■お知らせ
■『築地あるき』

楽天ブックでどうぞ~~!!

■ブログ内検索

■ユーザータグ
■こんな感じで書いてます
■最近の記事はこんなです。
■神戸で生まれ育って18年。

Author:midori
今では東京暮らしの方が長ぅなってしまったけど、大好きな神戸にいまでもこだわりがあります。
山と海がないとね~
(本文中の写真はクリックすると少し大きくなります)




神戸の会社設立屋が送る神戸時計

■ブログ全記事表示
■RSSフィード
■コメントありがとうございます。
■とらばしてもらいました
■イカナゴのクギ煮アンケート!

イカナゴのクギ煮のアンケートにご協力ありがとうございました。 こちらの記事にまとめました。 イカナゴのクギ煮アンケート結果報告 これからも宜しくお願いします。

■いつもお世話になってます
■❤ New Entry

■ページランキング :2007.10~のエントリー

■過去記事2007年度

■FC2カウンター
■訪問中!

■リンクサイト

好きです神戸

■ネットショップ





スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
築地買い出し 6月第1週 イワシ!ノドグロ・キス・マナカツオ
最高級イワシ!

なんだろうねぇ。 このところ イワシが食べたくてしょうがないのよ。
先週も仲卸でイワシみたけど、 高い高い! びっくりした。
キロ2千円越えは イワシの値段じゃない。あれはもう「イワシ様」!
もちろん手を出しかねる。指をくわえて我慢がまん。

今週 もしかしたら少し下がってるかも?と思ったけど
やっぱり 高いね~!
やせてるのならキロ千円位であるのよ。それでも高い(高すぎだ!)と思うけど、
やっぱり美味しそうなのは 二千円越え。
ひょ~~~! もう 諦めるようか???

と思って 某妖しい魚屋「魚河岸野郎」さんに足を向ける。
あら。今日もどちらかの取材が入っている模様。
あら! なんだか 私の求めていたイワシ様がいるような気がするんですけど、
気のせいでしょうか?

今回の取材はなんと イワシ料理についてのものだった?(詳しくは聞いてないけど笑)らしく
トロ箱にたっぷり、デップリ、私クチアングリな
りっぱなりっぱなイワシ様を発見!

取材終了後、残ってるのは買っていいよということだったので
お言葉に甘え、買わせて頂きました!きゃ~~!うれしい!!!
「魚河岸野郎」さん、ありがとう!!! 


ということでウチについにやってきた 「イワシ様」 !
まぁなんといいましょうか、 一見 まるで「ニシン」位の大きさ。
一匹300g越えの 超スーパーハイパーイワシでございます!
脂ねっとりギットリ。味、濃い~~~~!!!
まずは刺身、そして塩で締めて酢ジメ(予定)、そして夢にまでみた梅干し煮!
お高いので丁寧に一匹ずつそれぞれ独自の味付けで頂きましたよ!
こんなに丁寧にありがたがられながら食べられたイワシ様は 今までいなかったことだよなぁ。。(詠嘆

ということで、ちょっとコーフンのイワシレポートでした。
早く安く食べられるようになるといいね~~


ノドグロ(by 魚河岸野郎様)の刺身は美味しかった!
脂がすごいからしゃぶしゃぶくらいがいいかと思ったけど、
脂の質がよくて サラッと香りよく、そのまま刺身で頂いて全然平気、というか美味しい!でした!
キス!

キスは小ぶりながら前回の刺身を忘れられず、今回は長崎県漁連さんでゲット。
これも美味しかった! やっぱりキスは刺身いいっすね!

そして、これまた久しぶり、というか今年初?のマナカツオ。
こちらは妖しい魚屋改め、後光の射す魚河岸野郎様でゲット。
そういえばマナカツオは去年までお世話になってた仲卸さんで
随分いただいたんだったなぁ。。。。(涙。。。

マナカツオもそうだけど、仲卸で見かけたエボダイも
今年になって手に入れられてない。
そろそろエボダイ食べたいなぁ。。。と思ってたので
今日のお昼は某魚河岸横丁(場内)8号館の定食屋さんで 
「エボダイの塩焼き」を頂きました。
美味しかった~~~!!!

エボダイ塩焼き@「高はし」築地




人気ブログランキングへ

ブログパーツ
スポンサーサイト


テーマ:東京23区 - ジャンル:地域情報

築地 | 22:46:43 | Trackback(0) | Comments(12)
築地初荷2010!
今年も初荷に行ってきました!
初荷札
(去年の初荷 → こちら

今年は自転車で築地に行こう!なんてツイッタしちゃったもんだから
直前まで迷ってましたが、結局車で。
築地に着いたのは初セリから半日ほどもずれた(苦笑)午前11時ごろ。
築地川第一駐車場は1階2階は満車だったけど、3階はガラガラ。
すんなり駐車して大急ぎで仲卸へ。

発泡スチロール2010

まずはハッポーの山チェック。
今年も盛大につみあがっておりました。

仲卸はもう半分くらいは店じまいしてる時間。
それでも店先にまだ残っている「初荷」をチェック。
お店にひるがえる「初荷」ののぼりもニギニギシク。
(「初荷のぼり」に関するブログ → ≪築地魚河岸旦那日記≫2007,1,10
初荷のぼり2010-2
セコガニ。 →「ズワイガニ」市場魚貝類図鑑
セイコ
値段はまだ高い。初荷のせいなのか、今年は高いのか。
仲卸でこの値段。。今年は何匹食べられるかなぁ。
(おととしの明石魚の棚でのセコガニ→ 明石魚の棚2008

他にはこんなのもありましたよ。
なまこ
「なまこ」といえば思い出す~~~◆「垂水廉売市場 なまこ」006.12.29

あれだけ嫌ってた「なまこ」を
ワタクシ!なんと年末に ほぼ40年ぶり位に食してしまいましたっ!(>_<)
た、多分生まれて二回目の「なまこ」体験っ!
その時のナマコはこちら。。なまこたべちまた
お料理By『刺身BAR河岸頭』さま。
感想は、、、ま、こんなもんだったのね、と、、、汗
もうワタクシもオトナだから。
美味し~とは思わないけど、ふつ~に食べちゃえましたよ。ええ、ええ。。。
酢の味、酸っぱ系の味でした。あとはこりこりしてたかなぁ。。
だから仲卸で正月早々ナマコに遭遇してもびくともしませんでしたよ。ええ、ええ。。。。
お、なまこかい。頑張ってるねぇあんたも。
そんな余裕さえございました。

それにしても恐ろしいねぇ。築地というところは。
この2年で この40年近く食べられなかったもの(なまことブリ)を
二つも食べられるようにしちゃったんですから。

ま、そんな「2年間の築地ライフ」を思い出しながらの初荷。
「今日の小車」なども密かに物色する余裕もございました。

小車?

ターレの向こうに 陽だまりをゆく小車さん。
初荷を終え、ホッとしたオトコの背中が いとおしゅうございます。

ウミネコ?カモメ?も颯爽と飛んでおります。
かもめ!


仲卸で初セリの最高値、大間のホンマグロがキロ七万円(!)だったという話を聞きました。
「今日はマグロはバカみたいに高いよぉ~~~」と言いながらも
でもさ、姐さん。このホンマグロよりこっちの方が全然ウマイよ。
とおススメのメバチマグロ。家で食べたら本当に美味しかった!
顔なじみのお店でおススメしていただいたら買う。このスタイルもすっかり板についてきました。


仲卸を出て、魚河岸横丁へ。
『高はし』さんで 新年のご挨拶。今年もあなご丼でスタート。
2010あなご丼#001
『墨田書房』さんでごあいさつと新刊チェック。
おススメ頂いた築地の写真ハガキをゲット。
発行は『財団法人 水産物市場改善協会』
絵ハガキ「築地市場」
1933年当時、まだ勝鬨橋がかかっていない頃の築地が写ってます!
このあと場外の『築地共栄会ビル』の2階に行ったら、以前とはすっかり様変わりして
築地の歴史の展示があり、明治時代の錦絵の複製などなかなか見ごたえありました。
(写真撮ってない!(>_<)

今年も築地はますますズブズブと楽しめそうでございます!

ごあいさつまわりのあと、水神社さんに引き続いては場外波除神社さんへ。
水神社

波除神社

茅の輪くぐりも3度目、こちらもすっかり板についてまいりました。
どちらかの板さんでしょうか、仲卸さんでしょうか。
パンパンッと二礼二拍手一礼のあと静かに祝詞を唱えておられました。

イカはもうない。。
定点観測地点。
年明けて スルメの山もようやく消えたようです。
年末アップしなかったけど、ここまで来てました。
年末のイカ
年末のスルメイカの山、横からの図
イカ山積み

場外でもごあいさつまわり。
そしてもちろん『フォーシーズン』さんへ。
新年フォーシーズン

新年フォーシーズン小物

お年始回り。
ワタクシのようなやさぐれた主婦には
あまり縁のない世界。
築地に出入りし始めて以来、昭和のかあさんたちを見習うように
ごあいさつもお年始回りもせっせとやっておりますよ。

築地はそんな気にさせる 不思議な街でございます。

お年始回り

ことしもみんな元気で過ごせますように。


人気ブログランキングへ

ブログパーツ

築地 | 00:05:57 | Trackback(0) | Comments(4)
今日の小車(10) 
今日の小車。

小車10

オトコ の 背中?



     ******

最近、仲卸で買い物をした後、
「高はし」さんに寄って 改めてごあいさつして退場するんだけど

「midoriさん、今日はナニ買ったの?」
と 最近お父さんに聞かれる。

今日はクロムツ。
入ったばかりみたいできれいだったから。

というと

「どれ、見してみな」

ん?なんだろう? と思って荷物を渡す。

「クロムツってのは 危ないんだよ」

え?

クロムツ

「ほらな、 すごい歯だろう?」

あ!本当だ。

「だから、口のところをこうやって落してからさばくんだよ。みてな」

・・・・と 嘴のところをザクッとおとしてくれる。

クロムツ2

「な。こうすると危なくないから。
 だから、うちで出すクロムツはみんな口がこうなってるんだよ。意味があるんだよ」

作っていただいた見本を ありがたくうちに持って帰り
早速 他の二匹の口を切り落としてから調理する。

今回はクロムツを3匹。
どうすると美味しいかな?と思ったので
「焼く」「煮る」「蒸す」 それぞれやってみました。

クロムツ3

(もう食べかけてます…画的にはかなりすみません。。笑)

うちの場合の一番人気は 「焼く」。
淡白そうだけど、しっかり脂も感じられて、確かに「焼く」と 香ばしさも加わり たいへn美味。

でも、わたし的には(料理人的には) 努力賞で 「煮る」、
次点で  素材の味が一番わかりやすいで賞で 「蒸す」 としたい。

だって、焼くと 焼き魚になっちゃうんだもん。。。(当たり前だけど。(^u^)

クロムツ4

今回、煮汁のレシピは 「甘さ控えめ、でもみりん微量使う」 かなりいい感じでした。



「これ、クロムツっていってもちょっと茶色いだろう?こういうのはいいんだ」

「高はし」のお父さんにもほめられたクロムツ(小さいから小クロムツというんだって)。
美味しゅうございました。(^u^)



人気ブログランキングへ

ブログパーツ

築地 | 00:00:00 | Trackback(0) | Comments(2)
今日の小車(9) アナゴ
今日の小車。
こぐるま9


乗っかっております。
たくさんのっけられております。

でも 小車本体も、上の山盛の段ボールも
なんとなく すごく軽そう~~~~~  (^_^;)


こういう感じにものを乗っけると、
小車も 「リヤカー」 みたいに見えるなぁ、と思うのは 私だけ?


    **************


先日、いつもアナゴをいただいてた仲卸さんが閉まってしまったので、
新たにアナゴのお店を開拓しなければならず。

たまたま、いつも必ず顔を出す 長崎県漁連さん
大量のアナゴが到着したばかりのところに遭遇。

箱いっぱいのアナゴ。
もちろん、君たちは私に食べられるためにこちらにやってきたのですよね。
たくさんのアナゴの中から、おにぃさんによさそげなのを選んでいただきます。
セレクト隊はこちら。

アナゴ

ありがたやありがたや・・・・

アナゴはいつもさばいてあるのを買ってたので
もちろん、このままだったら 買いません。
「さばいてくださるのだろうか?」
恐る恐る聞いてみると

「いいよ~~~」

う~ん、本当はイヤかもしれない(^_^;)
結構本数がありますゆえ。。。

「ではお願いいたします。 しばらくしたらきます・・・」


で、 おにぃさんが きれ~~~にさばいてくださったアナゴちゃん。
今回は 初挑戦~~~~! アナゴ煮~~~~~!!!

アナゴ煮

おおお、なんとかできた!!!
パッと見、アナゴ煮っぽい。(笑
味は ちょっと雑味が・・・・・(汗

上品さにはちと難ありだが、 まぁ、初めてにしては上出来じゃぁないだろうかぁ。。。。。


「高はし」さんの 煮魚系煮汁の研究の成果が
ようやく現れてきました。

いままで、 魚は 生か 焼くか 蒸すか (酒・しょう油で)煮るか の選択肢しかなかった
わたくしの料理法のなかに

「(酒・みりん・しょう油で)煮る」  

ついに しずしずと その扉が開いてまいりました!!!!


人気ブログランキングへ

ブログパーツ


築地 | 22:41:36 | Trackback(0) | Comments(4)
今日の小車(8)・≪高はし≫のどぐろ・青森のシジミ
今日の小車。

こぐるま8

蒸し暑くなってきました。
今日築地は、雨が時々 ざ~~っと降り過ぎていく 不安定な天気。
氷も涼しげに見えるようになってきたなぁ。。。。と 氷売り場の近くにいたら

大きな木の箱を載せた小車が通り過ぎる。

ゴロンゴロン ゴロンゴロン ・・・ と
車輪が路面に軋むごとに 木の箱に共鳴して音がする。

ゴロンゴロン ゴロンゴロン  ・・・


           ***


今日の高はしさん。
高はし

珍しく店頭のご案内に目が行く。
なんかすご~~~く気合い(殺気?笑)を感じたもので。

「王の帰還」

ん? なんじゃ???

ノドグロが入ってますよ、 ということらしい(^_^;)

当然、目指すは 喉黒さま。
店内入ると ラッキー!まだ 札がおろされていない。

小さな声で おねぇさんに 「ノドグロおねがいします・・・」 と言ったら
「midoriさん、 ちょっと奥に。。。」 とでっかい声で3代目===(^_^;)

「これ、midoriさんが食べる子だから」
ノドグロ

赤い大きなおめめがうるんでる。
コロッと太った麗しいノドグロさん。

ううう・・・・ いただきます・・・・(合掌。。。

のどぐろ

甘みが強めの、めちゃめちゃ美味しいお魚のお出汁たっぷりお汁でじっくり煮られて
上品なうま味、脂、とろけるコラーゲンたっぷりの皮が
わたくしを 物言わぬ20分間に誘います。。。

煮魚四天王。

さすがの貫録。 一人でいただくのが 本当に心ぐるしい。 でも、 おいしい幸せ。 うれしい。。。。


御馳走様でした!


            ***
仲卸。

サンマ

先週からすでに 東京築地にはもうサンマの入荷があります。

ハモ

ハモ、 高い~~~~
京都の祇園祭、最高潮の今が ハモも最高値?
500gサイズのハモ、キロで4500円ということは、
1匹大体2300円くらい・・・

先日買った 青森のシジミ、
もう一度買おうと思って 前回と同じ仲卸さんへ。
今回も大きいのが残ってたけど、
今回は 十三湖の方のを買ってみた。

帰って早々、水にちょっとだけ塩を入れてシジミを入れたら

シジミ

入れてすぐに しじみが パカパカ口をあけ始めて・・

おおおおお~~~~やばい、しんじゃう????

と思ったけど、 実は ものすごく気持ちよさそうに 水管を開いてたのでした。

シジミって。 かわいい。。。。
なんだか ペットみたい。。。。

どうしよう。 可愛すぎて 明日シジミ汁 作れなくなりそう。。。





人気ブログランキングへ

ブログパーツ

築地 | 22:45:02 | Trackback(0) | Comments(2)
今日の小車(6) 青森のシジミ
今回は なんと 鉄製の小車を発見!

小車6-1

水産とやっちゃ場の間の、
小車だまり
とわたくしが 勝手に名付けているエリアです。

久しぶりにこちら方面にやってきたので
(仲卸も広いので、毎回端から端まで歩くわけではない)
「あ、そうそう、 ひさしぶりに 『小車だまり』 で 写しましょう!」
と やって来てみて 発見したのです。

なんか ガンダムみたいな(?) 超合金的 な(??) やろう  な かんじ ・・・

でも 小車 なんですけどね。  きっと ・・・


小車6-2


それにしても 小車を撮るのは 想像以上にプレッシャーがかかります。
いままで 本当に何気なく撮ってたので
ぜんぜん気にもしてなかったですけど

意識過剰じゃないかと思うけど

小車だけ撮ってる人って  やっぱり  ちょっと  ・・・

へんだよね  ・・・

って お兄様たちに 見られてるような気がしたりしちゃうものです。

ふん。
まけないワ。


)^o^(


          ****


「高はし」さんで
今週は今日だけよ
という
最近妙に噂がウワサをよんでいる
青森産の でっかいシジミが 入るということだったんだけど

朝、瞬殺だったでしょうか。
私が訪れたときにはすでに跡形もなく。。。


で、 食いっぱぐれた私は

青森シジミ

当然。 買いましたサ。

お味噌汁にしました。

上品なお味です。  ちょっと病みつきになりますね。これは。

1キロ2300円。 青森小川原湖産。
かなりお高いですね。 でも、 しょうがない。 食べたいんだもの。
今回は500g買いました。

もう一回くらい買おうかな・・・

人気ブログランキングへ

ブログパーツ


築地 | 23:37:40 | Trackback(0) | Comments(12)
今日の小車(5) アユ・白バイ(レシピつき)
今日の小車。

小車5

今日は曳いてる人も写してみました。
こういうのが好きなんだなぁ。。。

小車5-2

空の小車は結構スピード出るみたいです。
というか、何度かひかれそうになったことがあります。。。(^u^)

今日も小車さんたちがあちらこちらで大活躍してました。

小車を写真に撮ってる人はあまりいそうにないので
人がひいてる小車を撮るのは勇気がいります。
本当は人がひいてる姿が一番好きなんだけど。。。

    ***

今日のお買いもの。 年に一度は。。。。

アユ

去年も一度買いました。
今年もそろそろお値段が下がってきているようなので、思い切って。

家に帰り、庭に「生やしてある」(勝手に生えてきたのでこれ幸いと育ててた) 蓼 の若葉をむしり
蓼酢を作りました。

いやいや、美味しい。。。
脂の香りがたまりません。
皮も美味しい。頭も美味しい。。。

やっぱり 年に一度くらいは アユ 食べたいです。


今日の「高はし」さんで出会った 青森から来た でっか~~~いシジミ。
シジミ

つきじろうさんの記事
を拝見してたので、頼んでみました。
でかいね~~~!!!(^O^)/

大きさを比較するものがなかったので、手に載せてみましたが、
ちょっと想像を絶する大きさじゃぁぁ~~~あ~りませんか?)^o^(
(これは一番大きいやつですけれど)

今までこんなに大きなシジミを見た記憶がなかったので、
仲卸に入って見てたら、 このサイズ位のが所々で扱われてました。
今、このシジミのシーズンなのかしら??
一度買ってみようかな???
(「市場や各地で見られるシジミ」 ぼうずコンニャクの市場魚貝類図鑑)


今日はアユのほかに 白バイを。
先日「高はし」さんで社長に白バイの煮付け方を教わってたんですけれど、
今回はなんと、煮上がったばかりの白バイを試食させていただきました。

煮汁の味。

これは食べてみないとわからないでしょう??


で、今日の社長さんの白バイの煮汁。
ふわっと軽い甘さが 貝のうまみを引き立てるんですね!
これは。。。。

遠い昔、 金沢の魚屋さん&飲み屋さんだった「寺喜屋」さんで食べた
めちゃうまバイの煮付けを思い出しました!!!
寺喜屋 Yahoo!グルメ

この味。

当時は煮ものが苦手で、全然再現できなかったけど、
今日の味付けを元に、少しだけ再現できた。。。かな???
続けて作ってるうちに 何とか近づけそうな予感です。
嬉しい~~~~!!

社長さん!ありがとうございます。
白バイ

これは 殻。 味見した分のです。
今、本体は煮汁に浸かって冷蔵庫に入っております。

「煮汁に熱いごはんいれて、貝の刺身の細切りでも入れて食べりゃあ、
 いい暑気払いだよ」

と、社長さんのお言葉。 ほんまにこれは暑気払いに最高です!

今年の夏は 貝の煮ものにハマりそう~~~(^u^)


→人気ブログランキングもよろしくね☆


あ、そうそう。
白バイのレシピ(「高はし」社長さんバージョン)を簡単に
下に載せておきました。
煮汁の味がポイントですが、これは味をみながら何度も自分でチャレンジするしかないです。。。
健闘を祈る。

ブログパーツ

続きを読む >>
築地 | 21:37:24 | Trackback(0) | Comments(12)
今日の小車(2)・メバルいろいろ
とうとう梅雨ですね。

ということで、今日の小車シリーズです。(^u^)

小車2

小車を見ると

お!

っと立ち止まるタイプなのですが(小車フェチ、ともいう、、いやまだそこまで至っていない。。。笑)

いざ 「写真でアップするんじゃい!」と 気合いを入れてみてみると

なんとまぁ。

いままで 見た記憶もないような 格子柄の 小粋な小車が!

「えええ~~~、こんなのあったの???」

偶然会ったターレー氏に聞いたら、
「あ、ありますね!」 と あっさり。

そう言われて よく見てると、 この日2台目の 格子小車にも遭遇。

いままで どれだけ 大雑把に小車氏達を見ていたことか。 猛省。

小車3



    **


沖メバル

沖メバル。


うおお~~~きれいだぁ~~~~


沖メバルっつう魚。
神戸では見慣れない魚じゃぁあありませんか?
築地に行き始めてすぐ、 沖メバル(赤メバル)と黒メバルの食べ比べてみたり
その後も 何度か買って食べたのだけど

なんとなく ウマ味が薄くて ピンとこない魚でしたのよ。

で、前回「高はし」さんに伺った時に 「メバル」があったので
普段の私なら 今までの経験から こういうたんぱくっぽいお魚は
塩焼きにしていただくのがいいのかな、と思うのだけれど

「高はし」さんは この魚をどう料理するのかしら?と
すごく興味があったので 煮ていただいたのでした。


それがね。

うまかったのさ~~~!!!

さすが、「高はし」さんの煮魚。
煮汁の味が 淡白なメバルのうま味を ものすごく上手に引き出してます。
メバル、美味しい。。。
改めて 「高はしさん、すごい!」 と思いましたさ!(^O^)/


で、社長が「本当は蒸したほうが・・・」 なんておっしゃるもんだから。 
ほおおおお、 社長がそうおっしゃるなら、 蒸しましょう、蒸しましょうとも。
矢も盾もたまらず 仲卸でゲット。

家に帰って蒸しました。

沖メバル2



沖メバル3

今まで、 何度食べても記憶に残らなかったメバル。
しっかり味が 記憶に残りましたよ。
なんともいえないメバルのクセは 一度ハマると やばいかもです。

ところで、赤メバル(沖メバル)とクロメバル、白メバルが違う種類らしいぞ、という話があるようです。
→「メバル、魚類図鑑から消える?カガクニュース隊」 2008,11,7付

そして 意外にも 今回私がゲットした「赤メバル」は
本当は「ウスメバル」 という魚らしい!!!!
市場では 「ウスメバル」を「赤メバル」と言ってるって?

 ええ~~~~~!!!!!!まぢですかぁ~~~~!!!!!ボウズさん~~~~

→「ウスメバル」 市場魚貝類図鑑

そして、さらに、「赤メバル」を 「クロメバル」 と呼んでる????

ややこしいなぁ~~~~!!!

→「赤メバル」 市場魚貝類図鑑

こっちの「赤メバル」の方は 関西でも見てる種類なのかしら。
なんだかごちゃごちゃになってきた~~。


どうでもいい話ですが、これらメバルたちは 今年わたくしが結局まだ食べてない 「アコウダイ」(←食べたい~~~) と仲間なのね。
→「アコウダイ」 市場魚貝類図鑑


・・・ということで、 久しぶりの築地記事は 「お勉強もちょっとはしようかねぇ。。」編 でした)^o^(



人気ブログランキングへ

ブログパーツ

築地 | 21:07:23 | Trackback(1) | Comments(10)
築地半値市2009はラッシュアワー状態!
今日は「築地半値市」の日。
今年は GW まっただ中。 しかも 近場で安上がりなお楽しみということで
「築地半値市」をめざす人で 築地場外市場は人出ですごい。。。

半値市

ターレも進入禁止です。

ターレ進入禁止


あまりにすごい人出に ひとまず場内に退避します。

半値市場内

おおおっと~~~!!
こんなところに人が並んでるのは 初めて見た!

こちらもすごい人だ・・・ 甘かった・・・

半値市が始まる10時よりすこし前、ちょうど私が場内に向かった時、 
場内から場外(「半値市」は場外である)へと人の波が移動していったので
場内は空いてきているだろうと思ったのに。 
まだこれだけの人、人、人…

ここに並んでいる人たちは 「半値市」狙いじゃないですね。
完全に「築地の場内ででなんとしてでも寿司を食いたい」モードですね。

行列

そしてやはり≪高はし≫さんの前には猛烈な人垣が。

高橋前2

4人×5列以上 の行列を見るのは初めて。。。ととある方に報告したところ
「土曜の≪高はし≫さんはもっと多いくらいですよ。。。」と注意されました。
これでも多くはないらしい。。。(嘘みたい。。。

もちろん入らず 外メニューだけ写してきました。
高橋前3

ここら一帯でのご飯は無理みたいなので、 仕方なくそのまま仲卸へ。

仲卸

こちらも 通常の土曜日に比べると人が多い。。。
小さな子どもさんを連れた御家族が目立ちます。
親子そろっての 社会科見学なのでしょうかね。
カツオ
連休の中日なので、お魚は期待してなかったんですが、セリはあったようですね。
まるまる太った涼しげな青いラインのカツオが見事です。
お店(プロ)の買出しの方も結構おられました。
明日明後日が連休になるからでしょうか、賑わっている感じがしました。

トラック

荷物を運び出すトラックがずらっと並んでいる姿は壮観。

このところ仲卸に入る時間が遅いせいか、
こんなにトラックが並んでるのを見るのは 久しぶりかなぁ?
築地のパワーを感じる風景です。

仲卸から脱出、なにか食べ物は。。。。とさまよいっていると
場内の食べ物屋さんの中でも 普段はひときわ行列の目立つお寿司屋さんが
なんと2店ともお休みでした。
お休み

お休み2

こちらは通常通りのお休み。。
お休み3

築地のお店もいろいろ個性があって面白い。

場内でのご飯はあきらめて 場外に向かいます。
波除

波除神社のしだれ銀杏も新緑まぶしく、鯉のぼりも見え隠れ。
5月のお節句らしい華やかさです。
お節句のお祓いをした御家族なのか、どこかで配っているのか
菖蒲の束を手にしておられました。

そんな風情になごみながらも いよいよお腹が空いて倒れそう。。。
今日はいつにもまして 海鮮やら肉やらを焼く匂いがあたりに激しく立ち込めているような。。。
半額市でチェックしてあった 一番手近なお店へとりあえず倒れこみ。。

なんばら亭
南ばら亭 南部地鶏炙り親子丼 650円(限定20食)

本当はお店で食べたかったのです。 未訪のお店なので、今回がチャンス!と思っていたのだけれど、
半値市商品のこちらは お持ち帰り専用だったのでした。
それでもまだ残っていた(残り3食)ので、迷わずゲット。
これ、どこで食べよう。。。。 とさまようも何も。。。。
このお店の前の通りは猛烈に混んでて、 あとには戻れない状態。
先に進むしかない。 それでもまだ自分で歩けるだけ良かったらしい。。。と知ったのはその後。

ぼんぼり

ヨタヨタと歩を進める私を挑発するかのようなこの黄色いボンボリ。
「半値市」参加店舗の目印です。
有次
いつもお世話になっている≪有次≫さんの場外の本店。
私がこの間ゲットした菜切り包丁が半額の2350円。 限定20本が最後の2本になってました。

とりあえずここで いつものあのお店へと滑り込み。
ちょうどお客さん途切れたところだったらしく、普通にゆったり半額ランチをいただくことができました。
→≪フォーシーズン≫ ナポリタンとアイスコーヒー 450円

ホッと一息ついていると 某常連さんが登場。

10時の売り出し始めは 自分の買いたいものを目の前にしながら
お店に近づくこともできず 人の流れに身を任せて何度もお店の前を行き過ぎるという
ラッシュアワー状態なんだよぉ。。。。

というお話を伺ったり。
それに比べると自分の意思で歩けて こちらに一発で入れた今の状況は まだましなのね、、、

半値市の魅力あふれる品々のお話を拝聴するうちに 
せっかくの半値市、もう少し楽しみたい、という意欲がよみがえってきました。
お腹を満たし、 しばらく息を整え、 また人ごみに戻ります。

半値市
干し白エビが美味しい≪北の旬≫さんは しらす干しが対象商品になってました。
イシバシ
青果関係のお店は 「半値市」のマップには「商品未定」になっているお店が多かったのですが
当日店頭で表示されているので その表示をみて歩きます。
≪ベジタブル石橋≫さんではいくつか半額商品が。
立派なウドがまだ並んでいました。
諏訪
年末の佃煮が美味しそうだったので 目当てにしてお店の一軒、≪諏訪商店≫さん。
さすがに半値商品で登録されていた「あさりの佃煮(200g)」300円(50k限定)は売り切れてましたが
「しじみの佃煮(200g)」250円はまだあったので、かろうじてゲット。

これで 今回はまぁ、満足としよう。。。

このあと再び≪フォーシーズン≫に戻り、しばらくのんびりお茶などして
今回の「半値市」は終了。

来週は土曜日に来て 大相撲のふれ太鼓が 場内を練り歩くのを見ようかなぁ。


人気ブログランキングへよろしくです~(^u^)

ブログパーツ

築地 | 23:38:48 | Trackback(0) | Comments(4)
ホタルイカオフと築地半値市(予告)。やっぱり≪高はし≫あなご丼!
先週富山で行われた「ホタルイカの早食い競争」 で 
なんと 見事優勝を勝ち取った  釣りキチ四平さん!

おめでとうございます!!!!!!(^◇^)
ホタルイカ10キロ

≪大食い茶屋≫ 「大食い討伐軍大27軍「富山滑川市ボイルホタルイカ大食い早食いコンテスト」 2009,5.1付

ということで、 賞品が・・・ なんと・・・・

ホタルイカ (生)  10キロ! (゜o゜)

10キロって、どれくらいよ???

想像もできません。


ということで、 おすそわけ頂くことになりました!!!
ヤッターヤッター ◎◎マン!  (はもう少し後の世代のアニメですね、、、見てたけど。。。

がんばって築地に早出勤、 集合場所は≪フォーシーズン≫。
おざわゆきさん とおしゃべりしてたら、
はじめまして! Genetさん登場!  
「ホタルイカ・・・・ですよね?」  「そうですそうです。。」 なんちゅうアイ言葉…§^。^§
そして SAYURIさんとつきじろうさん が 仲卸さんでの買い物から戻ってこられて
いよいよ 釣りキチ四平さんが ホタルイカとともに登場!

おおお。
この青いハッポーに入ってるんですね!
持ち上げようとしたおざわゆきさん・・・持ち上がらない・・・・
ホタルイカ2

ずっしりホタルイカです。 みっちりホタルイカです。
まるで 網から上げたままドッサ~~~~っとこのハッポーに詰め込んだよう!

≪フォーシーズン≫さんで 釣りキチ四平さんの武勇談をうかがいながらも
お店の常連さんが入れ替わり立ち替わり。。。

で、≪フォーシーズン≫さんの紹介ビデオを作られたoh-meさんと「はじめまして~!」§^。^§
 
築地食のまちづくり協議会事務局さんも顔を出してくださって、
4日の「築地半値市」には必携の【築地場外マップ】をくださったり。
◆半値市マップは【築地魚河岸】HPからのリンクでダウンロードすることができます!→こちら
◆半値市商品の一覧は【築地でまちづくり日記】さんの記事にもリンクされています →こちら
(当ブログ「築地半値市」のお知らせ記事は →こちら

集まってこられた皆さん、築地フリークなので、築地情報交換会の様相。
≪フォーシーズン≫さんを出て ホタルイカを分けっ子する場所に移動がてら 
いろいろなお店を教えていただくのも 楽しく。。。

ルパン
今回、教えていただいて初購入は≪パン工房・ルパン≫さんの「あんこクロワッサン」
いくら東京はアンパン美味しいからって、ねぇ。。。汗
と思いながらもみなさんすごく熱心におススメしてくださるので、しぶしぶ(笑)購入。
(ほんまは アンコ、苦手なんですぅ。。。)
で、このお味は! ウマかったんだなぁ!(^O^)/ 
クロワッサンのバターの風味がアンコとあんなに合うとは思わなかった。
おススメしてくださって 本当にありがとうございました!

そのほかにもおススメ品何点か、チェックさせていただいて
ホタルイカ分けっ子会の会場、≪築地場外・休憩所≫へ。

いつも準備ぬかりないつきじろうさんに手袋や密封袋を提供していただき
(いつもほんまにありがとうございます。。)
ホタルイカ分配中
いざ、分配!

昨日の朝まで海で泳いでた ホタルイカちゃん達。
目玉がまだ赤く光ってます。
ものすごく立派な大きさです。 おいしそうです。  でも・・・

入れても入れても 減らないのよぉ。。。。
どこまでもどこまでも ほたるいかぁ…・
ホタルイカ分配中2

角度を変えても ホタルイカァ。。。。

一人1キロくらいは持って行ってもらわないと、、、状態だったのですが、
そんなに持っていっても・・・と遠慮(尻ごみ?)しちゃうくらいの量です。

ホタルイカ袋詰め完了

袋詰め、完了!
こんなふくろいっぱい詰め放題パンパン状態のホタルイカは
人生初!です!(きっぱり!

わたしなど、 カメラがうまく撮れないからもたもたしてる間に
SAYURIさんに自分の分まで袋詰めしていただいちゃったりして。。。(深謝です!m(__)m)

それぞれ皆さん、ずっしり重い「ホタルイカ袋」を手に
先ほど「築地場外マップ」を届けてくださった 築地食のまちづくり協議会さんの事務所へ。

・・・長崎県漁連さんのちょうど上あたり。

協議会

「先ほどはどうも~~」

協議会2

おおお! いきなりすごいものを発見!
これはもしかして 「築地千社額」 ではないでしょうかっ!

「そうですよ~」
おおお!
「今日から休憩所の自販機が千社額の模様になったんですよ~」
おおおお!それは写しに行かねば!
(というか、さっきまでそこでホタルイカを分配してたんですけど。。。全然気付かなかった。。。)

ということで、帰りにもう一度 休憩所に寄ってみました。

千社額1

ほんとだ! 千社額仕様になってる~~!

本物はこちら。。

千社額2

設置されて1年なんですね!
もうすっかり 築地の風景の一部になっています。馴染んでます。
築地もどんどん新しく生まれ変わって行ってるんですね~!

今回も楽しい発見、新しい出会い、ありがとうございました。
釣りキチ四平さん、また次のチャレンジ、楽しみにしています(●^o^●)
ご一緒いただいた皆様、ありがとうございました!!!
また築地でお会いしましょう!(^O^)/



で、おまけはとりあえず うちに持ち帰ったホタルイカちゃんたち。。
釜あげに半分。あと半分は。。。
ホタルイカ煮付け
煮付けちゃえ!ということで
酒たっぷりにみりんほんの少しと濃い口しょうゆで煮付け。
ホタルイカ煮付け2
つきじろうさんの素敵なイタリアンを見たあとにこれをアップしてしまう私って…笑
でもおいしかったぁ。。。
釜あげよりむしろ煮付けの方が はみ出たワタも一緒に大根おろしに添えて食べると
最高!!(●^o^●)

みなさんそれぞれ美味しく食べられたことでしょう。
やっぱり新鮮はおいしい!

ほんまに御馳走様でした!!


で、も一つおまけは ≪高はし≫さんの あなご丼。。。
あなご丼
何枚目のアップでしょうか、あなご丼の写真だけでも。。。
そろそろアナゴはアナゴでも 白焼き とか食べてみたいんですけど。。
何度食べても 次もまた食べたくなるあなご丼。。

あなご丼、おそるべし。。。

そういえば、築地まるかじり (2008) (毎日ムック)
に ≪高はし≫さんの煮アナゴのレシピが出てたんだよなぁ。。。
今度作ってみようかしら。(^u^)
家で作って食べて少しでも満足できれば、白焼きに進める気がする今日この頃。。。


ホタルイカ三昧のあとは 人気ブログランキングのランキングへどうぞ!(^O^)/

ブログパーツ

オフ会 | 00:03:36 | Trackback(0) | Comments(8)
築地春祭り「半値市」は5月4日!と今日の築地レポート、煮魚四天王キンキ煮≪高はし≫
あ!来月4日は 半値市だ~~!
半値市
去年、直前に場外のお店で教えてもらったのでかろうじて参加することができた、
あの築地大混雑お祭り状態半値市!ですね!
う~~~~ん、めちゃ混みだけど、 楽しかったし、安くてお得もいっぱいあったし!
やっぱり来ようかなぁ。。。。。 「築地半値市」→◆築地魚河岸HP 

去年の「築地半値市」当ブログ記事 → 
◆大相撲五月場所 触れ太鼓@築地
 2008,5,11付

ということで 今回は 今日集めた築地ネタ!
midoriと一緒に 「つきじあるき」 しましょう!

まずは新しいノボリも目に鮮やかな≪長崎県漁連≫さんへ。
県漁連
おおおっ! なんか あさりがお買い得(通常500円を400円)なんですけど!どないしたん?

浅利
「今日はサービスデーなんやて」

お得ね!
あ、ほんまや!
明日までやってるんや!! 今日きて ラッキー!!!
しかも1000円以上買うと なんかくれるの~?!

水槽
水槽にも お魚、貝がたくさんだ!

商品台
魚が空気に触れて干からびないようシートがかかってます。

今日もたっぷりお魚入ってますね!(あ、私がいつもより若干早めに来たからかしら?)
あさり、もずく、えぼだいをゲットしてお会計!
ダシ!
おほほほほ。
1000円こえましたので 「にぼしだしパック」 をおまけにいただきましたよ。
嬉しいですねぇ。 おまけ。 おまけ大好き。 
(本日早速野菜の煮物に使わせていただきました~~~手軽でたすかりました~~~(^u^))

さてさて、少し遅めですが朝ごはん。
といえば、 本日テレビにご出演であられたこちらの・・・・
高はし
番組情報:4月16日放送日テレ「スペシャルギフト」 こちらのリンクはおそらく1週間のみ有効です)

煮魚四天王、 キンキの煮付けじゃ~~~~!!!
きんき
前回キンキ様との遭遇は去年の8月。
過去記事→◆夏休みだ!第三弾!「高はしで築地朝ごはん三昧」日本一高い秋刀魚&煮魚四天王、実食! 2008,8,13付
そうそう、このとき某M様とはじめての接近遭遇をしていたのです。懐かしいなぁ。。。

それにしても久し振り3回目のキンキは やっぱり ものごっつう美味しかったぁ!(●^o^●)
今日先ほど、テレビで「あこうだい」を釣る番組してましたが、
わたしのなかで 「きんき」 と 「あこうだい」 は
「できることなら 思う存分 食べ比べ してみた~~~い!!!」 と思う
あまから系煮魚 贅沢ウマウマ2大巨頭!です(^O^)/ 
過去記事→◆築地訪問一周年記念シリーズ携帯小説風その8:今年下半期で買ったモノ おまけはアコウダイ 2008.9.24付
でもさぁ、キンキ煮は 未だに家では作ったことないのよねぇ・・・・(^◇^)


そういえばさぁ。。。今日は 先日≪高はし≫さんで食べたサクラマスをがっつり食べようと
仲卸さんで サクラマス 一本買いいたすことになっておりまして。。。
サクラマス
うふふ。。。
さばいていただいております。。。(わたくし、超手抜き主婦の見本ですから。。。笑
≪高はし≫さんで頂いた極厚サクラマスまではいきませんが、
一家でいただくにはちょうどいい大きさ。うれしいわぁ。。。これで今夜は家族で「サクラマス」三昧よ~~~ 

サクラマス
ね。 美しいでしょう????!!!
私だと まずは魚をつかんで鱗をとるのに ヌルヌルぬめりと長時間格闘しなければなりませんから
この形に至るまでに 大雑把に見積もって40分くらいかかるんじゃないか?と思われまする。。。
それに、特にマス系は身も骨も柔らかいですからねぇ。。。。
なんとかここに至ったとしても すでに グズグズの 「マグロの中落ち」 状態になってるのは確実・・・・

築地あるき 始めた当初は 仲卸さんが「おろしましょうか?」とおっしゃってくださるまで
築地では 「丸買いそのまま持ち帰り」 が基本だとおもってたんですけど、
意外にある程度おろしてくれるお店もあることが分かってきたので(小魚は無理ですけどね)
それから仲卸さんで買い物が 気軽にできるようになりました )^o^(

なんといっても お腹を抜いてもらうと 魚持って帰る途中が安心。
大きな魚は特にお腹の重さも相当なので、抜いてもらうと生ゴミの日とのにらめっこの必要もないし。
とても助かります。 いつもほんまにありがとうございます!

今回は2枚おろしにしてもらいました。(この写真の状態ね)
夕御飯は 「サクラマスの塩焼き」 食べ放題状態~~~~!(^O^)/ 
グフフフ・・・・ウマかったよ~~~~ヽ(^o^)丿
ほんまおいしくて  ごめんなさい・・・・(笑いが止まらない・・・



「サクラマス」 無事ゲットし、 場外にもどってうろうろしながら、ついついこちらへ…・
ナポリタン

あら?
〆は やっぱりこちらなのね?

と思ったあなたは もしかすると≪フォーシーズン≫御常連様? (^O^)/

今日はいつもよりなんだか彩りが激しくいい感じ。
でも、なんだかママがさらに技を繰り出したいようで・・・

ナポリタン 変形中

さらに 何かを盛り上げております!!!

盛り上げ完了!

うはははは!!!!
ナポリタン のりの「針ねずみ」毛逆立てスペシャルバージョン!
ママったら~~~~(●^o^●)

いつもこちらのお皿の美しさには心がホワホワ浮き立つのです。
次はどんな「おあそび」が見られるかしら! 楽しみ~~~!

今日のナポリタンも とっくべつ美味しくて ごちそうさまでしたっ!!(^O^)/


というところで 今日の築地ネタは おしまい。。

GWを築地で、とお考えのあなた。
いろいろなイベントも盛りだくさん。 ぜひぜひ楽しい築地ライフをお過ごしくださいね!! 


人気ブログランキングへ、 よろしくです~~!(●^o^●)

ブログパーツ

築地 | 23:11:20 | Trackback(0) | Comments(18)
春の魚たち、春の味覚2009<神戸・東京>と≪高はし≫さくらます
・・・ということで (→前回記事「広島のあなご丼とか」)

あなご丼
2月以来2か月ぶりの「あなご丼」≪高はし≫@築地 です。(^u^)
去年1年間、≪高はし≫さんではほとんど「あなご丼」を食べていたことを思うと 隔世の感がありますが
最近は「あなご丼」の比率は格段に低くなり(他の魚も「食べなくては。。。」との思いからですが)

広島でのあなご三昧の後は やっぱり 築地で東京のあなごをたっぷり食べたくなりました。(●^o^●)
≪高はし≫緑のれん
焼きアナゴと煮アナゴ、それぞれアナゴの違ったおいしさが味わえて どちらも大好き~!

神戸ロードの記事はおいおいアップすることにして
今回は季節もののお魚たちなどを 桜が散りきる前にアップしておきましょう。
さくら2009

(それにしても今年の桜は開花してから一度も雨にあわず、舞い散った花びらも
 人や車の行きかう度に はらはらと舞い上がる優雅さ。川面をうめる花びらも例年になく多いよう。
 今年はまさに桜を堪能した春でした)

桜 といえば さくらます。
さくらます
(「さくらます」塩焼き ≪高はし≫@築地) う、うま~~~~~~いんですよ、これが!(●^o^●)!!!

さくらます という言葉を 築地に通い始めてから知りました。
実際に食べたのは去年春が初めて。
仲卸さんに「美味しいよ」と勧められて買ってみたら
ものすごくおいしくて。。。。
神戸にいたころは 「しゃけ」という呼び方しか知らなくて
いわゆる 「ます」 と呼ばれている魚にもいろいろな種類があって
それぞれ魚の味が違うんだ、ということを 味でしみじみ感じさせてくれた魚。
◆サクラマスは ヤマメの降海型。 →ウィキペディア →市場魚貝類図鑑

今年のさくらますシーズンもあとわずか。
今期一度は一本買いして家で思いっきり食べておきたいものです。
5月になると 「さつきます」 のシーズンとなるそうです。
◆サツキマスは アマゴの降海型。 →ウィキペディア
→市場魚貝類図鑑
さくらます(正面)
いつも魚中心に写してるので ≪高はし≫さんのせっかくの美しい盛り付けが分からない。
正面からだと こんな素敵な具合になってます。
目にも鮮やかな 新緑のモミジ葉と こんもりいい形に盛られた大根。
≪高はし≫さんのお仕事はいつもこんな風に素敵なんです。
(ごめんなさいね。いつも魚のアップしか載せてなくて。。。)

それにしても、イワナもヤマメも川を下って海で育つとすっかり鮭のような身の色になるんですね。
しかもイワナ時代の味とは全然違う。。
自然の中ってすごいことが起きるものです。

シーズン物といえば、≪高はし≫さんでいただいた御海苔。
新海苔
軽やかですばらしく香ばしい磯の香り。 口の中でホロっとほどける上質感。
新海苔だそうです。 美味しいですねぇ。。。ごちそうさまです!

ノリ・・・・といえば、今回神戸でも海苔網と収穫船を見ることができてほっとひと安心なのでした。
塩屋
グッゲンハイム邸から
上は神戸・JR塩屋駅から海を眺めたところ。
下は塩屋の旧グッゲンハイム邸から眺めたところ。 (撮影:神戸・塩屋2009年3月10日)
塩屋の前浜はいつもどおり海苔網が張られていたようです。
電車に乗っているときに収穫船が稼働している様子を見ました。

今回、宮島にわたる船上から カキの養殖いかだ(?)を見ることもできました。(撮影:広島・宮島2009年3月12日)
広島カキいかだ
神戸で海苔網を見慣れているというのに、 カキのいかだは 海では見慣れていないものなので
目に新鮮~な感じで不思議でした(^u^)

今回、神戸の実家で調理できたのはイイダコだけでしたが、
シーズンに神戸で食べられるなんて、それだけで幸せ!
(撮影:神戸・塩屋2009年3月9日)
イイダコ
(まだ元気の残ってるイイダコちゃんです。メヂカラがあります)
いいだこ2
(美しいカールを描く8本の足。。。あまりの美しさに ついつい目もうるみます・・・煮汁は酒と淡口しょうゆで)
いいだこ3
(しっかり育った飯がみっちり~~!!! 飯がまったり濃厚ななお味なのよね~~
 ううう、うっま~~~~~!!!!!)

ということで神戸の味覚はこれでおしまい。 また東京の春の味覚へともどります。 といってもイカナゴよ。
小女子
寿屋商店さん(→HP) に ようやくまたゆで干小女子(イカナゴ)が入りました。 (前回小女子記事;今年初の小女子でした「西のあまから東のダンチュー)
今年は入荷が見えない、と伺っていたのですが、その後
神戸のイカナゴ漁も猛烈に不漁で、大阪湾は3月23日、播磨灘で漁をする明石浦漁協も4月3日で
イカナゴ漁を終了したそうで (≪明石の海より≫「イカナゴ漁」)≪寿屋≫さんにも関西からはほとんど入らなかったそうです。
今回の荷は茨城の方から。
小女子(イカナゴ)の獲れる時期は短いので、美味しい時に買いだめしておきましょう。
イワシのしらす干しとは違う味わいが何とも言えない。
酢醤油との相性は しらす干し以上じゃないかと私は思います。(^u^)

きびなご
春の味覚と言えば 長崎県漁連さんで 珍しい生のきびなごを売っていたので買いました。(撮影:東京2009,3,21)
→きびなご(市場魚貝類図鑑)  →長崎県漁連(東京直売所)
「どうやって食べるのがおいしい?」と聞いたら
「刺身も美味しいけど 生姜醤油で煮て食べると美味しいよ」 とのこと。
きびなごを煮て食べる???? びっくりしたものの お酒と淡口しょうゆ、
生姜を少しすりおろしてさっと煮てみたら・・・・
ごっつう美味しい!!!(●^o^●)
なんじゃこりゃ~~~!!なんぼでも食べられるやん~~~(^u^)

東京も築地ならでは、 いろいろなお魚を美味しい状態でいただけるという幸せ。
ほんま、こんな「美味しいものいっぱいの場所」を上京以来30年間 まるで知らずにいたのが
今更ながらに悔やまれます。

これは今週のゴリ。
ごり
去年たしかから揚げにして食べたらすごくおいしかったんだけど
どうも今回は手順を間違えたようで、変になってしまった。
半分くらい子持ちだったので、思い切って残りを佃煮に。
「子持ちゴリ」といえば、 私の大好物「子持ちゴリの佃煮」が、最近手に入らくなっていたので
思いがけず嬉しい 久しぶりの再会 となりました。
とはいえ、美味しい佃煮にするには ゴリちゃん、なかなかなつわものと見受けた。
自分ではうまく煮込みきれないので、近く佃に行って「ゴリの佃煮」(できれば子持ち)が出てないかみてこようと思います。

今年度初進出しております「やっちゃば」で はまっているのが、ホワイトアスパラガス。
ホワイトアスパラガス
そろそろシーズンも終わりなのかしら? うまいよね~~ホワイトアスパラガス茹でると~~~ヽ(^o^)丿
今回、ほぼ自分的には満足な「アスパラゆでレシピ」が作れたので大満足。
食べるだけ食べたし、そろそろ終わっても心の準備は完了です(●^o^●)


きょうのおまけは 「おとらはん」

春とは関係ない?微妙に関係ある? トラ関連グッズです。
 「≪高はし≫さんに 『おとらはん』 がおいてある」 という情報を小耳にはさみ、
早速伺ってみたら 出してくださいました。
本体は たまごかけごはんのタレで有名な≪吉田ふるさと村≫ の  「おたまはん」 ・・・ですね。(^u^)
「おたまはん」は 発見以来ずっと愛用中、しかも神戸出身のわたくしとしては 
この「おとらはん」がどこで売られているものかどうも気になります。
おそらく関西のお土産物屋さんとかで売ってるんだろうなぁ。。。。

今度新大阪駅あたりで探してみたいと思います。。。(いつになることやら・・・


おとらはん


★神戸でもサクラマス・・・
旦八さんの≪旦八の築地と神戸を行ったり来たり≫ 「肝胆亭」 にサクラマスのメニューがあったそうです。2009.4.13付

よろしければ人気ブログランキングへのワンクリックをお願いいたしまする。。。

ブログパーツ

東西味違い | 00:02:22 | Trackback(0) | Comments(8)
≪高はし≫「あんこう煮」今季食べおさめ?
金曜、 東京は一日雨模様。。。のみならず
多分すごい寒い、もしかすると雪?

今季ラストあんこう煮


という天気予報を見たら 金曜の築地行きを繰り上げて木曜にしようって
普通はそう思うわね。
そして 木曜も金曜もフリーなわたくしは 迷うことなく木曜の築地へ。

でもさぁ。。。。みちゃったのよぉ。。。。
「高はし」さんの店の裏で 大旦那が仕込んでる あんこう を・・・

あ、明日(金曜)、 あんこう なのね。。。。

大旦那が あんこうのヌル(体表体内いたることろのネバネバ粘液)を
包丁でこそげ落とし、またこそげ落とし、

「これがあるからアンコウはちゃんと処理したもんじゃなきゃダメなんだ」

胃袋を広げて

「これは包丁だけじゃだめなんだ」

包丁でこそげ落とした後塩もみし。。。

「あんこうは卵巣が膨らむと肝がやせる。そうなるともう終わり。
 今年ももうあと少ししか出せないんだよ」

・・・今週は北海道、しけで大変だったみたいですね・・・

「そうよぉ。流氷の海に漁に出掛けるのよ。命がけだから
 いくら欲しいって言われても無理なんだって、そりゃそうだよ」

あんこうが下処理されていくのをずっと眺めていた。

いつも なにげなくいただいているご飯。
そうなのよね。。冬の海で漁して送られてきてこういう処理があってこその美味しいご飯なのよね。

あんこうはつるし切りを含めて今季4回ほど処理を拝見したけれど
何度見ても、いつみても
ほんとうに大変。。。

。。。。。。。 となれば 当然 
このあんこうは わたくしが食べてしんぜねばならんだろう。(*^_^*)


ということで、 最高気温4度
(しかも明け方が最高記録、それからどんどん冷えていく。。。)
ミゾレまじりの雨をついて
築地まで。。。。。。。。

道中
「midoriさん、今日はあんこうが売れ行きいいんでヤバいっすよ!℡した方がいいんじゃないっすか?」 
との忠告メール有、
「今日は築地にきてますかぁ??」
とのおたずねメール有、
℡しようにもなんと「高はし」さんの℡番号が携帯に未登録だったり
ようやく℡したら三代目が「大丈夫、とってあるから」とありがたいお言葉。。

などなど。

築地についた時にはちょうど 雨がミゾレに変わりつつあり。
last ankou

「東京は今年初雪」 だったそうだ・・・

転ばないように気を付けながらゆっくり向かった「高はし」さん。
場内、お客さんは若干少なめ。 流石にお寿司屋さんは行列だったけど
「高はし」さんには すんなり潜り込めた。

「お、いらっしゃい~!」
三代目の威勢のいいごあいさつ。返礼。お礼。お話。何やかや。。。。。
気がついたら おねぇさんが小さな声で
「では、あんこう煮でよろしいでしょうか?」 あ。はい。 (^○^) 注文し忘れてた…笑

last ankou2

今季、たぶんラストあんこう。
いい香り。 あ~~~~美味しそう!!!!

でも、ここで慌ててはならぬ。

まずは 忙しくほかの小皿に手をのばす。
おシンコもそのままワシワシ食べる。
小鉢の煮物もワシワシ食べる。
ここではご飯には手をつけない。我慢。ぐっとがまんです。

なぜここでごはんは我慢?

それは・・・・
なんといっても  今シーズン4度目となるあんこう煮。
ついにわたくしは
あんこう煮@「高はし」の食べ方midori流
をあみだしたからなのだ!

あんこう煮の醍醐味は、なんといってもその汁。
あんこうの七つ道具から溶け出てくる まろやかで奥深いコラーゲン系の旨味。
お口の中がホワ~~ッ!!っと幸せになる、あの香り。
フィニッシュを その香りで〆るためには
あんこう煮の汁の中にご飯をインして、
あんこうの旨味を最大限感じながら それをすすりきってフィニッシュ!
というのがmidori流 理想的なあんこう煮の食べ終え方。

それゆえ、 まずはあんこう煮(とご飯)以外のものは先にやっつけてしまうのだ!



ということで 必死になって小皿系を攻撃していたら
「midoriさ~ん、おいしい?」  (出た~~~~三代目~~~~)

「・・・あ、まだそこまで到達していません。。。。(苦笑」

「あ、そうなんだぁ。。。。笑」

ということで、三代目公認のもと、せっせと小皿攻撃を再開。
と。
横からおねぇさんが追加のお皿を・・・・・あれ??・あれれ???
おまけ
(サービス?。。。あ。。ありがとうございます!!!。。。m(__)m深謝)

えらいことになっちゃった!
あんこうの前に立ちはだかる巨大な敵! 敵だけど、超味方!!嬉しい悲鳴!!!!

き、貴重なご飯を、それでもお刺身とあらば ご飯にのせて食べねばならぬ。
刺身にわさびのせて醤油付けて ご飯チビチビけちけちしながらも
ワシワシ。ワシワシ。。。。。ヴマァ~~~~~!!ヽ(^o^)丿 
(いや、マジウマでした。ブリも、そして中トロマグロ==!最高~~~~!!)

おっと、忘れるはずもないけれど、 ついつい忘れがちになりがちだったよ、アンコウ君。
ごめんよ、ごめん。今からね。
待っててよ。ほれ。それそれ、これは、胃袋ちゃん。。。
(もう何度も大旦那の解説付きであんこうの解体を見学してるので
大体の具材は何かわかるようになっておりまする。。。)
あああ、この歯ごたえ。
ジワッとしみ出る肝系の香り。
うふう、たまらん。 ご飯をレンゲにのせて お汁にイン!
うほほほ~~~(^○^)
これよね!これこれっ!このお味っ!

口の中いっぱいに広がる マッタリしたうま味。
ご飯が加わることで 奥の方に隠れていた味が前面に押し出されて
ご飯の粒と粒が うま味に満ち満ちた汁の間でゆるゆると浮かんでいる。

ウッマ~~~~~! 


あとはもう、レンゲの上で豆腐を崩して汁とともにいただくとか
その豆腐とご飯を一緒に汁とともにいただくとか
肝をちょっとかじってみるとか
また七つ道具をひとつづつ点検しながらゆったりかみしめてみるとか

そういう作業が 続くこと約15分。。。。


ついに わたくしにとっては今季最後? の あんこう煮を 完食したのでした。


もう・・・・満足。。。。。!!

来年まで いい思い出を胸に
楽しみに待っていられそうです。

本当にごちそうさまでしたm(__)m


※考えるに、今年は一度もフグに縁がなかった。
 アンコウの年だったのだ。
 東京ではフグよりもアンコウのほうが手に入れやすい。
 これも土地柄なのか。
 とにかく、一度美味しいアンコウを食べてアンコウにハマるとやばい、
 ということは 今回よくわかりました。(*^_^*)

食べるだけでヘロヘロになってしまったmidoriを人気ブログランキングで応援おねがいいたしまする。。

<今年初あんこう記事>
◆あんこうや≪高はし≫であんこう煮を喰らう! 2009.1.9付

ブログパーツ

築地 | 00:03:57 | Trackback(0) | Comments(10)
ターレ初体験!<仲卸で買い物・番外編>&≪高はし≫赤地がれい
ギヤァ~~~~~~っ!!

ta-re




このシーンはいったい・・・・・(^_^;)


先日の やっちゃ場潜入レポの続き・・・・なんですが・・・・
◆築地のやっちゃ場(青果部)潜入レポ<仲卸で買い物・番外編>&≪高はし≫ぶり刺し!(素人築地あるき体験記) 2009.2.18付

皆さんとお別れした後、もう一度水産物部に突入しました。
前回載せていないお魚、気になったものもアップ。

鰆!


鰆! 前回の西京焼きで見たような、でっかい、身の分厚い鰆です。
鰆、好きな魚だけれど、去年はマナガツオに気をとられている間に食べずに終わってしまった。
今年は絶対買うぞ~~~~~ って、これ一本何キロ?(^_^;)
鰆を買う日は 流石に鰆だけで保冷バックがいっぱいになりそう。。。。

ササガレイ


ササガレイ。 (ヤナギムシガレイ→市場魚介類図鑑
神戸では冬の風物詩ともいえる日本海側からくるササガレイ。
築地でも結構見かけるのは 意外。 でもなつかしくて嬉しい。
実は子どもの頃、親が好きでよく買って来てたのだけど
そのせいなのか、今では私はササガレイは食べない。。。。

matukawa


マツカワ。
去年、初めて手に取った「築地魚河岸三代目」のコミックス。 →過去記事
そこでとても気になったのがこの 「マツカワ」 というカレイ。 (マツカワ→市場魚介類図鑑
築地には北の海からたくさんの種類のカレイが入ってくる。
神戸でカレイというとメイタカレイ、そしてササガレイ…・
神戸の魚を追いかけるのと並行して 東京ならではの魚も開拓したい。
その筆頭が この マツカワ。
スーパーで一度切り身を買ったら めっちゃ美味しかった!!!
正直、今までのカレイのナンバーワン! ただ、値段もめっちゃ高かった…(T_T)
だから、こういう風に活けてあるマツカワは はたして・・・・ おいくら・・・・???(怖

anago


アナゴです!
きれいねぇ。 お値段もお手頃。
大きめのと小さめのが混在してます。 今日は見るだけ~~~


そうこうするうちにお昼に行きましょう、ということになり。。。(この段階で影の同行者有)
またもや高はしに向かおうと 仲卸を出ようとしたら・・・

「お姉さんお姉さん・・・どこ行くの?」 と セクシーヴォイスが。。。
お! なんと、ターレ乗りの 〇〇さん。。
「ちょいと高はしさんまで」
「それはちょうどいい。 のせて行ってあげるヨッ!」
〇〇さんのピカピカ光る築地のロールスロイス、スーパーターレ1号!
「えええ~~~! それはウレシイィ~~~~~!!!」

もちろん、その場で乗り込む midori&影の同行者エックス。
い・・・意外に車高が高い・・・
なんとか乗り込んだ瞬間、弾丸スタート! ヒェェェェ~~~~~~!!!!!

「写真、写真!」こんなチャンス、写真にとらんでどうするねん! と思ってカメラ取り出そうにも
すごいスピード?でカーブ、レシーブ、ジャンプ! 

危うくカメラをすっ飛ばしそうになり、 さらには自分もすっ飛びそうになり、
慌てて手すりにしがみつきながら バッグをまさぐりカメラを取り出し
ようやく撮った一枚が。。。。。 トップ画像だぁ。。。。(T_T)


さすがのつきじろうさん、ターレ体験をなんと動画で押さえておられます。
うううむ、キャリアの違いをまざまざと感じる。。。。
◆【動画】 築地ターレット・ドライブ2008.2.8付・・・おおお、ちょうど1年ほど前の記事ですね。。。

どうにかこうにかわたくしも落っこちることなく、
「高はし」さんの玄関先に チャッ! とスーパー・ターレ1号をつけてくれた〇〇さん。
「よっ! ついたよ!」
ターレの振動に足元もふらふらしながら着地。 
おおおお~~~~~~~~~~~~。 タ、タ~レに乗ったぁ~~~~~~~(゜o゜;)

頭の中まだ振動でボーッとしながらも、 記念撮影きねんさつえい!!!

ta-re2

ちょっと恥ずかしすぎるのでカナリ加工の記念写真です!(*^_^*)

〇〇さん、あ、ありがとうございましたぁ~~~~!m(__)m

ターレって、おもったよりハードな乗り物なのね。。。
初ターレ体験の夢見心地と内臓の振動を残して
あっという間に〇〇さんはチャッ!と去って行ったのでした。。。。カッコエ~~~~・・・・・・




本日二度目の「高はし」さん。
一日二度は初。 初づくしだ、きょうは!

赤地がれい


赤地がれい (単品1200円)

「高はし」さんでカレイは初めて。 卵の味、カレイの種類によって違うねぇ。美味しい!
肉厚なカレイにハマりそうです。

影の同行者エックスさんとその後漂った先は

kokoa
サービスしすぎでホイップクリームがあふれるココア・・・といえば・・・
フォーシーズンさん。 (→過去記事)

もう、ヘロヘロ。
だけど、お昼時で超忙しいはずのマスターの弁舌が
今日はまた、さえにさえて、もう、お腹の筋肉がマヒして動かなくなるまで笑こけ。


はぁ~~~~お疲れ様でした~~~~!
でも、 楽しかったぁ~~~~~!!!!

ステキなやっちゃ場体験の朝が生みだした新しい出会い、 もう一つ続くのだけれど、
それはまた次回。

ヘロヘロのmidoriに人気ブログランキングの応援を!

ブログパーツ

築地 | 23:03:15 | Trackback(0) | Comments(10)
築地のやっちゃ場(青果部)潜入レポ<仲卸で買い物・番外編>&≪高はし≫ぶり刺し!(素人築地あるき体験記)
≪仲卸で買いもの≫シリーズ番外編。

普段 わたくしが≪仲卸で買い物≫というと、
魚を扱っている水産物部での買い物を指します。

野菜を扱う青果部は わたくしの築地出撃の時間には
業務がほとんど終わっているということもあるし
水産物部のおにぃさん達と違って青果部のおにぃさん達は
「呼び込み」的なことをしない。 というか、ただみてるだけの人には目もくれない。
素人にはちょっと買い物しづらい雰囲気。。。

なので、 今まで何度か足を踏み入れたことはあったのですが、
本格的に買い物をしたことはなかった。


今回、おざわゆきさんのお友達がフレンチのシェフと一緒に
やっちゃ場(青果部のことを築地では「やっちゃ場」と呼んでいる)に行くと聞いて
あいのり(便乗)させていただきました。

まず、朝が早い~~~~(T_T)
集合時間は 土曜会並に早い7時40分。
でも、今日はやっちゃ場に行くんだよ~~~ なんかめちゃめちゃやる気満々~~~!(なんでやねん!

さむ~~~


よりによって 今日はまた 完全な冬型の気圧配置・・・・
ここ何日かポカポカ陽気やったんで、最低気温1度が身にしみます。。。さむ~~~~(T_T)(T_T)

teitenn


わたくしの定点観測地点。
朝の光がいつもに比べてずいぶん横から射し込んできています。
というか、ほぼ横? ということは日の出直後?(T_T)(T_T)(T_T)

あいのりメンバーと無事合流。
で、築地で朝まずやることといえば・・・・・

あさごはん   よねッ(^_-)-☆

高はし


築地で朝ごはん。。。は。。。 「高はし」さん。
人数が結構いた割にはすんなり入れました。
この時間にこの空きようは意外。。。

わたくしが頼んだのは<たら豆腐>(定食) 1800円 →絵はこちらに。。。(秘密サイト

あ。そうそう。
今年のわたくしのいわゆる一つの目標に
「去年食べたのと 違う魚を食べてみよう!」 というのがあります。
たら豆腐も 去年なら食べてみようとは思わなかったもの。
(大体、去年はほとんどが「あなご丼」でしたからねぇ。。)

おすそわけ頂いたのは 鰆の西京焼き。 

鰆西京焼き



こんな肉厚な鰆。。。。  一度買ってみたい! 笑(でもマジで狙ってます
「高はし」さんの西京焼きは始めてでしたが、 予想にたがわず、甘すぎない いいお味。
今年もまたまた西京焼き熱が再燃しそう!!

あいのりメンバーと頼んだシェア一品は ブリ刺身。(2000円)

burisasimotiage


ぶり刺し持ち上げを ゆきさんにお願いしてしまいました(^○^)

もう一枚、すでに流出させてますが、ぶり刺しの写真、 みて! →アップのゑはこちらに(秘密サイト

このブリ刺身が 本日のベストオブ「高はし」!最高~~~~!!!ヽ(^o^)丿
大将も 「今日のは今年最高だよ!」 と太鼓判。
私、ブリそのものが生まれて3回目なんですけど、 これは「美味しぃ・・・・」 と思ったねぇ!
ブリの美味しさ、 なるほど、 こういうおいしさなのかぁ。。。。


な~んてご飯のことばっかり書いてたら全然やっちゃ場にたどりつかないじゃん!(-_-メ)

ということで ごちそう様をして 至急やっちゃ場方面へ。

とはいうものの こちらは絶対はずせません。 仲卸に来たら墨田書房さん詣り。

築地あるき2!


<「築地あるき2」 に 朝日が射し込むシーン>  →当ブログ墨田書房さん関連記事はこちら
順調に売り上げを伸ばしているようです。 場所も定位置確保してるし。。。
わたしゃどうも お店の方に顔を覚えてもらえたらしい・・・(^_^;) がんばって愛嬌振りまくり…・!(^^)!

シェフ先頭にいよいよやっちゃ場へ!

慌ただしい仲卸


さすがに9時前の仲卸は 慌ただしく人もモノも行き交います。

nakaorosi


さらには、このくそ寒い中。。。

ice

氷は今日は近寄りたくない存在。。。。

hikaresou

台車小車(こぐるま)も猛烈なスピードで引かれて行きます。。。
※台車の名前、小車(こぐるま)というのだそうです。リーゼント史朗さん、情報ありがとうございます!

ここを渡ると、その先はやっちゃ場!
ついにやっちゃ場 潜入成功!

1

うわっ! いきなりトレビツ! 見たことない紫のチコリ(アンディーブ)!

この1年、やっちゃ場に入るのが夢でしたが
まさか いきなり欲しいものが手に入るお店にたどりつけるとは…・
おざわゆきさんと出会って こういう機会が訪れて 
なんというめぐりあわせ。 なんという幸せ!
同行を快諾してくださった皆さん、本当にありがとうございます!!

感謝しつつ 目は野菜へ。。。。。

2

「これ、一つでも買えるでしょうか?」 とシェフに伺うと
「こちらのお店は大丈夫だと思いますよ」  とのこと!

お店の方に伺うとOKとのことだったので、早速!
トレビツ・・・チコリ(普通のと紫のと両方)・・・ホワイトアスパラ…

3

家に帰ってさっそく使ってみました。 (今日のおまけにアップ!)
場所もしっかりチェック。次回はもっといろいろ買おう~~~!!(*^_^*)
お魚だけじゃなく野菜も買えるとなると、いよいよ荷物運びが大変になりそうだけど。。。。

このあと 水産物部に戻ります。

daisya

台車小車がならんでます。。

daisya2

ターレもカッコいいけど、わたくし、意外にこの台車小車が好き・・・
今日はたくさん並んでて嬉しいわぁ。。。。
(このあと、ターレに関するサプライズが私を襲うことに!続きはこの次の記事で。。。)

まだ早い時間なのでお店はほとんど開いてます。
久しぶりにお魚の写真がたくさん撮れた。

sakana

ナマコ、そろそろ終わりかしらね。 また年末までさよならね^~^ (なまこといえば・・・過去記事・・・)

kuzira

そういえば、クジラのお店。 いつも遅くくるんで閉まってるから買えなかったけど、
今日はあいてる。 このチャンスはゲット。ひさびさのハリハリ鍋~~~。 
(こちらもクジラのお店といえば…過去記事)

iidako

イイダコも今年は早くから子持ちになってました。
1月末に買った子持ちイイダコは8~9割方イイが入ってて満足~~!(*^_^*)
今年は型が大きいんだって。 関東だからでかいのかと思ってた。。。

akamutu

う。すごい!  すごいアカムツ!
産地の 「竹岡」 って 最近気になってたのですが、 なんでしょうか?
→◆≪築地魚河岸旦那日記≫「ケケ岡の下付帳」 2009.2.17付
→◆江戸前を歩く-どらくスペシャルー 「東京湾のいま~内房の漁港から」
アカムツももう一度くらい食べておきたいなぁ。。。この値段は手が出ないけど。。。。

さて、そろそろ皆さんともお別れです。

nakaorosi

仲卸もようやく落ち着いてきました。
普段は 私はこの時間に出撃してくるのです。
なんともまぁ朝っぱらとは ずいぶん雰囲気が違うものです。
氷もそれほど寒々しく感じない気温になってきました。

今日は本当にお世話になりました。
あいのりさせてくださった皆さんに感謝です。

またいつか築地でお会いできるといいですね!
ありがとうございました。
声をかけてくださったおざわゆきさん、本当にありがとう~~~!(●^o^●)


さあ、次回築地出撃から やっちゃ場にもロックオン!(*^_^*)
(若干「高はし」三代目ふうに。。。?笑)


今日のおねだりも人気ブログランキング!よろしくおねがいいたしまするるるる。。。m(__)m



≪今日のおまけ≫

買って帰ったチコリ、さっそく何かに使って食べ比べ===とおもったら
ちょうどいいレシピが・・・

◆≪神戸っ子ゴハン≫ 
"ザ・シェフレシピ" 「同源」銭明健シェフに教わる☆ オウチでも出来ちゃう・・・パン・トゥトオゥ・スーってなに~(@@?
じゃがいもの千切り、普段も好きでやってるので、がぜん燃えてつくってみました!

zyagaimo


が!
見るからに全然違う~~~~(T_T)

まず、千切り。プロの千切りはやっぱり凄い!
あと、「さっと湯がく」の「さっと」というのは やっぱり何度かやってみないと分かんないなぁ。。。
パッと見、もう少し湯がいた方がいいみたいだ。。。

でも、このジャガイモの。
チコリにのせて食べると・・・・・ 合うんですよ~~~!!!
ほろ苦いチコリ、うっすらごま油で風味の付いたジャガイモと 超合う!

これはいいねぇ。 これからも作っちゃうぞ~~~ヽ(^o^)丿

ちなみに、紫チコリと普通のチコリの味のちがいは・・・
紫の方が苦味が強くて私の好みでした!

わたし、山菜っぽい苦い野菜好きなのかも。(トレビツも苦味がたまらん旨さなのよね。。。)

ブログパーツ

築地 | 22:28:04 | Comments(17)
仲卸で買い物 3<迷子になったら天井をみろ!> (素人築地あるき体験記)
築地の仲卸エリアは 広い! です。
しかも店の数は半端じゃない。

dai5daituuro



だから 迷子になります。


前々回 <仲卸に突入の準備>で 
あれほどしつこく 「地図、もって行こう!地図~~~!!!」
と言っていたのは 

仲卸の中で迷子になるのは 簡単~~~!
出口を見つけるのは 大変~~~~!

だからです。

なぜなら。 わたくしの場合・・・

≪1回目≫ とにかく「場内地図」 と 「つきじろう動画」(築地市場「高はし」への道) で確認したとおりに
        とりあえず入場。
        とりあえずまっすぐ歩く。 そして退場しようとしたら 出口が不明。
        一回目から ちょっぴり迷子気味になる

≪2回目≫ つきじろう様に引率していただき、くっついて歩く。
        通称「やっちゃば」、青果部市場も連れて行っていただく。
        とにかく「波除神社」 と 「海幸橋」入口がちゃんとわかった。

≪3回目≫ 調子にのって ウチのダンナをつれて「初荷」へ。
        「海幸橋」入口から入ったものの、なぜか前回と同じようにはいかず
        なんとも得体のしれない裏道に・・・・超迷子状態!
        仲卸どころかシャッター降りた倉庫みたいなところばっかり、川までみえるし・・・・(汗
        (あとから思うにあれはセリ場ですかね。。。)
        死に物狂いで歩きまわっているうちにやっと仲卸に到着。
        そこからまた出るのに迷い、ホウホウノテイで退出。

ってな具合でしたさ。 ・・笑


その後、ようやく仲卸になんとかすんなり入れるようになったものの
その仲卸がまた迷宮で。。。

とにかくお店の数が とんでもなく多い。
例の地図を持っていても 自分がどこにいるのか あっという間にさっぱりわからなくなる。
→つきじmap

大雑把に 扇型になってる弓状の通路と 「骨」部分の通路に分かれていて
「骨」部分の大きな通りを「大通路」と呼んでいる。大通路は「第一」から「第七」まで。
大通路はターレなどが頻繁に行き来する。
広くて歩きやすいからとボケボケ歩いてたら超危険!

弓状の通路は 「高はし」さんなどがある 「魚がし横丁」に近い方から「イロハ二」の4列(並び順は逆)、その先は1000番から8000番まで8筋の通路がある(並び順は逆)

ちょっと弓なりな形に目をつぶれば、 実に理路整然と
京都の碁盤の目状の路地とおんなじなんですなぁ。
冷静に考えれば。

でも、仲卸に入るとそれだけでコーフンして血圧あがるし頭の中白くなるし。
さらに迷子になるし。(私だけですか?笑

そういうときに ふと みあげてごらん♪ 市場の天井を♪

tokei


「時計!」 じゃないよ。
案内板だよ。 なんだか妙な記号や数字がかいてあるじゃぁあないかぁ。。。

irohani



これは 空を漂う天使の羽か 天界から救いのクモの糸か。
「ここは 第5大通路の ハと二の 間~~~」
と さりげなさげに 空間を漂いながらも しっかり我らに指示しておられるその数字。

扇の骨のどこに自分がいるのか。
地図で確かめたら 今度は 横をふりむき 弓状通路も 眺めてみよう。

yoko



さっきまで なにも道しるべのないところを あてもなくさまよう旅人の心細さだったのが
地図と 案内板の店名が同じなのを見つけて 
思いがけず「ホッ」と 安堵の息をつく。

安堵のため息



そうして少しずつ 少しずつ 築地という場所に慣れていくのです。。。。


あなたのクリックに「ホッ」と安堵の息をつく…こちらは人気ブログランキング~~




今日のおまけ ≪きょうの「高はし」≫

mebaru


<赤めばる煮>2000円
メバル、久しぶりですが、メバルでした。笑
高はしさんなら多分こういう味付けするんだろうなぁ。。。。と思った通りの味付け。
ウフッ。オイシイ。。。。
「高はし」さんの煮魚は 勉強になりますぅ。。。
だから しっかり何度も食べねばぁ。。。。(*^_^*)

もひとつおまけ。

wakame


ワカメ。 出はじめかなぁ。 久しぶりです! 茶色いゴワゴワワカメ。
神戸ではお馴染の茶色いワカメ、 東京のスーパーではまだ見たことないかも。
500gぐらいで300円。「サジマのだよ!」 とおにぃさんが元気よく教えてくれたけど
「サジマ;佐島」というのは どうも築地ではある種ブランドらしいよ。
蛸とか、「佐島だよ!」ってのは 「(品質の)いいやつ」 という意味合いっぽいものね。

で。 ワカメ。 当然湯がいて頂きます。

じゃこワカメ


湯がきたてのワカメ。シャキシャキっとした歯ごたえがたまりません~~!
香りと舌触りは何となく(気のせい?)神戸で食べる明石海峡のワカメの方がいいような気もするけど
なにはともあれ、うれしい春の海からの贈り物。
ゴチソウサマデシタ!!

→去年の神戸のワカメ記事◆これも神戸の春の味。【茎ワカメの煮付け】 2008,3,22付

ちなみに、「高はし」で またまたあの方におあいしました!(*^_^*)

ブログパーツ

築地 | 01:37:59 | Trackback(0) | Comments(16)
あんこうや≪高はし≫であんこう煮を喰らう!
今日は雪かも!(*^_^*)
赤いノレンの高はし


雨は嫌いだが雪は楽しい気分になってしまうmidoriです。
昨日の 「明日は雪」 の天気予報に ちょっとルンルン気分。
だって、雪降ると 築地でごはん食べる人、少ないでしょう?
行列でいつも指をくわえて眺めるだけの 長蛇の列お寿司屋さんにも
入れるかもしれないでしょう?

今日は まずはお寿司。 そして、高はしさんであんこう煮。

この完璧な 「今日のメニュー」 をイメージしながら場内に向かう。
ま、結局、今日の天気は 雪じゃなくて ただの寒いだけの雨だったんだけどね。

雪だったら超ルンルンだったんだろうけど、ちょっとトーンダウンしながらもいつもの6号館横に出ると、
あああ、なんてこった。
こんな寒くて寒いだけの最低な雨の日に、 いつも行列の寿司屋さんは今日も行列じゃ。

なんだろうねぇ。 この皆さんの情熱は。
寒いやろうにねぇ。 行列して その先にあるのはお寿司やでぇ。
ちょっとはほかの店にバラけたらんかいな。 今日ぐらいラーメンとか湯豆腐とか考えんかい。。。

さて、これで「高はし」さんの前に行列やったら 天気も天気や、暴れたろうかい!と思って(なんか矛盾してんな>わたくし)
右に曲がって8号館へ。

8号館

8号館、どこのお店の前にも 行列、なし。 右よし。左よし。 高はし よ~~~し!(指さし確認!)

お。店頭お品書き。 アンコウの文字。
店頭品書き

へへ。実はこれはチェック済み。 昨日 ≪お百度参り的blog≫さんに予告出てましたからね。
高はし③ 築地市場  2009.1.8付
でも、すでに売り切れってこともあるし。
店内みると、外に行列はないものの、 中の空き席は2つほど。
 意外に混んでる。
すべりこんで座ってお茶が出ました。
 おねぇさんにちょっと小声で確認。
「あんこう、まだありますか?」
「まだあります」
では! 「お願いします!」

やった~やった~やった~~~~~!!!

あんこう煮、初もの初日は常連さんで秒殺(完売)の「高はし」の定めに従い
ぜったい私なんかの出撃時間に残ってるはずもないので
私が狙うのは 2回目以降だなぁとは思ってたんですよ。

でも、 まさか こんな時間でも残っていてくれるとは。
もうそれだけで 今日は 雪じゃなかったけど 最高の「あんこう煮」の日、だなぁ、って。

心すでにあったかなmidori。
しばらく お隣のお二人さんのなんチャラ煮付けの味付けどうこう ゆうはなし
きくとはなく聞いてたりして。

「おまちどうさまです」

おお。 出てきた。 一年ぶりの 「高はし」のあんこう煮! (単品3070円)
(大体、店名に冠しておられるのだけれど、あんこう煮を出すのは年に何回か、というお店だ)
あんこう煮

おおお、懐かしくもかぐわしいコラーゲン的香り。
ぐわ~~!
もうタマリマセン!
一気にいきます。 あ!一口。あらら、もう一口。
お醤油の程良い塩気とまったりしたコラーゲンが口内を満たして
しばらく食べ続けるうちに なんともいえないうま味がじわー===三三三 っっっと広がってきます。

え。

ちょっと待って。

なにこれ?!

去年食べたのより なんか めっちゃおいしい~~~~!!!!! ヽ(^o^)丿 ★★★★★

どうしたの、どうしたの、どうしたのよ! あんこうちゃん!

あまりの美味しさにあんこう煮ばっかり食べちゃって。
途中で気がついて 煮物、お漬け物食べたけど
やっぱりあんこう煮についつい行ってしまう。

フィニッシュ考えな。
最後の一口は このあんこう煮にご飯入れて そのまま終わりたい。

煮物、お漬け物、完食。
御飯をレンゲにちょこっと盛って 汁に浸して 食べる。

美味しいオイシイ!!!

そしてついに、最後少し残った汁に ゴハン投入!
おいしぃぃぃ~~~~~~~~~!!!!!!!!!ヽ(^o^)丿

あんこうの身と内臓に、豆腐の入っただけのお汁なんだけど。
なんでこんなに美味しいんだろうねぇ。
それも、すぐ「ウマっ!」 と感じるうま味じゃなくて
じわぁ~~~っと  「う、・・・・・うまぁぁぁぁ~~~~~~~!!!!!!・・・・・… 」
ってじわじわ後ひく美味しさ、このまま何も口にせず一日過ごしたい、という満たされ感。

いやぁ、ホンマ美味しいわぁ。

よかったぁ。 今日来れて。

ごちそうさまでした~~!


-------------今日は じつは ここからが すごい!---------------のよ--------!


・・・・・・・・ あんまり美味しかったんで
お店の裏に回って3代目に「美味しかった」って伝えようと思ってさ。
(お店の中だとお客さんいっぱいでご迷惑かしらとおもってさ)
裏に回ったのよ。



そしたら。

知り合いがいた。

おざわゆきさんだ。   

(おざわゆきさんといえば→こちら。わたしの大好き「築地あるき2」の作者さんです)


そして なんと おざわゆきさんたら
大旦那が あんこうをつるし切り してるところを 見せてもらうんだって~~!

わたしも~~! ごいっしょにお願いいたします~~~~ヽ(^o^)丿
(アンコウの写真、ちょっとだけアップさせてもらいます===「高はし」様!!!)

あんこう
最初なこんな感じね。
写真、大きくすると見えるかもしれないけど、 アンコウの表面にドロドロした粘液がねっとりびっしりついてる。
これをとるのが大変なんだそうです。

まずはつるして切る。
turusu
軍手でも滑るから、 荒塩つけながら 切り取っていくそうです。

あんこうもそうだけど、どんな魚も下処理で味がぜんぜんちがうんだよ。
ていねいに仕事しないと 汁がにごっちゃうんだよ。

大旦那のお話が じんわりとしみわたります。

魚って同じ種類でも一匹ずつ全部違うんだよ。
だから同じもの食べたいって言われても困るんだよね。

hazimaruattoiuma

あっという間にここまで来ちゃう。
大旦那、アンコウのいろいろを説明してくださりながらも 目にもとまらぬ早業で
どんどん解体していっちゃう。

で、最後は
kuti
「これから2時間かかるんだよ」(ぬめりをとるのに)

どれだけの心遣いと手入れで 美味しいお魚料理ができあがってきているのだろう。
お魚といろいろ語り合いながら 料理に仕上げていくなんて
今まであまり考えたこともなかったけど
なんだか 今日から すこしは魚と向き合えそうな気がしてきた。

とりあえず 歯ブラシで血合いとか しっかり取ろう・・・
なんて考えてたら・・・


ほら。

って手渡されたのは 蒸し上がったばかりのアンコウの肝の乗っかったスプーン。

え~~~~!!! なんじゃこりゃ~~~~~!!!!!!!!(●゜o゜●)

アンキモって 家で作るときの塩っぽさとか、生臭さとか、全然ない。
あるのは まったり濃厚な 美味しい香りと味だけ。

ひぇ~~~~~~・・・・・・
口の中、しあわせすぎ~~~!!


きょうはいったい何の日?(^○^)


ほんとうに ありがとうございました!
大旦那さん、やさしいし。
あんこう煮、 めっちゃ美味しかったし。

え?
今日のあんこうは ・・・ じつは ・・・
めっちゃええあんこうやった?????!!!!!!!!(●゜o゜●)!!!!!!!!(●゜o゜●)

そ、そういえば・・・

pop

「今日のは凄い!」    って、  そういうことだったの????!!!!

やっぱり  ☆☆ 今日は超ラッキーデー!☆☆


おざわゆきさんと 手を取り合って 小躍りしたのは言うまでもない。。。。




人気ブログランキングへ


じつは、 まだまだ 続くんだな。。。。 これが・・・・笑

ブログパーツ
 

築地 | 23:13:30 | Trackback(0) | Comments(10)
越後村上の塩引き鮭
年の瀬に やってきました。

お箱様

越後村上の塩引き鮭。

袋に入ってる
ビニール袋に入ってます。

思ったよりでかい

思ったよりでっかいです。 箱いっぱいの鮭です。 なにより頭がでかい。。。

つるしてみた
ぶら下げてみました。重い~~~~ 片手で持って写真撮るのは無理でした。。。。

hanmi
骨がどこにあるかわからん~~~切りにく~~~。 半身外してみました。
ちょっと身を食べてみると、塩で〆た鮭の味にどこかまったり味わい深い。
塩漬けにしたあと塩を落として、寒風で1か月弱乾かして作るのだそうです。
これって、スモークサーモンの下ごしらえと同じですね。
そういえば、このままスモークすればスモークサーモンになるような味です。
美味しいです。

焼きます
焼いてみました。

一番頭に近い部分なので鮭の味がたっぷり味わえます。ここは塩気もちょうどよく頂けました。
しっぽの方も焼いてみました。
かなり塩辛い。でも、鮭の身がこんがり焼かれた香ばしさはたまりません。
ゴハンが進みます。 

皮や骨にへばりついてる身をしごき落として瓶詰にしました。

鮭フレーク

自家製 「鮭ほぐし身」 です。 美味しいです。
皮もパリッと焼いておつまみみたいになりました。 美味しいです。
頭は氷頭なますにしておつまみです。 これも塩が利いてて鮭の味がして美味しい。


---------------------------------------------------------

築地で塩鮭は一匹買いになるので(切り身も売ってますがそれほど安くない)
塩だけでしっかり漬けた美味しい塩鮭を選ぶとなると博打うつみたいで難しい。

最近「高はし」さんで時々入荷して 常連さん達のターゲットになってる塩引き鮭。
お店で食べるとちょっと「家庭的でない」お値段なのと
塩がきついのに大きな切り身で、無理して食べるのもかなりもったいない感じだったので

お取り寄せしてみたの。  これ、大正解でした。(*^_^*)

≪味匠喜っ川≫  HP 新潟県村上市大町1-20  電話 : 0254-53-2213  (10:00~17:00) FAX: 0254-52-7436 (24時間お受けいたします)


今回購入したのは一尾約5~5.5Kg(生鮭時) 13,965円 のもの。
頭を落としてしっぽの方は大きめに切って、80グラム強のものが片身で14切れとれました。

一切れ400円強の塩鮭。ちょっとした贅沢。
でも、これひと切れで他にごはんのオカズいらずです。
ウチはこれで春いっぱい楽しみたいと思ってます。(切り身をラップ・冷凍して保存中)

何切れかはスモークして自家製スモークサーモンにしようかな、と思ってたりします(*^_^*)

塩鮭を食べる前に、ちょいと人気ブログランキングもクリックしてくださるとうれしいわ~~(^_-)-☆

きょうのおまけ

「村上の塩引き鮭」記事

◆「越後村上塩引き鮭@高はし(築地場内) ≪○○へ行ってきました≫ 2008.12.17付

◆【朝】高はし① ≪お百度参り的blog≫ 2008.12.17付

◆「高はし35」 ≪春は築地で朝ごはん≫ 2008.12.18付

◆うまうま遊撃隊第164隊「築地 高はし 越後村上 塩引き鮭定食」 ≪大食い茶屋≫ 2008.12.20付

◆「越後村上塩引き鮭&刺身盛り合わせ@高はし(築地場内) ≪○○へ行ってきました≫ 2008.12.20付

などなど・・・などなど・・・・。
色々な方がいろいろな角度から検証されておられます。
どうぞ一度ご自分の五感で試してみてくださいませ。(*^_^*)

ウチのこちらの記事をご紹介いただきました。 ありがとうございます!!m(__)m
◆「築地お茶漬け@2008」 ≪春は築地で朝ごはん≫ 2008.12.30付
お茶漬け!(^○^)


ブログパーツ


その他 | 23:43:33 | Trackback(0) | Comments(12)
築地魚河岸2008・年の瀬 ≪かとう≫≪高はし≫にごあいさつ編
今日はmidoriが築地に行く年内ラストデ~~~!!!

ということで、がんばって今日中にアップめざすぞ~~~~!

今日のもんぜき通り。
おそい出撃(11時前くらい?)だったけど、まだまだ もんぜき通りは 人でいっぱい。
普段は昼過ぎには 飲食店以外は店じまい始まる時間なのに。
写真は帰りに写したもんぜき通り。 二時過ぎだけど まだこんなに人。人。人。。。
monzekidoori


人が多いもんぜき通りは避けて 直接場内に。
場内でとりあえず築地ゴハン年おさめ~~~

≪かとう≫さん(久しぶりだ~)で 初エボダイの塩焼き!(1400円)

ebodai1
エボダイ、神戸では煮付けで食べてたけど、 こうやって塩焼きも美味しいねぇ!
築地あたりじゃ塩焼きや一夜干しで食べることが多いのかな。
 
katouazisu

アジ酢も頼んじゃったよ。
シンプルな味付けが美味しい、ってのは、魚に自信がないとできないことだね。(*^_^*)

「かとう」さんについては いろいろいろいろお話がありまして
ここに書ききれず、実は「かとう」スペシャル記事を書く準備してるんですけど
なかなか完結しないままです。 来年はなんとかアップしたいなぁ。
一つだけ、全然知らない方に、ちょっと耳うち。

「名物大女将がいます!」

来年も「かとう」さんにはお世話になるでしょう。
「ごちそうさまでした」 とだけようやく声にして店を後にしました。
今日も ポンっ!と 大女将に肩をたたかれた(小突かれた?笑)のがうれしいmidoriでした。

「高はし」さんは、時間が時間だけに お店の前にすでに行列。
まぁ、仕方ないかなぁ、今日はお店に入るのは無理かなぁと思いながら 仲卸に向います。

zyounai
仲卸はすごい嵐の後のような状態に。。
きっとようやくひと段落ついた時間だったんでしょうね。
それまで物が猛烈な勢いで行き来してたなごりのようです。

仲卸はもうすっかりお掃除も終わって 朝ごはん?お昼ごはん?
束の間のくつろぎのひと時。
tosinose

いつもの仲卸さんはこの時間でもやってるので 顔出ししてごあいさつ。
今年は本当にお世話になりました~m(__)m
今日は・・・並んでる魚の顔ぶれ見て 値段を聞くと やっぱり年末価格になってる(高騰してる)とのこと。
だからって 何も買わないのもさみしいし。
可愛いコダイがいろんなサイズで入ってたので、 中くらいのを1キロほどいただく。

明日はすっかり売り場も模様替えして いつもは置いてない カマボコとか置くんだって。
「明日、明後日は 仲卸も素人さんでみっちりぎゅうぎゅう詰めになりますよ~大変ですよ~~~もうめちゃくちゃですよ~~~~~~~(-_-;)」
だそうで、私はやっぱり今日最終日にしてよかったかな、と。 ホッ。
仲卸さんたちは あと30日まで、休みなしのお勤め。
お身体に気をつけて、どうぞ無事年越し、よい年を迎えられますよう。
お店のみなさんにごあいさつをして 失礼しました。

仲卸エリア、 今年は30日まで営業。 来年初荷は5日。
来年も初荷に来ようかな。

他の仲卸さんにも顔を出しに行ったけど、 皆さんもう撤収してごあいさつはできず。
来るのが遅すぎたかもしれません。

今年は本当にお世話になりました。
また来年も よろしくお願いしますね。
なんとなく 一区切りついたホッとした気分で 仲卸を後にしました。

で、やっぱり気になるのは「高はし」さん。

takahasi

なごりおしくて、裏に回ってみたら ちょうど大旦那がアンコウのつるし切りをしてる所に遭遇!
超ラッキ~~!!
でも、ごめんなさい、大旦那の気迫に ちょっとカメラ向けられる雰囲気じゃなかったのよね。
で、画像はなしです。
ついでに、裏には 今、「高はし」フリークの間でめちゃめちゃ話題沸騰の
「村上の塩引き鮭」が なんと 箱の中で 一匹丸ごと のんびり日光浴中でした!
これもお写真は・・・・ごめんなさい・・・・・  ですが、
アンコウのつるし切りといい、「村上の塩引き鮭」といい いいもの拝見いたしました。
ありがとうございました!

といいつつ やっぱりなごりおしくて もう一度お店の前に。
ちょうど若旦那がのれんをおろしておられるところで。
「もうほとんど物がないですが、ゆっくりしていただけますよ。よかったらどうぞ」 と
声をかけてくださったので、 もうこれはお墨付き頂いたということだろう、と
ほくほくして お店の外で 少し待たせていただきました。

takahasi
(のれんおろしてる 「高はし」 さん)

今日の「高はし」 は  刺身定食1300円。
sasitei

残ってたメニューは 刺身定食と ・・・・ エボダイの塩焼き。 ハハハ・・・
くま~のこびんさんはじめ あちらこちらで取り上げられてるからかなぁ・・
私以外の方は 軒並みエボダイの塩焼きをご注文。 エボダイ塩焼き4連ちゃん! でもまぁ、私は…  

ということで刺身定食にしたのですが、

あまり大きな声では言えませんが…・ 実は私、ちょっとこのところお腹壊してたんです…・
久しぶりの生もん。
しかも・・・・・ ひょっとしてこれ、 ブリ?(゜o゜)  (カンパチにも見えるけど・・・)
ブリ、じんましん出るから もう40年近く食べたことない…・

一瞬 これはドッキリカメラ? なんて(^_^;) 
これも1年の締めにふさわしい、なにか「新たな門出」な感じがして(^○^)

頂きます~~!(*^_^*)

うん!オイシイ!!!!ヽ(^。^)ノ (味は私の食べてるカンパチとは違うわね・・・)

ということで、40年ぶりのブリ?も クリア。(しかもすごい霜降り…)
生モノも クリア。

来年は、よ~~~し、 今年食べられなかった 氷見のブリを 絶対たべるぞ~~~~!!(●^o^●)


ということで、 来年の抱負まで頂いて、「高はし」さんを失礼いたしました。
来年も 何度こののれんをくぐることになるのでしょう。
とても楽しみです。 今年は本当にお世話になりました。 ありがとうございました。

〔越後村上塩引き鮭〕の記事は…たとえばこんな方々が…
◆「高はし35」 ≪春は築地で朝ごはん≫ 
◆≪越後村上塩引き鮭&刺身盛り合わせ@高はし(築地場内)≫  ≪○○へ行ってきました≫
◆≪お百度参り的blog≫さんでは、連日塩引き鮭の話題が・・・

40年ぶりにブリを克服したmidoriにあやかりたい人はぜひぜひ人気ブログランキングへいらっしゃ~い~!

このあと、場外の様子をアップしますね!
さすがに今日中は無理?(^_^;)
でも、すごかったよ! 築地って、やっぱりすごい!
明日築地に行かれる方は・・・・・・・ ガンバッテネ! スゴイことになってるからね!!ヽ(^o^)丿


★追記★ ブリについて

昨日、私が「高はし」さんで刺身定食で頂いたお刺身に「ブリ」が入っているのではないかという
推測をしたのでしたが、どうもやっぱり「ブリ」だったようです。
●お百度参り的blog 【昼】築地高はし 2008.12.27付
赤組のサクラさんが食べておられるのはブリカマの塩焼き。たぶん、私が昨日食べた刺身のカマ??と思うのです。どうかな。
なんといっても、ぶりはこの40年近く、食べたことがない。食べられなかったから。だから味がわからない。
そうか、やっぱりあれがブリだったのか。。。。
と、昨日の味を反すうするmidoriなのでした。

ブログパーツ



築地 | 22:27:23 | Trackback(0) | Comments(4)
アマダイ(甘鯛)の季節がやってきた! 
10月ともなれば はやくも 年末が近づいてきた感じです。
いよいよ。 いよいよやってまいりました。
アマダイの季節が!
小アマダイ一夜干し<高はし>
(小アマダイの一夜干し<高はし>@築地)

オイシイ~~~~~よねっ!アマダイ!!!

ちゅうか、 私は もしかしたら 真鯛 より 甘鯛 の方が好きかもしれないくらい
甘鯛、 すき!

塩焼きにすると 
なんとも上品な透明感のある白身に、
皮の焼けたのが香ばしくて 
本当にいいお味でいい香りの焼き魚…・

思い出しただけでも ジュルっとして 目までウルウルしてきます。


神戸で 「鯛」 ゆうたら 「真鯛」 です。
「肉」 ゆうたら 「牛肉」 なんと同じくらい 「真鯛」様 の天下です。
というか、「『真鯛』 以外は鯛にあらず」とまで言い切りそうな勢いです。
それでもって、魚屋には真鯛が刺身でも丸ままでも昼網でも 年がら年中置かれてます。
正月前なんか 焼かれてしっぽ立てて 立派な船に乗せられて
魚屋と言わずスーパーと言わず もうどっこもここも街じゅう 「真鯛」だらけになるくらい。
神戸っ子は恐らくめちゃくちゃ「真鯛」好きです。

そんな真鯛の本拠地にあって 時々ひっそり顔をだす
ちょっとデコッぱちでつぶらな瞳の 甘鯛。

真鯛命の神戸っ子も タイ科でもない なんちゃって鯛の中でも 甘鯛にだけは甘くて 
けっこうやさしいまなざしを向けて
「ふむふむ、 たまにはアマでいくか」
なんて思ったりするもんなんです。 (ほんまか?(*^_^*)

アマダイの唯一の欠点は 値段が高い ということ。
あと、大きいのは京都とかいっちゃう、ということ。
京都はアマダイとかハモとかの集結地ですもんね。
まぁ、アマダイは 小さいのでも十分お高いので
大きいのが入っても買えへんのですけどね。

それに神戸は、他の魚も 新鮮で安くて美味しいから 
アマダイにまでは わざわざは手を出さないってのもあるのかも。

                  ********

え~、ところで。  
実は 築地にもアマダイが 集結してくるんですよ!!!!
それこそ一年中 アマダイがデコッぱちを揃えて トロ箱でねんねしてる姿を
仲卸で見てきました。
しかも、 2キロ位の でっかいのが入る。
しかも、 白いアマダイも 赤いアマダイも 入ってくる。

関西では白いアマダイも けっこう多いと思うんですけど、
築地では 白いアマダイは なかなか見かけない。
それ以外は アマダイは それこそ 神戸の魚屋の真鯛並に 築地の常連客です。



今年の1月。
まだ築地にあまり慣れてなかった頃。 ようやく顔見知りになりかかってた仲卸さんで
立派なアマダイを発見。

結構なお値段だったんですけど
どうしても欲しくて これまた 清水舞台で 買っちゃいました。 1.2キロで6930円。
これがめっちゃ美味しかった!!!
まず、3枚おろしにして 少しだけお刺身。
甘~~~い!
そして そのまま昆布ジメにして 次の日も、その次の日も、
ちょっとずつ ちょっとずつ削るようにして食べる。

うううううう うま~~~~~~~~~~~~ヽ(^o^)丿★★★

お値段はめちゃ高でしたけど、それだけの価値ありでした。
この1年、それこそ東京に来て以来20年分位のお魚を食べたけれど
その中でも 3本の指に入る美味しい記憶です。

写真は 探したけど 写してなかったのが残念。

アマダイの昆布ジメ は もともと好きだったんですけど
築地でいつもお世話になってる「高はし」さんの 小アマダイの一夜干しがめっちゃ美味しい!
という話を何度も聞かされて・・・
いつもお世話になりますつきじろうさんと、「高はし」さんのメニューから。
◆「築地高はし:アンコウ煮をめざせ!+α」 2006.12.15 ≪春は築地で朝ごはん≫
とにかく「高はし」の小アマダイの一夜干しは 一度食べないとダメらしい。(*^_^*)

なかなか「高はし」でアマダイに出会わなかったので 自分で一夜干しにして二度ほど食べてみました。
築地のアマダイ
(アマダイ@築地仲卸にて) 一夜干しにはこれくらい(300g位)のが手頃。

自家製でもアマダイの一夜干しは うま~~~~~!(*^_^*)



記事を拝見して半年以上たったある日。
とある情報筋より タレこみ有。
「明日明後日あたり、高はしに 『小アマダイの一夜干し』 が 入りますぜ。お嬢さん」 (ここらあたり若干フィクションあり)
お嬢さん、に気をよくした私は スケジュールを無理やり動かして
さっそく次の日、 築地に向かったのでした。(*^_^*)

じゃじゃじゃ~~~~~~ン!!!
高はしアマダイ!
高はしの小アマダイ一夜干し(単品3000円)  
やっとこさ ゲット~~~!!!!!(^○^)
おいしいぃ~~~~~!

香ばしい!上品なお味!!!   ヽ(^o^)丿  ウマ~~~~~!!!!!!!!★★☆
アマダイは身も美味しいけど、 香ばしく焼き上がった皮が最高ウマ~~~~!!!!!★★★

この焼き加減は ウチではできないなぁ!!!(*^_^*)
今回、2度目のカウンター一番奥かじりつき席だったので
厨房の中が丸見え、串を打たれたアマダイ四匹が 
一斗缶の上に並べられて焼かれている姿を 初めてじっくり拝見しました。
ああ。 あれが 「高はし」さんの 絶品焼き物を製造している
「遠火で直火」マシーンかぁ!!!! 
秘密兵器まで見せてもらって 本当に嬉し美味い今日この時。   


この日は私の次の人も、その次の二人連れさんも 「小アマダイの一夜干し」。
その時点で 完売!!!!! おおお。ギリギリセーフだったぁ・・・

うま甘ホカホカしっとりの アマダイに ホフホフふぐふぐ 食らいついておりましたら
とあるお客さん(臨時的小アマダイ一夜干し仲間)が
「これ、骨なんチャラ(なんて言ったか忘れた)にできますか」 と。 
若旦那が「できますよ」 って、 私にも大きなお椀を持ってきてくれました。 
「やります?」 はい。もちろん!

で、 身をむしった骨をお椀に入れて待ってると 小口切りネギと超沸騰したお湯を注いでくれました。
チョコッと醤油を入れて お味は・・・・
骨汁?
ううううう、
ウマぁ~~~~~~!!!!!(●^o^●) ★★★


とにかく 身だけでなく 骨皮ぜーんぶ美味しい アマダイ。

これからが ますます美味しくなるシーズンです。
みなさま。 この冬、アマダイを食べ忘れないよう ご注意くださいね!

≪参考資料≫
◆シロアマダイ
◆アカアマダイ
◆旬のお魚「アマダイ」 


【追記!】 2008,10,10

明日(10月11日土曜日)、 またもや小アマダイの一夜干しが
「高はし」さんに登場するようです!
「【朝】築地高はし」 2008,10,10 赤組のさくらさんの≪お百度参り的blog≫
「高はし」情報は最近こちらが最強(なんせほとんど毎日「高はし」ネタをアップされています)。
今が「小アマダイの一夜干し@高はし」のピークなんでしょうか? 
チャンスを逃さないように!! 皆さま!(*^_^*)


アマダイもビックリの人気ブログランキングへ~!

ブログパーツ

築地 | 15:15:22 | Trackback(0) | Comments(16)
秋の「高はし」巨大カマスとマグロ考
今日も食欲の秋のmidoriです。
藍ののれんがきりっと引き締まる今日この頃

さて。 タコ事件が一応解決したかに見える今日この頃。
ようやく落ち着いて 秋を満喫する気分になってまいりました。


先日の「長崎は今日もタコだった」 は 実は
前回の築地土曜会でお会いした まさぞうさんとの 築地デートの日でした。
前回の築地土曜会が仲卸デビューだったまさぞうさん。
今回はすこし買い物の狙いを絞った仲卸見学されたいとのことで 恐れ多くもわたくし御案内役を。
といっても、 私のいつものお買いものに まさぞうさんを引きずりまわしてたという噂も…

なにはともあれ、 まずは朝ごはんです。
集合場所は 築地場内8号館「高はし」前。
そうそう、まさぞうさんとニアミスが発覚したのは 
プレッツェルさんを「高はし」さんにお連れしたあの日。
夏休みだ!第三弾!「高はしで築地朝ごはん三昧」日本一高い秋刀魚&煮魚四天王、実食! 2008.8.13付)
まさぞうさんは今はすでに「高はし」さんの常連さんです。

「高はし」も 秋の魚で賑わっています。
今日の壁新聞
わたしはいつものアナゴ丼~~~! 1100円。
いつものあなご丼!
あら、まさぞうさん、カマスの塩焼きたべるの?
おいしそう~~~!! それ、私もたべます~~~!!
へぇ~~~  カマスって今が旬なんだ~~~。

カマスの塩焼き 1500円(単品)。
カマス!
で  でかいっ!ヽ(^o^)丿
カマス!!
でかい~~~~!!!!!ジュワーーーー!
ほええええ~~~~ジューシ~~~!!! いい香りねぇ・・・ (*^_^*)

美味しいカマスの塩焼きをたべてたら 「高はし」さん常連さんのまさぞうさんにみせようと
親父さんが スリコギみたいにカマスをぶら下げて出てきました。
「これ、ほら、でかいだろう」
うんうん。でかいでかい!(*^_^*)

ふだん ほとんど黙って食べて帰るだけのmidoriですが、
今回はまさぞうさんと三代目さんの楽しいおしゃべりにも加われて
とても楽しゅうございました。

しかしでかいなぁ~~。ビックリ。
これはアカカマスという種類らしい。 大型で秋に脂がのってうまいとか。→アカカマス(市場魚介類図鑑)

高はしさんで食事の後、 仲卸で買い物。
だいたいいつもの予定通り買い込んで ふと 最近新たにお付き合い始めたお店に寄りました。
あ!カマスだ!

さっきの巨大カマス。 おススメですって。
お刺身で食べられるよって言われて、とりあえず2匹購入。

まさぞうさんとそのあと場外も回って お昼ちょっと前に解散。
まさぞうさん、半日お付き合いいただき 本当にありがとうございました。

ということで  巨大カマス(アカカマス)in midori自宅。
アカカマス
内房のアカカマスキロ2300円を2匹0.75キロで1811円(税込)一匹400g弱ですね。
あ、あまりにでっかいんで 30センチ定規を置いてみました。
目玉からしっぽまでで30センチ。
カマスって こんなにでかいものなのね。

腹を出してちょっと身を味見したら たっぷり脂がのってて 味も濃厚。
確かにお刺身でも行けるかも。
でも、ちょっと水っぽい感じもあるなぁ。
「高はし」さんで塩焼きいただいて思ったんだけど こいつは一夜干しが激ウマなのでは。
(最近一夜干しにハマってるmidoriなのです。 今日の買い物のエボダイも一夜干し用)

ということで腹開き、塩して、一夜干ししました~~~。
アカカマス
ううう、でかい・・・・
サンマ用のお皿にも乗り切らず、今年初めて まな板皿だしました~(^_^;)
一夜干し~!
「高はし」さんのまねして ちょっと斜めに包丁目入れてみました。
身です!
う・・・・うま~~~~~い~~~~~ヽ(^o^)丿 ★★★

いや~~~、びっくりしたぁ~~~!!
一夜干しにすると 味が濃縮されて めっちゃウマい!!
香りもいいけど、焼くときあまり脂が出ないのに 身は脂たっぷりの濃厚な魚うま味。
上品な白身だけど味は濃厚、という、明石の鯛に脂が乗った時のような感動。
カマスって、こんな魚だったのね~~~!
こんな美味しいお魚だということをおしえてくれた まさぞうさんと 「高はし」さんに 感謝!

新しい秋の味覚との出会い。
今回も素敵な築地行きとなりました。
ごいっしょしてくださったまさぞうさん、本当にありがとうございました。m(__)m

              ********

ところで、東京で 代表的な魚 と言えばマグロですが
「高はし」さんで このところ何回か マグロを食べました。

本マグロ(写真なし7.4) これは 今まで食べた本マグロの中で一番美味しかった。
きめ細かくて濃厚な味で 酸味というよりむしろうま味に感じる肉質と、
口の中では脂がまったりとからんでくるのに
たべおわると後味がすっきりして心地よいのが印象的でした。

大メジマグロ単品2000円(9.19) 右側に置いてあるのがトロっぽい部分。
大メジマグロ
刺身定食(1300円)の盛りあわせのマグロ(奥。たぶんメジマグロ)(9.24)
刺身盛り合わせ

関西では キハダマグロ が主に流通してるらしいので (キハダマグロ→市場魚介類図鑑
東京に来た頃は 神戸で食べてたマグロと色も味も 全然別の魚かと思うくらいの違いがありました。
特に私が子どもの頃は スーパーなどで買うマグロって
冷凍を解凍したものがほとんどだったんじゃないかな。
当時のマグロの冷凍、解凍も、東京のスーパーの方が技術が上手いのか美味しかった。

メジマグロというのはなんのマグロなのかわからないけど
マグロの幼魚 というかんじなのかしら。
仲卸でも見かけます。

蕎麦もだけど、マグロも、東京が美味しいなぁ。(安いし…)
マグロ、魚の種類も部位も選び放題できるのは東京ならではかなと思います。
東京は青魚が好きなのかな。
ウチの近くのスーパーでは今、マグロとサンマのコーナーが それぞれ一角を占拠しています。(*^_^*)

これからも時々マグロ写真をアップしますね。
人気ブログランキングへ

ブログパーツ


築地 | 22:59:10 | Trackback(0) | Comments(10)
夏休みだ!第三弾!「高はしで築地朝ごはん三昧」日本一高い秋刀魚&煮魚四天王、実食!
夏休み、まだ続いておりました・・・
今回は・・・ また 築地ネタです。(*^_^*)

春につきじろうさんの築地ご案内ツアーで知り合った ≪いい日♪たべだち≫のプレッツェルさんが
お友達と熊本から上京されるとのこと。
 (詳細は つきじろうさんの≪春は築地で朝ごはん≫◆築地市場お散歩メモ: 5月10日

築地朝ごはん、 いたしましょう!

ということで 待ち合わせたのは 土曜朝8時の 「高はし」 前。
行列に並ぶ!

おおおっ!
「高はし」で はじめての 行列体験~~~!
(よく考えたら 築地で行列 初体験~~~!)
お店のシャッターはまだ上がっていません。
もう8時だけど・・・


土曜は 店頭インフォメーション(?)にも こんな感じで
「行列の並び方」 の お知らせが加わっております・・・
行列の並び方
お店の前に4列になって並ぶことしばらく…
私たちは先頭から15人目位。
シャッターが上がって、第一陣が店内に入った後も外でしばし待機。
外メニュー
外で待つ間に、店頭おススメメニューを読みながら あれとこれを注文しようか、と相談。
お店に入ったのは9時ちょっと前?

今日は・・・・
築地も高はしも初めての プレッツェルさんのお友達は 
私がいつも食べている あなご丼!を ご注文! (非常に手堅い選択です!素晴らしい!)
アナゴのあの柔らかさ、「美味しい」って食べておられたので 私も嬉しい!(^_-)-☆

プレッツェルさんは このところ某ブログでめっきり 今シーズン注目株の 
「解禁!日本一高い(18入) 新サンマの塩焼き」!
単品2000円(定食2300円) を ご注文!
秋刀魚!
いや~~~!これがウワサの 高はしのサンマの塩焼き ですか~~~!
脂と皮がジョワッと焦げて 香ばしい~~~~~!!!!
高はしさんの塩焼き系って、 出てきたとき 「おっと!」 と思わず言ってしまいそうになるくらい
黒くなってるけど これが 苦くなくて香ばしい というのが とても不思議なんだよね~~~!!!


一口お相伴させていただきました。

ハラワタの脂がみっちり☆   トロロ~~~~~~~~~~ん!!!!!
ちょっとほろ苦いワタと トロロ~~~ンとしたワタの脂。
香ばしく焼けた、ウマ味ののった身を ひとまとめにして 一口でいただきます・・・

オオオオオ~~~~~~!!!!  これは・・・・・
う;;;;; ウマい!!!!!! ★★☆

今まで食べたサンマのなかで トップクラスの美味しさです!!!
これはきっと サンマ好きには タマらない美味しさなんじゃぁないでしょうかっ!(●^o^●)

ちなみに、こちらのさんま。 18入 というのはトロ箱に入っているサンマの数。
(この18入については 後ほど卸売りの方でみたけど、18というのが最少。
 つまり、今のサンマとしては 最も大きいタイプ、ということですかね!)

それと 「空輸してるから 普通より1日早く手に入ってる、ということ」  と
これは 大旦那のお話。

脂がしっかりのったでっぷり育った、 しかも新鮮なサンマ。
そりゃぁ、おいしいはずだぁ!!!!


たまたま同席の男性が「18入」について説明をしてもらっていたので
とても勉強になりました! (^_-)-☆

ん? 空輸のサンマ?
なんだか聞いたことあるなぁ~~~!!! しかも 神戸関係で!

そうです。 早坂さんの≪神戸っ子ゴハン≫ 去年の秋の記事でした…
●【ザ・シェフリンク再訪編】北海道から毎日空輸!空飛ぶ秋刀魚が夢に出てきちゃう(><)~加納町「味加味」 2007.9.7付
美味しいものは空を飛んでくるのね~~~!


さて。 今日の私のメニューは・・・・・


食堂高はし煮魚四天王  北海道産釣きんき煮(限定5本) 3500円。
煮魚四天王!

煮魚四天王????
なんですか、これはいったい!!!???

気になってたんですよ~~~ 店内の品書きにくっついてるポップの このお言葉!
ひとつまみ
最近、魚の種類と煮汁の味付けの関係に とても興味があります。

今日は一人じゃないから 「清水舞台」の心境で 頼んでみました。
みんなだって 食べてみたいじゃない? 気になるじゃない?
高はしさんの 煮魚四天王!

最近の私の研究によると、 高はしさんの煮汁、 魚の種類によって味が微妙に違うみたいで。
この魚の煮汁は…・ ちょっと甘めの濃い口しょうゆ味。
ということは。。。。 脂が多い魚!!

お汁のちょっと甘い香りが サンマとはまた違って 食欲をそそります。
皮全体がトロロ~~~~~~んと ゼラチン質よ~~~~! (●^o^●)これは 素晴らしいです!
脂の多い魚、アカムツの 身全体に脂があるのとはまた違った感じ。
同じ高はしさんで何度か頂いたことがある 「きんめの煮付け」と比べても
脂ののりが断然すごい。

皮目だけでなく 目の周りのとろんとしたゼラチン質や骨の周りに プルンとした脂身が
と~~~~っても タ~~~~ップリ~~~~。(^○^)

甘辛く煮付けた魚の旨味とともに脂とゼラチンが 濃厚に口の中に広がります。

ウマ~~~~~い!!!!!!ヽ(^o^)丿★★★


次はいつ食べられるかわかんないけど ほんまに美味~~~~~い~~~~!
東京の魚の煮付けも オイシィもんやなぁ。 (しみじみ・・・・)

御馳走様でした!!!!



高はしさん二回目のプレッツェルさんも 初築地のお友達さんも 
築地朝ごはんを 満喫していただけたところで 仲卸エリアへ!

この間 早坂さんと一緒に歩いた 氷屋さんのところを また通ります。
仲卸へ!
さっきのサンマの「18入」 さっそくありました!
18入り
1キロ700円。 1キロといえば、4~5本くらいでしょうかね? 4本として 一本200円弱。
空輸したものは これに最低空輸料金&サーチャージをプラス?? (^_^;)

ところでサンマのこと 「午」 って書いてあるお店が多いんだけど。 「午」ってなんでサンマなのさ?

あ。 プレッツェルさんと同じ 熊本産だ!!!
 熊本産のハマグリ
嬉しいね~~~! 熊本産ですってよ! プレッツェルさん!!(*^_^*)
振り返ると プレッツェルさんも写真撮ってた… (●^o^●)
増えてないか_??
ところで、 前回このお店の前を通った時に比べて。。。

増えてないか????

(ちなみに 前回↓ この時はたぶん、記憶によると、キリギリス3匹だったような・・・)
マグロの横に・・

しかもムシだけじゃなく カエルみたいなのまで…・!

ハモも、とうとう骨切りしてあるのまで 並ぶようになりました。
骨切りしたハモ
「切りハモ キロ2800円」
ハモの値段はピンキリで、切りハモになると元がどんなハモだったかお店の人に聞かないと分かんないね。
こうなると スーパーでパック詰めになってるのを買うのと あまり変わらない感じがするけど・・・
今年は 骨切りした生のハモ、もう2回はスーパーで見てます。
どうも、 ハモはついに関東に大掛かりに進出しようとしているらしいぞ!!!(*^_^*)



なかなか連ちゃんで築地訪問することはないんですが
今回 連ちゃんならではの面白さがありました。

日々刻々 築地の表情も変わってるんですね~~~!

プレッツェルさん。 プレッツェルさんのお友達さん。
本当に楽しい一日でした。ありがとうございました!


【追記】
2008.8.31に「高はし」さんがテレビ初登場!
「旅の香り」旅日記築地編 朝日放送
煮魚の煮汁についても詳しく説明しているなど、かなり突っ込んだ内容でした。

当然ですがつきじろうさんも記事にされています。 放送内容がわかりやすくレポートされています。
◆≪春は築地で朝ごはん≫ テレビ視聴メモ 2008.8.31付

プレッツェルさんの当日の記事はこちら! 美味しそうなサンマ記事で~す!
◆≪いい日♪たべだち≫ 「空飛ぶサンマと四天王と」2008.9.15付

つきじろうさんの「四天王きんき」記事がアップされました!
さすが、つきじろうさん! きんきのアップ写真見ただけで私、思い出しオヨダが・・・・
◆≪春は築地で朝ごはん≫ 「高はし33」 2008.9.21付


クリックしてちょんまげ→人気ブログランキングへ~~

ブログパーツ


築地 | 22:43:45 | Trackback(0) | Comments(29)
 夏休みだ!第二弾 「神戸っ子ゴハン、築地に現る!」 その1:築地ラーメンの「井上」&早坂さん、一人じゃないのね?!
ハモ三昧からスタートした私の夏休み2008.
なにか今年はスペシャルなことがあるんじゃないかな~。 と思っていたら、
つきじろうさんから またもメールが。

「早坂さんが東京にくるので 一緒に築地で朝ごはんしませんか?」

もちろん行きます。行きます。 初対面だぁ~~~!
ということで 集合時間は午前7時前。 集合場所は地下鉄築地市場駅。
了解です!!!

さて。  朝六時半の築地。
朝ごはんまで間があるから ちょっと なにかつまんでいこうかな。
ということで 築地でラーメンといえば「井上」さんにGO!
築地井上

初「井上ラーメン」です。
行列もすごいけど、 築地でほかに食べるもの(食べなきゃと思うもの)がたくさんあるので…(^_^;)
ついついいつも 通り過ぎるだけのお店です。
でも、気になってたんだよね~~~~~!!!!!!!!!

はい。 ラーメン!
井上のラーメン

一口すするなり をを!課長かっ!!!!
猛烈なインパクトの課長を感じ、一瞬たじろぐ。
思ってない展開…この先大丈夫だろうか?

気を取り直して 麺を。
築地井上麺
細い縮れ麺。
思ったよりかん水っぽくなくて、でも玉子麺でもなくて。
チャーシュー(神戸で言うと いわゆる煮豚ね)は とても家庭的な味、というか、
家で作る、豚のモモ肉をニンニクとショウガで茹でただけの「茹で豚」にとても似てる。
この茹で豚・・もとい、チャーシューは お汁の課長感と ミスマッチだなぁ。美味しい。
とおもって お汁をもう少し味わっていくと、 不思議ふしぎ。
課長刺激はどんどん薄れて ひたすら豚さんとかそういう獣系の濃厚さを感じ始める。
今まで食べたことのある 「昔ながらの醤油ラーメン(というのが東京にはあります)」は
どちらかというと魚(にぼしとか)や昆布が獣系のお出汁と合わさった、和風の醤油味が鄙びた旨さで
それはそれで好きなんだけど
こちらのは 魚や昆布の風味はしなくて、神戸でよくある鶏ガラスープな感じもない、
いままで 体験したことのない味!
食べ終わってみると、なかなか印象に残るラーメンでした。


思った以上に 「井上」のラーメンのことで 頭がいっぱいになりながら
集合場所へ。

おおお。 柳の下に つきじろうさん。
柳の下につきじろうさん。

待つことしばし。
あらわれた早坂さんは なぜか ごっつい外国系ボディーガードを3名も従えて!!!
場外へ

早坂さんが築地の駅で この3人に 「築地市場はどっち?」 と 聞いた御縁で ご一緒することになったみたい。
日本で日本人が 外国人に道を尋ねる ってなぁ、初めて聞いたよ ・・・・(^_^;)

ウェルカム~~~ ようこそ~~~築地へ~~~~  はやさかさ~~~ん!!!!
人数が増えて しかもインターナショナルなグループになっちゃいました(^_^;)
つきじろうさんと 早坂さんに おしゃべりはお任せ。
楽しい道ゆきになりそうです。
さっそく場外へGO!!

早坂さんの一眼レフが 肩にかかった 赤い築地キティちゃんエコバックからとりだされ
既に臨戦態勢。
すごい勢いで シャッターが切られていきます!!!
まずはもんぜき通りで。。。
写真を撮ります。
まだまだもんぜき通りです。。。
写真を撮ります。。
築地では最近松茸を見かけるようになりました。 中国産だそうですけど。 
右手に見える箱はじゅんさい。 いま、築地には松茸、じゅんさい、ハモがそろい踏み!
松茸です。
岩牡蠣を食べているところにも カメラは食いついていきます(*^_^*)
写真を撮ります。。。
他の取材班も築地にはいっています。 築地でよく見かけます。取材の人・・・
取材?


そろそろ 朝ごはんを食べましょう…ということで 場内に向かい始めます。
やっと移動です。
場内に入ってすぐ、築地らしい自転車発見! もちろん激写です(*^_^*)
有名お寿司屋さんの自転車です。
今朝の朝ごはんは 「高はし」 さん。
今日の朝ごはん
つきじろうさんが ≪神戸っ子ゴハン≫早坂さんのために選びに選んだお店です。
私は…いつもの・・・あなご丼。(^_-)-☆
皆さんは刺身盛りやキンメ煮付けやギンダラ西京漬けやらを頼んで分けっ子です。
「高はし」あなご丼
外国からのお客人達、 お箸、上手につかって食べておられましたよ。
お刺身、おいしかったかな?

私は先に食べ終わって ちょっと用事を済ませて ちょっと寄り道…
(神戸っ子にもなじみの京都の老舗【有次】さんから分かれた築地有次さんは場内場外に店舗があります)
有次さん


ご飯を食べ終わった3人の外国からのお客さんは ここでさよなら。
よい旅を!

私たち3人で場内に入っていきます。

早坂さんの激写はつづく・・・


(^_-)-☆お世話になりました~~! 楽しかったです~~~! 
            つきじろうさんと 早坂さんの記事はこちら。(^_-)-☆

◆つきじろうさんの≪春は築地で朝ごはん≫ 「高はし」31 2008.8.4付  

◆早坂さんの≪神戸っ子ゴハン≫ ●【特別番外編】世界一の魚河岸で食す 想像を超えた朝食\(◎。◎)/  2008.8.8付

人気ブログランキングへ

ブログパーツ


オフ会 | 22:03:12 | Trackback(0) | Comments(6)
そうだ 築地、行こう③ 築地の食堂は極上の定食屋さん!
今思えば 築地 というのは でっかい市場なんですが
卸売市場 っていうのは 一般客相手の普通の市場とは ちょっと勝手が違う。
今回行くまで 築地のことは 漠然としか知らなかったんで
おおむね 通行証とか鑑札とか 持ってないと入れないんじゃないか というようなイメージだった。

実際、よく映像で流されている 築地で一般客が買い物をしている風景は
セリの行われる 【場内】 ではなく、隣接する販売店が集まった 【場外】。
こちらは 以前から美味しい寿司屋や鰻屋があるという話は聞いていた。

ところが 今回 築地指南をしてくださったつきじろうさんのブログを見ると
ご紹介のお店の多くが 【場内】 にある。

じつは、 最近築地は【場内】を一般客に開放しているのだそうだ。
セリなどはもちろん業者のみの参加となるが、 それ以外の場所、 【場内】の卸売りの店舗や業者さんの御用達食堂なども 一般客が利用できるようになったとのこと。


そうは言われてもねぇ。

「卸売市場」で検索してみるとわかると思うけど
一般客に開放してる卸売市場、しかも その地域の流通の中心になる
「中央卸売市場」 で 一般開放してる所。
ないわけではないようだけど、 セリなどはもちろん一般客はできないようだし(見学できるところはあるようです) 販売も卸売りが基本をうたっているところが多いみたいだ。
(一般客向けにHPで積極的に買い物を呼び掛けている卸売市場もあって かえって興味深かったけどね! 行ってみたいと思ったよ!)

卸売相手のお店を 小売りと勘違いするところから発生するトラブルの話も さもありなん。
普通は卸売りのお店に 素人さんは入れないものね。 そこでの勝手は分かんないよね。

私は普通の市場も好きだけど 仕事で業者相手の卸売市場にも買い出しに行ったこともあるので
築地の場内に入るのは 正直おっかなかった。

でもま、 入れるって書いてあるんだから 入ってみよう。
【場内】 も 一般客に開放するようになって 最近の「築地ブーム」を盛り上げているようだとも。
海外からの観光客の見学ルートになっているとは 今回初めて知りました。

ただ、やっぱり業者さんの邪魔はしちゃいけないと思うので
車の通りや 荷台の動きには 注意を払って歩きました。

ちなみに 神戸の卸売市場というのはありますが (神戸中央卸売市場
どこにも行ったことありません。 というか、 一般の人が入れるようではないね、やっぱり。
  



ところで、 まさか 本当に簡単に 【場内】 に入れると思ってなかったんで
カメラ持って行きませんでした。
それどころか 築地に着いてみたら なんと携帯のバッテリーもほとんどない。

だから 今回の築地の現場写真は 結局 この二枚だけです。m(__)m 


最初にお昼に入ったのが こちら。

あんこう屋 高はし


つい先日、 朝の情報番組 「とくダネ」で こちらのスーパーあなご丼
(2000円 写真とお料理の詳細はつきじろうさんのブログで! →こちら「スーパーあなご丼」
を 出演者の皆さんが 実においしそ~に食べてらした直後でした。

もちろん、その前から つきじろうさんのブログでこちらを第1ターゲットにしていたのでした。
(≪春は築地で朝ごはん≫ あんこう屋高はし メニュー画面はこちら
でも、 テレビに出たばっかだし、もともと混んでそうなお店なんで ちょっとどうしようかと思ってた。
でも、店の前に人が並んでるんで 後ろでしばらく様子見てたら、 並んでるのは隣のお店で、こちらにはまだ行列が出来てなかった。 超ラッキー!

私は 普通の あなご丼(1100円)を頂きました。
東京の やわらか~く煮たあなご。 ちょっとだけ甘いけど おおむね魚の旨みがくっきり伝わる醤油メインの美味しいタレがかかっていて、 そこにワサビが盛ってある。
これ、まさに私の大好きな 東京の柔らかあなご です!

そうそう。 東京の柔らかいあなごも いいもんだよ!
(写真なくてごめんなさい。 つきじろうさんの写真をたっぷりご覧くださいね!)




ついでに 探してみたら 結構空いてたのでついつい入ってしまったのが こちら。
豊ちゃん 


こちらもつきじろうさんのブログでチェックした お店。 (→ つきじろうさんの 「豊ちゃん」メニュー画面
なんと、チェックして入りたかったお店のワン・ツーに 初回にして入れてしまったのでした。

こちらではさすがにご飯は食べられないので カキフライの単品で。
カキフライ6個、 お値段は1200円位だったかな? 
カキフライは大好きなんだけど、 カキはフライにしても 生臭さというか、磯臭さというか
そういうのが残ってたりするでしょ。
実は私は生のカキが苦手なのは あの匂いが苦手だからだったりする。
生で食べる 酢ガキ でも 全然駄目なんだよね。

豊ちゃんのカキには そういう臭さが、全然ない。
これなら 次回は カキの煮たのをどんぶりにする 「生かき丼」 にチャレンジできそう!


どちらのお店も 味噌汁がうまい!
お出しがちゃんとおいしい!
神戸の実家で とれたて昼網の魚を買って帰って料理するのと すごく近い。
素材の味を最大に引き出す味付け。
甘辛じゃない、 味!

最高のお魚料理 いただきました!!!
しかも、 お店の方たち、 シャキッと仕事師!
飾り事はいらない。 はっきりものを言う。 でも、 スッとお味噌汁サービスしてくれたりする!
私しゃぁ、 惚れちゃいましたよ。 築地の料理にも お店の人たちにも。

ごちそうさまでした!!!


                     ******

築地は 全然生臭くなかった。
神戸で毎日通ってた 駅前の魚屋も 休みの日はちょっと生臭いことがあるけど
普段はぜんぜん 生臭いと思ったことがない。

東京で スーパーの魚売り場や調理場の裏で 時々ドキッとするほど生臭く感じることがあるけど
そういうのは 築地にはない。

磯の香り、とでもいえばいいのかな。
私は さかな屋さんといえば この匂いなんだけど。




アクセスランキング
ブログパーツ

築地 | 23:46:19 | Trackback(0) | Comments(4)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。