■お知らせ
■『築地あるき』

楽天ブックでどうぞ~~!!

■ブログ内検索

■ユーザータグ
■こんな感じで書いてます
■最近の記事はこんなです。
■神戸で生まれ育って18年。

Author:midori
今では東京暮らしの方が長ぅなってしまったけど、大好きな神戸にいまでもこだわりがあります。
山と海がないとね~
(本文中の写真はクリックすると少し大きくなります)




神戸の会社設立屋が送る神戸時計

■ブログ全記事表示
■RSSフィード
■コメントありがとうございます。
■とらばしてもらいました
■イカナゴのクギ煮アンケート!

イカナゴのクギ煮のアンケートにご協力ありがとうございました。 こちらの記事にまとめました。 イカナゴのクギ煮アンケート結果報告 これからも宜しくお願いします。

■いつもお世話になってます
■❤ New Entry

■ページランキング :2007.10~のエントリー

■過去記事2007年度

■FC2カウンター
■訪問中!

■リンクサイト

好きです神戸

■ネットショップ





スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
今日の小車(13) 絶品タコ発見!
今日の小車。
小車13
小車13

ひさしぶりに小車だまり(とワタクシが勝手によんでいる)に行ってみた。
この夏以降、場内での買い物も滞りがちだったので
小車をこれだけたくさん一度に眺めるのも ほんとうにひさしぶり。

築地にいると昭和な気分が濃厚になるので
なんとなく白黒で撮ってみたら いい感じになった。
これから築地の写真は白黒でも撮ってみようかしら。


今回は師走に入ったばかりの築地から。
先週より今週、人はそれとわかる程 増えている。
魚河岸野郎タコ
前回ご紹介の新店舗「魚河岸野郎」。(紹介ブログ:築地魚河岸若旦那日記
タコが絶品。タコ好きとしては外せないお店になった。
いままでチェックしたのみんなメス。だからこその美味しさひときわ。
他のお魚もオイシイ。ちょっと高いけど。

先週は「まだだね~~~(キモがいまいち)」と言われたカワハギ。
カワハギ
今週は「いいっすよ~~!」とのことで やっと冬の味覚カワハギをゲット。
腹にタップリのキモ、脂がミッチリのってて、めっちゃおいしかった。「長崎県漁連 東京直売所」。

するめいか2
前回チェックのスルメイカの山盛り。
スルメイカの売り場面積が何倍にもなっている。
築地に師走がやってきてる。

師走の築地
こちらも年末黒山の人だかりの佃煮屋さん。
甘味より醤油がちな味が関西人の口にも合うと思う。
葉トウガラシは関西を思い出しながら食べる。絶品。

人気ブログランキングへ

ブログパーツ
スポンサーサイト


築地 | 22:01:47 | Trackback(0) | Comments(6)
2009夏のアクセスとか
この夏、2か月以上の放置にもかかわらず、
毎日多くの方にアクセスいただいてました。本当にありがとうございます。

ここのブログ主は気まぐれやし~~~というのがかなり浸透してるのか
記事をアップしてもしなくても 変わらずコンスタントなアクセス数、というのが
このブログらしいというか。。笑

なんと嬉しいことでしょか。
なんと励みになることか。

感謝でございます。m(__)m

今中
(写真はこの夏初激写に成功!明石≪今中≫さんの玉子焼き)

  ***

ところで、今年の夏、ゼンゼン更新してないブログに
どういった塩梅でアクセスしてこられているか。
これにはちょっと興味があって、ときどきチェックしてました。

ダントツが 
餃子のみそだれ ネタ。
ぎょうざ大学
(写真は この夏激写第2弾!≪ぎょうざ大学≫さんの味噌ダレ!)

何かあったの?神戸の餃子。
そういえば、東京のテレビでも何度か(3回くらいかな?)
「神戸では 餃子をみそだれでたべます~~~」ってのを見たような記憶があるけど、
あれが影響してるのかしら。

いまでもアクセス上位に入ってる
◆「餃子の味噌ダレ作りにチャレンジ!」 2007.4.7付
これなんて、2年前のネタですからね。
味噌ダレネタ記事一覧は →こちら



そのつぎくらいかな? なぜかいまだに
スイーツハーバー ネタ。

◆「神戸スイーツハーバー閉鎖」 2007.11.19

これも2年前のネタ。 
スイーツハーバーは偶然、閉鎖直前に初体験。 
それから連続して何回か利用して、
結構ええ感じに休憩できるやん。。。と思ってただけに 閉鎖にはビックリした。
それにしても、その後の神戸駅周辺、どないなん?
この夏にも行ったけど・・・・・・ ちょっとさみしい感じやったなぁ。。。。


コンスタントにアクセスを集め続けてるグループといえば  なんといっても
明石焼き(玉子焼き) ネタ。 (明石焼き・玉子焼きネタ記事一覧は →こちら

明石焼きちょうちんやさん
(写真はこの夏の衝撃の出会い!明石の「明石焼きのちょうちん」を作るお店)

特に◆「【番外編】 東京で明石焼きゆうたらここで決まりやね!≪多幸兵衛≫上落合   玉子焼き(明石焼き)」 2007.9.16は相変わらずアクセス数の稼ぎ頭。
これも2年前のネタ。

そうそう、2年前、といえば、 私がちょうど築地に行き始めた頃よネ。
それからなんとなく 築地ネタが多くなっていって・・・・今に至る・・・・笑



それと、ナニゲにアクセスが多かったのは 
お好み焼き ≪ゆき≫ さんのネタ。
ゆき

◆「長田オフ ≪ゆき≫で定番ぼったこ、すじタコそばめし!」 2009,3,21付


・・・って感じで、結局食べ物ネタがメインかい!という結果に終わっておりますが
それもご愛敬でしょうか。(^◇^)


夏の神戸ネタは すでに季節が季節だけに 真夏の風情のものはちょっと無理かもしれないですけど
ボチボチ どこかで使えるといいなぁと思ってます。

これからもどうかごひいきに。


  ***

『築地あるき』 その後

前回お伝えした 『築地あるき』単行本化 ですが、 

(◆「祝【築地あるき】ついに単行本化!そして築地で先行販売開始!!!」2009,11,7付)

今日、たまたまちょっと築地に立ち寄ったので、墨田書房さんに伺ったところ、
「売れゆきいいね~~~!!」 と 伝票(スリップ)の束をバッサバッサと見せてくださいました!
あああ~~~あれが全部札束だったらすごい!なんてあほなこと考えながら。でもすごいよ!

全国発売は11月12日からです。興味をお持ちの方はお早めに!(マジで!)

『築地あるき』 の サイトは こちら→ 『築地あるき』


人気ブログランキングへ

ブログパーツ

その他 | 22:27:56 | Trackback(0) | Comments(2)
今日の小車(11) 長崎はタコで打って出る!&なかさま御一行様築地に突撃!
今日の小車。
小車11


さて、今日は、久しぶりの築地day。
夏休み遊び呆けていたわたくしに
「長崎県漁連で【長崎県産マダコ祭り】が。。。。。」 と スペシャル情報をくださったのは
≪週刊・築地紀行≫の 神崎様。

え~~~~~~~~~~~~~~~~~~~!!!!!!

ぜ~~~~~~~~~~~~~んぜんしりませんでしたぁ~~~~!!!!!(^O^)/


ということで、金曜の築地にGO!

(神崎様、情報、本当にありがとうございましたっ!)

夏休み明けの築地にご一緒いただいたのは
はるばる 神~~~~~~~戸~~~~~~♪ からお越しの
なかさま御一行様。
なかさんは ≪神戸まち探訪 下町ブログ≫というサイトを運営されています。
わたくしの大好きな垂水廉売市場や長田の町の様子を克明に記録に残されています。
と~~~ぜん、大の市場好き!
築地も一度来てみたかった、ということでした。

うふん。
わたくしの築地あるきも やっと人様のお役に立つ日がやってきたわん。。。(^u^)

でもでも、タコ好きのわたくし。
なかさんにとって タコなんてタコなんて。。。明石のタコがあるやん! という感じでしょうが
すみません。
長崎県漁連さんに行きましょう~~~と無理やりお誘い。

長崎県漁連

おおお!力はいっとるやん!

タコ!

ひぇ~~~~~~!!!! タコだらけだ~~~~~~(^O^)/

茹でダコ、産地別試食コーナーもあって、楽しかった~~~
明日までなので タコ好きさんは ぜひどうぞ~~!!!!!

活きダコも売ってましたので購入いたしました。
活きダコ

大きなサイズのをゲット。(メスを選んだら大きかった…)

で、「鍋に入りきらんやろ」 といわれたんだけど。。。。

鍋に入りきらんやろ!

入りきらんかった~~~~~~  (^_^;)

でも、超おいしかった~~~~!!! 
久しぶりにタコごはんも堪能。 やっぱりメスはちょっと香りのよさが違うねぇ。。。。(●^o^●)

なかさん。
なかさんは 場内でもカメラ撮りまくりでお元気に神戸に帰っていかれました!
たぶん、めちゃめちゃ元気いっぱいの記事が近日中にアップされるのでは?と
楽しみにしております!!!
また築地にあそびにいらしてくださいね~~!

ちなみに、今日の築地は 太刀魚がえらいきれいでした。

太刀魚

あと、やっちゃ場(青果部)では マツタケがもう山盛りで登場!!

松茸!

国産のも北から届いてます。
今年は値段が安いのかな? なんかちょっとそんな気もするんだけど、どうなんでしょう。
松茸国産!


(また次回より神戸の暑い夏が続きます。。。)
人気ブログランキングへ

ブログパーツ

築地 | 23:24:10 | Trackback(0) | Comments(4)
春の魚たち、春の味覚2009<神戸・東京>と≪高はし≫さくらます
・・・ということで (→前回記事「広島のあなご丼とか」)

あなご丼
2月以来2か月ぶりの「あなご丼」≪高はし≫@築地 です。(^u^)
去年1年間、≪高はし≫さんではほとんど「あなご丼」を食べていたことを思うと 隔世の感がありますが
最近は「あなご丼」の比率は格段に低くなり(他の魚も「食べなくては。。。」との思いからですが)

広島でのあなご三昧の後は やっぱり 築地で東京のあなごをたっぷり食べたくなりました。(●^o^●)
≪高はし≫緑のれん
焼きアナゴと煮アナゴ、それぞれアナゴの違ったおいしさが味わえて どちらも大好き~!

神戸ロードの記事はおいおいアップすることにして
今回は季節もののお魚たちなどを 桜が散りきる前にアップしておきましょう。
さくら2009

(それにしても今年の桜は開花してから一度も雨にあわず、舞い散った花びらも
 人や車の行きかう度に はらはらと舞い上がる優雅さ。川面をうめる花びらも例年になく多いよう。
 今年はまさに桜を堪能した春でした)

桜 といえば さくらます。
さくらます
(「さくらます」塩焼き ≪高はし≫@築地) う、うま~~~~~~いんですよ、これが!(●^o^●)!!!

さくらます という言葉を 築地に通い始めてから知りました。
実際に食べたのは去年春が初めて。
仲卸さんに「美味しいよ」と勧められて買ってみたら
ものすごくおいしくて。。。。
神戸にいたころは 「しゃけ」という呼び方しか知らなくて
いわゆる 「ます」 と呼ばれている魚にもいろいろな種類があって
それぞれ魚の味が違うんだ、ということを 味でしみじみ感じさせてくれた魚。
◆サクラマスは ヤマメの降海型。 →ウィキペディア →市場魚貝類図鑑

今年のさくらますシーズンもあとわずか。
今期一度は一本買いして家で思いっきり食べておきたいものです。
5月になると 「さつきます」 のシーズンとなるそうです。
◆サツキマスは アマゴの降海型。 →ウィキペディア
→市場魚貝類図鑑
さくらます(正面)
いつも魚中心に写してるので ≪高はし≫さんのせっかくの美しい盛り付けが分からない。
正面からだと こんな素敵な具合になってます。
目にも鮮やかな 新緑のモミジ葉と こんもりいい形に盛られた大根。
≪高はし≫さんのお仕事はいつもこんな風に素敵なんです。
(ごめんなさいね。いつも魚のアップしか載せてなくて。。。)

それにしても、イワナもヤマメも川を下って海で育つとすっかり鮭のような身の色になるんですね。
しかもイワナ時代の味とは全然違う。。
自然の中ってすごいことが起きるものです。

シーズン物といえば、≪高はし≫さんでいただいた御海苔。
新海苔
軽やかですばらしく香ばしい磯の香り。 口の中でホロっとほどける上質感。
新海苔だそうです。 美味しいですねぇ。。。ごちそうさまです!

ノリ・・・・といえば、今回神戸でも海苔網と収穫船を見ることができてほっとひと安心なのでした。
塩屋
グッゲンハイム邸から
上は神戸・JR塩屋駅から海を眺めたところ。
下は塩屋の旧グッゲンハイム邸から眺めたところ。 (撮影:神戸・塩屋2009年3月10日)
塩屋の前浜はいつもどおり海苔網が張られていたようです。
電車に乗っているときに収穫船が稼働している様子を見ました。

今回、宮島にわたる船上から カキの養殖いかだ(?)を見ることもできました。(撮影:広島・宮島2009年3月12日)
広島カキいかだ
神戸で海苔網を見慣れているというのに、 カキのいかだは 海では見慣れていないものなので
目に新鮮~な感じで不思議でした(^u^)

今回、神戸の実家で調理できたのはイイダコだけでしたが、
シーズンに神戸で食べられるなんて、それだけで幸せ!
(撮影:神戸・塩屋2009年3月9日)
イイダコ
(まだ元気の残ってるイイダコちゃんです。メヂカラがあります)
いいだこ2
(美しいカールを描く8本の足。。。あまりの美しさに ついつい目もうるみます・・・煮汁は酒と淡口しょうゆで)
いいだこ3
(しっかり育った飯がみっちり~~!!! 飯がまったり濃厚ななお味なのよね~~
 ううう、うっま~~~~~!!!!!)

ということで神戸の味覚はこれでおしまい。 また東京の春の味覚へともどります。 といってもイカナゴよ。
小女子
寿屋商店さん(→HP) に ようやくまたゆで干小女子(イカナゴ)が入りました。 (前回小女子記事;今年初の小女子でした「西のあまから東のダンチュー)
今年は入荷が見えない、と伺っていたのですが、その後
神戸のイカナゴ漁も猛烈に不漁で、大阪湾は3月23日、播磨灘で漁をする明石浦漁協も4月3日で
イカナゴ漁を終了したそうで (≪明石の海より≫「イカナゴ漁」)≪寿屋≫さんにも関西からはほとんど入らなかったそうです。
今回の荷は茨城の方から。
小女子(イカナゴ)の獲れる時期は短いので、美味しい時に買いだめしておきましょう。
イワシのしらす干しとは違う味わいが何とも言えない。
酢醤油との相性は しらす干し以上じゃないかと私は思います。(^u^)

きびなご
春の味覚と言えば 長崎県漁連さんで 珍しい生のきびなごを売っていたので買いました。(撮影:東京2009,3,21)
→きびなご(市場魚貝類図鑑)  →長崎県漁連(東京直売所)
「どうやって食べるのがおいしい?」と聞いたら
「刺身も美味しいけど 生姜醤油で煮て食べると美味しいよ」 とのこと。
きびなごを煮て食べる???? びっくりしたものの お酒と淡口しょうゆ、
生姜を少しすりおろしてさっと煮てみたら・・・・
ごっつう美味しい!!!(●^o^●)
なんじゃこりゃ~~~!!なんぼでも食べられるやん~~~(^u^)

東京も築地ならでは、 いろいろなお魚を美味しい状態でいただけるという幸せ。
ほんま、こんな「美味しいものいっぱいの場所」を上京以来30年間 まるで知らずにいたのが
今更ながらに悔やまれます。

これは今週のゴリ。
ごり
去年たしかから揚げにして食べたらすごくおいしかったんだけど
どうも今回は手順を間違えたようで、変になってしまった。
半分くらい子持ちだったので、思い切って残りを佃煮に。
「子持ちゴリ」といえば、 私の大好物「子持ちゴリの佃煮」が、最近手に入らくなっていたので
思いがけず嬉しい 久しぶりの再会 となりました。
とはいえ、美味しい佃煮にするには ゴリちゃん、なかなかなつわものと見受けた。
自分ではうまく煮込みきれないので、近く佃に行って「ゴリの佃煮」(できれば子持ち)が出てないかみてこようと思います。

今年度初進出しております「やっちゃば」で はまっているのが、ホワイトアスパラガス。
ホワイトアスパラガス
そろそろシーズンも終わりなのかしら? うまいよね~~ホワイトアスパラガス茹でると~~~ヽ(^o^)丿
今回、ほぼ自分的には満足な「アスパラゆでレシピ」が作れたので大満足。
食べるだけ食べたし、そろそろ終わっても心の準備は完了です(●^o^●)


きょうのおまけは 「おとらはん」

春とは関係ない?微妙に関係ある? トラ関連グッズです。
 「≪高はし≫さんに 『おとらはん』 がおいてある」 という情報を小耳にはさみ、
早速伺ってみたら 出してくださいました。
本体は たまごかけごはんのタレで有名な≪吉田ふるさと村≫ の  「おたまはん」 ・・・ですね。(^u^)
「おたまはん」は 発見以来ずっと愛用中、しかも神戸出身のわたくしとしては 
この「おとらはん」がどこで売られているものかどうも気になります。
おそらく関西のお土産物屋さんとかで売ってるんだろうなぁ。。。。

今度新大阪駅あたりで探してみたいと思います。。。(いつになることやら・・・


おとらはん


★神戸でもサクラマス・・・
旦八さんの≪旦八の築地と神戸を行ったり来たり≫ 「肝胆亭」 にサクラマスのメニューがあったそうです。2009.4.13付

よろしければ人気ブログランキングへのワンクリックをお願いいたしまする。。。

ブログパーツ

東西味違い | 00:02:22 | Trackback(0) | Comments(8)
長田オフ ≪ゆき≫で定番ぼったこ、すじタコそばめし!
いやぁ。。。。 久しぶりの≪ゆき≫さんだったんですけどね。。。。
飲みすぎて あんまり覚えてないんですよね。。。。。笑

お好み焼き ゆき

≪ゆき≫ 神戸市長田区久保町4-2-5  ℡078-631-5117
過去記事 ◆「ゆき(そばめし・長田久保町) コーベはスジよね!お店探訪① 」 2007.6.5

今回 「そうだ ゆかりちゃんに会おう!」 ということで
ニキニキ日記。のゆかりさんと 長田はお好み焼き≪ゆき≫さんで落ち合いました。

初めてお会いするんでちょっと緊張し気味、それでいて時間ぎりぎりやったんで
「鉄人28号」が立つように準備されてるような「若松公園」をチラッと横目で通り過ぎ
あわてて 懐かしの≪ゆき≫さんの暖簾をくぐる。
KOBE鉄人PROJECT のサイト
◆≪ええとこ新長田≫ 新長田1番街アーケード&若松公園周辺状況3/13頃

「はじめまして~~~!!」
「では、とりあえず~~~~!!」 

カンパ~~~~ィ!! (●^o^●)

ゆかりさんの正調≪ゆき≫レポートは →こちら。
ぼっかけすじ焼き
ぼっかけすじ焼き(480円)・・らしい。。。(詳しくはゆかりさんのレポートを参照。。。)

「おと~さん、おと~さん! ピザ切りになっとる~~~!」
「え~んや、3人でちゃんと分けられるようになっとるやろう」

えええ~~~~東京でこの切り方したら 関西人はえらいくさすねんでぇ・・・・
と心の中で呟きながら、おとぅさんの「自然体」に早くもすっかり酔いしれ。。。

ぼっかけすじ2
「な、そいでソースぬって食べ~~~」
今日はエライ親切やなぁ。。。(笑
ぼっかけすじ3
「おおお、ありがとぉ~~~」
と早速食べようとしたら もう次のが来た。
(開店直後でお客は私らだけ、貸切状態やったんです・・・ここらへんまでは・・・)
すじたこそば飯

うひゃ~~~~待ってましたぁ!!!
すじタコそばめし!!
これなぁ。。。。ほんま夢にまで出てきましたわ。
タコもウマ~~~~、うす~~い味付けのすじ入りそば飯、めっちゃウマ~~~~!!!(●^o^●)

最初にそば飯頼んだときは、おねぇさんだったか
「味うすかったらソースで味付けてね」 とアドバイスしてもろたけど
ほんまにこのままで私にはオイシイ。
おいしいなぁ。オイシイ!おいし~~~~~いっ!!!!!
ぼったこ~
きゃ~~~ぼったこももう来ちゃった~~~(●^o^●)

あっぷ~
これもたべな、あれもたべな。
どんどんビールも空きますよ~~~(^u^)

アップル~~!
「な~な~、あれ頼みぃなぁ~~~」 と私にそそのかされ娘が頼んでくれたアップル!
うぷぷ。一度飲んでみたかった。
味は~~~~思ったより甘かった?かな?
たこ!
タコ焼いたんとか・・・
ブタ焼き
豚天とか・・・
ずり
ずり(すなぎも)とか。。。

なんかビールガンガン飲みながら喋りまくってた以外
あまり「食べた」記憶が残ってないねんけど…

時々おと~さんが来ておしゃべりに加わってくれたり、
娘さんがゆかりちゃんと昔の話で盛り上がったり
IMG_2475 - コピー
(この「たこ焼」のプレートはかつて出窓のところでたこ焼き焼いて出してた頃のなごりとか)
おかぁさんはもくもくと奥の板の前で焼いてはったり、

ええ感じにまったりしました~~。(●^o^●)

そうかぁ。
長田のお好み焼きって、このペラッとした感じがええわけねぇ。
私は家ごはんのお好み焼き、どっちかというと大阪風の分厚いタイプやし
どっちかというとそういうほうがおいしいと思ってたけど
長田のお好み焼きも ええかもなぁ。
お好み焼き奥深し~~~

としみじみ感動しながら


やっぱり 次に行きます~~~!→続く



人気ブログランキングへよろしくです~!m(__)m

ブログパーツ

オフ会 | 22:50:53 | Trackback(1) | Comments(6)
築地のやっちゃ場(青果部)潜入レポ<仲卸で買い物・番外編>&≪高はし≫ぶり刺し!(素人築地あるき体験記)
≪仲卸で買いもの≫シリーズ番外編。

普段 わたくしが≪仲卸で買い物≫というと、
魚を扱っている水産物部での買い物を指します。

野菜を扱う青果部は わたくしの築地出撃の時間には
業務がほとんど終わっているということもあるし
水産物部のおにぃさん達と違って青果部のおにぃさん達は
「呼び込み」的なことをしない。 というか、ただみてるだけの人には目もくれない。
素人にはちょっと買い物しづらい雰囲気。。。

なので、 今まで何度か足を踏み入れたことはあったのですが、
本格的に買い物をしたことはなかった。


今回、おざわゆきさんのお友達がフレンチのシェフと一緒に
やっちゃ場(青果部のことを築地では「やっちゃ場」と呼んでいる)に行くと聞いて
あいのり(便乗)させていただきました。

まず、朝が早い~~~~(T_T)
集合時間は 土曜会並に早い7時40分。
でも、今日はやっちゃ場に行くんだよ~~~ なんかめちゃめちゃやる気満々~~~!(なんでやねん!

さむ~~~


よりによって 今日はまた 完全な冬型の気圧配置・・・・
ここ何日かポカポカ陽気やったんで、最低気温1度が身にしみます。。。さむ~~~~(T_T)(T_T)

teitenn


わたくしの定点観測地点。
朝の光がいつもに比べてずいぶん横から射し込んできています。
というか、ほぼ横? ということは日の出直後?(T_T)(T_T)(T_T)

あいのりメンバーと無事合流。
で、築地で朝まずやることといえば・・・・・

あさごはん   よねッ(^_-)-☆

高はし


築地で朝ごはん。。。は。。。 「高はし」さん。
人数が結構いた割にはすんなり入れました。
この時間にこの空きようは意外。。。

わたくしが頼んだのは<たら豆腐>(定食) 1800円 →絵はこちらに。。。(秘密サイト

あ。そうそう。
今年のわたくしのいわゆる一つの目標に
「去年食べたのと 違う魚を食べてみよう!」 というのがあります。
たら豆腐も 去年なら食べてみようとは思わなかったもの。
(大体、去年はほとんどが「あなご丼」でしたからねぇ。。)

おすそわけ頂いたのは 鰆の西京焼き。 

鰆西京焼き



こんな肉厚な鰆。。。。  一度買ってみたい! 笑(でもマジで狙ってます
「高はし」さんの西京焼きは始めてでしたが、 予想にたがわず、甘すぎない いいお味。
今年もまたまた西京焼き熱が再燃しそう!!

あいのりメンバーと頼んだシェア一品は ブリ刺身。(2000円)

burisasimotiage


ぶり刺し持ち上げを ゆきさんにお願いしてしまいました(^○^)

もう一枚、すでに流出させてますが、ぶり刺しの写真、 みて! →アップのゑはこちらに(秘密サイト

このブリ刺身が 本日のベストオブ「高はし」!最高~~~~!!!ヽ(^o^)丿
大将も 「今日のは今年最高だよ!」 と太鼓判。
私、ブリそのものが生まれて3回目なんですけど、 これは「美味しぃ・・・・」 と思ったねぇ!
ブリの美味しさ、 なるほど、 こういうおいしさなのかぁ。。。。


な~んてご飯のことばっかり書いてたら全然やっちゃ場にたどりつかないじゃん!(-_-メ)

ということで ごちそう様をして 至急やっちゃ場方面へ。

とはいうものの こちらは絶対はずせません。 仲卸に来たら墨田書房さん詣り。

築地あるき2!


<「築地あるき2」 に 朝日が射し込むシーン>  →当ブログ墨田書房さん関連記事はこちら
順調に売り上げを伸ばしているようです。 場所も定位置確保してるし。。。
わたしゃどうも お店の方に顔を覚えてもらえたらしい・・・(^_^;) がんばって愛嬌振りまくり…・!(^^)!

シェフ先頭にいよいよやっちゃ場へ!

慌ただしい仲卸


さすがに9時前の仲卸は 慌ただしく人もモノも行き交います。

nakaorosi


さらには、このくそ寒い中。。。

ice

氷は今日は近寄りたくない存在。。。。

hikaresou

台車小車(こぐるま)も猛烈なスピードで引かれて行きます。。。
※台車の名前、小車(こぐるま)というのだそうです。リーゼント史朗さん、情報ありがとうございます!

ここを渡ると、その先はやっちゃ場!
ついにやっちゃ場 潜入成功!

1

うわっ! いきなりトレビツ! 見たことない紫のチコリ(アンディーブ)!

この1年、やっちゃ場に入るのが夢でしたが
まさか いきなり欲しいものが手に入るお店にたどりつけるとは…・
おざわゆきさんと出会って こういう機会が訪れて 
なんというめぐりあわせ。 なんという幸せ!
同行を快諾してくださった皆さん、本当にありがとうございます!!

感謝しつつ 目は野菜へ。。。。。

2

「これ、一つでも買えるでしょうか?」 とシェフに伺うと
「こちらのお店は大丈夫だと思いますよ」  とのこと!

お店の方に伺うとOKとのことだったので、早速!
トレビツ・・・チコリ(普通のと紫のと両方)・・・ホワイトアスパラ…

3

家に帰ってさっそく使ってみました。 (今日のおまけにアップ!)
場所もしっかりチェック。次回はもっといろいろ買おう~~~!!(*^_^*)
お魚だけじゃなく野菜も買えるとなると、いよいよ荷物運びが大変になりそうだけど。。。。

このあと 水産物部に戻ります。

daisya

台車小車がならんでます。。

daisya2

ターレもカッコいいけど、わたくし、意外にこの台車小車が好き・・・
今日はたくさん並んでて嬉しいわぁ。。。。
(このあと、ターレに関するサプライズが私を襲うことに!続きはこの次の記事で。。。)

まだ早い時間なのでお店はほとんど開いてます。
久しぶりにお魚の写真がたくさん撮れた。

sakana

ナマコ、そろそろ終わりかしらね。 また年末までさよならね^~^ (なまこといえば・・・過去記事・・・)

kuzira

そういえば、クジラのお店。 いつも遅くくるんで閉まってるから買えなかったけど、
今日はあいてる。 このチャンスはゲット。ひさびさのハリハリ鍋~~~。 
(こちらもクジラのお店といえば…過去記事)

iidako

イイダコも今年は早くから子持ちになってました。
1月末に買った子持ちイイダコは8~9割方イイが入ってて満足~~!(*^_^*)
今年は型が大きいんだって。 関東だからでかいのかと思ってた。。。

akamutu

う。すごい!  すごいアカムツ!
産地の 「竹岡」 って 最近気になってたのですが、 なんでしょうか?
→◆≪築地魚河岸旦那日記≫「ケケ岡の下付帳」 2009.2.17付
→◆江戸前を歩く-どらくスペシャルー 「東京湾のいま~内房の漁港から」
アカムツももう一度くらい食べておきたいなぁ。。。この値段は手が出ないけど。。。。

さて、そろそろ皆さんともお別れです。

nakaorosi

仲卸もようやく落ち着いてきました。
普段は 私はこの時間に出撃してくるのです。
なんともまぁ朝っぱらとは ずいぶん雰囲気が違うものです。
氷もそれほど寒々しく感じない気温になってきました。

今日は本当にお世話になりました。
あいのりさせてくださった皆さんに感謝です。

またいつか築地でお会いできるといいですね!
ありがとうございました。
声をかけてくださったおざわゆきさん、本当にありがとう~~~!(●^o^●)


さあ、次回築地出撃から やっちゃ場にもロックオン!(*^_^*)
(若干「高はし」三代目ふうに。。。?笑)


今日のおねだりも人気ブログランキング!よろしくおねがいいたしまするるるる。。。m(__)m



≪今日のおまけ≫

買って帰ったチコリ、さっそく何かに使って食べ比べ===とおもったら
ちょうどいいレシピが・・・

◆≪神戸っ子ゴハン≫ 
"ザ・シェフレシピ" 「同源」銭明健シェフに教わる☆ オウチでも出来ちゃう・・・パン・トゥトオゥ・スーってなに~(@@?
じゃがいもの千切り、普段も好きでやってるので、がぜん燃えてつくってみました!

zyagaimo


が!
見るからに全然違う~~~~(T_T)

まず、千切り。プロの千切りはやっぱり凄い!
あと、「さっと湯がく」の「さっと」というのは やっぱり何度かやってみないと分かんないなぁ。。。
パッと見、もう少し湯がいた方がいいみたいだ。。。

でも、このジャガイモの。
チコリにのせて食べると・・・・・ 合うんですよ~~~!!!
ほろ苦いチコリ、うっすらごま油で風味の付いたジャガイモと 超合う!

これはいいねぇ。 これからも作っちゃうぞ~~~ヽ(^o^)丿

ちなみに、紫チコリと普通のチコリの味のちがいは・・・
紫の方が苦味が強くて私の好みでした!

わたし、山菜っぽい苦い野菜好きなのかも。(トレビツも苦味がたまらん旨さなのよね。。。)

ブログパーツ

築地 | 22:28:04 | Comments(17)
「築地あるき2」inコミケ75!
いよいよ やってまいりました! コミケ75の日が!
なんじゃ、なんじゃ、コミケって????  の方は こちら 
コミックマーケット公式サイト  →ウィキペディア
なんでも、日本の誇るサブカルチャー同好の士が一同に集まる祭典とか。
屋内のイベントでは日本最大規模らしい。 場所は東京ビックサイト。 すごい混みそうだ~~~ヽ(^o^)丿

かくいうmidoriも、 その噂はずいぶん前から聞いていたものの 実際に足を踏み入れるのは 初めて。 
ワクワクドキドキのコミケ初体験のきっかけは~~~~~ 「築地あるき 2」 !!!
そうそう。例の、 なべひろさん&おざわゆきさん作成
midoriが 愛してやまない 築地ごはん必携本!  →関連記事「昼酒は築地で・・・」
その 「築地あるき 2」 を コミケで販売するという。

そりゃ 行かなきゃ。  社会見学社会見学~~~~(●^o^●)

「東京ビックサイト」 →HP  →ウィキペディア(東京国際展示場) に行くには
ゆりかもめ (→ウィキペディア) という「新交通システム」(→ウィキペディア)に乗らんといかれません。
「新交通システム」・・・ といえば、 
神戸のポートライナーやないですか~~~!(*^_^*)
あ、今は 六甲アイランド線ちゅうのもあるんかな。(まだ乗ったことないけど・・・)

「ゆりかもめ」 には 私はまずめったに乗る機会はないですけれど、
東京ビックサイトでのイベントの時にはこれに乗らんと行けんからなぁ。。。。

豊洲 というところから乗ります。
豊洲駅
ポートライナーみたいな?
これもしかしてポートライナー?というかんじの乗り心地です。
写真前方のカーブ手前にある駅は 「市場前」。
ここが かの有名な築地の移転予定地・・・だったところ?・・・というべきなのか、
いまだに有害物質がでるとかで移転が本決まりになってるのかいないのか、
わたくし的にはゆりかもめに乗ることになるととても乗り換えも面倒、
交通手段が限られ不便になるので 市場に行く回数が激減するの確実。
できれば今の場所でなんとかやっていただければ、と思うんですけれどね。

東京ビッグサイト~~~~ (東京国際展示場)
bigsight
おおお、すごいすごい人だ~~~

kaidan
階段みっしり人が並んで登ってます。
この後、会場内の階段の多くは一方通行。 これだけ人がいるとちょっとしたことで危なくなるもんねぇ。
kosupure
コミケといえば 有名なコスプレ。 木立の向こうで撮影会が行われています。
「ここから先は撮影禁止」エリアです。 でも、私のいるところからは写してもOK。

会場内
建物の中はこんな感じ。 お昼すぎだったのでまだ全然空いてるとか。
オープン直後はとんでもない状態だったらしい。
写真の状態でも混んでるようすはわかるけど、体感的には 例えるとしたら
「元日の明治神宮の参道」よりは混んでないけれど
「夏休みのディズニーランド」よりは混んでる感じ。 けっこう混んでるよ~~。(^_^;)
ビックサイトでこんなに人がいっぱいいるのを見たのは初めて。
きた~~~
きました! やっとたどり着いたよ~~~!!
「築地あるき 2」 堂々展示中!!
ディスプレイ
おおお、なべひろさん、おざわゆきさんの 「築地あるき 2」 以外の本もいろいろあるぞ~~~!
sain
きゃぁ~~~~~!!!!! サインしていただきましたぁ~~~~~!!!!ヽ(^o^)丿
ブースには 人が絶え間なく訪れており、 「築地あるき 2」 のお買い上げも着々と。
築地関連最初の冊子、「築地あるき。」はこの後完売しておりました。 
おめでとうございます!パチパチ!!\(^o^)/


初めてだし、ちょっとうろうろしてみました。
新快速!
「新快速読本2008」!
新快速って、 関西限定やんな! え? なんでこんなところに 「新快速」!?
新快速絵
あ、愛です。「新快速」への愛を感じるなぁ~~~!!!
思わず購入させていただきました。 ラスト1冊でした!

「たこやき」の ちょうちんに釣られてついフラフラと近寄ってしまいました(^_^;)
takoyaki
おっと、この目立つブース! 冊子もきれい表紙で豪華版です!
「たこ焼きMSG」 という同人サークルさんの作品。 →「たこ焼きMSG」ブログ (撮影許可、ありがとうございましたm(__)m)
おお、これを素通りするわけにはいかないだろう。(笑
一冊手にとると、そのじっくり研究されていねいにまとめられた 数々の記事。 
たこ焼きへの深い愛、強く強くかんじます!「たこ焼きを 多くの人に伝えたい! 多くの人と分かち合いたい! 作って、たこ焼き~~~!!」
というかんじです。(*^_^*)
いや~~~、やられました! たこ焼きへの愛。 負けた。(笑

最新刊は 道具材料すべて100円ショップでできちゃう 「100たこ編」。
そして、なんと 明石焼きに挑戦した「たこ焼き大全・明石焼き編①」を発見。
もう夢中で読みます。読みます。笑います。読んでは笑い、そして、ご購入~~~!
ブースの方にお話し伺うと、 明石焼き編の続編を企画中とのこと。
明石焼きはやっぱり作るのが難しいので、簡単に誰でも作れる明石焼きについて研究したいと。
素晴らしいじゃないですか! あの、地元人でも自分で作れるかどうか、という
明石焼き(玉子焼き)を、誰でも作れるレシピを作ろうという、 まさに
たこボールへの無償の愛。

来年もまたコミケにいらっしゃる予定とのことなので、再会できることを楽しみに
私も一年、明石焼きに精進したいと決意しました。

この後、コーフンし自分を見失ったmidoriは、 目についたサークル本、同人誌を
買うわ買うわ、帰るときには重た~~い袋を肩から下げてニンマリ。。。
コスプレの人たちもいろいろあちこちウロウロしてるし、
本だけじゃなくて服や小物や食べ物まで、いろんなものが それぞれ愛たっぷりに並べられています。
こんなイベントがあったのねぇ。。。。
また来年も きちゃうぞ~~~~ヽ(^o^)丿

おいおい、midoriも来年コミケに出ろよ!と思う人は人気ブログランキング(ここ)をクリックしてみてください!考慮してみます(笑


今日のおまけ
okasi
おざわゆきさんにいただいた おまけ。
う~嬉しい~~~~!! なんかええ感じのセレクトですぅ~~~!
ありがとうございました!!!

あ、ちなみに、おざわゆきさんの同人誌「DOLPHIN NINE」(ドルフィン ナイン) というマンガシリーズ。
ええんですわぁ。。。。 続きが早く読みたいんですけど。。。ゆきさん、はよ描いて~~~。
どこにも画像がアップされてないんで、 気になったあなたはもちろん来年のコミケで。ネ。(^_-)-☆

ブログパーツ

オフ会 | 22:35:58 | Trackback(0) | Comments(14)
築地魚河岸2008・年の瀬 場外市場はてんやわんや
midoriが年内に行く築地ラストデ~~~。
昨日は写真写せるほどにゆったりできたけど
やっぱり今日はメチャメチャだったらしい。
さすが 年末の築地です。 明日はもっとすごいことに???

まだまだ 混雑も楽しむ余裕のあった昨日。
場内でごあいさつをすませて ちょっとやっぱ みとこうかな~~~! 築地の年末を!!(^○^)
なんて 軽い気持ちで 行ってみました、場外市場。

n?
ん?なんじゃ、あの赤いのは???!!

tako!
ガハハハ!!!!  巨大「すぎる」酢ダコ~~~!!!ヽ(^。^)ノ

tukudani
ステキなでっかい木の桶に入ってるのは ごまめ、栗きんとん、いろいろですね!!!

tukudani
スーパーのプラスチックトレイに入ってるのと比べるとグッとebi
つかみが違います。
美味しそうでに照りてり、美しい~~と感動。

oisisou
うちのお重にこういう品々が入らなくなって超久しい今日この頃ですが
なんだか全部片っぱしから買いたくなっちゃったよ(*^_^*)
昨日はまだゆっくり物色して買えそうな感じだったけど、明日はこりゃ、
きっと お客さんでぎゅうぎゅう詰めだな、このお店。

datemaki1
で、甘~い香りに誘われて ふと見た これは なんじゃいな。
datemaki2
ふ、フレンチトーストのすだれ干し?

datemaki3
あはは!こうやって巻くのね!!!(^○^)
大量だてまき製造中!!!!
datemaki8
完成品は こちら~! いや~~~美味しそうね~~~!(*^_^*)
datemaki4
おっと、ここにも 「雪の大谷」現象が!!!ヽ(^o^)丿
datemaki5

つうか、 だてまき 多くないか?
datemaki6
あっこでも ここでも だてまきでっせ だんな。
datemaki7
こんなにみんな だてまき好き なんかなぁ!!!   (伊達巻→ウィキペディア)

だてまきだらけの築地場外市場。
私のお目当てはね~~~ 普通のおでんだね とかなんですけど~~~~
売り場のほとんどが だてまきとか カマボコとか 正月用品でおおいつくされてて
普通のおでんだねとか どっか行っちゃいました~~~ヽ(^o^)丿

それでも これはゲット~!
kuwai
もちろん、 「くわい」 です!(*^_^*) →midoriこだわりの「くわい」記事

去年も 「くわい」 築地でたくさん買ってたべたなぁ!!
今年のくわいは とっても美味しそう~~~~!
場外で 「くわい」 を買うのは 初めてだけど じつにりっぱな「くわい」がならんでたので
もう少し買い足し。

kuwai2
どちらも大きめの中玉。 私が使うには一番使いやすくておいしい大きさ!
この 「くわい」 使って、去年はできなかった 「くわい」のおでん を
居酒屋ウォーカーさんの教えてくださったお店のように 作ってみようかな。

いい正月が迎えられそうです。

あと、 正月といえば これよね。
hinaidori
比内地鶏。 鶏肉専門店、「鳥藤」さんで。
お雑煮に使うつもりです。 出汁がこってり出るので 手間いらず。

これだけ買えれば 今年はいい買いものでフィニッシュできたといえましょう。

さすが年末、 いつもと違う 面白珍風景も出現。
tawasi
年末ならではの 「たわしツリー」?(*^_^*)

nisin
身欠きニシンも立派で美味しそうよ~~~ヽ(^o^)丿

そして、何よりこの時期 東京にいて神戸、ふるさと兵庫を強く感じる食べ物といえば…
tanbakuromame
「丹波の黒豆」。
もちろん、midoriもこだわりの食材です。  相変わらず「黒豆はしわしわ」やけど(●^o^●)

さあ、明日はいよいよ 買出しピークの日! かな? 

みなさま、 買い忘れのないよう、 お正月用品は お早めに お買い求めくださいね~~~!!!
急いで、急いで!人気ブログランキングもついでにどうぞ~~(^_-)-☆

きょうのおまけ
tukizihonganzi
築地本願寺。 この時間の光線の加減は 建物の陰影が美しく際立っていいですね。
なかなかこの時間に行き合わせないんだけど、 久し振りにカメラ持ってたので パチリ。
1年通うと 最初の頃は 異国情緒あふれててちょっと距離のあった本願寺さんが
だんだん築地ならではの風景に見えるようになってきたのも不思議です。

ブログパーツ


築地 | 21:49:46 | Trackback(0) | Comments(7)
明石魚の棚2008冬
こんにちは~ さいきんすっかり「明石のことでもかこうか」のmidoriです~~

明石で〆は やっぱりうおんたな(魚の棚)。
訪れたのは11月下旬、ちょうどコウバコ(せこがに)がたっぷりお店に並んでいる頃。

セコガニ、4つ1000円、 3つ1000円・・・・
うおんたな2

コウバコのシーズンイン直後にこれを見たので、
築地で1匹500円をなかなかくだらないコウバコには手がでず・・・
ついに今年は食べずじまいになりそう・・・

うおんたな3
太刀魚もまだ売ってます。 けっこうでかい。
そういえば、わたしはうおんたなで魚をあまり買わないなぁ。。
理由は・・・・高いから…・
うおんたなは 観光地化してるから高いのかと思っていたのだけど
実は 一匹一匹も結構でっかいからじゃないだろうか、と今回気づいたわけです。
神戸でいつも使いのお魚屋さんは 街の小さな小売なので 核家族にも手頃な小さな魚を売ってるのかな、なんて思ったりね。

うおんたな4

奥の方には 「天然つばす」 の荷札が。
他の店先にも ツバスが活け締めでピンピン動いてる。ちょうど旬?かな?
つばす・・・・・ そういえば 神戸でよく聞く名前だ。
東京だと なんていうんだっけ? はまちのちいさいの・・・ ワカシ?
手前にメイタ、マルハゲ、川津海老の大きくなったの?あぶらめ?
イイダコもありますね。シーズンじゃないと思うけど、ちょっとだけ飯が入ってるように見えます。
今どきから飯が育ち始めるのかしらね。
tatiuo
太刀魚、あまりにも見事なので写してみました。
2本1500円は 築地ではあり得ん安さでしょう!
後ろに写ってるお店の人の靴の大きさからも推測できるように、棚の大きさが80センチ位?
棚より少し長い位の大きさ。 けっして小さなものではありません。
築地で見なれた値段からすると、めちゃ安。 
神戸で私がいつも買う値段で比べても、高くないと思う。

意外にうおんたなもお買い得品あるのね。

たこ。 網に入ってます。 活け締めされて棚に並べられてるのもいたけど。
tako

アナゴ2本500円はお買い得! 中型の美味しそうなアナゴだった!
うおんたな5

マグロもある。ゆでだこもある。すでに年末商戦に入ってた?
うおんたな1

年末、といえば、これだよね~~~~!!!!(*^_^*)
karei!
「淡路産 出平かれい」
うおんたな6

子どもの頃は正月近くになると親がこれを買い込んでは ストーブの上で焼いて食べるので
飽きちゃってもういやって感じだったけど、 いま思えば 素朴で美味しい魚の干物だった。。。

で、やっぱり明石といえば、これでしょう。
うおんたな7
JR明石の駅から 播但汽船の乗場まで歩いていく道すがら、
淡路に渡った岩屋の港周辺には、こういうタコがぶらぶら干されてましたなぁ。。。

下の方にかけられてる 味醂干しみたいなのは 築地でも見かけるけど
上にかかってる タコ! タコです! という形のは 見たことないなぁ。

うおんたな8

結構高いものなのよね。
ウチではこのタコは買わんので、タコめしには活けダコを使うけど、 干しダコをタコめしにするんも美味しいらしいね。本格派は干しダコ使うとか使わんとか・・・
干物って味が深くなるから、きっと美味しいんやろうなぁ。
今度一度買ってタコめしにしてみよう!

海産物の保存食って 奥深いねぇ。
東京で出会った 鮭トバ も 鮭を寒風にさらして作る保存食で、まことに美味しい。

海からの頂きものを大切に最後まで頂く先人の知恵は、 これからもまだまだ活用したいもんです。

今回の神戸行きはこれで終わり~~ということで名残惜しい人もそうでない人も人気ブログランキングへどうぞ~~~~ヽ(^o^)丿


きょうのおまけ


明石からさらに西へ。 姫路駅の 姫路名物えきそば
himezieki
umai!
麺、黄色いです。 中華めんです! 汁は純和そば系。 これがなんと、うまいんだなぁ・・・!
kaisetu
ちょっと癖になります、これは。 姫路駅にお越しの際はぜひ!(*^_^*)




ブログパーツ




明石 | 21:15:09 | Trackback(0) | Comments(6)
玉子焼き三昧≪今中≫と≪いまい≫のハシゴ!その2 ≪いまい≫
≪今中≫さんを出て ≪いまい≫さんを探し始める。
なんででしょうねぇ。
≪いまい≫さんは なかなか見つからない。

「いい感じに腹ごなし」程度に歩いたところで ようやく発見。
いまい

なつかしゅうございます。お久しぶりです。
お店の中には お一人先客あり。
こちら、ご近所さんのようですね。
お店のお姉さんとおしゃべりが弾んでいます。
前に伺った時もそうだったなぁ。

おしゃべりに加わるわけではないけれど 聞くとはなく聞いてる。
マッタリした時間が流れて行きます。

いまいの玉子焼き

一人前20個630円。

アップもあるよ!
アップ!

menu
これは去年9月の訪問時に写した品書きなので お値段が少々ちがうのですが
こちらのお店は 玉子焼きが二種類あるんです。

「玉子焼」 と
「玉子焼(上)」 (卵多めでおいしいよ) ←と品書きに書いてある

去年、食べ比べたところによると、確かに「玉子焼(上)」 は 卵がおおい。
その時の印象としては
「玉子焼」 の方は生地の味がシンプルでちょっとドロッとした感じ、
≪松竹≫さんの明石焼きに近い感じ、
「玉子焼(上)」 の方は 卵が多い ≪お好み焼道場≫さんのに近い感じがしたんです。

ホントは、今回、≪いまい≫さんの「玉子焼」(普通バージョンの方)と
≪松竹≫さんのを 食べ比べてみたいなぁと思ってたんです。

でも、無理っしょ。

≪今中≫さん 1人前20個。
≪いまい≫さん 1人前20個。
計40個。

このあと いくら1人前15個とはいえ ≪松竹≫さんに行ったら
ひょっとすると 私は 玉子焼きがしばらく嫌いになっちゃうかもしれない。
嫌いになるまではいかなくても、 せっかく銅鍋買ったのに、 しばらく使う気にならないかもしれない。

≪今中≫さんに入ろうと決めた瞬間、 私の密かな≪いまい≫→≪松竹≫連食計画は
消滅していたのでした。。。(笑

で、 ≪いまい≫さんの 玉子焼き。

正直な話。 ≪今中≫さんで頂いた直後では、
生地の出汁が 猛烈に効いて ちょっとききすぎくらいに感じます。
ビールでもあればなぁ。。。。と思うくらいに ちょと味が濃い。

前回、全然そう思わなかったんだけどね。
むしろ、出汁の上品さに感動して、再訪、再再訪してるんですから。
不思議なもんです。

こちら タコ、しっかり入ってます。
タコ美味しいです(ちょっとしょっぱいか・・)。 生地の出汁しっかりしてるから、それはそれでおいしいです。
≪今中≫さんのすぐあとっちゅうのは ちょっと条件わるかったかなぁ~~~
でも、まぁ、私としてはお店の雰囲気もすごく好きだし、
こちらは すぐ探せさえすれば ぜったい再再再訪のお店になると思われ。

なんですぐ見つからんのやろうねぇ。 それが一番の謎。(^_^;)


ということで、今回で無事 明石焼き3強≪今中≫≪いまい≫≪ふなまち≫制覇。
今、率直に自分の言葉で表現すると・・・

≪ふなまち≫ 
ごま油の香りが独特、値段も一番安い、駅から一番近くてわかりやすい場所にあって
駐車場もあるのは手軽でいい。
食べるのが遅い人、ゆっくりする人と一緒に行くのはちょっと気兼ねするかな。(いつも混んでるから)
冷めても美味しいのは持ち帰りに最適。
ただ、ごま油がちょっともたれる感もある。数が多いからなおさらかも。

≪いまい≫
とにかくお店のお姉さんの柔らかい雰囲気が好き。 お好み焼もゆっくり食べられるし、
玉子焼きが二種類あるのも 気分で選べていいと思う。
卵が多い方も、そうでない方も好きだけど、どっちかというと多くない方が素朴で
「昔ながらの玉子焼き」的な感じが、イメージだけですけど、そっちが好きかな。
≪ふなまち≫がごま油使っている分ちょっとしつこい感じだけど、それに比べるとあっさり素朴。
場所がね~~~ ほんま、私そんなに方向オンチちがうんやけど、 どうもまっすぐたどりつけません。
うろうろ探すだけの時間がない時は無理かな。 

≪今中≫
今回、衝撃の出会いをしたわけですが、もうれつに私好みです。
あんなに上品に昆布出汁して、しかも出来上がりの形が美しい。
極上の茶碗蒸しが一口大の香ばしい薄皮まとった毬に仕上げられた感じ。
それに、なんですか、あのタコの味と香りは!
ちょっと反則!!くらい美味しい。私には。
あれはちょっとマネできないかもなぁ。。。。まず、タコが無理でしょう。そして、生地も・・・
並ばないならぜひ入りたいお店です。次回も多分、目指すなぁ…・
あ、でも、ジャンキーな味が好きな人にはNGかも。 出汁も汁も超薄味やから。。。

いまんところ、こんな感じです。
どのお店も、ボリュームあってお手頃価格になってるし
地元密着的ですごくいい感じ。
お腹の具合と気分で その時その時お店を選んでいくようかなぁ。

うおんたなからちょっとだけ歩けば この3強を味わうことができるから
観光で明石に来た人にも、ぜひぜひ 明石漁港の空気も楽しみながら 明石の漁港町を歩いてみてほしいと思いまするるるるる。。。。

〔いまい〕  明石市岬町18  ℡078-914-6139

なぜか「明石のことでもかこうか」の人になってるmidoriを応援する人気ブログランキングへ~~!よろしくです~~~ヽ(^o^)丿

あ、つぎあたり、 うおんたなの写真アップします。

ブログパーツ

明石 | 23:00:39 | Trackback(0) | Comments(4)
玉子焼き三昧≪今中≫と≪いまい≫のハシゴ!その1 ≪今中≫
○○に行く予定です・・・

わたくしが安福のおとぅさんに告げたお店。
それは、 以前「ふなまち」さんに行った時、 そのあと続けていったお店。≪いまい≫さん。
ここにはアップしてませんでした。 ないしょにしててごめんね~~m(__)m

「岬町18番」 という番地を頼りに歩き回った 明石の岬。
昔「源氏物語」で須磨明石の段でここらあたりが物語の舞台になったという。
そんなことを思いながらウロウロしてたら ヒョイとうまくお店の横に出たので入ったのでした。

その時のことを思い出しながら、 詳しい地図も持たずにウロウロし始めたのだけど
あらまぁ。 全然たどりつけないんですけれど!
どうしたもんだか。

そんな時、 ふと見ると あらら。 
明石焼きといえば 三本の指に必ず入る≪今中≫さんののれんが!
今中
(真ん中の黄色い壁のお家が≪今中≫さん)

≪今中≫ といえば 明石焼きのブログで 絶大なファンを誇る
明石焼きの中の明石焼きの店。
≪今中≫≪いまい≫≪ふなまち≫の 三大店として並び称されることも多く
いったいどんな店だろう、ものすごく気になってたお店です。


そういえば、前回も≪今中≫さんを見つけた後に ≪いまい≫さんが見つかったのでした。
その時は≪今中≫さんはお休み。
縁がなかったんだ。。。 そう思って さっぱりとあきらめたのです。
お休みだからあきらめるにも 心残りがない。

そんな≪今中≫さんが 今回は あいてる~~!!!
平日、しかもおそらく開店したばかり位の時間。

これが運命というやつなのね。

≪いまい≫さんに行くつもりだったんで、全然予定してなかったけど
急きょ 「≪今中≫&≪いまい≫明石焼きはしご大作戦」 に変更~~~!!!


今中

っていっても、明石焼きの写真は2枚だけです。。。。
なんてったって 急なことで心の準備ができてない。
明石焼きの雄(らしい)とも思っているお店ですからね。
ドキドキでのれんをくぐる。

いきなり面前カウンター。その奥対面で焼き台。
お母さんが 明石焼きの定番 菜ばし両手に一本ずつ、計二本で
明石焼きをクルクル回してはります。

店内 お客は私ともう一人だけ。

う~~~。 これって 素晴らしい出会い? ちょっと緊張するシチュエーション?(*^_^*)


明石焼き。 1人前20個600円。

今中!


おおお、アップです!
THE 今中!

ここでカメラは失礼して、明石焼きに集中!!

お出汁はものすごく上品な昆布出し?
ほとんどだしを感じないのに美味しい。
そして、明石焼きは…‥

これまた ぎりぎりに抑えられた出汁と卵が
ふうわりととろけて
奥に コロリと 小さいけれど
ああ、このタコの香りは いったいどうしたことだろう。。。。。

なんということでしょう。
こんな明石焼き。 初めてです。

とにかくタコの香りが尋常じゃない。
タコだけじゃないですね。 茹でる時、下処理に
なにかお母さんの知恵が働いているのでしょう。

あのタコ。 いったい 何が・・・

美味しいものに出会って 再現できそうな時は
猛烈再現欲がわきあがるのですが
こちらのタコは 

ムリ。

そういう明石焼き、いや、玉子焼きでした。

お店を出ても タコのいい香りが しばらく口の中で夢見るように香ってました。

「玉子焼きの雄」 の お母さんは
クルクル 玉子焼きを きれいにまあるく仕上げながら
楽しそうに焼いておられます。
香ばしい焼き色がついて とても美しい玉子焼き。
やさしい雰囲気が とても和みます。

ありがとうございました。
ごちそうさまでした・・・・・・


〔今中〕  明石市岬町26  ℡078-913-6455  木休  →食べログ
今中行く前に→人気ブログランキングにもいっとかなあかんで~~ヽ(^o^)丿

ブログパーツ



明石 | 22:35:39 | Trackback(0) | Comments(0)
師走の築地・築地の秘密基地①≪真寿舎≫

「久しぶりの1日神戸にmidoriはなにをしたか」 シリーズ~~
(そんなものがあったんですね。しらんかった・・・)
次の動きに入る前に

師走の築地  を  ちょっとだけレポート~~~~

師走の築地。 なかなかな混雑です。
この角度から見える風景がわかる人はだれ?

年末はもっとすごいらしいけど、とりあえず今日も今までの土曜のピーク時に近い位の
混雑ぶりじゃぁあないでしょうか?

土曜の築地のごはんは 平日ならいつも行く「高はし」さんには行列しないと入れないし、
他のお魚関係のお店も 最近は行列してたりいっぱいで入れなかったりするので、
お魚抜きで美味しいお店情報を仕入れるのが なかなか重要なのです。

メニュ~

そんななか、今日はこんなところに集まってみました。
普段、というか、わたくし、初めて通る 築地場外の人知れぬ小路の奥。
地図がなければ絶対いけない、地図があっても迷ってしまう(私・・・
そんな 「築地の秘境」のカレー屋さん。 今年オープンしたばかりという≪真寿舎≫さん。

≪真寿舎≫さんで落ち合ったのは
・「築地あるき」で≪真寿舎≫さんをご紹介。それ以来ひそかに≪真寿舎≫さんがブレイクしているらしいという。 火付け役張本人? なべひろさんご夫妻
・なんでも食べちゃう??ってことはないらしいけど、相当食べちゃう 釣りキチ四平さん。 ←ブログ記事に飛ぶと、釣りキチ四平さんのご注文品合いがけ大盛りが・・・
・「高はし」さんに入り浸り状態だけど、今日はもう「高はし」さんに行ってきたからあとは何でもイケますよ、状態の まさぞうさん。

私も、「築地あるき」を拝見以来、どうも気になってたこのお店。
しかも、このところ 蕎麦とカレーを交互に食べてる食生活の流れから行くと
どうしても食べておかねばね。

カツカレー合いがけ

カツカレーの合いがけ1000円。
「合いがけ」というシステムは、築地ならでは。。。なのかな。
カレーなどルー状のものを二種類組み合わせて一皿で頂く技。
先日牛丼をいただいた「大森」さんが牛丼とカレーを組み合わせた「合いがけ」を始めたお店とか。
私は ココ≪真寿舎≫さんが「合いがけ」 初チャレンジ。
しかも、カツカレー(^○^)

これが、おいしかった!ヽ(^。^)ノ ★★
まず、カツが美味しい!!!! これは相当重要なので、めっちゃ高得点。
そして、ちょっとインド系っぽい、サラサラスパイシー系ビーフとシーフードカレーの合いがけが
ちょうどいいゆるさ加減でカツとうまく絡まって、大変よろしゅうございます!!!

スパイシーと言っても、そんなに辛くないんで、私的にはもう少し辛くてもいいかな、と思ったけど
シーフードやビーフや野菜のうまみがしっかりしているので
美味しい。。。。。としみじみ感じるところもあって
これはなかなか奥深いカレーでした。(*^_^*)
食後にアイスコーヒーもついて、これがまた後口をスッキリさせてくれていいんだ~~!
さりげなくいろいろ気を使ってくださるご主人がまたいい~~!

こちらのお店は日々進化しているとのこと。(何度か訪れておられるなべひろさん談)
毎日味わいが変わる楽しさも堪能できるらしい。
カツカレーは また試してみたい!
(私はカツカレーが大好きなのですが、満足できるお店が本当になかなかないもので…・)
ごちそうさまでした!!(●^o^●)

なべひろ・おざわゆきコンビが奏でるミカンのハーモニー。お持ち帰りは嫌よン~(^○^)
<特典画像!>
なべひろ・おざわゆき特製 ≪真寿舎≫マスター仕様ミカンちゃん!
(midoriが勝手に命名:ミカン本体はマスターから頂いたもの)
書かれているお言葉
「甘いか辛いかだけだから~」 は
カレーに関する興味深くも含蓄あふれる
マスターのお言葉より。(と思われる…)

なべひろ・おざわゆきさんの
「築地あるき 2」 は
12月30日、有明ビックサイトのコミックマーケットで
出品予定とのこと!  (→コミックマーケット公式HP

築地あるきのごはんのお伴には
欠かせない一冊だと自信を持って申し上げられる逸品です。
真面目な話、この本が一般に売られていないのは
実にもったいないけれど、知る人ぞ知るという
付加価値がめちゃめちゃ上がるので
正直、今手元にもってるのがものすごく嬉しい。(*^_^*)

なお、ネットのサイトでも一部公開しておられます。
(≪まじめなたまご≫http://www.geocities.jp/yukinabe01/sub2.htm)

なべひろさん、おざわゆきさん、貴重な画像をお借りしました。ありがとうございました。m(__)m

        *****

このあと、仲卸をちょっとだけ見に行くことに。

場外の商品がごった返すお店と人ごみを縫うように進みます。

店の周りがカツオ節の箱だらけになってる 鰹節の≪松村≫さん。
箱だらけ
まるで黒部アルペンルートの雪の大谷のようですね!
雪洞?

仲卸も人で埋まってます。
混雑する仲卸
時間帯もあるのでしょうが、最近は買出しにくる人がすくない、と
あの店でもこの店でも聞いていたので
人が多くてにぎやかだと ワクワク嬉しくなってきます。
スルメ
いつもより お正月商品が気になります。
なまこ
私の天敵、ナマコも めっちゃ元気で触手をグニグニ動かしてます。
そんなもん動かさんでええ!オマエラ!(T_T)
伊勢海老?
イセエビ?も すっかりクリスマスバージョンでしょうか。
今日は土曜なので素人さんの買い物客も目立ってたので
そういうお客さんを目当ての商品も増えているのかもしれませんね。
活き伊勢海老
こちらはお値段も張ります。
マダコ
かなり弱ってはいましたが、活きてるマダコ。
お値段はかなりお買い得っぽかったです。どなたかが美味しく召し上がったでしょうか。
横須賀(神奈川)の辺でマダコがとれるという話は聞いてましたが
あの辺のタコも美味しそうです。 今後試してみたいとおもってます。
 
秘密基地のレポートは 次回もあります。
次の秘密基地をどうしても知りたい人は…人気ブログランキングへとりあえず行ってみましょう~~

きょうのおまけ   波除神社のしだれイチョウ

波除神社のイチョウ


ブログパーツ

 


 



築地 | 00:35:19 | Trackback(0) | Comments(10)
長崎は今日もタコだった! 課題:タコその5@築地
いや~~ん!!! なんて素敵なお顔ッ!
マダコ♀927ちゃん

長崎タコLOVEのmidori、今日も長崎県漁連さんに行きました。

なんと! タコ復活です!!
やった~~~~おめでとうございます!!! パチパチパチ!ヽ(^o^)丿

今日はたくさん入ってます~~~~~!
タコ部屋出現!


初の動画!ちゃれんじ~~~~~! (ちょっと待っててね。現在鋭意努力中!)


≪ここに至るまでの道のり  課題:タコ@築地 過去記事≫ (T_T)なしでは読めません・・・
その1 「課題;タコその1@築地」 2008,8,31付 
その2 「課題;タコその2@築地」 2008,9,4付 
その3 「長崎のタコで明石焼き」 2008,9,17付
その4 「マジ?明石のタコ絶滅?」 2008,9,19付

≪長崎県漁連 東京直売所≫ 「今日のおすすめ」
なんと 今週は、タコさん部屋がちゃんと満たされていたようですね~~~!
なぁんだ、そう言ってくれれば今日は安心して築地に来たのにぃ…・(意味は不明



もちろん購入~~~~!
毎日お値段は変わるようです。 今日はキロ1800円。ちょっと高め。
一匹1,1キロのを頂きました。

卵ついてるオンナの子でしたよ~~ン。
タマゴちゃん。

じつは、マダコは吸盤を見るとオスメスの見分けができるそうです。
吸盤の途中に大きなのがついてるとオス。
今日のみたいに ずーっと粒ぞろいの吸盤さんはオンナの子なんだってさ。
ちなみに前回のタコちゃんは途中にボコッとでかい吸盤がついてる「男の子」でした。
粒ぞろいの吸盤さん
茹でますよ~~  きょうのは 7分位かな。
ゆでゆで。

ひっくり返しますよ~
ひっくり返しましたよ~
この黒いのは へそじゃないよ~ お口よ~~ン。
ジスイズざタコ!

今日は タコごはんにしないので 足が全部そろってます。
綺麗なタコ型。

今日のタコちゃんは いままで最上のいいお匂い。
あま~~~い。 かわいい~~~。
ついお顔を愛でておりましたら お目目の周りにトゲトゲがあったの。
かあいい~~~~~~っ!
ということで トップ画像はトゲトゲお顔 でした。(*^_^*)

茹であがったタコちゃんをスライス。
タコスライス
実食!

ううううう・・・・・ うまぁ~~~~~いぃ~~~~~!!!!! ★★★★★!

なんと、このタコちゃんの香りのいいこと!
ああああ、これこそ、 明石のタコの一番美味しいやつと同じだぁぁぁぁぁっ!
甘いタコのうまみに、そこはかとなく口中に広がる 極上のうまみが持ついい香り。
いつまでもそれが消えなくて、 ずっとずっと夢見心地~~~♪


あああああああああ・・・・・・・ 長崎は~~~今日も~~~~タコだった~~~~~~♪
(今ちょうど前清が歌っとんねん、NHKで・・・ほんまに・・・)


トいうことで、最高傑作タコちゃん♀と共にお送りしました今日の
長崎は今日もタコだった

御清聴ありがとうございましたっ!

PS, 実は今日、とても素敵なかたとご一緒でした。
改めて記事をアップしますね~~~。お楽しみに~~~!

タコ食べ人へのポチ、今日もよろしくお願いいたしますっ!人気ブログランキングへ

ブログパーツ


築地 | 21:12:03 | Trackback(0) | Comments(8)
マジ?明石のタコ絶滅?
今日もタコを求めてセンリマリのmidoriです。 (センリマリ→最後を参照)


先週の長崎ダコに気をよくして  (先週記事「長崎のタコで明石焼き!」)
今日も長崎県漁連さんに
ルンルンはなうたまじりでスキップしながら到着。
水槽!

あの水槽。ありますあります。 
タコは・・・・

おらんなぁ。。。。


「今日はタコはおらんのですか?」
「ああ、タコね。 あれ、特別」
え~~~~~! 長崎のタコ、すごい美味しいやないですか!
入れてくださいよ~~~! 私買いますよ~~~!
「うーん、 タコ入れると他の魚が怖がるんだよね」

そ、それはわかるような気もするけど…・

これから長崎漁連さんにタコが入るかどうかは
わたしら客の声のおおきさ にかかってるんじゃないだろうかっ!

もう、タコは長崎しか考えられんですよ。わたし。(明石の活きダコは入手できんので)
タコご飯が タコ焼き(明石焼き)が 脳内に充満して
タコ酔いしそうなほど。 幸せなんです~~~長崎タコのある生活~~~~!!

「長崎のタコ、明石のタコにそっくりですよ!
タコごはんにしたら すぐわかる!」

と 何気なく訴えたら サラッとおっしゃるじゃぁありませんか!

「そりゃそうばい、明石に放流したタコは長崎の海のだけん(だったかな?)」

えええ~~~ッ!!!!!!

どういうことですか~~~そりゃ~~~!!
というか、もしかして 以前ちらっと耳にしたあの件と関係あるかしら??

ということで検索。 出てきました。

昭和38年の冷害の時、明石のタコが絶滅しかけたので、
天草のタコを放流したらしい。
今の明石のタコは 天草と明石の交配種らしい。
天草観光情報宝島ナビ「魚介類について」

地図、みましょう。 (お手元の日本地図をご覧ください!)

熊本県の天草と 長崎県の諫早、島原、長崎は 島原湾、橘湾、天草灘をはさんだ対岸なのです。
明石海峡をはさんだ 神戸・明石と 香川 のような関係なんですよ!

なんと、天草のお隣の長崎のタコが明石のタコと同じ味なのは
当然だったのだ!!
つうか、いままで神戸で「明石のタコ」と思って食べてたのは
実はほとんど天草タコ(そして長崎のタコ)の子孫ってこと?

ふ~~~~ん。 なるほどねぇ…・

昭和38年の放流、もっと詳しく知りたいと思ってるんですけど
ネットの検索だと なかなか確たることは出てこないんですよね。
タコで検索しても マダコ、ミズダコ、イイダコ、。。。 とか、タコの種類しか出てこないし。


検索中に出くわした ちょっとびっくりしたハナシ。
明石のタコが絶滅?
「絶不調…明石蛸」 2008.7.2 ≪_t_a_l_k_t_o_m_y_s_e_l_f≫
ほんまかいな! と思ってあちこち検索したけど、このハナシはここしか出てこない。
昨日ウチの近くのスーパーで「明石のタコ」売ってたし…・
どこかあるんでしょうかね、この「明石のタコ絶滅」の元ネタは。
どなたか 確実な情報を持っておられたらぜひ教えてくださいませ。


ちなみに、今年は確かにタコは不漁だったようです。
「タコ不漁 成長遅く水揚げ3-5割」 ≪神戸新聞ニュース≫ 2008.8.26
まぁ、この情報の数字をどうとらえるかも 個人の判断によりますが。。。
神戸新聞さん、がんばってくださいね~~!!(*^_^*)

ふむ。 ネット情報の取捨選択、裏読み深読みのさじ加減は 
いつも考えさせられますねぇ。。。 ププ。(*^_^*)



明石市民祭り協賛事業 「タイ・タコ放流感謝祭」2008.8.28

 
        *********************

ほんまにしょーもないことですが おまけ。

前回のタコ記事から使ってる 「千里万里」「センリマリ」 って
なんのことかわからんでも 関西人はつい口にしてしまう言葉です(ほんま?)
で、私も何のことわからんかったんで ウィキ調べました。
センリマリ=海原千里・万里 ですがな。   →ウィキペディア  
え~~~~~そうかぁ、 そういえばおったおった。 そういう漫才コンビ。
もっとびっくりは
海原千里=上沼恵美子 やて!
ありゃ===!!! なんちゅうことでしょう!
上沼恵美子 ゆうたら 東京でもテレビに出始めたとき、
「関西で絶大な人気があったんやって」  て聞いても ピンとこんかったもんね。
なんかエグい関西のおばちゃんやなぁ、、、みたいな感じで。
二人でネタやってるときと、ピンでしゃべくりしてる時と めっちゃ印象違いますやん。

あああ、びっくりした。
今まで全然気がつかんかった。。。。(大汗


【追記】2008.9.23

旦那in八丁堀さんがウチのレポートをご紹介くださっています。
さらに!
つい先日の 明石魚の棚(うおんたな)のタコたちの姿をとらえ、さらには
私はまだ訪問しておりませんが、うおんたなの玉子焼きのお店「よし川」さんのレポートも。

懐かしい明石の玉子焼きのお姿が 黄色く光り輝いております。垂涎です。
どうぞ、ご覧になってね。
「玉子焼き@よし川」 ≪六哀(六アイ)のin東京≫ 2008.9.22付

人気ブログランキングへ

ブログパーツ


明石 | 22:49:21 | Trackback(1) | Comments(16)
長崎のタコで明石焼き! (課題:タコその3@築地)
相変わらずタコを求めて千里万里のmidoriです。

前回、築地で初活きダコゲットのご報告をしたばかりですが (課題:タコその2@築地)2008.9.4付
ついにやりました!

超素晴らしい活きダコをゲット! & 久々の玉子焼き(明石焼き)~~~!!!

えーと、こちらは 築地場外にある「長崎県漁連」さんでゲットした活きダコです。
(長崎県漁連東京直売所HP)

長崎県漁連さん、 この秋、新たに水槽を導入。
そこに 網に入った物体を発見!

おお。 タコじゃないですか!

「今までタコはみたことなかったけど、前から入ってました?」
「いや、初めて。どう?買ってく?」

ということで見せていただき、 即買い。
腹を出してもらい、家に持って帰ると

長崎のタコ
(キロ1500円、1匹1.3キロで1950円!)
まだこんなに元気よ~~~~
なんだかグンナリしてないでしょ?
まだモリモリ盛り上がってくるのよ~~~

(手前はハモです。奥はサンマです。右奥はハモのアラです)

タコごはん

活けダコをゲットしたら まずタコごはん。
これが一番タコの旨さがわかる!
今回、味付けは塩のみです。 醤油が入らなくても タコ色が煮出して
ご飯の色が結構鮮やかなピンクになりました。

タコごはんも・・・・・ オイシィ~~~~!!!
タコ味、ばっちり。 そのかわり、と言ってよいのかな、 タコの歯ごたえバツグン!
タコ、噛んでも噛んでも 噛み切れない。 けど、 味が出てくる~~~!

これは神戸のタコと同じです!

ワクワクしながら 玉子焼き(明石焼き)の準備。
このタコなら、 玉子焼き、できそう。 

できた~~~~!
ウチの玉子焼き

ね!ね! 中はこんなよ~!
玉子焼き解体新書


今回は 浮き粉を少し入れました。
そのせいでしょうか、中のトロッ感がとてもいい。
汁もカツオ&昆布でとって 神戸たこ焼き風に たこ焼きの上からかけていただきました。
(写真撮ってないけど~~~(-_-;)

美味しかった~~

タコ味、完璧です!
神戸(明石)のタコは 手に入らなくても
長崎のタコなら 代わりになります。

これこそ、 私の探していたマダコ!

長崎県さん、 ありがとう~~~~~!!!!!

【追記】 2008.9.17
タコの値段が気になったので、近所のスーパーで見てきました。
「明石のたこ」が100g580円。 「モーリタニアのたこ」が100g398円。
どちらもキロ換算すると 明石が5800円、モーリタニアが 3980円。
活けダコキロ1500円は やはり安いと思います。
ちなみに、前回の活けダコもキロ1500円、そのほかのお店で聞いたのも
偶然かもしれませんが1500円でした。

人気ブログランキングへ

ブログパーツ


築地 | 22:44:23 | Trackback(0) | Comments(28)
課題:タコその2@築地
先週末からタコ三昧のmidoriです。 (前回タコ記事は→こちら)
今日は前回買った活きダコ、茹でておいたのをスライスしてお好み焼で食べました。
タコ以外に冷蔵庫に具がなかったからやけど、なかなか美味しかった。
タコ玉
タコ玉。 これにソースを塗るのだけれど、最近うちではポン酢しょうゆをつけて食べるのが流行っている。 
タコ玉にポン酢しょうゆはまことに合いまする。。。

今回のタコで作ったうちごはん。
タコごはん以外はちゃんとタコの味が利いてて 
正直、東京来て初めて 「タコらしいタコ」 食べた感じ。

ありがとう、築地!(*^_^*)

それにしても 築地で活きダコゲットするのも なかなか大変やってん。

活きダコがあるとわかったのは 仲卸を歩きはじめて 少し経ってから。
築地の活きダコは みかんネットみたいな網に入れられて 水槽に沈めてある。
卸さんが活け絞めにするとき その網から出す。

活け絞めになったタコは 時々店先に並べられているけれど
神戸では 活きてるタコを買う時に絞めてもらっていたので
やっぱり 活きてるのをを絞めてもらうんじゃないと、 と思って探してたんだけど。

築地のタコ、 なんだかずいぶん大きいのよね…・


ある日 とある仲卸さんに尋ねた。

「これ、大きいけど、どのくらいの大きさ?」
「2キロちょっとかな」
「大きいねぇ。 1キロぐらいはないの?」
「1キロ? そんなの美味しくないからウチでは買わないな。2キロ以上ないと旨くないよ」

・・・・そうなんだ・・・・ 

それで いつもいろいろ教えてもらってる仲卸さんに尋ねた。

「こないだ、2キロ以上ないと美味しくないって聞いたんだけど。
 ウチらは700gから1キロくらいまでのを食べてたんだけどなぁと思って」
「関西の人は小さいのを食べるね。 1キロ位の。 東京は大きいんだよね」
「東京のは小さいと美味しくないのかな?」
「それは食べ比べてないから分かんないなぁ…小さめのがあったらとっときますよ」


前回、1キロのタコを茹でてみて感じたのは
タコの身が 「やわらかい」 そして 「味が薄い」 ということ。

どこで獲れたタコだったのか 聞かなかったのは失敗。
これから買う時は 産地を聞いて買おう。
東京の近海で たとえば伊豆半島とか三浦半島とか
半島の辺は タコが美味しそうなんだけど、どうなんだろう?(*^_^*)

神戸で買ったタコは いつも猛烈なタコ味だった。
あの猛烈さは タコの大小にはあまり関係なかったように思う。
あれは新鮮さが かなり影響してるんだと思い込んでたけど

ネットで調べてみると 明石のタコ、1キロ位までが商品として取り引きされてるサイトがいくつか。

味は 大きさも関係あるのだろうけれど 育つ環境にもよるのかもしれないなぁ。
明石のタコは潮の流れがはやいから小さくても身がしまってて味が濃厚、とはよく聞くのだけど?
ひょっとすると 神戸で食べていたタコのタコ味の猛烈さは
明石海峡で獲れたタコ という特異さなのかも?と 今更ながら考える。
 

そういえば 神戸以外で食べて 神戸のタコの味を思い出すタコに出会ったことはないしなぁ。

明石のタコ、 ブランドになるだけのことはあるのかも・・・なんて思っちゃった。(*^_^*)
タコネギ玉
こっちはネギをのっけて 「タコネギ玉」。 ネギもタコと合うねぇ。
これもソースもいいけど ポン酢もイケます。(*^_^*)


【追記】
 タコ研究会のホームページ  http://www.aa.isas.ne.jp/redwell/index.html 

人気ブログランキングへ

ブログパーツ


築地 | 23:55:52 | Trackback(0) | Comments(14)
課題:タコその1@築地
8月最終日の今日は8つながりで「タコ」話を。
octopus


築地で「タコ」 以前に場外のお店で茹でダコを買いましたが(過去記事)
それ以来 家ごはんは タコに縁がありませんでした。  (この場合のタコ=マダコ ね)

やっぱり タコは 生きてなきゃね。

そう思いながらも 
場内(仲卸)で活けダコ、どれがいいのか 選べない。
神戸の魚屋さんだと 間違いなく活けダコ(生きてるタコ)は
明石周辺の漁港から来た地もののマダコ。
築地は 全国からタコが来てるから 
どこから来たタコか、マダコかミズダコか・・・

そういう意味では 生きている魚介類の種類、産地表示のないものもある築地では
素人の買い物は 難易度が高いといえます。
(仲卸さんは聞けばちゃんと産地を答えてくれるのですが、
 素人に時間をつかってられないよ、という顔をされることもしばしば。
 買う気もないのに質問だけするのはお仕事の邪魔になるんじゃないかと
 こちらも気が引ける。 
 私には馴染みになった仲卸さんのお暇そうな時に聞く位しかできません)



そういえばそろそろタコのシーズン終わっちゃう~~~~~(産卵したら味が落ちる) と
以前からチェック済みの 活けダコを扱っているお店に行ってみた。
(前にマダコの卵を買ったお店)

ちょうどいい大きさ (神戸でいつも買う、700g~1キロくらいの大きさ。
ちなみに築地だとかなり小ぶりなほうになる)
のタコを 網から出して〆てるところに遭遇。
築地で見るタコにしては 色も神戸のに近くて薄い色だし、
大きさも手ごろだし。 
チャンス到来か!

「それ、いくら(値段)くらい?」
「キロ1500円」
「1キロくらいかしら?」
「そうだね~それくらいかな」

計ってもらうと ちょうど1キロ。 買いました。
神戸と同じように お腹だけ出してもらって ビニール袋の中に。
家で袋を取り出すと まだ動く!!!!
きゃぁ~~~~~~~~~!

これは タコ をやるときの お約束の絶叫。(●^o^●)
しずちゃんといっしょに。
一緒に買ったしずちゃん(えぼだい)といっしょに。

ちなみに しずちゃんも 先週(下の写真)に比べると大きくなってきましたね~!
しずちゃん

手乗りエボダイ
この大きさなら神戸だったら煮付けだけど、今回は一夜干しに挑戦。

さてさて タコちゃんの塩もみに入りますよ~~~
塩もみ
神戸の魚屋のおばちゃんに教えてもらった ビニール袋での塩もみ。
ビニールの口を縛ってモミモミします。 これなら私でも簡単に塩もみできます。
塩もみ完了
水でヌメリ泡を洗い流した時、タコの皮膚がヌルヌルしてなければ終了。

茹でる前に 生で使う分(タコごはん用)を切り取っておく。
このとき、ふと魔がさして 足の端っ子をそぎ取って食べてみる。
sogitori
お! ウマいっ!!! ★★☆
思ったより身が柔らかい。 神戸のタコだともっと硬いと思うんだけど…
歯触りがよくて、意外に簡単に噛み切れる。 そして、甘い。 
タコのうま味が 軽く残る塩もみの塩味で絶妙!
これ、ウマ~~~~~い!!!!

iikanzi
東京はタコ刺し(生)があって あれがどうも不思議だったんだけど
これなら美味しい。 タコ刺し、アリです! (●^o^●)
足の根元を刺身用に多めにとり置く。 

茹でます。
茹で
神戸サイズ700gで7分、これは1キロあったけど足が半分になっちゃったから軽めで6分くらい?
茹であがり
茹であがり。

色はナイス。
味は・・・ 思ったより タコうま味がかなり薄いかなぁ。。。。
茹で汁も タコ臭さが少なくて、旨みが出てはいるけれど、、、(^_^;)
ちょっと想定外のお上品さ。 やっぱり明石のタコみたいにはいかんねんな。。。


あとは生の足をぶつ切りにして タコごはんへ。
茹でダコの タコウマが少なかったので 
神戸ではやったことなかったけど 昆布を足して、 味も塩と薄口しょうゆで。
(神戸では昆布なし。醤油もほとんど使わない)
築地タコでタコごはん
あ、ちなみに生ダコ使うタコごはんの作り方は広島は三原の知り合いに習いました。
今まで食べた中でこの知り合いのタコごはんが一番美味しかったから。

色よし。 (写真は茶色っぽいですが、 混ぜるとゴハン全体がピンク色に)
味も・・・ なかなか好評ではありましたが・・・

正直、タコだけの味ではないのが 私には不満。
タコごはんは 嫌ッ!というほど満ち満ちたタコ味で食べたい~~~~!
それに、なぜかタコが硬い! タコごはんでこんなにタコが硬いなんてビックリした。

私に仕込まれタコごはんにはうるさい娘も 「う~ん、いまいち、かな」
さすが。 タコをわかってるね~娘!

ご飯をけなされて喜ぶのもなんだけど
……なんですね…‥ 明石のタコを超えろとは言わないが
明石のタコ並のタコをゲットするのは まだまだ道遠し…・ なんですかなぁ…

御参考までに 神戸のタコごはんをのせておきます。
タコごはん@神戸
なんとなく タコの身がはち切れているようだよね。
なにかしらの違いがあるんだろうね~~。


タコ話、 もう少し詳しい話をまた改めて。

人気ブログランキングへ

ブログパーツ

築地 | 22:14:23 | Trackback(0) | Comments(0)
幻の・・・ たこやき≪信川≫@垂水廉売市場 【隠れた名店】⑥
これが信川のたこ焼きじゃ!

たこやき 信川  垂水廉売市場内  →ウェブサイト
神戸市垂水区神田町6-7  (垂水廉売市場内) ℡078-707-1398
営業時間 12:00~18:00

midoriです。

先だって ちょっと知り合いにお願いしていたクール便が届いたので
何気なく あけてびっくり 玉手箱。

たこ焼きが入ってました!

クール便で届いたたこ焼き!


垂水廉売市場の ≪たこやき信川≫さんのたこ焼きです(^_-)-☆
信川1


垂水廉売市場の 過去記事は こちら↓
◆なまこ*垂水廉売市場2006.12.29付
◆焼そばは太蒸し麺!≪島谷商店≫2008.5.14付 

実は、≪信川≫さんは ≪島谷商店≫さんのお隣さん。
玉子屋さんの手前。 なまこ屋さん(と今でも私は呼んでいるが、今は閉店)と≪島谷商店≫さんの間。

子どもの頃は ≪信川≫さんでたこ焼き買うことは なかったんですね。
なんでかというと、母が「だめ」ゆうから。
ウチの母、屋台での買い食いはもちろん、
肉屋さんのコロッケすら買い食いさせてくれへん人やったんです。
自分は子どもの頃屋台で思いっきり買い食いしとうくせに・・・
なんやねん。おかん。

中学なって 学校帰り どうしてもお腹すいてしかたなかったんで
学校帰りに第一中野センター(宝船本舗さんの、あそこね) の肉屋さんで買い食いしてましたけどね。(笑

≪信川≫さんのたこ焼き。
東京で神戸の友達に会ってるときに 何度も耳にした店でした。
廉売市場のたこ焼き屋。
とにかく安いだけやなく、ほんまにおいしいたこ焼きや。 て。
≪島谷商店≫さんの話するときにも 「ああ、あのたこ焼き屋さんの隣のな」。
≪信川≫さんは 道路標識ですかい。ヽ(^o^)丿

それで 気になって仕方ない≪信川≫さんやったんですが
まぁこれが ほんまに なかなかたこ焼き焼いてはるところに出くわさん。
≪島谷商店≫さんに行くたび見るんですけどね。
シャッター閉まったままやったり
シャッター開いたばっかりやったり

お好み焼屋もたこ焼き屋も行き慣れてる 神戸っ子はわかると思うんですが
お好み焼もたこ焼きも 店開いてすぐにはできへん。
鉄板あったまるのには 時間がいる。

まぁ そういうわけで なんやかや 初めてたこ焼きをゲットできたんが
去年やったわけです。 

で、いきなりですが その時初めて遭遇した ≪信川≫さんのたこ焼き!信川たこ焼き一舟

うほぉ~~~
皮パリッパリ。 アツアツで美味しそうっ!!

これで なんと250円? (2007年12月時点)
安~~~!

「もって行かれますか? 奥でも食べられますけど」
おねぇ様が優しく声をかけてくれます。
あ、どうしよう。
普通やったら持って帰るとこやけど、 初めてのお店やけど なんか居着きたい雰囲気。

「奥って ええんですか?」
「あ、奥ゆうても ココですけど よかったら」
ゆうて案内してくれはったんが 焼き台の後ろ。 カーテンで仕切られた「奥」。
奥!

テーブル向こうのカーテン、わかります?
そのカーテンのさらに向こうで おねぇ様が焼いておられます。

「お茶、よかったらどうぞ」
うわ~~~! めっちゃすいませんッ!!!

ちなみに、≪信川≫さんの向いに 休憩所みたいな場所があります。
閉鎖店舗の後を改造して 市場内でちょっと一休みできる場所にしてあるみたいです。
そこで食べても ええらしい。

さて。 たこ焼き。
ソースはつけんと このまま頂きます。

これが信川のたこ焼きじゃ!


皮がパリっ!
中がトロッ!

あああああ!!!! ウマい~~~!!!! ヽ(^o^)丿 ★★☆

生地に出汁の味がしっかりついていて、 しかもこのトロかん。
トロ感は 明石焼きの≪松竹≫さんを思わせ 
皮のパリ感と生地のトロ感、そしてトロ生地の出汁のトータルなパフォーマンスとしては
これ、大阪の、例の≪会津屋≫さんと なんかめっちゃ近い感じがするんですけど!!!

ほんまに これはオイシィ たこ焼きです!
明石焼きとたこ焼き 両方の美味しさを 子どもの手に届くお値段に設定した
超B級グルメの至宝!!!


私の絶賛に おねぇ様、 ほんま恐縮しておられました。
「お店は いつやってはるんですか?」
「まぁ、だいたい お昼位からですね。 何時にというのはないんですけど」
「混んでて待つということもありますか」
「まぁ、すぐにできるもんやないんでね。 待っててもらうときもありますけどね」

ていねいに作ってはるから 時間はかかりますよね。
だからこその この美味しさなんでしょうね。


で。 冒頭 うちに宅配されてきた ≪信川≫さんのタコ焼き。
チンしたらええ、と 送ってくれはった知人は言うとってでしたが
いやいや。 チンはあきません。
自然解凍して 明石焼きの台で 焼きなおしましたよ。
焼きなおし
 
わかります?
このタコ焼き、思ってるよりでっかいんですよ。
明石焼きの台の穴いっぱいになります。
≪会津屋≫さんのは ラヂオ焼きゆうか 普通のタコ焼きよりもだいぶ小さかったんで
≪信川≫さんのは ほんまにたっぷりのボリュームなんです。
出来上がり

お店の焼きたてと比べると やっぱりトロ感が足りない感じですが
それでも外がカリっとなって 美味しかった~~~!!!

ごちそうさまでしたっ!!!ヽ(^o^)丿

おまけ

≪信川≫さんで発見。

あっぷる!


これ。
あっこでもみたなぁ(*^_^*)

人気ブログランキングへ

ブログパーツ



街あるき | 10:50:17 | Trackback(0) | Comments(6)
≪きむらや≫ 玉子焼き(明石焼き)
 久々の餃子記事書いたら、
まだ書いてない食べ物系の記事が気になってきたので それをまずは片付けさせてください。
(時間がたつと どんどん忘れていく。。。)

明石焼き。 なんで明石焼きのこと書き始めたんやろう?と思って過去記事見直してみる。
あの頃は「神戸に帰ったとき まず食べる物」 というネタで書き続けてたんやね。
確かに明石焼きは 東京ではまず食べれん。
今でも神戸に帰ると大概一度は明石焼きの店に行くかお持ち帰りする。
あの 余所にない独特さが 郷愁をそそるんやね。

≪きむらや≫。

ひさしぶり~!

一番最初にアップした明石焼きの記事にも ちょっと触れている。
懐かしいその名前の記憶は 30年前の高校時代から。
過去の記事→玉子焼き(明石焼き)

・・・・・以下、玉子焼き (明石焼き) ≪お好み焼道場≫2007.3.5付当ブログ記事より抜粋・・・・・

(前略)明石焼き、ゆうたら 【きむらや】 さん(→HP)にも 高校の頃には よう行ったなぁ。
こっちは明石焼きとおでんがあったんは覚えてるけど、多分、明石焼きがメインのお店やったんちゃうかと思う。
お好み焼きはなかったんで、ちょっとオヤツ代わりに明石焼き食べよか、ゆう感じでいく店でした。
その頃はそんなに並んでないから、友だちとフラッと行って お客さんがそんなにおらんと
おでんのでっかいタコの足とか食べたりして ゆっくり駄弁ったりしてた。
【きむらや】 さんは、1人前が20個やった。他所の店が1人前10個やったんで、ちょっと値段が張ったけど割安感が強かった。それで人が並ぶようになったんかなぁ、と最初思ってました。
そのうち、行列がどんどん長くなって、あんなん、よう並ばんわ、思って行かんようになりました。
それでも子どもにやっぱり 【きむらや】 さんのも食べさせたいと思って 一度だけ、行列がかなり短くて数人並べばええ時に、よし、と思って並んだんを覚えてます。
 並ぶ、ゆうのも性に合わんけど、そのとき、以前は汁に三つ葉で出してくれてたんが、ネギになってたんで、それからすっぱり行かんようになりました。(後略)       ・・・・・抜粋ここまで・・・・・




高校時代、明石で遊んでいた時に明石の友達に教えてもらって行った店。
一人前の数が多い(20個)のと、 駄菓子屋さんみたいに
ダラダラ友達とダベってられるのんびりした雰囲気がよかった。

上記のように、ここ10年以上、≪きむらや≫さんからは遠のいてた。
明石焼きの記事を書くようになってから ずっと気になってたんやけどね。
朝早く明石に寄ったら 偶然 開店直後で人が並んでない≪きむらや≫さんに遭遇。

暖簾をくぐると・・・

チャンス到来! 久し振りに暖簾をくぐる。
「もうやってますか?」
「は~い。もうやってるよ~。どうぞ~!」
おねぇさん達の元気のいい 懐かしい声の響き。
思わず30年前にタイムスリップ。 スルッと店内へ。

店の中1

まだこれから忙しくなるお昼を迎える準備中、というかんじ。

おねぇさんたちは チャキチャキお店の準備をしながら 注文聞きにきてくれる。
「玉子焼き1枚とタコ足、スジおねがいします」
玉子焼きを1枚2枚で注文する時、他の店でフッとお店の人に感じる距離感が全然ない。
30年前。 ここでこうやって頼んでたんやなぁ。私は。

店内2


大通りから見えるように ガラス越しに玉子焼き作ってるところは 店内から見るとこんな感じ。
こういう風におねぇさんの背中を眺めながら ダラダラ夏の午後を過ごしてたんだった。

懐かしいタコ足。


玉子焼きを作ってる間に 頼んだタコ足とスジが来る。
タコ足。 一本500円。 相変わらずでっかい。
このタコ足を頼むのは 当時万年金欠病の女子高生にはずいぶんな散財。
初めて食べたんは、連れて行った友達がきむらや初めてで 思い切って頼んだんやったかな。
あのときの ちょっと背伸びした気分を 昨日のことのように思い出す。

タコ足。 相変わらず やわらかい!
なんでこんなに柔らかいんだろう!!
あの時も そう思ったなぁ。
ほんのり甘い かんとに(関東煮)の味が懐かしい。
この香り、この味。 ほんま、30年前のままです。

スジは一本250円。
このスジは スジといいながら ほとんどすね肉のように肉がいっぱいついてる。
からし醤油つけて食べると美味しい。
肉多い分、ちょっとパサパサしてるけどね。
まぁ、これはこれでええんちゃう?  ちょっと値段は高い気がするが・・・

これがきむらやの明石焼


「はい、おまちどう!」
きました! 玉子焼き! 1枚20個800円!
玉子焼きの生地もしっかり味付いてるし。

ううむ。
久しぶりやけど 埋没した記憶の中にある≪きむらや≫さんの味と
瞬間に重なった。

そして・・・ 思わず 「ウマいやん!」とつぶやく。

≪お好み焼道場≫さんのと比べると、小さめ。
さすがに≪お好み焼道場≫さんのは玉子が多い、玉子玉子してるけど
それとまた違った良さがある。
でも、なんか≪きむらや≫さんのも好きやった。
記憶の中で「ネギショック」で消滅されていた≪きむらや≫さんの玉子焼きの味。
いつの間にか 「記憶に残らない味」に記憶をすり替えてしまっていたけど
ここ何軒か 他のお店を食べ歩くようになって 改めて食べて
「こりゃ、なかなか美味しい!」 と思える味だった。


ところで、懸案の出汁ですが、 記憶に残ってるものより 
魚系の出汁の味が強くなってる感じがする。
これやったら 浮き実がネギでもええなぁ。
バランスは よいと思われ。 ちょっと長田の≪ゆき≫さんを思わせ。
よいんじゃないでしょうかっ!



タコでございます。




タコ。しっかりした歯ごたえ。味。
これぞまさに「明石やで!タコやで!」ゆうかんじ。懐かしい。この味。

オシャレさはないけど、おやつ感覚で玉子焼き食べるには
この店の雰囲気と いくつ食べても食べ飽きない味がええね。


おねぇさん達、お水付き足しに来てくれたり、何やかや 声かけてくれる。
そうそう。 この感じこそ、≪きむらや≫さん。
≪きむらや≫さんも≪お好み焼道場≫さんも
おねぇさんたちが 同じような雰囲気で それがとても居心地よかったんやね。
ほんまに久しぶりやったけど、 よかった。また来れて。

人が並んでなかったら また来たいなぁと思ったよ。
懐かしさ味わいに。 タコの足食べに。

≪きむらや≫   明石市鍛冶屋町5-23    ℡ 078 (911) 8320
                     営業時間  9:00~17:30頃
                             (仕込分が無くなり次第終了)

(撮影は2007年9月)

人気ブログランキングへ

ブログパーツ


明石 | 21:31:25 | Trackback(1) | Comments(2)
築地土曜会・春の陣 ② 珍品?珍味?
朝ごはんも無事終え、「築地土曜会」の皆さんと 場内へ。
いつも私が築地に入る時間よりも約3時間早い。
いつもはもう店じまいしている仲卸のお店の前に まだまだ山もりのお魚が残っています。
人も多い。 荷車もターレットも 多い。
元気いっぱい 大賑わいの 築地の朝です。

場内!

みなさん プロっぽい方ばかり。
お邪魔にならないよう ひらりひらり 人波をかわしながら進みます。

前回ご紹介した ぼうずコンニャクさん (→ぼうずコンニャクの≪市場魚貝類図鑑≫) が
歩きながら お魚の説明をしてくださいます。

築地には 日本全国からやってくると言ってもいいくらい
様々な地域から様々な魚貝類が大量に集まってくるわけで。

途中
「あ、これ、お買い得~!」
と おっしゃる。 そうすると ササッと 何人かの希望者が購入する。
そうやって お買いものしながら 築地を歩くのです。

これ、めっちゃ楽しい。

中央オオコシオリエビ


この写真中央の くすんだオレンジ色の物体。
オオコシオリエビ 言うんだそうです。 
→〔オオコシエリエビ〕 ※ 前回に引き続きぼうずコンニャクさんの『市場魚介類図鑑』より
今まで全く視界に入ってこなかった種類のものです。
これはぼうずコンニャクさんも「市場に出てるのは珍しい」とのことで みんなで分けるべくお買い上げ。

オオコシオリエビのお味は お味噌タンマリでオイシかったらしい! くわしくは
→カメの歩みさんの≪どんとこい!酒♪肴♪オカヤドカリ♪猫♪ハゼ≫ 『久々の築地!!!その3』。

ちなみに オオコシエリエビの向こうに見えるのは 名前見そびれちゃったけど
関西でよく見る若狭ガレイ? →〔ヤナギムシガレイ〕※
このカレイをみると 母が好きでよく買っていたこちらの干物を思い出す。 →〔コケビラメ〕※
場外でもたまに目にすることがある干物です。
普通のスーパーではまずお目にかかりませんが・・・
 
思いがけず 故郷の懐かしい香りがする 築地。

名前なんだっけ?

突然 バルタン星人登場!
これは 場内で迷子にならないよう御同行頂いていたメンバーの方が 
標本をつくるために  お持ち帰りになったエビちゃんです。
参加者の方々、それぞれが 甲殻類やらほにゃらら類やら 造詣深く
マニアックにお魚を見つめる様子を拝見するのも なかなか楽しいのです。

バルタン星人を包んでもらっている間に、買い主の方にクルマエビの見分け方を教えていただきました。
目の前で 「ここが こうなってるのがクルマエビ」 と 実物見ながら教えてもらうと
「な~るほど!」 わかりやすい!!!  →〔クルマエビ〕 ※
次回 車海老のお買い得品があるとき、ここをチェックすればいいのね! 
こういうお勉強、楽しいぃ~~~!


懐かしいといえば  珍しさのニュアンスがちょっと違いますが、 こんなお店も。

鯨屋さん

今は珍しくなっちゃいましたね。 クジラのお肉。
ときどき東京のスーパーでも 刺身用 として売られてますが。
私が子どもの頃は 垂水廉売市場で これほど大量ではないけれど
種類いろいろ並べて やっぱりこんな雰囲気で クジラのお肉売ってました。
→当ブログ 『垂水廉売市場*なまこ』2006.12.29
ここで買えば 選び放題。 って、もう何年もクジラ食べてない気がする…


ところで、 ほとんど漁港直結のような神戸の行きつけの魚屋さんにも 
時々見なれない魚貝が並んでることがあります。
気になるとお店の人に 「これなに?」 って聞く。
たいてい 名前だけじゃなくて、 食べ方も教えてくれる。

こういうやり取りが なかなかに楽しい。 築地も 基本は同じような感じです。
素人は相手にしないとよく聞くし、 実際そういうお店もあるのでしょうが
お店の人の雰囲気とか、 お店の状態とか見ながら 声をかけられそうなお店で声をかけると
たいてい 快く対応してくれる。
人とのやり取りが楽しいのは 普通の市場と同じかなぁ・・と思うんだけど・・・

それにしてもこれはなんじゃ???

巨大な・・・


ちょっと前から気になってた この 巨大風船羊羹・・・  ではないようだ・・・
私の好きな 軟体類卵系 でしょうか?

→〔ミズダコ〕 ※

ミズダコというのは、 東京でよく目にするタコの種類。
神戸でよく見るマダコより ずっとず~~~っとでっかい。
北の方でよくとれるタコのようです。
スーパーではしゃぶしゃぶ用に生を薄くそぎ切りにして売ってる。(あと、お正月の赤い酢ダコ)
この卵っぽいのは さすがにスーパーで見た記憶はないのですが、でかいよ。げんこつ位ある。

結局 今回も悩んだ挙句買わなかったのですが、 前述 カメの歩みさん。
さすが! しっかりゲット、当夜のアテにしてらっしゃいました!

→カメの歩みさんの≪どんとこい!酒♪肴♪オカヤドカリ♪猫♪ハゼ≫ 『久々の築地!!!!』。

築地に行っても ついつい 顔なじみな魚を買ってしまうんだけど、
こうして 他の人に教えてもらいながら歩くと 新しい味覚に出会える。
お店の人に聞いたり 他のお客さんの買い物を見たりして 
これからは もっと未知の味に出会いたいなぁ!


そういうものの、 とちゅうで出会った 若狭ガレイ? に 郷愁そそられ
次回は ちょっと関西系の懐かしいお魚を並べてみようかな。




人気ブログランキングへ

ブログパーツ


築地 | 00:00:00 | Trackback(0) | Comments(4)
そうだ築地、行こう④ 早春の築地 イイダコに飯が入りました!
築地シリーズ。 今回は 早春の築地からのレポートです。

12月に神戸に帰った時にコウバコがずいぶん目につきましたが
築地でもコウバコ、1月に入ってからもずいぶん並んでいました。
値段は 神戸が茹でてあるのが1杯300円位。 築地は場内でも300円から上、場外だと5~600円位だったでしょうか。

コウバコ

写真のコウバコは 場内で 店じまいギリギリの飛び込みだったので
10杯3000円で頂いてきました。
活きコウバコ(持って帰ってからもブクブク泡吹いて手足バタバタさせてた…)なので
かなりお得! いい買い物でした!


コウバコの漁が終わるころ、 子持ちイイダコが目につきだしました。

イイダコといえば 過去にこういう記事を書いたんですよね。
→ 『飯(イイ)の入っていない飯ダコ』 2006.11.13付
あの当時は東京でイイダコが食べられんと思っていたんですが、
昔は東京でもイイダコを食べていたし、今でも食べられていると知って 嬉しかったのを思い出します。

2月半ばの今は 子持ちイイダコのトロ箱を あちらのお店でも こちらのお店でも
見ることができます。
ちょっと白ッぽい感じがするのは 結構あちこちで見かけます。
透明感がなくなってちょっと白っぽい色になったのが 脱力的に墨にまみれておるのですが
キロ当たり1100円から1300円くらいが 多いかな?

ちょっと白っぽいイイダコ

こちらのは結構綺麗な色で 1キロ1500円。
これでもいいかなぁと思ったんですけど・・・・

ちゃんと 生のタコ色(灰茶色というのかな?)のもあります。
これ↓なんて 神戸で売ってるのと 色がそんなに変わらないでしょ?

生のタコ色してて 物もよさそうだし、飯もしっかり入ってるようなので
ついに 買ってみることにしました。
キロ当たり2500円。 一匹がかなり大きい。
4匹で0.6キロ、1380円です。

これ↓はかなり大きいんで、値段的には 神戸で買うのとそれほど変わらないようにも思うのですが
どうでしょうか?
値段のリサーチは今後の課題ですね。

イイダコ

4匹で0.6キロ。 一匹が結構大きい方なのではないかと思います。
ちなみに まな板の長い方、36センチです。

塩もみ後のイイダコ

おっと、大変!
神戸でイイダコ買ってくると お店で墨抜きしてくれているので
塩もみすると すぐ茹でられるんだけど。。。
これは何にも手を加えてない。 どうすりゃイインダコ?

とりあえずネットで調べて 胴の中のワタと墨は捨てちゃうということだったので
裾のへんから指をつっこんでワタを引っ張り出し、指でちぎり取りました。
ワタと飯(卵)がくっついてるかと思ったら そうでもなくて
一緒に飯も捨てちゃうんじゃないかという心配は 杞憂に終わりましたが、
さて、このでっかい肝。 美味しそうやけど 食べられへんのかなぁ…‥????
これは次回の課題です。 お店の人に聞いてみなくちゃ。

飯、入ってます。

横から写してみました。
結構飯の入ってるふくらみがわかりますね。
左隅に見えるのが 美味しそうだけど 捨てちゃった肝です。

煮てみます。 直接煮汁にぶっ込みます。 煮汁は水、酒、醤油。(このときは濃い口だったかな)

煮る

胴を割ってみます。

腹いっぱいの飯

うほほほほ!
腹いっぱいの飯です!
しっかり飯が入っていて 満足!!

しかし、神戸で食べるのと比べると 鮮度の関係か
やはりタコ味が劣る感じはあります。
昼網の 活きてるイイダコとは 比べる基準が違い過ぎなんでしょうね。
仕方ないねぇ。 このレベルが東京では限界なのかねぇ。

なにはともあれ、子持ちのイイダコ、東京でも結構扱われているし 
美味しく頂けるとわかって 本当にウレシイ!

人気ブログランキングへ


ブログパーツ


築地 | 14:57:13 | Trackback(0) | Comments(2)
【番外編】 大阪のたこ焼き≪会津屋≫あの有名店の催事出店に遭遇! 
ふと立ち寄った銀座『松屋』の催事場で (『松屋』銀座のHP)
かの有名な大阪たこ焼きのお店『会津屋』さんに遭遇。 
会津屋 @ 銀座松屋

(『会津屋』HP)
『会津屋』さんといえば 『美味しんぼ』にも取り上げられた有名店。
大阪たこ焼きの名店。

そんな『会津屋』さんに こんなところで出会えるとは!!

12個500円。

う~ん、どうだろう… 

大きさは ちょぼ焼きサイズというのだろうか、 明石焼きよりも小さい普通のタコ焼きよりも
さらに小さな穴の焼板で焼いているので、 出来上がりも当然小さい。

材料に使われているタコは 結構大ぶりに切られているので
ちいさな生地に目一杯タコ、という設定は なかなかそそられるものがある。

けど、 小さいよなぁ。
12個500円かぁ…
持って帰って食べたら 出来たての味がわからんしなぁ…

たかが500円、されど500円。

開店直後で 会場内に人がまだまばらなのをいいことに
他のお店を見に行ったり 『会津屋』さんの写真を撮ったりして
うろうろしていたけれど、なかなかふんぎれず。

それだけ 小さくみえましたのよ、 こちらのタコ焼きは・・・



まぁ、そうは言っても もう二度と『会津屋』さんのたこ焼きを食べるチャンスはないかも。
そう思ったので 結局12個入り一箱500円をゲット。

家に持って帰ってまだほんのり暖かなたこ焼きをいただく。
CA250448_20080220211207.jpg

おっと~!

ふたをあけると、焼き場でも小さく見えたタコ焼きが
しぼんでさらに小さい…

CA250447_20080220211259.jpg

もうこれは ほとんど おちょぼ口サイズ。

あ、だからちょぼ焼きか、 なんて冗談も空しく響く冬の昼下がり。

一口。食べる。

おおおおお。


美味しいやん。

生地の味がしっかりしてる。
何もつけなくても、冷めても美味しいって、 確かにそうだね。 美味しい、おいしい。

タコと生地のみ、明石焼きと同じ。
大阪のたこ焼きのイメージ、キャベツや紅ショウガや天かすやネギなんか
ごちゃごちゃ入ってるたこ焼きとは違う。

中のタコ。
CA250449_20080220211334.jpg

結構大きいよね。
まぁ、がわが小さいから 比較すると大きく見えるのは当たり前やけど
しっかりしたタコの味が これはなかなかなお味ですのよ。
今まで食べた明石焼きのタコに匹敵する美味しさ。

これはねぇ、 大阪のたこ焼きというより、 明石焼きのお持ち帰りバージョンですがな。


外はカリっ、中はトロットロ。
生地にしっかり味がついてる。

これを出汁に浮かして食べたら そのまま明石焼きやん。


美味しゅうございました。

できれば腹いっぱい食べれるだけ 量があればよかったんだけどね。



ちなみに お持ち帰りの中に入ってたリーフレットはこのように書かれておりました。
『大阪のたこ焼きは、昭和8年、会津屋の初代遠藤留吉が肉、コンニャクなどを入れて焼いたラヂオ焼がはじまりです。
 その後、もっとおいしい大人の味をと考え、昭和10年、『明石のたこ』と『ころも』に味をつけて焼いた大阪のたこ焼が生まれました。
 戦後、ソースの普及により、ころもに味がなくなり、色々なものが入ったのが出まわって、庶民ほんらいの味からはなれたものが増えてきました。 
 たこ焼とはソースをつけない、手もよごさずさめてもおいしいのが本物です。 
 なにわの味、大阪の味、それを代表するのが元祖たこ焼の会津屋です。  皆様の憩いの友、おみやげとして、七十数年焼き続けて参りました。
 これからも味の追求を続け、よりおいしいたこ焼、皆様に愛されるたこ焼を目指してガンバリますのでよろしくお願い申し上げます。』

→人気ブログランキングへ


【追記】
ニキニキ日記で≪会津屋≫さんに行かれたようなのでチェックです!(*^_^*)
◆たこやきの元祖 会津屋 2009,1,14付 
ええなぁ。。。現地取材出来て!(^○^)



ブログパーツ

東西味違い | 13:34:13 | Trackback(0) | Comments(2)
そうだ 築地、行こう。①  築地の魚は元気か?
神戸富士の追っかけに疲れたので ちょっと休憩。
(再度山シリーズの続きは 少し形をかえたアプローチで また後日アップします)

さてさて。

神戸を離れて もはや30年。
いつまでも神戸を思って メソメソしている場合ではない。
とはいうものの 郷愁そそられる要因の一つに
「(東京では) 魚が食べられない」 というのがある。

東京でも以前は活きのいい魚が揚がって 江戸っ子も江戸前を食べていたようだけど
今や日本の人口の10分の一が住む(関東近県を入れるともっとになるだろうね)
東京という食料の大消費地には 近県から水揚げされる魚だけでは
とてもじゃないけど間に合わず
日本全国から かき集めるように 魚だけでなく様々な食料が運び込まれ
それでも足らずに 外国からも輸入され 日々大量に消費されている。

魚が 水揚げされてから 消費者の口に届くまで いったい何日かかるの?
パック詰めにされて 透明感が遠のき、心なしか肉質が少し柔らかめに見える
東京のスーパーの 切り身の魚を目にすると
私には とてもじゃないがこれが魚とは思えなく。

そんな中でもマグロは東京の方が ず抜けて美味しいので
「さすが東京!」とは思っていたけれど。
あと、サンマ、イワシね。
私が東京に来た30年前でも それこそ銚子沖で水揚げされるサンマやイワシは
東京のスーパーでも 尾頭付き 目も透き通ったものに時々出会えることがあって
さすがにこれは旨い。

秋刀魚の時期になると 関西よりも 相当高いテンションで (としか私には思えないけれど)
みんなサンマを買いに走って 塩焼きにして ウマいうまいと食っている。
なんとなく わかりますか? この感覚。
そうさ。 塩焼きの魚がウマい ということは 魚が新鮮でウマいということ。
東京で魚の味が楽しめるのは サンマやイワシ。 それと
たまに豪勢に気張って マグロの刺身。

それ以外の魚は 切り身で おおむね冷凍か解凍物というかんじ。

魚の 旨味、甘く感じるあの旨みが 全く感じられない魚。
パサパサするだけで味がないとくると 魅力を感じないのも無理はない。
東京で生まれ育つと 魚のおいしさを知らずに成長しちゃうんじゃないかと
人ごとながら すごく心配になってしまうほど。

普段の味のないお魚なら 関東の甘辛い味付けの煮付け、 とても理解できる。
魚の味じゃなく 甘辛味で食べてますものね。あれはどう考えても。

ところが 最近 東京でも急速に 魚事情がよくなってきていて
東北、北海道からの海産物はもとより 新潟からくる新鮮な尾頭付きの魚の量も増えて
スーパーでも「相模湾の昼網」などと称して 神戸で見かけるのと変わらない
新鮮な魚を見かけることも多くなった。

でも、こういう魚は 付加価値があるせいか 割高感があるのですよ。
毎日お魚三昧どころか まず お口にできません。

神戸にいる時は2日に1度以上は魚を食べていたのに。
いくら牛肉の代わりの豚肉が安くておいしいとはいっても
魚eaterとしては 耐えられるもんじゃぁありません。

まぁ、久しぶりに長々の前書き。
今日は興奮冷めやらぬ 初めてのおつかい ならぬ 初めての築地 ですからね。
盛り上がっておるわけですよ。


で。
最近ブログで仲良くしていただいている ≪春は築地で朝ごはん≫ のつきじろう様の記事を
何度も読んでいるうちに
「これは 築地に行かなきゃだめだろう」 と思うようになりました。

魚好きとしては 『日々の生活で魚を食えないストレス』 を 一気に解消したい。
さらには 神戸おっかけブロガーとして
東京で手に入る 神戸の味! これを 探求したい!

要するに
『 東京に居ながらにして 神戸の魚を食べてる気分になろうじゃないか!』 という企画。
いつもの如く 勝手にぶちあげることにいたしました!!!!!


とりあえず 今回は てっとり早くご報告!

築地に行けば ウマい魚が買えるっ!!!!


今回 初築地 の記事は 次回ゆっくりアップいたしますが
この写真だけは 載せておこう!

築地でみつけた マダコ!

築地記事一号 マダコ 姿

ウマかったッ !!!!!

築地記事一号記念マダコの切り身


見てください!
赤く着色されてません!
活けダコを〆てもらって家で茹でたタコと 同じ色!
どうです。
この素材だけで勝負しようという 潔い姿!

味は・・・ 次のブログあたりで詳しく書きますが(たぶん)
私的に 合格点ですっ!

これで一匹丸ごと 900円。
普通 この大きさだと スーパーで 半身で500円弱。
(先ほど近所のスーパーで見てきたら 外国産のマダコ100g198円だった)
高いときだと 700円近くする。
最近 外国産のタコが多くて 国産のマダコは 探さないとなかなか見つからないし。


そんな中、 このサイズで
しかもちゃんと 「タコの味がする」!!
そして 「柔らかくちゃんと半レア ジューシーに茹でてある」!!!

それで この価格。 安い! 安すぎる!!!!!

明石焼きを作ろうと 久々に思った・・・


カワイイたこじろう!!!



築地に行けば 神戸で食べていた魚の味を しっかり思い出せる味が体験できると知った私。
ああああ。
これからは ちょくちょく築地に行って 神戸の味を 懐かしもう!


素晴らしい築地へのナビゲーターは いつもお世話になっております、早坂様のブログ
 ≪神戸っ子ゴハン≫ つながりで
関西出身の築地ブロガー (?とでもご紹介すればよいのだろうか?)
≪春は築地で朝ごはん≫ の つきじろう様。

つきじろう様のおかげで 初築地から よいお店に恵まれました!
本当に感謝、感激です。

これから私も ちょくちょく 築地情報をアップできればと思います。
神戸の情報と併せて 比較などできたらなぁ。



アクセスランキング
ブログパーツ

築地 | 11:36:48 | Trackback(0) | Comments(8)
【番外編】 東京で明石焼きゆうたらここで決まりやね!≪多幸兵衛≫上落合   玉子焼き(明石焼き)

(残念ながら 絶品明石焼の「多幸兵衛」さんは2010年春、閉店しました。2010年6月追記)
 ◇【多幸兵衛】さんの食べログ情報 http://r.tabelog.com/tokyo/A1319/A131901/13004345/dtlrvwlst/1583029/
 ◇ ウチの【多幸兵衛】さん閉店関連記事 http://mdr55.blog74.fc2.com/blog-entry-383.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さてさて。 お久しぶりです。
さっそくのネタは・・・・・・ 神戸やなくて、東京の話題。
すいません。 このところなかなか神戸の記事がまとめられんと。
つい先日行ってきた、東京の 明石焼きのお店のネタで 勘弁してね。


玉子焼きについて 私がひつこく書き始めたんは、 思い起こせば今年の春。
おでんのちくわぶの事調べてて、 おでんのお店を紹介されている
居酒屋ウォーカーさんのブログで 東京の 明石焼きと関西風おでんの店≪多幸兵衛≫さんを見つけた。〔居酒屋ウォーカーさんの ≪落合多幸兵衛さんでおでんと明石焼きを喰う≫ 〕
お店の方、神戸で震災に会われた後に東京に移って来て お店出されたらしい。

その時は 後付で紹介させてもらいました。 いつか行かな!とおもって。
明石焼き(たこ焼き)お好み焼き道場  2007.3.5の記事〕


それ以来、ず~っと気になってた。
行きたい行きたい、思ってたんですが、 場所がなぁ・・・・・・・
地下鉄東西線の 『落合駅』 って、未だかつて降りたこともない駅。
居酒屋ウォーカーさんも書いてはるけど、
友達がおるとか、 仕事の関係とか、そういう事でもないと まず、立ち寄ることのない駅。
しかも、お店は駅からちょっと歩くみたいやしなぁ。


ところがひょっこりチャンスが来た。
先週のこと。 知り合いとの待ち合わせが 目白。 
この目白っちゅう所も 私は今まで1度か2度行ったことある程度の場所。そやけど、
お。ひょっとして、目白と落合、近いんちゃうん? と 地図見たら、どんぴしゃり。
直線距離、歩くと20分位。電車やとちょっと乗換えとかあるけど、30分以内で行けそうやん。 
まぁ、許容範囲内。


行ってきましたよ。 多幸兵衛さんに。



落合の駅を降りて高田馬場方向へ。
郵便局、ロイヤルホストを越え、信号を2つばかり超えて 歩くこと数分。
外観!


隣りに(落合から行くと手前)うどん屋さんがあって、
確かにこれが目印になる。



縄のれんと提灯がすてき!エエ感じですやん。提灯と縄のれん!
この手のお店は 知り合いに連れてってもらうか、
情報頼りに勇気をふりしぼって訪ねるか しかないですね。
道を歩いていて お店偶然見つけて、気が向いたからとお一人さんで飛び込む勇気は、、、、なかなか無いなぁ。



お店は6時から始まるとのこと。 開店時には誰も居なかった店内もつぎつぎ人が訪れて、あっという間に満席。
手前10席ほどがカウンター。 奥に座敷があって、ご主人に伺ったところ6人くらい入れるそうです。
この日は座敷と4人分のカウンターが予約済み。
私のあと2組ほどで(それぞれ2人ずつのカップル)満席。
7時前頃には 予約以外のお客さんがつぎつぎ訪れても 断っとってでした。


急に涼しくなっておでん日和になってきたからねぇ  と、ご主人。


めにゅーはこんな感じ。


めにゅー その1    めにゅー その2


ここに載ってるの以外にも、 お店の中に木札や紙に書かれたお品書きが。

おかぁさんが 「明石焼きはタネまだ作ってないから ちょっとまって」 とおっしゃるので
まずはおでんから。

最初に大根250円。 でかいよ!この大根は! 
この大根を一口食べただけで もう お口の中が 懐かしい関西の味に 大はしゃぎ! 


大根!250円!デカイ!


写真、セピア調になってていまいち解りづらいけど (すいません、携帯の露出、アカンネン)、 ほんまにうまいこと 炊いてある。
昆布と鰹の しっかり出汁がきいた 関西の味が しっかり染みこんでる。 
上品な出汁の香り。 素材の大根の旨味とほろ苦さ、香りをしっかり感じながらも 美味しい透き通った出汁との絶妙の味の絡み合いは 関西の味付けならでは!

上にかかってる味噌ダレは、 なんやろう? 田楽風?
これは意外な組み合わせ、っちゅう感じです。
田楽味噌のような 甘味噌ダレ。 このしっかり味のしみこんだ大根やと
私にゃあ 必要ないんですけど。。。。。
まぁ、この味噌ダレだけ舐めながら お酒がいけそう。 でも やっぱり ちょっと甘いなぁ。


下にはってある汁、ちょこっと舐めるとメチャウマなんで、 大根から味噌ダレが落っこちんように 注意深く味噌ダレだけをチビチビ舐めきる。  その後、澄んだ汁も頂く。
大根、この汁の中で炊いてるんやろうか? 大根に染みこんだ、少々濃いめの出汁の味よりも はってある汁のほうが 塩味も出汁の味も 若干薄め。 それがまたいい。

普通~に美味しい。  『関西の味』を堪能。
関西やったら 普通に どこででも食べられるような味やねんけどなぁ。
東京やと、 わざわざ 落合まで足を運ばなあかんねんなぁ。



と思いつつ次に。


大好き、牛スジ300円です。
ここのスジは 一見コリコリ固め系っぽい。 牛スジ、いつも家ではトロットロに仕上げるので、
皿を手渡されて一瞬 「うん?」 とひきましたが、 まぁ、頼んだものは食べなな。
牛スジ。250円!これもウマイ!!
口にすると、 やはり コリコリです。
そやけど、 これまたメチャウマの出汁が しっかり染みてる。
え???! 
こんなコリコリで どうやってこれだけ出汁を染みこませるの? すごい!
これはこれで、 ハマるなぁ!
このスジのコリコリうまうま臭みなし、な感じは、お好み焼き≪ゆき≫さんのスジに通じますね。


スジに臭みがないのは 当然ちゃあ当然  なんやろけど、
スジの下処理がちゃんと出来てるというお店は それだけで 
『お仕事してらっしゃいますね』 と思います。(笑
東京のお店で今まで食べてきたスジのスジが解る。。。。う~ん、酔ってる。。。。


コリコリでも 出汁のきいた牛スジとの 新しい出会いでした。



たこぶつ 550円!明石焼き頼む前に たこぶつ550円? 頼んでみました。
明石焼きに入ってるのと一緒かどうか いまいち解らんかったけど、 このタコはめっちゃデカイ。
パッと見、明石のマダコの大きさとちゃうなぁと思う。
ちょっと立派すぎやもん。

この写真の一切れ(というか、一塊)、私のおちょぼ口やと やっと入るか入らんか。。。
そやけど、お味はなかなかエエです。ちゃんとタコの味してます。
お値段はまぁ、妥当、という感じかなぁ。


あれ、後から来た隣のお客さんが 明石焼き 頼んでる。
なんや、できるんやったらちょっと声かけてくれてもええんちゃうん? とすねたりして。
まあ、今日は団体のお客さんが入るみたいで、仕込みに忙しかったみたいやし、
おかあさん、殆ど一人で賄ってはったようやから、しゃあないんかな。


気を取り直して 明石焼き頼む。
一人1枚頼もうかとも思ったけど、 もうエエ加減食べてたんで、 二人で1枚にした。
私の取り分は2つ、ゆう約束で。。。。
それやと取材にならん(味わからんやろ)と思ったけど、まぁ、ええか。

出ました。明石焼き! 普通の明石焼きを頼みました。
こういう 『比較もの』 は プレーンで比べるに限る!


明石焼き! 8個550円!でかいぞ!


明石焼き550円。   おおおおおお!
まさに明石焼きやん! 
ちゃんと明石焼きサイズの大きさで、8個。
作ってる様子や 出てきた様子みて、ちょっと油っぽいかな、と思ったけど、食べてみたら油っぽさは感じんかった。

お出汁は 若干塩味控えめ 昆布鰹系? タコもでかいよ!
嬉しいのは 正しい三つ葉が浮き身になっていること。
う~ん、この時点で 合格です! ◎

明石焼きを浸して食べる。
実食すると、 明石焼きの生地に いい塩梅に お出汁と塩が利いてるのがわかる。
タコも味が濃い。
出汁につけず、明石焼きだけ食べることは 残念ながら出来なかったけど (私の割り当て2個全部出汁につけて食べてしまった。。。。) 出汁の利きよう、味のしっかりついてる感じは 前回レポートした ふなまちさん に近いように思う。
ちょっとしっかり目、玉子多めな生地の食感は お好み焼道場さんの感じに近いかな。
お値段が割高感あるのは、東京という土地柄でしょう。 東京で大規模チェーン展開してる『銀だこ』は8個500円やからね。 明石焼きがこの品質でこのお値段は、むしろお得感あります。
でも、たこ焼きだけしか作ってないたこ焼き屋さんで1人前8個やと、少ない気がするやろうね。
(『銀だこ』は油で揚げ焼く感じなので8個も食べれば十分、に感じるんやけどね。明石焼きはお出汁つけて食べるし、具がタコだけなんでアッサリして、もたれにくくて、1人前10個でもちょっともの足りん感じがある)





写真以外に がんもどき、卵、追加の大根(計大根は3人前)、もち、つくね、里芋、ビールなどを頼んで一人2100円。
お腹いっぱいになったし、 なかなかお手ごろ価格。


これからの季節は混むんやろうなぁ。
行ってみたいと思う方は 予約の電話入れたほうがいいかも。


ここやったら おでんも美味しいし、ちゃんとしたたこ焼きも食べれるし、
ちょっと足伸ばす位の距離やったら 行くなぁ、と 思いました。




マッチもあります!



仕込みでご主人が 赤玉の卵、山盛りにして割ってはったんが印象的でした。



≪多幸兵衛≫  東京都新宿区上落合1-30-17
           電話 03-5386-0950
           日曜定休 18時~
→tabelog.com 多幸兵衛  
       ここのサイトの「ブログでの評判」に うちのサイトが載ってるんですね。
       そっから定期的にこちらに来られる方がいるようで…・
       ちなみに、私の上のブログは なんと有田良生さんのブログでした。
       そしてなんとなんと、 有田さんは神戸時代の 多幸兵衛さんのお客さんだったそうだ。
       →『「多幸兵衛」の神戸・東京二都物語』 2008.1.16 ≪有田芳生の『酔醒漫録』≫
       そして、さらになんと、 『多幸兵衛』夫妻に上京を勧めたのは有田さんご本人とのことらしい。
       多幸兵衛に絡んで いろいろな人間模様が見えてくる。
       不思議な巡り合わせだね。              (2008・4・18食べlog部分追記)


ブログパーツ


東西味違い | 22:22:22 | Trackback(0) | Comments(6)
飯(イイ)の入ってない飯ダコ


 関東のおでん、イイダコが串刺しになっておでんダネになってるんです。
神戸でおでん、あまり食べた経験がないんでなんやけど、オデンダネはやっぱりタコ足でしょ。
それに、関東のおでんのイイダコ、なんと飯(イイ)が入ってへんのです。
 これ、イイダコ言うの?最初はほんまにビックリやったわ。

 子持ちのイイダコ、イカナゴが終わった後の 春先の神戸の風物詩やね。
あのイイが美味しい。実にウマい。
春先のイイダコの煮つけを食べると、ああ、今年も美味しいものが食べれるなぁとほんまにシアワセを感じるんやけど
 あの、イイダコに 飯が入ってへんなんて、そんなこと、考えたこともなかったやんね。
最近は神戸(というか、明石)でもイイダコの解凍したのを売ってたりするんで、久しぶりに魚の棚に行ってビックリしたりするんやけど、それでもイイダコにイイは入ってるやん。
イイダコにイイの入りが悪いのがあったら、それはしっかり買うほうも見て買うし、
「これ、イイの入りが悪いなぁ」 言うたら 「そうやねん、まだ入りが悪うてなぁ」 ってお店の人も言うやん。イイダコは、イイがしっかり入ってたら、それなりの値段するって、それはちゃんとわかってることやし。

イイが入ってナンボ、入ってへんかったらそれなりのお値段。それが当たり前やと思ってるんちゃう?神戸っ子は。

 東京。わぁ、関東煮の本場や!ワクワクして入ったおでん屋で、3匹串刺しにされたイイダコを見つける。
 どう見ても、あの腹では、イイは入ってへんなぁ。
でも、物は試し。と、頼んでみる。普通のタコ。イイが入ってへんイイダコ。 値段もイイが入っててこの値段はないやろう、というお安いもんやったし。 そんなもんなんや。 と、納得する。

 スーパーでおでんダネを売ってる。パックに入った、串刺しのイイダコ。これもイイ無し。普通のタコ。 もちろん、値段は安いよ。いくらでも豪勢に買い込めるよ。

 イイダコって、イイが入ってて当たり前やった神戸の生活。でも、よう考えたら、あれはメスばっかり食べてたいうことやね。 タコかてオスメスおるんやから、そうか、オスは東京に来てたんやナ?なんて納得する。 (ほんまの流通事情はよう知らんよ。東京近郊でもイイダコは獲れるらしい)
そういうもんやと思って食べるなら、それはそれでええと思うねん。



まだ、東京のイイダコ事情をよう知らん頃。
有名なデパートの地下にある魚屋さんで、ひょいと見たらイイダコを売ってた。しかも、生。
東京でイイダコゆうと、たいがい茹でてある。生のタコはでかいのも小さいのもめったに見ることがない (北の方から来た大きいタコ足は 刺身用に生で売られてることあるけど、それは例外)

うれしいやん。 東京で生のタコ、しかもイイが入ってそうなイイダコ見るなんて。

うれしいからしげしげ見てたんよ。なんか、イイが入ってそうやし、それなりの値段してるし。
これはイイが入ってるイイダコ、生で買えるんかなぁ。 もう、心の中でイイダコの煮付けを想像して 舌なめずりやんね。

 で、しげしげ見てたら、どうもイイが入ってるのは一つのパックに半分位。後はどうかなぁ、ちょっとだけ入ってる、いう感じ。たくさん入ってるのと、そうでないのを組み合わせてんのかなぁ、とそう判断したわけよ。

で、おじさんに聞いたんよ。 「すみません。これ、イイ入ってます?」
それまでホイホイ、なに買うの?みたいにええ顔して近付いてきてたおじさん。急にプイッ!ってすかして行ってもてん。なんや?聞こえんかったかな?と思って も一度聞いてん。そしたら、あからさまに無視してあっちに行ってもた。。

なんやの、あれ。

イイダコ、イイが入ってるか入ってへんか、買うほうにとっては大事なことやん。
それを聞かれて都合悪いみたいな、しかも無視するか?めっちゃムカつく。

まぁ、後で考えたら、おじさんもうろたえてたんやろな。そんなこと聞く人、東京にはめったにおらんのやろうしな。

 それから、東京でイイダコ買うときは、なんも考えんようにしてる。期待したらイカンのやという事がわかった。


 食べ物の恨みはおそろしいなぁ。


おっちゃん、あんな昔のこと、こんなトコで書き込まれてるなんて、思いもしてへんやったろうなぁ。


 


PS.  東京のイイダコ事情
 おでんのことをいろいろ教えてくださっている居酒屋ウォーカーさんが、直接東京のおでん屋さんでイイダコ事情を取材してくださいました。 ヽ(^o^)丿
 それによると、東京でも以前はイイの入ったイイダコを食べていたようで、60歳以上の方になるとイイの入ったイイダコの美味しさを御存知とのこと。 関西でイイの入ったイイダコが当たり前なこともそのお店の方は御存知で、いろいろ教えてくださったとのことでした。


貴重な情報をありがとうございます。 タコ好き、イイダコ好きの私には 踊りだしたいくらいうれしい情報でした。


 改めて居酒屋ウォーカーさんのブログにトラックバックをさせていただきましたiidako.jpgので、興味をお持ちの方はぜひ いらしてみてくださいね!

(写真は ごく最近 うちの近くのスーパーで見つけた 生のイイダコ。もちろんイイ無し。福島県産と表示されています。一匹大体50~60円くらいですね。神戸でもイイの入ったイイダコは一匹150円~だと思うんですが、今はいくらぐらいで売ってるのかなぁ。とにかく全然値段が違いますね)


PS2. タコを調べていたら 素晴らしい タコ関係リンク先 のページががありました。
改めて マダコについて 後日書こうと思ってますが いい資料が手に入って うれしい!



【追記】  今年のイイダコ情報
今年のイイダコの写真がアップされているブログを発見。
kobezukiさんの 【神戸が大好き。】 「子午線のまち」をふわふわ散歩 
写真のイイダコの生きのよさがちがう! ぜひ生のイイダコの色を御堪能ください。
そろそろいい飯の入りのようです (笑 
ついでといってはナンデスガ、 いかなごもそろそろ揚がってきているようですね。07/01/28



ブログパーツ

東西味違い | 23:00:55 | Trackback(1) | Comments(2)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。