■お知らせ
■『築地あるき』

楽天ブックでどうぞ~~!!

■ブログ内検索

■ユーザータグ
■こんな感じで書いてます
■最近の記事はこんなです。
■神戸で生まれ育って18年。

midori

Author:midori
今では東京暮らしの方が長ぅなってしまったけど、大好きな神戸にいまでもこだわりがあります。
山と海がないとね~
(本文中の写真はクリックすると少し大きくなります)




神戸の会社設立屋が送る神戸時計

■ブログ全記事表示
■RSSフィード
■コメントありがとうございます。
■とらばしてもらいました
■イカナゴのクギ煮アンケート!

イカナゴのクギ煮のアンケートにご協力ありがとうございました。 こちらの記事にまとめました。 イカナゴのクギ煮アンケート結果報告 これからも宜しくお願いします。

■いつもお世話になってます
■❤ New Entry

■ページランキング :2007.10~のエントリー

■過去記事2007年度

■FC2カウンター
■訪問中!

■リンクサイト

好きです神戸

■ネットショップ





スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
くわい検索!「クワイのゆで方」でこられた方へ。
お久しぶりです。
年末記事を書こうかどうしようか迷っているうちに
すっかり年末です。

今年も「くわい」関連でここにいらしてくださってる方が
昨日から急増中。
なのに、「くわい」記事、埋没しててごめんなさい~~m(__)m

ということで、とりあえず「くわい」で検索してくださった方へ。

ウチのくわい記事 これです。

〔目出度い3連発! くわい・あたりめ・黒豆 その1〕  
くわいの茹で方! 今年はくわいをたくさん食べよう! 2008,1,2
http://mdr55.blog74.fc2.com/blog-entry-111.html

取り急ぎ、ここを見ていただければ、
ウチの「くわいについての情報」はすべてあります。

そして、先におことわりしときますが、
うちの「くわい」の食べ方は
ゆでてマヨネーズで食べるタイプです。
煮〆とは違います。
煮〆については他で探してみてくださいね~~~

もちろん、ワタクシ、今年も「くわい」ゆでまっせ~~~!
築地で2キロオーバーゲット済みです!!!


では、あと残り2日。
ほな、みなさん、けっぱろな~~~!!!!!



人気ブログランキングへ

ブログパーツ
スポンサーサイト


街あるき | 10:16:42 | Trackback(0) | Comments(0)
〔目出度い3連発! くわい・あたりめ・黒豆 その1〕  くわいの茹で方! 今年はくわいをたくさん食べよう!
目出度いモノ。 くわい、あたりめ、黒豆。
この年末年始、ウチでは人気者だったこの 3品。
実はいろいろありまして…  その顛末など。

緊急第1弾! くわい!

築地 くわい

写真は 築地市場で見かけた くわい。 左の1k1200円のは通常の大きさ(径3センチ位)
右のでっかいくわい!径5センチあるかしらね! こんなでっかいのは初めて見たよ!

去年暮れのアクセス数が 急に増えたのは
12月の築地の記事。 築地の師匠であるつきじろうさんが ウチのフワフワブログをなんと
素晴らしい つきじろうさんのブログ≪春は築地で朝ごはん≫に 紹介してくださっただけでなく、
築地にご一緒した記事も載せてくださったからです。 
→≪春は築地で朝ごはん≫midori様と築地訪問

それからひと段落ついて そろそろいつものコーベブログになるかと思ったら
また アクセスがアップ。
今度はなんじゃ?  増え方が何ともいえん「漸増」という感じだったので アクセス解析みたら
キーワードは なんと! 『くわい』 やったんですよ!

はぁ? くわい? 

そういえば 一昨年、 コーベブログ始めてすぐの頃は 年末で
ちょうど時事ネタとして おでんとか 年越し蕎麦とか おせちのこととか 書いてたんやった。

そのころから 食べ物のことになると 何気に執着心が見え隠れ…

いやいや、そのころそういえば 『くわい』 のこと書いたなぁ。 → 『くわい』  2006.12.26UP

アクセスは 『くわい』 はじめ 年末年始関連に 集中してました。
(12月31日23時のアクセス数 『くわい』 と同率一位は 『焼豚』。 
そのほかは 『年越しそば』 『買出し』 などが多かったです)

築地に行ったとき でっかいくわい見つけたし、アクセス伸びてることもあるし、
もいちどくわいのことでもかこうか…  な~んて のんびり思っていたところ
なんと 年が明けても くわいアクセスの延びが とどまるところを知らず!

ウチのブログ見に来るというのは 相当くわいの料理法で困ってらっしゃる方が多いのか?
そういえば 検索してみたけど 丸ままだったりスライスしたりするけど 揚げる料理法がほとんど。
煮物のレシピ、そういえば見かけなかった。
クワイの収穫と食べ方 →野次さんのブログ≪野次喜多日記≫より ←こちらのサイトは くわいの成長や収穫など、盛り沢山なくわい情報が写真付きで満載!くわいへの愛を感じて感動します! 必見です!


おせちでくわいって、どの位ポピュラーなのだろうか?と かなり疑問に思うのですが
(うちではくわいを煮しめにするわけではないので いわゆるおせちのクワイの作り方はわからないんですけど)
くわい好きとしては くわい好き人口を増やすのには やぶさかではないので
それならば 是非是非 美味しくくわいを食べてほしいと思っておるわけです。

それなのに せっかく来てくれた人が あのレシピともつかん作り方のを見て
クワイが美味しい! と思ってもらえるんだろうか!
心配になり 急きょ くわいのゆで方を デジカメで撮影! アップするぞ!

・・・というところまではよかったんです。

ところが… デジカメ、ダメになっちゃた・・・
ほとんど写真が残らず、、 残ったのだけでもアップします・・って、
今年買った生のクワイを並べただけですけど… ある意味これが本当に 偶然にも芽の出た目出度いくわいたち!
PC310373-1.jpg


去年披露させていただいた レシピともつかんレシピ。改定版です。

≪お正月のくわい≫  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・2008.1.2改定 2009.12.31再改定

一 洗う時に 芽をもがないよう気をつける。 芽の根元に砂がたまっていることが多いので丁寧に洗う。根元の砂に注意


二  くわいは 水から茹でる。 塩、酢少々入れ、初めから中火で。大きさにより20分~40分。
   (水カップ10につき 塩 大さじ1、酢カップ1/2 ~ 1位で。後は好みで調整してみてください。
   酢バスと同じような酢、塩加減でいいと思います。)

   ※酢は製品によって酸っぱさがだいぶ違うようです。お好みで量は加減してください。
    カップ1入れるとモノによってはずいぶん酸っぱくなるようです。お気をつけてね。
   
三  竹串がスッと通るようになったらザルにあげる。

   注! このとき、竹串の穴から白い汁が出てくるようなら、まだです。
   割ってみて中まで黄色くしっとりしてたらOK、中が白く粉粉した感じに見えたらまだ。


四 冷めたら皮を剥く。 尻から芽の方向に、六方むきにするとかなりカッコええ。
   しかしこの時芽をもがないように気をつけること。芽の根元は皮が薄く柔らかいので要注意。出来上がり


五 芽の外側の皮を一枚剥く。中の柔らかな芽の芯が出て来る。芽の先は切らんと、そのまま。
   これでできあがり。

  これを、マヨネーズで食べます! うまい!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これ読んで くわいにチャレンジしてくれた方!
ほんまにありがとうです。

だいたい、私がこういうレシピ書くには あまりに性格が大雑把すぎて 
分量は全部目分量 気分次第という感じになってしまいます。
でも、こんなにたくさんの方が くわいの料理をしようと思ってここにたどりついてくれはったことを考えると 
これじゃぁ いかんだろう、と。

今回、自分で作りながら 分量調べながら作ったのが 赤字で訂正入れているところです。
よかったら このレシピ、使ってみてください。

今回写真に失敗してるんで、 また家でくわい食べる時に
上手いこと写真撮れたら 写真アップしますね。→1.5、築地で初荷、クワイ買ってきました!写真を追加しました!
くわいの皮の剥き方、 六方のしかた、芽の残し方、
そんなところが たぶん、 気になるんやないかと思うんで。

それにしても 去年の記事読んでて、 そういえば今年はピンクのくわい、見んかったなぁと思いました。 軒並み、青い(大概埼玉産)くわいでした。
くわい、やっぱり青い色してると すごく落ち着くよ・・
(酢入れて茹でると 青い色が飛んでピンクになっちゃうけどね(^_^;)→それでは ブログランキング、よろしお願いします!



【追記】 おがちゃんさんのくわい!
おがちゃんさんの≪おがちゃん便り≫ 「あけましておめでとうございます」2008.1.7

毎年見事なおせちを披露されているおがちゃんさんちのおせちのくわい。
うちのと見た目同じ。 でも、こちらは含め煮になっているそうです。
ううう・・・食べたい・・・
どんな味を含ませるんでしょうか・・・・

今年はも一度くらいくわいにチャレンジしようとおもってるんで
含め煮も調べてみよう!



ほな、今年一年! 皆様とともに 私も 芽ぇ出せますように!!!!!

人気ブログランキングへ


ブログパーツ

東西味違い | 18:08:11 | Trackback(0) | Comments(4)
くわい

 気がついたら、もう年末ですやん。
えらいこっちゃ。 このままチンタラ書いてたら 年末の準備が終わらんうちに正月になってまう。
そうは言っても やっぱり年末ですからね~、リアルの掃除もあるし、買い物もあるし
何やかや、 パソコンの前に座る時間がだんだん短くなってきてる。
年末、いそがしいんや、おばはんは。


と いいながら。 前回に引き続き、 おせちネタ。(おでんネタとちゃいますよ)


くわい。 (ウィキペディア 食材辞典 加賀野菜 福山リビング ) 福山はくわい生産日本一やそうです


 ウチのおせち、はっきり言って、ものすごい ネタが偏ってるとおもいます。

ここでおせち全部を年内に書ききれる自信がすっかりなくなったんで、めぼしいもんだけちょっと書き上げとくと

焼豚 くわい れんこん ゆで卵 黒豆 数の子 ほうれん草 ニンジン 百合根 かまぼこ
栗きんとん 昆布巻き
20070108013518.jpg
 こんなとこですね。
(この中で母のおせちからチェンジしたのは、ハム→焼豚。 田作りは入れんようになりました)


 この中で、くわい は、かなり重要。
毎年、ええくわいが手に入るかどうか、えらい問題です。


 正月料理のレシピ見てると、くわいは普通、お煮しめに入れるもんみたいですね。年末の買出しに京都に行くと、くわいを亀の甲羅のように飾り切りしてるのがようさん並んでますが、あれは煮しめにしはるんでしょうね。
 神戸の市場でも、三ノ宮センタープラザ西館地下の市場では 年末はそういう飾り切りのものや、手まり麩や、色とりどり綺麗な料理素材があって、正月気分が盛り上がって楽しいもんでした。

 ウチではお煮しめを作らん。これは母の流儀やと思いますが、全体的に素材をそのままの味で楽しむようなお重でした。(なんか、ウチの母の料理はおせちに限らず不思議でしたね、今思い返しても…)
 そやから、くわいも ゆでたまま、姿のままお重に詰めるんです。
芽がピンピン伸びてるくわいを、お重の半分位まで詰めるんですよ。豪快ですよ。なかなか。
(こういうくわいの食べ方、母はどこで覚えたんでしょうね。他で見たことない…)


≪お正月のくわい≫

壱) くわいは 水から茹でる。 塩、酢少々入れ、中火で。
   20分~30分位で、竹串がスッと通るようになったらザルにあげる。


弐) 冷めたら皮を剥く。 尻から芽の方向に、六方むきにするとかなりカッコええ
   しかしこの時芽をもがないように気をつけること。芽の根元は皮が薄く柔らかいので要注意。


参) 芽の外側の皮を一枚剥く。中の柔らかな芽の芯が出て来る。芽の先は切らんと、そのまま。
   これでできあがり。

  これを、マヨネーズで食べます! うまい!


(わたしは、子どもん時から このくわいの皮むきの担当やったんです。くわいが好きでねぇ。くわいの皮をぺティナイフでむきながら、ちょっと厚めにむいて、食べながらやるんです。皮は身のとこよりさらに苦いんですよね。それが好きやった。へんな小学生ですわ。ウチのくわいは大体一人5個当るくらいはありましたから、結構な量になるんです。年末、31日の夕方から皮むきは、暮れの楽しみの一つでした)



 ところで、くわいって、関東でも よく作られてるようなんですが…
年末、関西では くわいをどこでも売ってますよね。 八百屋さん、市場はもちろん、スーパーでも、コープでも。

 でも、関東でも作られてる、むしろ大生産地や、ゆうわりには 目にせぇへんのです。
最近ようやく目にするようになったと思ったら、ピンク色の小さい粒の中国産やったり…

 ハス(レンコン)の良質なんは関東から来るんや、ゆうて、京都の錦市場のお店の人に聞いたことあったけど、ハスは確かに東京ですごい良質なんが手に入るんです。神戸やったらすごい高いやないですか。こっちでは肉厚で手ごろな太いハスがゴロゴロ売られてて、しかも安い。
ハスは確かに産地の利があるなぁ、思ってました。
 でも、くわいは、ほんまに みぃひんなぁ…


 関西では、お煮しめを、おせちに入れんようになってきた、ゆうても、正月にはやっぱりくわい食べな、ゆう人もまだまだ多いんちゃうでしょうか。あれだけ売られてるゆうことは、それだけ買う人がおる、ゆうことやと思うんですけどね。

 くわいは、青いのんが美味しい。

そんなくわい選びの時の基準も、まだまだ母から子へ 伝えられてるんやないでしょうか。


【追記】 居酒屋ウォーカーさんが 関東のおでんネタで ≪くわい≫ についてレポートしてくださいました。 『2006年の締めの第2段、クワイを食べに馴染みのおでん屋さんへ行く。』
こちらのおでんのくわい、芽の先を切らず、ウチのおせちと同じ形をしています。おでんのダシで下茹でするそうです。 美味しそうですよ~!


【追記2】 年末、くわいの値段が徐々に下がり、最初に見た時は(ものも立派でしたが)一つが200円弱というものすごい高値だったのが、年末には6個入り580円くらい(一つ100円弱)、年明けには8個400円位のものもありました。 値段を見たのが同じお店ではないので、単純に比較できないのですが、ちゃんと青いくわいで、食べたのも美味しかったので、今度の年末年始にはかなり期待したいと思います。

それにしても、年明け早々、数の子やハムなどは安売りしてるんだけど、くわいはすっかり姿が消えてしまいました。くわいって、正月だけに食べるものなんかなぁ? 私は普段でも食べたいです…


【追記】 
2007年末から2008年年始にかけて ここ「くわい」へのヒットが猛烈にあったので
新しくレシピを書きなおしました。
よかったらこちらもご覧ください。 →〔目出度い3連発! くわい・あたりめ・黒豆 その1〕  くわいの茹で方! 今年はくわいをたくさん食べよう!
2008年1月2日UP!


ブログパーツ

東西味違い | 23:41:53 | Trackback(1) | Comments(2)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。