■お知らせ
■『築地あるき』

楽天ブックでどうぞ~~!!

■ブログ内検索

■ユーザータグ
■こんな感じで書いてます
■最近の記事はこんなです。
■神戸で生まれ育って18年。

Author:midori
今では東京暮らしの方が長ぅなってしまったけど、大好きな神戸にいまでもこだわりがあります。
山と海がないとね~
(本文中の写真はクリックすると少し大きくなります)




神戸の会社設立屋が送る神戸時計

■ブログ全記事表示
■RSSフィード
■コメントありがとうございます。
■とらばしてもらいました
■イカナゴのクギ煮アンケート!

イカナゴのクギ煮のアンケートにご協力ありがとうございました。 こちらの記事にまとめました。 イカナゴのクギ煮アンケート結果報告 これからも宜しくお願いします。

■いつもお世話になってます
■❤ New Entry

■ページランキング :2007.10~のエントリー

■過去記事2007年度

■FC2カウンター
■訪問中!

■リンクサイト

好きです神戸

■ネットショップ





スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
2009夏のアクセスとか
この夏、2か月以上の放置にもかかわらず、
毎日多くの方にアクセスいただいてました。本当にありがとうございます。

ここのブログ主は気まぐれやし~~~というのがかなり浸透してるのか
記事をアップしてもしなくても 変わらずコンスタントなアクセス数、というのが
このブログらしいというか。。笑

なんと嬉しいことでしょか。
なんと励みになることか。

感謝でございます。m(__)m

今中
(写真はこの夏初激写に成功!明石≪今中≫さんの玉子焼き)

  ***

ところで、今年の夏、ゼンゼン更新してないブログに
どういった塩梅でアクセスしてこられているか。
これにはちょっと興味があって、ときどきチェックしてました。

ダントツが 
餃子のみそだれ ネタ。
ぎょうざ大学
(写真は この夏激写第2弾!≪ぎょうざ大学≫さんの味噌ダレ!)

何かあったの?神戸の餃子。
そういえば、東京のテレビでも何度か(3回くらいかな?)
「神戸では 餃子をみそだれでたべます~~~」ってのを見たような記憶があるけど、
あれが影響してるのかしら。

いまでもアクセス上位に入ってる
◆「餃子の味噌ダレ作りにチャレンジ!」 2007.4.7付
これなんて、2年前のネタですからね。
味噌ダレネタ記事一覧は →こちら



そのつぎくらいかな? なぜかいまだに
スイーツハーバー ネタ。

◆「神戸スイーツハーバー閉鎖」 2007.11.19

これも2年前のネタ。 
スイーツハーバーは偶然、閉鎖直前に初体験。 
それから連続して何回か利用して、
結構ええ感じに休憩できるやん。。。と思ってただけに 閉鎖にはビックリした。
それにしても、その後の神戸駅周辺、どないなん?
この夏にも行ったけど・・・・・・ ちょっとさみしい感じやったなぁ。。。。


コンスタントにアクセスを集め続けてるグループといえば  なんといっても
明石焼き(玉子焼き) ネタ。 (明石焼き・玉子焼きネタ記事一覧は →こちら

明石焼きちょうちんやさん
(写真はこの夏の衝撃の出会い!明石の「明石焼きのちょうちん」を作るお店)

特に◆「【番外編】 東京で明石焼きゆうたらここで決まりやね!≪多幸兵衛≫上落合   玉子焼き(明石焼き)」 2007.9.16は相変わらずアクセス数の稼ぎ頭。
これも2年前のネタ。

そうそう、2年前、といえば、 私がちょうど築地に行き始めた頃よネ。
それからなんとなく 築地ネタが多くなっていって・・・・今に至る・・・・笑



それと、ナニゲにアクセスが多かったのは 
お好み焼き ≪ゆき≫ さんのネタ。
ゆき

◆「長田オフ ≪ゆき≫で定番ぼったこ、すじタコそばめし!」 2009,3,21付


・・・って感じで、結局食べ物ネタがメインかい!という結果に終わっておりますが
それもご愛敬でしょうか。(^◇^)


夏の神戸ネタは すでに季節が季節だけに 真夏の風情のものはちょっと無理かもしれないですけど
ボチボチ どこかで使えるといいなぁと思ってます。

これからもどうかごひいきに。


  ***

『築地あるき』 その後

前回お伝えした 『築地あるき』単行本化 ですが、 

(◆「祝【築地あるき】ついに単行本化!そして築地で先行販売開始!!!」2009,11,7付)

今日、たまたまちょっと築地に立ち寄ったので、墨田書房さんに伺ったところ、
「売れゆきいいね~~~!!」 と 伝票(スリップ)の束をバッサバッサと見せてくださいました!
あああ~~~あれが全部札束だったらすごい!なんてあほなこと考えながら。でもすごいよ!

全国発売は11月12日からです。興味をお持ちの方はお早めに!(マジで!)

『築地あるき』 の サイトは こちら→ 『築地あるき』


人気ブログランキングへ

ブログパーツ
スポンサーサイト


その他 | 22:27:56 | Trackback(0) | Comments(2)
≪ぎょうざ苑≫ついに関東進出!@横浜・27日まで!
緊急速報! 「ぎょうざ味噌だれ発祥の店」≪ぎょうざ苑≫さんが 関東初進出中~~!!!!ヽ(^o^)丿

最近、神戸で南京町を歩く時は 必ず行列チェックをする (行列なければ入るつもりだから)
≪ぎょうざ苑≫さん。

店主の方が書いておられるブログはチェックしてたのだが
昨日、ついに その日はやってきた!

≪元祖「ぎょうざ苑」店主の日記(職業・餃子屋)≫ そごう横浜店
 2009,4,22付

ということは、 当然 わたくしは  横浜へ GO!(●^o^●)

久しぶりの 横浜。
久しぶりの 横浜そごう。

開業当初(1985年)は 「東洋一広い売り場面積」 ってのがウリで、
確かに横浜駅から相当歩いてへとへとになりながらたどり着いても、 
いろいろな売り場をめぐりあるくのが楽しかったので すぐ元気をとりもどすのだった。
仕事帰りに、ずいぶん疲れを癒してもらったものです。

そのころは食料品売り場は力が入っていて 珍しい食材や出店が
他の百貨店とは一線を画する感じがしていたのだけれど
(もちろん、神戸店と同じくからくり時計があるのもうれしかったし。
なんか≪そごう≫って神戸のお店みたいに思ってるので うちわびいきしてることもあるかも、ね。。)

それにしても当時は広々していた通路も 今回久しぶりの訪問では なんだかたてこんでる感じ。
人が多いのか、通路だったところにもお店ができたのか。。。

とにかく ≪ぎょうざ苑≫さんにたどり着くまで 全く迷路
フロアマップにもイベントスペースのってないし、他にもイベントやってるし。
(今、横浜開港150年とかで 横浜は街じゅうが どうもイベント会場化してる様子)

ようやくたどり着いた私を迎えてくれた 神戸の香りのするのれん~~~(●^o^●)

餃子苑

「え~!ブログ見てきてくれはったんですか~~~!」


ええ、ええ、もちろん。
だって、ブログに・・・

「もちろん、ブログ見てきてくれはった人は 大サービスさせてもらいます!!!」


うへ~~~§^。^§
大サービス、大好き~~~!(●^o^●)

ということで、当然神戸のお店の話で盛り上がります。
若干人通りが少ない場所だったので いろいろお話をうかがっているうちに・・・
「三宝餃子、もってきてますよ!」 とのこと。

今回の商品は 私が未食の 「男の中の男のぎょうざ」 (にんにく・オイスターソースたっぷり)と
「大和撫子ぎょうざ」 (ネギ油スープ入り) だけかな、と思ってたので めっちゃ感激!

おおお! 三宝餃子!   (三宝餃子についての過去記事は→こちらね!

それ、くださ~~い!!!(^◇^)
ぎょうざ苑3

「ジャジャ味噌」 は 持ってきてはらんですよね~~~?  (ジャジャについての過去記事は→こちらね!

「味噌だれは持ってきてますよ~~!」 

あ!それもそれも!それも絶対~~~!!! 

・・・・・・といってる間に 保冷バックが パンパンに!!
しっかりおまけしてもらいました!
≪ぎょうざ苑≫さんのギョウザやからなんぼあっても食べれますから~~!
ゆうても ギョウザもたくさんのなると結構重いよ~~笑  うれしい悲鳴~~~~笑

ぎょうざ苑2

店長さん、関東初進出、おめでとうございます!
これから 関東にも じゃんじゃん来てください~~!!
それはそうと、神戸セレクションで また集まってやってくれるとええのになぁ。。。。 (神戸セレクション→過去記事です
あれは楽しかった。 もっともっと神戸売りこんで欲しいもんです!

神戸セレクト

家に帰って取り急ぎ 三宝を水餃子、大和撫子を焼き餃子で夕食に。

三宝

大和撫子

三宝、以前はクワイだったけどレンコンに変わって、少し具材が細かく切られているようだし
少し味も変わったみたいだけど、 やっぱりほっとする味。。。しみじみ。。。。
餃子といっても わたくしの大好きなのは ニンニク入りより ニラのみ入り。
≪ぎょうざ苑≫さんのニンニク抜きメニューはわたくしの味覚とベストマッチなのよね~~(●^o^●)

初の大和撫子。ネギ油がたっぷり入ってる、とのこと。確かにオイリーな感じ。
皮が相変わらずうまいね~!冷凍でも皮がもっちりしてるのがうれしい。

う~ん、でもやっぱりジャジャと、お店のふつーの餃子も出店メニューに入れてほしいなぁ!!

あ、ジャジャはもう入ってるのね! じゃぁ、ふつーの餃子が入る日も近い。。。か???
(≪ぎょうざ苑≫さんのふつーの餃子が好きで好きでたまらないのです・・・)

明日は味噌だれを開けて、挽肉と、ちょっとジャジャ風に作ってみようと思ってます!
ううう、ええよね~~~ ≪ぎょうざ苑≫さんの味噌だれ!!!
やっぱり餃子は味噌だれ、やね!!!

≪ぎょうざ苑≫ さんの ギョウザおよび味噌だれをゲットできるのは27日(来週月曜)まで!
関東周辺味噌だれファンはぜひ!
(味噌だれだけでも売ってるよ~~!でも、餃子が今回とてもお得だから、ぜひぜひお得ゲットしてね~~!)^o^()



→横浜そごうのインフォメーション
より  
◇期間限定◇食品イベントコーナー <開港5都市フェア>
■4月21日(火)~4月27日(月)
■地下2階 食品イベントコーナー(中央エスカレーター奥側)

長崎 杉永蒲鉾
長崎 角煮家こじま
神戸 元祖ぎょうざ苑
新潟 なかよしミート
新潟 新潟たけうち
函館 肴菜家しん

                               *****



ところで、 横浜まできたら やっぱり中華街よね~~(●^o^●)
ということで 今回は少しだけ中華街ネタをご披露。

わたくし、「みなとみらい線」 (→ウィキペディア) というのができて 今回が初乗車なのですが
こりゃ便利だね~~!
渋谷から中華街まで のりかえなし、 一本で行けちゃう!
便利になったとは聞いてましたが これほどとは…・ いや~、感動感動。

難点といえば、 今まで降りてたJRの「関内」と 新しい「横浜・中華街駅」が
中華街をはさんでちょうど真反対にあるということかな。
前に「関内」から中華街に突入した感覚でいると 北と南がひっくり返った感じで
迷子になる迷子になる。。。。

たぶん 神戸やと 山と海がひっくり返ったら 同じような感じになるんちゃうかな? 

ということで、今回の場所確認の起点になったのは やっぱり関帝廟。
関帝廟
神戸の関帝廟に比べると グっと グググッと 派手! そして でかい!

ぐるぐるっと回って 私が目を付けたのは
関帝廟からほど近く・・・ 中華鍋とせいろが店先にたくさん置いてある
≪青木商事≫さん。   横浜市中区山下町133 ℡045-681-5176    →Yahoo地図 
青木商事

なに買ったか?って????   もちろん、これですよ。

中華包丁

神戸≪菊秀≫、築地かっぱ橋道具街と 渡り歩いてきたけれど
今までで一番お手軽値段。 
そしてなにより お店の方に相談できる気軽さ、安心感。

買っちゃいました! 3300円!(右の方)(●^o^●)

お店の方に 「写真、撮ってもいいですか?」 と伺ったら
「どうぞどうぞ!」 と
なんと包丁をわざわざ箱から出して 写しやすく並べてくださいましたよ!

おおお。
思い出す!
この感覚・・・・

築地は 墨田書房さんだ!!!  (過去記事は→こちらをどうぞ)


一瞬にして 築地と横浜が重なったです。。。


こちら≪青木商事≫さん。
店頭のセイロも充実していて、そろそろ買い替え時のうちのセイロも
こちらでお願いしようかな、と思いました。

なんかさ、「あのお店に行こう!」 って思うのは 値段が安いだけじゃないよね~~~



ということで 今回緊急企画はとりあえずおしまいね。
また近々 今回の買い物成果を発表すると思われますので 
期待しないでお待ちください。。。

byあいかわらずの カメレポーターmidori でした。
(今回後回しにされてしまった浅草レポートは、ちゃんとお届する予定です!待っててね~~!)


人気ブログランキングへ←ここ。ここです。よろしくです(●^o^●)

ブログパーツ


街あるき | 22:18:11 | Trackback(0) | Comments(14)
長田オフ2≪餃子亭≫ と ホルスのパン@新長田
というわけで(というわけの詳細は→こちら) 次のお店は~~~
餃子亭

≪餃子亭≫ 神戸市長田区若松町1-8-10

で、こちらもゆかりさんの正調レポートへどうぞ~~~。
もう、わたくし、ほとんど、というか全然くらい覚えてません~~~
写真だけね~~~~。(^O^)/
とにかく、ゆかりちゃんが気になってた店らしい。
お品書き
見た目なかなかすっきりこざっぱり系の店内にこのお品書き。
経木に書いてあってなかなか味わい深いですなぁ。。。
それにしても豚足、やっす~~~~!!(この時点で豚足だけはチェック!)
おしんこ
ね、なんか机もええ感じの木目がはしってるでしょ~~??(^O^)/(たぶんこれはお通しのおしんこ???)
味噌だれ
神戸で餃子、ゆうたらわたくし的に「味噌だれ」を研究するのは当たり前~~~!!!

・・・のはず、なんですが・・・・

完全にお仕事忘れてます~~~!!!(+o+)
味は。。。どんなやったかなぁ。。。普通?????(゜o゜)

水餃子?
たぶんこれ、水餃子やと思うねんけど・・・・汗
普通の?
これ、たぶん、ふつうの焼き餃子?・・・・大汗
にんにくぎょうざ!
これは「おおお!これがニンニクかぁ!!!」って食べたとおもう、にんにく餃子!
・・・のはず・・・と思ってゆかりさんちによってみると・・・全然違った!ぼっかけ餃子やて!

もぉ、ここらへんですっかりめちゃくちゃになってたmidoriです。
もうあかん、こらたいへんや~~~とたぶん隣におった娘は心の中で泣いていたに違いない。。。

と、ここで救世主。
豚足!
入店時にチェックしてた豚足です。350円。
おおお、豚足ちゃん!
確かこちらのお店は「ちょっと変わった餃子があるらしい。。。」ということで来たはずなんですが、
まさか、豚足まであるとは!
ええ店やないですかぁ!!(●^o^●)

さらに ハートわしづかみのこちらが!
IMG_2487 - コピー
あ、間違えた。
こちらが!
らうめん
ラーメン。550円。

こちらのらうめんさんのお顔を拝見した瞬間!
わたくしの心は激しく波打ち、箸をとる手ももつれ、
ラーメンどんぶりをまさに抱えようとしている娘を押しのけ、
どんぶりに突進してその白く細やかなやなぎごしのモヤシを
「ぬををををっ!」と つまみあげて ひとくち。

う~~~ん!このもやし、最高っ!!!

このシチュエーションはかの「ぎょうざの≪大学≫」さんで味わった、あの感動。
→過去記事「live in kobe④ 南京町!」 2007.5.4
この過去記事ではあまり書いてませんが、≪大学≫さんのラーメンは 私、ツボなんですわ。
細いストレート麺、鶏がらメインの塩味スープ(これが私が昔から食べてた神戸のラーメンのイメージそのまんまの味です)、そしてこれぞ関西!という感じの「細くてしゃきっとしたもやし!」のトッピング!
もやし!
こちら≪餃子亭≫さんのラーメン、しょう油っぽい感じですが、(味は覚えてないからね~~)
ベースはたぶん鶏です!トリだけじゃないかもしれないけど!
≪大学≫のラーメン
おおお! あまり感動したんで、≪大学≫さんで撮った写真を蔵から掘り出してきました~~!
並べてみてやっぱり似てると思うよ~~~! 双子?)^o^(
(実はひそかに狙ってる餃子屋さんのラーメンが≪淡水軒≫さんのラーメン。ここのも細麺で細モヤシ系のように見えたんだけど、どうだろう?≪淡水軒≫さんはチャーシューに≪新生公司≫さんのを使っているという情報も聞き捨てならないし。。。笑)

餃子屋さんのラーメンがうまい街神戸!
ええ街やぁ~~~!!!(●^o^●)

今回、≪餃子亭≫さんでは記憶がほとんどないし、
でも、それほど奇抜な餃子を食べたようでもないし(写真で確認するが。。。)
やっぱりもう一度ラーメンと変わった餃子を食べに行かなあかんなぁ!!!(^O^)/


めちゃめちゃ楽しい長田オフでした。
素敵な夜をプレゼントしてくださったゆかりさん!
本当にありがとうございました!!!

これに懲りず、またオフ会よろしくお願いしますね~~~!!!ヽ(^o^)丿

きょうのおまけ

ゆかりちゃんにいただいた ≪ホルス≫のパン!
ホルスのパン!

東京ではふつ~においしいパンがなかなか食べられへん~~という私の嘆きに
「こういうとこありますよ~~」とゆかりちゃんが教えてくれていたお店
今回、集合場所が「新長田」やったんで、時間早めに行ってどっちかのお店に寄ろう、
と思ってたんですが、時間ぎりぎりやったんでちょっと残念~~~~・・・・

と思ってたら ゆかりちゃんが私にプレゼントしてくれたんですぅ~~~!!
もう~~~!ゆかりちゃん、何で私の心がわかったの~~~!??(●^o^●)

次の朝、トーストしていただいた≪ホルス≫さんのゴマパンは
まさに神戸で食べてたパン。 ふつ~に美味しい!ほんまにおいしい!!
皮は香ばしく、中はふうわり、甘みより塩気が勝ったシンプルな味のパン。
手で裂いた時の感じが「コーベ」なんよね~~§^。^§

ゆかりちゃん、ほんまにありがとぉございました!

≪HORUS(ホルス)≫ 神戸市長田区腕塚町5-3-1 106
        →紹介サイト
        →食べログ


今日も人気ブログランキングのほう、よろしくおねがいいたします~!(●^o^●)

ブログパーツ

オフ会 | 00:00:50 | Trackback(1) | Comments(6)
浪花ひとくち餃子 餃々 (チャオチャオ)築地店 【東京で神戸の味シリーズ】餃子味噌ダレ編

最近 かのかた が ≪丸玉食堂≫ やら ≪赤萬≫ やらの記事を
連ちゃんでアップされていて、もう、そそるそそる・・・・
コーベの中華、 食べたいよぉ~~~~

で、その かのかた が行かれた 某餃子チェーン店
味噌ダレやゆうし。
築地にも店あるゆうし。


浪花の餃子やということですが そんなんこの際 もうどーでもよく。

行ってきました。 味噌ダレ求めて 築地に ぎょうざ食べに!
チャオチャオ築地店

チャオチャオ築地店
東京都中央区築地2-10-7    ℡03-3541-0244  
月~金 11:30~26:30  土、日、祝  16:00~24:30  →チャオチャオ築地店HP(クーポン有)

お店があるのは 築地本願寺のちょっと北。
昭和な感じのお店が残っている一角。

周りの建物、ちょっとええ感じでしょう?
アカ(銅)の屋根、壁。 そそられます(*^_^*)
チャオチャオの反対の側には 美味しいパンの≪木村家パティスリーショップ≫さんがあります。
木村家パティスリーショップHP   これが明治の築地あんパンオールスターズに詳し~い!
築地三丁目交差点


チャオチャオ、でっかい餃子が壁についてて ちょっと道頓堀のカニみたいですなぁ(苦笑
道頓堀?

この日はラッキー雨の日サービスデー!
ランチ!

餃子がプラス1個。  すごいサービスやんね!
サービス!

実は 食後に気がついたんですけどね! (笑

ランチメニュ。
menyu


チャオチャオの味噌ダレ

これよこれこれ。
これを食べに来たんやで~!

味噌ダレ。
味噌を自分で調合するんじゃなく 出来上がってる状態で置いてあります。
(右奥のはトウガラシの練ってあるやつ。これは味噌ではない! ちょっと舐めたら超辛かった(+_+)

まぁ、ええか。

味は・・・・・

う!旨いっ!
甘さ抑えめ。 味、濃い~~~~! でも、課長の味が猛烈なわけじゃなく…
そして程良いピリ辛。 酸味も程良い。 とっても私好み~~~!

ちなみに、お店の人がお客さん一人一人にタレの説明してましたが
味噌ダレの方が若干甘め。。。とか・・・
いやいや、ここの味噌ダレやったら甘くないほうやって。
 
醤油っぽいタレの方はポン酢しょうゆみたいなマイルドさでしたな。
これもなかなかイケてます。

やってきました。 餃子~~~!
ランチ!

奥が こちらのおススメ、浪花の一口サイズ餃子。 雨の日サービスプラス一個で9個。
羽根がついてる~~~!
パリパリ~~~~!
このパリパリ感、視覚的にも めっちゃ美味しそうに見えます! ええですねぇ!!!

手前、大きい方の餃子はエビ餃子。 雨の日サービスプラス一個で 6個。

味噌ダレにつけますっ!
misodare

味噌ダレ、ウマ~~~~!ヽ(^o^)丿★☆
中のあんも、キャベツのみじん切りがたっぷりで 甘い~~!
肉も嫌みのない味だし、いいですね~!
食べやすい、というか、ぺろっと食べてしまえます。

包み方が両開きというか、棒餃子っぽい形してるけど
あんがしっかりしてるんで崩れません。

餃子はニンニク入りを頼んだけど、 そんなニンニクっぽくないなぁ。
この味噌ダレやったら 私はもっとニンニクかニラが入ってるほうが ええけどなぁ。
ちゅうか、もっとニンニクたくさん入ってたら 完全にビールが欲しくなりますね。


東京は築地で 美味しい味噌ダレと 嬉しい再会!
ゆかりさん!情報ありがとうございました~!!!m(__)m

※しかし、まわりに寿司屋がひしめく一角で ここに餃子屋は異色。
 レトロ感あふれるこの一角だからこそ その存在が光ってくるのか。
 ランチ時にはサラリーマンでいっぱいになってました。ビール片手の人もいたし。
 大阪が本店らしいけど、 味噌ダレが美味しかったので 餃子の味噌ダレ、合格! ヽ(^o^)丿
人気ブログランキングへ

ブログパーツ


東西味違い | 23:13:22 | Trackback(1) | Comments(18)
≪淡水軒≫ 神戸の餃子のタレは味噌ダレか?お店探訪⑥
「築地土曜会」 最終回はちょっと準備に手間取っているので
久し振りの 【餃子味噌ダレ】 シリーズ。

≪ぎょうざ苑≫さん (2008.1.26) の時に ≪terzo≫のaglio!さんが
「ビールには『淡水軒』が一番のお気に入り」 とご紹介くださった、≪淡水軒≫さん。
(aglio!さんブログ「元町西口高架下『淡水軒』で餃子とか」2007.12.3付)

≪淡水軒≫ →HP
       神戸市中央区元町高架通り2番138号
       ℡/fax 078-321-1546

何度もこのお店の前 通ってるんやけど…
モトコー と呼ばれる 元町高架下。  →元町高架下商店街(ウィキペディア)
その1番地、元町駅西口方面からの モトコー入り口のところに ≪淡水軒≫さんはあります。

モトコー一番地入口淡水軒

ここら辺の こういう感じのお店は ≪赤萬≫さんも、そうやったし、
こちらのお近くで 超有名な≪丸玉食堂≫さんも 
「まぁ、 ビールいこか」 ゆう 勢いというか、 雰囲気というか、
そういうのがないと 入られん。 ということで、 
「気にはなるけど 入りづらくて 後ろ髪ひかれつつ素通り」 と相成ります。 

東側入口

私も もうちょっと若かったらなぁ。
もう20年も若いころやったら 勢いで入ってたけどな…
それにしても、 こちらもノレンや看板が赤いなぁ・・・(笑

メニュー

メニューはこんな感じ。

赤いノレンをくぐって、店内へ。 キッチンを取り囲むようなカウンターのみのお店。
「一つ席、詰めたってくれる?」 とお店の方が声をかけてくださって
空いた隅っこに座らせていただきました。
(ちなみに、 出入り口は南北、東と3か所ありました。私が入ったんは東の入口)

店内大変手狭につき 写真控えました。
(餃子の中身のアップは 持ち帰りしたものを家で撮影)

お客さんの注文、餃子だけやなく、ラーメン、チャーシューまんべんなく、な感じでした。
ラーメンはストレートの細めん、ちょっと醤油っぽい色やけどそそられる絵面でした。
(ちなみにチャーシューは新生公司の叉焼を使っているとのネット情報有)

平日のセットメニューは 
焼き餃子7個+水餃子4個 + (ビールかラーメンどちらか) で1000円。
これは平日に来るべきやなぁ! そう思いながら待っていると 

まずは タレが やってきました。
味噌ダレは お店の人が ソース入れみたいなので
注~~~っ! と お皿に入れて渡してくれる。
左が味噌ダレ。 (右は水餃子用のタレ)

餃子を食べる前に 味噌ダレ試食。

淡水軒タレ

おおお!
すごい ウマ味・・・・   私、ちょっと苦手系かも・・・
ニンニクはそれほど感じない。
唐辛子も味噌も 辛すぎず。
とにかく ウマ味、ちょっと強いです。

焼き餃子。  6個300円。

焼き餃子1



焼き餃子2

仕上がり、お見事ッ!! コンガリ、パリッとした皮。 そうそう、餃子はこれでしょう。
割ってみると・・・
具はオーソドックスなキャベツとお肉。
他に入ってるのかもしれないけど、 キャベツの大きさが 私には最適。
キャベツの甘い味がしっかり味わえて、 しかも

ニンニクが強烈!

淡水軒焼き餃子

このニンニク強烈餃子、 先ほどの 私的には???の味噌ダレにつけると・・・
なんとなんと。 まぁ、
「ビール、 飲まんの? え? 飲みたいやろ??? ホレホレホレッ!!」
と言わんばかりのお味に!!!!!

そうですね。 今まで食べた餃子と比較するとしたら
≪赤萬≫さんの焼き餃子の具を もう少し 肉っぽい感じ、とでもいいましょうか。


さて。 お次は 水餃子。 8個550円。

水餃子1



水餃子2

おっと! ボリュームあります!
水餃子にも 専用のタレを 注~~~っ!とお皿に入れてくれましたが
これは マイルドな酢醤油、という感じ。

水餃子、 割ってみると・・・・
おおおおおっ!!!!!

淡水軒水餃子



肉がみっちり。 そして、 何か 肉、海老以外の コツコツ硬い箸ざわり。
食べてみると…・
しゃきしゃきした歯触り。 ひょっとしてクワイかしらん?
(どこにもそうは書かれていないので 本当はどうなんだろう?わかりません)

水餃子の方は、にんにくを感じません。
入ってるのかもしれないけど、 肉や他の具材の素朴な味わいがちゃんと楽しめます。
たっぷりな餡の量も嬉しい。

私的に 水餃子、 かなり好みだなぁ!!!
あの≪ぎょうざ苑≫さんの『三宝餃子』を思わせる満足感。
あっちは高級バージョンですが、こちらもなかなか負けてませんで~!というかんじ。


ビール飲むなら焼き餃子、 餃子の味を楽しむなら水餃子。
一軒のお店で見事に使い分けできそうです。
ラーメンも美味しそうだしね。 (こっちも一度食べてみなくちゃね)


駅から近いし、ちょっと時間ができたときに立ち寄るには 最適かも。
持ち帰りもすぐ対応してくれるみたいだし。
ちょっと 元町寄った帰りに お持ち帰り~ というのもできるなぁ!
いいお店、教えてもらいました。 ありがとうございました。

ごちそうさまでした~!


人気ブログランキングへ

ブログパーツ


街あるき | 00:33:51 | Trackback(1) | Comments(4)
≪元祖 ぎょうざ苑≫ その2 神戸の餃子のタレは味噌ダレか?お店探訪⑤

前回、偶然入れた≪元祖 ぎょうざ苑≫さん。
それから 前を通るたびにチェックは欠かさないんだけれど、 人が並んでいないところを見たことがない。

ぎょうざ苑


残念~~~!と思っていたら
ある日、見なれない看板を見つけた。

ぎょうざ苑怪しい看板発見!



「お持ち帰りは 店内へどうぞ」


お店は休憩時間中。
あと1時間弱も待てば夕方の開店時間になろうか、という午後4時15分。


「お持ち帰りは 店内へどうぞ」


この看板 どういう意味 ??

しばらく店の前で腕組みして考える。

「三宝餃子」ってなんだろう?
それに、 休憩時間でも 持ち帰りの対応ができる、ということなんだろうか?
もしかすると開店時しかダメなのかもしれない。
でも、開店ももうすぐだし、もしかすると店内に準備のために人がいるかもしれない。
それなら 少なくとも どういうことなのか説明はしてくれるだろう。

今までの気の弱い私なら さっさと諦めて開店時に聞くのが精いっぱい。
でも ブログ始めて以来の私は ブログのためなら ちょっと頑張れるようになったんです!

思いきって でも 恐る恐る店内へ。

ちょうど中から若い男女が出てきました。
そして、店員さんらしい人も一緒に。
お知り合いが開店前に訪れていたようです。
ラッキー! 一気にチャンス到来!

「持ち帰り、できますか?」 と 聞いた私に店員さんが
「あ、お持ち帰りは三宝餃子だけですけど、いいですか? ちょっとお待ちくださいね!」 
と丁寧に商品の説明や通販でも買えるということなども教えてくれました。それによると…

「三宝餃子」という通信販売用の特別ゴージャスな餃子が、 最近、「神戸セレクション」というのに選定されたということのようです。
「神戸セレクション」という名前、最近神戸を歩いていて目にする機会があったので
気にはなっていたのですが、こんな形で遭遇するとは。

「神戸セレクション」のサイトから 『神戸セレクションとは』 の抜粋。

『神戸は昔から世界に門戸を開いてきただけでなく、 上質な商品を確かな目で見出し、神戸らしいエッセンスを加え、 多くの人々に受け入れられる文化を創り上げてきた独自の感性を持つ街です。 神戸セレクションでは、出展希望者を公募し、 その中から神戸らしいお洒落な商品を選定し、 オンライン展示・販売会(楽天市場)とオフライン展示・販売会(大丸神戸店)を行い、 新しい神戸ブランドを創生しようという試みです。』

結構すごいことじゃないの?これは。
≪ぎょうざ苑≫さんの3代目のブログ≪ぎょうざ屋さんの独り言≫ 「神戸セレクション」(2007.11.24付) にも登録までの過程などが書かれてありました。




値段的には普段の餃子と比べるとかなりお高くなるんだけど、 
なんだか試してみたいでしょ?
前回食べて その良心的な味がとても気に入った≪ぎょうざ苑≫さんの商品だし。
ましてや お祝い用に使われる餃子なら 目出度い年末年始、試すのにちょうどいいじゃないですか。

15個入り一箱、1260円をお願いしました。

一箱なのに、なんとなんと、りっぱな専用保冷バックに入れてくれるんですよ!

光っております。

これ、本当は4箱位はいるらしいんですけどね。
一箱入れるだけだとブカブカでしたけど、
「これに入れるのが決まりですから」。

これが三宝餃子だ! って、 まだ袋に入ってますけど。
これがこだわりの「三宝餃子」だ!


説明書き。
これが説明書だ!


残念ながら画像はありませんが、(すみません、食べるのに夢中で。。。)
これを自分で焼いて食べました。
先日食べた≪ぎょうざ苑≫さんの餃子らしい味でした。

具はお店で食べたのとはかなり違っていて、 くわいのシャリシャリした歯触りと
海老のプリプリ感がとてもゴージャスでしたが、
味は素朴というか、家庭の手作りの味というか、安心できる味というか。
先日の餃子に通じるものがあります
手作りのおごちそう餃子 というかんじで、私は気に入りました。

15個1260円、普通の餃子だと7個420円、14個だと840円なので
普通の餃子の1.5倍位の値段ということになるのですが、素材を考えればそれくらいにはなるんだろうなぁ。
ただ、通販だと送料がかかるので、5000円以上の送料無料を狙うか、神戸にいる時に買うか、というのがいいかなぁ。

通販はこの「三宝餃子」だけなのですが、本当は普通の餃子も通販してくれるとすごくうれしい。
でも、通販始めると味が変わる、という心配もあるので
できればあの美味しい餃子の味が変わらないように頑張ってほしいと思います。

お店には いつも人が並んでるんで、 何時入れるかわからないからね~~ (T_T)



******関東地区の方に めっちゃタイムリーなニュース!******

神戸セレクションのオフライン展示・販売会Ⅱ が近々開催されます!
2008年2月6日(水)~14日(木) 小田急新宿店 → 神戸セレクション/タイムスケジュール

「三宝餃子」 お持ち帰りのチャンスですぜ、おくさん!

もちろんぎょうざ苑さんの「三宝餃子」も楽しみですが、他にもいろいろ楽しみな商品が!
私はマッチも気になる~~~! →ナカムラマッチ HP 

→人気ブログランキングへ

ブログパーツ



街あるき | 15:10:28 | Trackback(1) | Comments(2)
≪元祖 ぎょうざ苑≫ その1 神戸の餃子のタレは味噌ダレか?お店探訪④

お久しぶりに餃子ネタです。
今回は≪元祖 ぎょうざ苑≫さんです。 
こちら、実は ぎょうざの味噌ダレ発祥のお店として紹介されることが多いお店です!(→HP)
ネタ的にはだいぶ古くなってしまいました。 最初の方(その1)は去年の9月下旬。
後の方(次回掲載予定)は12月の情報です。

お勧めくださったのは、 楽しい飲み屋ブログの ゆかりさん〔ニキニキ日記〕  【元祖 ぎょうざ苑】
明快な味のコメントにいつも納得、のさいとうさん〔グルメ紀行ブログ〕も取り上げられておられます。
【元祖ぎょうざ苑】

南京町です。
南京町に そんなお店、あったかいな?  というか、南京町は 食材買うのがメインで、
食べ物屋さんあまり知らん私。
どこにあるんやろう?そんなお店~~~ 

場所の検索もせず、  しかも ≪ぎょうざ苑≫ さんに 行くとも決めず、
何とはなしに ぼえ~~~っと 南京町歩いてたら ふと目にとまった看板。
≪ぎょうざ苑≫  !!!  ここかぁ!!!   

ぎょうざ苑

なんと、もろ、 南京町のど真ん中。 
いつも行列があると聞いてるのに、こんなにしょっちゅう通るところで、
今まで気がつかなかったのが本当に不思議。 
店閉まってました。  定休日だったのかな。
まぁ、明日でも また来よかな。 そんな軽いノリで その日は家に帰りました。

次の日。またたまたま元町へ。 それなら昨日の≪ぎょうざ苑≫に行ってみようか、と 南京町に向かう。
いつもは長~い行列の ≪老祥記≫ さんにも 並ぶ人もいない 平日午前11時すぎの南京町。
これなら どこのお店でも さすがに空いとるでしょう! の 時間帯。
≪老祥記≫ さんの先を 右に曲がったところが 昨日チェック済みの ≪ぎょうざ苑≫さんです。
やっぱり まだ人は並んでない。 というか、 何時に開店するのかな?
(昨日、それすら見てない。 店の前の看板見ると 11:45開店と書いてある)
「今日はお休みとちゃうやろうなぁ? 開店するまで ちょっとまわりうろうろしてこようかな~」
そんなことを考えながら 入口の前に立って、外に出てる看板やら張り紙やらを チェックしてました。
そしたら 人が近づいてきた。
それで、 私の横に さりげな~く 並んでる。

おお。 これは、もしかして 開店前の行列か? 
ここを離れたら あかん。 このまま並んでよう!  直観的にそう思いました。

あたかも 最初から並ぶつもりやったような顔して そのまま並びます。当然私、一番でしょ?ネ?それでいいのよね?  (ちょうど 開店20分ほど前でしたね)
次から次から 人がくる来る。 どんどん行列が長くなる!
あっという間に20人超える行列になってました。

外の看板並びながら 外の看板見て 何食べたらええんやろう、と考えてた。
隣のご夫婦が「今日はどうする?ジャジャ麺と餃子にする?ランチでええよね?」
 などとメニューの相談をされてる。
私もお話に加えていただく。 (以下、青字=ご夫婦、茶色字=私)



こちらはランチがええんですか?
 ランチやとご飯と大きいスープ付くから、 それとジャジャ麺頼むんや。
ジャジャ麺、美味しいんですか? 看板にも出てますけど。
 ジャジャ麺、美味しいよ。 いつも餃子とジャジャ麺は食べるねん。
私はジャジャ麺と餃子にしようかな? 
 それもええんちゃう? ランチのスープも美味しいよ。 ランチやとお腹いっぱいになるよ。
何時もここは こんなに並ぶんですか? 
 そうやね、 ここはいっつも人がならんでるね~。
人が並んでるの、初めて気がつきましたよ。
 ここは 並んどかなあかんねん。 後ろの方やと店狭いから いっぺんでは入りきらへんからね。 

お隣さんが人のよさそうなご夫婦で 話が弾んで、よかった。
そうやって話してる間にも どんどん列が延びていく。

お店に入る。 
想像してたより ず~っと広い。 テーブルが8個以上? カウンターもある? 奥の方に入る。
お店の人、テキパキお水とおしぼり持ってきてくれる。 
焼き餃子と水餃子、 ジャジャ麺を頼む。

ぎょうざ苑メニュ



これが ≪ぎょうざ苑≫さんの 味噌 ですな。
味噌です。


味噌です。


ニンニクは入ってなさそうな味です。
味噌とトウガラシ。 結構ピリ辛な感じ。
味噌の味が濃厚で(しょっぱくて)旨みを感じるというよりは まず辛味、ピリ辛味を感じます。
今まで体験してきた、一舐めで「いろいろ入っていそう」と思わせるような味噌ダレとは一線を画する感じです。
素朴、とでも表現すればいいのかな。

焼き餃子。 
焼き餃子すごいパリパリした しっかり目の皮。 中を割ります! 
肉の量、多いですね~。
写真でも見えるでしょうか? 
食べると しっかり肉の味がします。
あんが、今まで行ったお店にはない しっかりした肉の食感食味です。
でも、味はシンプル。というか、素材の味がしっかりわかるようにつくられている感じです。
家庭の味、とでも言えばいいのかしら。
味噌ダレ、結構ピリ辛だったけど、そのままどっぷりつけて食べるとまたいい。
油と味噌も合うし、肉と味噌も合うんだよね。
ただ、肉の味がよいので、一部のみどっぷりづけ、そのあとチビチビづけで食べました。

今までの 「にんにく系+味噌」 という旨さとは 違う美味しさ。

 


焼き餃子 中身!
水餃子
水餃子。
こっちも  肉がたっぷりです。
水餃子はさらに肉のうまみがよくわかります。
皮もぷるんとして美味しいねぇ。
好きだなぁ。こういう餃子。
ここのしっかり餃子の皮だと、水餃子の方がむしろ美味しいかもしれない。
ただし、水餃子にはやっぱり酢醤油がよいですね。
酢たっぷりの醤油チョット、というかんじで頂きましたよ。

水餃子!


ぎょうざ、全体にニンニク入ってない感じです。
お店もそれをうたっていますね。
ニンニクを入れない餃子といえば、うちと同じです。
HPを見ると、ぎょうざ苑の歴史 というところから引用すると、
『「元祖 ぎょうざ苑」は、昭和26(1951)年に創業。初代・頃末芳夫は、昭和初期に岡山県から中国満州に移住し日本食レストランを営んでいました。帰国後、現地で食べた「餃子」と「ジャジャ麺」の味が忘れられず、日本でもこの美味しい料理を紹介したいという気持ちから、ここ神戸に店を構えました。』

いやぁ、奇遇ですね!
ウチの母方のばあちゃんも満州にいた人なんですよ。
ウチの餃子、母の餃子から白菜を抜いた形で作ってるんですが、ニンニク使わない餃子なんですね。
母の餃子が満州の祖母仕込みなのかは今や確認できないのですが、そうなんじゃないかしら?と想像する。
ニンニク使う餃子はそれはそれで好きだし美味しいけど、うちの餃子にはニンニクは使わない。
ニンニク使ったぎょうざは外ぎょうざ、 うちで食べるウチ餃子はニンニクなし。
ウチでは別物扱いなんです。 そういう意味では ここ≪ぎょうざ苑≫さんの餃子は
ウチ餃子です。

なんだか 親戚のおばちゃんが餃子屋さんやってる気分です。(*^_^*)


ジャジャ麺。
ジャジャ麺じゃ!



そして、餃子よりも感動が大きかったのがこのジャジャ麺。
ぶっといウドンに肉みそがかかって出てきたのには相当びっくりしましたが
(私はてっきり中華麺に肉みそがけかと思っていたので)
肉みそをまず舐めて さらにびっくり。
旨いのなんのって!

これ、御飯に載せて食べたいよ!

ウドンにこの肉みそをからめて食べる。 もう、たまらん旨さです!
肉の旨みとピリ辛味噌が濃密に絡み合い混ざりあった肉みそ。
これ、売ってくれへんのかなぁ!!!とまじめにそう思いました。
(後でメニュを確認したら、ジャジャ飯というのがあった。これが肉みそご飯がけかな?
 やっぱり御飯にかけて食べたい人、いるんだね!!次回はこれ、絶対頼む!)

味、全体に素朴でホッとする感じ。
ニンニクやアミノ酸のインパクトの強い味を求めるなら ちょっと物足りないかもしれないけど、
私には最高に美味しい餃子とジャジャ麺でした。


これ以降、南京町を歩くたびに一応≪ぎょうざ苑≫チェック!するのですが、
確かに人が並んでいない時がない。 それも2~3人ぐらいじゃなくて、ずらっと列になってるので
まぁ、残念だけどあきらめるしかないんです。


と思っていたら、 なんと、 奥の手があったのだ!

それは次回!

→人気ブログランキング


アクセスランキング
ブログパーツ



街あるき | 14:10:43 | Trackback(0) | Comments(16)
再訪!≪赤萬≫神戸の餃子のタレは味噌ダレか?お店探訪③

 赤萬さんで餃子の味噌ダレ初体験! 
(詳しくは≪赤萬≫餃子のたれは味噌ダレか?お店探訪シリーズ第1弾 をご覧くださいまし)


 ドキドキしたなぁ。
なんちゅうても、「神戸は味噌ダレなんです~!」ゆう いまどきの神戸人感覚?
何やのそれ。 どういう味なん、それ。 めっちゃ気になるやん! 私も神戸人顔したいやん!! という思いと、
 味噌ダレ出してる、ゆう『餃子専門店』なるものに一度も足を踏み入れたことないしー。
ちょっと おっかなそうやん? ゆう思いとが交錯して。
 たかがブログ、されどブログ。
きっと、ブログなんかやってへんかったら、そごうや大丸あたりのデパ地下の味噌ダレ餃子の売店で買ってお茶濁す位やったろうなぁ。
ほんで、友達と話してて
「ああ、神戸で餃子の味噌ダレね。食べたこと、あるある。最近流行ってるみたいやで、いっぺん食べてみ?」 言うたりしてるんや。きっと。


 最初に≪赤萬≫さんに行ったのは、正直、店頭に『お持ち帰り』のコーナーがあったからです。
「あ!ラッキー!餃子の味噌ダレ、店に入らんでも食べられるやん!」 と。
裏にある ≪ひょうたん≫ さん共々、あの赤い赤いあか~~~~い店の看板やらのれんやら、間口のせま~い感じやら、カウンターでおっちゃんがビール! ゆう感じやら。
そんなお店に一人で足踏み入れるなんて度胸、やっぱりないもんなぁ。

 これが東京やったら 結構平気かも知れん。
寿司屋でも天ぷら屋でもおでん屋でも、東京のこういう感じのお店やったら、かえって全然平気かも知れん。 

 なんか最近、こういう風に感じた瞬間、すっかり私も関東人になり下がってしまったなぁと、ほんまに気落ちするねん。
神戸人としての気ぃのハリ、ちゅうの? どこでも気後れせん気分、ゆうの? なんか、もう無いようになってしもたんちゃうかな、って。


あ。また長ごなるな。前ふり、そろそろやめよな。(笑




 さて。餃子の味噌ダレ。
晴れて≪赤萬≫さんで体験させていただきました。
それで、いきなり、直球ストライク。すっかりハマりました。
もともと好奇心旺盛尻軽な神戸っ子気質バリバリなんで、新しもん好きはしゃぁないんやけど、私のばあい、気に入った食べ物は延々と飽きるまで食べる、ゆう特徴がある。(とおもう。最近特に…)
餃子の味噌ダレ。 ホンマに美味しいんやぁ~~~!
今や、家で餃子を作る時にも、毎回自家製味噌ダレを作って食べています。
そういえばここ何ヶ月か、味噌ダレ以外で餃子を食べた記憶がない。
そう。 餃子、と言えば、 味噌ダレ! なんですよ。  今や、我が家はっ!!!!


 ところでねぇ。
最初の≪赤萬≫さんのお持ち帰り餃子以来、度胸がついて、ちょっとは神戸人のアイデンティティを取り戻した私は、それ以降餃子専門店にはちゃんとお店に入って実食することができるようになりました。(次の時は一人やなかったんも大きいけどね)
それで、気になってきたんですよ。
≪赤萬≫さんの お店の味噌、 どんなんやったんやろ、って。


≪赤萬≫さんのお持ち帰り用の味噌ダレって、味噌とそれ以外の調味料を混ぜて、すぐに餃子つけて食べられるタレにした状態やったんです。
そやから『味噌』の状態を知らんかったわけですよ。

 次に行ったお店で、味噌ダレ用の味噌が『味噌』の状態で置いてあるんをみて、正直、「しまった!!」と思いました。
味噌ダレになった状態からでは 『味噌』 の状態は、想像がつかん。
『味噌』 を自分の好きなように他の調味料加えて作るんが味噌ダレ。
≪赤萬≫さんの『味噌』って、 どんなんや?


 今度こそ≪赤萬≫さんに入って、味噌を直接この目でみて、味わってみたい!
そういう思いをずっと持ってたわけです。  (ごめん、ここまでが前ふりやった。。。。長かった。。。。)




今回 思いがけず そのチャンスが訪れました。


≪赤萬≫さんに一番気兼ねなく入れる時間。たぶん、3時過ぎから5時前まで。
元町駅周辺におる今、ちょうどその時間。
≪赤萬≫さんへ、突撃っ!!!!


赤萬



行ったよ。
ドア越しにチラッと見る。
テーブル席が2つほど 空いてるみたい。
カウンターは 程々に 人が埋まってる。
最初やから カウンターやなくてテーブルに座るのが無難やから、ちょうどええ混み具合、ゆうかんじ。
よ~し。 GO!!


「何人ですか?」 敷居またいだ瞬間に厨房のおにぃさん(お。さわやか!)が声をかけてくれる。
「二人」と言いながら指を二本たてる。
「テーブルどうぞ」  作戦通り! 滑り出し絶好調。ええ感じ!
店入った瞬間に 香ばしく餃子の焼ける匂い、というよりも、圧倒的に食欲をそそる
にんにくの匂いでムワッと包まれ、急激にお腹が空いてくる!
あああ!餃子、食べたい!!!
ビール、飲みたい!!!!!


 テーブルに座ると、『土日祭日はお1人二人前からお願いします』 などの張り紙。
「これですか?」 と聞くと
「今日はいいですよ~。これは休みの日だけね」 なるほど。書いてある通りなんだ。
2人で3人前とお持ち帰りを頼む。


 前回、一人で2人前は軽いな、と思ったんやけど、今日は晩御飯の前のオヤツ代わりなんで、おなかいっぱいになるわけにもいかんし。
ちょっとさみしかったけど、お持ち帰りも頼んで帰ればええか、と。


 ちょうど他のお客さんも 頼んだばっかりやったみたいで、しばらく待つ。
店の中は、外から想像してたのと全然ちがって、すっきりしてる。 むしろ、きれいやん。
お客さんもいろんな人がいるようやけど、呑んだくれて絡みそうな感じの人はおらんかった。
もっとも、時間が早かったからもあるやろうけどね。
なんや~、ず~っと外から見てビビッてて、損した。もっと早ぅに入ってたらよかった。そう思った。


これが赤萬の味噌だっ!
テーブルの上には味噌とラー油のつぼ。
それにしょうゆ、酢。


味噌。

 これかぁ! なるほど、他のブログやらで 『白味噌ベース』 って書いてあったけど、納得です。
色、白い! お持ち帰り用につけてくれる調合済みの味噌ダレは、色が結構茶色かったんと、甘くなかったしで 『白味噌ベース』 のイメージが湧かんかった。
そうかぁ。白かぁ!


味噌のみ、実食!


をををををっ!!!!!!!!
これが赤萬さんの味噌かっ!


 色は白いが、普通、白味噌に感じる甘さ(白味噌はたいてい砂糖足してるからね)は感じない。
まず最初に感じるのは 強烈な、強烈な、にんにくの香りと味!
とにかく、にんにくが強烈なのだ!
そして、強いうま味と、ピリ辛。


前回、赤萬さんの餃子を食べた時、強烈ににんにくを感じて、それが私には すごく美味しかった!
そのにんにくは、この味噌に入ってたんか!?


さて。        ラー油。トウガラシが下の方に沈んでる。。。

 次に、これまた個性的なラー油。
ピリッとしたラー油は、唐辛子をつぶした破片が底の方にたっぷり沈んでいて、すっごい美味しそう。
こちらにはそれほどにんにくは感じない。
というか、味噌のにんにくが強烈で、既にどれがにんにく入ってるのか入ってないのか、よくわかんない状態に。


まぁ、いいか。


唐辛子をスプーンですくい上げて 味噌に投入。     味噌+ラー油!


この味。ニンニクと味噌と唐辛子のミックスは、もう、そのままでツマミになります! もう、タマリマセン。
お持ち帰り用の味噌ダレと比べると ずいぶんドロッとしてるけど、このまま餃子につけて食べたい!!
私の味噌ダレはこれで ええです。 まずは これでいきます。


餃子がやってくるのを、待ちます。待ちます。。。。
味噌ダレ ちびちびなめながら、待ちます。。。。
キタ====!一人前250円


ハヤル気持ちをおさえ、まずは餃子のみ、実食。
あ。餃子にはにんにく、あまり感じない。
前回は、餃子にすごく強い にんにくを感じたんやけどね。 あれ?なんでや?
というか、さっきのラー油と一緒。最初の味噌のにんにく攻撃に すっかり全てが にんにく臭に まみれてしまっております。


さ。  まぁ、ええやん。 はよ 味噌ダレつけて 食べよ~~~!!!!!!


味噌ダレたっぷり餃子につけて、というか、ひたして、というか、まぶして、いただきます!
ほんまに、これはウマい!
味噌のために餃子がある、というか、餃子は味噌を食べるためのクラコットというか。
そうね、一番近いのは トルティーアにチリビーンズ乗っけて食べる感じかな。
トルティーアが餃子の皮で、チリビーンズが味噌ダレと混ぜた餃子の具で。。。。。ほんまかいな!
ウマいウマい、ゆうて 味噌ダレたっぷりまぶしながら どんどんそのまま食べてしまう。
あっという間に半分くらい食べて、ハッとする。
あ。ほかの食べ方も しとかなあかんやん!


ちょっと お酢入れななぁ。(お酢、ちょっと投入)
う~ん、お酢、いつもやと好きやねんけどなぁ。。。。(もともと私は餃子を酢だけで食べたりする)
やっぱり味噌とラー油だけがええなぁ。


ちょっと醤油も入れな。 (醤油、ちょっと投入)
う~ん。これも。。。。


結局、味噌とラー油だけでほとんど食べてしもうた。
だって、これが一番 おいしいんやもん~~~~!





今回、≪赤萬≫さんに入ってみての感想。
外から見た感じと全然違って、居心地よかったです。
お店の中、きれいやし。
お店の人、親切やし。 ちゃんと対応してくれはる。


ああ、こんなんやったら、もっと早くお店に入ってればよかった。
今度 お店が適当に空いてる時に通りがかったら、気兼ねなくお店に入って食べよう。



それと。
餃子のタレの味見をする前に、何もつけない餃子を食べてみないと
餃子の味はわからない。
お持ち帰りだけで想像してた味噌ダレの味噌は実物と全然違ってたし。
(味噌が白味噌ベースっぽいのは、お持ち帰りの味噌ダレの醤油色からは想像できへんもんね)


これはこのたび痛感いたしました。


餃子の味噌ダレでお店探訪始めて はや半年。
新しい味覚との出会いでした。
食べ物は実際食べてみないとわからんねぇ。
お店の好みも、味も、自分と自分のお口との相性やしねぇ。
そやけど、餃子の味噌ダレには 出会えてうれしかった。
それと、ようやく餃子の食べ比べのコツが少~しつかめたかな。



美味しい餃子と餃子の味噌ダレ、ほんとうにごちそうさまでした!


 


【赤萬】  神戸市中央区元町通り1-11-10  
       営業時間 月~金 14時~  土・日 13時~ 水曜日がお休み
       1人前250円  2人前から。 持ち帰りは箱代が必要。



*** ブログランキングに参加してるねん。よかったらここ →← クリックしたってくださいませ~ ***


 


ブログパーツ

東西味違い | 23:23:23 | Trackback(0) | Comments(8)
≪ひょうたん北野坂店VS大学(餃子)≫ 〔神戸の餃子のタレは 味噌ダレか?〕お店探訪②

 先日の帰神 (神戸出身者は神戸に帰ることをこう言っているだろう…と思う…) では 今書いている六甲シリーズのほかにも あっちに行ったりこっちに行ったり あれ食べたりこれ食べたり と 
書きたいことは山のようにあって、 順次書いていきたいと思うのだけれど、いかんせん
記憶がどんどん消えていくのは何ともしがたく、 また、キャラ的に『メモる』なんて細かいことができないんで、 ここに書き込みしないうちに どんどん書くに書けなくなってしまうのではないかという恐怖に日々さいなまれつつ まぁ何とかなるかぁ、と 開き直りとしか思えない気構えで毎日PCに向かっている。


なんて いつも通り 長たらしい前置き。 なんのこっちゃ、というと、
ちょっとここで ≪六甲≫ 中断して ≪餃子≫のこと 書いとこかな、ゆうことです。


前にちょこっと書きましたが、娘が 『正しい神戸観光したい』 ゆうのに応えて北野町に向かったとき、 北野で≪ひょうたん≫北野坂店さんに入り、 その後元町でぎょうざ≪大学≫さんに入りました。


今、マイブーム!  神戸で食べる 餃子の味噌ダレ!!
偶然やけど、2件を制覇するという記念すべき日となったんです。

でもねぇ。 もうだいぶ忘れてきてる。 危ない危ない。


***



最初に行ったんは ≪ひょうたん≫北野坂店さん。
こないだ書いたとおり、 お腹空かせて機嫌悪なった娘を連れ、路頭に迷ってた私を救ってくれたお店です。ひょうたん北野坂店


 ≪ひょうたん北野坂店≫ 神戸市中央区長狭通1-20-12ひょうたん店内
                 ℡ 078・322・0190


 このお店は最近出来たらしい。
他に元町と三ノ宮に店舗があるとのこと。
後から知ったのだけど、この北野坂店には水餃子があるが他の店舗にはないらしい…
北野坂店では 水餃子を食べた方がよかったのかな。


とにかく 名前だけしか知らずに この店に入ったのはお昼の12時前。
お昼だったからか お店に人はいない。 でも、外からはスリガラスで店内は見えなかったけどね。


キレイな店内。 これなら女性も気軽に入れるね。
私も店内に入って思わずホッとした。 結構餃子専門店に入るのって気合いるもんや。
しかもこれが 神戸味噌ダレ餃子の店に入ったの 初体験!
(前回≪赤萬≫さんは お店の雰囲気にあまりに気後れして『お持ち帰り』 してしまったから…)


 ひょうたん味噌ダレ調合指導書  ひょうたん味噌ダレ  ひょうたん3人前21個   実食
≪ひょうたん≫さんの美味しいタレの作り方。
案内には 『味噌だれ適量をお好みで酢、醤油、ラー油を加えて』 と書いてある。

味噌ダレは濃い色。 味は、甘い。 味醂かなんか入ってる感じ。
思ったよりニンニクの味はしない。 
卓上にはそれ以外におろしニンニクとスライスニンニク入り醤油が置いてある。


餃子。 皮が厚め。 これはそのまま水餃子にするのだろうか?
焦げ目はキレイについている、というより、ちょっと不思議な焼け方をしている。
ウチで焼くのとはちょっと違う。 何だろう、この焼け方。
焼くとこ なんも見てませんでした。 すいません。

餃子の餡は 普通。 普通、としか表現できない。
しいて言えば 東京で食べるよりアッサリした味。 キャベツなどの具の素材感が残っているというか、細かすぎて何が入ってるかわからないという事はない。
ニンニクも最初少し感じるけど、それほど強くない。


最初は味噌ダレのみで実食。
甘めの味噌。 まぁ、これはこれでいいかなぁ。赤味噌ベースに味醂少々その他、という感じの味。
酢、醤油を入れたりしたけど、 味噌ダレだけつけたほうが 味にインパクトがあっていい。
というか、餃子の味があまり個性的ではないから、味噌つけるとちょうどビールに合う味になる、という印象。


ふうん。 これがひょうたんさんの餃子かぁ。
ちなみに、店内きれいやし、おにぃさんの愛想もええし、ちょこっと寄って神戸の味噌ダレ餃子体験するゆうんやったらオススメできるお店やね。


***



大学   ぎょうざ≪大学≫    神戸市中央区元町通2-3-5
                                              ℡ 078・332・2233


 ここ行くのに 迷子になりそうやった。
南京町と元町商店街(アーケード)の間の道。 大体のめぼしはつけてたけど、土地勘がなかったらたどり着きにくいお店やろうね。 今度行くときはアーケードの何処のお店から入る道か、見てこなくちゃね。
[注] 元町商店街のYAMAHA(楽器)の向かいの路地を入ったところ、です。
   おがちゃんさんに書き込みいただきました。ありがとうございました。


 ちょうど昼の営業が終わる2時直前に並んだようで、 私らの後のお客さんは『ここ(私ら)で昼は終わりです』と言われていた。
店内混雑してる。 入り口すぐのところでおねぇさんが餡を皮に包んでる。その横をすり抜けてお客さんが出入りする。
おねぇさん、さすが手際いい。 あっという間に餡を包んでいくけど、さすが個数をこなすだけあっって見事な省エネやね。 あれでええんやねぇ、と感嘆するほど簡単な包み方で…
 


待ってる間に壁に貼ってる色々な書き込み見てたら、お持ち帰りは餡と皮別々にします、と書いてあった。 こんなんは初めて見た。 お持ち帰り注文してる人おったけど、たくさんもって帰ってはったよ。


  大学タレレシピ  大学味噌ダレ  大学ラー油  大学餃子実食


たれのつくりかたは 味噌小さじ2 ラー油こさじ1 酢と醤油少々



 さて。ここはとにかくまずラー油がいい。
写真でみてもわかるけど、 大きい唐辛子の荒挽きがワイルド。
辛いものがそれほど好きなわけでもない私も、 このラー油を使いたくてウズウズしちゃう、そんな魅力的なラー油ですわよ。
味噌ダレ。初めて遭遇する、白いお味噌。
味噌ダレだけ味見。思ったより、というか、見た目と違って甘くない。
甘さから言えば≪ひょうたん≫さんの味噌ダレのほうが甘い。
なにか色々入ってるんだろうけど、どれが、と突出した味がないので、全体的にマイルド。見た目は味噌のペーストみたいな感じだけど、味噌っぽいわけではない。かといってごま油やにんにくがどっさり入っているという風ではなく、甘くもない。
この得体の知れなさが≪ひょうたん≫さんの味噌ダレと同じで 意外。餃子につけて初めて効果を発揮するようになっているんかしら。
≪大学≫の味噌ダレは白味噌っぽい感じと、甘味がない点でどっちかというと≪赤萬≫さんに近いのかなぁと思いながら 酢と、醤油少々で溶く。(とはいうものの、≪赤萬≫の味噌ダレもお持ち帰り用しか知らない。次回は是非現物を見たいと思います)
そして、ラー油。 美味しそうなタレが出来上がり。



 実食。 餃子は思ったよりニンニクが強くないです。(ニンニク入りと入ってないのを選べるようだったので、ニンニク入りを選びましたが)
味噌ダレも ニンニクが強いわけではないので、 全体的にはやさしい味。 家庭的、というか。
餡自体の味付けはそれほど濃くない。
さっきの≪ひょうたん≫さんと餡の味付けは似ているような気がした。
若干、≪大学≫さんのはジューシーな感じかな。
餡の味というか、具の具合というか、 素朴な 手作り感がいいのかなぁ…
 

大学ラーメン塩


≪大学≫さんはラーメンもあるので、餃子だけだと物足りない、という人にはいいねぇ。
餃子だけたべるっちゅうのは ビール片手になら解るけど ご飯もたべたい(アルコールを飲まない)人と一緒の時にはラーメンあると、ありがたい。
 
というか、ここのラーメン、じつは結構気に入りました。
麺が好みです。 麺自体に味がある。
そして、叉焼がちゃんと焼豚になってる。(煮豚じゃなくて)
モヤシ、関西の細い、きれいなモヤシ。 これだけでかなり嬉しさアップ。
スープ、在りし日の太平閣の湯麺を思わせる味。好きです。


≪大学≫さん行くなら ラーメン餃子 食べたい時、かな。
それにしても、並んで待ってまで、というのはちょっと…
どこに行っても並ばなアカンのは、苦手なもんで…


***


結論として、私は≪赤萬≫さんのお持ち帰りが今のところ 一番お気に入りかな~。
ニンニクと味噌との出会いが、すごく新鮮で 美味しかった。
ちなみに、娘も≪赤萬≫さんが一押しだそうです。
ニンニク好きな親子、ということで。 チャンチャン。


あ。ちなみに、題名のVSっていうのは あまり意味なかったですね…
どっちかというと ≪赤萬≫ VS ≪ひょうたん≫≪大学≫ って感じかな。
これからまだ色々な味噌ダレがあると思うんで、楽しみですね~~!


 


【ぎょうさの ひょうたん】 
ニキニキ日記 「ぎょうさの店 ひょうたん」 ゆかりさんのブログ。
私がいつもちょこちょこっとしか写せない店内写真がバッチリ写っています! 
さらに同じくゆかりさん。 「ぎょうざ 大学」 もすてきな写真でリアル~~! 

ちなみに、ゆかりさん、ぎょうざの味噌ダレ初体験の店にしてオススメ!の「ぎょうざ苑」さん。
次なる味噌ダレ店のターゲットにリストアップでございます。 (2007.9.6追記)


 


ブログパーツ

東西味違い | 00:11:11 | Trackback(1) | Comments(3)
ひつこいようですが、餃子の味噌ダレです。

 ひつこい(しつこい)と思われてるやろなぁ… そういいながらまたまた餃子の味噌ダレねたです。
ついこの間まで 「餃子の味噌ダレ? なんじゃそりゃ!(怒」 みたいな感じやったのに、この変わりよう。 新もん好きは神戸っ子の習いですがな。 まぁ付き合ったってください。


 というか、またつくったんですよ、餃子。
うちは、餃子好きなんですね。家族そろって。 ハンバーグはめんどくさくて年に1回位しか作らんのに、餃子はしょっちゅう作ってる。 餃子やったら面倒やと思わんし。買っても来るし。


 そういうわけで、前回作ったときにちょっと心残りやったニラの配分をちゃんとして味噌ダレで食べてみよ! 思て、作ってみたわけです。 なんといってもあの「満腹」ちゃうわ、「赤萬」さんの餃子と味噌ダレのベストマッチング、ニラ・ニンニク系の癖と味噌・酢・唐辛子の絶妙な旨味のハーモニーは、やっぱりどうしても再現したかったんですよ。


前ふり、相変わらず長いですが、ここから本編。


 前回、ニラがいつもより少なかったんで、今回はいつもの量で。
このぎょうざ、もしかしたら誰か店で出したらウケルかもと思うんで、大盤振る舞いでレシピもちゃんと考えながら書いてみますよ。 食に貪欲なあなた、チャレンジしてみィへん?


〔材料〕   豚肉 400g  ニラ2束   塩  胡椒   餃子の皮


前回、自然食品系の餃子の皮やったんで、ちょっとバリバリ割れてしもたけど、今回は市販の皮やから、柔らかい。包みやすいです。


前回の肉ニラ混ぜたところと今回の。 これくらいみどりにならなアカンネン。


混ぜた。ニラ、少ない…豚肉400gにニラ2束    皮柔らかバージョンニラ完璧版ぎょうざと味噌ダレ




なんでこんなにひつこうに書くんや? というとその答えはただ一つ!

ホンマにオイシイねん。味噌ダレとニラ(orニンニク)の組み合わせがっ!


 


 餃子に酢醤油も もちろん おいしいですよ。
私は、というと、 この数年は 酢醤油というより 酢(ちょっとだけ醤油)くらいの感じで、ほとんど酢で食べてました。

 醤油の味って、 好きな人は餃子を醤油だけで食べる人もおるけど、好きずきやから それはマァええと思うけど、 味としは結構主張が強いと思うんですよ、醤油は。 特に卓上醤油に使ってる濃口は。


 餃子はもともと餡に味付けしてるんで、それにプラスすることでより餡の味を広げるようなつけダレで食べたい、というのが私の食べ方の好みなんですね。


それでたどり着いた酢主体のつけダレやったんです。


 今回 神戸で新たな出会いを果たした餃子の味噌ダレ。
私の酢主体のつけダレにかなり近い発想で作られてるタレやと思うんです。
餃子の美味さをより引き出すタレ。
酢が肉と油の味を引き立てるのと同時に、 味噌がニラ(orニンニク)の味を引き立てる。
同時に何種類もの味が交じり合って美味しい方向に瞬間移動していく感じ。
さすが、神戸や。さすが、中華が生活に溶け込んだ町が作り出した味や。



酢が主体。 それに味噌で塩味を補いつつ、深みのある旨味を加える感じ。
ラー油は味噌を加えるとそれほど強く感じないので、結構入れても平気かも。
味はいろんなお店を回って自分の味噌ダレを作っていくほうがいいと思う。
自分の作る餃子の味にもよるし。


あくまでもニンニク、ニラ系の (これ、なんちゅうの?イオウ系の食べ物? ^^;) 餃子には抜群の相乗効果をもたらすという事ですよ。

他の餡の餃子にはまた違うんかもしれん。
私も次は赤萬さんのキャベツニンニクバージョンにちょっとチャレンジしてみようかと思ってます。



(ところで、どうも餃子と玉子焼きのネタはたくさん出てきそうなんで、カテゴリーにしてみよかなと思います。というか、このブログ、食べ物中心になってるみたいですけど、神戸は食がやっぱり豊やからこうなってしまうんかなぁ…いやいや、やっぱり本人のキャラの問題?)





ブログパーツ

東西味違い | 09:33:00 | Trackback(0) | Comments(0)
餃子の味噌ダレ作りにチャレンジ!

さぁて。

神戸で食べた赤萬さんの味噌ダレの味を忘れないうちに チャレンジしてみようという大胆企画。
ちょうど餃子の皮を購入してたので、早速餃子を作る。


うちの餃子はニラと豚肉、塩コショウだけのシンプルな味。


餃子の種ニラと豚肉と塩コショウ混ぜた。ニラ、少ない…包まれた餃子焼き上がり!


今回、いつも2束入れるニラが1束しかなかったので、ちょっとニクニクしてしまったけど。
赤萬さんの餃子はたっぷりにんにく味だったので、ニラたくさんのうちの餃子といいとこ勝負かなと思う。


味噌ダレ。
準備したのは 味噌(自家製。信州味噌系) 酢(米酢) そしてラー油(ペンギン食堂さんの)


自家製味噌味噌と酢を混ぜるペンギン食堂のラー油



味噌は自家製なので、漉さずにそのまま使ってみることにした。

酢と味噌の割合、最初は大匙で数えてたけど、そのうち面倒になって適当。

ラー油の成分は下記。いろいろ入ってるんで、ラー油といってもすごいマイルド。


見た目、なんとなく雰囲気は赤萬さんの味噌ダレに近い感じ。酢味噌の酢を多くして、ラー油入れた感じ。でも、なんか微妙に違う。というか、やっぱり違う。 実食


実食。


う。うまい! なかなか美味いです!
味噌を酢で溶くと、酢醤油のときよりもマイルドさがあります。
ニラにも味噌ダレ、合います。

でも、やっぱり味噌は漉したほうがいいなぁ。
味噌がどろどろな分、食べ応えが出てしまって、
おなかがすぐにいっぱいになってしまいます。

今回、ニラが少なかったのもちょっと痛かった。
もっとニラが多くて、味噌を漉してさらさらなタレを作ったら、
もう一歩 赤萬さんに近づいたんやないかな。


またチャレンジしてみよう。 そして、ほかのお店の味噌ダレも研究してみよう!



【追記】  この味噌ダレは 使えます!      2007.4.8
 赤萬さんの味噌ダレをなめてなめてなめ倒している時、「これって、ドレッシングにしたら最高やん!」と思いました。そこで、ウチで作った味噌ダレを他の料理に使ってみると…
これが、いけます!美味い。 ちなみに、炒り卵にこの味噌ダレをかけてみたら、お箸がとまらない…スゴイ合う。卵と酢って、合うんだなぁ…あたらめてそう思いました!
味噌ダレドレッシング、最高! 




【ペンギン食堂の島ラー油】 →ペンギン食堂HP
 原料は 島唐辛子・唐辛子・春ウコン・秋ウコン・ピパーチ・石垣の塩・黒糖・黒豆・白ゴマ・にんにく・山椒・植物油。
 私はラー油はあまり好きではなく、普段外では使わない。このペンギン食堂の島ラー油は辛さがマイルドで、しかも香りがいい。だから このラー油だけは好きで買い続けている。 餃子だけじゃなくてラーメンに垂らしたり麻婆豆腐に使ったりと万能調味料。でも、なかなか手に入らない。
 実は密かに仕入れられているお店を発見してそこで買っていたのだけど、このところのブームでそこでもぜんぜん目にすることがなくなった。(神戸のわしたショップにも置いてあるようだけど、多分予約で一杯になってしまうんでは?銀座のわしたショップでは棚はあるけど現物見た事ない…)
今のところしばらくはストックでしのげるけど、そろそろ底を尽きてきた。
だから、一滴一滴が貴重品。 今回のは底にたまったスパイスのオリを酢で溶かして味噌ダレに投入。最後の一粒まで食べつくさせていただきました。ごちそうさまでした!



ブログパーツ

東西味違い | 21:27:25 | Trackback(0) | Comments(0)
≪赤萬(餃子)≫ 〔神戸の餃子のタレは 味噌ダレか?〕お店探訪①

 行ってきましたよ~!  味噌ダレで食べる餃子のお店。 赤萬さん。
味噌ダレで食べる餃子のお店を検索すると 必ず出て来るのがこの赤萬さんとひょうたんさん。
「神戸で餃子は味噌ダレが当たり前って~~~!何それ~~~!!(怒」 と息巻いていた私も
赤萬さんとひょうたんさんの場所を調べたら…


知ってるやん。 この店。
今回はお持ち帰りのみ


 元町駅降りて大丸向かって交差点渡ったとこに ごちゃごちゃ~っと小さいお店がようさんあるんやけど
あそこに昔っから (少なくとも私が物心ついた時には既に) ありました。
赤いノレンに赤いビニール屋根、狭い店内はカウンター。
見るからに 「ビール。煙草。餃子。以上!」 みたいなオッサン様達御用達の店構え。
 こんな店、高校時代は全然縁ないですやんね。ふつ~の女子こ~こ~生には。
存在感メチャメチャあるんですけど、私の視界から強制撤去されてました。
でも、記憶の中にはちゃんと存在してたんですよ。 場所、一発でわかりましたから。


 あまたあるブログの中の一部、見させていただきましたが (御本家のHPはないんでしょうな。見当たりません) ピンとこないのはその味噌ダレの味。
白味噌、と書かれてるブログは多いけど、味の詳細は全然わからん。赤萬の味噌ダレ持ち帰り用
当然白味噌だけやないやろう。 多くのリピータを垂涎させる味噌ダレってどんな味なんや? すごい気になる。

 
たまたま通りかかったんは 夕方6時ちょっと前くらい。 まだカウンターにお客さんが2人位、テーブルにも1人位で、 入ろうと思えば並ばず入れた。 でも、なんかお客さん少なすぎてちょっと敬遠。
結局その後7時ごろに通りかかったらもう満席。
お持ち帰りがあるんで、それにしました。 味噌ダレもつけてくれる、言うし。


 家に帰って焼いた。 どうかな?この焼具合は!

味噌ダレはビニール袋に入ってる。これをそのまま皿に移してあります。
他のブログみると、味噌ダレはもう少し濃いようです。それを醤油や酢など自分で調合するらしい。タレはお持ち帰りようにつけてくれたのをそのまま。
お持ち帰りの味噌ダレは、お店の人一押しの調合やろうから、それを尊重。
お味は…


 まず酢。 そしてラー油。 味噌は醤油代わりになってるというか、醤油は入ってない感じです。
 味噌、書かれてるような白味噌の甘みは 全然感じない。
 酸っぱさが際立っているけれど、市販の白味噌の甘みは砂糖系の甘みだから、入ってればわかると思うんやけどなぁ。醤油も感じない。 でも、酸っぱさに旨味をかんじるので、もしかすると黒酢とか入ってるんかなぁ。
 ラー油はもともとニンニクが入ってるんが多いと思うんやけどここの味噌ダレにニンニクは感じない。 これは意外やった。 もっとニンニクが入ってるんやと思ってたから。


 味噌ダレにニンニクが入ってへんのはなぜか。


餃子を焼いて食べたらわかった。


ここの餃子はめっちゃニンニク味です。 (爆
この餃子にこの味噌ダレ、めっちゃ合います。 そしてまた、この餃子にこのタレは、ビールに合う!


スゴイよ !!!  この組み合わせは!!! 


 餃子の餡(中身ね)は、恐らくキャベツとニンニクのみじん切りがメイン。 はっきり言って肉が入ってるとか、そういうことを気にするようなレベルの話ではないっ!
 ニンニク満載でありながら野菜(キャベツ)によってかなり味はマイルドになっている気がする。
ニンニクだけどマイルドな餡と、ちょっと小ぶりな外見。
持ち帰りを家で焼くこれをこの味噌ダレにドッポリ漬けて、ぷっくりした腹をお箸で割って中の餡にも味噌ダレをグジュグジュっとしみ込ませて、おもむろに (汁が垂れないようにちょっと手を添えたりなどして) 口に運ぶ。 辛酸っぱいタレがニンニクと混じり、 口の中から ビールを呼ぶ声が聞こえる聞こえる! そこですかさずキンキンに冷えた ビ~~~~ル!!


極楽~~~~!!!!・・・・


惜しむらくはね。お店で出されている味噌ダレの味をまだ知らないという事なんですよ。 白味噌って書かれてるのがスゴイ気になる。
今回、餃子の傾向はわかったんで、次回はしっかりビール飲みに行ってきたいと思います。


あとね。 このタレやったらウチでつくってみたいなぁと。
そろそろ家餃子の時期なんで その時に味噌ダレにチャレンジしてみようと思いました。
ウチの餃子にはニンニクは入れませんけどね。(笑

【赤萬】  神戸市中央区元町通り1-11-10  
       営業時間 月~金 14時~  土・日 13時~ 水曜日がお休み
       1人前250円  2人前から。 持ち帰りは箱代が必要。



ブログパーツ

東西味違い | 23:52:56 | Trackback(0) | Comments(7)
神戸の餃子のたれは味噌ダレか?

神戸の餃子のタレは 味噌ダレですよね~~!


という書き込みに出くわし、 なんじゃこりゃ~~! 神戸の餃子はいつの間に味噌ダレで有名になったんや~~~!という 浦島太郎パニックに陥った私。


 そこで2006年11月より、ブログで投票をお願いしてみました。そろそろ投票数も固定してきたみたいなので、一度ここで結果を御報告。
(ご協力いただいた皆様。本当にありがとうございました。アンケートはもうしばらく置いておきますので、まだの方はよかったら投票なさってみてください)


***



神戸の餃子は味噌ダレ』ゆう話を聞いたんやけど、私は食べたことがないんでビックリしてます。あなたは神戸で餃子を味噌ダレで食べたことがありますか?よかったら立ち寄りついでにアンケートに答えていってもらえると嬉しいです。よろしくお願いしま~す
(実施期間2006.11.19~2007.3.31 全投票数38票 コメントは全て原文のママ)


神戸で餃子 味噌ダレで食べたことある?

◆ 神戸在住。神戸で味噌ダレ経験あり。 17票
(44.7%)
 【コメント】 でも個人的には酢重油が好き^^ /味噌が普通でした /こんいちは、もちろん味噌だれで食べています。 /味噌だれは多分神戸の味噌だれは赤萬が最初だと思われます。 /店ではみそだれ、家では酢醤油&ラー油 /もっといろんな味噌ダレにトライしたいで~~す /最近増えて来たので、助かります。 /長田区は、特に味噌ダレかな
◆ 元神戸在住。神戸で味噌ダレ経験あり。 5票 (13.2%)
 【コメント】 JR神戸駅北で食べました。マズかったです /南京町の真ん中変の店は~味噌ダレだったと

◆ 神戸非在住。神戸で味噌ダレ経験あり。 0票
 
(コメントはありません)
◆ 神戸在住。神戸で味噌ダレ経験なし。  4票 (10.5%)
 【コメント】 味噌ダレて何ですか!?神戸住まいdagaかりません
◆ 元神戸在住。神戸で味噌ダレ経験なし。 8票 (21.1%)
 【コメント】 みそだれなんて聞いたことありません
◆ 神戸非在住。神戸で味噌ダレ経験なし。 4票 (10.5%)
 【コメント】  味噌味言うたら名古屋ちゃうん?みたいなりっさん /味噌ダレちゅうのも「アリ」かもしれんねえ



***







***






***









東西味違い | 23:09:30 | Trackback(0) | Comments(2)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。