■お知らせ
■『築地あるき』

楽天ブックでどうぞ~~!!

■ブログ内検索

■ユーザータグ
■こんな感じで書いてます
■最近の記事はこんなです。
■神戸で生まれ育って18年。

Author:midori
今では東京暮らしの方が長ぅなってしまったけど、大好きな神戸にいまでもこだわりがあります。
山と海がないとね~
(本文中の写真はクリックすると少し大きくなります)




神戸の会社設立屋が送る神戸時計

■ブログ全記事表示
■RSSフィード
■コメントありがとうございます。
■とらばしてもらいました
■イカナゴのクギ煮アンケート!

イカナゴのクギ煮のアンケートにご協力ありがとうございました。 こちらの記事にまとめました。 イカナゴのクギ煮アンケート結果報告 これからも宜しくお願いします。

■いつもお世話になってます
■❤ New Entry

■ページランキング :2007.10~のエントリー

■過去記事2007年度

■FC2カウンター
■訪問中!

■リンクサイト

好きです神戸

■ネットショップ





スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
築地買い出し 5月第2週 ボラ・チヌ・ツボダイ一夜干し。サブテーマ;築地の人が神戸に行って食べるとしたら?
今日はすっかり静けさをとりもどした築地市場。
鮪の競りの見学も 報道されていたように粛々とすすんでいるようですね。
わたしも一度くらい 鮪の競りを観てみたい。


さて。今日は先週買えなかったイシダイを見に長崎県漁連さんへ。
イシダイはなかったけど、チヌがあったのでゲット。
あと、「竜馬が食べたボラ!」との触れ込み(笑)で でっかいボラを。
ボラは捕れた場所で味が全然違うらしい。
アライにして酢みそで食べるといいとのこと。

  
ボラ

魚河岸野郎さんの社長自らツイッターにてつぶやいておられた
うわさの「ツボダイの一夜干し」

ツボダイ

すっごく脂がのってて 社長曰く「下品だぜぇ~~~!!」
脂のりのりの魚は一夜干しで焼くと旨い!
わたくしが身体を張って体験してしんぜよう! 

→後日談。実際すっごく脂のっててギトギト。でも身は上品なのよ。
 皮もパリパリに焼くと美味しいんだわ。
 冷凍庫に入れておくと いざという時役立つ魚よね。でっかいからお得だし!


今日はあまり買い込めない事情があったのだけど
吸盤を確認したらやっぱりちゃんとメスだったので
タコちゃんもついついゲット。

    
  / ̄ ̄ ̄\
/     \
| ●  ●  |
|  ◎   |
\     /
《《《《》》》

(たこちゃんの写真ははいるかどうかわからない!)

タコのかわりにゆめかさご!
ゆめかさご

でかいアカガイ!
アカガイ
どちらも長崎県漁連。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ところでところで。
某築地の人が 「今週末神戸に行くんだけどさ」 って話。

で、 神戸でなに食べたらいいの?

と聞かれた私。

とりあえずプランとして
その1;明石で魚の棚を通り、明石漁港を通り、明石焼(玉子焼き)の【今中】さんへ!
その2;神戸は実はフレンチがすごいんです! ということで 北野の 【ルセット】さんへ!
その3;実は実は、今一番熱いのは 長田の鉄人28号を観て、
神戸ならでは!のソバメシ体験!【お好み焼き ゆき】さんへ!

あたりをあげてみたのですが!

ほかにどこかおすすめはないでしょうか!!
いまのところ【ゆき】さんが最有力。
去年は神戸牛を食べたらしい。
日曜のお昼。 

いいプランお持ちの方おられたら、ぜひご一報を!

→ツイッター
「【神戸でなに食べたらいい?by築地の人】緊急募集。築地の人が今週の日曜に神戸に行くんだけど、どこでなに食べたらいい?と聞かれました。さて。あなたならどこをおすすめしますか?書き込みいただければ嬉しいです!」

こちらのポストまでおねがいします!

人気ブログランキングへ

ブログパーツ
スポンサーサイト


テーマ:東京23区 - ジャンル:地域情報

築地 | 16:32:56 | Trackback(0) | Comments(8)
築地買出し 4月第5週 クロムツ、鰆、アオヤギ、ヒラスズキ、いただき物はホタルイカ!
いよいよ連休が始まり 築地も大混雑・・・・
とおもいきや。

今日が「閉場式」の「歌舞伎座」に人をとられたか
築地は場内場外とも それほどの混雑はなし。

今日のお買いもの。
クロムツ。
クロムツ

今仲卸で新店舗開拓中。
今回は新しい1軒で購入。
鮮度良く、たいへん美味しゅうございましたっ!
でも、昨年「高はし」のお父さんに教わった通り
鋭い歯で怪我しないよう嘴を落としてさばいたんだけど
気を抜いた瞬間、残ってた歯で手をざっくりやっちまいました・・・・ 
まだまだ修行が足らんな!!

鰆 アオヤギ
鰆とアオヤギは魚河岸野郎(場外)さんで。
鰆、すごくキレイ!この日は長崎県漁連さんにも
細っこい鰆が何本か出てました。
鰆、うまいよね~~~! 今回は味噌漬けに。

貝類の美味しい春だから、アオヤギも買ってみました。
そろそろ場内でたくさん並んでいる トリガイも食べてみたいんだけど
貝類って種類多くて、食べつくせないうちに春は終わっちゃうのよね~~

甘ダイ

長崎県漁連(場外)さんでは小柄な甘ダイ。
綺麗だ~~~
あと、「これ、おすすめやけんね」とおすすめされたので

平スズキ

ヒラスズキ。 →「ぼうずコンニャクの市場魚貝類図鑑」

この連休は こいつと格闘じゃ!
とりあえず綺麗にして冷蔵庫に保管。
このほかに 子持ちヤリイカ などをゲット。



このあと、都内某所にてホタルイカの山分け会があり
(別名:ホタルイカ詰め放題、またはホタルイカつかみどり)
ちゃっかり今年も参加させていただきました。(→去年の山分け会
今年も目出度くホタルイカ早食い競争で優勝(!)された
釣りキチ四平さん!おめでとうございました!そしてゴチソウサマデシタ!!
さっそく美味しそうなお料理に仕立てあげてくださった
おなじみ料理の鉄人つきじろうさんの記事でその素晴らしさを味わって下さいませ!
(私の記事は写真はないw)


さて、来る5月4日は築地の半値市。
私はどうしようかなぁ。
フォーシーズンさんの半値品はなんとアサリスパらしい、とか
情報が色々錯綜しておりますが、
人が多いし、半値品は早く出撃しないと限定数販売なので。。

半値市突撃予定の方は ぜひとも念入りに作戦を立てて参加された方がよかろうと思われまする。。。

なお、当日、場内仲卸も通常通り営業とのことでございます。


そしても一つ、こちらはちょっと残念、でも私にとっては複雑なニュース。
かつてこちらでもご紹介した明石焼き(玉子焼き)の「多幸兵衛」@上落合 さん。
4月いっぱいで店じまいされ神戸に戻られるとの情報です。
(→閉店の食べログ情報
ひええええ~~~!!!
東京は猛烈に残念な「明石焼き」状況になるのですが
神戸に帰られるご夫婦には一緒についていきたいくらい。
どうぞお元気で!   (ええなぁ。。。神戸。。。



テーマ:東京23区 - ジャンル:地域情報

築地 | 22:53:56 | Trackback(0) | Comments(4)
2009夏のアクセスとか
この夏、2か月以上の放置にもかかわらず、
毎日多くの方にアクセスいただいてました。本当にありがとうございます。

ここのブログ主は気まぐれやし~~~というのがかなり浸透してるのか
記事をアップしてもしなくても 変わらずコンスタントなアクセス数、というのが
このブログらしいというか。。笑

なんと嬉しいことでしょか。
なんと励みになることか。

感謝でございます。m(__)m

今中
(写真はこの夏初激写に成功!明石≪今中≫さんの玉子焼き)

  ***

ところで、今年の夏、ゼンゼン更新してないブログに
どういった塩梅でアクセスしてこられているか。
これにはちょっと興味があって、ときどきチェックしてました。

ダントツが 
餃子のみそだれ ネタ。
ぎょうざ大学
(写真は この夏激写第2弾!≪ぎょうざ大学≫さんの味噌ダレ!)

何かあったの?神戸の餃子。
そういえば、東京のテレビでも何度か(3回くらいかな?)
「神戸では 餃子をみそだれでたべます~~~」ってのを見たような記憶があるけど、
あれが影響してるのかしら。

いまでもアクセス上位に入ってる
◆「餃子の味噌ダレ作りにチャレンジ!」 2007.4.7付
これなんて、2年前のネタですからね。
味噌ダレネタ記事一覧は →こちら



そのつぎくらいかな? なぜかいまだに
スイーツハーバー ネタ。

◆「神戸スイーツハーバー閉鎖」 2007.11.19

これも2年前のネタ。 
スイーツハーバーは偶然、閉鎖直前に初体験。 
それから連続して何回か利用して、
結構ええ感じに休憩できるやん。。。と思ってただけに 閉鎖にはビックリした。
それにしても、その後の神戸駅周辺、どないなん?
この夏にも行ったけど・・・・・・ ちょっとさみしい感じやったなぁ。。。。


コンスタントにアクセスを集め続けてるグループといえば  なんといっても
明石焼き(玉子焼き) ネタ。 (明石焼き・玉子焼きネタ記事一覧は →こちら

明石焼きちょうちんやさん
(写真はこの夏の衝撃の出会い!明石の「明石焼きのちょうちん」を作るお店)

特に◆「【番外編】 東京で明石焼きゆうたらここで決まりやね!≪多幸兵衛≫上落合   玉子焼き(明石焼き)」 2007.9.16は相変わらずアクセス数の稼ぎ頭。
これも2年前のネタ。

そうそう、2年前、といえば、 私がちょうど築地に行き始めた頃よネ。
それからなんとなく 築地ネタが多くなっていって・・・・今に至る・・・・笑



それと、ナニゲにアクセスが多かったのは 
お好み焼き ≪ゆき≫ さんのネタ。
ゆき

◆「長田オフ ≪ゆき≫で定番ぼったこ、すじタコそばめし!」 2009,3,21付


・・・って感じで、結局食べ物ネタがメインかい!という結果に終わっておりますが
それもご愛敬でしょうか。(^◇^)


夏の神戸ネタは すでに季節が季節だけに 真夏の風情のものはちょっと無理かもしれないですけど
ボチボチ どこかで使えるといいなぁと思ってます。

これからもどうかごひいきに。


  ***

『築地あるき』 その後

前回お伝えした 『築地あるき』単行本化 ですが、 

(◆「祝【築地あるき】ついに単行本化!そして築地で先行販売開始!!!」2009,11,7付)

今日、たまたまちょっと築地に立ち寄ったので、墨田書房さんに伺ったところ、
「売れゆきいいね~~~!!」 と 伝票(スリップ)の束をバッサバッサと見せてくださいました!
あああ~~~あれが全部札束だったらすごい!なんてあほなこと考えながら。でもすごいよ!

全国発売は11月12日からです。興味をお持ちの方はお早めに!(マジで!)

『築地あるき』 の サイトは こちら→ 『築地あるき』


人気ブログランキングへ

ブログパーツ

その他 | 22:27:56 | Trackback(0) | Comments(2)
かっぱ橋・浅草おのぼりさんツアー(前編)≪並木藪蕎麦≫@浅草
東京に長いことおっても 知らん街はたくさんあります。
時々「おのぼりさん」ツアーを企てます。
kappa

今回は 上野から かっぱ橋道具街経由 浅草 のルートです。
写真はかっぱ橋道具街入口の おじさん。 (→かっぱ橋道具街HP)

先日浅草へ「おのぼりさん」みたいに連れて行ってもらったところですが (関連記事:浅草オフ)
このたび、友達が 「かっぱ橋に行きたいんだけど」 というので
それならば上野から歩いて行って浅草へ抜けていこう、ということに。
メンバー誰一人として 未だかつて上野から浅草まで歩いたこともないんですけれどね。(^u^)

まず降りたのはJR上野駅。
かっぱ橋道具街へは 上野駅からまっすぐ東に向かってのびる 浅草通りを歩きます。
あ、そういえば 途中浅草通りから 少し入ったところに・・・・ と ちょっと横道へ。

「葛飾北斎」のお墓がある「誓教寺」 台東区元浅草4丁目6-9  (→ちず窓)
 葛飾北斎→ウィキペディア
 誓教寺→グーグルマップ
もうすぐ葛飾北斎の命日(旧暦4月18日:現在の5月10日)がやってきます。
お墓は静かにたたずんでいました。
葛飾北斎のお墓
都指定旧跡になっています。
「 北斎さん  また来ますね 」



浅草通りに戻って 東に向かうとすぐ見えてくるのが
トップ画像のおじさんの建物!(→ちず窓)
「ニイミ」さん(おじさんの建物)から かの有名な≪かっぱ橋道具街≫へと足を踏み入れます。
道具街1 道具街2 道具街3 
赤のたまご焼き台
皿、鍋、包丁はもちろん、ちょうちん、のれん、お箸、餅つき機など
厨房道具、料理屋さん関係グッズなら何でもござれ。
とはいうものの 銅(アカ)の明石焼き鍋(だよね、これ!)を見つけたときには
ほんまびっくりしました! (この後も銅の鍋を少なくとも3か所で見つけた…)

最初に入った「ニイミ」さんをはじめ、 今回はとりあえず中華包丁を物色。
≪同源≫の錢さんに教えていただいた「7番」 というのもありました!
 (関連記事→千切り弟子入りオフ≪同源≫)
でも、 ちょっと高いね~~~! 家庭用っていう手軽さじゃなかったよ。 ずっしり重くて。
(そうそう、包丁いっぱい置いてあるけど、 勝手に触らせてくださいますのよ。
 お店の奥の方においてあって、店員さんがちゃんとおられるのですけれど、
 気兼ねしなくていいのが助かります。。。)
値段はピンきりで、手頃そうな手軽そうな安いのもあったけど、
他のお店でもいろんなサイズのが置いてあったので、しっかり選んで買おうっと。

もうひとつ 「かっぱ橋行ったら絶対探そう!」 と思ってたものもあるんですが
そちらは探す余裕がなかったので 次回のお楽しみに。
これも 神戸関係のものなのよ。 ウフフ。 あるといいなぁ§^。^§


その後もあちらこちら お店に入って 「シリコンスプーン」とか買って

(かっぱ橋でも 築地と同じように「帳場」があって伝票切ってくれるんです。
 それで かっぱ橋って 卸売なのね? とはじめて気づいた・・・という 
 ほんまおのぼり状態のわたくしたち。 お店の方たち、皆さん親切でした。
 ありがとうございました!)

ふ と 見上げた店先に!

「かっぱ」がいる~~!
かっぱ橋  ね?わかる?
かっぱ橋

懐かしぃ・・・ どこかでお会いしましたよね、あなた・・・と声をかけたくなるようなキュートなかっぱちゃんと 
ざっくり大雑把今風(?)かっぱ野郎のコラボレーション(^O^)/


と、ここらへんで そろそろお昼の時間が 気になってきた。 (直截には、midoriの腹時計が鳴る)


お昼ごはんは浅草で、、、
と 事前に 浅草の師匠 (前回浅草歩きでもお世話になりました) 
にうかがっていたお店に 無事インするためには
道具街の途中で 浅草方面に 急きょ 進路変更。

友達を急かして 急かして・・・・ さらに急かして 急行したのは・・・・・
並木藪そば
花のお江戸の蕎麦処、 蕎麦好きなら知らないものはいないという
浅草は ≪並木藪蕎麦≫!!!  ええいっ! ひかえおろう!!!!

並木藪2

な~んちゃって、 私もお名前は「いつかは!」の短冊と共に
深く深く心の奥に秘しておりましたのですが
まさか こんなところにあの 「超有名店」 が鎮座ましましておられるとは。。。。

かの杉浦日向子先生とその蕎麦好きのお仲間が編纂された
名著「もっとソバ屋で憩う」(→Amazonもっとソバ屋で憩う―きっと満足123店 (新潮文庫)
) の
巻頭 「特選五店」 の、 なんとトップを飾るのが こちらの ≪並木藪蕎麦≫ さん。

そうそう、味わい深い入口のお写真。 記憶に刻み込まれてました。
この前に立った瞬間 「あ、 写真でみた あそこや・・・」 (溜息・・・) 
迂闊にも ≪並木藪蕎麦≫さんが 浅草にあることを知らなんだ。

さすが わたくしの浅草の師匠。 心憎いナビゲートに感涙。
のれんがにじんで見えまする。。。。

急いだ甲斐があって 開店直後に何とか到着したことも功を奏したか
お店は空いていて、すぐに着席。

おのおの「ざるそば(ここのざるそばは海苔がかかってない、普通だともりそば)(700円)」を注文。
並木藪3

私ごときしろ~とが何か申し上げることもございませんが
この色ぐろながら細面のお蕎麦の なんと甘くいい香りだこと。
そして杉浦先生が「どこよりも辛いもり汁」 と評されたそば汁の なんと味わい深いこと。
つうか、そば汁、もろ私のツボです(●^o^●)

ス、ス、スッ・・・・・  っと 細黒お蕎麦を 一気にいただき
蕎麦湯まろやか ほっと一息。 極薄白ネギをちょこっと落していただくと また格別。

ササっとお水を継ぎ足しに来てくださる お店のおねぇさん。
修学旅行か にきびざかり中学生?が ガヤガヤ小上がりに上がった後、
知らないうちにあがりかまちに お行儀よく並べられていた運動靴の列。 
さりげない心遣い。
ゆったりながれる空気。

ええですなぁ~~~~・・・・ まったりまったり…・ 


しみじみ余韻を楽しみながらお店を後にしたのですが
帰宅後「もっとソバ屋で憩う」をパラリとめくった私の眼。
最初のページの写真に釘づけになったのは言うまでもない・・・・(そして24行前に戻る)

浅草きたら また来ようっと! 
藪蕎麦美味しいぃ~~~。
うれしいなぁ。うれしいなぁ。ルンルンルン。

つづく・・・


まだ続きますよ~~!(゜o゜) 人気ブログランキングもよろしくです~! (^O^)/ 

◆ 並木藪蕎麦   東京都台東区雷門2-11-9  ℡03-3841-1340   
              →食べログ →Yahoo!グルメ

ブログパーツ

街あるき | 23:01:35 | Trackback(0) | Comments(6)
長田オフ ≪ゆき≫で定番ぼったこ、すじタコそばめし!
いやぁ。。。。 久しぶりの≪ゆき≫さんだったんですけどね。。。。
飲みすぎて あんまり覚えてないんですよね。。。。。笑

お好み焼き ゆき

≪ゆき≫ 神戸市長田区久保町4-2-5  ℡078-631-5117
過去記事 ◆「ゆき(そばめし・長田久保町) コーベはスジよね!お店探訪① 」 2007.6.5

今回 「そうだ ゆかりちゃんに会おう!」 ということで
ニキニキ日記。のゆかりさんと 長田はお好み焼き≪ゆき≫さんで落ち合いました。

初めてお会いするんでちょっと緊張し気味、それでいて時間ぎりぎりやったんで
「鉄人28号」が立つように準備されてるような「若松公園」をチラッと横目で通り過ぎ
あわてて 懐かしの≪ゆき≫さんの暖簾をくぐる。
KOBE鉄人PROJECT のサイト
◆≪ええとこ新長田≫ 新長田1番街アーケード&若松公園周辺状況3/13頃

「はじめまして~~~!!」
「では、とりあえず~~~~!!」 

カンパ~~~~ィ!! (●^o^●)

ゆかりさんの正調≪ゆき≫レポートは →こちら。
ぼっかけすじ焼き
ぼっかけすじ焼き(480円)・・らしい。。。(詳しくはゆかりさんのレポートを参照。。。)

「おと~さん、おと~さん! ピザ切りになっとる~~~!」
「え~んや、3人でちゃんと分けられるようになっとるやろう」

えええ~~~~東京でこの切り方したら 関西人はえらいくさすねんでぇ・・・・
と心の中で呟きながら、おとぅさんの「自然体」に早くもすっかり酔いしれ。。。

ぼっかけすじ2
「な、そいでソースぬって食べ~~~」
今日はエライ親切やなぁ。。。(笑
ぼっかけすじ3
「おおお、ありがとぉ~~~」
と早速食べようとしたら もう次のが来た。
(開店直後でお客は私らだけ、貸切状態やったんです・・・ここらへんまでは・・・)
すじたこそば飯

うひゃ~~~~待ってましたぁ!!!
すじタコそばめし!!
これなぁ。。。。ほんま夢にまで出てきましたわ。
タコもウマ~~~~、うす~~い味付けのすじ入りそば飯、めっちゃウマ~~~~!!!(●^o^●)

最初にそば飯頼んだときは、おねぇさんだったか
「味うすかったらソースで味付けてね」 とアドバイスしてもろたけど
ほんまにこのままで私にはオイシイ。
おいしいなぁ。オイシイ!おいし~~~~~いっ!!!!!
ぼったこ~
きゃ~~~ぼったこももう来ちゃった~~~(●^o^●)

あっぷ~
これもたべな、あれもたべな。
どんどんビールも空きますよ~~~(^u^)

アップル~~!
「な~な~、あれ頼みぃなぁ~~~」 と私にそそのかされ娘が頼んでくれたアップル!
うぷぷ。一度飲んでみたかった。
味は~~~~思ったより甘かった?かな?
たこ!
タコ焼いたんとか・・・
ブタ焼き
豚天とか・・・
ずり
ずり(すなぎも)とか。。。

なんかビールガンガン飲みながら喋りまくってた以外
あまり「食べた」記憶が残ってないねんけど…

時々おと~さんが来ておしゃべりに加わってくれたり、
娘さんがゆかりちゃんと昔の話で盛り上がったり
IMG_2475 - コピー
(この「たこ焼」のプレートはかつて出窓のところでたこ焼き焼いて出してた頃のなごりとか)
おかぁさんはもくもくと奥の板の前で焼いてはったり、

ええ感じにまったりしました~~。(●^o^●)

そうかぁ。
長田のお好み焼きって、このペラッとした感じがええわけねぇ。
私は家ごはんのお好み焼き、どっちかというと大阪風の分厚いタイプやし
どっちかというとそういうほうがおいしいと思ってたけど
長田のお好み焼きも ええかもなぁ。
お好み焼き奥深し~~~

としみじみ感動しながら


やっぱり 次に行きます~~~!→続く



人気ブログランキングへよろしくです~!m(__)m

ブログパーツ

オフ会 | 22:50:53 | Trackback(1) | Comments(6)
「築地あるき2」inコミケ75!
いよいよ やってまいりました! コミケ75の日が!
なんじゃ、なんじゃ、コミケって????  の方は こちら 
コミックマーケット公式サイト  →ウィキペディア
なんでも、日本の誇るサブカルチャー同好の士が一同に集まる祭典とか。
屋内のイベントでは日本最大規模らしい。 場所は東京ビックサイト。 すごい混みそうだ~~~ヽ(^o^)丿

かくいうmidoriも、 その噂はずいぶん前から聞いていたものの 実際に足を踏み入れるのは 初めて。 
ワクワクドキドキのコミケ初体験のきっかけは~~~~~ 「築地あるき 2」 !!!
そうそう。例の、 なべひろさん&おざわゆきさん作成
midoriが 愛してやまない 築地ごはん必携本!  →関連記事「昼酒は築地で・・・」
その 「築地あるき 2」 を コミケで販売するという。

そりゃ 行かなきゃ。  社会見学社会見学~~~~(●^o^●)

「東京ビックサイト」 →HP  →ウィキペディア(東京国際展示場) に行くには
ゆりかもめ (→ウィキペディア) という「新交通システム」(→ウィキペディア)に乗らんといかれません。
「新交通システム」・・・ といえば、 
神戸のポートライナーやないですか~~~!(*^_^*)
あ、今は 六甲アイランド線ちゅうのもあるんかな。(まだ乗ったことないけど・・・)

「ゆりかもめ」 には 私はまずめったに乗る機会はないですけれど、
東京ビックサイトでのイベントの時にはこれに乗らんと行けんからなぁ。。。。

豊洲 というところから乗ります。
豊洲駅
ポートライナーみたいな?
これもしかしてポートライナー?というかんじの乗り心地です。
写真前方のカーブ手前にある駅は 「市場前」。
ここが かの有名な築地の移転予定地・・・だったところ?・・・というべきなのか、
いまだに有害物質がでるとかで移転が本決まりになってるのかいないのか、
わたくし的にはゆりかもめに乗ることになるととても乗り換えも面倒、
交通手段が限られ不便になるので 市場に行く回数が激減するの確実。
できれば今の場所でなんとかやっていただければ、と思うんですけれどね。

東京ビッグサイト~~~~ (東京国際展示場)
bigsight
おおお、すごいすごい人だ~~~

kaidan
階段みっしり人が並んで登ってます。
この後、会場内の階段の多くは一方通行。 これだけ人がいるとちょっとしたことで危なくなるもんねぇ。
kosupure
コミケといえば 有名なコスプレ。 木立の向こうで撮影会が行われています。
「ここから先は撮影禁止」エリアです。 でも、私のいるところからは写してもOK。

会場内
建物の中はこんな感じ。 お昼すぎだったのでまだ全然空いてるとか。
オープン直後はとんでもない状態だったらしい。
写真の状態でも混んでるようすはわかるけど、体感的には 例えるとしたら
「元日の明治神宮の参道」よりは混んでないけれど
「夏休みのディズニーランド」よりは混んでる感じ。 けっこう混んでるよ~~。(^_^;)
ビックサイトでこんなに人がいっぱいいるのを見たのは初めて。
きた~~~
きました! やっとたどり着いたよ~~~!!
「築地あるき 2」 堂々展示中!!
ディスプレイ
おおお、なべひろさん、おざわゆきさんの 「築地あるき 2」 以外の本もいろいろあるぞ~~~!
sain
きゃぁ~~~~~!!!!! サインしていただきましたぁ~~~~~!!!!ヽ(^o^)丿
ブースには 人が絶え間なく訪れており、 「築地あるき 2」 のお買い上げも着々と。
築地関連最初の冊子、「築地あるき。」はこの後完売しておりました。 
おめでとうございます!パチパチ!!\(^o^)/


初めてだし、ちょっとうろうろしてみました。
新快速!
「新快速読本2008」!
新快速って、 関西限定やんな! え? なんでこんなところに 「新快速」!?
新快速絵
あ、愛です。「新快速」への愛を感じるなぁ~~~!!!
思わず購入させていただきました。 ラスト1冊でした!

「たこやき」の ちょうちんに釣られてついフラフラと近寄ってしまいました(^_^;)
takoyaki
おっと、この目立つブース! 冊子もきれい表紙で豪華版です!
「たこ焼きMSG」 という同人サークルさんの作品。 →「たこ焼きMSG」ブログ (撮影許可、ありがとうございましたm(__)m)
おお、これを素通りするわけにはいかないだろう。(笑
一冊手にとると、そのじっくり研究されていねいにまとめられた 数々の記事。 
たこ焼きへの深い愛、強く強くかんじます!「たこ焼きを 多くの人に伝えたい! 多くの人と分かち合いたい! 作って、たこ焼き~~~!!」
というかんじです。(*^_^*)
いや~~~、やられました! たこ焼きへの愛。 負けた。(笑

最新刊は 道具材料すべて100円ショップでできちゃう 「100たこ編」。
そして、なんと 明石焼きに挑戦した「たこ焼き大全・明石焼き編①」を発見。
もう夢中で読みます。読みます。笑います。読んでは笑い、そして、ご購入~~~!
ブースの方にお話し伺うと、 明石焼き編の続編を企画中とのこと。
明石焼きはやっぱり作るのが難しいので、簡単に誰でも作れる明石焼きについて研究したいと。
素晴らしいじゃないですか! あの、地元人でも自分で作れるかどうか、という
明石焼き(玉子焼き)を、誰でも作れるレシピを作ろうという、 まさに
たこボールへの無償の愛。

来年もまたコミケにいらっしゃる予定とのことなので、再会できることを楽しみに
私も一年、明石焼きに精進したいと決意しました。

この後、コーフンし自分を見失ったmidoriは、 目についたサークル本、同人誌を
買うわ買うわ、帰るときには重た~~い袋を肩から下げてニンマリ。。。
コスプレの人たちもいろいろあちこちウロウロしてるし、
本だけじゃなくて服や小物や食べ物まで、いろんなものが それぞれ愛たっぷりに並べられています。
こんなイベントがあったのねぇ。。。。
また来年も きちゃうぞ~~~~ヽ(^o^)丿

おいおい、midoriも来年コミケに出ろよ!と思う人は人気ブログランキング(ここ)をクリックしてみてください!考慮してみます(笑


今日のおまけ
okasi
おざわゆきさんにいただいた おまけ。
う~嬉しい~~~~!! なんかええ感じのセレクトですぅ~~~!
ありがとうございました!!!

あ、ちなみに、おざわゆきさんの同人誌「DOLPHIN NINE」(ドルフィン ナイン) というマンガシリーズ。
ええんですわぁ。。。。 続きが早く読みたいんですけど。。。ゆきさん、はよ描いて~~~。
どこにも画像がアップされてないんで、 気になったあなたはもちろん来年のコミケで。ネ。(^_-)-☆

ブログパーツ

オフ会 | 22:35:58 | Trackback(0) | Comments(14)
玉子焼き三昧≪今中≫と≪いまい≫のハシゴ!その2 ≪いまい≫
≪今中≫さんを出て ≪いまい≫さんを探し始める。
なんででしょうねぇ。
≪いまい≫さんは なかなか見つからない。

「いい感じに腹ごなし」程度に歩いたところで ようやく発見。
いまい

なつかしゅうございます。お久しぶりです。
お店の中には お一人先客あり。
こちら、ご近所さんのようですね。
お店のお姉さんとおしゃべりが弾んでいます。
前に伺った時もそうだったなぁ。

おしゃべりに加わるわけではないけれど 聞くとはなく聞いてる。
マッタリした時間が流れて行きます。

いまいの玉子焼き

一人前20個630円。

アップもあるよ!
アップ!

menu
これは去年9月の訪問時に写した品書きなので お値段が少々ちがうのですが
こちらのお店は 玉子焼きが二種類あるんです。

「玉子焼」 と
「玉子焼(上)」 (卵多めでおいしいよ) ←と品書きに書いてある

去年、食べ比べたところによると、確かに「玉子焼(上)」 は 卵がおおい。
その時の印象としては
「玉子焼」 の方は生地の味がシンプルでちょっとドロッとした感じ、
≪松竹≫さんの明石焼きに近い感じ、
「玉子焼(上)」 の方は 卵が多い ≪お好み焼道場≫さんのに近い感じがしたんです。

ホントは、今回、≪いまい≫さんの「玉子焼」(普通バージョンの方)と
≪松竹≫さんのを 食べ比べてみたいなぁと思ってたんです。

でも、無理っしょ。

≪今中≫さん 1人前20個。
≪いまい≫さん 1人前20個。
計40個。

このあと いくら1人前15個とはいえ ≪松竹≫さんに行ったら
ひょっとすると 私は 玉子焼きがしばらく嫌いになっちゃうかもしれない。
嫌いになるまではいかなくても、 せっかく銅鍋買ったのに、 しばらく使う気にならないかもしれない。

≪今中≫さんに入ろうと決めた瞬間、 私の密かな≪いまい≫→≪松竹≫連食計画は
消滅していたのでした。。。(笑

で、 ≪いまい≫さんの 玉子焼き。

正直な話。 ≪今中≫さんで頂いた直後では、
生地の出汁が 猛烈に効いて ちょっとききすぎくらいに感じます。
ビールでもあればなぁ。。。。と思うくらいに ちょと味が濃い。

前回、全然そう思わなかったんだけどね。
むしろ、出汁の上品さに感動して、再訪、再再訪してるんですから。
不思議なもんです。

こちら タコ、しっかり入ってます。
タコ美味しいです(ちょっとしょっぱいか・・)。 生地の出汁しっかりしてるから、それはそれでおいしいです。
≪今中≫さんのすぐあとっちゅうのは ちょっと条件わるかったかなぁ~~~
でも、まぁ、私としてはお店の雰囲気もすごく好きだし、
こちらは すぐ探せさえすれば ぜったい再再再訪のお店になると思われ。

なんですぐ見つからんのやろうねぇ。 それが一番の謎。(^_^;)


ということで、今回で無事 明石焼き3強≪今中≫≪いまい≫≪ふなまち≫制覇。
今、率直に自分の言葉で表現すると・・・

≪ふなまち≫ 
ごま油の香りが独特、値段も一番安い、駅から一番近くてわかりやすい場所にあって
駐車場もあるのは手軽でいい。
食べるのが遅い人、ゆっくりする人と一緒に行くのはちょっと気兼ねするかな。(いつも混んでるから)
冷めても美味しいのは持ち帰りに最適。
ただ、ごま油がちょっともたれる感もある。数が多いからなおさらかも。

≪いまい≫
とにかくお店のお姉さんの柔らかい雰囲気が好き。 お好み焼もゆっくり食べられるし、
玉子焼きが二種類あるのも 気分で選べていいと思う。
卵が多い方も、そうでない方も好きだけど、どっちかというと多くない方が素朴で
「昔ながらの玉子焼き」的な感じが、イメージだけですけど、そっちが好きかな。
≪ふなまち≫がごま油使っている分ちょっとしつこい感じだけど、それに比べるとあっさり素朴。
場所がね~~~ ほんま、私そんなに方向オンチちがうんやけど、 どうもまっすぐたどりつけません。
うろうろ探すだけの時間がない時は無理かな。 

≪今中≫
今回、衝撃の出会いをしたわけですが、もうれつに私好みです。
あんなに上品に昆布出汁して、しかも出来上がりの形が美しい。
極上の茶碗蒸しが一口大の香ばしい薄皮まとった毬に仕上げられた感じ。
それに、なんですか、あのタコの味と香りは!
ちょっと反則!!くらい美味しい。私には。
あれはちょっとマネできないかもなぁ。。。。まず、タコが無理でしょう。そして、生地も・・・
並ばないならぜひ入りたいお店です。次回も多分、目指すなぁ…・
あ、でも、ジャンキーな味が好きな人にはNGかも。 出汁も汁も超薄味やから。。。

いまんところ、こんな感じです。
どのお店も、ボリュームあってお手頃価格になってるし
地元密着的ですごくいい感じ。
お腹の具合と気分で その時その時お店を選んでいくようかなぁ。

うおんたなからちょっとだけ歩けば この3強を味わうことができるから
観光で明石に来た人にも、ぜひぜひ 明石漁港の空気も楽しみながら 明石の漁港町を歩いてみてほしいと思いまするるるるる。。。。

〔いまい〕  明石市岬町18  ℡078-914-6139

なぜか「明石のことでもかこうか」の人になってるmidoriを応援する人気ブログランキングへ~~!よろしくです~~~ヽ(^o^)丿

あ、つぎあたり、 うおんたなの写真アップします。

ブログパーツ

明石 | 23:00:39 | Trackback(0) | Comments(4)
玉子焼き三昧≪今中≫と≪いまい≫のハシゴ!その1 ≪今中≫
○○に行く予定です・・・

わたくしが安福のおとぅさんに告げたお店。
それは、 以前「ふなまち」さんに行った時、 そのあと続けていったお店。≪いまい≫さん。
ここにはアップしてませんでした。 ないしょにしててごめんね~~m(__)m

「岬町18番」 という番地を頼りに歩き回った 明石の岬。
昔「源氏物語」で須磨明石の段でここらあたりが物語の舞台になったという。
そんなことを思いながらウロウロしてたら ヒョイとうまくお店の横に出たので入ったのでした。

その時のことを思い出しながら、 詳しい地図も持たずにウロウロし始めたのだけど
あらまぁ。 全然たどりつけないんですけれど!
どうしたもんだか。

そんな時、 ふと見ると あらら。 
明石焼きといえば 三本の指に必ず入る≪今中≫さんののれんが!
今中
(真ん中の黄色い壁のお家が≪今中≫さん)

≪今中≫ といえば 明石焼きのブログで 絶大なファンを誇る
明石焼きの中の明石焼きの店。
≪今中≫≪いまい≫≪ふなまち≫の 三大店として並び称されることも多く
いったいどんな店だろう、ものすごく気になってたお店です。


そういえば、前回も≪今中≫さんを見つけた後に ≪いまい≫さんが見つかったのでした。
その時は≪今中≫さんはお休み。
縁がなかったんだ。。。 そう思って さっぱりとあきらめたのです。
お休みだからあきらめるにも 心残りがない。

そんな≪今中≫さんが 今回は あいてる~~!!!
平日、しかもおそらく開店したばかり位の時間。

これが運命というやつなのね。

≪いまい≫さんに行くつもりだったんで、全然予定してなかったけど
急きょ 「≪今中≫&≪いまい≫明石焼きはしご大作戦」 に変更~~~!!!


今中

っていっても、明石焼きの写真は2枚だけです。。。。
なんてったって 急なことで心の準備ができてない。
明石焼きの雄(らしい)とも思っているお店ですからね。
ドキドキでのれんをくぐる。

いきなり面前カウンター。その奥対面で焼き台。
お母さんが 明石焼きの定番 菜ばし両手に一本ずつ、計二本で
明石焼きをクルクル回してはります。

店内 お客は私ともう一人だけ。

う~~~。 これって 素晴らしい出会い? ちょっと緊張するシチュエーション?(*^_^*)


明石焼き。 1人前20個600円。

今中!


おおお、アップです!
THE 今中!

ここでカメラは失礼して、明石焼きに集中!!

お出汁はものすごく上品な昆布出し?
ほとんどだしを感じないのに美味しい。
そして、明石焼きは…‥

これまた ぎりぎりに抑えられた出汁と卵が
ふうわりととろけて
奥に コロリと 小さいけれど
ああ、このタコの香りは いったいどうしたことだろう。。。。。

なんということでしょう。
こんな明石焼き。 初めてです。

とにかくタコの香りが尋常じゃない。
タコだけじゃないですね。 茹でる時、下処理に
なにかお母さんの知恵が働いているのでしょう。

あのタコ。 いったい 何が・・・

美味しいものに出会って 再現できそうな時は
猛烈再現欲がわきあがるのですが
こちらのタコは 

ムリ。

そういう明石焼き、いや、玉子焼きでした。

お店を出ても タコのいい香りが しばらく口の中で夢見るように香ってました。

「玉子焼きの雄」 の お母さんは
クルクル 玉子焼きを きれいにまあるく仕上げながら
楽しそうに焼いておられます。
香ばしい焼き色がついて とても美しい玉子焼き。
やさしい雰囲気が とても和みます。

ありがとうございました。
ごちそうさまでした・・・・・・


〔今中〕  明石市岬町26  ℡078-913-6455  木休  →食べログ
今中行く前に→人気ブログランキングにもいっとかなあかんで~~ヽ(^o^)丿

ブログパーツ



明石 | 22:35:39 | Trackback(0) | Comments(0)
明石焼きの鍋を買う。≪安福≫@明石うおんたな

「久しぶりの1日神戸にmidoriはなにをしたか」 シリーズーー!に戻ります~~~~!

以前の記事はこちらね~~
◆ルミナリエ2008 (12/02)
◆神戸のイルミネーション、南京町のランターンフェア (12/03)
◆味覇(ウェイパー)の廣記商行で豚デンブを買う (12/07)
◆≪ぎょうざ苑≫でジャジャ。高架下でカウパレード。 (12/10)


今回、「これだけは~!」 という私の意気込みそのままに
明石のうおんたな(魚の棚)は今日もにぎやかに大漁旗はためいてます~!
(うおんたなの様子は 後にアップ予定~!)
うおんたな

今日の目的地は うおんたなから一本海側の大通りに面したお店。

yasuhuku


≪安福:ヤスフク明石焼き工房≫  明石市本町2丁目6-7 ℡078-911-2855
ー明石を食べる 郷土料理を訪ねてー「うまさを引き出す銅鍋 明石焼き」2007年1月6日掲載
(神戸新聞読者クラブ)

◆ヤスフク明石焼工房 @ 明石本町 2007.01.16付 ≪ころりんの「道楽もんのこころだぁ~」≫

ラインナップ

以前、神戸で明石焼きの銅鍋を買ったお店をご紹介しましたが
◆live in kobe③ 高架下→センタープラザ→元町森谷のコロッケ
銅鍋のヘリの立ち上がりがお店仕様のようじゃなく、生地がこぼれやすいのが気になってました。
ちゃんとお店みたいなキリッと立ち上がりのある銅鍋欲しい~~~!!!

物欲が頭をもたげたのは、 もちろん、 今年ついに築地で出会えた 美味しいおタコ様のせい。
美味しいタコが手に入れば、当然明石焼きを焼きたくなる!
タコ焼きなら小学生の頃から回してた(タコ焼き焼くとき回すからそう言う)わたくしです。
どうしても、どうしても、ど~~~~うしても 欲しくなってしまった。 プロの使う明石焼きの銅鍋が。
ビタクラフトもル・クルーゼもいらんから、 明石焼きの銅鍋、買わせてください!お代官様ぁ~~~~m(__)m

銅鍋

おおおー!あるある。 銅の明石焼き鍋。
美しいわ~~~ヽ(^o^)丿 欲しい欲しい ほ・し・い~~~!

ご主人にお話しいろいろ伺いながら物色。
形だけでなく、銅の厚みが違うなど、いろいろな種類があります。

「こっちで作ってんねんで」 と 奥の作業所に案内してくださる。
「あ、 ここは撮ったらあかんで」 はいはい。
お~~~~~!!!すごい! 作りかけの鍋がいっぱい~~~!
めっちゃきれい~~~ めっちゃ楽しい~~~~~ヽ(^o^)丿
銅鍋って、好きです。 うちの雪平、出汁巻き焼き、銅です。 めっちゃ便利です。
明石焼きのお鍋も、銅じゃなくちゃ。あの熱の伝わり加減、最高~~~!

奥の方で作りかけてた、カッコえ~鍋に持ち手をつけてもらうことにしました。
「ちょっと待ってて~40分くらいしたらできるから。 
明石焼き、食べてくるんやろ。 その間につけといたるわ。どこの店にいくんや?」

今日の予定は○○です。

「あ、あっこな。 あっこの鍋、こないだ作ったで。 前のがアカンようになってきたゆうてな」


ということで、作ってもらってる間に 明石漁港経由 あのお店へ…

明石漁港といえば、 この春、とても気になることがありました。
◆神戸の海苔≪須磨海苔!≫その1 明石漁港でであったお兄さんたちは海苔養殖の準備をしていた 2008.1.7付
◆イカナゴも海苔も えらいこっちゃ!!! 2008.3.10付

お兄さんたち、どうしてるかなぁ。
漁港の方に行くと、道路もスッキリ、海苔網はもう海やろうか…
垂水の沖合には海苔網が張られてる感じやったんで、 ちょっとほっとしてたんですけど。

明石漁協

明石漁港

お昼近かったんで 若いお兄さんたちが 漁協の屋根の上で集まってくつろいでおられました。
そのほかは トビが海の上に輪をかいてるくらいで。
あったかい陽の光に のんびりした雰囲気の海辺でした。
今年の海苔が うまくできますように。

瀬戸内の海風は やっぱり気持ちいいなぁ~!ということで、人気ブログランキングへよろしくね!(^_-)-☆

おまけ!

ウチに連れて帰った 安福さんの明石焼き鍋。
立ち上がりがりりしい!
鍋に油引いて、いろいろ手当して育てなあかんそうです。
補強がすごい!
ゼーったい曲がりそうにない、補強!!
持ち手が四角い。カッコいいです!
来年のタコシーズンが楽しみです!!!(●^o^●)


ブログパーツ




明石 | 23:07:20 | Trackback(0) | Comments(8)
長崎のタコで明石焼き! (課題:タコその3@築地)
相変わらずタコを求めて千里万里のmidoriです。

前回、築地で初活きダコゲットのご報告をしたばかりですが (課題:タコその2@築地)2008.9.4付
ついにやりました!

超素晴らしい活きダコをゲット! & 久々の玉子焼き(明石焼き)~~~!!!

えーと、こちらは 築地場外にある「長崎県漁連」さんでゲットした活きダコです。
(長崎県漁連東京直売所HP)

長崎県漁連さん、 この秋、新たに水槽を導入。
そこに 網に入った物体を発見!

おお。 タコじゃないですか!

「今までタコはみたことなかったけど、前から入ってました?」
「いや、初めて。どう?買ってく?」

ということで見せていただき、 即買い。
腹を出してもらい、家に持って帰ると

長崎のタコ
(キロ1500円、1匹1.3キロで1950円!)
まだこんなに元気よ~~~~
なんだかグンナリしてないでしょ?
まだモリモリ盛り上がってくるのよ~~~

(手前はハモです。奥はサンマです。右奥はハモのアラです)

タコごはん

活けダコをゲットしたら まずタコごはん。
これが一番タコの旨さがわかる!
今回、味付けは塩のみです。 醤油が入らなくても タコ色が煮出して
ご飯の色が結構鮮やかなピンクになりました。

タコごはんも・・・・・ オイシィ~~~~!!!
タコ味、ばっちり。 そのかわり、と言ってよいのかな、 タコの歯ごたえバツグン!
タコ、噛んでも噛んでも 噛み切れない。 けど、 味が出てくる~~~!

これは神戸のタコと同じです!

ワクワクしながら 玉子焼き(明石焼き)の準備。
このタコなら、 玉子焼き、できそう。 

できた~~~~!
ウチの玉子焼き

ね!ね! 中はこんなよ~!
玉子焼き解体新書


今回は 浮き粉を少し入れました。
そのせいでしょうか、中のトロッ感がとてもいい。
汁もカツオ&昆布でとって 神戸たこ焼き風に たこ焼きの上からかけていただきました。
(写真撮ってないけど~~~(-_-;)

美味しかった~~

タコ味、完璧です!
神戸(明石)のタコは 手に入らなくても
長崎のタコなら 代わりになります。

これこそ、 私の探していたマダコ!

長崎県さん、 ありがとう~~~~~!!!!!

【追記】 2008.9.17
タコの値段が気になったので、近所のスーパーで見てきました。
「明石のたこ」が100g580円。 「モーリタニアのたこ」が100g398円。
どちらもキロ換算すると 明石が5800円、モーリタニアが 3980円。
活けダコキロ1500円は やはり安いと思います。
ちなみに、前回の活けダコもキロ1500円、そのほかのお店で聞いたのも
偶然かもしれませんが1500円でした。

人気ブログランキングへ

ブログパーツ


築地 | 22:44:23 | Trackback(0) | Comments(28)
幻の・・・ たこやき≪信川≫@垂水廉売市場 【隠れた名店】⑥
これが信川のたこ焼きじゃ!

たこやき 信川  垂水廉売市場内  →ウェブサイト
神戸市垂水区神田町6-7  (垂水廉売市場内) ℡078-707-1398
営業時間 12:00~18:00

midoriです。

先だって ちょっと知り合いにお願いしていたクール便が届いたので
何気なく あけてびっくり 玉手箱。

たこ焼きが入ってました!

クール便で届いたたこ焼き!


垂水廉売市場の ≪たこやき信川≫さんのたこ焼きです(^_-)-☆
信川1


垂水廉売市場の 過去記事は こちら↓
◆なまこ*垂水廉売市場2006.12.29付
◆焼そばは太蒸し麺!≪島谷商店≫2008.5.14付 

実は、≪信川≫さんは ≪島谷商店≫さんのお隣さん。
玉子屋さんの手前。 なまこ屋さん(と今でも私は呼んでいるが、今は閉店)と≪島谷商店≫さんの間。

子どもの頃は ≪信川≫さんでたこ焼き買うことは なかったんですね。
なんでかというと、母が「だめ」ゆうから。
ウチの母、屋台での買い食いはもちろん、
肉屋さんのコロッケすら買い食いさせてくれへん人やったんです。
自分は子どもの頃屋台で思いっきり買い食いしとうくせに・・・
なんやねん。おかん。

中学なって 学校帰り どうしてもお腹すいてしかたなかったんで
学校帰りに第一中野センター(宝船本舗さんの、あそこね) の肉屋さんで買い食いしてましたけどね。(笑

≪信川≫さんのたこ焼き。
東京で神戸の友達に会ってるときに 何度も耳にした店でした。
廉売市場のたこ焼き屋。
とにかく安いだけやなく、ほんまにおいしいたこ焼きや。 て。
≪島谷商店≫さんの話するときにも 「ああ、あのたこ焼き屋さんの隣のな」。
≪信川≫さんは 道路標識ですかい。ヽ(^o^)丿

それで 気になって仕方ない≪信川≫さんやったんですが
まぁこれが ほんまに なかなかたこ焼き焼いてはるところに出くわさん。
≪島谷商店≫さんに行くたび見るんですけどね。
シャッター閉まったままやったり
シャッター開いたばっかりやったり

お好み焼屋もたこ焼き屋も行き慣れてる 神戸っ子はわかると思うんですが
お好み焼もたこ焼きも 店開いてすぐにはできへん。
鉄板あったまるのには 時間がいる。

まぁ そういうわけで なんやかや 初めてたこ焼きをゲットできたんが
去年やったわけです。 

で、いきなりですが その時初めて遭遇した ≪信川≫さんのたこ焼き!信川たこ焼き一舟

うほぉ~~~
皮パリッパリ。 アツアツで美味しそうっ!!

これで なんと250円? (2007年12月時点)
安~~~!

「もって行かれますか? 奥でも食べられますけど」
おねぇ様が優しく声をかけてくれます。
あ、どうしよう。
普通やったら持って帰るとこやけど、 初めてのお店やけど なんか居着きたい雰囲気。

「奥って ええんですか?」
「あ、奥ゆうても ココですけど よかったら」
ゆうて案内してくれはったんが 焼き台の後ろ。 カーテンで仕切られた「奥」。
奥!

テーブル向こうのカーテン、わかります?
そのカーテンのさらに向こうで おねぇ様が焼いておられます。

「お茶、よかったらどうぞ」
うわ~~~! めっちゃすいませんッ!!!

ちなみに、≪信川≫さんの向いに 休憩所みたいな場所があります。
閉鎖店舗の後を改造して 市場内でちょっと一休みできる場所にしてあるみたいです。
そこで食べても ええらしい。

さて。 たこ焼き。
ソースはつけんと このまま頂きます。

これが信川のたこ焼きじゃ!


皮がパリっ!
中がトロッ!

あああああ!!!! ウマい~~~!!!! ヽ(^o^)丿 ★★☆

生地に出汁の味がしっかりついていて、 しかもこのトロかん。
トロ感は 明石焼きの≪松竹≫さんを思わせ 
皮のパリ感と生地のトロ感、そしてトロ生地の出汁のトータルなパフォーマンスとしては
これ、大阪の、例の≪会津屋≫さんと なんかめっちゃ近い感じがするんですけど!!!

ほんまに これはオイシィ たこ焼きです!
明石焼きとたこ焼き 両方の美味しさを 子どもの手に届くお値段に設定した
超B級グルメの至宝!!!


私の絶賛に おねぇ様、 ほんま恐縮しておられました。
「お店は いつやってはるんですか?」
「まぁ、だいたい お昼位からですね。 何時にというのはないんですけど」
「混んでて待つということもありますか」
「まぁ、すぐにできるもんやないんでね。 待っててもらうときもありますけどね」

ていねいに作ってはるから 時間はかかりますよね。
だからこその この美味しさなんでしょうね。


で。 冒頭 うちに宅配されてきた ≪信川≫さんのタコ焼き。
チンしたらええ、と 送ってくれはった知人は言うとってでしたが
いやいや。 チンはあきません。
自然解凍して 明石焼きの台で 焼きなおしましたよ。
焼きなおし
 
わかります?
このタコ焼き、思ってるよりでっかいんですよ。
明石焼きの台の穴いっぱいになります。
≪会津屋≫さんのは ラヂオ焼きゆうか 普通のタコ焼きよりもだいぶ小さかったんで
≪信川≫さんのは ほんまにたっぷりのボリュームなんです。
出来上がり

お店の焼きたてと比べると やっぱりトロ感が足りない感じですが
それでも外がカリっとなって 美味しかった~~~!!!

ごちそうさまでしたっ!!!ヽ(^o^)丿

おまけ

≪信川≫さんで発見。

あっぷる!


これ。
あっこでもみたなぁ(*^_^*)

人気ブログランキングへ

ブログパーツ



街あるき | 10:50:17 | Trackback(0) | Comments(6)
≪たちばな≫ 玉子焼き(明石焼き) 三宮

神戸で玉子焼き、といえば 大人になってからは≪たちばな≫さんに行くことが多かった。
たちばな7

故郷に帰れるのは よくて年1回。
子どもが生まれてから 意識的に神戸に帰る時間を作ってきたけれど
 (なんといっても標準語も神戸弁もしゃべれるバイリンガルにしたかったからね)
 民族大移動のお盆、年末に、神戸の実家を拠点に
限られた日数、子どもを連れてでは そんなに あちこちには行けない。

となると 三宮~神戸間の 商店街巡りが どうしてもメインになってくる。
アーケード街をうろうろしながら 子どもの腹も満たさなければならない。
てっとり早く 神戸の味に触れさせるには ≪たちばな≫さんがうってつけだった。
だから、たぶん、うちの子の 『初玉子焼き』 は ≪たちばな≫ さんの『たこ焼き』。

震災の年。
ぐちゃぐちゃになった神戸に 夏休みを利用して帰ったとき 
≪たちばな≫ さんがもう開店していて 嬉しかったのを記憶している。
その時、アーケード街は 本当に閑散としてた。
あちらこちら 取り壊された店舗が更地になってたり、
ブルーシートで覆われた仮店舗で とりあえず商売始めたばかり、という雰囲気。
≪たちばな≫さんの たこ焼きの値段、 記憶していた震災直前の値段よりも
若干安くなってるかな?と思った。 定かな記憶ではないけど。
なんでやろう? お客さんが少ないからかな? と 気になりつつ 立ち去ったのを思い出す。

≪たちばな≫。

たちばな8

私が行くのは センタープラザ地下一階のお店が多いかな。
三宮の駅に行く途中でふっと寄る、そんな感じのお店。

080314 (3) - コピー

元町寄りの本店も このセンタープラザの店も
そつなく愛想よく、というタイプの店ではないので
初めての人、観光で入る人には ちょっと入りづらいかも 頼みづらいかも と思うことはある。

私の場合は ノレン越しに店の中を覗いて 空いてるようならサッと入って 
一人の時はカウンターにサッと座って 素早く「○人前!」と注文。

たこ焼き。 10個 600円。 

正しくミツバな「たちばな」のたこ焼き

(これは多分、ごく最近値上げしたはず。 去年の暮は580円だった↓)

2007年12月の値段
(写真は2007年12月の値段表)

ここの出汁は うま味が 比較的 濃いです。
正直、最近は この うま味がゆえに ちょっと敬遠しがちだった。
ただ、うま味が濃すぎず、絶妙に美味しい日もある。
出汁の味とタコの出来が 日によって微妙に違う感じ。

生地、うま味結構強いほうかな。塩っ気は強くないけどね。

080314 (9) - コピー

タコ、ちょっと塩気きついときもあったりして、そういうときに当たると ちょっとハズレ。
美味しい時にあたると ほんまに美味しいタコの味。
この波のあり加減がビミョ~やなぁと 最近思うようになってきてるけどね。 正直。

いつ来ても変わらんのは やわらかくて玉子多めの生地と 味の濃いタコと 浮き実のミツバ。


こないだ行った時は 小さめのタコが3個入ってるのもあった。
こんな「おたのしみ」があるのと やっぱり駅から近くて便利、休憩時間なく通しでやってる、というのとで
なんやかやと思いながらも ついつい≪たちばな≫のノレンをくぐっている。



※ところで、 ≪たちばな≫の玉子焼きはお店では『たこ焼き』と表示されてるけど
 これは 『神戸たこ焼き』 の流れということなのかな。
 今までずっと何の疑問もなく「≪たちばな≫の玉子焼き」 と思ってたけど
 長田の≪ゆき≫さんで 『ぼったこ』(多分、神戸たこ焼きの流れのたこ焼き)を食べたとき
 『ぼったこ』と『玉子焼き』はほとんど同じやなぁと思ったのでしたが・・・

 一応私の中で 『神戸たこ焼き』は 玉子焼き(明石焼き)の ソースも使うバージョンという位置づけで
 玉子焼きと神戸たこ焼きはかなり地続き、というか、兄弟姉妹、というか、そういう感じで
 思ってます。

 専門家の方のご意見も伺いたいところではあります。

◆神戸たこ焼き については →≪神戸たこ焼き≫「『神戸たこ焼き』とは?」 1995.1.1付  御参考まで。

080314 (6) - コピー

(≪たちばな≫さんには ちゃんとソースも置いてあります。ちょっとピリ辛系、どろソース系かな)

≪たちばな≫  
センタープラザ店  三宮センタープラザB1 →センタープラザmap ℡ 078(391)3791
本店 →Yahooグルメ →マップル  神戸市中央区三宮町3-9-4  ℡ 078(331)0572



人気ブログランキングへ



ブログパーツ

街あるき | 17:41:21 | Trackback(0) | Comments(2)
≪きむらや≫ 玉子焼き(明石焼き)
 久々の餃子記事書いたら、
まだ書いてない食べ物系の記事が気になってきたので それをまずは片付けさせてください。
(時間がたつと どんどん忘れていく。。。)

明石焼き。 なんで明石焼きのこと書き始めたんやろう?と思って過去記事見直してみる。
あの頃は「神戸に帰ったとき まず食べる物」 というネタで書き続けてたんやね。
確かに明石焼きは 東京ではまず食べれん。
今でも神戸に帰ると大概一度は明石焼きの店に行くかお持ち帰りする。
あの 余所にない独特さが 郷愁をそそるんやね。

≪きむらや≫。

ひさしぶり~!

一番最初にアップした明石焼きの記事にも ちょっと触れている。
懐かしいその名前の記憶は 30年前の高校時代から。
過去の記事→玉子焼き(明石焼き)

・・・・・以下、玉子焼き (明石焼き) ≪お好み焼道場≫2007.3.5付当ブログ記事より抜粋・・・・・

(前略)明石焼き、ゆうたら 【きむらや】 さん(→HP)にも 高校の頃には よう行ったなぁ。
こっちは明石焼きとおでんがあったんは覚えてるけど、多分、明石焼きがメインのお店やったんちゃうかと思う。
お好み焼きはなかったんで、ちょっとオヤツ代わりに明石焼き食べよか、ゆう感じでいく店でした。
その頃はそんなに並んでないから、友だちとフラッと行って お客さんがそんなにおらんと
おでんのでっかいタコの足とか食べたりして ゆっくり駄弁ったりしてた。
【きむらや】 さんは、1人前が20個やった。他所の店が1人前10個やったんで、ちょっと値段が張ったけど割安感が強かった。それで人が並ぶようになったんかなぁ、と最初思ってました。
そのうち、行列がどんどん長くなって、あんなん、よう並ばんわ、思って行かんようになりました。
それでも子どもにやっぱり 【きむらや】 さんのも食べさせたいと思って 一度だけ、行列がかなり短くて数人並べばええ時に、よし、と思って並んだんを覚えてます。
 並ぶ、ゆうのも性に合わんけど、そのとき、以前は汁に三つ葉で出してくれてたんが、ネギになってたんで、それからすっぱり行かんようになりました。(後略)       ・・・・・抜粋ここまで・・・・・




高校時代、明石で遊んでいた時に明石の友達に教えてもらって行った店。
一人前の数が多い(20個)のと、 駄菓子屋さんみたいに
ダラダラ友達とダベってられるのんびりした雰囲気がよかった。

上記のように、ここ10年以上、≪きむらや≫さんからは遠のいてた。
明石焼きの記事を書くようになってから ずっと気になってたんやけどね。
朝早く明石に寄ったら 偶然 開店直後で人が並んでない≪きむらや≫さんに遭遇。

暖簾をくぐると・・・

チャンス到来! 久し振りに暖簾をくぐる。
「もうやってますか?」
「は~い。もうやってるよ~。どうぞ~!」
おねぇさん達の元気のいい 懐かしい声の響き。
思わず30年前にタイムスリップ。 スルッと店内へ。

店の中1

まだこれから忙しくなるお昼を迎える準備中、というかんじ。

おねぇさんたちは チャキチャキお店の準備をしながら 注文聞きにきてくれる。
「玉子焼き1枚とタコ足、スジおねがいします」
玉子焼きを1枚2枚で注文する時、他の店でフッとお店の人に感じる距離感が全然ない。
30年前。 ここでこうやって頼んでたんやなぁ。私は。

店内2


大通りから見えるように ガラス越しに玉子焼き作ってるところは 店内から見るとこんな感じ。
こういう風におねぇさんの背中を眺めながら ダラダラ夏の午後を過ごしてたんだった。

懐かしいタコ足。


玉子焼きを作ってる間に 頼んだタコ足とスジが来る。
タコ足。 一本500円。 相変わらずでっかい。
このタコ足を頼むのは 当時万年金欠病の女子高生にはずいぶんな散財。
初めて食べたんは、連れて行った友達がきむらや初めてで 思い切って頼んだんやったかな。
あのときの ちょっと背伸びした気分を 昨日のことのように思い出す。

タコ足。 相変わらず やわらかい!
なんでこんなに柔らかいんだろう!!
あの時も そう思ったなぁ。
ほんのり甘い かんとに(関東煮)の味が懐かしい。
この香り、この味。 ほんま、30年前のままです。

スジは一本250円。
このスジは スジといいながら ほとんどすね肉のように肉がいっぱいついてる。
からし醤油つけて食べると美味しい。
肉多い分、ちょっとパサパサしてるけどね。
まぁ、これはこれでええんちゃう?  ちょっと値段は高い気がするが・・・

これがきむらやの明石焼


「はい、おまちどう!」
きました! 玉子焼き! 1枚20個800円!
玉子焼きの生地もしっかり味付いてるし。

ううむ。
久しぶりやけど 埋没した記憶の中にある≪きむらや≫さんの味と
瞬間に重なった。

そして・・・ 思わず 「ウマいやん!」とつぶやく。

≪お好み焼道場≫さんのと比べると、小さめ。
さすがに≪お好み焼道場≫さんのは玉子が多い、玉子玉子してるけど
それとまた違った良さがある。
でも、なんか≪きむらや≫さんのも好きやった。
記憶の中で「ネギショック」で消滅されていた≪きむらや≫さんの玉子焼きの味。
いつの間にか 「記憶に残らない味」に記憶をすり替えてしまっていたけど
ここ何軒か 他のお店を食べ歩くようになって 改めて食べて
「こりゃ、なかなか美味しい!」 と思える味だった。


ところで、懸案の出汁ですが、 記憶に残ってるものより 
魚系の出汁の味が強くなってる感じがする。
これやったら 浮き実がネギでもええなぁ。
バランスは よいと思われ。 ちょっと長田の≪ゆき≫さんを思わせ。
よいんじゃないでしょうかっ!



タコでございます。




タコ。しっかりした歯ごたえ。味。
これぞまさに「明石やで!タコやで!」ゆうかんじ。懐かしい。この味。

オシャレさはないけど、おやつ感覚で玉子焼き食べるには
この店の雰囲気と いくつ食べても食べ飽きない味がええね。


おねぇさん達、お水付き足しに来てくれたり、何やかや 声かけてくれる。
そうそう。 この感じこそ、≪きむらや≫さん。
≪きむらや≫さんも≪お好み焼道場≫さんも
おねぇさんたちが 同じような雰囲気で それがとても居心地よかったんやね。
ほんまに久しぶりやったけど、 よかった。また来れて。

人が並んでなかったら また来たいなぁと思ったよ。
懐かしさ味わいに。 タコの足食べに。

≪きむらや≫   明石市鍛冶屋町5-23    ℡ 078 (911) 8320
                     営業時間  9:00~17:30頃
                             (仕込分が無くなり次第終了)

(撮影は2007年9月)

人気ブログランキングへ

ブログパーツ


明石 | 21:31:25 | Trackback(1) | Comments(2)
【番外編】 大阪のたこ焼き≪会津屋≫あの有名店の催事出店に遭遇! 
ふと立ち寄った銀座『松屋』の催事場で (『松屋』銀座のHP)
かの有名な大阪たこ焼きのお店『会津屋』さんに遭遇。 
会津屋 @ 銀座松屋

(『会津屋』HP)
『会津屋』さんといえば 『美味しんぼ』にも取り上げられた有名店。
大阪たこ焼きの名店。

そんな『会津屋』さんに こんなところで出会えるとは!!

12個500円。

う~ん、どうだろう… 

大きさは ちょぼ焼きサイズというのだろうか、 明石焼きよりも小さい普通のタコ焼きよりも
さらに小さな穴の焼板で焼いているので、 出来上がりも当然小さい。

材料に使われているタコは 結構大ぶりに切られているので
ちいさな生地に目一杯タコ、という設定は なかなかそそられるものがある。

けど、 小さいよなぁ。
12個500円かぁ…
持って帰って食べたら 出来たての味がわからんしなぁ…

たかが500円、されど500円。

開店直後で 会場内に人がまだまばらなのをいいことに
他のお店を見に行ったり 『会津屋』さんの写真を撮ったりして
うろうろしていたけれど、なかなかふんぎれず。

それだけ 小さくみえましたのよ、 こちらのタコ焼きは・・・



まぁ、そうは言っても もう二度と『会津屋』さんのたこ焼きを食べるチャンスはないかも。
そう思ったので 結局12個入り一箱500円をゲット。

家に持って帰ってまだほんのり暖かなたこ焼きをいただく。
CA250448_20080220211207.jpg

おっと~!

ふたをあけると、焼き場でも小さく見えたタコ焼きが
しぼんでさらに小さい…

CA250447_20080220211259.jpg

もうこれは ほとんど おちょぼ口サイズ。

あ、だからちょぼ焼きか、 なんて冗談も空しく響く冬の昼下がり。

一口。食べる。

おおおおお。


美味しいやん。

生地の味がしっかりしてる。
何もつけなくても、冷めても美味しいって、 確かにそうだね。 美味しい、おいしい。

タコと生地のみ、明石焼きと同じ。
大阪のたこ焼きのイメージ、キャベツや紅ショウガや天かすやネギなんか
ごちゃごちゃ入ってるたこ焼きとは違う。

中のタコ。
CA250449_20080220211334.jpg

結構大きいよね。
まぁ、がわが小さいから 比較すると大きく見えるのは当たり前やけど
しっかりしたタコの味が これはなかなかなお味ですのよ。
今まで食べた明石焼きのタコに匹敵する美味しさ。

これはねぇ、 大阪のたこ焼きというより、 明石焼きのお持ち帰りバージョンですがな。


外はカリっ、中はトロットロ。
生地にしっかり味がついてる。

これを出汁に浮かして食べたら そのまま明石焼きやん。


美味しゅうございました。

できれば腹いっぱい食べれるだけ 量があればよかったんだけどね。



ちなみに お持ち帰りの中に入ってたリーフレットはこのように書かれておりました。
『大阪のたこ焼きは、昭和8年、会津屋の初代遠藤留吉が肉、コンニャクなどを入れて焼いたラヂオ焼がはじまりです。
 その後、もっとおいしい大人の味をと考え、昭和10年、『明石のたこ』と『ころも』に味をつけて焼いた大阪のたこ焼が生まれました。
 戦後、ソースの普及により、ころもに味がなくなり、色々なものが入ったのが出まわって、庶民ほんらいの味からはなれたものが増えてきました。 
 たこ焼とはソースをつけない、手もよごさずさめてもおいしいのが本物です。 
 なにわの味、大阪の味、それを代表するのが元祖たこ焼の会津屋です。  皆様の憩いの友、おみやげとして、七十数年焼き続けて参りました。
 これからも味の追求を続け、よりおいしいたこ焼、皆様に愛されるたこ焼を目指してガンバリますのでよろしくお願い申し上げます。』

→人気ブログランキングへ


【追記】
ニキニキ日記で≪会津屋≫さんに行かれたようなのでチェックです!(*^_^*)
◆たこやきの元祖 会津屋 2009,1,14付 
ええなぁ。。。現地取材出来て!(^○^)



ブログパーツ

東西味違い | 13:34:13 | Trackback(0) | Comments(2)
明石焼きの歌!  -明石焼きを愛するすべての人にささげる歌-
早朝神戸よりタレこみが入る。

  〔「明石焼きの歌」が 無料配布されていますぜ、おくさんっ!〕

どれどれ。  をををっ! なんやこれは!

≪明石市ホームページ 市民ガイド/観光・産業/明石焼きの歌≫
『明石焼きの歌決まる』   という題で広報されています。

「 市民から歌詞を公募していた「明石焼のうた」が完成しました。164人175作品の応募があり、
その中から最優秀賞、準優秀賞が選ばれました。
歌詞には市内在住の音楽プロデューサーがメロディーを付け、市内の明石焼店をはじめ、
商店街や各種団体のイベントなどで活用します。
最優秀賞:竹内稔さん(明石焼のうた)
準優秀賞:池田富江さん、平山晴美さん、愛酒万謡さん(平成明石焼物語) 」
(明石市ホームページよりママコピペ)


ページには「(明石名物)明石焼きのうた」というCDジャケットが添付され明石焼きのうたCDジャケット

その横から ♪明石焼きのうた♪ と ♪平成明石焼物語♪ がダウンロードできるようになっている。

もちろん 即ダウンロード。

♪明石焼きのうた♪ は レゲエ風に始まって 
~♪ここは明石のうおんたな 明石のタコはNO.1! ~♪ ってな感じ。

♪平成明石焼物語♪ は いまどきJ-popな感じで
~♪たこ焼きチャウチャウ 明石名物玉子焼き~♪ と歌う。
(私はこのノリは かなりインド映画っぽいと思うんですがね…)

なんという ノリのよさ。
なんという 濃厚さ。

これはまさに事件です!

記事がアップされた日付が書いてないので 探してみました。

ありました。神戸新聞。
『レゲエにポップス 〈明石焼きの歌〉完成』 2007.11.14の日付。

まさにホットな明石焼き情報です!
取り急ぎアップしておきます。
またあとから 付け加えたいと思いますが
ぜひぜひダウンロードして 車ででも聴きながら ご一緒に歌ってほしいてほしいところです。
(電車の中で思わず歌いだしても ・・・・・・・ 私は知らん顔してますけどねぇ。
 電車の中で歌うなら ぜひ 須磨から明石に向かう窓の外の瀬戸内海を眺めながら をおすすめしますよ。  もちろん、私は責任とれませんけどねぇ。)


ノリと活きのよさは保証しますぜ、おくさんっ!




【追記】
その1) どうやら この夏、明石焼きの歌詞を募集していたようです。
       『明石焼(玉子焼)の歌』歌詞を募集 (BY明石市役所)

その2) ジモティの熱~~~い明石焼き(玉子焼き)ブログを発見!
      【蛸壷ブログ】 tako焼き  tako_sukeさん。 明石焼きについての考察、お見事です!


アクセスランキング
ブログパーツ

明石 | 10:48:59 | Trackback(0) | Comments(4)
【番外編】 東京で明石焼きゆうたらここで決まりやね!≪多幸兵衛≫上落合   玉子焼き(明石焼き)

(残念ながら 絶品明石焼の「多幸兵衛」さんは2010年春、閉店しました。2010年6月追記)
 ◇【多幸兵衛】さんの食べログ情報 http://r.tabelog.com/tokyo/A1319/A131901/13004345/dtlrvwlst/1583029/
 ◇ ウチの【多幸兵衛】さん閉店関連記事 http://mdr55.blog74.fc2.com/blog-entry-383.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さてさて。 お久しぶりです。
さっそくのネタは・・・・・・ 神戸やなくて、東京の話題。
すいません。 このところなかなか神戸の記事がまとめられんと。
つい先日行ってきた、東京の 明石焼きのお店のネタで 勘弁してね。


玉子焼きについて 私がひつこく書き始めたんは、 思い起こせば今年の春。
おでんのちくわぶの事調べてて、 おでんのお店を紹介されている
居酒屋ウォーカーさんのブログで 東京の 明石焼きと関西風おでんの店≪多幸兵衛≫さんを見つけた。〔居酒屋ウォーカーさんの ≪落合多幸兵衛さんでおでんと明石焼きを喰う≫ 〕
お店の方、神戸で震災に会われた後に東京に移って来て お店出されたらしい。

その時は 後付で紹介させてもらいました。 いつか行かな!とおもって。
明石焼き(たこ焼き)お好み焼き道場  2007.3.5の記事〕


それ以来、ず~っと気になってた。
行きたい行きたい、思ってたんですが、 場所がなぁ・・・・・・・
地下鉄東西線の 『落合駅』 って、未だかつて降りたこともない駅。
居酒屋ウォーカーさんも書いてはるけど、
友達がおるとか、 仕事の関係とか、そういう事でもないと まず、立ち寄ることのない駅。
しかも、お店は駅からちょっと歩くみたいやしなぁ。


ところがひょっこりチャンスが来た。
先週のこと。 知り合いとの待ち合わせが 目白。 
この目白っちゅう所も 私は今まで1度か2度行ったことある程度の場所。そやけど、
お。ひょっとして、目白と落合、近いんちゃうん? と 地図見たら、どんぴしゃり。
直線距離、歩くと20分位。電車やとちょっと乗換えとかあるけど、30分以内で行けそうやん。 
まぁ、許容範囲内。


行ってきましたよ。 多幸兵衛さんに。



落合の駅を降りて高田馬場方向へ。
郵便局、ロイヤルホストを越え、信号を2つばかり超えて 歩くこと数分。
外観!


隣りに(落合から行くと手前)うどん屋さんがあって、
確かにこれが目印になる。



縄のれんと提灯がすてき!エエ感じですやん。提灯と縄のれん!
この手のお店は 知り合いに連れてってもらうか、
情報頼りに勇気をふりしぼって訪ねるか しかないですね。
道を歩いていて お店偶然見つけて、気が向いたからとお一人さんで飛び込む勇気は、、、、なかなか無いなぁ。



お店は6時から始まるとのこと。 開店時には誰も居なかった店内もつぎつぎ人が訪れて、あっという間に満席。
手前10席ほどがカウンター。 奥に座敷があって、ご主人に伺ったところ6人くらい入れるそうです。
この日は座敷と4人分のカウンターが予約済み。
私のあと2組ほどで(それぞれ2人ずつのカップル)満席。
7時前頃には 予約以外のお客さんがつぎつぎ訪れても 断っとってでした。


急に涼しくなっておでん日和になってきたからねぇ  と、ご主人。


めにゅーはこんな感じ。


めにゅー その1    めにゅー その2


ここに載ってるの以外にも、 お店の中に木札や紙に書かれたお品書きが。

おかぁさんが 「明石焼きはタネまだ作ってないから ちょっとまって」 とおっしゃるので
まずはおでんから。

最初に大根250円。 でかいよ!この大根は! 
この大根を一口食べただけで もう お口の中が 懐かしい関西の味に 大はしゃぎ! 


大根!250円!デカイ!


写真、セピア調になってていまいち解りづらいけど (すいません、携帯の露出、アカンネン)、 ほんまにうまいこと 炊いてある。
昆布と鰹の しっかり出汁がきいた 関西の味が しっかり染みこんでる。 
上品な出汁の香り。 素材の大根の旨味とほろ苦さ、香りをしっかり感じながらも 美味しい透き通った出汁との絶妙の味の絡み合いは 関西の味付けならでは!

上にかかってる味噌ダレは、 なんやろう? 田楽風?
これは意外な組み合わせ、っちゅう感じです。
田楽味噌のような 甘味噌ダレ。 このしっかり味のしみこんだ大根やと
私にゃあ 必要ないんですけど。。。。。
まぁ、この味噌ダレだけ舐めながら お酒がいけそう。 でも やっぱり ちょっと甘いなぁ。


下にはってある汁、ちょこっと舐めるとメチャウマなんで、 大根から味噌ダレが落っこちんように 注意深く味噌ダレだけをチビチビ舐めきる。  その後、澄んだ汁も頂く。
大根、この汁の中で炊いてるんやろうか? 大根に染みこんだ、少々濃いめの出汁の味よりも はってある汁のほうが 塩味も出汁の味も 若干薄め。 それがまたいい。

普通~に美味しい。  『関西の味』を堪能。
関西やったら 普通に どこででも食べられるような味やねんけどなぁ。
東京やと、 わざわざ 落合まで足を運ばなあかんねんなぁ。



と思いつつ次に。


大好き、牛スジ300円です。
ここのスジは 一見コリコリ固め系っぽい。 牛スジ、いつも家ではトロットロに仕上げるので、
皿を手渡されて一瞬 「うん?」 とひきましたが、 まぁ、頼んだものは食べなな。
牛スジ。250円!これもウマイ!!
口にすると、 やはり コリコリです。
そやけど、 これまたメチャウマの出汁が しっかり染みてる。
え???! 
こんなコリコリで どうやってこれだけ出汁を染みこませるの? すごい!
これはこれで、 ハマるなぁ!
このスジのコリコリうまうま臭みなし、な感じは、お好み焼き≪ゆき≫さんのスジに通じますね。


スジに臭みがないのは 当然ちゃあ当然  なんやろけど、
スジの下処理がちゃんと出来てるというお店は それだけで 
『お仕事してらっしゃいますね』 と思います。(笑
東京のお店で今まで食べてきたスジのスジが解る。。。。う~ん、酔ってる。。。。


コリコリでも 出汁のきいた牛スジとの 新しい出会いでした。



たこぶつ 550円!明石焼き頼む前に たこぶつ550円? 頼んでみました。
明石焼きに入ってるのと一緒かどうか いまいち解らんかったけど、 このタコはめっちゃデカイ。
パッと見、明石のマダコの大きさとちゃうなぁと思う。
ちょっと立派すぎやもん。

この写真の一切れ(というか、一塊)、私のおちょぼ口やと やっと入るか入らんか。。。
そやけど、お味はなかなかエエです。ちゃんとタコの味してます。
お値段はまぁ、妥当、という感じかなぁ。


あれ、後から来た隣のお客さんが 明石焼き 頼んでる。
なんや、できるんやったらちょっと声かけてくれてもええんちゃうん? とすねたりして。
まあ、今日は団体のお客さんが入るみたいで、仕込みに忙しかったみたいやし、
おかあさん、殆ど一人で賄ってはったようやから、しゃあないんかな。


気を取り直して 明石焼き頼む。
一人1枚頼もうかとも思ったけど、 もうエエ加減食べてたんで、 二人で1枚にした。
私の取り分は2つ、ゆう約束で。。。。
それやと取材にならん(味わからんやろ)と思ったけど、まぁ、ええか。

出ました。明石焼き! 普通の明石焼きを頼みました。
こういう 『比較もの』 は プレーンで比べるに限る!


明石焼き! 8個550円!でかいぞ!


明石焼き550円。   おおおおおお!
まさに明石焼きやん! 
ちゃんと明石焼きサイズの大きさで、8個。
作ってる様子や 出てきた様子みて、ちょっと油っぽいかな、と思ったけど、食べてみたら油っぽさは感じんかった。

お出汁は 若干塩味控えめ 昆布鰹系? タコもでかいよ!
嬉しいのは 正しい三つ葉が浮き身になっていること。
う~ん、この時点で 合格です! ◎

明石焼きを浸して食べる。
実食すると、 明石焼きの生地に いい塩梅に お出汁と塩が利いてるのがわかる。
タコも味が濃い。
出汁につけず、明石焼きだけ食べることは 残念ながら出来なかったけど (私の割り当て2個全部出汁につけて食べてしまった。。。。) 出汁の利きよう、味のしっかりついてる感じは 前回レポートした ふなまちさん に近いように思う。
ちょっとしっかり目、玉子多めな生地の食感は お好み焼道場さんの感じに近いかな。
お値段が割高感あるのは、東京という土地柄でしょう。 東京で大規模チェーン展開してる『銀だこ』は8個500円やからね。 明石焼きがこの品質でこのお値段は、むしろお得感あります。
でも、たこ焼きだけしか作ってないたこ焼き屋さんで1人前8個やと、少ない気がするやろうね。
(『銀だこ』は油で揚げ焼く感じなので8個も食べれば十分、に感じるんやけどね。明石焼きはお出汁つけて食べるし、具がタコだけなんでアッサリして、もたれにくくて、1人前10個でもちょっともの足りん感じがある)





写真以外に がんもどき、卵、追加の大根(計大根は3人前)、もち、つくね、里芋、ビールなどを頼んで一人2100円。
お腹いっぱいになったし、 なかなかお手ごろ価格。


これからの季節は混むんやろうなぁ。
行ってみたいと思う方は 予約の電話入れたほうがいいかも。


ここやったら おでんも美味しいし、ちゃんとしたたこ焼きも食べれるし、
ちょっと足伸ばす位の距離やったら 行くなぁ、と 思いました。




マッチもあります!



仕込みでご主人が 赤玉の卵、山盛りにして割ってはったんが印象的でした。



≪多幸兵衛≫  東京都新宿区上落合1-30-17
           電話 03-5386-0950
           日曜定休 18時~
→tabelog.com 多幸兵衛  
       ここのサイトの「ブログでの評判」に うちのサイトが載ってるんですね。
       そっから定期的にこちらに来られる方がいるようで…・
       ちなみに、私の上のブログは なんと有田良生さんのブログでした。
       そしてなんとなんと、 有田さんは神戸時代の 多幸兵衛さんのお客さんだったそうだ。
       →『「多幸兵衛」の神戸・東京二都物語』 2008.1.16 ≪有田芳生の『酔醒漫録』≫
       そして、さらになんと、 『多幸兵衛』夫妻に上京を勧めたのは有田さんご本人とのことらしい。
       多幸兵衛に絡んで いろいろな人間模様が見えてくる。
       不思議な巡り合わせだね。              (2008・4・18食べlog部分追記)


ブログパーツ


東西味違い | 22:22:22 | Trackback(0) | Comments(6)
≪ふなまち≫ 玉子焼き(明石焼き)

 明石焼き(玉子焼き)は たいてい決まったお店に行くので (味がわかってて安心やからね。。) 新しいお店の開拓はなかなかできないのですが、 このところとても気になってたお店に 初めて行ってみることにしました。


「ふなまち」


 これぞ 明石焼きのブログで 密かに語られ アツ~い支持を集めるものの
他の明石焼きのお店が集中している 駅周辺から すこし離れているのと 
いつも混んでいて 入れなかったという書き込みも目につき、
「謎」あるいは「幻」のような印象さえ漂わせているお店。


 明石は私の若かりし頃のお遊びどころ
(三ノ宮より明石のほうが近かったし、明石城公園は広々してお散歩には最適だった)。
「ふなまち」を地図で見ると 〔駅から遠い〕と評されている場所も、淡路島に渡る播淡汽船の乗り場のすこし先あたり。 小学校時代、毎年夏の淡路島の海水浴で 通い慣れた道です。
あそこなら 私にとって 駅からすぐの感覚。 ならば 行ってみようではないか。


 うおんたなです。 魚の棚 タコ! まずは 明石駅を降りたら港方向へ。魚の棚(うおんたな)を通り抜けます。


 うおんたな の中は いつもと変わらず 人の波。 充満した魚と潮のにおい。そして、生きのいい魚が跳ねる!
タコが茹ってます! 活きたタコの茹でたては 味が濃くて本当においしい!
実家は明石ではないですが、 明石海峡のタコが地元の漁港で朝あがって昼にはお店に下りてきます。いわゆる〔昼網(ひるあみ)〕のタコ。 活きているのをお店で〆てもらって持ってかえって家で茹でます。 タコはこれが一番おいしいね。 このおいしいタコを使うから明石焼きは旨いんや!


このフェリー乗り場。タコフェリーというそうだ。日は休日で漁がないから茹ダコなのかな?なんて思いながら歩きます。
 ところが、カレイがピチピチ。タコも活けもありました。 不思議に思って聞いてみると、カレイの活けは水槽で活かしてあるのを出してくるとのことでした。


うおんたなを抜けると 今はなき播淡汽船は淡路ジェノバラインに引き継がれ、通称たこフェリー、明石のフェリー乗り場とともに 今でも営業を続けていました。(→淡路ジェノバラインHP
この乗り場の西側には 競りを終えた魚を運ぶ 水槽付きのトラックがズラッと並んでいました。


 


明石港に出る漁船! パノラマってどうやって撮るん? 目の前に漁港が広がります。


とんびがたくさん飛んでいます とんびがようさん飛んでる。 餌を取り合って追いかけっこしてたり。


ふなまちです。 漁港をぐるっと回って、住宅街を少し歩き、『ここらへんかな?」というところでちょっと西の通りに出ると なんとドンピシャりで ≪ふなまち≫さん に到着。
店の前にはイスが置いてあって、いかにも人気店な感じ。
開店時間に合わせて行ったけど、もう既にお店の中には人がいて、ちょっと外で待つことに。
潮風が軽やかに通り抜けて ノレンがひるがえります。


ふなまちの店内ラッキーなことにすぐに店内に入れました。
店はほんまにこじんまり。 いかにも昔からやってる風なお店かなぁ。
それにしてもここは。。。 (先にアップしたけど、長田の≪ゆき≫さんと似てるね)

焼き上がりに時間がかかるかなぁと、タコ玉(タコのお好み焼き)を頼みました。たこ天

(玉子焼きだけあつかうお店以外では これが定番です。玉子焼き焼くのに時間かかるし、ソースの香りには勝てません・・)

予想通り、タコ玉が先に出てきた。 タコいっぱいでウマ~~! 
ソース全部にかけてしまうんはもったいない位。
タコ、歯ごたえ、味わい、ともに 「これぞタコ!」 です。
(タコ、ゆうたら、これやと思って育ったんです)
明石来て まずはタコ食べて、満足~!

タコ玉を食べ終わると ちょうど運ばれてきた 玉子焼き 1人前20個500円!2枚40個の玉子焼き!

なんちゅうリーズナブルな価格設定。
この値段、私の高校時代の≪きむらや≫さんの値段やなぁ。(30年前? )^o^()
この板の上にのっかった、ざっくばらんな玉子焼きの姿にも そそられます。
汁は薬味なしですが、これなら全然許せてしまう。





実食~~~! 実食。 


お。 これは。。。。。。


なるほど、人気の理由が分かります。
生地の出汁の味が 実にしっかりしている。
汁につけなくても十分美味しくいただけます。
これはおつまみにも最適かも。
かといって 塩辛くてのどが渇く、というわけではありません。
中がトロッと、タコも美味しく。 充実・満足の20個。 さすが 評判のお店だけあります。


どこか懐かしい味。子どもの頃の明石焼きの思い出と重なる味でした。
お持ち帰りも多いお店みたいで、ひっきりなしの℡と 出来上がりを取りにくるお客さん。
このお店も 地元の方に愛されているお店なんでしょうね。


 後で娘に 「あれ、うちでつくるたこ焼きと味似てたよね?」 と言うと
「全然違う」 と一蹴されました。。。。
生地のトロッ感がやはり 家で作るには難しいのですね。

 ちょうど私達の後に入ってこられた、ツーリングの団体さん。
狭い店内に全員一度には入れず、先に入った人が外の仲間が入ってから注文しようとしてたら
「入られた方から注文お願いします」 と 促されてました。
まぁ、あの狭いお店で、しかも人が並ぶのが当たり前のお店では あたりまえに気ぃ使いいなぁ、と思いましたが、そういうところ、気に入らんと思う人もおるんでしょうね。 ネットの書き込み評はこんなとこから来てるんかなぁと思いました。

≪ふなまち≫さん。
港を眺めながらの道あるきも 明石らしくて良かった。
また 行ってみたいと思います。


帰りに 昔よう通った 「きむらや」さんの前を通ったけど・・・・きむらやは相変わらずの行列
すごい並んでるね。 あの列にはもう並ぶ気がせんけど。
高校、大学時代に 安くて美味しいお店(あの時は「きむらや」さんも三つ葉使ってた)やからと
友達と 受験勉強そっちのけで通ってたんが懐かしい。
あの頃は もうもどって来ないんやなぁ と シミジミ 感じた次第です。




≪ふなまち≫  明石市大材木町5-12 ℡078-912-3508
        10:30~18:00    金曜定休


■ 『明石焼きネット』 さんの 明石焼きMAP (ちょっと重いです。。。)


■ 神戸の素敵な写真でおなじみ、『神戸観光壁紙写真』 さんにも 明石焼きのページがありました。
  明石名物明石焼き・明石玉子焼き横丁と縁日

■ ゆかりさんの≪ニキニキ日記≫で 堂々アップ! 
  さすが、素晴らしい写真つきレポートです。 2008.3.19
  「玉子焼き ふなまち」


ブログパーツ



明石 | 20:36:21 | Trackback(3) | Comments(24)
≪松竹≫ 玉子焼き(明石焼き)

明石焼きといえば 最近は ≪松竹≫さんに行くことが多いです。
駅から近い というのもあります。
みつばがタップリ食べられる というのもあります。
15個550円という お手ごろ価格 というのもあります。
もちろん タコがおいしいし トロトロの生地も満足。


前回、 ≪お好み焼き道場≫さんに久しぶりに行ったので、 今回は ≪松竹≫さんに行きたくなったので さっそく行ってまいりました。


松竹


すいません。
写真でっかくなっちゃいました。


15個550円 


ちょっと外で待ちました。
順番待ちしてる間に ショーウインドウ
写してみました。

いつも ふつうの 玉子焼きしか食べないですが
一度くらいspecialを食べてみてもいいかも。

そんな気分になったところで 店内へ。


 


みつばをタップリくださるお店。ただしいっ!(私的に)
みつば タップリ。  しかも とりほうだい。 (これはポイントかなり高い!)
みつば大好きな私は 本当に嬉しい。
みつばを こんなに大盤振る舞いしてくれるお店 他にあるでしょうか。

お汁は、温かだったかな?
お汁、温かのを出してくれるところと常温のところとありますね。玉子焼きはアツアツなので常温のお汁でちょうど食べごろに冷ますのも食べよく、どちらが出ても問題はありませんが、どっちを出してくれたのか気になってきました。(というか、忘れるの早すぎる。。(T_T)) 次回の食べ歩きの時は気をつけて覚えておこう。


これぞまさしく玉子焼き。ごちそうさまでした!


15個550円。 隣りの2人組み(女性)は1枚(1人前)を二人で分けて食べてました。
ウチはもちろん1人1枚です。 あ、いや、今回は2人で3枚でした。
なんせ久しぶりだったもんで。 
もちろん 完食。

≪松竹≫さんの玉子焼き。
外は一応皮があるものの トロトロの中身を辛うじて包んでいる、という風情。
卵っぽさでいえば ≪お好み焼き道場≫さんの方が 断然卵っぽいです。
≪松竹≫さんのは 茶碗蒸しのようなゆるい食感の生地 (浮き粉が多いんでしょうか?小麦粉の粉っぽさは感じないです) に マイルドな出汁のうまみが広がります。
そしてちょっと醤油ッ気があります。醤油が焼けて香ばしいのもポイント高いですね。

ここの玉子焼きを ひと言でいうとするなら、 中身のトロ感、でしょうか。

そして。。。。 タコが うまい。。。。


ここは地元の友達のおかぁさんに教えてもらいました。
明石で とりあえず駅からすぐ近くで明石焼き食べたい と思ったら
ここに駆け込んでみてはどうでしょう。
地元民に愛されているお店だと思います。


≪松竹≫  明石市大明石町1-5-9 ℡078-912-0091
        11:00~20:00    水曜定休


***


松竹についてのblog
≪グルメ紀行ブログ≫ さいとうさん。  「松竹」
≪ぷりんのごはん≫ ぷりんさん。  「明石といえば魚の棚と玉子焼き」 松竹
うちの玉子焼き(明石焼き)カテゴリーの記事  「お好み焼き道場」
                              「お好み焼き道場 実食編」




松竹 ブログパーツ

明石 | 15:16:17 | Trackback(0) | Comments(9)
玉子焼き(明石焼き)≪お好み焼き道場≫ 実食編

今回、1泊2日で神戸に久しぶりに帰ったんやけど、 えっらい忙しかった。
こんなブログ始めたばっかりに、 いろいろ食べなあかんもんが増えてしもたし。
忙しすぎて いつも神戸帰ったときの 一番の食の喜び、を 全然食べへんかった(T_T)
(イイダコのシーズンやってんけどなぁ…)
まぁ、おかげさまで(なんのこっちゃ) いろいろ発見もありました。


で、 玉子焼き! お好み焼道場さん! お好み焼道場入り口


えらいことですわ。 ほんま ひっさしぶりに行ってみたら、 単刀直入に言うと、 なんと

みつばが はいってへん!


ビックリしたわぁ。 待っても待っても みつば、出てこんし。
おばちゃん、忘れとんちゃう? と思って 配膳台のほう 盗み見したけど
みつば  の字も あらへん。


みつばありません…(T_T)
あかんやろぅ? みつばなしの 玉子焼きはッ!


ちょっとエキサイトしてしまいました。 まぁ、当然でしょう。 
私が 玉子焼きの基本、本格としてるのは みつば入り ですから。



そういうことで、 かなり減点対象となってしまいました みつばなし玉子焼きですが、
それでも美味しかった。
思ったより 油っこくなかった。 そして、1個の大きさが 思ったよりでかかった!
東京で時々食べる明石焼きは「嗜好品」的な味がしますが、これは「ごはん」的な味。
大騒ぎして並んでまで食べるようなものというより、ちょっとオヤツに寄りました、位の
気軽な御近所立ち寄り系のあじ、ゆうたらええんかなぁ。
食べでがあるんで、ここのは1人前10個で十分です。人数より余計に頼んだ分も
モチロン完食しましたけど。

まぁ、気持ち、昔の記憶にあった「感激的な美味さ」は 減ってました。
私が大人になったからかなぁ。
あの味は、思い出の中の味なんかなぁ。


今回、発見がいくつか。


① お好み焼道場のつけ汁は  常温!  これは玉子焼きがアツアツなんで、冷ますのにちょうどいい。 前からそうやったんかなぁ? そうなんかもしれんけど、全然おぼえてなかった。


② 玉子焼きがのってる板は 手作りされた?と見まごうばかり ネジクギで留められている。 これも今まで全然気付かんかった。
写真で撮った時に初めて気がついて しげしげ見たけど、 こんなこれがお好み焼道場の玉子焼き台、他でみたことないような気がする。 というか、他でも写真撮ったりせんと気がつかんことかも。


③ 小さい子どもを連れたおかぁさんがようさん来てはった。  どうみてもおかぁさん自身が若い頃にここ来てた、ゆうかんじ。 子どもに自分が好きやったこれを食べさせたい! 私と一緒やん!と笑っちゃった。 たまたま今回相席になったグループもそんな親子連れでした。ほのぼのムード、ええ感じでした。 あと、そんな親子連れがどんどん来はるんで、 店の外で並ぶほどの盛況でした。 ウィークデーやのに、と、ちょっとビックリ。


お好み焼き④ お好み焼きも頼んだけど、 生地がちょっとゆるい感じがした。  前もこんなやったっけ? 確かにモダンと普通のお好み焼きと、あんまり生地が変わらんかったような気もしないではないけど…今回は モダンは食べへんかったんで比べてないからわかりません。 美味しかったんであっという間に食べちゃったけどね!


そして
⑤ 玉子焼き、生地の味がしっかりしてるんで、 汁につけずに食べてもおいしい。 いや、むしろ汁につけずに食べた方がおいしい! その代わりといってはなんだが、 実はたこの味、ちょっと弱く感じました。 あんなもんだったっけ? たこの味。


汁にみつばがないんで、汁に対してちょっと距離ができたせいか、 汁につけずに食べてみるという、いままであまりやったことのないことをしてみました。 なかなか美味しかったんで、案外皆さんやってはるんかもしれん、と思いました。
(最後の方で1個か2個、ソースつけて食べることは 時々やるけど…)


記憶なんて頼りないもんですね~(T_T) 
今回、一緒に連れて行った子が小学生のころ(十年位前?)にも行ってるんですけど。
全然記憶にないこともあったりなかったり。


今回、食後に お好み焼道場周辺を少し散策。
すぐ裏にある 明石焼きの松竹は お休みでした。(覗けなかったのが残念!)
隣りのお好み焼きやつふさは、 なんと移転。 斜め奥に、倍以上の広さで営業してました。
この一角、松竹のすぐ目の前にまるまるという これも明石焼きのお店があって、こちらも結構繁盛してそう。 なんだか 明石焼きで 明石は町起こし してるんちゃう?という気になるほど明石焼きのお店が以前より目につきました。


松竹への入り口松竹 この日はお休みだったやつふさ 移転してましたまるまる


【お好み焼き道場】  明石市大明石町1-6-6    ℡ 078-911-8084
              営業時間  11時~20時半 無休
                                     玉子焼き 1人前550円  お好み焼・そば焼 450円~


【玉子焼きマップ】  明石観光協会が作っているHPの玉子焼きのマップ。
             上述松竹とまるまるも入っています。
             これで見ると、汁にネギのトッピングも多いみたいですね…
             松竹さん、ぜひミツバのままで がんばり続けて欲しい!




ブログパーツ



明石 | 00:06:49 | Trackback(1) | Comments(4)
玉子焼き (明石焼き) ≪お好み焼道場≫

明石のたこ焼きのこと、 明石焼き ゆうですやん。
あれ 「
玉子焼き いわなあかん」 ゆうて怒られるんですわ。
明石駅前のお好み焼きと明石焼きのお店、 【お好み焼道場】 ユーザーの先輩に。(笑
なんでやろう? 思ってました。 

 このたび、いよいよ 明石焼きのこと 書こか、思って いろんな人のブログみたり、HPみたりしてたら、ひょんなことで 昔懐かしい 【お好み焼道場】 のHP (もう一つHPあります)にぶつかって わかったんです。
【お好み焼道場】 の 玉子焼きへのナミナミならぬこだわり(→こちら 〔玉子焼なんです。≪明石焼≫じゃないんです〕参照)に 「これやったんかぁ!」と思いました。
【お好み焼道場】では、そういえば必ず≪玉子焼き≫ ゆうてたんです。「≪玉子焼き≫2枚ちょうだい」 ゆう感じで。
卵たっぷりの玉子焼き。確かに 【お好み焼道場】 の玉子焼きは 他所の明石焼きと比べて格段に卵の色してた。
 黄色く輝くマシュマロのような、茶碗蒸しのような玉子焼き。
 そして、その玉子焼きが 私の玉子焼き、明石焼きの原点やったんです。


 この【お好み焼道場】に通ってたんは 高校3年の夏。
神戸の西部に実家があったんで 三ノ宮や元町に出るより明石の方が近い。
友だちと明石城公園の中にある図書館で ≪受験勉強≫ ゆうて 夏休み、朝から夕方までおりました。
その時、昼のご飯に通ってたんが この 【お好み焼道場】。
 4人がけの鉄板付きテーブルで 自分でお好み焼きを焼くスタイル。
その横で おばちゃんが白い割ぽう着に 菜ばし構えて 玉子焼き焼いてはった。
玉子焼きはおばちゃんが焼いてくれるんです。
学生にも手ごろな値段と、良心的な素材で飽きへん味。自分で作るんがまた家におるみたいでくつろぐし。 作り方解らんかったらおばちゃんがスゴイ手際よく教えてくれるし。
お好み焼き1枚と玉子焼き。 ホンマ、格好だけしてても心がすさぶ≪受験勉強≫の間の
ささやかな幸せでした。
 ここには 子どもも連れて行ったことありますよ。
どうしてもここの明石焼き、ちゃう、玉子焼き 食べさせたくて。
すごい勢いで食べてましたよ~! 今までで一番食べたんちゃうかな。
嬉しいもんです。 自分の好きやったものを子どもも気に入って食べてくれるんは。
うちの子は関東で生まれ育ってるけど、うどんの汁は関西風やないとアカンし、
たこ焼も明石焼きやないとアカン。 うまいこと洗脳できたとおもってほくそ笑んでます。


 明石焼き、ゆうたら 【きむらや】 さん(→HP)にも 高校の頃には よう行ったなぁ。
こっちは明石焼きとおでんがあったんは覚えてるけど、多分、明石焼きがメインのお店やったんちゃうかと思う。
お好み焼きはなかったんで、ちょっとオヤツ代わりに明石焼き食べよか、ゆう感じでいく店でした。
その頃はそんなに並んでないから、友だちとフラッと行って お客さんがそんなにおらんと
おでんのでっかいタコの足とか食べたりして ゆっくり駄弁ったりしてた。
【きむらや】 さんは、1人前が20個やった。他所の店が1人前10個やったんで、ちょっと値段が張ったけど割安感が強かった。それで人が並ぶようになったんかなぁ、と最初思ってました。
そのうち、行列がどんどん長くなって、あんなん、よう並ばんわ、思って行かんようになりました。
それでも子どもにやっぱり 【きむらや】 さんのも食べさせたいと思って 一度だけ、行列がかなり短くて数人並べばええ時に、よし、と思って並んだんを覚えてます。
 並ぶ、ゆうのも性に合わんけど、そのとき、以前は汁に三つ葉で出してくれてたんが、ネギになってたんで、それからすっぱり行かんようになりました。

 私の明石焼き、玉子焼きの 基本の形は 汁に 三つ葉、やないとアカンのです。
自分ちで作るときも、三つ葉 山盛り刻みます。akasiyaki2.jpg
最初二回は 三つ葉の山盛りに熱っつい汁かけて お浸しみたいにして完食。そのあと汁たっぷりに玉子焼き三つ入れてふやかしながら食べる、が
私的ベスト。 なんで。 
(写真:ウチのたこ焼の台。関西出身者は一家に一台必ず持ってる…はず…このたこ焼の台はちっちゃくて色黒いですけど、明石焼き専用の銅の台です!←プチ自慢! 今回、明石焼きの写真ストックがなかったんでこれで勘弁してください。そのうち絶対写真アップします)

 神戸の住人でも、いつも食べてるたこ焼のスタイルは大きく東部、中部、西部に分かれるんちゃうかとおもうんです。
 西部(須磨区、垂水区あたり)は明石に近いせいか、たこ焼き=玉子焼き というイメージが強いようです。 (midori周辺友達調査による) だし汁につけて食べる。だし汁のトッピングは三つ葉がベスト。
 中部(長田区あたり)になると、だし汁の中にあらかじめ入れて持ってきてくれるらしい。しかも、それにソースつけたりつけんかったりして食べるらしい。これがいわゆる 『神戸のたこ焼き』 として ちょっと名前が知られてきてるような感じがします。(ネット検索の結果:かず@神戸っ子さんの【神戸たこ焼】というブログがありました) 中部出身の友達にきいても、 やっぱりそういう食べ方してたと言ってます。
 中部以東はどうなんでしょう。大阪の方の、お好み焼きがたこ焼になったみたいなたこ焼はどこらあたりからなのか。境界線が情報不足ではっきりしませんが、中部のスジコンをたこ焼に入れるやり方は、大阪でもやるらしい。(スジコンをたこ焼に入れるというのは西の方ではやらないように思いますが、それも情報が欲しいところです。ちなみに西部に入る実家ではタコ以外の具は入れません)

神戸街援隊九十八番屯所さんの 『貴方は出汁(だし)派?ソース派:たこ焼=明石焼=玉子焼き?』 にはそこらへんのところがレポートされてて興味深かったです。


 同じ神戸におっても、たこ焼のイメージがこんなに違うんやということは、今回初めて知りました。



 ところで、東京でも明石焼き、 食べられます。〔例えばこういうHPもあります≪玉子焼(明石焼)の店≫〕
最近、すこしは名前も知られてきたみたいでうれしい。 一昔前やったら、【明石焼き】ゆうてもなんのこっちゃ、意味わからへん、ゆう人ばっかりやったからね。 
本格の明石焼き (私の場合は出し汁にはミツバが本格と決めている) に出会えるかというと、そうでもなくて キモチがっかりすることもありますけど、似たようなもん、というだけでもうれしい。

ホンマの明石のタコ、ゆでたてのタコで作る明石焼き、玉子焼きは
フワフワの生地にしみこんだ タコの猛烈な旨味と だしのきいた汁の中で更にふやかして柔らかくしたトロトロ感が 
なんとも言えん快感なんで、 未食の方は 是非一度食べてみてほしいです。


【追記】

◇ ≪東京・明石焼きが食べられるお店≫
 居酒屋ウォーカーさんレポート。おでんと
明石焼きのお店落合の
【多幸兵衛】さん。写真を見る限り、だし汁にはミツバである。なんと正しいそのたたずまいか! しかも、お店を切り盛りされている御夫婦は阪神大震災で被災し、神戸から東京に出てこられたとのこと。
(Yahooの口コミでは
 こんな風
(ksk_comさんのブログ 『飲み食いの記録を残そう』 にもとりあげられています。美味しそうな写真!)

◇ ≪お好み焼道場≫ 近況!
 おがちゃんさんの
【おがちゃん便り】にあります)に、ごく最近のお好み焼道場の写真が出ていて感激!
(おがちゃん便りにアップされている写真の中ほど)

◇ ≪きむらや≫ 近況!
 ぷりんさんの 【ぷりんのごはん】 ひっさびさの玉子焼き:本家きむらや に きむらやの写真が出ています。相変わらずボリュームタップリ。でも、あれ一人でペロッと食べてたけどなぁ…(笑
きむらやで 1人前20個食べるようになってから、 他所でも二人で3枚(3人前)が普通になりましたね…(爆

◇ ≪明石焼きランキング
 食べ物検索で明石焼きの検索をすると出てきました。

◇ ≪明石 タコ検定
 こういうのがあるそうです。今年(2007年)3回目です。(タコつながりで)



ブログパーツ



明石 | 22:44:00 | Trackback(1) | Comments(23)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。