■お知らせ
■『築地あるき』

楽天ブックでどうぞ~~!!

■ブログ内検索

■ユーザータグ
■こんな感じで書いてます
■最近の記事はこんなです。
■神戸で生まれ育って18年。

Author:midori
今では東京暮らしの方が長ぅなってしまったけど、大好きな神戸にいまでもこだわりがあります。
山と海がないとね~
(本文中の写真はクリックすると少し大きくなります)




神戸の会社設立屋が送る神戸時計

■ブログ全記事表示
■RSSフィード
■コメントありがとうございます。
■とらばしてもらいました
■イカナゴのクギ煮アンケート!

イカナゴのクギ煮のアンケートにご協力ありがとうございました。 こちらの記事にまとめました。 イカナゴのクギ煮アンケート結果報告 これからも宜しくお願いします。

■いつもお世話になってます
■❤ New Entry

■ページランキング :2007.10~のエントリー

■過去記事2007年度

■FC2カウンター
■訪問中!

■リンクサイト

好きです神戸

■ネットショップ





スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
築地の人におすすめの神戸の名店はこれだっ!
先日、こちらでも紹介しましたが


「神戸で何食べたらいい? by 築地の人」

という問いかけを ツイッターとこちらでさせていただきました。

で、いろいろなご意見いただきました!ありがとうございました!!
こちらにまとめて ご紹介させていただきますね!
(掲載順はツイート順、店名リンクは公式HPないしは食べログとさせていただきました~!)

(→神戸で美味しいもの、といえば 今年も近づいてきた「神戸フィエスタ」のサイトはこちらです!一番下にも情報掲載しました!見てね!↓)



<明石焼(たこ焼き)>

◇ たちばな (三宮) いち早く 旅行大好きさんからいただいたコメントは 
    やっぱりね。やっぱりこれだよね!

    ウチのブログはたこ焼き(明石焼)ブログ。この「たちばな」さんには
    ヒトカタナラヌお世話になった長い歴史があるのです。
     →ウチブログ◆たちばな (三宮)  親子三代「たちばな」通い。。。

    (私のおすすめ)☆今中(明石) →Twitter   ☆ゆき(長田) →Twitter
  

<イタリアンっ!>

◇ リュリュ (三宮)  マンガでこの店を知ったと仰るが そのマンガってナンだろう???
   手頃なパスタのお店として利用されている方も多いようですね。
   私は行ったことあるのかな?こんど店を偵察してこなくちゃ!



<もちろん スイーツ!>

◇ はらドーナッツ(三宮など)  確かこれって神戸でしたよね??と推薦いただきました。
    もちろん!神戸ですっ!
    テイクアウト専門店がほとんどで、イートインはなんと
    東京の吉祥寺店のほうが神戸より早く出来てたんですね。
    いまでも続々全国展開増殖中!!むしろ東京での人気の方が高い?と思うくらいです!

◇ イグレック・プリュス (三宮) 東京でも話題のパンのお店・・・と思ったら 
    三宮にはレストランもあるんですね!
    元々は神戸北野ホテルのこの朝食の評判が良くて憧れでもあるのだけど
    疑似体験ができるのかしら?一度は本家に行ってみたいものだと常々思っております!



<そしてもちろんもちろん!!!中華~~!!!>

◇ 香港茶楼 (元町) 中華というと観光地的にはもちろん『南京町』が有名ですが
    神戸在住者は意外に 南京町から外れた中華屋さんに行く傾向があるんじゃないか?
    と私はにらんでます。日曜も南京町は混んでるけど他はそうでもないしね。
    だいたい神戸って全域に本格中華の店が散らばってるよね。

    そういった南京町以外の中華ということでは こちらのお店、うちでもよく行ってました!
    「飲茶」という言葉は ここで知ったんじゃないかなぁ。。。
    最近の「飲茶」ブームのず~っとまえからあるお店です.
    震災後もこの店が以前と同じ場所にあるのを確認してホッとしたのを覚えています。
    ちなみに 東京の六本木にも同名のお店があるけど、あれは別のお店のようです。

  ◇千代 (三宮) 広東料理、お好み焼き、餃子。。。って。。。一体何のお店?
    びっくりな中華&お好み焼きのお店を紹介してくださったのは 
    神戸と築地を行ったり来たり の人。
    中華食べた後にお好み焼き食べるのかなぁ??あるいは逆??あるいは片方だけ??
    謎は深まるばかり・・・ 現地調査するしかないカァ・・
  
  (私のおすすめ) ☆別館牡丹園(元町) →Twitter



<もちろん神戸と言えばフレンチ!>

◇ 和楽  こちらのお店、存じ上げておりませんが、食べログページをみるとびっくり。
    控えめな得点とは裏腹に ブログサイトでは絶賛の嵐。
    こういう洋食の店が神戸には多いんじゃないかしら。知る人ぞ知る店。
    こじんまりしながらも美味しくて 地元の人に愛される店。


◇ レストロ・エスパス
   食べログの神戸洋食系の評点って、結構シビアなんですね。
    そのわりにすごい高得点のお店もたくさんあって、なんか神戸のサイト見てるだけで
    「神戸って どんなとこなの?」ってワクワクしちゃいます!(元住人なのに!)

    
    その中でもなかなか高得点のこのお店。
    食べログ写真みてて 「雷鳥のパテ」・・・ ライチョウのバテェ~~~?????!!!
    食べてみたい!!!!
 
    (私のおすすめ) ☆ルセット (三宮)→Twitter 1 Twitter 2

<じつは和食も・・・> 

◇ 玄斎  予約が取れるなら、という条件があるようですが、昼のお任せ5000円がおすすめようです!

◇ くやすけ  昨年できたばかりのお店ですね!
    
いま神戸でトレンド(?)の垂水です!海鮮系のお店が昔から多い場所ですね!
    どんな店なんだろう??!!ジモティとしては気になります!

      ・・・・・・

「築地の人」が神戸でお食事したいとおっしゃるその日は なんと 神戸祭りの日!

<お昼は 神戸祭りの屋台めぐりでしょう!>   ・・・・という いかにも神戸~なノリのおすすめもありました!
    神戸祭り40

      ・・・・・・


やっぱ 神戸 ゆうたら  でしょう!
ってことで

<やっぱ 神戸牛かな>

 ◇ たじま屋 (神戸) 神戸牛、といいながらなんか屋台っぽい雰囲気?ここ,行きたい!!

 ◇ モーリヤ (三宮) 神戸牛って、実は神戸に居たときはあまりお店で食べたことないんです。ここも行ってみたい!

 ◇ 伊藤グリル (元町)  伊藤グリルといえばあなた。
    私が初めてちゃんとしたテーブルマナーを知ったお店ではございませぬか。
    こちらは神戸牛のお店というよりフレンチで神戸牛のグリルも有名、ということでしょうかね。

    ほらほら、でるわよでるわよ~~『伊藤グリル』に触れてるウチの記事!! 
    行った記事じゃないのにこんなにあちこちで名前が出てくる店も珍しい!(笑) 
    →ウチブログ ◆クリスマスケーキ・フランクフルタークランツ
     ◆懐かしの六甲/阪神石屋川駅→御影公会堂
     ◆香味屋@入谷 御影公会堂のオムライスを東京で
     ◆ザ・フレンチ!オフ ラ・ピエール・ジパング@元町


 ◇ カワムラ 関東の方が押される「神戸といえば」のお店。
    5000円台のランチがあるようです。それはお得だ!
    銀座にもお店があるけど、ランチメニューは微妙に違う。
    ご当地ならではのメニュー堪能もいいですね!
    。。。って。。。わたし さっそくですが銀座店に行ってみようかな!




<モダンスパニッシュ!>

◇ カ・セント (元町)   「今関西でベストといってもいいお店」と伺っちゃぁアアアああ!!そりゃ行かずばなりますまいっ!
    元町、大好きな紀元の近く。連食可能か?あああああ、嬉しい悲鳴、
    明るい悩みがどんどん増えていきます~~~!



ツイートに参加してくださった皆さんはもちろん、見に来てくださった皆さんも
本当にありがとうございました!
素敵な「神戸美味しいリスト』ができました!!

また やろうっと!!


         ////////////////////////

ところで。
神戸の美味しいものといえば これははずせない!! 今年も

第3回 神戸フィエスタ  が 6月6日(日)に開催されます!


   場所 神戸布引きハーブ園
   時間 11:00~16:00 小雨決行



    今年のラインナップも すさまじい!!! →参加店舗一覧
    去年は美味しいもの食べ過ぎて大変なことになったなぁ~~~!!!(笑)
    みなさん、朝抜き、帰りは歩きで、くらいの覚悟で神戸を堪能してくださいね!
    あ、ダイエットは次の日から、ということで。

      ウチの【神戸フィエスタ】関連記事は →こちらからど~ぞ~!!
   

人気ブログランキングへ

ブログパーツ
スポンサーサイト


テーマ:神戸の話題&情報 - ジャンル:地域情報

街あるき | 21:19:36 | Trackback(0) | Comments(4)
イカナゴはエクスパック500で届く! いかなごのクギ煮2010(3)
27日、無事イカナゴ漁解禁。
今年は大不漁だった去年よりは獲れそうな予感をさせてくれた
解禁日初日。
去年の倍量の収量。値段は半額程度。
今年はどうにかイカナゴを炊きに神戸に帰れないか
真剣に考えたくなるほど 心躍る吉報でした。

そんな我が家に昨朝届いたのが 神戸からのエクスパック500。

なんだ?

エクスパック

もしやこれは!!

イカナゴ初2010

これがウワサに聞く 通称「イカナゴ便」!!!

昔は各自パック詰めにして宅急便で送ってたみたいだけど
今は各運輸関係が「イカナゴ便」として容器込みで販売しているとか。

「イカナゴ便が届きました!」2008.3.4 ≪Diary For Paranoid@Blog≫さん

ウチはいつも頂き物をまとめて宅急便で東京に送ってたので(自分ちでは作らないから)
「イカナゴ便」で送っていただいたのは初めて。

超うれしい! ありがとうございます!


しかもこれは 初漁のです!

こんまいから(小さくて)まだ炊くのが難しいサイズ。
綺麗に飴色に仕上がってます。

ひと口。
美味しい!!!!

あああ、小女子の独特な風味が口の中に広がります。
この味は イワシの子では出ない味。

嬉しい春の味覚です。


去年は記録的な大不漁だったので
ラッキーにもちょうどイカナゴ漁の時期に神戸に帰れたのに
生のものなど 全く手に入れられるはずもなく
クギ煮を頂くにも 例年になく本当に申し訳ないように感じたのでしたが、
今年のこの調子なら、それほど品薄にもならないかも。
2年前に初体験のイカナゴのクギ煮。 今年もやりたくなってきましたよ!


◆イカナゴ、ゲットしてんけど…  イカナゴのクギ煮2008 ③ 2008,3,17付

(イカナゴクギ煮初体験記)


今年はたくさんイカナゴ獲れるといいですね!

(それにしてもエクスパックに「佃煮」のハンコが押してあるのには笑いました!)


人気ブログランキングへ

ブログパーツ

神戸 | 00:57:28 | Trackback(0) | Comments(4)
イカナゴ漁明日から! いかなごのクギ煮2010(2)
ご無沙汰です!
「ついにイカナゴ漁が明日からですぜ、奥さん!」というツイートをいただきました!


【イカナゴシンコ漁解禁27日に 播磨灘、大阪湾】神戸新聞News 2010、2、26付

今年の漁獲量は昨年を若干上回るが、例年よりは少ないのではないかという予測。

情報くださったのはkazufukudaさん。ありがとうございます!
明日の朝、神戸の魚やさんには イカナゴを待つ人の列ができるのでしょうね!
去年は残念だったので、今年はたくさん食べたい!
楽しみですね!!キャ~~~!!!(^◇^)

待ちかねて、一足早く和歌山から築地にやってきたイカナゴの釜揚げを
2週間前からいただいております。
シンコ2010

それにしてもたのしみだわ~~神戸のイカナゴ!


ちなみに当ブログの過去のイカナゴ記事はこちら↓

【イカナゴ2008 解禁直後にタンカー事故】
今年初イカナゴは 築地の釜揚げ! イカナゴのクギ煮2008 ① 2008,2,24付
緊急速報!今年は2月28日がイカナゴ漁解禁日! イカナゴのクギ煮2008 ② 2008,2,25付
イカナゴも海苔も えらいこっちゃ!!! 2008,3、10付
イカナゴ、ゲットしてんけど…  イカナゴのクギ煮2008 ③ 2008,3,17付
イカナゴ漁中止!垂水の浜(現場)へ行く・・・・ イカナゴのクギ煮2008 ④ 2008,3,19付
これも神戸の春の味。【茎ワカメの煮つけ】 イカナゴのクギ煮2008 おまけ 2008,3,22付
イカナゴ漁2008 その後 2008,4.5付

【イカナゴ2009 大不漁で売り場は争奪戦】
緊急速報!今年も2月28日がイカナゴ漁の解禁日!イカナゴのクギ煮2009 ① 2009.2.24付
今年の不漁はかなり深刻・・・ <イカナゴのクギ煮2009 ②> 神戸のこととか(5)2009,3,18付

【イカナゴ2007 イカナゴのクギ煮アンケートについて】
イカナゴのくぎ煮アンケート 結果報告!!!!! 2007,11,9付


ツイッターでは 神戸情報、イカナゴ情報、ますます盛り上がっています!
ハッシュタグ #kobecity #ikanago で ご一緒にどうぞ!!


           **********

ところで、築地ネタ。
今回は春の畑の味覚。ホワイトアスパラガス。
去年やっちゃ場(青果部)での初めてのお買いものの時にお世話になったお店。
築地のやっちゃ場(青果部)潜入レポ<仲卸で買い物・番外編>&≪高はし≫ぶり刺し!(素人築地あるき体験記)2009.2.18付


去年はホワイトアスパラガスにハマって何度かお世話になりました。
春の魚たち、春の味覚2009<神戸・東京>と≪高はし≫さくらます 2009.4.13付

今年もホワイトアスパラガスを買ってきました。
アスパラ2010-1

去年 結構集中的に作って、なんとか自分なりに
「これでよかろう」と思える茹で汁レシピを作ったんだけど

今年 さあ茹でよう!と レシピをみると
自分で書いたものながら 手順がなんかよくわからん。

去年何度か作ったくらいでは 覚えていられないほど
一年間での記憶の減退は素晴らしい。

ううむ。また初心に戻ってやってみねば。。。(涙。。。

ということでまたやっちゃ場通いが始まりそう。

【追記】
◆イカナゴシンコ漁、今日解禁。 (2010.2.27) (Twitter)
    キロ1000円前後。解禁初日の水揚げ量は去年のほぼ2倍、
    競り値は去年の半値程度。今年はイカナゴ食べられそうだ!うれしい!!
    神戸新聞:http://bit.ly/dvaZyB  #kobecity #ikanago 

◆イカナゴのシンコ漁解禁 ≪観測所雑記帳≫ 2010,2,27
    http://sao.seesaa.net/article/142333819.html
    神戸・塩屋のシンコ販売最新画像! 
    そうです!イカナゴの売買はキロ単位が普通!みんな一般人なのに!10キロを何度も炊く人もおるよ。

人気ブログランキングへ

ブログパーツ


神戸 | 23:59:31 | Trackback(0) | Comments(6)
今年のイカナゴ情報はツイッターのハッシュタグ#ikanagoで! イカナゴのクギ煮2010(1)
ツイッター、国会議員も始めたよ、というニュースもあったりの今日この頃。
皆様いかがお過ごしでしょうか。お久しぶりです。midoriです。

前回、前々回とツイッターで神戸情報を集めようと四苦八苦しておるところを
少しご紹介したのですが、
この2日ほどで事態が急変。
あっという間に神戸とイカナゴの情報が集まり始めました。
スピード感がツイッターの魅力とは言うけれど、
広がりだすと本当に早い!
ツイッター恐るべし。。。



ということで取り急ぎ皆様にお知らせです。



まず、神戸情報
ハッシュタグは #kobecity です。

金星台から


【ハッシュタグ】
ツイッター内で自分のツイート(つぶやき)に
#(ハッシュタグ)で始まるタブを入れて投稿すると
同じ#で始まる、他の人のツイートが同じ場所に集まって表示されるようになります。

「#kobecity で 神戸のことを書こう!」と声をかけておけば
このタグを使った人たちのツイートがどんどん集まってくる。

ちなみに、この#kobecity に集まってきたツイートは
ツイッターをしていない人もみることができます! (hashtagsjpのサイトに飛びます!)

  ↓ ↓ ↓

≪神戸のハッシュタグ #kobecity http://hashtagsjp.appspot.com/tag/kobecity


これについてはnationalandnboyさんに絶大な感謝。
ハッシュタグを集めたサイトhashtagsjpに登録したのはワタクシですが
最初 #kobecity で書き込み始めたのはnationalandnboyさん!

最初ワタクシが登録した#kobe、どうも英語で既に登録されているようで英語ツイートばかりが並ぶ。
どうもアメリカのNBA選手、コービー・ブライアント氏のタグらしく
それを素早く察した nationalandnboyさんが#kobecityに切り替えてくださったのがよかった。

この貴重な神戸ハッシュタグ、なかなか広まりづらい日々、二人で細々つぶやき続けていたところ
少しずつ参加者が増え、kazukazu22さんが2日前に参加、広報つとめてくださり
それから2日間で ユーザーが24名まで増えました!
そしてツイートは雪だるま式に増える一方!
ウレシイです!



そして、いよいよ イカナゴ漁が始まる季節が近づいてまいりましたということで

イカナゴ情報

ハッシュタグは #ikanago です !!!
2008イカナゴ


こちらについては まだhashtagsjpに登録されていないようなので
ツイッター登録の方はこちらからどうぞ。
http://twitter.com/#search?q=%23ikanago

こちら書き込み始めはkazufukudaさん。
よくぞイカナゴのハッシュタグを作ってくださいました!
こちらは開始4日目でユーザーは10名!
神戸のハッシュタグとセットで使っておられる方が
どんどんユーザーさんを呼びこんでくださっているようです。


平成22年漁期のイカナゴ漁況予報は2月12日頃発行の予定だそうです!
(兵庫県立農林水産技術総合センター 水産技術センターHP)



ちなみに当ブログの過去のイカナゴ記事はこちら↓

【イカナゴ2008 解禁直後にタンカー事故】
今年初イカナゴは 築地の釜揚げ! イカナゴのクギ煮2008 ① 2008,2,24付
緊急速報!今年は2月28日がイカナゴ漁解禁日! イカナゴのクギ煮2008 ② 2008,2,25付
イカナゴも海苔も えらいこっちゃ!!! 2008,3、10付
イカナゴ、ゲットしてんけど…  イカナゴのクギ煮2008 ③ 2008,3,17付
イカナゴ漁中止!垂水の浜(現場)へ行く・・・・ イカナゴのクギ煮2008 ④ 2008,3,19付
これも神戸の春の味。【茎ワカメの煮つけ】 イカナゴのクギ煮2008 おまけ 2008,3,22付
イカナゴ漁2008 その後 2008,4.5付

【イカナゴ2009 大不漁で売り場は争奪戦】
緊急速報!今年も2月28日がイカナゴ漁の解禁日!イカナゴのクギ煮2009 ① 2009.2.24付
今年の不漁はかなり深刻・・・ <イカナゴのクギ煮2009 ②> 神戸のこととか(5)2009,3,18付

【イカナゴ2007 イカナゴのクギ煮アンケートについて】
イカナゴのくぎ煮アンケート 結果報告!!!!! 2007,11,9付


ツイッター未体験の方も、この機会にぜひツイッターをどうぞ!!
そして #kobecity #ikanago ハッシュタグで ご一緒に集いましょうぞ~~!


人気ブログランキングへ

ブログパーツ


神戸 | 23:43:28 | Trackback(0) | Comments(2)
くわい検索!「クワイのゆで方」でこられた方へ。
お久しぶりです。
年末記事を書こうかどうしようか迷っているうちに
すっかり年末です。

今年も「くわい」関連でここにいらしてくださってる方が
昨日から急増中。
なのに、「くわい」記事、埋没しててごめんなさい~~m(__)m

ということで、とりあえず「くわい」で検索してくださった方へ。

ウチのくわい記事 これです。

〔目出度い3連発! くわい・あたりめ・黒豆 その1〕  
くわいの茹で方! 今年はくわいをたくさん食べよう! 2008,1,2
http://mdr55.blog74.fc2.com/blog-entry-111.html

取り急ぎ、ここを見ていただければ、
ウチの「くわいについての情報」はすべてあります。

そして、先におことわりしときますが、
うちの「くわい」の食べ方は
ゆでてマヨネーズで食べるタイプです。
煮〆とは違います。
煮〆については他で探してみてくださいね~~~

もちろん、ワタクシ、今年も「くわい」ゆでまっせ~~~!
築地で2キロオーバーゲット済みです!!!


では、あと残り2日。
ほな、みなさん、けっぱろな~~~!!!!!



人気ブログランキングへ

ブログパーツ

街あるき | 10:16:42 | Trackback(0) | Comments(0)
今年の不漁はかなり深刻・・・ <イカナゴのクギ煮2009 ②> 神戸のこととか(5)
神戸ネタ。
まずは イカナゴ から。

今年も2月28日にイカナゴ漁解禁、と、ここまではまぁまぁの出だしでしたが、
その直後から
「今年は獲れてへんらしい」 「高い、こまい(小さい)」 という情報が入ってきて
実際神戸に帰ったその日、魚屋さんで確認したところ
「少ないなぁ。並んでもろてもどれだけ入るかわからへん」 と。。。

この時期、塩屋の町を歩いてると
空気がいつものほんのり潮の香りじゃなくて 甘辛しょうゆの香り、なんですが、
今年は帰っても イカナゴの片りんも感じない。
これは相当なショックです。。。
なんか塩屋の町が塩屋じゃなくなったみたい。。。


次の日、出がけに通る駅前の魚屋。
遠くからも確認できる 魚屋の前の行列の人々。

イカナゴ行列

これがうわさに聞く「イカナゴ待ち行列」かぁ。。。
初めて見る「イカナゴ待ち行列」も 感動より切なさが先走り。。。

行列を通り過ぎてたぶん10分くらいあとにイカナゴが入荷したらしい。
「今売ってるよ」という電話でもう一度駅前に戻ったけど(その間たぶん数分)
そのときにはもう売り切れ。
ハカリの横にへばりついてるイカナゴちゃんの残骸が
さみしく私を見つめるばかり。。。

残されたイカナゴ

今回の入荷は小さなトロ箱に4箱だったとか。
私が神戸にいたころ見てたトロ箱の約3分の一?4分の一?
「こんな小さいイカナゴのトロ箱があったんや~~」とびっくり。

トロ箱新旧

「もう今日は入荷はない」 と張り出されてたけど
結局そのあと1回入荷があったみたい。
お店の人もどれだけ獲れるか、どれだけ売れるか、全然予測できんと。
去年1キロ900円やったイカナゴ(去年も高値だった)、最初今年は1キロ2000円、と聞いたけど、
その後、ほかのところでは2500円とも。

こんな不漁で、 イカナゴ煮初心者の私、「並んででも買わな!」とは
思いませんでした。
毎年、たくさん炊いて親族に送る方たちは、どれだけ毎日毎日気をもんでおられることか。
私はたくさん獲れる時に作れればええので、まずは
期待を背負ったおかぁさん方にこそ、ぜひともイカナゴが行き渡りますように、と思わずにはいられない。

塩屋でイカナゴ いうたら、 そういうモノなんです。

知り合いのお母さんたちは 帰省した私の顔をみると
「ごめんな、今年はイカナゴ炊けへんで」 とあやまりはる。
そんな、そんな・・・・

いつもは 「またイカナゴ持って来てくれはったで~」 とちょっと飽和気味になりがちなのに
そんなことも 去年までで終わりやったりするんやろうか、なんて
なんか寂しく悲観的にすらなってしまう。

去年の船の事故でイカナゴ炊きをやめたおかぁさんが何人もおられるよ、と聞いたけど
今回は相当のおかぁさんがやめはるんやないやろか。

魚が結構いいので時々使ってるスーパーで、それでもいざという時のために
ザラメは買って置いとこう、と、中ザラと呼ばれる茶色っぽいザラメを買ってたら
「今日はイカナゴ入らへんの?」 と お客さん。
「いや、今年はイカナゴ止めたんですよ」 と 店員さん。
あまりに予定のつかないイカナゴに、お店も扱いをやめる程とは。。。

去年、今年と、 イカナゴにとっては つらい年になったようです。残念。

とはいえ、まだこれから、ということもある。
明石の海情報をいつも届けてくださるこちらのサイトでも、
少しずつですが、イカナゴが獲れている様子が伝わってきます。
≪明石の海より≫ ◆イカナゴ情報
須磨浦商店街がイカナゴのイベントをするというのでサイトを見に行ったら
最初3月14日だったイベント開催予定日が
「イカナゴが大変不漁のため」 一週間後の20日に延期。
◆「いかなごくぎ煮祭り開催日が変更されました。」
20日には無事イベントが行われますように。



前回記事
緊急速報!今年も2月28日がイカナゴ漁の解禁日!イカナゴのクギ煮2009 ①
 2009,2,24

→人気ブログランキングへどうぞよろしくですm(__)m

ブログパーツ

神戸 | 23:52:29 | Trackback(0) | Comments(8)
幻の・・・ たこやき≪信川≫@垂水廉売市場 【隠れた名店】⑥
これが信川のたこ焼きじゃ!

たこやき 信川  垂水廉売市場内  →ウェブサイト
神戸市垂水区神田町6-7  (垂水廉売市場内) ℡078-707-1398
営業時間 12:00~18:00

midoriです。

先だって ちょっと知り合いにお願いしていたクール便が届いたので
何気なく あけてびっくり 玉手箱。

たこ焼きが入ってました!

クール便で届いたたこ焼き!


垂水廉売市場の ≪たこやき信川≫さんのたこ焼きです(^_-)-☆
信川1


垂水廉売市場の 過去記事は こちら↓
◆なまこ*垂水廉売市場2006.12.29付
◆焼そばは太蒸し麺!≪島谷商店≫2008.5.14付 

実は、≪信川≫さんは ≪島谷商店≫さんのお隣さん。
玉子屋さんの手前。 なまこ屋さん(と今でも私は呼んでいるが、今は閉店)と≪島谷商店≫さんの間。

子どもの頃は ≪信川≫さんでたこ焼き買うことは なかったんですね。
なんでかというと、母が「だめ」ゆうから。
ウチの母、屋台での買い食いはもちろん、
肉屋さんのコロッケすら買い食いさせてくれへん人やったんです。
自分は子どもの頃屋台で思いっきり買い食いしとうくせに・・・
なんやねん。おかん。

中学なって 学校帰り どうしてもお腹すいてしかたなかったんで
学校帰りに第一中野センター(宝船本舗さんの、あそこね) の肉屋さんで買い食いしてましたけどね。(笑

≪信川≫さんのたこ焼き。
東京で神戸の友達に会ってるときに 何度も耳にした店でした。
廉売市場のたこ焼き屋。
とにかく安いだけやなく、ほんまにおいしいたこ焼きや。 て。
≪島谷商店≫さんの話するときにも 「ああ、あのたこ焼き屋さんの隣のな」。
≪信川≫さんは 道路標識ですかい。ヽ(^o^)丿

それで 気になって仕方ない≪信川≫さんやったんですが
まぁこれが ほんまに なかなかたこ焼き焼いてはるところに出くわさん。
≪島谷商店≫さんに行くたび見るんですけどね。
シャッター閉まったままやったり
シャッター開いたばっかりやったり

お好み焼屋もたこ焼き屋も行き慣れてる 神戸っ子はわかると思うんですが
お好み焼もたこ焼きも 店開いてすぐにはできへん。
鉄板あったまるのには 時間がいる。

まぁ そういうわけで なんやかや 初めてたこ焼きをゲットできたんが
去年やったわけです。 

で、いきなりですが その時初めて遭遇した ≪信川≫さんのたこ焼き!信川たこ焼き一舟

うほぉ~~~
皮パリッパリ。 アツアツで美味しそうっ!!

これで なんと250円? (2007年12月時点)
安~~~!

「もって行かれますか? 奥でも食べられますけど」
おねぇ様が優しく声をかけてくれます。
あ、どうしよう。
普通やったら持って帰るとこやけど、 初めてのお店やけど なんか居着きたい雰囲気。

「奥って ええんですか?」
「あ、奥ゆうても ココですけど よかったら」
ゆうて案内してくれはったんが 焼き台の後ろ。 カーテンで仕切られた「奥」。
奥!

テーブル向こうのカーテン、わかります?
そのカーテンのさらに向こうで おねぇ様が焼いておられます。

「お茶、よかったらどうぞ」
うわ~~~! めっちゃすいませんッ!!!

ちなみに、≪信川≫さんの向いに 休憩所みたいな場所があります。
閉鎖店舗の後を改造して 市場内でちょっと一休みできる場所にしてあるみたいです。
そこで食べても ええらしい。

さて。 たこ焼き。
ソースはつけんと このまま頂きます。

これが信川のたこ焼きじゃ!


皮がパリっ!
中がトロッ!

あああああ!!!! ウマい~~~!!!! ヽ(^o^)丿 ★★☆

生地に出汁の味がしっかりついていて、 しかもこのトロかん。
トロ感は 明石焼きの≪松竹≫さんを思わせ 
皮のパリ感と生地のトロ感、そしてトロ生地の出汁のトータルなパフォーマンスとしては
これ、大阪の、例の≪会津屋≫さんと なんかめっちゃ近い感じがするんですけど!!!

ほんまに これはオイシィ たこ焼きです!
明石焼きとたこ焼き 両方の美味しさを 子どもの手に届くお値段に設定した
超B級グルメの至宝!!!


私の絶賛に おねぇ様、 ほんま恐縮しておられました。
「お店は いつやってはるんですか?」
「まぁ、だいたい お昼位からですね。 何時にというのはないんですけど」
「混んでて待つということもありますか」
「まぁ、すぐにできるもんやないんでね。 待っててもらうときもありますけどね」

ていねいに作ってはるから 時間はかかりますよね。
だからこその この美味しさなんでしょうね。


で。 冒頭 うちに宅配されてきた ≪信川≫さんのタコ焼き。
チンしたらええ、と 送ってくれはった知人は言うとってでしたが
いやいや。 チンはあきません。
自然解凍して 明石焼きの台で 焼きなおしましたよ。
焼きなおし
 
わかります?
このタコ焼き、思ってるよりでっかいんですよ。
明石焼きの台の穴いっぱいになります。
≪会津屋≫さんのは ラヂオ焼きゆうか 普通のタコ焼きよりもだいぶ小さかったんで
≪信川≫さんのは ほんまにたっぷりのボリュームなんです。
出来上がり

お店の焼きたてと比べると やっぱりトロ感が足りない感じですが
それでも外がカリっとなって 美味しかった~~~!!!

ごちそうさまでしたっ!!!ヽ(^o^)丿

おまけ

≪信川≫さんで発見。

あっぷる!


これ。
あっこでもみたなぁ(*^_^*)

人気ブログランキングへ

ブログパーツ



街あるき | 10:50:17 | Trackback(0) | Comments(6)
心底美味しい≪紀元≫ のお粥! 【隠れた名店】⑤

これが紀元のお粥だ!



紀元 
    神戸市中央区下山手通7-6-17  ℡ 078-366-3358

去年(2007年) に私が書いたこちらの記事。
『今年出会った 懐かしくやさしい神戸の味 ベスト3!』
ありがたいことに アクセスの多い記事となっています。
この記事で『懐かしくやさしい神戸の味2007 №1』 に光り輝いたのが
「紀元」 の おまかせランチ 1050円  のお粥!

以前の記事 イチオシの≪紀元≫のお粥。 私の劣悪なカメラワークに 
まぁ、それでも 「≪紀元≫さんに 行ってみよか」 と 
思ってくださった方がおられるなら嬉しいのですが。

あまりにあまりな写真に ≪紀元≫のお粥に申し訳ない。
写真撮りに 今年3がつ、≪紀元≫に行ってきました!
(相変わらずのカメブログで申し訳ない…ごめんね~~。黄さん~~~)  
※黄さん=紀元の名物オーナーシェフ

ほんまは 神戸に帰る度に行きたいお店なんですけどね。なかなか余裕がなくて・・・

というのも ≪紀元≫に行くには 歩かなあかんねん。
JR元町駅から 徒歩約15分弱?
元町駅北側に降りて 県庁目指していくと 兵庫県公館もあるし
お散歩にはええコースなんですけど。

場所が場所なのに 人が絶えないお店。
遠くからも(私が紹介してもらった人は東京から)人が訪れるお店。
隠れた名店】どころか 広く知られた名店なんですけどね(^.^)


kigen1



さてさて。 たどりついた店の前には どっしりした椅子もご用意。
開店前に伺った時は ここで座って待ってました。。。

kigen2




≪紀元≫さんは 昼も夜もやっていますが、 私は昼しか行ったことないので
御紹介するのもお昼のメニューから。

お昼のメニュー (11:30~16:00)    1050円 (2008年3月時点)
☆一菜六惣菜、 お粥または飯、 スープ
 一菜:海老チリソース、とりから揚げ、など4品から選択。
 六惣菜: グリーンサラダ、旬ナス、香の物など、季節によって変わる。

このほかにも単品料理の注文もできます。

私は お粥 は 必修 なので  それ以外はその時の雰囲気で選択。

お粥+蒸し鶏の選択です。 これ全部で1050円! どう? 

kigenranti


お値打ち価格です。 これだけの品数、これだけのボリューム。
でも、 いくらお手頃価格でもね、 味がダメなら お値打ちとは言わないのよ。
こちらのは 一皿一皿 どれ食べても 素材の味が生きる薄味で
しかも 心がホンワカ幸せ感じるお味なんです。 まさにお値打ち!

実はこのとき、ランチタイムも終わりかけ、3時ちょっと前に駆け込んだんだけど
お店入るなり 「ランチセットは終わりね~」 って言われたんだよね。
私はなんといってもお粥狙いなんで、すかさず
「お粥はまだありますか?」 って聞いたら 「あるよ~」 。 結構です。
お粥のメニューってどんなのがあるのかしら? と 思ってメニューめくってたらしばらくして
「蒸し鶏でよかったら ランチつくるよ~」 
うんうん、 蒸し鶏で 結構でございます。 蒸し鶏でお願いします~~~

って 出てきたのが こちら。 

私 こちらの蒸し鶏、すきなんです~~~! (^o^)
いつもだって 蒸し鶏注文するんで 全く問題ない。
ここの鶏肉、臭みがないし、どういうかげんになってるのか ごま油のいい香りが強すぎず程良くて

kigenmusidori


素材は一見普通の鶏っぽいのに、お料理次第でこんなになっちゃうの??? 
そんな 料理人の「ただものでなさ」 を感じさせてくれる こちらの蒸し鶏。  
他のお皿もそう。
素材はそこらへんにある、普通っぽい素材に見えるのに 
全然普通じゃない味に驚く。  だからこのお店は超お気に入り。

六惣菜は こんな感じ。

なんだろうねぇ。

多分、いろいろかき集めて作ってくれたんだと思うのね。
これはなんだろう。 煮物?

ナス甘味噌がけ

このナスの甘味噌はいつものお皿。 これも素朴なんだけどオイシィのよねぇ。。。

白身魚

これは初めて。 白身魚(タラみたいな感じ)の天ぷら。ピカタみたいな感じ。
お魚が新鮮で!! オイシィの! もしかするとこれは緊急の材料で作ってくれたのかな。

お漬物?

お漬物? たぶん胡瓜は甘酸っぱいお味だったと思います。

サラダ

グリーンサラダ。 なんだかこれだけやけに「ランチ」っぽい香りがするヽ(^o^)丿
不思議にいつもランチにはこのグリーンサラダがついてる。 色がきれいだから・・・かな?(*^_^*)
胡瓜もトマトもキリッと冷えていて これもオイシィのよね。

ザーサイ、写してないけど、これがまたおいしい。 
分厚くて歯ごたえがよくて、噛めば噛むほどいいお味で。
ここのは ザーサイも好きなんだ~~~。

いよいよ お粥に突入。

これが紀元のお粥だ!


お粥食べ始めると 他のを食べるの忘れて 夢中になっちゃうので
私は先に 他のお皿をあらかた片付けてから お粥に本格的に取り組みます。

お粥アップ!




お粥、アップ!

なんと表現すればよいのでしょうか。
とにかく やさしいお味。
ホンワリふくらむお粥の甘さに 優しく寄り添い混ざり悦楽をもたらす 鶏のうま味。

口の中が まろやかなデンプン質で満たされた幸せは あたかも
絶妙の湯加減に 気づいたらまどろんでいた、 というような幸せ感に近い、かな。


やっとアップできましたよ~~~ 黄さ~~ん!!!!
今度神戸に帰る時は この記事、コピーして持っていこうっと。
この前、あの劣悪な写真の記事、それでも お知らせしとかなくちゃ、と思って持って行ったら
喜んでくださって…・
それが逆にうれしかった。。。

またお粥めざしていきますね~~~~!!! ヽ(^o^)丿

◆◆◆◇◆◆◆

もとはといえば、 早坂さんの 〔紀元〕さんの記事から こちらに伺ったのでした。 早坂さんに多謝。
≪神戸っ子ゴハン≫
●"ザ・シェフリンク"第14弾!いきなりたどり着いてしまった、神戸中華料理界の最高峰・黄啓健氏の店~下山手通「紀元」
●【ザ・シェフリンク再訪編】半世紀以上現役バリバリの中華の鉄人吼える!with突然の訪問者?~神戸・下山手通「紀元」&元町「喫茶ホワイト」
●【ザ・シェフリンク再訪編】フレンチNO.1シェフ&ユニークネスNO.1スーパーダイナーのオーナーが、神戸・中華料理界のドンの店に結集!!~下山手通「紀元」
●【ザ・シェフリンク再訪編】 黄さ~ん!今日のごはん何ー?~神戸・下山手通「紀元」


中華粥といえばこちらも美味しかった。 (当ブログ記事2008.1.13付)
◆再度山めざしたつもりだったんだけど・・・ビーナスブリッジ初登頂!そして神戸の街を臨む その1 (再度山追っかけシリーズ④)
残念ながらこの記事アップの後、写真が消えてしまって未だにアップできてないんですが、
この記事中の杏杏諏訪山工房さんのお粥は、しっかり鶏がらスープ味で、
「う、美味いッ!!! (ガッツポーズ)! (●^O^●)」  って感じ。




最近では ほいほいさんのブログでも見事に紹介されていました。 ほいほいさんもどうやらヤミツキ傾向にあるようで…・

≪神戸・芦屋・西宮☆ぷらぷら日記≫
神戸中華界の重鎮のお店 神戸・花隈『紀元』




追記! びっくりだ!

≪紀元≫さんをご紹介くださった、神戸グルメブログの大姐御、
早坂さんが≪神戸っ子ゴハン≫で この≪紀元≫ランチに大迫力接写!
もう、圧巻です!
しかも、弊ブログまでご紹介くださって…(涙、涙、そしてまた涙・・・
ありがとうございます!!!
◆≪神戸っ子ゴハン≫ 
  ●【ザ・シェフリンク再訪編】中華粥~☆ ランチセットに目を回し(@@・・・神戸 下山手通 「紀元」  2008.11.4付


人気ブログランキングへ
 
ブログパーツ

街あるき | 23:07:30 | Trackback(0) | Comments(4)
コーベの夏に ヤマシタアイス!【隠れた名店】④
暑なったり寒なったり 安定しないお天気ですが 
晴れたときの 太陽のパワーは もう 真夏のジリジリ照りつけと 変わらない。
外にいると あっという間にテリヤキになって 干からびてしまいます。

そういう暑い日には アイスクリーム!

昨今、チョコもアイスも高級志向がもてはやされておりますが
私の関心は昨年来、 ヤマシタアイス に注がれてきました。
それもこれも 去年≪グルメ紀行ブログ≫『ヤマシタアイスを探せ』 を拝見してからのこと。
地元神戸のメーカーさんが作る アイスクリーム。
しかも 私が子どもの時代あたりから 地元神戸で愛されてきた と 聞けば
そりゃ~ どんなもんだか 一度は食べてみたいやん!!!

神戸に帰ると スーパーなどのアイスボックスをのぞいて 探してましたよ。

ヤマシタアイス。   (神戸東食品工場) 神戸市東灘区御影本町3丁目2-10 →HP
見つからんねん。 あちこちのスーパーのアイスボックス覗いても。

ヤマシタアイスの HP読むと、 製造元でも どこで売られてるのか 把握できてないらしい。
(HPより→ヤマシタアイスを探せ!


で、 ことあるごとに
「ヤマシタアイス」 「ヤマシタアイスは知りませんか?」
「ヤマシタアイスを見かけた方は midoriまで 御一報ください」

と念仏のように唱えていたら…

ある日 ウチに ヤマシタアイスがやってきた!!!!
めっちゃ感謝です。 \(^◇^)/  Y先輩! ありがとうございます❤
ヤマシタアイスがやってきた!


4種類、6箱×6本=36ヤマシタアイス! 多ッ!
ヤマシタアイスです!

これが 一度食べてみたかった コーヒーバー! ↑

ヤマシタアイスですったら!!!

でも、ここは 大人の分別として 2箱ある あずきバーから 食べてみようか、と。
箱には
【この「あずき」は自然のおいしさを生かすために、安定剤、着色料、合成甘味料などは一切使用せず、
シンプルな素材のみでつくっております】 と書いてある。
原材料名は 砂糖 小豆 食塩。   ・・・・って・・・・ これ、 あんこ やん!

失礼しまして、ひとくち!
ヤマシタアイスですってばよっ!


ウフッ!
つぶあんです。 そのまんま つぶあん。
いまだから告白しちゃいますが
実は 私 アイスも つぶあんも どっちも ニガテなんやぁ~~~!
アイスが苦手なんは 虫歯さんの関係もありますが もともと冷たいスイーツはあまり食べない方かな。
つぶあんが苦手なんは まずは甘すぎるアンコが苦手、ということで、
アズキの味がしっかりするような、甘さ控えめアンコは好きなんですよ。 こしあんも好きだし。

で、 こちらの ヤマシタアイス あずき!

オイシぃ~~~~!!!!! (~o~)

どうした? 私! と思う間もなく ガリガリモグモグ・・・・
 
あっという間に 完食!ヽ(^o^)丿

うへへへへ!
ヤマシタアイスに もう 魂うばわれてますぜ。
    (←誰のセリフや、ダレのっ!)
ちょろいもんや 神戸のおばはんおねぃちゃんは! (←そやから、誰やねん、あんたはっ!)

さ~て 次は   今回 ひそかに 「本命!」 と 先ほど流し目しといた コーヒーバー!
ここはもう まどろっこしいことせんと さっさと食べちゃおう! と みると
なんとすでに 封があいてる!
娘の仕業かっ!(--〆)

これは ほっとくと 私の口に入る前に 姿が消えてるかもしれん!
やばい!

ということで あわてて かじりついたコーヒーバー!
コーヒーバー!

おおおおおっっっ!!!!
こちらは 想像もしてなかった 逆パンダ?ワッカ入りです。
このワッカはクリームですね。 コーヒーにクリーム ちゅうことでしょうかっ!
珈琲のほろ苦さが 実に上品でよいっ! しっかり珈琲の苦味が伝わってきます。
そして、 ここはとてもでかいポイントですが  人工香料で無理やりコーヒーというのではない
めっちゃナチュラルな 丁寧に手作りされたような そういうお味。
クリームが柔らかな甘みを添え、 とてもええ感じですっっっっっ!!!

いつも コーヒーはローストも深深炒り 苦いのが大好きな私ですが
食べ終わった後に口に残る 爽やかな苦味、ほのかなコーヒーの か・ほ・り!
う~~~~~~ん   やられたぁ~~~! 
これぞ 神戸のコーヒーバーや~~~~~~!!!!


つぎ。
ブルーベリー&ヨーグルトバー。

ブルーベリー&ヨーグルト

これはまた・・・・・・・

ブルーベリージャムが そのまま凍ってまっせ!!  奥さんっ!

濃厚です。 濃厚。 周りのヨーグルトがまた あっさりして口当たりがええ。
全体のバランスが めっちゃええですね。
しかも 今まで食べた すべてが 後味がとてもいい。
変な香料や甘味料 使ってない、ちゅう感じの味です。
手作り、 昔おかぁちゃんが作ってくれた氷菓子を思い出す
心ほっこり あったか~くなる(?!) アイスです。

くりやぁ~!


あ! スキをつかれて お父ちゃんに栗バーをかじられてしまった!

「おお。おおきぃクリが入ってるなぁ!」

栗好きな お父ちゃんの 嬉しそうな声。
美味しいかい?  それはよかったねぇ!!

栗バーは お父ちゃんに完食されておりました(^_^;)


全体に 甘さ控えめ 素材の味が生きていて あと味がすっきりとしています。
コーベで懐かしいアイスの味と言えば そごうの地下1階ヒロタのシューアイス がまず思いうかぶのですが
コーベの夏に ヤマシタアイスは なかなかな選択ではないか と思いました。

蒸し暑いコーベの夏。 
海風に吹かれながら ヤマシタアイスをホオバル。


う~ん! いいねぇ!!!

ヤマシタアイスのマーク?
↑これ、ヤマシタアイスのマークでしょうか?コメントで早坂さんからご指摘があったのでアップしてみました。

***********

ところで 「わたしは子どもの頃 ヤマシタアイスを 食べたことあったんか?」 

小学校のころ 通ってたお絵かき教室。
夏の お三時は アイスやった。
年長の子が 近くの酒屋の店先にある アイスボックスまで お使いに行くねん。
それで、 お絵かき教室に来てる子どもの数の分
ありとあらゆるアイスをかき集めて 買って帰るねん。

あの時のアイス。 あの中に ヤマシタアイスは あったんやろうか…‥?


ヤマシタアイス。 実食したけど  わからんかった…・
あの当時は ソーダとかメロンとかミルクバーとかオレンジバーとか
そういうのやったから  今回のものの中に近いと思うものもなかったなぁ。

あの頃は私はミルクバーが好きで ほとんど そればっかりやったしなぁ。


次は ミルクバー食べたいなぁ・:… ミルクバー・・・・


***********

ちなみに いまY先輩と私が追いかけているのは
コーベとは関係ないかもしれませんが 昔懐かしい 瓶チェリオ です。
瓶入り「チェリオ」自販機はいまや日本に3台 2004.10.29付
チェリオ(ウィキペディア)
◆↓チェリオのウェブサイトに 腰に手を当ててチェリオをラッパ飲みしている りりしい男の子の姿が…・
→チェリオ ウェブサイト

今年の夏、神戸で ヤマシタアイスを食べ 腰に手をあててチェリオを飲むのが 
密かに流行る…・  かも・・・・?????(*^_^*)

→人気ブログランキングへ



ブログパーツ

街あるき | 00:01:36 | Trackback(0) | Comments(6)
焼そばは太蒸し麺!≪島谷商店≫ 【隠れた名店】③ @垂水廉売市場

神戸にも 麺売る店は 数あれど 母選びしは この店の麺   by m.

島谷商店

midoriです。
最近、お魚に関しては 築地という史上最強の市場を掌中にして
お魚三昧の日々なわけですが
肉魚料理を食べ続けると あっさりしたものが欲しくなるもんです。 

正月明けのホッと一息七草粥 じゃないけど  
壬生菜のお茶漬け。 和風出汁のお雑煮。 そして 島谷の日本蕎麦、うどん、ラーメン。

とくるわけだ。


島谷商店。
垂水廉売市場で 私が子どもの頃からずっとお世話になってきた麺屋さんです。
  神戸市垂水区神田町6-7 (垂水廉売市場内) ℡078-707-3978    →HP
垂水廉売市場についての過去記事はこちら。
 ◆垂水廉売市場*なまこ  2006.12.26付 当ブログ記事

湊川の市場と違い、垂水廉売市場は 一区画の中を縦横複雑に通路が交差しており
入口も東西南北、何か所もあるので
どこから入ってどこから出るのか 慣れないうちは 迷子になってしまいそうな場所。
でも、どこから入っても なんとか島谷さんのお店にたどりつく…ような気がする。

島谷商店さんの麺の特徴といえば。。。

たとえば 焼きそばの麺。

いまでこそ スーパーでは 全国展開メーカーさんのビニール袋入りの茹で麺がほとんどですが、
特に焼ソバ麺に関しては あれは細すぎる。
神戸の焼ソバ(ソース焼きソバ)は 太い蒸し麺。  島谷さんの焼ソバ用麺もしかり。
(偶然だけど、今、某NHKの『ためしてガッテン』でやってるね。太い麺。プロ用だって。。。→HP
 そんなことないよ。神戸では 普通に売ってまっせ。一般家庭で使ってまっせ)

島谷さんの麺だけでなく、 神戸で「ここは美味しい!」とブログなどにアップされてる
麺屋さんの麺を拝見すると 少なからずこの 太い蒸し麺 だったりする。

長田の『ゆき』さんに伺った時に頂いた 『そば飯』も 太い蒸し麺。これが噂のそばめしです!

 
神戸関係のブログをあちこち拝見していると
特に 焼ソバ用の中華そばなどは 近所でお気に入りの麺屋さんがある
神戸人は
まだまだおってのようで、 とても嬉しい。
多分 麺屋さんの太麺のを使った焼そば(特にソース焼きそば)の旨さを 知ってはるからやろうね。

島谷さんの太い焼ソバ用麺は 実に味がある。
焼そばだけじゃない、他の麺、どれとってもそう。
麺にうま味を感じる、といっても過言ではない。
ウマい粉の味は 関西人やったら わかるやろ?

HPにも書いてあるけど、粉と塩と水だけ、シンプルやからこそ奥が深い。
そういうことを 舌にダイレクトに教えてくれる麺です。


さて、今年3月。 島谷さんに行きました。
「写真撮らせてもらってもいいですか?」
おずおず切り出した私に
「ええよ~。 中入り~」
なんと、ブログ始めて 初の店内撮影!
なんだか ≪神戸っ子ゴハン≫の早坂特派員になった気分です(*^_^*)

ほんまは 店の外から写させてもらえば十分満足やったんですが
願ってもないチャンスに そそくさと店内へ。

「これで粉をねるんや」  おとーさんがわざわざ機械のカバー外して攪拌してるところを見せてくれます。

島谷商店攪拌中


「それをここで製麺すんねん」

延ばし中。

白いロール状に巻きついてるのが 延ばされた麺生地。
出てきた麺は こんな風に並べられて…

生めん。

お。麺を茹でてるんですね!

ゆでます



茹で釜が~~!!!

なんと、茹で釜が 自動的に持ちあがり 麺を冷水に放り込みます!

出来たて細うどん!


あらら、 茹でたてに麺つゆササっとかけて
「ほら、茹でたて 食べてみ~」

えええっ! ええんですか~!
つるっつる、ぴかっぴかで めっちゃ美味しそう!

ちょいと一口。

あら!
このコシ!!!

柔らかくしなやかな生地なのに しっかりしたコシ。
う~んと引っ張っても 弾力が強くて 切れない。
歯に感じるシコッとした 反発力。
う~ん、快感っ!!!

それにしてもこれほどまでにコシがあるとは。。。

普段は蕎麦eaterの私ですが、 こちらのうどんは好きでついついたくさん買っちゃう。
コシがあってのびにくくて、麺の味がよくて、と 本当に美味しいのですが
茹で麺の状態で売られていてもコシがある麺の 茹でたては さすがにすごいんだね!
(ちなみに島谷商店さんでは自宅で茹でるための生めんも販売しています)

『美味しんぼ』にもありましたね。
力士が力まかせに練って作ったうどんは コシが強すぎて硬く
おばあちゃんが ネリネリして作ったうどんは 柔らかいのにコシがある。
(美味しんぼ 第10巻『ペンションの名物』 →参照) byロロモの世界
あれ、思い出しましたよ。

こちらのお店では うどんも日本蕎麦も中華めんも扱ってる。
それぞれが それぞれの粉の美味しさがしっかりしていて
ほんまに美味しいです。
粉だけやなく、塩にも気を使ってるらしいし。
おとーさんもおかーさんも ものっすごいええ人で しかも職人。
カッコえ~~~~!!!


お店の前にあるフリースペースにどっかり座って
茹でたての細うどんを頂いていると
次から次に お客さんが来る。

ラーメン用中華そば

ラーメン用の中華麺が売れてましたね~~!
私も 島谷さんの ラーメン用の中華麺、大好き!
ストレートの 細麺。 麺の断面が キリッと角のたった
のど越しが まことによい麺です。

この麺は 私は広島風のお好み焼きにも使います。
そして、 【神戸で焼きそば】 ゆうたら 通常は 【あんかけ焼きそば】 を指すと思うねんけど
その 【あんかけ焼きそば】 の時も この ラーメン用中華麺を使います。

粉のうま味、コシ、舌触り、のど越し…
そのどれも 絶品。



島谷商店さんのファンは多いらしく 地元の友達なども お店をよう知ってる。
地元の垂水だけやなくて 配達されてる店舗、施設もあるので
島谷さんの麺を 知らず知らず食べてる神戸人もおると思うよ。

とにかく、技ありの茹で麺屋さんです。
わたしは ベタぼれです。
(ちなみにここの日本蕎麦には 信州からも注文が来るそうだ。
私もここの蕎麦は ほんま美味しい!と思う! 
神戸で日本蕎麦買うなら、私はここ、と決めてます)

廉売市場の中のお店は なかなかすぐれもののお店が多いと思うんだけど
美味しいもの、ずっと作りつづけてほしいです!

 

垂水廉売市場、おもろいよ~! 一度行ってみ~!


人気ブログランキングへ


ブログパーツ

街あるき | 21:29:21 | Trackback(0) | Comments(13)
イカナゴ漁2008 その後
イカナゴ漁、今日はどうなってるかな?
と思って≪JF兵庫県漁連≫HPの『イカナゴ新子情報』をクリックしたけど 反応しない。
イカナゴ新子情報の掲載は

            終了いたしました。

  ご利用ありがとうございました」

だそうです。 ということは、イカナゴ漁、 終了した、ということなんだろうかね。

と思って、いつもお世話になります、神戸新聞NEWSを検索してると
こんな記事を見つけました。

【原油対策基金で支援 明石海峡衝突の漁業被害】 神戸新聞NEWS 2008.4.4付

【ノリ焼却、漁の不安続く 明石海峡3隻衝突1カ月】 神戸新聞NEWS 2008.4.5付

イカナゴ漁は消費者に直接わかりやすい影響があったので
多分、神戸でクギ煮を毎年炊いてる人は 「えらいこっちゃ」 と思ったやろうけど、
海苔は商品になるまで時間がかかるし、≪須磨海苔≫ゆうてもクギ煮ほど有名ちゃうやろうから
それほど市民の関心はないのかもしれんなぁと 思ったりしながらも

海苔の網を捨てる というのは やっぱり大変なことやと思う。

取り急ぎ記事にしましたが、 これからもこの情報は追いかけていきたいと思う。

全国の漁業してはる人、 なんと23万人ほどらしいし。
(→総務省・国勢調査『漁業従事者』)
たったの23万人… 私は唖然としました。
その貴重な漁業従事者が「こりゃ、やっとれん」と廃業してしまったら…・

お魚 食べられんようになるのは あまりに悲しいなぁ。

神戸の海も漁業も 大事にしたいね。


人気ブログランキングへ

ブログパーツ


神戸 | 20:56:51 | Trackback(0) | Comments(6)
≪たちばな≫ 玉子焼き(明石焼き) 三宮

神戸で玉子焼き、といえば 大人になってからは≪たちばな≫さんに行くことが多かった。
たちばな7

故郷に帰れるのは よくて年1回。
子どもが生まれてから 意識的に神戸に帰る時間を作ってきたけれど
 (なんといっても標準語も神戸弁もしゃべれるバイリンガルにしたかったからね)
 民族大移動のお盆、年末に、神戸の実家を拠点に
限られた日数、子どもを連れてでは そんなに あちこちには行けない。

となると 三宮~神戸間の 商店街巡りが どうしてもメインになってくる。
アーケード街をうろうろしながら 子どもの腹も満たさなければならない。
てっとり早く 神戸の味に触れさせるには ≪たちばな≫さんがうってつけだった。
だから、たぶん、うちの子の 『初玉子焼き』 は ≪たちばな≫ さんの『たこ焼き』。

震災の年。
ぐちゃぐちゃになった神戸に 夏休みを利用して帰ったとき 
≪たちばな≫ さんがもう開店していて 嬉しかったのを記憶している。
その時、アーケード街は 本当に閑散としてた。
あちらこちら 取り壊された店舗が更地になってたり、
ブルーシートで覆われた仮店舗で とりあえず商売始めたばかり、という雰囲気。
≪たちばな≫さんの たこ焼きの値段、 記憶していた震災直前の値段よりも
若干安くなってるかな?と思った。 定かな記憶ではないけど。
なんでやろう? お客さんが少ないからかな? と 気になりつつ 立ち去ったのを思い出す。

≪たちばな≫。

たちばな8

私が行くのは センタープラザ地下一階のお店が多いかな。
三宮の駅に行く途中でふっと寄る、そんな感じのお店。

080314 (3) - コピー

元町寄りの本店も このセンタープラザの店も
そつなく愛想よく、というタイプの店ではないので
初めての人、観光で入る人には ちょっと入りづらいかも 頼みづらいかも と思うことはある。

私の場合は ノレン越しに店の中を覗いて 空いてるようならサッと入って 
一人の時はカウンターにサッと座って 素早く「○人前!」と注文。

たこ焼き。 10個 600円。 

正しくミツバな「たちばな」のたこ焼き

(これは多分、ごく最近値上げしたはず。 去年の暮は580円だった↓)

2007年12月の値段
(写真は2007年12月の値段表)

ここの出汁は うま味が 比較的 濃いです。
正直、最近は この うま味がゆえに ちょっと敬遠しがちだった。
ただ、うま味が濃すぎず、絶妙に美味しい日もある。
出汁の味とタコの出来が 日によって微妙に違う感じ。

生地、うま味結構強いほうかな。塩っ気は強くないけどね。

080314 (9) - コピー

タコ、ちょっと塩気きついときもあったりして、そういうときに当たると ちょっとハズレ。
美味しい時にあたると ほんまに美味しいタコの味。
この波のあり加減がビミョ~やなぁと 最近思うようになってきてるけどね。 正直。

いつ来ても変わらんのは やわらかくて玉子多めの生地と 味の濃いタコと 浮き実のミツバ。


こないだ行った時は 小さめのタコが3個入ってるのもあった。
こんな「おたのしみ」があるのと やっぱり駅から近くて便利、休憩時間なく通しでやってる、というのとで
なんやかやと思いながらも ついつい≪たちばな≫のノレンをくぐっている。



※ところで、 ≪たちばな≫の玉子焼きはお店では『たこ焼き』と表示されてるけど
 これは 『神戸たこ焼き』 の流れということなのかな。
 今までずっと何の疑問もなく「≪たちばな≫の玉子焼き」 と思ってたけど
 長田の≪ゆき≫さんで 『ぼったこ』(多分、神戸たこ焼きの流れのたこ焼き)を食べたとき
 『ぼったこ』と『玉子焼き』はほとんど同じやなぁと思ったのでしたが・・・

 一応私の中で 『神戸たこ焼き』は 玉子焼き(明石焼き)の ソースも使うバージョンという位置づけで
 玉子焼きと神戸たこ焼きはかなり地続き、というか、兄弟姉妹、というか、そういう感じで
 思ってます。

 専門家の方のご意見も伺いたいところではあります。

◆神戸たこ焼き については →≪神戸たこ焼き≫「『神戸たこ焼き』とは?」 1995.1.1付  御参考まで。

080314 (6) - コピー

(≪たちばな≫さんには ちゃんとソースも置いてあります。ちょっとピリ辛系、どろソース系かな)

≪たちばな≫  
センタープラザ店  三宮センタープラザB1 →センタープラザmap ℡ 078(391)3791
本店 →Yahooグルメ →マップル  神戸市中央区三宮町3-9-4  ℡ 078(331)0572



人気ブログランキングへ



ブログパーツ

街あるき | 17:41:21 | Trackback(0) | Comments(2)
≪淡水軒≫ 神戸の餃子のタレは味噌ダレか?お店探訪⑥
「築地土曜会」 最終回はちょっと準備に手間取っているので
久し振りの 【餃子味噌ダレ】 シリーズ。

≪ぎょうざ苑≫さん (2008.1.26) の時に ≪terzo≫のaglio!さんが
「ビールには『淡水軒』が一番のお気に入り」 とご紹介くださった、≪淡水軒≫さん。
(aglio!さんブログ「元町西口高架下『淡水軒』で餃子とか」2007.12.3付)

≪淡水軒≫ →HP
       神戸市中央区元町高架通り2番138号
       ℡/fax 078-321-1546

何度もこのお店の前 通ってるんやけど…
モトコー と呼ばれる 元町高架下。  →元町高架下商店街(ウィキペディア)
その1番地、元町駅西口方面からの モトコー入り口のところに ≪淡水軒≫さんはあります。

モトコー一番地入口淡水軒

ここら辺の こういう感じのお店は ≪赤萬≫さんも、そうやったし、
こちらのお近くで 超有名な≪丸玉食堂≫さんも 
「まぁ、 ビールいこか」 ゆう 勢いというか、 雰囲気というか、
そういうのがないと 入られん。 ということで、 
「気にはなるけど 入りづらくて 後ろ髪ひかれつつ素通り」 と相成ります。 

東側入口

私も もうちょっと若かったらなぁ。
もう20年も若いころやったら 勢いで入ってたけどな…
それにしても、 こちらもノレンや看板が赤いなぁ・・・(笑

メニュー

メニューはこんな感じ。

赤いノレンをくぐって、店内へ。 キッチンを取り囲むようなカウンターのみのお店。
「一つ席、詰めたってくれる?」 とお店の方が声をかけてくださって
空いた隅っこに座らせていただきました。
(ちなみに、 出入り口は南北、東と3か所ありました。私が入ったんは東の入口)

店内大変手狭につき 写真控えました。
(餃子の中身のアップは 持ち帰りしたものを家で撮影)

お客さんの注文、餃子だけやなく、ラーメン、チャーシューまんべんなく、な感じでした。
ラーメンはストレートの細めん、ちょっと醤油っぽい色やけどそそられる絵面でした。
(ちなみにチャーシューは新生公司の叉焼を使っているとのネット情報有)

平日のセットメニューは 
焼き餃子7個+水餃子4個 + (ビールかラーメンどちらか) で1000円。
これは平日に来るべきやなぁ! そう思いながら待っていると 

まずは タレが やってきました。
味噌ダレは お店の人が ソース入れみたいなので
注~~~っ! と お皿に入れて渡してくれる。
左が味噌ダレ。 (右は水餃子用のタレ)

餃子を食べる前に 味噌ダレ試食。

淡水軒タレ

おおお!
すごい ウマ味・・・・   私、ちょっと苦手系かも・・・
ニンニクはそれほど感じない。
唐辛子も味噌も 辛すぎず。
とにかく ウマ味、ちょっと強いです。

焼き餃子。  6個300円。

焼き餃子1



焼き餃子2

仕上がり、お見事ッ!! コンガリ、パリッとした皮。 そうそう、餃子はこれでしょう。
割ってみると・・・
具はオーソドックスなキャベツとお肉。
他に入ってるのかもしれないけど、 キャベツの大きさが 私には最適。
キャベツの甘い味がしっかり味わえて、 しかも

ニンニクが強烈!

淡水軒焼き餃子

このニンニク強烈餃子、 先ほどの 私的には???の味噌ダレにつけると・・・
なんとなんと。 まぁ、
「ビール、 飲まんの? え? 飲みたいやろ??? ホレホレホレッ!!」
と言わんばかりのお味に!!!!!

そうですね。 今まで食べた餃子と比較するとしたら
≪赤萬≫さんの焼き餃子の具を もう少し 肉っぽい感じ、とでもいいましょうか。


さて。 お次は 水餃子。 8個550円。

水餃子1



水餃子2

おっと! ボリュームあります!
水餃子にも 専用のタレを 注~~~っ!とお皿に入れてくれましたが
これは マイルドな酢醤油、という感じ。

水餃子、 割ってみると・・・・
おおおおおっ!!!!!

淡水軒水餃子



肉がみっちり。 そして、 何か 肉、海老以外の コツコツ硬い箸ざわり。
食べてみると…・
しゃきしゃきした歯触り。 ひょっとしてクワイかしらん?
(どこにもそうは書かれていないので 本当はどうなんだろう?わかりません)

水餃子の方は、にんにくを感じません。
入ってるのかもしれないけど、 肉や他の具材の素朴な味わいがちゃんと楽しめます。
たっぷりな餡の量も嬉しい。

私的に 水餃子、 かなり好みだなぁ!!!
あの≪ぎょうざ苑≫さんの『三宝餃子』を思わせる満足感。
あっちは高級バージョンですが、こちらもなかなか負けてませんで~!というかんじ。


ビール飲むなら焼き餃子、 餃子の味を楽しむなら水餃子。
一軒のお店で見事に使い分けできそうです。
ラーメンも美味しそうだしね。 (こっちも一度食べてみなくちゃね)


駅から近いし、ちょっと時間ができたときに立ち寄るには 最適かも。
持ち帰りもすぐ対応してくれるみたいだし。
ちょっと 元町寄った帰りに お持ち帰り~ というのもできるなぁ!
いいお店、教えてもらいました。 ありがとうございました。

ごちそうさまでした~!


人気ブログランキングへ

ブログパーツ


街あるき | 00:33:51 | Trackback(1) | Comments(4)
これも神戸の春の味。【茎ワカメの煮つけ】 イカナゴのクギ煮2008 おまけ
イカナゴのクギ煮。
2008年、ようやく一度だけ イカナゴに出会え
佃煮だけでも 自分で作れたのは とても感慨深い。
神戸に住んでた18年間。 一度も「自分で作ろう」なんて思わなかったのにね。

残念ながら 去年は不漁、今年は明石海峡での事故があり
イカナゴは 2年連続で 受難の年となった。
知り合い曰く 「去年の不漁で 『クギ煮はもうやめるわ』いいはる人が 増えとうで」。
毎年100キロを炊くというその知り合いは 今年ももう30キロ炊いたと言っていた。
でも、 「もう獲れんやろ。 そやけど 他所の人はそれ知らんから 楽しみに待ってはるねん。それが困んねん」 と。

東京にイカナゴの様子、全然伝わってへんもんなぁ。
毎年楽しみに待ってる人がたくさんおってはる というのは嬉しい反面、こういうとき大変だ。


私の場合、 イカナゴ、あかんかったんで、 皆さん気の毒がって
今度はこれを持って来てくれて 作り方教えてくれた。
「これやったら ようさん売ってるわ。 これ作り!」

茎ワカメの煮付け。    これはお手本!

(これは先輩主婦に頂いたお手本!さすが、見た目から美味しそう!)

これも神戸の春の味。
ワカメが獲れ始める この時期ならではの味覚です。

イカナゴのクギ煮2008、 今年度は この記事で一応区切りにしようかな。


いつもは イカナゴと並んで 売られてる 茎ワカメ。
安い。

茎ワカメ

ビニール袋に入ってる茎ワカメは 葉っぱみたいな部分を取った後の部分。
手でポキッと折れる位 新鮮。

生の茎ワカメ

これを一度湯がく。
沸騰したお湯に入れると 真っ青に。

お湯に入れると…


きれいな緑!

湯切りして 細かく切る。
(この段階で食べてみると、ちょっと塩辛い)

空煎りした後調味料を入れて…

お鍋で空煎りして(これ、忘れてた!)粉カツオを振りいれ、 醤油1:みりん1:酒1 で煮付ける。

煮つける

しばらく強火、 その後弱火でさらに煮付けて 汁がなくなったら出来上がり。


すごい前に自分で作ったとき、 いつもあまり使わないので甘味を使わず作ったら
もともとのワカメの塩気が強くて、 しょっ辛すぎて 美味しくなかった。
茎ワカメの煮つけは 甘味を入れるのがポイントみたいです。
今回はうまくできた。

(あまり薄くスライスすると歯ごたえが今いち、と聞いたので少し分厚目にスライスしたのだけど、
もう少し薄くてもよかったかな。 2.5ミリ位がよさそうかな?????次回への宿題です)

さすが、先輩主婦の皆さんのは 美味しい。
これを冷凍保存して、 その時その時 混ぜものして(ジャコや 竹輪や何やらかんやら…)
食べると美味しい!ということでした。
もちろんそのままでも、 お茶漬けでも、 美味しい!


来年、イカナゴのクギ煮も、 茎ワカメの煮付けも、 もう少しレベルアップできますように!

そして、 なにより、 神戸の海が 安全でありますように!

人気ブログランキングへ


ブログパーツ

神戸 | 22:39:36 | Trackback(0) | Comments(4)
イカナゴ、ゲットしてんけど…  イカナゴのクギ煮2008 ③

イカナゴちゃん。

先週の金曜日。 3月14日のことです。

東京から一路神戸へ。  
今回の目的は なにはともあれ イカナゴのゲット。
明石海峡の衝突事故の後、 油が流れ着いてるという話は
知り合いからも聞いてたけど、
とりあえず 海域ずらして 漁はされてる と聞いてたんで
まぁ、売ってるんちゃうか、と。   イカナゴの過去記事は→こちら

ちょっと時間が遅かったんで (16:00頃) 売り切れてるかな?と 一抹の不安を抱えながら
それでも 魚屋さんの店先に 1キロずつビニール袋に入れられた イカナゴを発見。

袋入りのイカナゴ あまり記憶にないなぁ。
(いつも見るんは かごに直にどっさり入ってるイカナゴやから。それを量り売りしてる)
こんな時間に残ってるということは あまり買う人がおらんのかな?
意外~~~! でも、 ラッキ~~~~!!!!!

あまり深く考えず とにかくゲット。 1キロ 900円也。

イカナゴ1キロ

実は、今日は クギ煮にするつもりじゃなかった。
レシピはほいほいさんの≪神戸・芦屋・西宮☆ぷらぷら日記≫
 ≪母直伝☆いかなごのくぎ煮レシピ≫≫で去年伺ってたんやけど、
私が 「イカナゴ、今年初めて作るねん~~~~!!!」 と 大騒ぎしてたんで
知り合いが 「作り方、 ちゃんと教えたるから、 明日うちにおいでよ!」 ゆうて
その次の日(15日)に イカナゴも用意して 待っててくれてるという段取りになっててん。

それで、 今回は 前から作ってみたかった
イカナゴの つくだ煮

これいこか、と。 

実は 私、 イカナゴのクギ煮の発祥の地といわれてる場所で育ってるわりに
クギ煮の甘いのん、 苦手やねん…‥  
あまり大きい声で言われへんけど…・

というわけで、 家に持ち帰り  イカナゴの つくだ煮に チャレンジ~~~~!!!

ざっと写真並べると こんな感じ。

イカナゴちゃん。

カワイイやろ~~! イカナゴちゃん。

今年は獲れ初めから 4センチ位のちょうど初心者には煮やすい大きさ(ちょっと大きい、ということ)
これは漁場の関係なんかなぁ。

ほいほいさんのブログ通り、 水でざっと洗ってしっかり水を切る。

水をしっかり切る

意味はわかりません。 (たぶん、煮くずれしにくくするため?)

醤油(1カップ)と 砂糖(洗双糖100g)を混ぜて沸騰させたところに パラパラッと イカナゴをばらまく。

その上から 生姜の千切りをパラパラッ。
またイカナゴパラパラッ。
また生姜パラパラッ。

P3140432 - コピー

サンドイッチみたいにして 全部入れたら 。。。。。。。ああああ・・・・・・
砂糖が少ないからか、 アワブクが上がってこない・・・・

しょうがないからフタしちゃう。  たぶん、これはクギ煮には禁じ手・・・・ でもこれ、佃煮やから…

まぁそういういい加減な感じでやってたら なんか美味しそうになってきた。

P3140449 - コピー

これ、美味しい。
釜揚げの醤油味版、という感じ。
いやぁ…‥私はこれ、好きやなぁ…‥‥

でも、 このままやと日持ちしない。
だから 心を鬼にして、 これにさらに醤油を加える。
(1/3ほどは このままで 食べちゃったけどね)

しばらくこのまま煮詰めていく。
なんかすごい醤油っぽい。  街にプ~ンと漂う 甘辛の匂いと 確実に違う。

ううう。 まぁええやん。 私はこれを目指してたんやから…

イカナゴのつくだ煮

出来上がり。 見た目 佃煮。 食べても 佃煮。 

魚の味がわかって 美味しいけどね。 それなりに。


いやいや、 初めての イカナゴ煮もどきにチャレンジし終わって ホッとしてたら
お隣さんが 「イカナゴ 持ってきたよ~~!」 と持って来てくれた。

おみごと!

あ。 これは 素晴らしい。  しかも・・・・・   美味しい!!!!

見た目が イカナゴのクギ煮。 パーフェクトに イカナゴのクギ煮。
甘くても美味しい、 いや、 甘いからこその美味しさ引き立つ イカナゴのクギ煮。


ああああ、、、、ちょっとうなだれる私に 追い討ちをかけて
いつもクギ煮持たせてくれるおばちゃんが 来襲。

「なに~~!midoriちゃん、 クギ煮炊いたん? ほな、見せ!」
ひえぇぇぇ~~~~!
そやから、 クギ煮と ちゃうんやけどな…・

一目みて、 もう顔が曇っとる。
一口食べて 速攻 

「あかん! しょっから(塩辛)すぎ!!!」 

ダメだししていただきました~~~~ (汗


のほほんとしてる間にも 大変なことが起こっており…・

急を告げるメールは 実はこのときすでに私の携帯に着信していたのだった。

「今、 明日漁をするか 会議してるみたい。 結果はまだ分からない」

送信は 明日 イカナゴの作り方教えてくれることになってる知り合い。
なぜ? 理由はわからないが 何かあったらしい。
でも、そんなに深刻なのか わからないままに 
初イカナゴ(クギ煮もどき)煮に満足して ぐっすり眠りについたのだった…


<今回は 緊急でイカナゴシリーズをちょっと続けます。「築地土曜会」の最終回はこのあと必ず・・・>
ということで 人気ブログランキングへ でしょう、やっぱり!



ブログパーツ

神戸 | 16:36:40 | Trackback(0) | Comments(9)
イカナゴも海苔も えらいこっちゃ!!!
すでに皆さんご存じのように
明石海峡で 先週(3月5日)起こった 船舶3隻による衝突事故。
貨物船が沈没し、乗務員の方が亡くなり、まだ行方不明の方もおられる。
重大事故。 
私の実家の眼と鼻の先だ。

明石海峡を望む



衝突現場は おそらく 写真のタンカーが写っているあたり。
向こうの島影は淡路島。手前は垂水漁港。右手の橋は明石海峡大橋。

不明の方が 一刻も早く見つかりますように。




事故当日。 油膜に覆われた海面がテレビで流された。

その眼と鼻の先には 明石沿岸の海苔網が・・・・・

始まったばかりの イカナゴ漁はもちろん、 海苔の養殖は大丈夫なのか?

こことリンクさせている時々更新ブログ→midoriのスペースにも書いたけど
すでに垂水の浜ではオイルボールが打ち上げられ、
海苔網にもオイルの付着が見られたので
『県内一の生産量を誇る林崎漁協(明石市)が養殖中のノリの全量廃棄を決めるなど漁業関係者への影響が広がっている』(神戸新聞NEWS08.3.8付)とのこと。

tako_sukeさんの ≪蛸壺ブログ≫ 「とにかく大変です」 08.3.8付 で詳しく知る。愕然。

林崎漁協って・・・・ →林崎漁協HP
私が去年末に 海苔の養殖網のことをいろいろ伺った明石浦漁協さんの 隣じゃない?!!
→明石浦漁協HP    
ウチのブログ記事 『神戸の海苔≪須磨海苔!≫その1 明石漁港でであったお兄さんたちは海苔養殖の準備をしていた 』 08.1.7付


東京にいると詳しい情報を目にする機会はとても少ない。

JF兵庫漁連のHPで 毎日 イカナゴ漁の漁場などの確認をしているのだけれど、
この2日ほどは もうすっかり明石ー神戸沖では 漁が行われなくなっている。

去年に引き続き 今年も イカナゴ漁への打撃。
今回は イカナゴだけじゃなくて これから春以降の漁への影響も とても心配。

早く安全な漁ができるようになりますように。


【追記】

流れ出している燃料油の量は
『ゴールド号は燃料の重油など約七十七キロリットルを搭載。衝突後、沈没した船体から流出、事故翌日の六日には、同市西部から明石市の沿岸に黒い油塊が次々と漂着し始めた。』(神戸新聞NEWS 08.3.8付

10年前のナホトカ号は油の量が格段に多く(推定約6240kl)、被害も甚大だったけど、
瀬戸内海は内海なので また違う形の被害が出てくることはないのだろうか?
『ナホトカ号重油流出事故について』 福井県衛生環境研究センター


人気ブログランキングへ

ブログパーツ


神戸 | 21:22:34 | Trackback(0) | Comments(6)
≪モンロワール≫ チョコレート その2  懐かしい味のその店は岡本にあった 
以前チョコレートについて書いたときには
三宮のコスモポリタンが廃業した直後だった。
そのあと 何度か店の前を通ったが 店舗は閉められていたままの状態がしばらく続いているようだった。
去年の秋、ようやく工事が始まるらしく、白いシートで覆われていた。

震災直後、がんばって営業してくれていた姿がとても嬉しかった
あのお店も その跡も とうとう本当に 神戸の街から消えてしまうんだなぁ。
そう思うと とてもさみしくなった。 過去記事<チョコレート>2006.12.17付


最近チョコレートはブームのようだけど、 神戸にはチョコが美味しいお店たくさんありますよね。全国区のモロゾフ、ゴンチャロフは神戸のメーカー。

今週全国的イベントともなっている注目のバレンタインデーは ≪神戸学検定公式テキスト神戸学≫によると
神戸モロゾフ製菓(現モロゾフ)が1936年(昭和11年)、日本国内の英字新聞に
「バレンタインチョコレート」の広告を出したのがスタートといわれている(P16)、とのことらしい。

先日の ≪神戸セレクション≫会場と同じフロアで開催されていたバレンタインチョコのフロアに
神戸のチョコメーカーさんも何軒か出店してました。
私が気がついただけでも 昔からおなじみの モロゾフ、ゴンチャロフさん。

そして 神戸から パティスリー・グレゴリー・コレ (→HP)
こちらのシャンパン入りのトリュフ、『トリュフシャンパーニュ』 を頂きましたが
いかにも上質なんだろうな、という感じのシャンパンの香りが ほのかにお口の中で広がって
得も言えぬ美味しさ~~~!!! また一つお気に入りが出来てしまいました!

パティスリー・グレゴリー・コレ

一番館さん(→HP) も出店されてましたね~。
懐かしいお味。 嬉しいですね~!こうやって 東京に居ながら神戸のお店に再会できるのは!

私、神戸に育ったからか、チョコが好きです。
甘いものは普段あまり食べないほうだと思うのですが、チョコだけは
珍しいものを見るとついつい買ってしまう。 味見してしまう。

モンロワール。(→HP)
ここのチョコレート、東京でグループお取り寄せで 何年も 食べ続けてましたが 
神戸・岡本のメーカーさんだった。
香料がきつくなく チョコレートの味がシンプルで好き。 お手頃価格で、美味しいのよね・・・

最近、一粒数百円以上もするチョコレートが 飛ぶように売れているようです。
一粒、おいしいのを食べるのも 頂くのであればいくらでもいただきますが、
やはり 質より量と申しましょうか。
普段使いのチョコレートは 安くておいしものがよろしゅうございますねぇ。

この3年ほどは モンロワールさんには 御無沙汰でございましたが、 
以前から気になっていたモンロワールさんの『お店』に お邪魔してみることにしました。

時は12月。クリスマス商戦始まりし頃。
川底を歩く イノシシの親子の写真、 覚えてらっしゃるかしら。
あれは JR摂津本山駅を降り、モンロワールさんを訪ねて行く途中で偶然写したショット。

            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

JR摂津本山駅。

垂水区に実家のある私には あまり馴染みのない駅です。
一度くらいはこの駅で降りたことがあるのかな?
若い人が目につく。たくさん人が歩いてる。
流れに乗って阪急岡本駅の方向に歩く。

天井川を歩くイノシシ。 ウリボウも一緒にいて 街中で動物園状態、でしたね。

PC080054-1.jpg


岡本駅前通りは こじゃれたお店の商店街になっていた。
その一角。 白いすっきりしたビルの2階が モンロワール本店さんでした。

モンロワール本店



お店の方に断って 写真を撮らせていただく。
嬉しいなぁ。前もチョコレート、横もチョコレート。 見渡す限りのチョコレート。

これまでは通販で買っていたんだけど、ウチで人気ナンバーワンのチョコは
最近のパンフレットには載っていない商品。
そのチョコ、 いきなりですが 入口正面で発見!!!
『苺の雫』Choix(シュワ)って書いてある。 
美味しいんやぁ! フリーズドライのイチゴが入って ホワイトチョコでコーティングしてある。

すいません。 写真撮ってませんでした…
北海道のホワイトチョコで有名な ≪六花亭≫さんにもそっくりのがあります。
『ストロベリーチョコ』

これ、通販には載ってないんですよね~・・
お店に行かないと買えないんですかね~~・・・

うちでいつでもあるチョコ、といえばこちらでしたよ。写真の右手、袋入りの。
『サービス袋ココアミルク』 →通販ページ

otok_20080214140959.jpg

一口サイズ、ココアコーティングされた丸いチョコレートがひとつづつ包装紙に包まれてます。
次から次に 包みをむいては口に 放り込む。 とまらない。
これを一袋持ったら 危ないよ~~~。(*^_^*)

お店のショーケースには 生チョコがたくさん!
どれもこれも お試ししたい、買っちゃいたい。
危ないよ~~~! 

生チョコキューブ

ちょうど クリスマスシーズン限定の 可愛い雪だるまやノエルを型どったトリュフもありました。

トリュフ クリスマスバージョン

とりあえず 持って帰れるだけ買い込みました。 幸せ~~~! 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

モンロワールさん。
元町にもお店があると知ったので その後行ってみました。


なんとなんと。
大丸の東口出てすぐのところにありましたよ。
ちょっと見過ごしちゃいそうになるけど、本当にJR側に横断歩道渡ってすぐ左手です。

PC110179-1_20080214141228.jpg

こちらにも 『苺の雫』と 『サービス袋ココアミルク』 がありました。
どちらのお店にも お得なおすすめ商品がありました。
それぞれお得商品が違っているのも なかなか心くすぐられる感じ。
東京青山にもお店があるようだし。
新大阪駅の駅ナカで 最近生チョコ売ってるのを見かけます。

ちょっと調べると 意外に身近に神戸のチョコを発見できるのかも!
ああああ~~ 危険な幸せだわぁ~~~。

 

モンロワール 岡本本店  神戸市東灘区岡本1-11-20  ℡0120-232-747
         元町店    神戸市中央区三宮町3-1-3




人気ブログランキングへ



ブログパーツ


街あるき | 00:20:10 | Trackback(0) | Comments(6)
神戸セレクション 東京初上陸! (オフライン展示・販売会)
餃子の ≪ぎょうざ苑≫さんをきっかけに知った
【神戸セレクション】 ですが、 なんと 東京に初上陸!
本日6日より14日まで開催。  ちょうど暇やし、行ってみよか。
小雪交じりの東京。人通りがいつもよりも少ない新宿。
小田急百貨店11階催事場へ。

同じフロアの【バレンタインワールド】から 甘ーい香り漂う中、
【神戸セレクション】の会場へ。

CA250462-1_20080218232204.jpg


神戸セレクション小田急新宿店1


それぞれのお店のディスプレイが 神戸らしいすっきりお洒落で 素敵。

催事といえば 【京都】【北海道】 が定番。
【神戸】だけで 催事って なかなかないよ。
【スイーツ特集】とかで 神戸のケーキ屋さんとか出てくることはあるけどね。
(隣のバレンタインコーナーにはゴンチャロフさんが出店してましたよ)
神戸のお店だけで一角を占めるなんて もうそれだけで神戸に帰った気分。
嬉しくて ついつい お店の人とおしゃべりしちゃう。

東京の百貨店で お店の人と神戸弁でしゃべれるんて なんかめっちゃ嬉しいわぁ。

≪ウェブデザイン≫ の プリザーブドフラワー。→HP   楽天ショップ→ WBP DESIGN(プリザーブド)


可愛いのでうちのこにしました。

きれいな香りのする花びらや葉の組み合わされた オブジェ。 かわいいね~!
洒落た空間演出に 北野の辺をうろうろしている気分になってきました。

お隣は ≪アートワークス≫ の 家具。 →HP  楽天ショップ→家具工房アートワークス


シンプルな机が好きです。

木のぬくもりに触れると 癒されますね~。
オーダーメードの家具も作っているようです。
そういえば 神戸でよく行く喫茶店の椅子やテーブル、木の地肌が暖かくて好きだったなぁ。
手で実際に触ってみるって やっぱ大事だね~~。。

≪マキシン≫  →HP 

すばらしい匠の技!

あまりに有名な帽子専門店。 オーダーメードの帽子には縁のない私ですが、
さすが高級感溢れるそのフォルムは 美しいわ~~~。
どれも全部かぶってみたくなってしまいます。 (似合うかどうかは また別の話)
こんなオープンフロアならではの身近さ。
普段は実際に手にするどころか お店の外からじっと見つめることすら遠慮してしまうような・・・


≪アタオ≫ バッグ  →HP  →楽天ショップ

カバン好きにはたまらない形!

こちらのバッグ、革の手触り、最高!
いっぱい入るのに大きく見えないバッグ、さすが神戸スタイル。
そうそう、神戸って、革製品が充実してると思うなぁ。
バッグも靴も、革の手触りは神戸で覚えた。

≪ナカムラマッチ≫ →HP  楽天ショップ→ ナカムラマッチ

こちら 狙ってました。(*^_^*)
ウチで使ってる灯油ストーブ、そろそろマッチが切れてきたので。
本当はネットショップにも載ってる 徳用のでっかい箱のマッチが欲しかったんだけどね。

ナカムラマッチ1

神戸セレクション限定の可愛いデザインもいいなぁ。
復刻版、というのは 垂涎もの。  

ナカムラマッチ2

CA250468_20080218232902.jpg
    かの 海沿いのレストラン、【塩屋異人館倶楽部】のマッチ? いや、もっと古いものかな?


≪サウンドプラス≫  →HP  楽天ショップ

すっきりした北欧風のデザインが素敵。

音にも素材にもこだわって作ったオーディオ。
シンプルでとても綺麗な形。 漆塗りバージョンは 職人さんの技がさらに光ってる。
こちらの展示は10日まで。 


≪神戸珈琲物語≫  →HP  楽天ショップ→神戸珈琲物語

神戸珈琲物語1

お馴染 神戸珈琲物語の珈琲。 なつかしゅうございますね。フレンチローストの豆の香り。
イートインスペースがありました。
スペースを囲む壁には兵庫県在住のドローイングアーティストJunichiの絵で飾られています。
この珈琲空間は まさに神戸。 ゆったりくつろがれている方も 神戸の方に見えちゃうのが不思議。

神戸珈琲物語2


神戸珈琲物語3



≪ナナコプラス+≫  →HP  楽天ショップ→ SWEETS MUSEUM


ジュエリー?




これこそ ネットショップだけでは絶対わからない、ほんまに本物みたいな作りもんのアクセサリー。
めいっぱい近づいてじっと見てても 謎謎謎!!
おねぇさんが素材とか いろいろ教えてくれたけど、 どう見ても本物のお菓子にしか見えへん。
お菓子そっくりに作る技もすごいけど、それをアクセサリーにしようという発想。面白いなぁ。



他にもお店があったんですけど、 面白くてついつい熱心に見てたり話聞いたりしてたら
写真写し損ねちゃいました。

とにかく こうしてネットショップでアップされている物を 実際に見て お店の人と話をしたりすると
ネットだけではわからなかった質感や長所がぐっと見えてきて いいねぇ。

前から知ってるお店も、 今回初めて出会ったお店も、
神戸のよさを伝えてくれるお店ばかり。
もっともっとたくさんの人が神戸に興味を持ってくれて
【神戸】の催事がいっぱい開かれるようになるといいなぁ。

今回出店していたのは 以上の他に
≪フロムコーベ≫ 万年筆用ノート、レザーペンケース等 →HP  →楽天ショップ
≪ダクダート≫ オリジナルシルバーリング →HP  楽天ショップ→2人の永遠の思い出に
≪フラワーオフィスゴロー≫ 楽天ショップ→flower designers shop “goro”

(株)田中務補商事、(株)ドアズ
六甲真珠貿易(株)

人気ブログランキングへ

資料などはまとめて ↓Read More へどうぞ



ブログパーツ

続きを読む >>
街あるき | 21:17:58 | Trackback(0) | Comments(4)
≪元祖 ぎょうざ苑≫ その2 神戸の餃子のタレは味噌ダレか?お店探訪⑤

前回、偶然入れた≪元祖 ぎょうざ苑≫さん。
それから 前を通るたびにチェックは欠かさないんだけれど、 人が並んでいないところを見たことがない。

ぎょうざ苑


残念~~~!と思っていたら
ある日、見なれない看板を見つけた。

ぎょうざ苑怪しい看板発見!



「お持ち帰りは 店内へどうぞ」


お店は休憩時間中。
あと1時間弱も待てば夕方の開店時間になろうか、という午後4時15分。


「お持ち帰りは 店内へどうぞ」


この看板 どういう意味 ??

しばらく店の前で腕組みして考える。

「三宝餃子」ってなんだろう?
それに、 休憩時間でも 持ち帰りの対応ができる、ということなんだろうか?
もしかすると開店時しかダメなのかもしれない。
でも、開店ももうすぐだし、もしかすると店内に準備のために人がいるかもしれない。
それなら 少なくとも どういうことなのか説明はしてくれるだろう。

今までの気の弱い私なら さっさと諦めて開店時に聞くのが精いっぱい。
でも ブログ始めて以来の私は ブログのためなら ちょっと頑張れるようになったんです!

思いきって でも 恐る恐る店内へ。

ちょうど中から若い男女が出てきました。
そして、店員さんらしい人も一緒に。
お知り合いが開店前に訪れていたようです。
ラッキー! 一気にチャンス到来!

「持ち帰り、できますか?」 と 聞いた私に店員さんが
「あ、お持ち帰りは三宝餃子だけですけど、いいですか? ちょっとお待ちくださいね!」 
と丁寧に商品の説明や通販でも買えるということなども教えてくれました。それによると…

「三宝餃子」という通信販売用の特別ゴージャスな餃子が、 最近、「神戸セレクション」というのに選定されたということのようです。
「神戸セレクション」という名前、最近神戸を歩いていて目にする機会があったので
気にはなっていたのですが、こんな形で遭遇するとは。

「神戸セレクション」のサイトから 『神戸セレクションとは』 の抜粋。

『神戸は昔から世界に門戸を開いてきただけでなく、 上質な商品を確かな目で見出し、神戸らしいエッセンスを加え、 多くの人々に受け入れられる文化を創り上げてきた独自の感性を持つ街です。 神戸セレクションでは、出展希望者を公募し、 その中から神戸らしいお洒落な商品を選定し、 オンライン展示・販売会(楽天市場)とオフライン展示・販売会(大丸神戸店)を行い、 新しい神戸ブランドを創生しようという試みです。』

結構すごいことじゃないの?これは。
≪ぎょうざ苑≫さんの3代目のブログ≪ぎょうざ屋さんの独り言≫ 「神戸セレクション」(2007.11.24付) にも登録までの過程などが書かれてありました。




値段的には普段の餃子と比べるとかなりお高くなるんだけど、 
なんだか試してみたいでしょ?
前回食べて その良心的な味がとても気に入った≪ぎょうざ苑≫さんの商品だし。
ましてや お祝い用に使われる餃子なら 目出度い年末年始、試すのにちょうどいいじゃないですか。

15個入り一箱、1260円をお願いしました。

一箱なのに、なんとなんと、りっぱな専用保冷バックに入れてくれるんですよ!

光っております。

これ、本当は4箱位はいるらしいんですけどね。
一箱入れるだけだとブカブカでしたけど、
「これに入れるのが決まりですから」。

これが三宝餃子だ! って、 まだ袋に入ってますけど。
これがこだわりの「三宝餃子」だ!


説明書き。
これが説明書だ!


残念ながら画像はありませんが、(すみません、食べるのに夢中で。。。)
これを自分で焼いて食べました。
先日食べた≪ぎょうざ苑≫さんの餃子らしい味でした。

具はお店で食べたのとはかなり違っていて、 くわいのシャリシャリした歯触りと
海老のプリプリ感がとてもゴージャスでしたが、
味は素朴というか、家庭の手作りの味というか、安心できる味というか。
先日の餃子に通じるものがあります
手作りのおごちそう餃子 というかんじで、私は気に入りました。

15個1260円、普通の餃子だと7個420円、14個だと840円なので
普通の餃子の1.5倍位の値段ということになるのですが、素材を考えればそれくらいにはなるんだろうなぁ。
ただ、通販だと送料がかかるので、5000円以上の送料無料を狙うか、神戸にいる時に買うか、というのがいいかなぁ。

通販はこの「三宝餃子」だけなのですが、本当は普通の餃子も通販してくれるとすごくうれしい。
でも、通販始めると味が変わる、という心配もあるので
できればあの美味しい餃子の味が変わらないように頑張ってほしいと思います。

お店には いつも人が並んでるんで、 何時入れるかわからないからね~~ (T_T)



******関東地区の方に めっちゃタイムリーなニュース!******

神戸セレクションのオフライン展示・販売会Ⅱ が近々開催されます!
2008年2月6日(水)~14日(木) 小田急新宿店 → 神戸セレクション/タイムスケジュール

「三宝餃子」 お持ち帰りのチャンスですぜ、おくさん!

もちろんぎょうざ苑さんの「三宝餃子」も楽しみですが、他にもいろいろ楽しみな商品が!
私はマッチも気になる~~~! →ナカムラマッチ HP 

→人気ブログランキングへ

ブログパーツ



街あるき | 15:10:28 | Trackback(1) | Comments(2)
≪元祖 ぎょうざ苑≫ その1 神戸の餃子のタレは味噌ダレか?お店探訪④

お久しぶりに餃子ネタです。
今回は≪元祖 ぎょうざ苑≫さんです。 
こちら、実は ぎょうざの味噌ダレ発祥のお店として紹介されることが多いお店です!(→HP)
ネタ的にはだいぶ古くなってしまいました。 最初の方(その1)は去年の9月下旬。
後の方(次回掲載予定)は12月の情報です。

お勧めくださったのは、 楽しい飲み屋ブログの ゆかりさん〔ニキニキ日記〕  【元祖 ぎょうざ苑】
明快な味のコメントにいつも納得、のさいとうさん〔グルメ紀行ブログ〕も取り上げられておられます。
【元祖ぎょうざ苑】

南京町です。
南京町に そんなお店、あったかいな?  というか、南京町は 食材買うのがメインで、
食べ物屋さんあまり知らん私。
どこにあるんやろう?そんなお店~~~ 

場所の検索もせず、  しかも ≪ぎょうざ苑≫ さんに 行くとも決めず、
何とはなしに ぼえ~~~っと 南京町歩いてたら ふと目にとまった看板。
≪ぎょうざ苑≫  !!!  ここかぁ!!!   

ぎょうざ苑

なんと、もろ、 南京町のど真ん中。 
いつも行列があると聞いてるのに、こんなにしょっちゅう通るところで、
今まで気がつかなかったのが本当に不思議。 
店閉まってました。  定休日だったのかな。
まぁ、明日でも また来よかな。 そんな軽いノリで その日は家に帰りました。

次の日。またたまたま元町へ。 それなら昨日の≪ぎょうざ苑≫に行ってみようか、と 南京町に向かう。
いつもは長~い行列の ≪老祥記≫ さんにも 並ぶ人もいない 平日午前11時すぎの南京町。
これなら どこのお店でも さすがに空いとるでしょう! の 時間帯。
≪老祥記≫ さんの先を 右に曲がったところが 昨日チェック済みの ≪ぎょうざ苑≫さんです。
やっぱり まだ人は並んでない。 というか、 何時に開店するのかな?
(昨日、それすら見てない。 店の前の看板見ると 11:45開店と書いてある)
「今日はお休みとちゃうやろうなぁ? 開店するまで ちょっとまわりうろうろしてこようかな~」
そんなことを考えながら 入口の前に立って、外に出てる看板やら張り紙やらを チェックしてました。
そしたら 人が近づいてきた。
それで、 私の横に さりげな~く 並んでる。

おお。 これは、もしかして 開店前の行列か? 
ここを離れたら あかん。 このまま並んでよう!  直観的にそう思いました。

あたかも 最初から並ぶつもりやったような顔して そのまま並びます。当然私、一番でしょ?ネ?それでいいのよね?  (ちょうど 開店20分ほど前でしたね)
次から次から 人がくる来る。 どんどん行列が長くなる!
あっという間に20人超える行列になってました。

外の看板並びながら 外の看板見て 何食べたらええんやろう、と考えてた。
隣のご夫婦が「今日はどうする?ジャジャ麺と餃子にする?ランチでええよね?」
 などとメニューの相談をされてる。
私もお話に加えていただく。 (以下、青字=ご夫婦、茶色字=私)



こちらはランチがええんですか?
 ランチやとご飯と大きいスープ付くから、 それとジャジャ麺頼むんや。
ジャジャ麺、美味しいんですか? 看板にも出てますけど。
 ジャジャ麺、美味しいよ。 いつも餃子とジャジャ麺は食べるねん。
私はジャジャ麺と餃子にしようかな? 
 それもええんちゃう? ランチのスープも美味しいよ。 ランチやとお腹いっぱいになるよ。
何時もここは こんなに並ぶんですか? 
 そうやね、 ここはいっつも人がならんでるね~。
人が並んでるの、初めて気がつきましたよ。
 ここは 並んどかなあかんねん。 後ろの方やと店狭いから いっぺんでは入りきらへんからね。 

お隣さんが人のよさそうなご夫婦で 話が弾んで、よかった。
そうやって話してる間にも どんどん列が延びていく。

お店に入る。 
想像してたより ず~っと広い。 テーブルが8個以上? カウンターもある? 奥の方に入る。
お店の人、テキパキお水とおしぼり持ってきてくれる。 
焼き餃子と水餃子、 ジャジャ麺を頼む。

ぎょうざ苑メニュ



これが ≪ぎょうざ苑≫さんの 味噌 ですな。
味噌です。


味噌です。


ニンニクは入ってなさそうな味です。
味噌とトウガラシ。 結構ピリ辛な感じ。
味噌の味が濃厚で(しょっぱくて)旨みを感じるというよりは まず辛味、ピリ辛味を感じます。
今まで体験してきた、一舐めで「いろいろ入っていそう」と思わせるような味噌ダレとは一線を画する感じです。
素朴、とでも表現すればいいのかな。

焼き餃子。 
焼き餃子すごいパリパリした しっかり目の皮。 中を割ります! 
肉の量、多いですね~。
写真でも見えるでしょうか? 
食べると しっかり肉の味がします。
あんが、今まで行ったお店にはない しっかりした肉の食感食味です。
でも、味はシンプル。というか、素材の味がしっかりわかるようにつくられている感じです。
家庭の味、とでも言えばいいのかしら。
味噌ダレ、結構ピリ辛だったけど、そのままどっぷりつけて食べるとまたいい。
油と味噌も合うし、肉と味噌も合うんだよね。
ただ、肉の味がよいので、一部のみどっぷりづけ、そのあとチビチビづけで食べました。

今までの 「にんにく系+味噌」 という旨さとは 違う美味しさ。

 


焼き餃子 中身!
水餃子
水餃子。
こっちも  肉がたっぷりです。
水餃子はさらに肉のうまみがよくわかります。
皮もぷるんとして美味しいねぇ。
好きだなぁ。こういう餃子。
ここのしっかり餃子の皮だと、水餃子の方がむしろ美味しいかもしれない。
ただし、水餃子にはやっぱり酢醤油がよいですね。
酢たっぷりの醤油チョット、というかんじで頂きましたよ。

水餃子!


ぎょうざ、全体にニンニク入ってない感じです。
お店もそれをうたっていますね。
ニンニクを入れない餃子といえば、うちと同じです。
HPを見ると、ぎょうざ苑の歴史 というところから引用すると、
『「元祖 ぎょうざ苑」は、昭和26(1951)年に創業。初代・頃末芳夫は、昭和初期に岡山県から中国満州に移住し日本食レストランを営んでいました。帰国後、現地で食べた「餃子」と「ジャジャ麺」の味が忘れられず、日本でもこの美味しい料理を紹介したいという気持ちから、ここ神戸に店を構えました。』

いやぁ、奇遇ですね!
ウチの母方のばあちゃんも満州にいた人なんですよ。
ウチの餃子、母の餃子から白菜を抜いた形で作ってるんですが、ニンニク使わない餃子なんですね。
母の餃子が満州の祖母仕込みなのかは今や確認できないのですが、そうなんじゃないかしら?と想像する。
ニンニク使う餃子はそれはそれで好きだし美味しいけど、うちの餃子にはニンニクは使わない。
ニンニク使ったぎょうざは外ぎょうざ、 うちで食べるウチ餃子はニンニクなし。
ウチでは別物扱いなんです。 そういう意味では ここ≪ぎょうざ苑≫さんの餃子は
ウチ餃子です。

なんだか 親戚のおばちゃんが餃子屋さんやってる気分です。(*^_^*)


ジャジャ麺。
ジャジャ麺じゃ!



そして、餃子よりも感動が大きかったのがこのジャジャ麺。
ぶっといウドンに肉みそがかかって出てきたのには相当びっくりしましたが
(私はてっきり中華麺に肉みそがけかと思っていたので)
肉みそをまず舐めて さらにびっくり。
旨いのなんのって!

これ、御飯に載せて食べたいよ!

ウドンにこの肉みそをからめて食べる。 もう、たまらん旨さです!
肉の旨みとピリ辛味噌が濃密に絡み合い混ざりあった肉みそ。
これ、売ってくれへんのかなぁ!!!とまじめにそう思いました。
(後でメニュを確認したら、ジャジャ飯というのがあった。これが肉みそご飯がけかな?
 やっぱり御飯にかけて食べたい人、いるんだね!!次回はこれ、絶対頼む!)

味、全体に素朴でホッとする感じ。
ニンニクやアミノ酸のインパクトの強い味を求めるなら ちょっと物足りないかもしれないけど、
私には最高に美味しい餃子とジャジャ麺でした。


これ以降、南京町を歩くたびに一応≪ぎょうざ苑≫チェック!するのですが、
確かに人が並んでいない時がない。 それも2~3人ぐらいじゃなくて、ずらっと列になってるので
まぁ、残念だけどあきらめるしかないんです。


と思っていたら、 なんと、 奥の手があったのだ!

それは次回!

→人気ブログランキング


アクセスランキング
ブログパーツ



街あるき | 14:10:43 | Trackback(0) | Comments(16)
〔目出度い3連発! くわい・あたりめ・黒豆 その3〕  やっぱり今年もしわしわ黒豆!
目出度いモノ。 くわい、あたりめ、黒豆。
この年末年始、ウチでは人気者だったこの 3品。
実はいろいろありまして…  その顛末など。


ラストを飾るは 黒豆!  一昨年書いた記事はこちら→ 丹波の黒豆

ウチの母は黒豆煮るんが上手かったんですが、私は 黒豆煮るとか できんタチやなぁ…
と思いながらも hirokunさんにご紹介いただいた黒豆の煮方がすごい簡単そうやったんでチャレンジしたのが こちら→ 黒豆 (hirokunさんのブログ≪「東京弁は伝染るんです」のブログ≫

これに書いてるとおり、 去年の出来は…やっぱりしわしわ。
でも、味はいいし、すごい簡単やし、 これはまぁしわしわでもええんとちゃうやろうか。
そう思ったんで 今年もやってみることにしたんです。

〔黒豆〕  黒豆300g 黒砂糖200g

で、写真も撮って…という写真が、くわいと一緒に どこかに消えてしまい…
今回残ったのは これだけ。

まず、水で戻した 黒豆。
神戸のスーパーで買った、普通の安売りの黒豆でしたが、すごい大きくなった。

PC290245-1.jpg


これって、ブドウ豆ちゃう? なんてひそかにほくそ笑みながら ストーブで加熱。
落としぶたしながらコトコトコトコト・・・・・・・・・
これがまた やわらか~く でっか~く ゆであがったんだなぁ・・・・!
写真、ないのが残念…

で、やわらかくなったところで 黒砂糖を 去年の教訓をもとに 3対2の割合で入れる。
それからまたコトコトコトコト…・

黒豆って、砂糖入れるとなんか 固くなりません?

ま、まずいぞ・・  そう思うながらも しわは出来てなかったんで そのままコトコトコトコト・・・・

途中、前回の反省で多めに入れた水も 気がついたら減っていて
hirokunさんのアドバイスで入れてみた落としぶたも めくれてたりして

ますます まずい!!・・・・・・

と思いながらも 火からおろし そのまま冷ます。

翌朝。 こんな感じになりました。

P1030485-1.jpg

PC300363-1.jpg
 

写真やと きれいに見えますけど、 しわしわで 若干硬いんです。
あの 炊け上がりの柔らか~い黒豆は どこへ行ったん?
哀しい気分になりながらも一口。  
味は・・・・ ええんですよ!
黒豆に 黒砂糖、 ほんまにあいますねぇ!

さてさて。
どこをどうしたら やわらかいまま 冷ませるんやろうか。
これが来年の課題ですね。

なにはともあれ 今年も黒豆 炊いてみました。
黒豆は しわしわでも美味しい。
でも しわしわでないのが 炊けるようになると もっと美味しいやろうなぁ。
何か、どこかが足りんか多すぎるんでしょうね。
どうも それには「気配り」のように思うんですが。

マメに生きよ! 
母の無言のプレッシャー教えが 聞こえてくるような気がします。

やっぱり 当てもんや芽を出すだけに汲々とするだけでなく
日々足元見つめて生きることが まずは第一、ということかな。

今年は マメに なるべく面倒がらずに 頑張ろう! →ブログランキングもね!

とりあえず 今年の年初め 目出度いもの3連発は これで終了!
お粗末さまでございました!

人気ブログランキングへ

ブログパーツ


神戸 | 20:54:02 | Trackback(0) | Comments(0)
〔目出度い3連発! くわい・あたりめ・黒豆 その2〕 【隠れた名店】② さきいかの『まかない本舗』 @湊川 
目出度いモノ。 くわい、あたりめ、黒豆。
この年末年始、ウチでは人気者だったこの 3品。
実はいろいろありまして…  その顛末など。


第2弾は アタリメ編!

アタリメ、 イカの干したの、ですね。スルメとも言いますね。
なんで アタリメが おめでたいんだろう? 知りませんでしたよ。正直。 
ちゃんとした結納なんてしてへんし。結納の時にスルメにノシつけてる写真は見たことありますから、おめでたい品なんだろうなぁとは思ってました。 干支2×2廻り目にして 初めて調べてみましたら。。。
ウィキペディアですが → 『するめ』 の項。 

女性にとって まさに目出度い縁起物だったんですね! アタリメ!
アタリメ なんて言い方は 初めてウィスキーバーに連れて行ってもらった時に知りました。
ただのサキイカにマヨネーズをチョッと添えて、そのマヨネーズに七味がかかってたりして。
だから、はじめは アタリメって 呑み屋の言葉だと思ってたんです。 いや、ほんと。


なぜ今回 アタリメかというと
そこには 運命の出会いがあったのです…

さかのぼること 1か月。 去年、湊川の東山商店街に行った時のこと。

ピチピチ跳ねる魚。 ピラミッドのように積み上げられたミカン。 
何でも よそより安いその市場に 頭がのぼせ、 足が地につかないまま
フラフラと歩いていた私。

何かに吸い寄せられるように 近づいて行った一軒のお店。
それが 〔まかない本舗 東山店〕 さん。

湊川 さきいか-1


店頭にある 何やら不思議なマシーン。
パッと見、ポップコーンか 綿菓子か。
けれどもそれは フウワリとイカのかほり。
なにやら (ナウシカに出てくるドルクの飛行船のような) ガラーンガラーン と 
のどかでありながら どこかオドロオドロシさを感じさせるレトロな音を立てておりました。

湊川さきいか-2


こういう 不思議マシーンには メチャメチャ興味があるので
じっと見てたけど 見れば見るほど気になる。


長いスチールのトゲトゲがついているらしい回転軸に押し出されて 手前に出てくるアタリメ、さきいか。
おそらく奥から原料のスルメが投入されているのだろうけど おじさん、手前にいて
細く裂かれたさきいかを掻きだしているだけ。

それにしても  細くておいしそうなさきいか!
そこで焼いてるわけではないので 屋台のいか焼きみたいに 匂いがプンプンしてるわけではないけど
もうどうにも 口の中が美味しそうなものに反応している。

湊川さきいか-3


おじさんいわく、 「いっぺん買いに来て、また買いに来る人、結構おるなぁ。」
試食をくれるわけではないけど  お客さんが他にもいて、 次から次に注文している。
私も さきいか好きが家族にいるので どれくらい買うか 悩んだけれど
結局1500円分を購入。
(店先には1000円と500円の袋詰めが見本のように置いてある。注文するとおじさんが
出来たてのさきいかを袋に詰めてくれました)


さて。実食。

湊川さきいか実食


旨い!
これは まじめに 旨いです!

まず、変な味がしない!
軽く味付けされているけど、基本のイカの味がとてもよく生きてる。
甘すぎず、化学調味料の味も感じず、素朴ながらとても美味しい。
家でするめを焼く時 いい具合に醤油とみりんを薄く塗って
軽~くあぶって細く裂いたら こんなになるかな、というかんじ。
実際 家で醤油付けて焼いたらこげちゃうから、 これはこのお店ならでは
そしておそらく このマシーンあっての美味しさだね!

細さがまたいい。
ところどころ裂ききれてないところが入ってるけど 全体に軽くのされているようで
裂けやすくて 食べやすい。
とてもきれいでしょう?
こんなに美しいサキイカ、 初めて頂きました!

で、やっぱり おじさんが言ってた通り、リピーターになりそう。
これ 買うだけでも 湊川に行く価値ある、と思ってしまう。

今年も 食べるためには どこでも行ってしまいそうな自分に 
サキイカ片手に乾杯! →で、ブログランキングは?

皆さんも今年は 湊川で あたりめ買って 一発当てましょうゼ!

◇まかない本舗 東山店  湊川・東山商店街中ほど   →東山商店街map
                ここには名前が載ってませんが、中ほど、エフドラッグさんの隣あたり。

人気ブログランキングへ

ブログパーツ

神戸 | 11:03:16 | Trackback(0) | Comments(2)
12月28日は餅つきつきの日 【隠れた名店】① お団子の『宝舟本舗』 @塩屋 

子どもの頃。 毎年12月28日になると 朝から 家の前の路地で餅つきが始まる。
お向かいのお宅が 毎年 餅つきをされるのだ。

セイロが薪釜で蒸されていたのかどうか、 覚えていないけれど
その日は 家の中まで 薪を燃やす匂いがしていたので きっと 薪釜だったのだろう。

蒸されたもち米が 網のまま 灰色の御影石の臼に移されて
男手のあるお向かいのご家族 総出で ペッタンペッタン 杵で餅をつく。

おばあちゃんが 玄関に広げられた台の上で クルクルっと器用に丸く餅を丸める。
白く粉を敷かれたバットに移動した丸餅は 同じ大きさで 坊主頭の行列のように
行儀よくならんで 正月がやってくる その気配を 伝えていた。

去年のやはり12月28日に私がアップした記事。
「餅は丸もち!」 にも 同じ下りがある。
ブログを始めたばかりで 初々しくも 簡潔さに驚く。
1年のうちに 何とくどさが出てきたことか…

ま、それはともあれ、 去年のブログを見て驚いた。
餅つきは12月29日に、とある。
私の今年の記憶では28日。
調べてみると、28日は正当な餅つきの日らしい。 (→「暮らしの基礎知識」なぜかCO-OPのサイト)
去年の29日説は一応親にも確かめて書いたのだけれど
なぜか今年の私の頭には 28日に餅つきをしたという記憶が浮上してきた…ということになるのかな。


最近 餅つきをするご家庭も めっきり減っているんでしょうね。
お向かいも 私が小学校高学年になることには 餅つきをされなくなりました。
ペッタンペッタン 音が響く路地。
今は 懐かしい思い出。

関西は 丸餅なんです。
最近関東でも丸餅売ってるんで ものすごい嬉しい。
丸餅売ってたら 迷わず丸餅買います。
ばぁちゃんが火鉢に乗せた焼き網で 丸餅ひっくり返しながら焼いてくれたのが懐かしい。

年末神戸に帰省すると 必ず買っていたのが 塩屋の駅からほど近い商店街の 
「宝舟本舗」さんの丸餅でした。
ここは和菓子のお店。 売ってる団子・饅頭類は 何でもおいしい。
全体的に甘さが程良く(私の場合かなり甘さ控えめが美味しいと感じる)
小豆の味、上新粉のまったりさっくりした歯触りと味がとても好き。
特に大好きなのが 春の桜餅、柏餅、年中通してお赤飯、年末の丸餅。
今年、神戸のそごうに入ってる「仙太郎」さんの柏餅を食べたら、すごくおいしかったけど
「宝舟本舗」さんのお団子類はそれに似て実直さを感じる素朴な、そして優しい美味しさ。
いつ行っても 何か美味しいお団子がある。 そんなお店でした。

年末に買い物をして塩屋に帰って来た時、「宝舟本舗」さんの店先に
ビニール袋に入った丸餅が置いてあると 買わずにはいられない。
一袋1キロとか1,5キロとか。
結構な重さになります。 でも、 店先にあるだけしか売らないし、すぐ売り切れる。
だから 見つけたときが買い時。
そうやって2日と空けず丸餅1キロずつ買ったこともあります。

ここのお餅は本当に美味しい。
少し粒を感じる、しっかり粘るお餅。
赤飯もものすごくおいしいけれど、 丸餅の美味しさは 
美味しくてお腹が苦しくなるまで ついつい食べてしまう。
危険な美味しさ。

神戸の年末に欠かせない 「宝舟本舗」さんの丸餅。
一昨年だったか、「宝舟本舗」さんが 駅前のお店を閉めてしまいました。
年末年始の楽しみが また一つ減ってしまって本当に残念でした。

                 *****

「宝舟本舗」さんが もともとあった第一中野センター(塩屋に昔あったショッピングセンター)の本店で 営業していると聞いて 訪ねて行ったのが 今年の春。

第一中野センターといえば、 私は中学時代、 ここを通って学校に通っていました。
小学校の頃から 犬の骨をもらいに肉屋さんに行ったり、コロッケ買ったりしてた場所。
当時は賑やかな市場で、夕方、コロッケを揚げる匂いに抗しきれず 
ついつい買い食いしたものでした。

久しぶりに訪れてみると 「第一中野センター」の看板も見当たらず、 お店もやっているのかどうだかわからないような 昔の賑やかさを知る私には、一見廃墟のようにさえ見える。
07923塩屋 (70)-1


この 階段を降りていきます。
07923塩屋 (73)-1


昔は にぎわってたんですけれどね。
この 地下(半地下?)の階は食料品関係、上の階は衣料などの日常品の階でした。
学校帰りにここに寄って コロッケ買って食べたんだよね~。

ちょうど中秋の名月で 外のガラス戸にこんな張り紙が出てたので これなら知らない人でも
ここにお店があるってわかるね …というかんじ。
普段は 何もないので お店やってるかどうか、階段を降りてみないとわからない。
中秋の名月-1



宝舟本舗さんは 左側中ほどの店舗です。
07923塩屋 (74)-1



月見団子です!
左の黄色っぽいのが きな粉のついた粒あん。満月を意味するそうです。関東ではこっちが多いらしい。
右のが関西でよく見られる月見団子。 きぬかつぎ(里芋)を模しているらしい。
この時期、里芋美味しいですもんね~!

お店の おとうさんからの受け売り。
中秋の名月 (349)-1


ウチに帰って 満月と一緒に写してみました。
中秋の名月 (295)-1
中秋の名月 (311)-1


季節ごと、その時その時のお団子を作って売ってます。
いつもは こんな↓感じで何種類かずつ 売っています。
(写真は同日撮影)
三色団子は子どもに人気だとか。右側、右上のは でっかい栗の入った栗饅頭。
(30)-1    (31)-1



                    *****

団子の写真を写そうとすると おとうさんが カバーのガラス戸を外して
写しやすくしてくれたり、商品の説明をしてくれたり で
ちょっと顔見知りになれたので 思い切って
「お餅は今年は出さないんですか?」と聞いてみた。
「あれは つくのがしんどくなったんで やめたんですよ」 と おとうさん。
え? あのお餅は おとうさんの手つき?
なるほど、通りで美味しかったはずだ!!!!

そうと知るとなおさら その貴重さが惜しい。
毎年 年末のあのお餅を楽しみにしてたんだ、 という話を するともなくしたら、
なんと、 おとうさん、 「送ろうか?」 と言ってくださった!
お店に出すほどたくさん打つのは もう無理なんだそうです。
年末になると毎日、お餅が入った袋が 何袋も店先に並んでいたのは
おとうさんの 愛情たっぷりのお餅だったんですね!!!!


約束通り、  先日送っていただいたお餅は
コロッと美しい丸さ。 やさしい肌合い。
嬉しい! 来年のお雑煮は おとうさんのお餅で頂きます。

PC270223-1.jpg


中秋の名月 (296)-1   ◇ 宝舟本舗   塩屋 第一中野センター地下1階



アクセスランキング
ブログパーツ

神戸 | 01:06:29 | Trackback(0) | Comments(4)
神戸スイーツハーバー閉鎖・・・≪神戸ハーバーランド≫
神戸スイーツハーバーに この夏 初めて行きました。

神戸駅周辺、今はモザイク、神戸ハーバーランド中心に 人が結構歩いてるけど
私が子どもの頃、1960年代はまだしも、中学になる1970年代には
完全に人の流れが 三宮元町に集中して、
神戸はいま一つおいてけぼりな印象があった。

三越が神戸駅東にあたる元町6丁目から撤退したのは1984年(昭和59年)。
ハーバーランドは平成に入ってから作られた街 (1992年10月グランドオープン)
東京から帰るとたいていモザイクに行くのだけど、おのぼりさんみたいで 行くだけでもちょっと恥ずかしかった。
でも モザイクは今までの 『市場』 とは違った、こじゃれた感じを目指したショッピングモール。
神戸の町並みを意識した (テーマパークよりはちゃんとした造りの、あんまり安っぽくない) 落ち着いた雰囲気で
ウィンドショッピングも楽しいし 海に面してるし山も望めるから 眺めも良くて 子ども連れにも好立地。
今まであまり立ち寄ることのなかった神戸駅に 頻繁に降りるようになったのはモザイクが出来てからやなぁ。
(ショッピングセンター、ショッピングモール が全国的に広まったのは大規模小売店舗立地法が制定された2000年以降らしい→ウィキペディア『ショッピングセンター』に飛びます

人の流れが出来つつあったものの、大型店舗の入れ替わりがあって、その度に廃れるんじゃないかと思って心配したりしたこともあったけどね。
震災の少し前に西武が神戸駅前に進出したかと思ったら2年後に撤退(1994年) とか。

西武撤退直後に震災。
スイーツハーバー入口はここ


三宮の商業地域が壊滅的な打撃を受けてなかなか客が戻っていない感じでハラハラしたのと対照的に
震災を境に 神戸駅周辺は客足がぐっと伸びたんじゃないだろうか。
震災の年11月には神戸駅のダイエーが再開したというニュースを東京で聞いて、ほんま、嬉しかったなぁ。
次の年の正月にはハーバーランドを福袋抱えた人がたくさん行き来していたのを思い出す。
私も 忘れもしない、この年が福袋デビュー。
少しでも神戸にお金が落とせればと思って 山のように買ったもんやった。
あの年は神戸でいろんなもん買ったなぁ。
友達にも 「神戸行って 買い物してね」 と声かけてたなぁ。

神戸西武がそのあとハーバーサーカスになって
今 『ビーズキス』 というらしい。3年前にオープン。
名前も今回調べるまで知らんかった。 けど、お店が開いてれば安心。
そこにスイーツハーバーができると聞いた時は 若い女の子とかが行きそうやなぁと思ったし
実際女の子が集団でうろうろしてるのを見かける。
私はそそられんけど サンリオピューロランドみたいなノリの外見も
まぁええんちゃう? 人が集まれば、と思ってた。
震災直後 頑張って店開けてたダイエーも撤退したけど そのあと入った 神戸コムサは
広い敷地面積を活用して コムサの中でも とびきりおしゃれなお店になってるしね。
ここを通りぬけていくのが 最近の楽しみの一つだったりする。

結構頑張ってるなぁと思って 神戸駅周辺の変遷を見てたわけですよ。

最近では人の流れが元町→神戸港→ハーバーランド→神戸駅 になって
三宮→元町→神戸が 途切れることのないラインで人で賑わうようになってきたように感じる。
ハーバーランド効果かなぁ。 元町商店街の5丁目6丁目ゆうたら
昔こそ 賑わってたたかも知れんけど 1980年代は閑散とした 暗~いイメージやったんで
こないだ行ったら 平日やのに びっくりするほど人通りがあって 嬉しかったよ。

そんななか、 スイーツハーバーが閉鎖とは・・・
初めて行った時も人でいっぱいやったし、それ以前も あそこらへん通ると人はおるし
結構にぎわってるなぁと思ってたんやけど。
今週日曜いっぱいで閉鎖。あしたから3日間はドリンクの無料サービス(スイーツ買った人に)もあるらしい。
スイーツハーバー閉店セール

この夏初めて入って以来 3回くらいしか入ってないけど
ちょっと名残惜しいので写真アップします。

入口はこんな感じ。

スイーツハーバー

スイーツハーバー入口

中に入るとこんなシンデレラのカボチャみたいなのがあったりね。
エントランス


一応エントランスにはスイーツの歴史の展示がある。
まぁ、ここは通り過ぎる人が多いみたいやけど、じっくり見るとなかなか面白かった。
スイーツの歴史


中に入っていくと…  テーマパークですな。(笑
はりぼて感にあふれてますが、 これはこれで 結構笑えるし楽しい。P9230341.jpg



好きな場所の席を選んで ゆっくり座っておれるのも ええと思うなぁ。

P9230340.jpg

店内2

店内1


私が気に入ってたんは このお店。 美味しい果物がたっぷり。 
フレッシュジュース1杯だけでも ゆっくり足を休めることができるし、最高でしたわ。

arrow tree

お店の案内

ショーケースもにぎやか

美味しそう!


スイーツハーバーのマップ。
このマップも もう 〈貴重な資料〉 に なってってしまうんやなぁ。
スイーツハーバーマップ




「神戸スイーツハーバー11月に閉鎖、観光に打撃」  神戸新聞ニュース2007.10.27
「神戸スイーツハーバーが閉幕しました」 (ビーズキス インフォメーション)



アクセスランキング
ブログパーツ

街あるき | 10:32:06 | Trackback(1) | Comments(3)
今はなき〔太平閣〕のラーメン

 つい先日、 三ノ宮駅の南にあった〔太平閣〕が 豚まんだけのテイクアウトの店になっていた、という情報を聞いた。
前々回神戸に帰った時に、ちらっと見たら工事中。てっきり改装しているだけかと思っていた。

太平閣。


 私が子どもの頃。 三ノ宮へのお出かけに、母はよく 太平閣に連れて行ってくれた。
母は若い頃、三ノ宮のへんで仕事をしてたから、お昼ご飯に安くて美味しい店に行ってた、その名残りの店だった。

 しっかり出汁が出ている、透明な鳥ガラスープは塩味で、綺麗にそろったコシのあるストレートな細めんが入っていた。
青ネギの細かい小口切りがたっぷり、細くチンジャオロースの牛肉みたいに切りそろえられた豚肉に味をつけて、同じく細く切りそろえられた、歯ごたえ抜群のタケノコと片栗粉の餡でまとめられて、ラーメンの上に乗せられて出て来る。


ラーメンの味も、スープの味も、タケノコと豚肉の餡の味も、 本当に美味しくて大好きだった。
むしろ、ラーメンそのものより、このタケノコと豚肉の餡に魅せられていたといったほうがいいかもしれない。


 タケノコと豚肉の餡がのった、一番安い、ただの『ラーメン』。
他にチャーシュー麺や、色々あったけど、私は大きくなっても、このただの『ラーメン』しか食べなかった。

『食堂』というかんじの、だだっ広い店内。 お水はセルフサービス。 グラスはビールやジュースの名前入り。そんなお店。 


 高校に入ると、一人で三ノ宮のへんをうろうろすることもあって、そのころはまだファストフードなんてなかったから、 スゴクおなかが空いたら 一人でも入れる 太平閣に入った。
相変わらず美味しかった。 お金がない高校生のお財布にもとても優しい、うれしいラーメン1杯だった。


大学に入り、東京に出てきて、東京のラーメンのしょうゆ味にはどうしても馴染めず、神戸に帰ると『普通のラーメン』、鳥ガラスープの塩味ラーメンを食べに 時々太平閣に行った。

 高校時代の同窓の友達と遊び歩いて ふと『ラーメン食べへん?』と誘ったのも 太平閣だった。
友達は 美味しい美味しいといいながら、「なんでこんな店しってんねん!?」と言っていたけど、じつはその時、ちょっとそれまでと味が違うなぁと思っていた。


しばらく振りに 太平閣に行ったのは、1980年台も中ごろだったか。
すっかり味が変わっていて、 もう 来ない方がいいなあと思った。


それでも、母との思い出の店。 やっぱり 立ち寄りたくなって
その後も何度か 訪れていた。

またしばらくして、 味が少し前の頃に戻ったかな、と思ったら、 メニューが変わり、内装も変わって、なんだか、その頃流行りだしていた 点心、飲茶のお店になっていってしまった。


子どもを二度連れて行った。
ワンタンメンと柔らかヤキソバとビーフン。 
それが 最後の太平閣でのメニュー。
昔ながらの ただのラーメンは その時なかったような気がする。


私の中では 今でも 太平閣のラーメンは あの タケノコと豚肉の餡のラーメンだ。



〔太平閣〕 →HP。  今は豚まんのネット販売になっているようです。


ブログパーツ

街あるき | 21:10:56 | Trackback(0) | Comments(6)
豚まん! ≪一貫楼≫

 まず、【豚まん】 ゆうのは、肉まんのことです。ここんとこ、関西以外の人はピンと来てへんのとちゃうかと思うんやけど、どうなん?
 今朝、≪ベリーベリーサタデー≫見てたら、横浜中華街を紹介している中でパンチ佐藤が「豚まん」と言ってた。≪ベリーベリーサタデー≫は関西テレビ企画の番組やから、関西で放送してる分に「豚まん」ゆうのはわかるけど、全国放送やろ、これ。この 「豚まん」 て、なんや?と思ってる人、かなりおると思う。 東京で今、「豚まん」 言うて、どれくらい認知度あるんやろう? ごく最近(というか、今年の冬になってから) 東京のコンビニのノボリで 「豚まん」 ゆうのを見た時は正直、ウソクサ~と思ったけど、普通の人が 「豚まん」 ゆうて買うんかな? 「豚まん」 ゆう 「肉まん」 があるんちゃうんかな。 スゴイ疑いの眼。


 あとでネットで検索してみたら (中華まん:ウィキペディア) (豚まんと肉まんの違いって… :EXCITEニュース) 横浜では「豚まん」ゆう、と書いてあるけど、それ、横浜で普通なんかな。横浜周辺の人達は 「豚まん」 て 普段から使ってるんかな。
 今まで私が 「豚まん」 ゆうたら、それを一発でわかってくれた人、おらんかってんけど。 大体「なに?それは」 と聞かれる。せいぜい 「多分肉まんのこと言ってるんやろうなぁ」 みたいな反応をされる。  関西テレビの人らは皆関西人で 「豚まん」 ゆうのは普通やから、誰も気付かんかったんやろか。それとも最近は 「豚まん」 は全国的に知られてる、ということがはっきり解ったかなんかで、わざと 「豚まん」 で通したんかな。(テロップも説明のナレーションも入ってなかったと思う) 

 いつものように、細かいことなんですけど、気になる、気になる!


 ということで、今日は 豚まん!

 豚まん、ブタマンゆうたら一貫楼。 私は、というか、神戸の実家は ≪一貫楼≫ のブタマンです。他の店のをわざわざは食べないというのもあるけど、やっぱり食べ慣れた ≪一貫楼≫ のはおいしいと思う。 皮がほんのり甘くて、あの酵母で発酵したパンみたいな味がすごい好き。


 一貫楼、三ノ宮の駅にテイクアウトの専門店ができたと!
 一貫楼のHP→ ≪三ノ宮一貫楼≫


 神戸の豚まんで有名といったら、なんといってもまず ≪老詳記≫ の名前があがる。
でも、悲しいかな、 私がモノゴコロついた時には すでに ≪老詳記≫ は常に大行列のお店でした。
 そんなとこに並ぶんは、どうも気が進まん。なんかおのぼりさんみたいやし。ということで ≪老詳
記≫ 未食です。
 ウチの母が家の味を左右してたんですが、その母は ≪老詳記≫ のを食べたことあるけど、≪老詳記≫に並んででも買わなアカンとは思わん、とも言うてました。 ≪一貫楼≫ で十分や、と。

 そういうワケで ウチは≪一貫楼≫一本やりなんで、神戸では他所の豚まんはわざわざ買いには行かない。


 そんな 舌の基準が≪一貫楼≫の私が、神戸以外で豚まんを食べた時に思うのは、まず、皮の味がないとダメ、ということ。
≪一貫楼≫の豚まんは皮の味にかけては、かなり手作り感がある、味がある。
単にフワフワなだけでなく、手作りのパンなどに感じる粘りあるしっとり感。「発酵してます、私!」と主張する酵母臭(?)らしき得もいえぬ香り。そして、ほんのり甘い。


 次に具。
ジューシーで肉の塊と言うよりも少し柔らかく、玉ねぎの甘みが美味しい ≪一貫楼≫ のに慣れていると、いかにも肉の塊のような肉アンは 「豚まん」 の感じがしない。 本格中華、とは思うかもしれないけれど。


≪一貫楼≫ の「豚まん」は、良くも悪くも玉ねぎの甘い味と香り。
それが私には懐かしい 神戸の「豚まん」 の味です。



【ブログ・HPなど】


神戸・大阪豚まん放浪記 神戸、大阪の豚まんのお店めぐり。一貫楼の豚まんがトップバッター。
それだけで嬉しかったりするファン心理です (笑
このほかに老詳記や老詳紀、太平閣、551蓬莱などがしっかり押さえられていることと、淡々と内容を検討されていて しかも写真つき。GOOD!


食べログ.com 三ノ宮一貫楼 口コミ。いろいろな一貫楼観が伺えます。
老詳記との比較が面白い。 こんなにいろいろ書かれてる老詳記も いっぺんん食べてみようと思いました。



2008,4,21追記
◆ダンナのメシ屋 の 『三宮一貫楼(豚まん)/新神戸駅』 2008.3.23
なんと、新神戸駅にも一貫楼のテイクアウトの店ができたらしい!
むか~し、新幹線に三宮で買い込んだ一貫楼の豚まんを持ち込んで 
おやつ代わりに新幹線の中で ついついいくつか食べてしまった思いでが蘇る。。。
あの匂いは強烈に皆さんにご迷惑だったかも・・・(反省
・・・と思ってたけど、 いまでは東京にお土産に買って帰る人も多いんだろうなぁ!
(私もこの間そういえば新幹線の中で「蓬莱551」の包み紙をぶらさげてる人発見したし)
それにしても一貫楼の豚まんをここまでオイシソウに写しちゃうダンナさんには脱帽です(笑



 


ブログパーツ

街あるき | 18:18:18 | Trackback(0) | Comments(12)
丹波の黒豆

おせちに入れる黒豆。 (ウィキペディア)
黒豆は丹波がええですね~。

 神戸で黒豆、ゆうたら やっぱり丹波のが最高級
。 たぶん、高いんやと思う。
ウチの母が毎年年末にお友達と黒豆煮てたんですけど、あるとき、「今年は○○さん(母の友達)が丹波の黒豆が手に入ったからゆうて、分けてくれるねん」 ゆうて、大切そうに煮てたんを思い出します。
 当時まだ小学生やったから、黒豆なんかあんまり美味しいとも思わんし、(どうせなら黒豆減らして栗きんとん増やして欲しいと思ってた) そのありがたみもよう解らんかったけど、確かにその年の黒豆は、今までになくめっちゃでかかった。 黒豆、ゆうより、福豆くらいの大きさに思えるくらいのでかさやった。(実際にはそれほど大きかったかはわからない。でも、子どもの目にはそれくらい違って見えた)
 丹波の黒豆やったんは多分その時位で、次の年からまた普通の黒豆になったように思う。
でも、母はその友達と毎年、この時期になると黒豆の皮にしわがよらんように、細心の注意を払って鍋を見守っていた。


そんな丹波の黒豆。全国的に有名なんや、ゆうことを知ったんは、東京来てからです。
丹波は神戸の奥、兵庫の町やからね、ただちょっと神戸やら関西辺では有名なんかな、と思ってたものが、実は全国区やった、ゆうことに気付いて すごい嬉しかったもんです。


 丹波は黒豆のほかに、つくね芋、栗が有名。
もともと京都に近くて、上質な農産物を納めてたんが、丹波の名前を押し上げてるところもあるんかも知れませんね。京都で認められるいうことは、京都の長い歴史の中で最上物のお墨付きもらうようなもんやったろうからね。
 丹波出身の知人によると、寒暖の差が激しいことや、盆地で霧が深いことなども、豊かな農産物を育んでるんやろう、ということです。

 実際に丹波の黒豆、他の黒豆と種類が違うんやろうか、思うくらいにダントツに大粒。丹波黒とも呼ばれて、特別に扱われているようです。丹波の黒豆は大粒なので、『ぶどう豆』 とも呼ばれているようですね。それくらい大きいという事でしょうね
 ≪丹波黒大豆≫ はふっくら煮上げると ねっとりした舌触りに とろけてしまいます。

 私は母みたいに黒豆煮たりしませんが、今はすっかり黒豆好きになり、年がら年中黒豆のパック売りを常備しています。 これだけ食べるんやったら 普通は自分で煮たほうが得なんちゃうかと思うんやけど、こと黒豆に関しては 母たちが煮てるんをみてて、自分で煮ようとは思わんようになりました。
 母は結構マメで神経質な性質やったんもあると思うんですけど、一度黒豆を煮出したらほんまに黒豆一色の生活になるんです。なんでも火加減がすごい難しいとか。それでやと思うけど、出来上がった黒豆はいっつもぷっくり膨らんでて、甘い汁がじんわりしみこんでて、まぁ、それなりに美味しくできてました。 なんといっても、一緒に作ってる母の友達の黒豆ももらうと (多分ちょっとずつ交換してたんやと思う) 必ず皮にシワが寄ってたし、中は何となく硬くて、そうでなくてもあんまり好かんのに、こちらのは申し訳ないけどほんまに箸が進みませんでしたから…


 私は母の友達とキャラ被ってるんで、多分黒豆は煮れん…と、自己判断してるんです。
それでも黒豆食べたい。 いろいろ市販のを食べてみたけど、一番自分に合ってたんはフジッコの丹波黒黒豆です。 これは甘みも控えめ。ちょっと醤油の味がきいてて、母が煮てたんと似てるんで、好きです。
 なんといっても普通のスーパーで売ってる。普段はちょっと値段が高いんですけど、時々安売りする。このときに買占め。
 注意せなあかんのは、 年末、そろそろ正月の買い物せなあかんなぁ、と思ったときにはこの普通のパックがなくなってしまうこと。 全部プラスチックケースに入った、正月仕様になってしまって、値段も普段の2倍~3倍です。中身も違うんやろうケド、私は普段のパック詰めので十分なんで、普段の買いだめはかなり重要なんです。



丹波 : 京都の丹波(京丹波町)もあるけど、今回のは兵庫の丹波篠山を念頭にしてます。
       松茸、タケノコで有名なんは京丹波、和牛で有名なんは兵庫の但馬。兵庫県は
       瀬戸内海から日本海までと~っても広いです。


*黒豆高野豆腐 : 以前、兵庫物産を扱ってる 『ひょうごふるさと館』 で黒豆の高野豆腐を
       買ってましたが、今はもうないんやろうか。普通の高野よりきめ細かくて味も濃くて、
       好きやったんやけどなぁ…


【追記】 hirokunさんが自宅で作られるという黒豆、あまりに見事で、あまりに簡単そうなのでトラックバックさせていただきました。 じつは私も今からhirokunさんの方法にチャレンジです!



ブログパーツ

神戸 | 22:22:22 | Trackback(0) | Comments(0)
クリスマスケーキ * フランクフルタークランツ

神戸の我が家のクリスマスケーキ。

ユーハイムの ≪フランクフルタークランツ≫ でした。
大きなドーナッツ型のスポンジにバタークリーム。アーモンドクランツと粉糖がかかっていて、真っ白なケーキ。

このクランツに 無理矢理ろうそくを立てて 部屋の明かりを消して 火をつける。
子どもは この日だけは バイオレットリキュールが 少し入った 色のついたキリンレモンを
乾杯のあと 一杯だけ飲むことができる。
クリスマスが まだ 楽しいだけの イベントだったころ。


クリスマス前には 元町に買い物に行って
不二家のレストランで スパゲティ ミートソースを食べるのが とても楽しみだった。
少し大きくなると それが 伊藤グリル になった。
たくさん並んだナイフとフォーク 使い方を教えてもらったのも 懐かしい。


元町商店街のアーケードは クリスマスの雰囲気に すこし華やいで
大人も 心なしか ウキウキみんな嬉しそうな顔だった。


今みたいに イルミネーションが たくさんで艶やかなわけではなかったけれど。


港町のクリスマス。

  

家路に向かう電車から見た ポートタワーと市章と錨の イルミネーションは
いつもと変わらず いつもの場所で  またたいていた。 

ブログパーツ

神戸 | 23:30:31 | Trackback(0) | Comments(2)
チョコレート

さて。神戸も年末を迎えていることでしょう。(当たり前やけど)
ここで ちょっと年末をテーマにいろいろネタを拾っていこかな。

 神戸、というと思い出すことはたくさんあるけど、私にとってはまず 『食べ物』 なんは、皆さんも御想像の通り。
 普段東京ではあまり甘いもんを食べへん私ですが、それは基本的にあまり美味しいと思える甘いもんがない、という事でもあります。神戸では甘いもん、結構食べてたんです。もともと粒のあんこが苦手ゆうことはあると思うんですけど、絶対的に洋菓子派ですね。そして、なんてったって神戸は洋菓子の本場ですから (ほんまかな?!)
 年末年始は美味しいお菓子をたんと食べられる。ケーキはもちろんクリスマスに食べるし、正月におこたの中でぬくぬくしながら食べるお茶菓子も仕入れとかないかん。


 神戸の昔からある洋菓子店ゆうたら、ユーハイムゴンチャロフフロインドリーブそしてモロゾフ。ドイツの雰囲気がとってもする。パン屋さんも神戸には多いし、美味しいけど、パン屋さんもドイツやフランスの雰囲気。神戸のかっちりしてちょっと渋めの色あわせの洋服の雰囲気もヨーロッパっぽい感じ。神戸といえば有名なコーヒーも、昔やったらフレンチローストゆうてた深入りや、エスプレッソ。神戸の洋物、ゆうたら、何となくヨーロッパなんです。


 普段神戸に帰ったら まず買い物に行くのは、ユーハイムとフロインドリーブ。ユーハイム本店(元町)では、本社工場でしか作ってへんという特製バームクーヘン。フロインドリーブではパンとクッキーの単品入りお得袋(特にお気に入りはチーズ入りのパイ生地で出来た波板みたいなクッキー)。
これさえあればいつ東京に帰ることになっても大丈夫。ご自宅用神戸土産をしっかりGETしてるからね。


 私が好きな洋菓子店に共通するのは、ふわふわした口どけより、どっしりした歯ごたえとお腹にたまる素材感。良質の小麦粉の味がしっかりするような、ホームメイド感覚ですごく質実剛健を感じる味。 ガンコ、ちゅう感じさえします。もともとのドイツ菓子やらロシア菓子やらがどんなもんかは知らんので、日本人の口に合うようにアレンジしてあるんかも知れませんが、とにかくヤワではない。ホイップクリームというよりも、バタークリーム、ゆう感じです。マーガリンよりもバター、ゆう感じ。 シフォンケーキよりもザッハトルテ。 う~ん、表現できてるんやろか。 



 チョコレートも、苦い。苦くて甘い。ゴンチャロフ、モロゾフゆうたら、チョコレートで有名ですが、そこのチョコレートは子ども向きの甘いだけのミルクのたっぷり入ったマイルドなもんやない。苦みばしって大人の味がするチョコレートです。たくさんは食べられへん、たくさん食べたらほんまに鼻血が出そうなチョコレート。子どもの頃はそんなに食べさせてもらえんかったけど、時々御遣いもんに頂くチョコレートの缶箱にはワクワクしたもんです。
 一枚100円の板チョコとは全然違う濃厚さ。最近、チョコレートがブームで、カカオ90%とか言って普通のスーパーでも売られたりしてるけど、もともと神戸でチョコレートゆうたらあんなイメージなんですけど。カカオ70%くらいの感じかな。

 東京来た当初、神戸に帰ったときのお友達職場へのお土産で困って、思いついたんがコウベピアー やった。今思えば 神戸ならではの選択やったんかもしれんね。
これはかさばらんで軽いし、東京ではあまり経験せえへんチョコレートらしいチョコレートの味やったし、なんてったってお手ごろ価格やからね。
(製造元の風月堂さんは日本の職人さんのお店やけど、神戸でこれを出してて、結構お土産で買う人が多いようで、そこそこ神戸のチョコレートとしても認知されてるゆうことなんかなぁと思います。前は神戸だけの限定販売やったような気がするけど、今はネットで販売してるからそれほど貴重感はないかもしれん)
 コウベピアーの箱は時々柄が変わって、クリスマスのときの箱なんか、かわいい~。お土産に差し上げるにも、味だけやなくて入れ物も神戸を感じてもらえるんちゃうかと、うれしい。だいたい、コウベピアーて名前も神戸っぽくてええやん?

 最近、久しぶりに食べたら、そんなに苦くない、食べやすい味やったね。今食べるとチョコとしては物足りないくらいに感じるけど、
中に入ってるサクサクしたウエハースの粒みたいなんの歯ざわりが絶妙で、やっぱりええね。お土産には喜ばれるんちゃうやろか。




 震災後、半年ほどして神戸に帰ったとき、JRの三ノ宮からさんちかセンター街と歩いていくと、大きな店舗が崩れたままやったり、地下は店がずうっと開いてなくて照明だけがついてたり、もう壊されて片付けられた店舗ビルの後にブルーシートが張り巡らされてて、そこに移転先やらお休みのお知らせやらの紙が貼られてたりして、ほんまに神戸はめちゃめちゃになってしまったんや、と、すごいショックやった。20061217125735.jpg

 いつもは人が行き来して賑やかなセンター街を、ダイエーのあったほうに曲がる。大きなダイエーが3店舗出ていた角にたどり着いてはっとする。ダイエーは3店舗とも閉鎖されてた。
 神戸といえば良くも悪くもダイエーと生協、そんな大型小売店の雄の見るも無残な姿に、神戸の再興への厳しさを感じた。

 そんな一角で立ちすくんでいたら、ふと目の前にあるコスモポリタンの電気がついてる。 おお。コスモポリタン! 
その時はお店には入らなかったけど、コスモポリタンが元気な姿をみて、神戸のほかのお店もこうやって復活していってくれるんかなぁと、 希望の光に見えたもんでした。

 フロインドリーブも本店のレンガ造りの建物にひびが入って傾いたままながらも営業を再開し、コスモポリタンにもその後神戸に帰ったときには時々立ち寄ったりして、いかにも手作りっぽいこれらのお店の質実剛健なお菓子をまた楽しむ、ヨロコビの日々。

 今年8月の ふってわいたようなコスモポリタン廃業のニュースには、ほんまに驚き、残念でした。
 原油が上がって砂糖が上がってる、ゆう話、ニュースで聞いたときはそんなにピンとこんかったけど、お菓子屋さんにとっては大きいことやったんやね。20061217142055.jpgいかにも手作りっぽくて、苦みばしったチョコレート。自分へのご褒美用お家チョコレートはコスモポリタンで買うのがすきやったんで、これからどこで買おうか、ちょっと悩むな~。
 最近東京でも苦いチョコ、中がやわらかいトリュフ系のチョコの店が増えてきてるんやけど、へんな香料とかが入ってへん、素朴なチョコレートはなかなか見当たらんのです。

 どこぞええお店紹介して欲しいわ。

(写真は偶然去年撮った コスモポリタンのお店の前の通りとその時買ったチョコレート。 チョコレートは今思えば、コスモポリタンの最後のチョコレートとなってしまった…)


 


【追記】 
私のお気に入りのフロインドリーブ、建物も素敵なんですが、こいちゃさんのブログには丁寧に書かれてあります。
 ≪カフェ・フロインドリーブ@神戸≫


【追記2】
コスモポリタンを巡るお友達との思い出に、涙が止まりませんでした。
ハーブの住人さんのblog ≪神戸街援隊九十八番屯所≫ 
‘神戸の老舗チョコレートが食べられなくなります:神戸コスモポリタン’
こちらのブログ内関連記事のところまで ご覧になってみてください。


【追記3】
生チョコレートのレシピ                   2007.2.10

バレンタインデーが近付いてきましたね。
去年、初めて手作りでチョコレートを作りました。
今年作った生チョコレート、絶品でした。レシピを添付します。
       生チョコ(生クリーム増量ver. )  by  nin 


【追記4】
コスモポリタン。去年の廃業直前に 早坂さんが取材されていました。
懐かしい店内の写真には、胸がキュンとしてしまいます。
≪神戸っ子ゴハン≫ ‘『コスポリ』知らなきゃ神戸っ子じゃないザマス’ 


【追記5】
モンロワール
きゅうさんが書き込みしてくださったので思い出した、絶品生チョコのお店。
じつは少し前まで、十年以上こちらのチョコを共同購入していました。
あまりに美味しくて メタ○△ッくまっしぐらだったんで、このところ御利用を停止。
しかし そろそろまた食べたくなってきたなぁ。 コスモポリタンももう無いし…

≪ひらさんのつれづれ日記≫  ‘「モンロワール」 神戸・岡本のチョコレートのお店☆
発見いたしました。モンロワールを熱く語るブログ。


こちらでチョコについて熱く語っているうちにすっかりチョコで満ち足りた気分になっておりましたが、
世間様は明日がピークのようです。今日もデパ地下では売り子さんがシャカリキになってチョコを売っておりました。  (笑                           2007.2.13




【追記6】  2008.8.23

コスモポリタンは廃業してからも三宮のお店の前を通るたびに気になっていました。
最近、ジョイントになっていたのですが、その写真と
ポートアイランドにあるコスモポリタンの工場の写真を
kobeportさんがアップしてくださいました。

kobeportさんの ≪神戸トピックス≫   「コスモポリタン製菓」 2008.8.23

コスモポリタンは本当に心に残るお菓子屋さんでした。
いってもせんなきことながら 廃業は未だに残念でなりません。

心のこりないろいろな神戸の事柄。つたえてくださる記事にも 感謝を申し上げたいです。


ブログパーツ

神戸 | 14:15:00 | Trackback(0) | Comments(10)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。