで食べます! うまい!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これ読んで くわいにチャレンジしてくれた方!
ほんまにありがとうです。

だいたい、私がこういうレシピ書くには あまりに性格が大雑把すぎて 
分量は全部目分量 気分次第という感じになってしまいます。
でも、こんなにたくさんの方が くわいの料理をしようと思ってここにたどりついてくれはったことを考えると 
これじゃぁ いかんだろう、と。

今回、自分で作りながら 分量調べながら作ったのが 赤字で訂正入れているところです。
よかったら このレシピ、使ってみてください。

今回写真に失敗してるんで、 また家でくわい食べる時に
上手いこと写真撮れたら 写真アップしますね。→1.5、築地で初荷、クワイ買ってきました!写真を追加しました!
くわいの皮の剥き方、 六方のしかた、芽の残し方、
そんなところが たぶん、 気になるんやないかと思うんで。

それにしても 去年の記事読んでて、 そういえば今年はピンクのくわい、見んかったなぁと思いました。 軒並み、青い(大概埼玉産)くわいでした。
くわい、やっぱり青い色してると すごく落ち着くよ・・
(酢入れて茹でると 青い色が飛んでピンクになっちゃうけどね(^_^;)→それでは ブログランキング、よろしお願いします!



【追記】 おがちゃんさんのくわい!
おがちゃんさんの≪おがちゃん便り≫ 「あけましておめでとうございます」2008.1.7

毎年見事なおせちを披露されているおがちゃんさんちのおせちのくわい。
うちのと見た目同じ。 でも、こちらは含め煮になっているそうです。
ううう・・・食べたい・・・
どんな味を含ませるんでしょうか・・・・

今年はも一度くらいくわいにチャレンジしようとおもってるんで
含め煮も調べてみよう!



ほな、今年一年! 皆様とともに 私も 芽ぇ出せますように!!!!!

人気ブログランキングへ


ブログパーツ

東西味違い | 18:08:11 | Trackback(0) | Comments(4)
イカナゴのくぎ煮アンケート 結果報告!!!!!


ずいぶんお待たせいたしました。 明石魚の棚大善さんでもイカナゴのクギ煮売ってます。
前にイカナゴのくぎ煮について アンケートしてました。
覚えていてくださっている方もいらっしゃるでしょうか。
えらい遅くなってしまいましたが、 結果を発表させてください。
イカナゴのくぎ煮。
今年は不漁と言われ、店先にイカナゴを求める行列ができ、
しかもキロ当たりの値段がいつもの倍くらい?という 逆境にもめげず、
というより いつも 当たり前に食べている 神戸の春の風物詩 
「いかなごのクギ煮」が 「食べられない」 となると
「たべたい!」と思う 私のような人も おられるのではないだろうか?
そんな疑問を このアンケートにぶつけてみました。

協力してくださった皆さん。
結果を楽しみにず~っと毎日見に来てくれていただろう(?)皆さん。
大変お待たせして 申し訳ありませんでした!
結果発表です~~~~~~!!!!! 

(写真は明石魚の棚、焼きあなごで有名な大善さん。
大善さんでもイカナゴのクギ煮を売っていました。
右奥ショーケース、若草色の箱包みが そうです)
↑いやぁ、びっくりしました。大善さん、この写真を撮った直後に自己破産申告されていたようです。
以前の【コスモポリタン】の廃業のときみたいです。この写真が最後になるとはなぁ・・・
tako_sukeさん、情報ありがとうございました。



                             ***

今年はもう いかなごのクギ煮を 食べましたか?

投票期間 2007年4月12日~2007年8月17日
投票数14 

毎年食べる。今年ももう食べた  6票  (42.9%)
毎年食べる。今年はまだ食べていない  1票 (7.1%)
たいがい毎年食べる。今年ももう食べた  3票 (21.4%)
たいがい毎年食べる。今年はまだ食べていない  0票 (0%)
毎年は食べない。 今年はもう食べた  1票 (7.1%)
毎年は食べない。 今年もまだ食べてい  0票 (0%)
ほとんど食べない。 今年はもう食べた  3票 (21.4%)
ほとんど食べない。 今年もまだ食べていない 0票 (0%) 
 
コメント 
 
          高値なんで例年の1/3製造。( 毎年食べる。 今年ももう食べた)

          シーズンは、もうとっくに済んでしまったのですから、
今年はもう食べたはちょっと変ですね。
(毎年食べる。 今年ももう食べた)

家族そろって大好物です。 (毎年食べる。 今年はまだ食べていない)

            自分では炊かないので、「必ず」となるとアヤシイですが、
でもたいがい毎年食べています。
( たいがい毎年食べる。 今年ももう食べた)
  
            明石の叔母が毎年炊いてます。(たいがい毎年食べる。 今年ももう食べた)

                                 ***

結果は みなさんの予想通りだったでしょうか?
私は、「ほとんど食べない。今年はもう食べた」 3票 が なかなかいい味を出していると感じました。

コメントでもご指摘いただいた通り
地元神戸におられる方には 若干時期はずれな感のあるアンケートになってしまいましたが、 
東京では イカナゴのクギ煮は 年中売られているので
あえての長期アンケートとさせていただきました。 


来年の イカナゴのクギ煮は どうなるでしょう?!
イカナゴ不漁は 「もう結構」 です けどね。



【フロク】

イカナゴのクギ煮発祥の地は わが故郷 塩屋だという説もあるようですが
今年9月に発行された「神戸学検定」(公式テキストはこちら Amazonにとびます!→ 神戸学検定公式テキスト神戸学)では
イカナゴのクギ煮発祥の地は 「諸説あってはっきりしない。」となっています。

つい先日、クギ煮を最初に作ったというお店の碑が塩屋に立っていたので撮ってきました。
(碑の裏面に平成15年3月に建てられたと記載がありました)イカナゴのクギ煮発祥の地?

イカナゴのクギ煮ルーツについて興味深いサイトがありました。
いかなご釘煮のルーツは?≫  fishmlホームページより。

もひとつ。
「イカナゴGOGO」というイカナゴのクギ煮の曲を検索していてこんなブログを見つけてしまいました。
≪蛸壷ブログ 『イカナゴ ゴーゴー』≫ tako_sukeさん。
こちらによると、垂水区の幼稚園、小学校では「イカナゴGOGOダンス」を学校で踊るそうです。
いやぁ~~~見たいなぁ~~!!!









*** ブログランキングに参加してるねん。よかったらここ →← クリックしたってくださいませ~ ***

 

 


アクセスランキング
ブログパーツ

東西味違い | 21:21:29 | Trackback(0) | Comments(7)
再訪!≪赤萬≫神戸の餃子のタレは味噌ダレか?お店探訪③

 赤萬さんで餃子の味噌ダレ初体験! 
(詳しくは≪赤萬≫餃子のたれは味噌ダレか?お店探訪シリーズ第1弾 をご覧くださいまし)


 ドキドキしたなぁ。
なんちゅうても、「神戸は味噌ダレなんです~!」ゆう いまどきの神戸人感覚?
何やのそれ。 どういう味なん、それ。 めっちゃ気になるやん! 私も神戸人顔したいやん!! という思いと、
 味噌ダレ出してる、ゆう『餃子専門店』なるものに一度も足を踏み入れたことないしー。
ちょっと おっかなそうやん? ゆう思いとが交錯して。
 たかがブログ、されどブログ。
きっと、ブログなんかやってへんかったら、そごうや大丸あたりのデパ地下の味噌ダレ餃子の売店で買ってお茶濁す位やったろうなぁ。
ほんで、友達と話してて
「ああ、神戸で餃子の味噌ダレね。食べたこと、あるある。最近流行ってるみたいやで、いっぺん食べてみ?」 言うたりしてるんや。きっと。


 最初に≪赤萬≫さんに行ったのは、正直、店頭に『お持ち帰り』のコーナーがあったからです。
「あ!ラッキー!餃子の味噌ダレ、店に入らんでも食べられるやん!」 と。
裏にある ≪ひょうたん≫ さん共々、あの赤い赤いあか~~~~い店の看板やらのれんやら、間口のせま~い感じやら、カウンターでおっちゃんがビール! ゆう感じやら。
そんなお店に一人で足踏み入れるなんて度胸、やっぱりないもんなぁ。

 これが東京やったら 結構平気かも知れん。
寿司屋でも天ぷら屋でもおでん屋でも、東京のこういう感じのお店やったら、かえって全然平気かも知れん。 

 なんか最近、こういう風に感じた瞬間、すっかり私も関東人になり下がってしまったなぁと、ほんまに気落ちするねん。
神戸人としての気ぃのハリ、ちゅうの? どこでも気後れせん気分、ゆうの? なんか、もう無いようになってしもたんちゃうかな、って。


あ。また長ごなるな。前ふり、そろそろやめよな。(笑




 さて。餃子の味噌ダレ。
晴れて≪赤萬≫さんで体験させていただきました。
それで、いきなり、直球ストライク。すっかりハマりました。
もともと好奇心旺盛尻軽な神戸っ子気質バリバリなんで、新しもん好きはしゃぁないんやけど、私のばあい、気に入った食べ物は延々と飽きるまで食べる、ゆう特徴がある。(とおもう。最近特に…)
餃子の味噌ダレ。 ホンマに美味しいんやぁ~~~!
今や、家で餃子を作る時にも、毎回自家製味噌ダレを作って食べています。
そういえばここ何ヶ月か、味噌ダレ以外で餃子を食べた記憶がない。
そう。 餃子、と言えば、 味噌ダレ! なんですよ。  今や、我が家はっ!!!!


 ところでねぇ。
最初の≪赤萬≫さんのお持ち帰り餃子以来、度胸がついて、ちょっとは神戸人のアイデンティティを取り戻した私は、それ以降餃子専門店にはちゃんとお店に入って実食することができるようになりました。(次の時は一人やなかったんも大きいけどね)
それで、気になってきたんですよ。
≪赤萬≫さんの お店の味噌、 どんなんやったんやろ、って。


≪赤萬≫さんのお持ち帰り用の味噌ダレって、味噌とそれ以外の調味料を混ぜて、すぐに餃子つけて食べられるタレにした状態やったんです。
そやから『味噌』の状態を知らんかったわけですよ。

 次に行ったお店で、味噌ダレ用の味噌が『味噌』の状態で置いてあるんをみて、正直、「しまった!!」と思いました。
味噌ダレになった状態からでは 『味噌』 の状態は、想像がつかん。
『味噌』 を自分の好きなように他の調味料加えて作るんが味噌ダレ。
≪赤萬≫さんの『味噌』って、 どんなんや?


 今度こそ≪赤萬≫さんに入って、味噌を直接この目でみて、味わってみたい!
そういう思いをずっと持ってたわけです。  (ごめん、ここまでが前ふりやった。。。。長かった。。。。)




今回 思いがけず そのチャンスが訪れました。


≪赤萬≫さんに一番気兼ねなく入れる時間。たぶん、3時過ぎから5時前まで。
元町駅周辺におる今、ちょうどその時間。
≪赤萬≫さんへ、突撃っ!!!!


赤萬



行ったよ。
ドア越しにチラッと見る。
テーブル席が2つほど 空いてるみたい。
カウンターは 程々に 人が埋まってる。
最初やから カウンターやなくてテーブルに座るのが無難やから、ちょうどええ混み具合、ゆうかんじ。
よ~し。 GO!!


「何人ですか?」 敷居またいだ瞬間に厨房のおにぃさん(お。さわやか!)が声をかけてくれる。
「二人」と言いながら指を二本たてる。
「テーブルどうぞ」  作戦通り! 滑り出し絶好調。ええ感じ!
店入った瞬間に 香ばしく餃子の焼ける匂い、というよりも、圧倒的に食欲をそそる
にんにくの匂いでムワッと包まれ、急激にお腹が空いてくる!
あああ!餃子、食べたい!!!
ビール、飲みたい!!!!!


 テーブルに座ると、『土日祭日はお1人二人前からお願いします』 などの張り紙。
「これですか?」 と聞くと
「今日はいいですよ~。これは休みの日だけね」 なるほど。書いてある通りなんだ。
2人で3人前とお持ち帰りを頼む。


 前回、一人で2人前は軽いな、と思ったんやけど、今日は晩御飯の前のオヤツ代わりなんで、おなかいっぱいになるわけにもいかんし。
ちょっとさみしかったけど、お持ち帰りも頼んで帰ればええか、と。


 ちょうど他のお客さんも 頼んだばっかりやったみたいで、しばらく待つ。
店の中は、外から想像してたのと全然ちがって、すっきりしてる。 むしろ、きれいやん。
お客さんもいろんな人がいるようやけど、呑んだくれて絡みそうな感じの人はおらんかった。
もっとも、時間が早かったからもあるやろうけどね。
なんや~、ず~っと外から見てビビッてて、損した。もっと早ぅに入ってたらよかった。そう思った。


これが赤萬の味噌だっ!
テーブルの上には味噌とラー油のつぼ。
それにしょうゆ、酢。


味噌。

 これかぁ! なるほど、他のブログやらで 『白味噌ベース』 って書いてあったけど、納得です。
色、白い! お持ち帰り用につけてくれる調合済みの味噌ダレは、色が結構茶色かったんと、甘くなかったしで 『白味噌ベース』 のイメージが湧かんかった。
そうかぁ。白かぁ!


味噌のみ、実食!


をををををっ!!!!!!!!
これが赤萬さんの味噌かっ!


 色は白いが、普通、白味噌に感じる甘さ(白味噌はたいてい砂糖足してるからね)は感じない。
まず最初に感じるのは 強烈な、強烈な、にんにくの香りと味!
とにかく、にんにくが強烈なのだ!
そして、強いうま味と、ピリ辛。


前回、赤萬さんの餃子を食べた時、強烈ににんにくを感じて、それが私には すごく美味しかった!
そのにんにくは、この味噌に入ってたんか!?


さて。        ラー油。トウガラシが下の方に沈んでる。。。

 次に、これまた個性的なラー油。
ピリッとしたラー油は、唐辛子をつぶした破片が底の方にたっぷり沈んでいて、すっごい美味しそう。
こちらにはそれほどにんにくは感じない。
というか、味噌のにんにくが強烈で、既にどれがにんにく入ってるのか入ってないのか、よくわかんない状態に。


まぁ、いいか。


唐辛子をスプーンですくい上げて 味噌に投入。     味噌+ラー油!


この味。ニンニクと味噌と唐辛子のミックスは、もう、そのままでツマミになります! もう、タマリマセン。
お持ち帰り用の味噌ダレと比べると ずいぶんドロッとしてるけど、このまま餃子につけて食べたい!!
私の味噌ダレはこれで ええです。 まずは これでいきます。


餃子がやってくるのを、待ちます。待ちます。。。。
味噌ダレ ちびちびなめながら、待ちます。。。。
キタ====!一人前250円


ハヤル気持ちをおさえ、まずは餃子のみ、実食。
あ。餃子にはにんにく、あまり感じない。
前回は、餃子にすごく強い にんにくを感じたんやけどね。 あれ?なんでや?
というか、さっきのラー油と一緒。最初の味噌のにんにく攻撃に すっかり全てが にんにく臭に まみれてしまっております。


さ。  まぁ、ええやん。 はよ 味噌ダレつけて 食べよ~~~!!!!!!


味噌ダレたっぷり餃子につけて、というか、ひたして、というか、まぶして、いただきます!
ほんまに、これはウマい!
味噌のために餃子がある、というか、餃子は味噌を食べるためのクラコットというか。
そうね、一番近いのは トルティーアにチリビーンズ乗っけて食べる感じかな。
トルティーアが餃子の皮で、チリビーンズが味噌ダレと混ぜた餃子の具で。。。。。ほんまかいな!
ウマいウマい、ゆうて 味噌ダレたっぷりまぶしながら どんどんそのまま食べてしまう。
あっという間に半分くらい食べて、ハッとする。
あ。ほかの食べ方も しとかなあかんやん!


ちょっと お酢入れななぁ。(お酢、ちょっと投入)
う~ん、お酢、いつもやと好きやねんけどなぁ。。。。(もともと私は餃子を酢だけで食べたりする)
やっぱり味噌とラー油だけがええなぁ。


ちょっと醤油も入れな。 (醤油、ちょっと投入)
う~ん。これも。。。。


結局、味噌とラー油だけでほとんど食べてしもうた。
だって、これが一番 おいしいんやもん~~~~!





今回、≪赤萬≫さんに入ってみての感想。
外から見た感じと全然違って、居心地よかったです。
お店の中、きれいやし。
お店の人、親切やし。 ちゃんと対応してくれはる。


ああ、こんなんやったら、もっと早くお店に入ってればよかった。
今度 お店が適当に空いてる時に通りがかったら、気兼ねなくお店に入って食べよう。



それと。
餃子のタレの味見をする前に、何もつけない餃子を食べてみないと
餃子の味はわからない。
お持ち帰りだけで想像してた味噌ダレの味噌は実物と全然違ってたし。
(味噌が白味噌ベースっぽいのは、お持ち帰りの味噌ダレの醤油色からは想像できへんもんね)


これはこのたび痛感いたしました。


餃子の味噌ダレでお店探訪始めて はや半年。
新しい味覚との出会いでした。
食べ物は実際食べてみないとわからんねぇ。
お店の好みも、味も、自分と自分のお口との相性やしねぇ。
そやけど、餃子の味噌ダレには 出会えてうれしかった。
それと、ようやく餃子の食べ比べのコツが少~しつかめたかな。



美味しい餃子と餃子の味噌ダレ、ほんとうにごちそうさまでした!


 


【赤萬】  神戸市中央区元町通り1-11-10  
       営業時間 月~金 14時~  土・日 13時~ 水曜日がお休み
       1人前250円  2人前から。 持ち帰りは箱代が必要。



*** ブログランキングに参加してるねん。よかったらここ →← クリックしたってくださいませ~ ***


 


ブログパーツ

東西味違い | 23:23:23 | Trackback(0) | Comments(8)
【番外編】 東京で明石焼きゆうたらここで決まりやね!≪多幸兵衛≫上落合   玉子焼き(明石焼き)

(残念ながら 絶品明石焼の「多幸兵衛」さんは2010年春、閉店しました。2010年6月追記)
 ◇【多幸兵衛】さんの食べログ情報 http://r.tabelog.com/tokyo/A1319/A131901/13004345/dtlrvwlst/1583029/
 ◇ ウチの【多幸兵衛】さん閉店関連記事 http://mdr55.blog74.fc2.com/blog-entry-383.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さてさて。 お久しぶりです。
さっそくのネタは・・・・・・ 神戸やなくて、東京の話題。
すいません。 このところなかなか神戸の記事がまとめられんと。
つい先日行ってきた、東京の 明石焼きのお店のネタで 勘弁してね。


玉子焼きについて 私がひつこく書き始めたんは、 思い起こせば今年の春。
おでんのちくわぶの事調べてて、 おでんのお店を紹介されている
居酒屋ウォーカーさんのブログで 東京の 明石焼きと関西風おでんの店≪多幸兵衛≫さんを見つけた。〔居酒屋ウォーカーさんの ≪落合多幸兵衛さんでおでんと明石焼きを喰う≫ 〕
お店の方、神戸で震災に会われた後に東京に移って来て お店出されたらしい。

その時は 後付で紹介させてもらいました。 いつか行かな!とおもって。
明石焼き(たこ焼き)お好み焼き道場  2007.3.5の記事〕


それ以来、ず~っと気になってた。
行きたい行きたい、思ってたんですが、 場所がなぁ・・・・・・・
地下鉄東西線の 『落合駅』 って、未だかつて降りたこともない駅。
居酒屋ウォーカーさんも書いてはるけど、
友達がおるとか、 仕事の関係とか、そういう事でもないと まず、立ち寄ることのない駅。
しかも、お店は駅からちょっと歩くみたいやしなぁ。


ところがひょっこりチャンスが来た。
先週のこと。 知り合いとの待ち合わせが 目白。 
この目白っちゅう所も 私は今まで1度か2度行ったことある程度の場所。そやけど、
お。ひょっとして、目白と落合、近いんちゃうん? と 地図見たら、どんぴしゃり。
直線距離、歩くと20分位。電車やとちょっと乗換えとかあるけど、30分以内で行けそうやん。 
まぁ、許容範囲内。


行ってきましたよ。 多幸兵衛さんに。



落合の駅を降りて高田馬場方向へ。
郵便局、ロイヤルホストを越え、信号を2つばかり超えて 歩くこと数分。
外観!


隣りに(落合から行くと手前)うどん屋さんがあって、
確かにこれが目印になる。



縄のれんと提灯がすてき!エエ感じですやん。提灯と縄のれん!
この手のお店は 知り合いに連れてってもらうか、
情報頼りに勇気をふりしぼって訪ねるか しかないですね。
道を歩いていて お店偶然見つけて、気が向いたからとお一人さんで飛び込む勇気は、、、、なかなか無いなぁ。



お店は6時から始まるとのこと。 開店時には誰も居なかった店内もつぎつぎ人が訪れて、あっという間に満席。
手前10席ほどがカウンター。 奥に座敷があって、ご主人に伺ったところ6人くらい入れるそうです。
この日は座敷と4人分のカウンターが予約済み。
私のあと2組ほどで(それぞれ2人ずつのカップル)満席。
7時前頃には 予約以外のお客さんがつぎつぎ訪れても 断っとってでした。


急に涼しくなっておでん日和になってきたからねぇ  と、ご主人。


めにゅーはこんな感じ。


めにゅー その1    めにゅー その2


ここに載ってるの以外にも、 お店の中に木札や紙に書かれたお品書きが。

おかぁさんが 「明石焼きはタネまだ作ってないから ちょっとまって」 とおっしゃるので
まずはおでんから。

最初に大根250円。 でかいよ!この大根は! 
この大根を一口食べただけで もう お口の中が 懐かしい関西の味に 大はしゃぎ! 


大根!250円!デカイ!


写真、セピア調になってていまいち解りづらいけど (すいません、携帯の露出、アカンネン)、 ほんまにうまいこと 炊いてある。
昆布と鰹の しっかり出汁がきいた 関西の味が しっかり染みこんでる。 
上品な出汁の香り。 素材の大根の旨味とほろ苦さ、香りをしっかり感じながらも 美味しい透き通った出汁との絶妙の味の絡み合いは 関西の味付けならでは!

上にかかってる味噌ダレは、 なんやろう? 田楽風?
これは意外な組み合わせ、っちゅう感じです。
田楽味噌のような 甘味噌ダレ。 このしっかり味のしみこんだ大根やと
私にゃあ 必要ないんですけど。。。。。
まぁ、この味噌ダレだけ舐めながら お酒がいけそう。 でも やっぱり ちょっと甘いなぁ。


下にはってある汁、ちょこっと舐めるとメチャウマなんで、 大根から味噌ダレが落っこちんように 注意深く味噌ダレだけをチビチビ舐めきる。  その後、澄んだ汁も頂く。
大根、この汁の中で炊いてるんやろうか? 大根に染みこんだ、少々濃いめの出汁の味よりも はってある汁のほうが 塩味も出汁の味も 若干薄め。 それがまたいい。

普通~に美味しい。  『関西の味』を堪能。
関西やったら 普通に どこででも食べられるような味やねんけどなぁ。
東京やと、 わざわざ 落合まで足を運ばなあかんねんなぁ。



と思いつつ次に。


大好き、牛スジ300円です。
ここのスジは 一見コリコリ固め系っぽい。 牛スジ、いつも家ではトロットロに仕上げるので、
皿を手渡されて一瞬 「うん?」 とひきましたが、 まぁ、頼んだものは食べなな。
牛スジ。250円!これもウマイ!!
口にすると、 やはり コリコリです。
そやけど、 これまたメチャウマの出汁が しっかり染みてる。
え???! 
こんなコリコリで どうやってこれだけ出汁を染みこませるの? すごい!
これはこれで、 ハマるなぁ!
このスジのコリコリうまうま臭みなし、な感じは、お好み焼き≪ゆき≫さんのスジに通じますね。


スジに臭みがないのは 当然ちゃあ当然  なんやろけど、
スジの下処理がちゃんと出来てるというお店は それだけで 
『お仕事してらっしゃいますね』 と思います。(笑
東京のお店で今まで食べてきたスジのスジが解る。。。。う~ん、酔ってる。。。。


コリコリでも 出汁のきいた牛スジとの 新しい出会いでした。



たこぶつ 550円!明石焼き頼む前に たこぶつ550円? 頼んでみました。
明石焼きに入ってるのと一緒かどうか いまいち解らんかったけど、 このタコはめっちゃデカイ。
パッと見、明石のマダコの大きさとちゃうなぁと思う。
ちょっと立派すぎやもん。

この写真の一切れ(というか、一塊)、私のおちょぼ口やと やっと入るか入らんか。。。
そやけど、お味はなかなかエエです。ちゃんとタコの味してます。
お値段はまぁ、妥当、という感じかなぁ。


あれ、後から来た隣のお客さんが 明石焼き 頼んでる。
なんや、できるんやったらちょっと声かけてくれてもええんちゃうん? とすねたりして。
まあ、今日は団体のお客さんが入るみたいで、仕込みに忙しかったみたいやし、
おかあさん、殆ど一人で賄ってはったようやから、しゃあないんかな。


気を取り直して 明石焼き頼む。
一人1枚頼もうかとも思ったけど、 もうエエ加減食べてたんで、 二人で1枚にした。
私の取り分は2つ、ゆう約束で。。。。
それやと取材にならん(味わからんやろ)と思ったけど、まぁ、ええか。

出ました。明石焼き! 普通の明石焼きを頼みました。
こういう 『比較もの』 は プレーンで比べるに限る!


明石焼き! 8個550円!でかいぞ!


明石焼き550円。   おおおおおお!
まさに明石焼きやん! 
ちゃんと明石焼きサイズの大きさで、8個。
作ってる様子や 出てきた様子みて、ちょっと油っぽいかな、と思ったけど、食べてみたら油っぽさは感じんかった。

お出汁は 若干塩味控えめ 昆布鰹系? タコもでかいよ!
嬉しいのは 正しい三つ葉が浮き身になっていること。
う~ん、この時点で 合格です! ◎

明石焼きを浸して食べる。
実食すると、 明石焼きの生地に いい塩梅に お出汁と塩が利いてるのがわかる。
タコも味が濃い。
出汁につけず、明石焼きだけ食べることは 残念ながら出来なかったけど (私の割り当て2個全部出汁につけて食べてしまった。。。。) 出汁の利きよう、味のしっかりついてる感じは 前回レポートした ふなまちさん に近いように思う。
ちょっとしっかり目、玉子多めな生地の食感は お好み焼道場さんの感じに近いかな。
お値段が割高感あるのは、東京という土地柄でしょう。 東京で大規模チェーン展開してる『銀だこ』は8個500円やからね。 明石焼きがこの品質でこのお値段は、むしろお得感あります。
でも、たこ焼きだけしか作ってないたこ焼き屋さんで1人前8個やと、少ない気がするやろうね。
(『銀だこ』は油で揚げ焼く感じなので8個も食べれば十分、に感じるんやけどね。明石焼きはお出汁つけて食べるし、具がタコだけなんでアッサリして、もたれにくくて、1人前10個でもちょっともの足りん感じがある)





写真以外に がんもどき、卵、追加の大根(計大根は3人前)、もち、つくね、里芋、ビールなどを頼んで一人2100円。
お腹いっぱいになったし、 なかなかお手ごろ価格。


これからの季節は混むんやろうなぁ。
行ってみたいと思う方は 予約の電話入れたほうがいいかも。


ここやったら おでんも美味しいし、ちゃんとしたたこ焼きも食べれるし、
ちょっと足伸ばす位の距離やったら 行くなぁ、と 思いました。




マッチもあります!



仕込みでご主人が 赤玉の卵、山盛りにして割ってはったんが印象的でした。



≪多幸兵衛≫  東京都新宿区上落合1-30-17
           電話 03-5386-0950
           日曜定休 18時~
→tabelog.com 多幸兵衛  
       ここのサイトの「ブログでの評判」に うちのサイトが載ってるんですね。
       そっから定期的にこちらに来られる方がいるようで…・
       ちなみに、私の上のブログは なんと有田良生さんのブログでした。
       そしてなんとなんと、 有田さんは神戸時代の 多幸兵衛さんのお客さんだったそうだ。
       →『「多幸兵衛」の神戸・東京二都物語』 2008.1.16 ≪有田芳生の『酔醒漫録』≫
       そして、さらになんと、 『多幸兵衛』夫妻に上京を勧めたのは有田さんご本人とのことらしい。
       多幸兵衛に絡んで いろいろな人間模様が見えてくる。
       不思議な巡り合わせだね。              (2008・4・18食べlog部分追記)


ブログパーツ


東西味違い | 22:22:22 | Trackback(0) | Comments(6)
ゆき(そばめし・長田久保町) コーベはスジよね!お店探訪① 

本場の〔そばめし〕を食べる。
いよいよこの日がやってきました。


ちょこっとした商店街の入り口にあります。  ≪ゆき≫さん です。 JR新長田駅から海のほうに5分ほど。左手に入る商店街の入り口に そばめしの店 ≪ゆき≫ (お店の名前は「お好み焼き ゆき」です) はありました。
めにゅー 


 


 お店の中は昔懐かしい神戸のお好み焼き屋さん。 
 値段もこれが今どきの神戸価格なんかな。
ちょうど時間がよかったのか、お店にはすぐ入れて座れました。鉄板は段差が低いね。
鉄板の前に座ると すかさず水とコテと雑誌をだしてくれるあたり・・・・なんや懐かしすぎるタイミングで・・・・30年前の神戸にタイムスリップしたみたいです。


鉄板はテーブルとの段差がほとんど無い。
バリアフリーのようなつくりです。
これはコテの使い方上手ないと 食べにくい設計やなぁ。
さすが、本場や。。。。。。。 負けてられへんで。。。。


先にぼったこがでてきました。 まず出てきたんが ぼったこ。
15個のタコ&スジ入りたこ焼き(ややこしい~)が一気に出てきた。
大きい器に10個くらい入ってて、 汁をはってあります。 トッピングはネギ。
左の小さい器には残りのぼったこが入ってて、 右のを食べ終わったら 入れて食べるらしい。
「汁は足しますから 言うてね」 とおねぇさんが説明してくれます。


この ぼったこ が ねぇ。


めっちゃ旨い!


生地は明石焼きみたいな柔らかい系たこ焼き。 中のタコとスジが 得も言えずええ味出してます。 というか、 スジ、こんなスジ、 食べたことない!


こちらのスジは 臭みがない。
それだけやなくて、 なんか香ばしい旨さがあるんです。
処理の仕方が全然違うんやろうね。  このスジやったら ほんまに 何杯でもおかわりしそうで 自分が怖い。。。。


出汁は薄味です。 ちょうどたこ&スジのたこ焼きと 合わせると ええ塩梅になります。
薄味で 出汁臭さもないので 薄い味かというとそうではなくて… 説明難しいですね。
塩気は薄い。 出汁も いかにも 「出汁でっせ!」 という感じの、そうね、うどんの汁のようではない。 澄まし汁より少し塩味と出汁味を引いて、 それがたこ焼きの味を引き立てるんです。


これね~~~、 ヤバイ。
病み付きになりそう。
明石焼きには 絶対みつば! の私ですが
このぼったこには マァなんとネギが合うんでしょう!!!!


ということで 描写しきれないので次へ。 
物足りない人は 食べにいらして下さい。


 これが噂のそばめしです! はい。次に出てきたんが これぞお待ちかね、そばめしです!


もちろんスジLOVEの私です。 ぼったこに引き続きそばめしも スジでお願いしました。

ああああ。。。。。。
このそばめしの スジの旨さったら。。。。。


そばめしを神戸で食べることそのものがはじめての私ですが、
東京の居酒屋で初めて食べた そばめし。 あれは一体なんだったのか。。。。。

そばめし。 これは運ばれてきたままの写真です。
ここにお好みで 置いてあるソースをかけて食べてください、言われたんやけど、
最初は何もつけずに食べる人なんで そのまま食べてみたら それがもうやめられない。
下味がうっすら付いてるんですね。 その下味が旨い。絶妙。
そして、スジ。
さっきのぼったこでも経験したけど、 この鉄板で焼かれたスジは さっきより更に香ばしく。
手を加えてきちんと下処理したゼラチン質の旨さには 私、本当に崩れ落ちるほど弱いんです。


この香ばしさ。このコリッ クニュッとした歯ごたえととろける舌触りの混在した至福感。
ちなみに、こちらのスジには甘辛の味は付いてませんでした。 味はほとんどない。
スジを鉄板で焼いた時にもしかしたら塩コショウしたのかもしれないけれど、その程度の味です。
それでも 旨い。 ウマイのです!


時々 ソースを混ぜてみましたが、 やはり私はこのまま食べるのがいいです。
ヤキソバもチャーハンもカラッと焼きあがっていて全然油っこくない。いくら食べても 飽きない。
素材は特別なものじゃないだろうに、 ここまで美味しくなるのは 作る方の愛情、なのでしょうか。
想像を超えたウマさ。 そして、とっても懐かしいおいしさ。
シアワセでした。 本当に!


ごっそうさんでしたッ!


***


≪ゆき≫さんのご紹介は 神戸っ子、早坂さんのスゴイ綺麗素敵超旨そう写真のブログでご覧いただくのがよいでしょう。 まんま、です。 おばちゃんおっちゃんの掛け合い漫才、プラス娘さんのカラミがええテンポで店のBGMになってます。


おばちゃんも娘さんも しょっちゅうお水を入れてくれはるし。 気ィ遣ってくれはる。


奥のお客さん2組は 多分遠くからわざわざここに食べに来た人やったんやろうなぁ。
おっちゃんも そばめしのこと、色々聞く人に、全然嫌味なくよう相手してはりました。
観光客や私みたいに初めてぼったこ食べる人も多いんやろうなぁ。
食べ方の説明もすらすら、さらっと。
初めての人でもちっとも気後れすることないと思います。
ええ感じのお店です。 懐かしいぬくもりを感じるのお店です。


このゆきさんの手前にも そばめしで有名な≪青森≫さんがあります。
≪青森≫さんは火曜定休。 ちょうど≪青森≫さんの定休日に行ってしまったので
≪ゆき≫さんに伺うことになりましたが、 次回は是非≪青森≫さんにも行ってみたいと思っています。


神戸のボッカケ そばめし。


ほんま、一度たべてみなはれ。





◇ お好み焼き ゆき    神戸市長田区久保町4-2-5   11:30~21:00
                  ℡078-631-5117           水曜定休


◇ 早坂さんのブログ≪神戸っ子ゴハン≫
 【番外現地レポート】神戸B級グルメ地帯を行く!「世界一」のそばめし&ぼったこ ~神戸・長田「お好み焼 ゆき」


◇ もうねぇ、勢いでスジ関係のカテゴリ作りましたから。
過去の私のスジぶりはこちらをご覧くださいね。     → 牛スジ


ブログパーツ

東西味違い | 05:11:11 | Trackback(0) | Comments(17)
≪ひょうたん北野坂店VS大学(餃子)≫ 〔神戸の餃子のタレは 味噌ダレか?〕お店探訪②

 先日の帰神 (神戸出身者は神戸に帰ることをこう言っているだろう…と思う…) では 今書いている六甲シリーズのほかにも あっちに行ったりこっちに行ったり あれ食べたりこれ食べたり と 
書きたいことは山のようにあって、 順次書いていきたいと思うのだけれど、いかんせん
記憶がどんどん消えていくのは何ともしがたく、 また、キャラ的に『メモる』なんて細かいことができないんで、 ここに書き込みしないうちに どんどん書くに書けなくなってしまうのではないかという恐怖に日々さいなまれつつ まぁ何とかなるかぁ、と 開き直りとしか思えない気構えで毎日PCに向かっている。


なんて いつも通り 長たらしい前置き。 なんのこっちゃ、というと、
ちょっとここで ≪六甲≫ 中断して ≪餃子≫のこと 書いとこかな、ゆうことです。


前にちょこっと書きましたが、娘が 『正しい神戸観光したい』 ゆうのに応えて北野町に向かったとき、 北野で≪ひょうたん≫北野坂店さんに入り、 その後元町でぎょうざ≪大学≫さんに入りました。


今、マイブーム!  神戸で食べる 餃子の味噌ダレ!!
偶然やけど、2件を制覇するという記念すべき日となったんです。

でもねぇ。 もうだいぶ忘れてきてる。 危ない危ない。


***



最初に行ったんは ≪ひょうたん≫北野坂店さん。
こないだ書いたとおり、 お腹空かせて機嫌悪なった娘を連れ、路頭に迷ってた私を救ってくれたお店です。ひょうたん北野坂店


 ≪ひょうたん北野坂店≫ 神戸市中央区長狭通1-20-12ひょうたん店内
                 ℡ 078・322・0190


 このお店は最近出来たらしい。
他に元町と三ノ宮に店舗があるとのこと。
後から知ったのだけど、この北野坂店には水餃子があるが他の店舗にはないらしい…
北野坂店では 水餃子を食べた方がよかったのかな。


とにかく 名前だけしか知らずに この店に入ったのはお昼の12時前。
お昼だったからか お店に人はいない。 でも、外からはスリガラスで店内は見えなかったけどね。


キレイな店内。 これなら女性も気軽に入れるね。
私も店内に入って思わずホッとした。 結構餃子専門店に入るのって気合いるもんや。
しかもこれが 神戸味噌ダレ餃子の店に入ったの 初体験!
(前回≪赤萬≫さんは お店の雰囲気にあまりに気後れして『お持ち帰り』 してしまったから…)


 ひょうたん味噌ダレ調合指導書  ひょうたん味噌ダレ  ひょうたん3人前21個   実食
≪ひょうたん≫さんの美味しいタレの作り方。
案内には 『味噌だれ適量をお好みで酢、醤油、ラー油を加えて』 と書いてある。

味噌ダレは濃い色。 味は、甘い。 味醂かなんか入ってる感じ。
思ったよりニンニクの味はしない。 
卓上にはそれ以外におろしニンニクとスライスニンニク入り醤油が置いてある。


餃子。 皮が厚め。 これはそのまま水餃子にするのだろうか?
焦げ目はキレイについている、というより、ちょっと不思議な焼け方をしている。
ウチで焼くのとはちょっと違う。 何だろう、この焼け方。
焼くとこ なんも見てませんでした。 すいません。

餃子の餡は 普通。 普通、としか表現できない。
しいて言えば 東京で食べるよりアッサリした味。 キャベツなどの具の素材感が残っているというか、細かすぎて何が入ってるかわからないという事はない。
ニンニクも最初少し感じるけど、それほど強くない。


最初は味噌ダレのみで実食。
甘めの味噌。 まぁ、これはこれでいいかなぁ。赤味噌ベースに味醂少々その他、という感じの味。
酢、醤油を入れたりしたけど、 味噌ダレだけつけたほうが 味にインパクトがあっていい。
というか、餃子の味があまり個性的ではないから、味噌つけるとちょうどビールに合う味になる、という印象。


ふうん。 これがひょうたんさんの餃子かぁ。
ちなみに、店内きれいやし、おにぃさんの愛想もええし、ちょこっと寄って神戸の味噌ダレ餃子体験するゆうんやったらオススメできるお店やね。


***



大学   ぎょうざ≪大学≫    神戸市中央区元町通2-3-5
                                              ℡ 078・332・2233


 ここ行くのに 迷子になりそうやった。
南京町と元町商店街(アーケード)の間の道。 大体のめぼしはつけてたけど、土地勘がなかったらたどり着きにくいお店やろうね。 今度行くときはアーケードの何処のお店から入る道か、見てこなくちゃね。
[注] 元町商店街のYAMAHA(楽器)の向かいの路地を入ったところ、です。
   おがちゃんさんに書き込みいただきました。ありがとうございました。


 ちょうど昼の営業が終わる2時直前に並んだようで、 私らの後のお客さんは『ここ(私ら)で昼は終わりです』と言われていた。
店内混雑してる。 入り口すぐのところでおねぇさんが餡を皮に包んでる。その横をすり抜けてお客さんが出入りする。
おねぇさん、さすが手際いい。 あっという間に餡を包んでいくけど、さすが個数をこなすだけあっって見事な省エネやね。 あれでええんやねぇ、と感嘆するほど簡単な包み方で…
 


待ってる間に壁に貼ってる色々な書き込み見てたら、お持ち帰りは餡と皮別々にします、と書いてあった。 こんなんは初めて見た。 お持ち帰り注文してる人おったけど、たくさんもって帰ってはったよ。


  大学タレレシピ  大学味噌ダレ  大学ラー油  大学餃子実食


たれのつくりかたは 味噌小さじ2 ラー油こさじ1 酢と醤油少々



 さて。ここはとにかくまずラー油がいい。
写真でみてもわかるけど、 大きい唐辛子の荒挽きがワイルド。
辛いものがそれほど好きなわけでもない私も、 このラー油を使いたくてウズウズしちゃう、そんな魅力的なラー油ですわよ。
味噌ダレ。初めて遭遇する、白いお味噌。
味噌ダレだけ味見。思ったより、というか、見た目と違って甘くない。
甘さから言えば≪ひょうたん≫さんの味噌ダレのほうが甘い。
なにか色々入ってるんだろうけど、どれが、と突出した味がないので、全体的にマイルド。見た目は味噌のペーストみたいな感じだけど、味噌っぽいわけではない。かといってごま油やにんにくがどっさり入っているという風ではなく、甘くもない。
この得体の知れなさが≪ひょうたん≫さんの味噌ダレと同じで 意外。餃子につけて初めて効果を発揮するようになっているんかしら。
≪大学≫の味噌ダレは白味噌っぽい感じと、甘味がない点でどっちかというと≪赤萬≫さんに近いのかなぁと思いながら 酢と、醤油少々で溶く。(とはいうものの、≪赤萬≫の味噌ダレもお持ち帰り用しか知らない。次回は是非現物を見たいと思います)
そして、ラー油。 美味しそうなタレが出来上がり。



 実食。 餃子は思ったよりニンニクが強くないです。(ニンニク入りと入ってないのを選べるようだったので、ニンニク入りを選びましたが)
味噌ダレも ニンニクが強いわけではないので、 全体的にはやさしい味。 家庭的、というか。
餡自体の味付けはそれほど濃くない。
さっきの≪ひょうたん≫さんと餡の味付けは似ているような気がした。
若干、≪大学≫さんのはジューシーな感じかな。
餡の味というか、具の具合というか、 素朴な 手作り感がいいのかなぁ…
 

大学ラーメン塩


≪大学≫さんはラーメンもあるので、餃子だけだと物足りない、という人にはいいねぇ。
餃子だけたべるっちゅうのは ビール片手になら解るけど ご飯もたべたい(アルコールを飲まない)人と一緒の時にはラーメンあると、ありがたい。
 
というか、ここのラーメン、じつは結構気に入りました。
麺が好みです。 麺自体に味がある。
そして、叉焼がちゃんと焼豚になってる。(煮豚じゃなくて)
モヤシ、関西の細い、きれいなモヤシ。 これだけでかなり嬉しさアップ。
スープ、在りし日の太平閣の湯麺を思わせる味。好きです。


≪大学≫さん行くなら ラーメン餃子 食べたい時、かな。
それにしても、並んで待ってまで、というのはちょっと…
どこに行っても並ばなアカンのは、苦手なもんで…


***


結論として、私は≪赤萬≫さんのお持ち帰りが今のところ 一番お気に入りかな~。
ニンニクと味噌との出会いが、すごく新鮮で 美味しかった。
ちなみに、娘も≪赤萬≫さんが一押しだそうです。
ニンニク好きな親子、ということで。 チャンチャン。


あ。ちなみに、題名のVSっていうのは あまり意味なかったですね…
どっちかというと ≪赤萬≫ VS ≪ひょうたん≫≪大学≫ って感じかな。
これからまだ色々な味噌ダレがあると思うんで、楽しみですね~~!


 


【ぎょうさの ひょうたん】 
ニキニキ日記 「ぎょうさの店 ひょうたん」 ゆかりさんのブログ。
私がいつもちょこちょこっとしか写せない店内写真がバッチリ写っています! 
さらに同じくゆかりさん。 「ぎょうざ 大学」 もすてきな写真でリアル~~! 

ちなみに、ゆかりさん、ぎょうざの味噌ダレ初体験の店にしてオススメ!の「ぎょうざ苑」さん。
次なる味噌ダレ店のターゲットにリストアップでございます。 (2007.9.6追記)


 


ブログパーツ

東西味違い | 00:11:11 | Trackback(1) | Comments(3)
イカナゴのくぎ煮に関するアンケート (お誘い)

 前回の【神戸の餃子のタレは味噌ダレか?】アンケートもひと段落し、私も目出度く神戸で餃子の味噌ダレデビューを果たしたので、ひとたび【神戸の餃子のタレは味噌ダレか?】アンケートは終結します。
 アンケートに答えてくださった皆様、アンケートの結果を気にしてこちらに足を運んでくださった皆様、なんのこっちゃわかりませんといいながらもこのブログに目を通してくださっている皆様。そしてもちろん、私に神戸の餃子の味噌ダレについて、ブログやコメントを通して多くの情報を下さった皆様!
本当にありがとうございました!


【餃子の味噌ダレ】については、ミイラ取りがミイラになってしまい、すっかり味噌ダレにハマっております私。これからも味噌ダレのレポートは続くことと思われ…
まぁ、気ぃ長ぁ~に、お付き合いの程、どうかよろしくお願いします。


 まぁ、せっかく発見したアンケート機能ですので、このままで終わりにするのもチィともったいない。それで、も一つアンケートを掛けてみることにしました。
これもダラダラ、やる気まったくないような振りをしながら、ナニゲに結果は見たいなぁ!という感じで楽しんでやりたいと思いますので、よかったらお付き合いくださいませ。


次のお題は 「今年、イカナゴのくぎ煮はもうたべましたか?」  です。


 今年、生まれて初めてのイカナゴのくぎ煮に挑戦を宣言した私に、 なんとイカナゴの不漁という天災がふりかかりました。
もちろん、マジメに毎年イカナゴのくぎ煮を炊き続けてこられた方達にすれば、イカナゴの不漁、さらには高騰は、私のようなちゃらんぽらん思いつきエントリー者とは比較にならないほど、切実に頭の痛い、身体にも厳しかったのではないかと想像します。


 そんなこんなな今年のイカナゴのくぎ煮。
今年もいつも通り食べたわ、という方。今年はちょっと遠慮しました、という方。今年こそと思ってかき集めて食べました、と言う方、え、何それ?という方。


色々いらっしゃるとは思いますが、まぁ、よかったらアンケートにポチりとお願いいたします。


今回のアンケートは、投票せずとも結果が見られるようにいたしました。
締め切りは、何となく梅雨頃かなぁと思っています。


それでは!  



(ちなみに、アンケート作ってしまってから気付いたのですが
「イカナゴのくぎ煮を食べたことがない」というような選択肢もあったほうがよかったかな、と。
まぁ、かなり神戸人限定アンケートかな、と思いつつ、選択肢訂正してません。
「イカナゴのくぎ煮を食べたことがない」という方は今回は観客、あおりで参加の程、どうかよろしくお願いいたします)



ブログパーツ

東西味違い | 22:01:37 | Trackback(0) | Comments(2)
ひつこいようですが、餃子の味噌ダレです。

 ひつこい(しつこい)と思われてるやろなぁ… そういいながらまたまた餃子の味噌ダレねたです。
ついこの間まで 「餃子の味噌ダレ? なんじゃそりゃ!(怒」 みたいな感じやったのに、この変わりよう。 新もん好きは神戸っ子の習いですがな。 まぁ付き合ったってください。


 というか、またつくったんですよ、餃子。
うちは、餃子好きなんですね。家族そろって。 ハンバーグはめんどくさくて年に1回位しか作らんのに、餃子はしょっちゅう作ってる。 餃子やったら面倒やと思わんし。買っても来るし。


 そういうわけで、前回作ったときにちょっと心残りやったニラの配分をちゃんとして味噌ダレで食べてみよ! 思て、作ってみたわけです。 なんといってもあの「満腹」ちゃうわ、「赤萬」さんの餃子と味噌ダレのベストマッチング、ニラ・ニンニク系の癖と味噌・酢・唐辛子の絶妙な旨味のハーモニーは、やっぱりどうしても再現したかったんですよ。


前ふり、相変わらず長いですが、ここから本編。


 前回、ニラがいつもより少なかったんで、今回はいつもの量で。
このぎょうざ、もしかしたら誰か店で出したらウケルかもと思うんで、大盤振る舞いでレシピもちゃんと考えながら書いてみますよ。 食に貪欲なあなた、チャレンジしてみィへん?


〔材料〕   豚肉 400g  ニラ2束   塩  胡椒   餃子の皮


前回、自然食品系の餃子の皮やったんで、ちょっとバリバリ割れてしもたけど、今回は市販の皮やから、柔らかい。包みやすいです。


前回の肉ニラ混ぜたところと今回の。 これくらいみどりにならなアカンネン。


混ぜた。ニラ、少ない…豚肉400gにニラ2束    皮柔らかバージョンニラ完璧版ぎょうざと味噌ダレ




なんでこんなにひつこうに書くんや? というとその答えはただ一つ!

ホンマにオイシイねん。味噌ダレとニラ(orニンニク)の組み合わせがっ!


 


 餃子に酢醤油も もちろん おいしいですよ。
私は、というと、 この数年は 酢醤油というより 酢(ちょっとだけ醤油)くらいの感じで、ほとんど酢で食べてました。

 醤油の味って、 好きな人は餃子を醤油だけで食べる人もおるけど、好きずきやから それはマァええと思うけど、 味としは結構主張が強いと思うんですよ、醤油は。 特に卓上醤油に使ってる濃口は。


 餃子はもともと餡に味付けしてるんで、それにプラスすることでより餡の味を広げるようなつけダレで食べたい、というのが私の食べ方の好みなんですね。


それでたどり着いた酢主体のつけダレやったんです。


 今回 神戸で新たな出会いを果たした餃子の味噌ダレ。
私の酢主体のつけダレにかなり近い発想で作られてるタレやと思うんです。
餃子の美味さをより引き出すタレ。
酢が肉と油の味を引き立てるのと同時に、 味噌がニラ(orニンニク)の味を引き立てる。
同時に何種類もの味が交じり合って美味しい方向に瞬間移動していく感じ。
さすが、神戸や。さすが、中華が生活に溶け込んだ町が作り出した味や。



酢が主体。 それに味噌で塩味を補いつつ、深みのある旨味を加える感じ。
ラー油は味噌を加えるとそれほど強く感じないので、結構入れても平気かも。
味はいろんなお店を回って自分の味噌ダレを作っていくほうがいいと思う。
自分の作る餃子の味にもよるし。


あくまでもニンニク、ニラ系の (これ、なんちゅうの?イオウ系の食べ物? ^^;) 餃子には抜群の相乗効果をもたらすという事ですよ。

他の餡の餃子にはまた違うんかもしれん。
私も次は赤萬さんのキャベツニンニクバージョンにちょっとチャレンジしてみようかと思ってます。



(ところで、どうも餃子と玉子焼きのネタはたくさん出てきそうなんで、カテゴリーにしてみよかなと思います。というか、このブログ、食べ物中心になってるみたいですけど、神戸は食がやっぱり豊やからこうなってしまうんかなぁ…いやいや、やっぱり本人のキャラの問題?)





ブログパーツ

東西味違い | 09:33:00 | Trackback(0) | Comments(0)
餃子の味噌ダレ作りにチャレンジ!

さぁて。

神戸で食べた赤萬さんの味噌ダレの味を忘れないうちに チャレンジしてみようという大胆企画。
ちょうど餃子の皮を購入してたので、早速餃子を作る。


うちの餃子はニラと豚肉、塩コショウだけのシンプルな味。


餃子の種ニラと豚肉と塩コショウ混ぜた。ニラ、少ない…包まれた餃子焼き上がり!


今回、いつも2束入れるニラが1束しかなかったので、ちょっとニクニクしてしまったけど。
赤萬さんの餃子はたっぷりにんにく味だったので、ニラたくさんのうちの餃子といいとこ勝負かなと思う。


味噌ダレ。
準備したのは 味噌(自家製。信州味噌系) 酢(米酢) そしてラー油(ペンギン食堂さんの)


自家製味噌味噌と酢を混ぜるペンギン食堂のラー油



味噌は自家製なので、漉さずにそのまま使ってみることにした。

酢と味噌の割合、最初は大匙で数えてたけど、そのうち面倒になって適当。

ラー油の成分は下記。いろいろ入ってるんで、ラー油といってもすごいマイルド。


見た目、なんとなく雰囲気は赤萬さんの味噌ダレに近い感じ。酢味噌の酢を多くして、ラー油入れた感じ。でも、なんか微妙に違う。というか、やっぱり違う。 実食


実食。


う。うまい! なかなか美味いです!
味噌を酢で溶くと、酢醤油のときよりもマイルドさがあります。
ニラにも味噌ダレ、合います。

でも、やっぱり味噌は漉したほうがいいなぁ。
味噌がどろどろな分、食べ応えが出てしまって、
おなかがすぐにいっぱいになってしまいます。

今回、ニラが少なかったのもちょっと痛かった。
もっとニラが多くて、味噌を漉してさらさらなタレを作ったら、
もう一歩 赤萬さんに近づいたんやないかな。


またチャレンジしてみよう。 そして、ほかのお店の味噌ダレも研究してみよう!



【追記】  この味噌ダレは 使えます!      2007.4.8
 赤萬さんの味噌ダレをなめてなめてなめ倒している時、「これって、ドレッシングにしたら最高やん!」と思いました。そこで、ウチで作った味噌ダレを他の料理に使ってみると…
これが、いけます!美味い。 ちなみに、炒り卵にこの味噌ダレをかけてみたら、お箸がとまらない…スゴイ合う。卵と酢って、合うんだなぁ…あたらめてそう思いました!
味噌ダレドレッシング、最高! 




【ペンギン食堂の島ラー油】 →ペンギン食堂HP
 原料は 島唐辛子・唐辛子・春ウコン・秋ウコン・ピパーチ・石垣の塩・黒糖・黒豆・白ゴマ・にんにく・山椒・植物油。
 私はラー油はあまり好きではなく、普段外では使わない。このペンギン食堂の島ラー油は辛さがマイルドで、しかも香りがいい。だから このラー油だけは好きで買い続けている。 餃子だけじゃなくてラーメンに垂らしたり麻婆豆腐に使ったりと万能調味料。でも、なかなか手に入らない。
 実は密かに仕入れられているお店を発見してそこで買っていたのだけど、このところのブームでそこでもぜんぜん目にすることがなくなった。(神戸のわしたショップにも置いてあるようだけど、多分予約で一杯になってしまうんでは?銀座のわしたショップでは棚はあるけど現物見た事ない…)
今のところしばらくはストックでしのげるけど、そろそろ底を尽きてきた。
だから、一滴一滴が貴重品。 今回のは底にたまったスパイスのオリを酢で溶かして味噌ダレに投入。最後の一粒まで食べつくさせていただきました。ごちそうさまでした!



ブログパーツ

東西味違い | 21:27:25 | Trackback(0) | Comments(0)
≪赤萬(餃子)≫ 〔神戸の餃子のタレは 味噌ダレか?〕お店探訪①

 行ってきましたよ~!  味噌ダレで食べる餃子のお店。 赤萬さん。
味噌ダレで食べる餃子のお店を検索すると 必ず出て来るのがこの赤萬さんとひょうたんさん。
「神戸で餃子は味噌ダレが当たり前って~~~!何それ~~~!!(怒」 と息巻いていた私も
赤萬さんとひょうたんさんの場所を調べたら…


知ってるやん。 この店。
今回はお持ち帰りのみ


 元町駅降りて大丸向かって交差点渡ったとこに ごちゃごちゃ~っと小さいお店がようさんあるんやけど
あそこに昔っから (少なくとも私が物心ついた時には既に) ありました。
赤いノレンに赤いビニール屋根、狭い店内はカウンター。
見るからに 「ビール。煙草。餃子。以上!」 みたいなオッサン様達御用達の店構え。
 こんな店、高校時代は全然縁ないですやんね。ふつ~の女子こ~こ~生には。
存在感メチャメチャあるんですけど、私の視界から強制撤去されてました。
でも、記憶の中にはちゃんと存在してたんですよ。 場所、一発でわかりましたから。


 あまたあるブログの中の一部、見させていただきましたが (御本家のHPはないんでしょうな。見当たりません) ピンとこないのはその味噌ダレの味。
白味噌、と書かれてるブログは多いけど、味の詳細は全然わからん。赤萬の味噌ダレ持ち帰り用
当然白味噌だけやないやろう。 多くのリピータを垂涎させる味噌ダレってどんな味なんや? すごい気になる。

 
たまたま通りかかったんは 夕方6時ちょっと前くらい。 まだカウンターにお客さんが2人位、テーブルにも1人位で、 入ろうと思えば並ばず入れた。 でも、なんかお客さん少なすぎてちょっと敬遠。
結局その後7時ごろに通りかかったらもう満席。
お持ち帰りがあるんで、それにしました。 味噌ダレもつけてくれる、言うし。


 家に帰って焼いた。 どうかな?この焼具合は!

味噌ダレはビニール袋に入ってる。これをそのまま皿に移してあります。
他のブログみると、味噌ダレはもう少し濃いようです。それを醤油や酢など自分で調合するらしい。タレはお持ち帰りようにつけてくれたのをそのまま。
お持ち帰りの味噌ダレは、お店の人一押しの調合やろうから、それを尊重。
お味は…


 まず酢。 そしてラー油。 味噌は醤油代わりになってるというか、醤油は入ってない感じです。
 味噌、書かれてるような白味噌の甘みは 全然感じない。
 酸っぱさが際立っているけれど、市販の白味噌の甘みは砂糖系の甘みだから、入ってればわかると思うんやけどなぁ。醤油も感じない。 でも、酸っぱさに旨味をかんじるので、もしかすると黒酢とか入ってるんかなぁ。
 ラー油はもともとニンニクが入ってるんが多いと思うんやけどここの味噌ダレにニンニクは感じない。 これは意外やった。 もっとニンニクが入ってるんやと思ってたから。


 味噌ダレにニンニクが入ってへんのはなぜか。


餃子を焼いて食べたらわかった。


ここの餃子はめっちゃニンニク味です。 (爆
この餃子にこの味噌ダレ、めっちゃ合います。 そしてまた、この餃子にこのタレは、ビールに合う!


スゴイよ !!!  この組み合わせは!!! 


 餃子の餡(中身ね)は、恐らくキャベツとニンニクのみじん切りがメイン。 はっきり言って肉が入ってるとか、そういうことを気にするようなレベルの話ではないっ!
 ニンニク満載でありながら野菜(キャベツ)によってかなり味はマイルドになっている気がする。
ニンニクだけどマイルドな餡と、ちょっと小ぶりな外見。
持ち帰りを家で焼くこれをこの味噌ダレにドッポリ漬けて、ぷっくりした腹をお箸で割って中の餡にも味噌ダレをグジュグジュっとしみ込ませて、おもむろに (汁が垂れないようにちょっと手を添えたりなどして) 口に運ぶ。 辛酸っぱいタレがニンニクと混じり、 口の中から ビールを呼ぶ声が聞こえる聞こえる! そこですかさずキンキンに冷えた ビ~~~~ル!!


極楽~~~~!!!!・・・・


惜しむらくはね。お店で出されている味噌ダレの味をまだ知らないという事なんですよ。 白味噌って書かれてるのがスゴイ気になる。
今回、餃子の傾向はわかったんで、次回はしっかりビール飲みに行ってきたいと思います。


あとね。 このタレやったらウチでつくってみたいなぁと。
そろそろ家餃子の時期なんで その時に味噌ダレにチャレンジしてみようと思いました。
ウチの餃子にはニンニクは入れませんけどね。(笑

【赤萬】  神戸市中央区元町通り1-11-10  
       営業時間 月~金 14時~  土・日 13時~ 水曜日がお休み
       1人前250円  2人前から。 持ち帰りは箱代が必要。



ブログパーツ

東西味違い | 23:52:56 | Trackback(0) | Comments(7)
神戸の餃子のたれは味噌ダレか?

神戸の餃子のタレは 味噌ダレですよね~~!


という書き込みに出くわし、 なんじゃこりゃ~~! 神戸の餃子はいつの間に味噌ダレで有名になったんや~~~!という 浦島太郎パニックに陥った私。


 そこで2006年11月より、ブログで投票をお願いしてみました。そろそろ投票数も固定してきたみたいなので、一度ここで結果を御報告。
(ご協力いただいた皆様。本当にありがとうございました。アンケートはもうしばらく置いておきますので、まだの方はよかったら投票なさってみてください)


***



神戸の餃子は味噌ダレ』ゆう話を聞いたんやけど、私は食べたことがないんでビックリしてます。あなたは神戸で餃子を味噌ダレで食べたことがありますか?よかったら立ち寄りついでにアンケートに答えていってもらえると嬉しいです。よろしくお願いしま~す
(実施期間2006.11.19~2007.3.31 全投票数38票 コメントは全て原文のママ)


神戸で餃子 味噌ダレで食べたことある?

◆ 神戸在住。神戸で味噌ダレ経験あり。 17票
(44.7%)
 【コメント】 でも個人的には酢重油が好き^^ /味噌が普通でした /こんいちは、もちろん味噌だれで食べています。 /味噌だれは多分神戸の味噌だれは赤萬が最初だと思われます。 /店ではみそだれ、家では酢醤油&ラー油 /もっといろんな味噌ダレにトライしたいで~~す /最近増えて来たので、助かります。 /長田区は、特に味噌ダレかな
◆ 元神戸在住。神戸で味噌ダレ経験あり。 5票 (13.2%)
 【コメント】 JR神戸駅北で食べました。マズかったです /南京町の真ん中変の店は~味噌ダレだったと

◆ 神戸非在住。神戸で味噌ダレ経験あり。 0票
 
(コメントはありません)
◆ 神戸在住。神戸で味噌ダレ経験なし。  4票 (10.5%)
 【コメント】 味噌ダレて何ですか!?神戸住まいdagaかりません
◆ 元神戸在住。神戸で味噌ダレ経験なし。 8票 (21.1%)
 【コメント】 みそだれなんて聞いたことありません
◆ 神戸非在住。神戸で味噌ダレ経験なし。 4票 (10.5%)
 【コメント】  味噌味言うたら名古屋ちゃうん?みたいなりっさん /味噌ダレちゅうのも「アリ」かもしれんねえ



***







***






***









東西味違い | 23:09:30 | Trackback(0) | Comments(2)
恵方巻き ゆうのは のりまき のことやね。

きょうは節分。
恵方巻き 食べなアカン、ゆうやん。


うそやろ。


そんなん、関西おる時、いっぺんも聞いたこと無い。
絶対あんなん、バレンタインデーみたいなもんで どこかの誰かの企てや。


そやけど、流行りもんに弱いんです。 特に食べ物は…



今年は去年ほど大騒ぎな感じや無いんですけど、それでも今日はさすがに 太巻きが山盛りになってた。
3本1000円やて。 安いなぁ。 去年はもっと高かった気がする。

3年前、流行に乗せられて初めて食べた恵方巻きは、なんか まずかった。
味が濃い、ゆうか。 海苔がまずい、ゆうか。 寿司メシが酸っぱい、ゆうか。

今年は美味しかった。関西っぽい味やった。
寿司メシ、ほんのり甘め。 酢があまり効いてない。 なんか懐かしいあじ。
具も、無難。 厚焼き玉子、胡瓜、桜デンブ、しいたけの煮たのん、カニカマ。



太巻き。 実家では のりまき 言います。
秋の大運動会の時に 親がお重箱に入れてくるんが この のりまき。


嫌いやったなぁ。 (爆


なんか、おかずとご飯が一緒になってて、損した気分やった。
もっと派手な から揚げとか たこウインナー とか、
そういうのが食べたかった。


のりまき、 母が好きやったんです。
子どもらが嫌いやから、 家で ご飯の時に 作られへん。
運動会の時やったら 文句言わんと (言えんと) 食べるやろう、 周りに みんなおってやから 静かに食べるやろう、と。
しかも 母が腕によりをかけて作った、 自慢の のりまき。
母は播州の田舎の出身やったんで、 秋の運動会ゆうたら、祭りもいっしょ。祭りは のりまき! ゆうのが決まりやったらしいんで、 めっちゃ張り切って 力入れて 作る。
パッとフタ取ったとき まわりの皆さんが 「 おおおおおっ~~~~! 」 とどよめくのも 計算に入っとったんやないかと。


そう 子ども心に 思ってたんですけどね。



最近、母の作ってくれた のりまきが また食べたいなぁと思ってます。
というか、 大人になって ようやく私も のりまきの美味しさと有難みが わかるようになってきたんやね。
外でのり巻き 買ってきても なかなか美味しいのに当らんし。
のりまき作るんには 野菜や乾物を別々に煮て味付けて、 結構準備が大変や という事に 
ようやく気付いてきたわけですよ。


のりまき。 恵方巻きが流行ったお陰で この時期 選び放題です。
今年のは 結構美味しかった。 そやけど、 母の のりまきの こだわりは 三つ葉やったんかなぁ。 三つ葉の入ったのりまきには まだ(多分) 一度しか出会ってない。

自分でも そろそろ一度くらい 作ってみよかな、 思ってます。



≪母の のりまき≫ の 具

  高野豆腐   厚焼き玉子   穴子   三つ葉 
  しいたけの煮たの   ニンジンの煮たの   かんぴょう



 


ブログパーツ

東西味違い | 20:30:23 | Trackback(0) | Comments(14)
イカナゴのくぎ煮

 東大寺二月堂のお水取りが終わり、 空の色が次第に春らしく明るくなって来る頃。
神戸の西 須磨~垂水、明石の市場に イカナゴが水揚げされはじめる。
 魚屋さんの店先に、でっかいプラスチックのカゴいっぱいになった生のイカナゴが並んで、おかぁさんたちは5キロ、10キロと 何度も買い求めてはくぎ煮にする。ikanago.jpg


イカナゴのくぎ煮。

 私の故郷、塩屋の町は 海から塩屋谷川という小さな川沿いに山に向けて開けていった町で、 狭い町だけに この時期、 街中のおかぁさんたちがイカナゴのくぎ煮を煮始めると 甘っ辛い醤油の匂いでいっぱいになる。


 いまや東京でもちょっとした高級スーパーなどで、小さなパック詰めを高い値段で売っているのをみるようになったけど、 あれはうちらのソウルフードの一つなんですわ。



 ウチの母は料理にはこだわりのある人だったようで、 黒豆を丹精こめて煮るために コックさんが使うようなアルミの寸胴鍋を買ったりする人やったんやけど、 そのアルミの寸胴鍋は 実はイカナゴのくぎ煮にも使われていた。


 母が亡くなってから、私達娘が母のレシピを捜すことは なかった。 母の友達であるSさんが 毎年イカナゴをくれはるんで(他にも父の知り合い何軒かからも回ってきて) イカナゴを一度も煮ることなく 20年以上がたった。


 ところが。 このブログをはじめて、いろいろなところにお邪魔しているうちに、 これは!とおもえるレシピに出会った。 

ほいほいさんの神戸・芦屋・西宮☆ぷらぷら日記
 ≪母直伝☆いかなごのくぎ煮レシピ≫


これ、ほんまおいしそう。お上手ですわ。
しかも それでいてレシピもわかりやすいし。 ほんまに 生まれて初めて「イカナゴのくぎ煮、やってみよ!」 と思ったんです。

 黒豆ン時もそうやったけど、おいしいやろうけど、なかなか自分でやってみよう思うようなレシピってないんよね。 美味しそうな出来上がりのほど、つくり方面倒そう。 おいしいやろうケド、ちょっとね…
イカナゴも黒豆も、おばちゃん くれはるし … 思ってたんで…



≪イカナゴ漁≫は 例年2月下旬から3月中旬にかけて行われるようです。






【いかなごといかなごのくぎ煮について】 兵庫観光壁紙写真集 のサイトに詳しく載っています。
いかなご漁と明石海峡大橋 写真


【追記 2007.2.21】  今年のイカナゴ戦線始まる!
 ふくださんの≪塩屋徒然≫ イカナゴ戦線2007 によると、 今年は漁も少なめのようだということ(神戸新聞ニュース)。まだ解禁になっていないのですが、イカナゴのくぎ煮に使う調味料類は着々と売られ始めているようです。
いよいよ今年も 始まりますね~!

【追記 2007.2.25】 今年のイカナゴ解禁は28日!
 上記ふくださんの≪塩屋徒然≫ とうとうイカナゴ解禁が28日になったという報道をアップ。
いつも最新情報、ありがとうございます!  神戸の皆さん。 始まりますね! 神戸新聞ニュースはこちら


【追記 2007.2.28】 ついにイカナゴ解禁!
 引き続き、ふくださんの≪塩屋徒然≫ イカナゴ解禁の朝の魚屋さんの様子をアップしてくださっています。 このお店こそ、私がいつも実家に帰ったときに立ち寄る魚屋さん。
こちらの魚屋さんとはまた別ですが、どうも同じ塩屋の魚友さんという魚屋さんのHPには、魚友さんがイカナゴのくぎ煮をはじめたというエピソードが載っています!こちら
それが本当とすると、私の出身地、塩屋は、なんとイカナゴのくぎ煮の発祥の地!という事なんか?ほんま?すごいことや、これは!

なお、魚友さんのHPには、今日のイカナゴのシンコが写真でアップされています!

【追記 2007.3.8】 イカナゴを買う行列…
 またまた引き続きふくださんの≪塩屋徒然≫イカナゴ戦線2007・行列。 イカナゴを求めて朝から魚屋さんの店先に並ぶ人々の列。 明石焼きは並んで食べようとは思わんけど、イカナゴは並んででも絶対手に入れなアカン。なんでかというと、今年作ったものを親類縁者に送らなアカンから。
 イカナゴを作って皆さんにおすそ分け、遠くで楽しみにして待っている人達に送るのが神戸の西部の春の行事。 

 今年は漁も予想通り少ないようです。 魚形は今、ちょうどいいくらいになってきている感じ。(魚友さんHP:3月7日のページ
神戸帰ってイカナゴ煮たい~~~!


【追記 2007.3.13】 今年は本格的な不漁…
 いつもイカナゴ情報をいただいているふくださんの≪塩屋徒然≫ですが、やはり今年は本格的に不漁だという記事。 イカナゴ戦線2007・くぎ煮のたれ
私が生まれて初めてイカナゴのくぎ煮にチャレンジ!という記念すべき年になるはずだったのに…地元の方ですら手に入りにくい状況だそうです。
≪イカナゴおらん!水揚げ昨年の3分の1≫ (神戸新聞ニュース2007・3・11)


 現在、イカナゴの情報だけを追記でアップしている状態なのですが、こちらのイカナゴへのアクセスが大変増えています。やはりシーズンなのでしょうね。
みなさん、今年のイカナゴは貴重品になりそうですよ。そんな厳しい状況を乗り越え、コーベからイカナゴを送ってくださるとは、なんとありがたいことでしょう。感謝いたしましょう。
イカナゴのくぎ煮は≪母の味≫、母の愛、親の愛、大事に思って下さる人々の愛、なのですね…


【追記 2007.3.28】 初めてのくぎ煮 (おがちゃんさんのblog)
 イカナゴ漁解禁からちょうど1ヶ月。今年はイカナゴの量が少ないとか、値段が高いとか色々不安要素が沢山でしたが、神戸の方達がそれでも一生懸命作って全国に送ってくださったので、東京在住の友人達からも 「イカナゴ、届いたよ」 の知らせが来ました。
 それでもやっぱりそろそろ終盤。もう今年はイカナゴ、終わるんかなぁ…とちょっと寂しい思いのところに届いた、『初めてのくぎ煮』の便り。スッゴイ美味しそうな出来上がりに、思わずよだれが… おがちゃんさんの≪おがちゃん便り≫ 『意外と簡単!?』
 生姜をレシピよりも大目に使われたそうですが、美味しく出来たとの事。私も来年こそ、生姜少し多めで美味しいお手製くぎ煮を作りたい!と思いました。


 


ブログパーツ


 



東西味違い | 18:07:05 | Trackback(2) | Comments(6)
かぶらの漬けもん と 千枚漬け

 コーベの漬けもん、ゆうたら、何となく奈良漬、ゆうイメージがあるんですけど、
私、奈良漬嫌いやったんで、神戸でも東京でも奈良漬は食べません。(神戸の奈良漬のことを甲南漬って言うのかな?ただ奈良漬ってよんでたけど、ようわかりません)

 ウチの母が大好きやったんは、垂水のダイエーの横に 朝市のテントみたいな出店してた漬物屋さんの蕪のぬか漬け。 かぶのこと、ウチはかぶら、言う。 ナスはなすび。

 垂水に買いもん行ったときはその漬物屋さんに必ず寄ってた。
普段は祭りの時の屋台でたこ焼き買うんもあまりええ顔せん母やのに、 子ども心に 「こんなお店で買って大丈夫なんやろか」 と思ってたけど、そこのお店はええらしかった。 確かにかぶらのぬか漬け、美味しかったし、そこで買った白菜のぬか漬けも美味しかったんで、 私は漬けもんゆうたらこういう味なんや、と思ってました。


 大人になって、漬けもん食べるようになって、ぬか漬けの美味しいのんに当ることは、滅多にないんや、という事がわかってきた。
というか、売ってる漬けもんそのものが、ほんまに美味しい思えるもんが なかなかない。
大体が 化学調味料のあじがすごい。 あれ、野菜の旨味が 消されてしまう。

 あの垂水の漬けもん屋の漬けもんは、かぶらやったらかぶらの味、白菜やったら白菜の味がしっかり味わえてたなぁと思う。 ぬかや塩や、昆布の味が合わさって、野菜の味を引き出してさらに美味しく感じるように出来てたんや、と。


 かぶらの漬けもん。 自分の家では 新鮮なかぶらを薄くスライスして 軽く塩もみしただけで食べるんが好きです。 かぶらって、甘いんよね。 かぶらの甘み、塩でより際立って、ほんまに美味しい。 そのままでも美味しいけど、オカカ かけて お醤油たらっとたらすと、もう、ご飯何杯でも食べてしまいます。



≪千枚漬け≫ ってあるでしょ。 聖護院蕪の漬けもん。 
あれ、甘酸っぱい味で、かぶらの味もなんもわからんので、嫌いやったんです。

 その≪千枚漬け≫。
京都の【東山八百伊】さんゆう漬物屋さんに出会ってから 好きになりました。
【東山八百伊】さんとの出会いも、懐かしい思い出があるけど、それはまた改めて。

 ここの 丸のままのすぐきと 生しば漬け、一本ものの壬生菜漬けは、化学調味料が入ってへん。 塩だけで漬けてあって美味しいんです。
 何年か前、それまで敬遠してた≪千枚漬け≫を 初めて試食したら、 かぶらの味がして、めっちゃ美味しかった。
かぶらに昆布の味がふくらみを持たせて、ふうわり口ん中でかぶらの甘みと香りが広がる。
≪千枚漬け≫って、もともとこういう味やったんちゃうの?と感動でした。


 昨日、たまたま 【東山八百伊】 さんが日本橋高島屋に催事出店してる、ゆうんで行ってきました。
 ちょうど、先だって ほいほいさんのブログで 【村上重本店】 さんが日本橋高島屋に しなもんを置いてはる と聞いて、 ついでやから 両方買って食べ比べしよ、思って。




 千枚漬け。 写真手前、東山さん。奥が村上重さん。村上重さんのは、蕪とお塩だけ。千枚漬けがたっぷりの昆布でぐるぐる巻きにされてて。 さらに ビニール袋に入れられ、輪ゴムでしっかりグルグル止めにされてる。 なんかものすごい質実剛健な感じ。(笑
20070110102712.jpg
 ちょっと昆布多すぎ?ゆうくらい、マッタリした旨味がかぶらにしみこんでる。かぶらの味が引き出されてもいるけれど、昆布も味も、すごい。 私はちょっと昆布の漬け込みすぎかなぁ、昆布味がきついかなぁ、と思いましたが、家族には好評。

 残念ながら、東山さんのは今回、お砂糖がちょっとだけ入ってました。2年ほど前に買ったときは入ってなかったと思うんやけど、今回のはちょっと甘い。 とは言うものの、かぶらの甘みを引き出すだけの、隠し味みたいな使われ方なんですけど。 絶妙な美味さはそれなり。 でも、村上重さんのと比べてしまうと、甘みの中に歴然と砂糖の甘みを感じてます。
砂糖が少し入ってるといっても、 他の千枚漬けとは全然ちがう。 私はそれでも好きでしたよ。

 東山さんのは かぶらのシャキッとした歯ごたえがたまらない。 アッサリした感じで、パクパク食べられます。
(東山さんの、今回は普通のビニールパックでしたけど、最初に食べたんは紙の包装紙に入ってました。 おんなじものなんかなぁ? つくり方変えはったんかなぁ?)20070110102746.jpg


 ついでに すぐきの食べ比べ。
写真手前、東山さん。奥が村上重さん。
こっちも同じような感想です。東山さんはアッサリ。ちょっと酸味が強めで、このままで食べるより チョロッと醤油かけると 旨味の相乗作用で抜群に美味しい。 ご飯が何杯も進んでしまう。 (私はすぐきは 最初に何もかけず、次に醤油かけて、最後にオカカかけて 3回は楽しめます)

 村上重さんのすぐき。 すぐき蕪の味の癖が、発酵とともにさらに味わい深く、 深みのある味になってます。 村上重さんのはこのままのほうが美味しい。
ちなみに、葉っぱのほうは、村上重さんのはちょっと癖が強いので、東山さんの方が食べやすかた。好きな人はきっと村上重さんの葉っぱがタマランやろうね。


 それぞれに美味しかった。どっちもそれぞれの美味しさでした。


 どちらのお店も、塩のみで漬け込んだお漬物を作り続けてはる、というところが とてもポイント高いです。こういうオツケモン、いつまでも作り続けて欲しいなぁ。


 かぶらはやっぱりかぶらの味が生かされた漬け方が好きやなぁ。
かぶらって、もともと美味しいんやから。



ブログパーツ

東西味違い | 11:11:11 | Trackback(0) | Comments(5)
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。