■お知らせ
■『築地あるき』

楽天ブックでどうぞ~~!!

■ブログ内検索

■ユーザータグ
■こんな感じで書いてます
■最近の記事はこんなです。
■神戸で生まれ育って18年。

midori

Author:midori
今では東京暮らしの方が長ぅなってしまったけど、大好きな神戸にいまでもこだわりがあります。
山と海がないとね~
(本文中の写真はクリックすると少し大きくなります)




神戸の会社設立屋が送る神戸時計

■ブログ全記事表示
■RSSフィード
■コメントありがとうございます。
■とらばしてもらいました
■イカナゴのクギ煮アンケート!

イカナゴのクギ煮のアンケートにご協力ありがとうございました。 こちらの記事にまとめました。 イカナゴのクギ煮アンケート結果報告 これからも宜しくお願いします。

■いつもお世話になってます
■❤ New Entry

■ページランキング :2007.10~のエントリー

■過去記事2007年度

■FC2カウンター
■訪問中!

■リンクサイト

好きです神戸

■ネットショップ





スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
神戸のカモメ、築地のカモメ、明石のカモメ・・・?私もカモメ???(^O^)/
ブログアクセサリー用

最近 テンプレートかえがてら
ちょっと遊んでみました。

だれも 気付かないだろうなぁと思ったんですけど。。。

チェックされてしまいました。
神戸の(尼崎の)野鳥ブロガーさんに。。。笑


で、 ついでに記事にしちゃいます。
「神戸のカモメと築地のカモメ」

上のは 神戸のカモメ。
私が ポートタワーの辺をぶらぶらしていると
結構な確率で このカモメに出会います。

カモメって、 冬の鳥なんですね~~~~

うちの近くの海(塩屋)では どっちかというと トンビ しか気がつかんかったんで
(カモメもおるようですけれど)
カモメが冬しかおらん鳥やということに 気が付きませんでした。

で、このカモメちゃん。
足が赤くて かわいい。
ゆりかもめ ゆうらしいです。

ユリカモメ神戸2

これは2007年の11月撮影。
このころのカメラは望遠が結構きいたんで、
それほど近づかなくても アップが撮れたのでした。

ユリカモメ神戸3

神戸ハーバーランドから 元町中華街に抜けていくルートで
ユリカモメに会うんです。

確か、わたしが高校ぐらいの頃は
ここら辺は デートコースどころか、ちょっと歩くの怖い?位の雰囲気、
いわゆる港湾バリバリな、素人さんが歩き回れるような場所じゃない、って感じじゃなかったでしょうか?

今はデートコース、家族連れ、修学旅行生がたくさん歩いています。
ここからホテルオークラに抜け、旧居留地を抜けて中華街に向かう道すがら
ずいぶんファッショナブルなお店も増えて 楽しい街歩きができます。

ユリカモメ神戸4

ちょっと小柄で 赤い刺し色がかわいいユリカモメ。
神戸の港に ぴったりだと思いませんか?


かわりまして 築地。

カモメ築地1

あまり天気が良くなかったんですけれどね。。。
カモメが乱舞してたんで 写してみました。
今年(2009年)の2月です。

築地カモメ2

なんか、築地のカモメ、神戸のカモメより大きく感じるんです。
人の近くを飛んでるからかなぁ。。。。
ちょっとおっかない。

築地カモメ3
そういえば去年も冬に こうやって屋根の上にずらっと並んでて
気がついたら いなくなってましたねぇ。。。。

やっぱり 夏場はいなくなっちゃうんでしょうか?

それにしてももう少しはっきり写るといいんだけど。。。


おまけは 明石港のカモメ。

カモメ明石1
これは2007年の9月撮影。
この日もあまり天気が良くなくて、 色が灰色っぽいですけど。。

タコフェリーの乗り場あたりの街燈の上に 
一匹ずつでっかいのが乗っかってて ちょっとビビった。。。
これは ユリカモメちゃんとは違うでしょう?・・・

ちょっとしつれいして・・・

カモメ明石2

あられもないお姿を写そうとしてる私を
人相悪い顔で見てます。

やっぱり ユリカモメちゃんとは 違うみたい・・・・(>_<)


人気ブログランキングへ

ブログパーツ
スポンサーサイト


その他 | 21:13:45 | Trackback(0) | Comments(8)
塩屋の海 神戸のこととか(7)
新型インフルエンザがよりによって神戸で発見されましたね。。
びっくりしました。こんなところで神戸の名前を見ることになるとは。
「神戸まつり」も中止だそうです。
◆「新型インフルエンザ」 kobeportさんの≪神戸トピックス≫2009,5,19付
神戸がたまたま最初に名前が出てしまったのはとてもショックでしたが
これは全国的に要注意の問題。皆様くれぐれもお気を付けくださいね。

ということで、 今回もやっぱり神戸を。

塩屋の海。

塩屋の海

前回の、「旧グッゲンハイム邸」のちょうど前の海です。
「旧グッゲンハイム邸」から眺めた海を、海側から須磨方向に眺めた景色。
この眺め、塩屋の海のなかでも 大好きな角度です。

そういえば「塩屋百景」の時に賞を設定していて、同じ角度から写した作品が上位に入っていたような気がします。
ちなみに私が写したこの写真は「塩屋百景」よりも前の撮影(2007年11月)、「塩屋百景」を見る前で。
以前からここは私の好きな風景だったので、同じ風景を気にいっている人がいるもんだ、と思ったものでした。
→「塩屋百景」展示会の様子はこちら(≪塩屋百景≫公式サイト)

旧グッゲンハイム邸は 海―国道2号線―JR―そしてその山側。
下の写真のちょうど中央あたりに写っています。
国道とグッゲンハイム邸
手前、車が走っているのが 国道2号線。
ちなみに、この「国道2号線」 というの。
子どもの頃から当たり前に「2号線」と呼んでましたが
もともとはお江戸日本橋を起点とする「旧東海道」をほぼ踏襲する「国道1号線」が大阪梅田まで、
そして大阪梅田から九州門司までの「旧山陽道」をほぼ踏襲するのが我等が「国道2号線」。
国道には246号とか411号とか、そんな桁まであるんだと知ったのは東京に来てから。
国道というのは「1」とか「2」とか、とにかくひと桁と思っていた 懐かしいあの頃。。笑

海の正面2

塩屋の海。トップの写真から右にふって、塩屋の町のちょうど正面当たりの海です。
防波堤の上から、海の側に降りて、魚釣りの人が何人もいます。
いつもの光景。
子どもの頃、この防波堤の上を歩いてたんだけど
いまはちょっと怖くて登れないなぁ。。。

海面が茶色く見えるのは 海苔網 です。
ちょうど海苔網を入れたばかりの頃の写真でしょうか。

塩屋の海正面

海苔網を眺めていたら鳥が飛んでるのが見えました。
トビ?カモメ?

塩屋漁港

もう少し右にふると、塩屋漁港が見えます。
以前は浜が広がって 夏になると海遊びもしてました。
結構潮がきつくて、遊泳は禁止されてました。

塩屋漁港はいつのまにこんな南欧風のオレンジに白の建物になったんだろう。
須磨から塩屋に向かう車窓からいやでも目につきます。
地元のひいき目なのか、けっこうこジャレて見えます(●^o^●)

塩屋漁港の建物の向こうに見えるのは淡路島です。
塩屋漁港の先、垂水まで「国道2号線」は ずーっと防波堤のすぐ横を走っていて
海側が広い歩道になっていた。
海を眺めながら垂水まで歩いて行くのは とても気持ちよかったなぁ。
大潮の後に歩くと、防波堤を波が超えた証しなのか、
コチとかベラとかが落ちて干物になっていた。

今はもう 垂水までを海岸線沿いに歩くことはできないみたいですね。
残念。


学校帰りの車窓。
須磨を過ぎると海側のドアにへばりついて
夕映えに浮かぶ淡路島と 茜色に輝く瀬戸内の海を見るのが大好きでした。



人気ブログランキングへ

―神戸のこととか シリーズ― 撮りためた写真などを中心に

1. よせがき  2009,1,14付  
2. 修理の跡  2009,1,15付
3. 明石海峡  2009,1、16付
4. 2009年1月17日  2009,1,18付
5. 今年の不漁はかなり深刻<いかなごのクギ煮2009>2009,3,18付
6. 「プレ塩屋百年百景」展覧会@旧グッゲンハイム邸 2009,5,12付

ブログパーツ

塩屋 | 00:10:49 | Trackback(0) | Comments(12)
緊急速報!今年も2月28日がイカナゴ漁の解禁日!イカナゴのクギ煮2009 ①
つ、ついにこの日がやってきました!!

イカナゴ漁解禁日が決定! ことしも 2月28日!

midoriryuu


<イカナゴ2008、midori初イカナゴクギ煮。。。ほぼ醤油のつくだ煮。。。>

ちなみに、去年もおととしも、解禁日は2月28日。
最近、2月中解禁に何か、こだわりでもあるんかな?兵庫県漁連さん??笑

イカナゴの新子の漁については今年も兵庫県漁連さんのHPでチェックしてくださいねっ!
兵庫県漁連HP

sinko

<新子2008>

ちなみに去年は思い出すに悲しい貨物船沈没事故、そして重油流出があって
シンコ漁は途中で中止になりました。

今年は無事に美味しいシンコがたくさん水揚げされて
クギ煮の匂いを全国に届けられますように!

sinko!

<あ~ん、でも美味しかったのよぉ。。。この香り。懐かしい春の風物詩。。。>


去年の当ブログイカナゴ関連記事

◆今年初イカナゴは 築地の釜揚げ! イカナゴのクギ煮2008 ① 2008,2,24付
◆緊急速報!今年は2月28日がイカナゴ漁解禁日! イカナゴのクギ煮2008 ② 2008,2,25付
◆イカナゴも海苔も えらいこっちゃ!!! 2008,3、10付
◆イカナゴ、ゲットしてんけど…  イカナゴのクギ煮2008 ③ 2008,3,17付
◆イカナゴ漁中止!垂水の浜(現場)へ行く・・・・ イカナゴのクギ煮2008 ④ 2008,3,19付
◆これも神戸の春の味。【茎ワカメの煮つけ】 イカナゴのクギ煮2008 おまけ 2008,3,22付
◆イカナゴ漁2008 その後 2008,4.5付

一昨年にやった、イカナゴのクギ煮アンケートについて
◆イカナゴのくぎ煮アンケート 結果報告!!!!! 2007,11,9付

イカナゴフルセ@築地

<フルセ(親イカナゴ)> 前回のやっちゃ場編の時に場内で見つけたもの。

ikanago


<フルセ(親イカナゴ)> これは同じ日、場外で見つけたもの。 新ものだそうです。でも、まだ新子の釜揚げは出てなかった…


ところで!

今年私が見つけた 今年最初のイカナゴ関連記事は・・・

「クギ煮検定で元気を」 asahi.com 2009、2,2付

おおお!イカナゴのクギ煮、おまえもかっ!(●^o^●)

詳しくは、こちら!
『神戸いかなごくぎ煮名人認定試験の実施について』 神戸市産業振興局水産課(DPF)
実施日は3月15日(日) 場所は神戸市立水産会館及び神戸市立水産体験学習館・・・・ って。

あ~~~~行きたい~~~~!見に行きたい~~~~~ヽ(^o^)丿

??あ、実技はないのね・・・・???
なぁんだー~~~~ \(-o-)/

まぁ、そういうことでイカナゴのクギ煮が盛り上がるのはとても嬉しいことです。
っていうか、ちょうどそのころ、神戸に帰れるかも!

去年に引き続き、 今年もイカナゴのクギ煮に挑戦か!!!!

おおおおおお~~~~~~! がんばるど~~~~~~ヽ(^o^)丿


イカナゴももちろん、人気ブログランキングもヨロシクねっ!!(^_-)-☆


<新着情報>
イカナゴ・シンコ漁解禁 大阪湾、初日は不漁 (神戸新聞ニュース) 2009,2,28付

いかなご創作料理会@垂水センター街 2009,3.7付 ≪神戸まち探訪 下町ブログ≫ なかさんが神戸の下町、市場を丹念にレポートしてくださっているとても貴重なサイト。廉売市場もなかさんに写してもらうとまるでディズニーランド並み、ワクワク感いっぱい~~!(*^_^*) 

ブログパーツ



街あるき | 22:19:03 | Trackback(0) | Comments(8)
イカナゴ漁中止!垂水の浜(現場)へ行く・・・・ イカナゴのクギ煮2008 ④
今日は…

風雲急を告げるその知らせは 14日の夜に入った。
  (前回 「イカナゴ、ゲットしてんけど…イカナゴのクギ煮2008 ③」 の続きです)

「今、 明日漁をするか 会議してるみたい。 結果はまだ分からない」
メールだけなんで 何のことかピンとこない。
毎日 漁するかどうかを会議で決めてるのかなぁ・・・ぐらいの感じ。

たいへんやなぁ。 毎日気ぃ遣うやろなぁ・・・

ほんまのタイヘンに気がついたのは 翌朝になってからやった。

15日朝に一瞬テレビで流れた イカナゴ漁休漁のニュース。
「昨日水揚げされたイカナゴから油のにおいがしたため 15,16両日、イカナゴ漁は操業を自粛」
   (→神戸新聞ニュース 「水揚げイカナゴに油粒 淡路市の2漁協」2008.3.15)

あああああ・・・・・ なんというタイミング・・・・

そうか、やっぱり ダメだったか・・・

思えば 昨日のイカナゴが 奇跡のイカナゴやったんや。

もともと 知人宅に向かう前に 垂水の海岸を見に行ってみようと思っていたけど
もう 今日はイカナゴ炊けんから 海岸でじっくり写真でも撮ろう。
そう思って 少し早めに家を出る。

垂水の海岸沿いに 明石海峡大橋の方向に歩く。
ここはポルトバザールという商業施設が人気のエリア。  →マリンピア神戸・ポルトバザールHP
ディズニーランドばりの はりぼて感が何ともいえんのですが
真っ青な明石海峡、 明石海峡大橋がいい角度で淡路島に渡る姿が眺められる
絶好のロケーション。

ここで 船舶の衝突事故が つい1週間前にあったなんて 言われても
このどこに 船が沈んでいるのか 全く分からないほど 
海は青く穏やかで、  船の往来は ひっきりなしだ。
亡くなられた方のご冥福を祈る。

tarumi1

ちょうどカメラを向けたときに 大きなタンカー数隻が 明石海峡大橋手前を すれ違う。
この密度、 いつものことだが さすがにこの時期だ。 気になる。
それより、 今日はイカナゴ漁の船が全然いない。
これにイカナゴ漁の船が絡むと 相当な密度になるだろうなぁと 想像する。

でも、漁船は何時もたくさん出てるけど そんなに今まで気にならなかったけどなぁ。
視覚的には 大きな船体は 数隻いるだけで 視界がさえぎられるから 圧迫感は大きい。

tarumi2

垂水の人工浜。 アジュール舞子。 →アジュール舞子HP

tarumi3



人工浜への入口。 注意書きがある。 
この人工浜は ずっと続き、 舞子の移情閣まで続いている。
人工浜の防波堤の先に オレンジ色のオイルフェンスが張られている。
本当にこの浜だけ守っているというかんじの 短いオイルフェンス。
ここに来るまでの海岸沿いにも 何か所か 短いオイルフェンスが張られていた。
神戸に戻った日に 須磨の海岸沿いにも オイルフェンスを確認している。

カバーされていない海岸沿いの 延面積は 膨大なことだろう。
そこに漂着したオイルボールは 誰かが拾ってくれているんだろうか。
漂着の状況を どこかで調査を継続して行っているんだろうか。

tarumi6

人工浜だけど 昔の塩屋の浜にも似ている。
海岸線沿いに赤白コーンがたてられている。 これより波打ち際が立ち入り禁止なのだろう。
油を拾い歩く作業服姿の人たちが数名。 市の職員なのだろうか? ご苦労様です。

tarumi5

コーンに貼られた 注意書き。「注意!油漂着 浜辺立入ご遠慮ください/神戸市・アジュール舞子」

油を拾っている方に話を少し聞く。
一週間前は 浜が黒く見えるほどたくさん油が漂着していたと。
今日はずいぶんよくなってる。

ざっと見ただけだと 確かに 油が目につくという感じではなかった。
でも、 係の方の足もと近くにも ちいさなオイルボールが ちょこちょこ目に入る。
砂にまみれているので 波に運ばれ、波打ち際を行き来したのかもしれない。
大きなほうのオイルボールで 約3センチ位だっただろうか。

oilball1

oilball2

海藻にからみついた 小さなオイルボールも。
そうかな?とおもって 係の方に拾ってもらう。 やはりそうだった。(貝の下、白い石の隣にある)
写真だけ、 外から撮らしてもらう。
私も 拾ってええなら 拾いたいと思ったんやけど・・・ なんかアカンようやった。
そやけど、もっと関心もってもらう方が ええんちゃうやろうか。
ボランティアさん募集して教育する方が 手間なんかもしれんけど
市民には その方が より事故の大変さが伝わると思う。

それとも これはそこまでする必要のない 流出量なんやろうか。
そんなことが気になりながらも 海岸を後にする。

*********



段取りしてくれてはる 知人から 電話。

「あんなぁ、 今日は イカナゴ 休漁らしいわ。 
昨日獲ったイカナゴにアブラがついてたらしいねン」

「そうですか。やっぱり。 あさ、ニュースでやってましたわ。 
いま、垂水の海岸にいるんで、 もうすぐそちらに行きます」

知人の元に向かう。
『クギ煮名人』の方もおられて 通りすがりの方も一緒になって イカナゴ談義。
クギ煮のポイントをいろいろ教えてもらう。
こちらの皆さんは 醤油と砂糖、生姜のみでクギ煮するらしい。
フタは やっぱり、 あかん!らしい。 (笑
レシピと 極意を教えて頂き、 「イカナゴ、買えるとええなぁ!」と励ましてもろた。

ここでも 海岸の油の話になった。
えらい事故がおこった、 ほんまにこれからどうなるんやろう。
一週間前、海岸は 黒なってたんよ。
ほんまに 大変なことや。 もうイカナゴは漁できんのちゃうやろうか。


「そういえば、 さっき ジャスコにすごい人が並んでたで。
今日はジャスコにだけ 午後にイカナゴ入るんやて。 三重から獲ってくるらしいわ」 

300キロだけ入荷、午前10時の段階でもう人がぐるっと並んでる…
今から並んでも、 まぁ無理やろうな。
そやけど、この情報網! すごいなぁ!!!

この時期、 イカナゴ情報は あっという間に口コミで伝えられていくんだろう。

恐るべし、 主婦の口コミ!!!!!


イカナゴのカリスマたちに別れを告げ、私は 空いた時間で 街に向かった。
垂水から須磨に向かう電車の中から
手前の海岸線と 遠く広がる海を眺めながら。

※トップの写真は 垂水の魚屋さんで。
 さかな屋さんでは あちらでも こちらでも
 「今日 イカナゴないの?」
 「今日は イカナゴ入れへんで」
 という会話が 繰り返されていました。


人気ブログランキングへ

ブログパーツ


街あるき | 23:47:27 | Trackback(0) | Comments(6)
緊急速報!今年は2月28日がイカナゴ漁解禁日! イカナゴのクギ煮2008 ②
今日、播磨灘、大阪湾のイカナゴ試験操業。
今年のイカナゴ漁解禁日は
2月28日(木) に 決定!!!!!

くわしくは ≪JF兵庫県漁連≫をご覧ください…
イカナゴ漁は資源管理のため日曜はお休み ってことや、
いかなご月間の取り組みいろいろなど、
  イカナゴ新子のPR:イカナゴのキャラクター「新平くん」「新子ちゃん」(着ぐるみ)がイカナゴカーに乗って県下の量販店を回り、
   各店舗のイカナゴコーナーにて解禁日のお知らせやイカナゴ料理の紹介等を行う ってのがあるそうだ!)

イカナゴ関連の情報が載っていて楽しいです!
  (イカナゴキャラクター「新平くん」「新子ちゃん」の写真もあるよ~!これ、結構見モノ!)

今年は去年の不漁のせいか、親のイカナゴが少なくて、今年生まれた新子も少ないんじゃないだろうか?
という事前調査報告もあって、あまり期待はできないかもしれないけど。
乱獲じゃない程度に 今年もイカナゴを楽しめるといいなぁ。
「平成20年漁期イカナゴシンコ(新仔)漁況予報」 (PDF)
(兵庫県立農林水産技術総合センター水産技術センター2008年2月13日発表)

イカナゴ、去年の不漁から高騰したしくみ、≪まっちゃんは魚屋さん≫の
「イカナゴ最新情報2008年度版」に詳しくて興味深いです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

去年もお世話になりました。ふくださんの≪塩屋徒然≫では
「いかなご戦線2008・序」が先日アップされていました。

不漁だろうがなんだろうが、毎年準備は欠かせないですからね!
今年は私もザラメと醤油と生姜をしっかり準備しておこう!

人気ブログランキングへ

ブログパーツ


街あるき | 21:13:55 | Trackback(0) | Comments(8)
神戸の海苔≪須磨海苔!≫その2  さっそく海苔を買った!食った!

秋から冬にかけて。
須磨から垂水、明石にいたる海には 海苔網が 徐々に広がっていく様子がうかがえる。
最初は少し遠慮がちに 海岸線に沿って 広げられていた海苔網が
だんだん西へ、東へ、その範囲が広がっていって
気がついたら 海の中ほどは 海苔網でできたストライプが
ずーっとつながっているような感じになっていた。

PC100679-1.jpg
旗振山から須磨方向を臨む。須磨の海岸線沿いに海苔網。
 
PC100648-1.jpgPC100655-1.jpg

旗振山から塩屋、明石方向を望む。 ずーっと海苔網が広がっているのがわかる。これは12月の光景。


兵庫の海苔、特に須磨ー垂水間でつくられた海苔、≪須磨海苔≫を食べてみたいと思った。
とりあえず ここならあるかな~?と思って
【ひょうごふるさと館】へ。 →HP(兵庫物産協会)  に行ってみたけど…

地元の産物がたくさん集まっているので ここでうろうろしているだけでも楽しいんだけど
海苔売り場にあったのは 須磨海苔ではなくて 淡路産など、須磨ー垂水間以外の地域のものでした。残念!


で、近いことだし 行ってみるか。 と訪れたのが
神戸市漁業協同組合直売所。
→http://www.kobeshi-gyokyo.or.jp/5.html
ここに ようやく≪須磨海苔≫を発見!
(HPは → こちら
須磨海苔



海苔は人気商品らしく、この時も海苔を箱詰めしてお届けものにしてもらっている方がいた。
私は味付けのりは普段食べないので、焼き海苔と寿司海苔を全種類1帖ずつ買う。
全種類買っていたら レジのお姉さんに
「これ、食べ比べしはるん? 今度来た時教えてね!」 と言われました。(*^_^*)

12月中ごろ近くだったけど 去年は海苔の収穫が遅くて、まだ新海苔は出てないとのこと。
残念ながら新海苔じゃなかったけど まぁ、ええやん。
なんてったって 探し求めてた ≪須磨海苔≫ やねんから。
これが≪須磨海苔≫!


焼き海苔。
食べてみた。(安いほうの、透明袋の)
パリッと海苔の香ばしい香り。 いいねぇ~!
歯ごたえがしっかりしていて、 味もしっかりしてます。
確かにいつも食べてる有明海苔と比べると 「硬め」の感じはあるけど 
ゴハンにお醤油付けて巻いて食べると 美味しく頂けましたよ!

寿司海苔。 (安いほうの、透明袋の)
こちらも ようやく手巻き寿司にして食べるチャンスが。
お。こちら、なかなかしっかりした歯ごたえ。う~、、 結構すごいです。寿司海苔

手巻きより海苔巻きにして切って食べた方がよさそう?
そうだ! 【恵方まき】に最適ってことじゃない?
あ~、いやいや、 【恵方まき】は 切っちゃダメなんだっけ。
ようし、やっぱりがんばって 噛み切ろう!

もうすぐ恵方まきの季節です。
今年は恵方まき、須磨海苔で作ろう!
ちょっとシンナリしたら大丈夫。というか、美味しそうやん?!

(シンナリと言えば、オニギリを須磨海苔でくるんで少しシンナリしたところで食べるのに
よさそう! 次回やってみよう!)

 
念願の≪須磨海苔≫ 食べられて嬉しいです。
地元の海苔食べるなんて 考えたこともなかった。
コンビニのおにぎりに使われてるって言われても、分かんないよね~。産地書いてあるわけじゃないし。
≪須磨海苔≫と書かれてあるから ありがたみもヒトシオでした。

ちなみに、 築地で海苔屋さんあちこち見て回ったけど
≪須磨海苔≫として売ってるお店は見つからなかったけど
≪兵庫産≫として売ってるお店は 意外なことに見つかりました。

今まで 兵庫で海苔を作ってる、とか、 有数の生産地、とか
全然意識もしてなかったんで 知らないで見過ごしていたこともあったのかもしれない。
これから 東京でも 海苔屋さんを見かけたら ひそかにチェックしたいと思います。
(ちなみに、 築地で意外に目にしたのが ≪千葉産≫ の海苔。
今まで 千葉で海苔やってるということも知らなかったので これまた意外で面白かった。
今度 年末ごろに千葉の海に行く機会があったら 海の海苔網チェックしなきゃ!)


                  *****

おがちゃんさんの≪おがちゃん便り≫ 『こんな日もあります』 には
ノリの採集使われる 〔しゃみせん〕 という船の写真が載っています。
須磨浦公園に子どもの遊び道具になっているそうです。

                  *****

須磨海苔。
小さかった子どもの頃の思い出が いまこんな風に育ってきているという喜び。

明石漁港で出会った 偶然から生まれた体験でしたが
なかなかに 楽しい 故郷探訪でした。   ヽ(^o^)丿 →ブログランキングもまだやっております。





神戸市漁業協同組合直売所
人気ブログランキングへ


ブログパーツ


街あるき | 00:30:05 | Trackback(0) | Comments(4)
神戸の海苔≪須磨海苔!≫その1 明石漁港でであったお兄さんたちは海苔養殖の準備をしていた
兵庫のノリ養殖は日本有数なんだそうだ。
→垂水区役所資料室(垂水の海から―ノリの養殖)
旗振山から海苔網の海を望む.jpg

(旗振山から海苔網が張られた海を望む)

初めてそれを知ったのは 去年発行された神戸学検定公式テキスト神戸学
私の子どもの頃の体験と、 毎年冬になると広がる 海の海苔網に
「神戸でも 海苔を作ってるんだなぁ」 と 思いながら電車の窓から眺めていた程度で
生産量日本一とは知らなかった。

海苔といえば 九州や東京が有名。 兵庫の海苔なんて、地元にいたときは聞いたことがなかった。
≪海苔ジャーナルエクスプレス≫というサイトで調べると、確かに日本で1,2位を争う産地らしい。
(ちなみにこちらのサイトでは兵庫県の海苔はコンビニおにぎりで使われる量が日本一、と書かれている)
≪海苔Japan≫ というサイトでは、このように書かれている。

≪海苔Japan≫ 海苔の基礎知識その4 海苔の産地〔兵庫〕
瀬戸内地区を代表するというより、日本を代表する大産地のひとつ。昭和40年代前半までは、現在の西播地区や神戸西部漁協(現在の神戸市漁協)でわずかに生産していただけでしたが、昭和40年代後半に浮き流し漁法が確立されて以来、多くの漁家が大挙して参入、短期間に大産地になりました。しかも、全国でも珍しいグループによる協業で大規模経営に取り組みました。昭和50年代に入ると、生産量は5億枚を突破。積極的な設備投資で経営体の協業化が進んでいるため、1経営体当たりの生産規模は全国第1位です。
 (以上、海苔Japan→http://www.nori-japan.com/kisokouza/kiso-index.htmlよりコピペ)



小学校の頃。  塩屋の浜によく遊びに行っていた。
その頃は、今の遠目にも目につくオレンジの屋根の建物群は まだなくて
国道2号線を渡ってすぐ 何軒かの漁師さんの家がある先は
結構広い砂浜が広がっていた。 (写真は今の塩屋漁港を東から望む)

塩屋漁港


そんな子どもの頃、 塩屋の漁港で海苔を抄(す)いて乾かしているのを見たことがある。
のりまきを作るときに使う巻きすの上に 油画のキャンバスの木枠のようなものをのせて
そこに黒いどろどろしたもの、今思えばそれが収穫された海苔だったんだろうけれど
それを流し込んだあと、木枠を外すと  巻きすの上に海苔が■こんな形になって盛り上がってる、というもの。
そんな■の乗った巻きすを 棚のようなものに斜めに掛けて水を切って潮風で乾かしていた。

当時はそれが商品になるのだとは思わず、漁師さんが自家用に作ってのかと思っていたが、
その光景は 今でも強く記憶に残っている。


                   *******


昨年9月半ば過ぎ。 明石焼きを食べに行こうと思って 明石港をさまよっていた。
今まで気になっていたけど 駅からちょっと遠い、 そんな港の先にある店。
天気がよくて のんびり散歩日和だったので 以前から気になっていた明石漁港も見に行ってみようと思った。

明石漁港は 今まで馴染みのある塩屋漁港より 圧倒的にボリュームがあった。
港のすぐ脇に 神戸港の倉庫街に並ぶ倉庫のような壁がずっと続いている。

明石漁港

ハムスターの回し車(ホイール状の遊具)のお化けみたいなのが置いてある。

明石漁協

明石漁協の建物は思ったよりもシンプル。

海の向こうに淡路島が見える

細い路地の先に 海が見える。 海岸ぎりぎりに建物が建っている。

謎のホイール

また ホイールだ!
あれはいったい何だろう??? 疑問に思いながら歩いていると 他にも気になるものが。

謎の水槽

この水槽はなんだろう?

ホイール実演中

ホイールが水槽の水に浸りながら回っているのを発見。
なんだろう、なんだろう??? と思いながら 歩いていると
漁港のお兄さんに声をかけられた。
「なに撮ってんの?」
「あ、これ、何かな~?と思って。これ、なんですか?」
「あ、これな、海苔のタネつけてるとこ」

お兄さん方が作業しているところを説明しながら見せてくれる。
網にもタネをつける

「これもタネつけてるとこ」

カラス貝の貝殻にもつける

「こっちのカラス貝の貝殻もや。 タネつけたら いっぺんしばらく冷蔵庫で寝かせとくんじゃ。 
そのあと海にもっていって 12月ごろ収穫するんじゃ」
(たしか、語尾が~じゃ、ってゆうてはったと思いました。ウチの母のお国訛り、播州なまりやな、と思った)


「私、子どもの頃、 塩屋で海苔乾してるのみたことあるんやけど」
「ああ、塩屋や垂水の辺は昔から海苔は盛んやったからなぁ」
おおお。そうだったのかぁ!


お兄さんたち、とても丁寧に教えてくれて ほんまにありがとう!
最後に記念撮影! 公開できないのが残念だけど素敵な笑顔は 私の心の中に!


070921明石 (167)-2


気になるブログランキングは→こちらになります。

明石浦漁協


人気ブログランキングへ
つづく!

<資料>
〔「須磨海苔」が地域団体商標に認定されました!〕須磨観光協会2007.7.21付
〔須磨の名物・ブランド(1)須磨海苔〕 須貝さんのブログ≪須磨人≫2007.7.24付


アクセスランキング
ブログパーツ

街あるき | 16:28:37 | Trackback(0) | Comments(2)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。