■お知らせ
■『築地あるき』

楽天ブックでどうぞ~~!!

■ブログ内検索

■ユーザータグ
■こんな感じで書いてます
■最近の記事はこんなです。
■神戸で生まれ育って18年。

midori

Author:midori
今では東京暮らしの方が長ぅなってしまったけど、大好きな神戸にいまでもこだわりがあります。
山と海がないとね~
(本文中の写真はクリックすると少し大きくなります)




神戸の会社設立屋が送る神戸時計

■ブログ全記事表示
■RSSフィード
■コメントありがとうございます。
■とらばしてもらいました
■イカナゴのクギ煮アンケート!

イカナゴのクギ煮のアンケートにご協力ありがとうございました。 こちらの記事にまとめました。 イカナゴのクギ煮アンケート結果報告 これからも宜しくお願いします。

■いつもお世話になってます
■❤ New Entry

■ページランキング :2007.10~のエントリー

■過去記事2007年度

■FC2カウンター
■訪問中!

■リンクサイト

好きです神戸

■ネットショップ





スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
今日の小車(9) アナゴ
今日の小車。
こぐるま9


乗っかっております。
たくさんのっけられております。

でも 小車本体も、上の山盛の段ボールも
なんとなく すごく軽そう~~~~~  (^_^;)


こういう感じにものを乗っけると、
小車も 「リヤカー」 みたいに見えるなぁ、と思うのは 私だけ?


    **************


先日、いつもアナゴをいただいてた仲卸さんが閉まってしまったので、
新たにアナゴのお店を開拓しなければならず。

たまたま、いつも必ず顔を出す 長崎県漁連さん
大量のアナゴが到着したばかりのところに遭遇。

箱いっぱいのアナゴ。
もちろん、君たちは私に食べられるためにこちらにやってきたのですよね。
たくさんのアナゴの中から、おにぃさんによさそげなのを選んでいただきます。
セレクト隊はこちら。

アナゴ

ありがたやありがたや・・・・

アナゴはいつもさばいてあるのを買ってたので
もちろん、このままだったら 買いません。
「さばいてくださるのだろうか?」
恐る恐る聞いてみると

「いいよ~~~」

う~ん、本当はイヤかもしれない(^_^;)
結構本数がありますゆえ。。。

「ではお願いいたします。 しばらくしたらきます・・・」


で、 おにぃさんが きれ~~~にさばいてくださったアナゴちゃん。
今回は 初挑戦~~~~! アナゴ煮~~~~~!!!

アナゴ煮

おおお、なんとかできた!!!
パッと見、アナゴ煮っぽい。(笑
味は ちょっと雑味が・・・・・(汗

上品さにはちと難ありだが、 まぁ、初めてにしては上出来じゃぁないだろうかぁ。。。。。


「高はし」さんの 煮魚系煮汁の研究の成果が
ようやく現れてきました。

いままで、 魚は 生か 焼くか 蒸すか (酒・しょう油で)煮るか の選択肢しかなかった
わたくしの料理法のなかに

「(酒・みりん・しょう油で)煮る」  

ついに しずしずと その扉が開いてまいりました!!!!


人気ブログランキングへ

ブログパーツ
スポンサーサイト


築地 | 22:41:36 | Trackback(0) | Comments(4)
ホタルイカオフと築地半値市(予告)。やっぱり≪高はし≫あなご丼!
先週富山で行われた「ホタルイカの早食い競争」 で 
なんと 見事優勝を勝ち取った  釣りキチ四平さん!

おめでとうございます!!!!!!(^◇^)
ホタルイカ10キロ

≪大食い茶屋≫ 「大食い討伐軍大27軍「富山滑川市ボイルホタルイカ大食い早食いコンテスト」 2009,5.1付

ということで、 賞品が・・・ なんと・・・・

ホタルイカ (生)  10キロ! (゜o゜)

10キロって、どれくらいよ???

想像もできません。


ということで、 おすそわけ頂くことになりました!!!
ヤッターヤッター ◎◎マン!  (はもう少し後の世代のアニメですね、、、見てたけど。。。

がんばって築地に早出勤、 集合場所は≪フォーシーズン≫。
おざわゆきさん とおしゃべりしてたら、
はじめまして! Genetさん登場!  
「ホタルイカ・・・・ですよね?」  「そうですそうです。。」 なんちゅうアイ言葉…§^。^§
そして SAYURIさんとつきじろうさん が 仲卸さんでの買い物から戻ってこられて
いよいよ 釣りキチ四平さんが ホタルイカとともに登場!

おおお。
この青いハッポーに入ってるんですね!
持ち上げようとしたおざわゆきさん・・・持ち上がらない・・・・
ホタルイカ2

ずっしりホタルイカです。 みっちりホタルイカです。
まるで 網から上げたままドッサ~~~~っとこのハッポーに詰め込んだよう!

≪フォーシーズン≫さんで 釣りキチ四平さんの武勇談をうかがいながらも
お店の常連さんが入れ替わり立ち替わり。。。

で、≪フォーシーズン≫さんの紹介ビデオを作られたoh-meさんと「はじめまして~!」§^。^§
 
築地食のまちづくり協議会事務局さんも顔を出してくださって、
4日の「築地半値市」には必携の【築地場外マップ】をくださったり。
◆半値市マップは【築地魚河岸】HPからのリンクでダウンロードすることができます!→こちら
◆半値市商品の一覧は【築地でまちづくり日記】さんの記事にもリンクされています →こちら
(当ブログ「築地半値市」のお知らせ記事は →こちら

集まってこられた皆さん、築地フリークなので、築地情報交換会の様相。
≪フォーシーズン≫さんを出て ホタルイカを分けっ子する場所に移動がてら 
いろいろなお店を教えていただくのも 楽しく。。。

ルパン
今回、教えていただいて初購入は≪パン工房・ルパン≫さんの「あんこクロワッサン」
いくら東京はアンパン美味しいからって、ねぇ。。。汗
と思いながらもみなさんすごく熱心におススメしてくださるので、しぶしぶ(笑)購入。
(ほんまは アンコ、苦手なんですぅ。。。)
で、このお味は! ウマかったんだなぁ!(^O^)/ 
クロワッサンのバターの風味がアンコとあんなに合うとは思わなかった。
おススメしてくださって 本当にありがとうございました!

そのほかにもおススメ品何点か、チェックさせていただいて
ホタルイカ分けっ子会の会場、≪築地場外・休憩所≫へ。

いつも準備ぬかりないつきじろうさんに手袋や密封袋を提供していただき
(いつもほんまにありがとうございます。。)
ホタルイカ分配中
いざ、分配!

昨日の朝まで海で泳いでた ホタルイカちゃん達。
目玉がまだ赤く光ってます。
ものすごく立派な大きさです。 おいしそうです。  でも・・・

入れても入れても 減らないのよぉ。。。。
どこまでもどこまでも ほたるいかぁ…・
ホタルイカ分配中2

角度を変えても ホタルイカァ。。。。

一人1キロくらいは持って行ってもらわないと、、、状態だったのですが、
そんなに持っていっても・・・と遠慮(尻ごみ?)しちゃうくらいの量です。

ホタルイカ袋詰め完了

袋詰め、完了!
こんなふくろいっぱい詰め放題パンパン状態のホタルイカは
人生初!です!(きっぱり!

わたしなど、 カメラがうまく撮れないからもたもたしてる間に
SAYURIさんに自分の分まで袋詰めしていただいちゃったりして。。。(深謝です!m(__)m)

それぞれ皆さん、ずっしり重い「ホタルイカ袋」を手に
先ほど「築地場外マップ」を届けてくださった 築地食のまちづくり協議会さんの事務所へ。

・・・長崎県漁連さんのちょうど上あたり。

協議会

「先ほどはどうも~~」

協議会2

おおお! いきなりすごいものを発見!
これはもしかして 「築地千社額」 ではないでしょうかっ!

「そうですよ~」
おおお!
「今日から休憩所の自販機が千社額の模様になったんですよ~」
おおおお!それは写しに行かねば!
(というか、さっきまでそこでホタルイカを分配してたんですけど。。。全然気付かなかった。。。)

ということで、帰りにもう一度 休憩所に寄ってみました。

千社額1

ほんとだ! 千社額仕様になってる~~!

本物はこちら。。

千社額2

設置されて1年なんですね!
もうすっかり 築地の風景の一部になっています。馴染んでます。
築地もどんどん新しく生まれ変わって行ってるんですね~!

今回も楽しい発見、新しい出会い、ありがとうございました。
釣りキチ四平さん、また次のチャレンジ、楽しみにしています(●^o^●)
ご一緒いただいた皆様、ありがとうございました!!!
また築地でお会いしましょう!(^O^)/



で、おまけはとりあえず うちに持ち帰ったホタルイカちゃんたち。。
釜あげに半分。あと半分は。。。
ホタルイカ煮付け
煮付けちゃえ!ということで
酒たっぷりにみりんほんの少しと濃い口しょうゆで煮付け。
ホタルイカ煮付け2
つきじろうさんの素敵なイタリアンを見たあとにこれをアップしてしまう私って…笑
でもおいしかったぁ。。。
釜あげよりむしろ煮付けの方が はみ出たワタも一緒に大根おろしに添えて食べると
最高!!(●^o^●)

みなさんそれぞれ美味しく食べられたことでしょう。
やっぱり新鮮はおいしい!

ほんまに御馳走様でした!!


で、も一つおまけは ≪高はし≫さんの あなご丼。。。
あなご丼
何枚目のアップでしょうか、あなご丼の写真だけでも。。。
そろそろアナゴはアナゴでも 白焼き とか食べてみたいんですけど。。
何度食べても 次もまた食べたくなるあなご丼。。

あなご丼、おそるべし。。。

そういえば、築地まるかじり (2008) (毎日ムック)
に ≪高はし≫さんの煮アナゴのレシピが出てたんだよなぁ。。。
今度作ってみようかしら。(^u^)
家で作って食べて少しでも満足できれば、白焼きに進める気がする今日この頃。。。


ホタルイカ三昧のあとは 人気ブログランキングのランキングへどうぞ!(^O^)/

ブログパーツ

オフ会 | 00:03:36 | Trackback(0) | Comments(8)
ハモをさばくかい?(ハモ2008まとめ)
今年は例年になく 幸せハモ三昧 なmidoriでした。

ハモさばき会ハモ頭

今年のハモ記事 まとめてみました。
ハモの季節です!築地から初夏のお便り 2008.5.22付 
君はハモの子をたべたか?2008.5.24付
ハモその2 骨切り達人への道険し? 2008.5.28付
夏休みだ!第一弾 「夏といえばやっぱりハモでしょう!鱧ハモの会@たらふく銀座別館」2008.8.3付
◆ハモ三昧!特選活鱧コース≪たらふく銀座別館≫詳細!@銀座 2008.8.4付
◆コーベ的いえごはん② ハモと松茸「ハモマツ」コーベ風  2008.9.9

初の 「骨切り挑戦」は 思ったより簡単に取り組めたので
それで、今年の最終目標は 付け焼き にしました。 (生意気~~~(^_^;)

たぶん 自家製付け焼き 今年の最終形は   ・・・   これだ!

ハモ付け焼き2008
今年作った中では これでも一番の出来 です。
漬けだれがなかなか しみ込まなくて 切り口もつぶれ気味で
付け焼き、手ごわい~~~! 強敵です(^_^;)

串刺しにすると 串を身に刺す時 せっかく骨切りしてキリッと立っている身の切り口が
串を刺すために手で身を固定するので 押しつぶされて全然よろしくない。
キリッと切り口が立ったまま 付け焼きして、 しかも味をしみ込ませるのは
やはり 串うちして炭焼きしないとダメ、とか、職人の技がいろいろあるんでしょう。

いろいろ駄目だしはあるものの、 自家製付け焼きはハモの旨さに助けられて
かなり満足、おいしゅうございました~~~~!(*^_^*)
ハモって 焼いて食べるのも美味しいねぇ。

来年はぜひとも 上手な付け焼きを作って 鱧寿司作ってみたいです~~~

目指すのは これ↓(京都:いず重さんの鱧寿司)だから・・・・ 
道はかなり遠そうです・・・・(●^o^●)

京都いづ重さんの鱧寿司

いづ重鱧寿司!美しい!!

ううう、いつみても、何度見ても、激ウマそ~~~~(T_T)
どうやりゃあ こんな風に焼けるんかなぁ…

<京都 いづ重さんの鱧寿司>  いづ重 →ネットショップHP
八坂神社参道 祇園商店街振興組合ネット記事
Yahooグルメ
鱧寿司は季節ものです。美味しいよ~~~ あればチャンス。ぜひ一度お試しあれ。

              *********

今年最後のハモ? 
「ハモをさばく会」(←勝手に命名) が先日開催されました。

「ハモを送ってもらったから おいで~~~」 と 誘われて
魚仲間のお宅へ。
さばくところから料理まで 全部自分たちでやるとのこと。
ハモ以外にも 何種類かのお魚が来ているのだそうで。
お~! 喜んでおじゃましますよ~~!(さばくのは…どなたかお願い~~~・・・

料理しながら写真撮るのは難しくて、
今回は 御一緒してくださった魚仲間さんからお写真お借りしてます。
クレジットがついてるのがそうです。 
kiiさん、エコツボさん、ありがとうございます。m(__)m
(クレジットがないのはいつも通りmidori激写。
写真は諸事情によりトリミングしてあるものもあります。
 いずれもお写真の無断お持ち帰りはご遠慮くださいね)

これが和歌山から届いた、産直ハモ。 隣はカワハギ。これもめちゃウマでした。(*^_^*)
鱧さばき会1
湯引きにするのにちょうどいい、1キロ弱のが3本。
どなたか、さばいてくださいね~~~(+_+) お願いしますよ~~~(T_T) (再度懇願

midoriがオロオロうろうろしている間に 積極的なBoysが
二人仲良くさばいてくださいました。
ひえーすごいーーーー!!(*^_^*)
鱧さばき会2 実技
まずは腹を裂いて 内臓を出す。

背骨をとるphoto by kii さん


メヌキで頭を固定したあと、背骨や腹びれなどをとっていきます。
二人がかりで あーでもないこーでもないといいながらのハモさばき。
手元注意~~~といいながらも  けっこう楽しそう~~~(*^_^*)
開きましたphoto by エコツボ さん
キレイにできましたね~~ さて、骨切りは・・・・
骨切り中photo by kii さん
をををーーーーーーーっ! 有次の出刃で器用に骨切り中~~~!
すげぇ・・・・(感嘆

この日作ったのは ハモ落とし(湯引き) 刺身 肝あえ 浮き袋湯引き あと なんだっけ… 

この日の爆ウマは 刺身! ★★☆

photo by kiisanハモ刺身!photo by kii さん

写真はまだ作ってる途中のもの。 
完成形はできてすぐみんなで寄ってたかって食べちゃったのでお写真ございません・・・ヽ(^o^)丿

ハモの刺身といえば、 「鱧ハモの会@たらふく銀座別館」で初体験いたしましたが
今回のは 鮮度も味も また格別で 濃厚なハモウマ味がまことにおいしゅうございました!!
こりゃぁ、ええもん食べさせてもらいました~!!(*^_^*)


やっぱり産地直送は違うわね~~~(゜o゜) なんておしゃべりしながら魚さばきながら
どんどん料理にしてどんどん食べちゃったので、お料理の写真がとっても少なくて…
本当に美味しかったんですけど、 み~んな写真に撮られる前にお腹の中に・・・・(^_^;)
あまりに写真がないので、カワハギ君に再登場してもらいました。

カワハギ肝あえ
カワハギ肝あえ


おもいがけない スペシャルイベントにて
今年のハモ、無事終了でございます。

また来年。 美味しいハモを頂けるのが たのしみです~~~~!!!!!ヽ(^o^)丿
 
ハモ好きは必修よ(笑)人気ブログランキングへ

ブログパーツ


オフ会 | 16:21:27 | Trackback(0) | Comments(6)
秋の「高はし」巨大カマスとマグロ考
今日も食欲の秋のmidoriです。
藍ののれんがきりっと引き締まる今日この頃

さて。 タコ事件が一応解決したかに見える今日この頃。
ようやく落ち着いて 秋を満喫する気分になってまいりました。


先日の「長崎は今日もタコだった」 は 実は
前回の築地土曜会でお会いした まさぞうさんとの 築地デートの日でした。
前回の築地土曜会が仲卸デビューだったまさぞうさん。
今回はすこし買い物の狙いを絞った仲卸見学されたいとのことで 恐れ多くもわたくし御案内役を。
といっても、 私のいつものお買いものに まさぞうさんを引きずりまわしてたという噂も…

なにはともあれ、 まずは朝ごはんです。
集合場所は 築地場内8号館「高はし」前。
そうそう、まさぞうさんとニアミスが発覚したのは 
プレッツェルさんを「高はし」さんにお連れしたあの日。
夏休みだ!第三弾!「高はしで築地朝ごはん三昧」日本一高い秋刀魚&煮魚四天王、実食! 2008.8.13付)
まさぞうさんは今はすでに「高はし」さんの常連さんです。

「高はし」も 秋の魚で賑わっています。
今日の壁新聞
わたしはいつものアナゴ丼~~~! 1100円。
いつものあなご丼!
あら、まさぞうさん、カマスの塩焼きたべるの?
おいしそう~~~!! それ、私もたべます~~~!!
へぇ~~~  カマスって今が旬なんだ~~~。

カマスの塩焼き 1500円(単品)。
カマス!
で  でかいっ!ヽ(^o^)丿
カマス!!
でかい~~~~!!!!!ジュワーーーー!
ほええええ~~~~ジューシ~~~!!! いい香りねぇ・・・ (*^_^*)

美味しいカマスの塩焼きをたべてたら 「高はし」さん常連さんのまさぞうさんにみせようと
親父さんが スリコギみたいにカマスをぶら下げて出てきました。
「これ、ほら、でかいだろう」
うんうん。でかいでかい!(*^_^*)

ふだん ほとんど黙って食べて帰るだけのmidoriですが、
今回はまさぞうさんと三代目さんの楽しいおしゃべりにも加われて
とても楽しゅうございました。

しかしでかいなぁ~~。ビックリ。
これはアカカマスという種類らしい。 大型で秋に脂がのってうまいとか。→アカカマス(市場魚介類図鑑)

高はしさんで食事の後、 仲卸で買い物。
だいたいいつもの予定通り買い込んで ふと 最近新たにお付き合い始めたお店に寄りました。
あ!カマスだ!

さっきの巨大カマス。 おススメですって。
お刺身で食べられるよって言われて、とりあえず2匹購入。

まさぞうさんとそのあと場外も回って お昼ちょっと前に解散。
まさぞうさん、半日お付き合いいただき 本当にありがとうございました。

ということで  巨大カマス(アカカマス)in midori自宅。
アカカマス
内房のアカカマスキロ2300円を2匹0.75キロで1811円(税込)一匹400g弱ですね。
あ、あまりにでっかいんで 30センチ定規を置いてみました。
目玉からしっぽまでで30センチ。
カマスって こんなにでかいものなのね。

腹を出してちょっと身を味見したら たっぷり脂がのってて 味も濃厚。
確かにお刺身でも行けるかも。
でも、ちょっと水っぽい感じもあるなぁ。
「高はし」さんで塩焼きいただいて思ったんだけど こいつは一夜干しが激ウマなのでは。
(最近一夜干しにハマってるmidoriなのです。 今日の買い物のエボダイも一夜干し用)

ということで腹開き、塩して、一夜干ししました~~~。
アカカマス
ううう、でかい・・・・
サンマ用のお皿にも乗り切らず、今年初めて まな板皿だしました~(^_^;)
一夜干し~!
「高はし」さんのまねして ちょっと斜めに包丁目入れてみました。
身です!
う・・・・うま~~~~~い~~~~~ヽ(^o^)丿 ★★★

いや~~~、びっくりしたぁ~~~!!
一夜干しにすると 味が濃縮されて めっちゃウマい!!
香りもいいけど、焼くときあまり脂が出ないのに 身は脂たっぷりの濃厚な魚うま味。
上品な白身だけど味は濃厚、という、明石の鯛に脂が乗った時のような感動。
カマスって、こんな魚だったのね~~~!
こんな美味しいお魚だということをおしえてくれた まさぞうさんと 「高はし」さんに 感謝!

新しい秋の味覚との出会い。
今回も素敵な築地行きとなりました。
ごいっしょしてくださったまさぞうさん、本当にありがとうございました。m(__)m

              ********

ところで、東京で 代表的な魚 と言えばマグロですが
「高はし」さんで このところ何回か マグロを食べました。

本マグロ(写真なし7.4) これは 今まで食べた本マグロの中で一番美味しかった。
きめ細かくて濃厚な味で 酸味というよりむしろうま味に感じる肉質と、
口の中では脂がまったりとからんでくるのに
たべおわると後味がすっきりして心地よいのが印象的でした。

大メジマグロ単品2000円(9.19) 右側に置いてあるのがトロっぽい部分。
大メジマグロ
刺身定食(1300円)の盛りあわせのマグロ(奥。たぶんメジマグロ)(9.24)
刺身盛り合わせ

関西では キハダマグロ が主に流通してるらしいので (キハダマグロ→市場魚介類図鑑
東京に来た頃は 神戸で食べてたマグロと色も味も 全然別の魚かと思うくらいの違いがありました。
特に私が子どもの頃は スーパーなどで買うマグロって
冷凍を解凍したものがほとんどだったんじゃないかな。
当時のマグロの冷凍、解凍も、東京のスーパーの方が技術が上手いのか美味しかった。

メジマグロというのはなんのマグロなのかわからないけど
マグロの幼魚 というかんじなのかしら。
仲卸でも見かけます。

蕎麦もだけど、マグロも、東京が美味しいなぁ。(安いし…)
マグロ、魚の種類も部位も選び放題できるのは東京ならではかなと思います。
東京は青魚が好きなのかな。
ウチの近くのスーパーでは今、マグロとサンマのコーナーが それぞれ一角を占拠しています。(*^_^*)

これからも時々マグロ写真をアップしますね。
人気ブログランキングへ

ブログパーツ


築地 | 22:59:10 | Trackback(0) | Comments(10)
長崎は今日もタコだった! 課題:タコその5@築地
いや~~ん!!! なんて素敵なお顔ッ!
マダコ♀927ちゃん

長崎タコLOVEのmidori、今日も長崎県漁連さんに行きました。

なんと! タコ復活です!!
やった~~~~おめでとうございます!!! パチパチパチ!ヽ(^o^)丿

今日はたくさん入ってます~~~~~!
タコ部屋出現!


初の動画!ちゃれんじ~~~~~! (ちょっと待っててね。現在鋭意努力中!)


≪ここに至るまでの道のり  課題:タコ@築地 過去記事≫ (T_T)なしでは読めません・・・
その1 「課題;タコその1@築地」 2008,8,31付 
その2 「課題;タコその2@築地」 2008,9,4付 
その3 「長崎のタコで明石焼き」 2008,9,17付
その4 「マジ?明石のタコ絶滅?」 2008,9,19付

≪長崎県漁連 東京直売所≫ 「今日のおすすめ」
なんと 今週は、タコさん部屋がちゃんと満たされていたようですね~~~!
なぁんだ、そう言ってくれれば今日は安心して築地に来たのにぃ…・(意味は不明



もちろん購入~~~~!
毎日お値段は変わるようです。 今日はキロ1800円。ちょっと高め。
一匹1,1キロのを頂きました。

卵ついてるオンナの子でしたよ~~ン。
タマゴちゃん。

じつは、マダコは吸盤を見るとオスメスの見分けができるそうです。
吸盤の途中に大きなのがついてるとオス。
今日のみたいに ずーっと粒ぞろいの吸盤さんはオンナの子なんだってさ。
ちなみに前回のタコちゃんは途中にボコッとでかい吸盤がついてる「男の子」でした。
粒ぞろいの吸盤さん
茹でますよ~~  きょうのは 7分位かな。
ゆでゆで。

ひっくり返しますよ~
ひっくり返しましたよ~
この黒いのは へそじゃないよ~ お口よ~~ン。
ジスイズざタコ!

今日は タコごはんにしないので 足が全部そろってます。
綺麗なタコ型。

今日のタコちゃんは いままで最上のいいお匂い。
あま~~~い。 かわいい~~~。
ついお顔を愛でておりましたら お目目の周りにトゲトゲがあったの。
かあいい~~~~~~っ!
ということで トップ画像はトゲトゲお顔 でした。(*^_^*)

茹であがったタコちゃんをスライス。
タコスライス
実食!

ううううう・・・・・ うまぁ~~~~~いぃ~~~~~!!!!! ★★★★★!

なんと、このタコちゃんの香りのいいこと!
ああああ、これこそ、 明石のタコの一番美味しいやつと同じだぁぁぁぁぁっ!
甘いタコのうまみに、そこはかとなく口中に広がる 極上のうまみが持ついい香り。
いつまでもそれが消えなくて、 ずっとずっと夢見心地~~~♪


あああああああああ・・・・・・・ 長崎は~~~今日も~~~~タコだった~~~~~~♪
(今ちょうど前清が歌っとんねん、NHKで・・・ほんまに・・・)


トいうことで、最高傑作タコちゃん♀と共にお送りしました今日の
長崎は今日もタコだった

御清聴ありがとうございましたっ!

PS, 実は今日、とても素敵なかたとご一緒でした。
改めて記事をアップしますね~~~。お楽しみに~~~!

タコ食べ人へのポチ、今日もよろしくお願いいたしますっ!人気ブログランキングへ

ブログパーツ


築地 | 21:12:03 | Trackback(0) | Comments(8)
長崎のタコで明石焼き! (課題:タコその3@築地)
相変わらずタコを求めて千里万里のmidoriです。

前回、築地で初活きダコゲットのご報告をしたばかりですが (課題:タコその2@築地)2008.9.4付
ついにやりました!

超素晴らしい活きダコをゲット! & 久々の玉子焼き(明石焼き)~~~!!!

えーと、こちらは 築地場外にある「長崎県漁連」さんでゲットした活きダコです。
(長崎県漁連東京直売所HP)

長崎県漁連さん、 この秋、新たに水槽を導入。
そこに 網に入った物体を発見!

おお。 タコじゃないですか!

「今までタコはみたことなかったけど、前から入ってました?」
「いや、初めて。どう?買ってく?」

ということで見せていただき、 即買い。
腹を出してもらい、家に持って帰ると

長崎のタコ
(キロ1500円、1匹1.3キロで1950円!)
まだこんなに元気よ~~~~
なんだかグンナリしてないでしょ?
まだモリモリ盛り上がってくるのよ~~~

(手前はハモです。奥はサンマです。右奥はハモのアラです)

タコごはん

活けダコをゲットしたら まずタコごはん。
これが一番タコの旨さがわかる!
今回、味付けは塩のみです。 醤油が入らなくても タコ色が煮出して
ご飯の色が結構鮮やかなピンクになりました。

タコごはんも・・・・・ オイシィ~~~~!!!
タコ味、ばっちり。 そのかわり、と言ってよいのかな、 タコの歯ごたえバツグン!
タコ、噛んでも噛んでも 噛み切れない。 けど、 味が出てくる~~~!

これは神戸のタコと同じです!

ワクワクしながら 玉子焼き(明石焼き)の準備。
このタコなら、 玉子焼き、できそう。 

できた~~~~!
ウチの玉子焼き

ね!ね! 中はこんなよ~!
玉子焼き解体新書


今回は 浮き粉を少し入れました。
そのせいでしょうか、中のトロッ感がとてもいい。
汁もカツオ&昆布でとって 神戸たこ焼き風に たこ焼きの上からかけていただきました。
(写真撮ってないけど~~~(-_-;)

美味しかった~~

タコ味、完璧です!
神戸(明石)のタコは 手に入らなくても
長崎のタコなら 代わりになります。

これこそ、 私の探していたマダコ!

長崎県さん、 ありがとう~~~~~!!!!!

【追記】 2008.9.17
タコの値段が気になったので、近所のスーパーで見てきました。
「明石のたこ」が100g580円。 「モーリタニアのたこ」が100g398円。
どちらもキロ換算すると 明石が5800円、モーリタニアが 3980円。
活けダコキロ1500円は やはり安いと思います。
ちなみに、前回の活けダコもキロ1500円、そのほかのお店で聞いたのも
偶然かもしれませんが1500円でした。

人気ブログランキングへ

ブログパーツ


築地 | 22:44:23 | Trackback(0) | Comments(28)
課題:タコその2@築地
先週末からタコ三昧のmidoriです。 (前回タコ記事は→こちら)
今日は前回買った活きダコ、茹でておいたのをスライスしてお好み焼で食べました。
タコ以外に冷蔵庫に具がなかったからやけど、なかなか美味しかった。
タコ玉
タコ玉。 これにソースを塗るのだけれど、最近うちではポン酢しょうゆをつけて食べるのが流行っている。 
タコ玉にポン酢しょうゆはまことに合いまする。。。

今回のタコで作ったうちごはん。
タコごはん以外はちゃんとタコの味が利いてて 
正直、東京来て初めて 「タコらしいタコ」 食べた感じ。

ありがとう、築地!(*^_^*)

それにしても 築地で活きダコゲットするのも なかなか大変やってん。

活きダコがあるとわかったのは 仲卸を歩きはじめて 少し経ってから。
築地の活きダコは みかんネットみたいな網に入れられて 水槽に沈めてある。
卸さんが活け絞めにするとき その網から出す。

活け絞めになったタコは 時々店先に並べられているけれど
神戸では 活きてるタコを買う時に絞めてもらっていたので
やっぱり 活きてるのをを絞めてもらうんじゃないと、 と思って探してたんだけど。

築地のタコ、 なんだかずいぶん大きいのよね…・


ある日 とある仲卸さんに尋ねた。

「これ、大きいけど、どのくらいの大きさ?」
「2キロちょっとかな」
「大きいねぇ。 1キロぐらいはないの?」
「1キロ? そんなの美味しくないからウチでは買わないな。2キロ以上ないと旨くないよ」

・・・・そうなんだ・・・・ 

それで いつもいろいろ教えてもらってる仲卸さんに尋ねた。

「こないだ、2キロ以上ないと美味しくないって聞いたんだけど。
 ウチらは700gから1キロくらいまでのを食べてたんだけどなぁと思って」
「関西の人は小さいのを食べるね。 1キロ位の。 東京は大きいんだよね」
「東京のは小さいと美味しくないのかな?」
「それは食べ比べてないから分かんないなぁ…小さめのがあったらとっときますよ」


前回、1キロのタコを茹でてみて感じたのは
タコの身が 「やわらかい」 そして 「味が薄い」 ということ。

どこで獲れたタコだったのか 聞かなかったのは失敗。
これから買う時は 産地を聞いて買おう。
東京の近海で たとえば伊豆半島とか三浦半島とか
半島の辺は タコが美味しそうなんだけど、どうなんだろう?(*^_^*)

神戸で買ったタコは いつも猛烈なタコ味だった。
あの猛烈さは タコの大小にはあまり関係なかったように思う。
あれは新鮮さが かなり影響してるんだと思い込んでたけど

ネットで調べてみると 明石のタコ、1キロ位までが商品として取り引きされてるサイトがいくつか。

味は 大きさも関係あるのだろうけれど 育つ環境にもよるのかもしれないなぁ。
明石のタコは潮の流れがはやいから小さくても身がしまってて味が濃厚、とはよく聞くのだけど?
ひょっとすると 神戸で食べていたタコのタコ味の猛烈さは
明石海峡で獲れたタコ という特異さなのかも?と 今更ながら考える。
 

そういえば 神戸以外で食べて 神戸のタコの味を思い出すタコに出会ったことはないしなぁ。

明石のタコ、 ブランドになるだけのことはあるのかも・・・なんて思っちゃった。(*^_^*)
タコネギ玉
こっちはネギをのっけて 「タコネギ玉」。 ネギもタコと合うねぇ。
これもソースもいいけど ポン酢もイケます。(*^_^*)


【追記】
 タコ研究会のホームページ  http://www.aa.isas.ne.jp/redwell/index.html 

人気ブログランキングへ

ブログパーツ


築地 | 23:55:52 | Trackback(0) | Comments(14)
神戸的いえごはん① 焼きあなご丼
いっぺん涼しくなったのにまた暑さが戻ってゲンナリのmidoriです。

さて、このところ調子よく記事をアップしていますが
こういうのって 一度止まっちゃうと なかなか次のエンジンスタートに時間がかかりますね。
それで、時々 時事ネタみたいに ちょこっとした記事をアップしちゃおうか、と。

今日は 神戸をしのびながら作った 創作いえごはん。 焼きあなご丼などを。



先日 築地でアナゴのいいのがあったのでいただいてきた記事をアップしました。
  ◆えぼだい(シズ)の刺身って食べたことある?&アナゴフライ続き≪小田保≫&メヌケ?
その時のあなご。
アナゴ!久しぶり~~~!

1キロ2000円を 700gほどいただきました。

アナゴもハモも メヌキでまな板に串刺しにしてさばく ということをしたことがありません。
神戸で売ってる状態までしてあるものなら買える。
アナゴの場合はだからこの状態のものしか買ったことがないのです。


焼きアナゴについては以前にチャレンジした記事がこちら。
 ◆焼きアナゴ 手作りしてみた!①
 ◆焼きアナゴ 手作りしてみた!②

それで結局、今はどんな手順で焼きアナゴを作っているかというと

① さっと洗ってキッチンペーパーで水気とぬめりの残りを取る。
    お店によって程度が違うようですが
    さばいてあるアナゴはぬめりもこそげとってあるものが多いようです。
    私がいつも買うお店はぬめりを取っくれてるので楽ちん。

② 密封ビニール袋(ジップロックとか)にアナゴとつけだれを入れる。
    つけ汁の割合は 醤油:みりん:さけ=2:1:1 くらい。
    きもち みりんを控えめにすることが多い。
    量は 今回のアナゴ700gに対して 醤油2分の1カップ、位。
    だから調味料ぜんたいだと1カップになるかならないか、位。
    それでも十分すぎます。多すぎるくらいです。

③ ビニール袋の空気を抜いて密封し、適当に寝かす。 
  時々アナゴにまんべんなくつけ汁がまわるよう、袋をモミモミする。

④ 味がしみ込んだと思ったら (うちなどは2日ほど冷蔵庫で放置することも多々あり)
  グリルでならべて焼く。(串うちはしない)
   

以上です。

グリルで焼く時、 うちのグリルだと最初の9分位で 「柔らかい焼きアナゴ」完成。
さらに7~8分焼くと しっかり焼けて 神戸でよく買ってた 硬めの「焼きアナゴ」の感じになります
この硬い焼き方だと 冷蔵庫の中でも結構日持ちするし、冷凍するとすごく持つ。


今回のいえごはんは 初挑戦!
柔らかい焼きアナゴを使った 焼きあなご丼!
出来上がった焼きアナゴみてて、「これ、このままご飯にのっけて食べたら美味しそうやん!!」と思ってやってみた、という 冗談(ひょうたん)からコマ系いえごはんです。(*^_^*)

作り方はいたって簡単。 
焼きたての焼きアナゴをご飯にのせるだけ。ヽ(^o^)丿
焼きアナゴ丼

焼きアナゴを崩すなりご飯に巻いて食べるなりなんなり
自分の好きなように食べて~~という丼もの。
アナゴに味がついてるので タレなどかけなくても十分美味しい。 というか、激ウマ!
とにかく焼きたてのアナゴの美味しさだけで勝負のいえごはん。

グルメブログって、みんなすごい美味しそうに しかも綺麗~~~につくってはるやん。
あれなぁ。 ウチ、苦手。

ガサッと作って ガッツリ掻き込む

それがmidoriのウチの いえごはん やねん。

それそのまんまアップしました。
香のものとか、ちゃんとテーブルセッティングとか してへんけど

これ、めっちゃ美味しかった~~~~!   ほんま。

新鮮でいい生アナゴが手に入ったら どうぞ一度お試しあれ。
きばらんでも 美味しい焼きアナゴできるから。

人気ブログランキングへ

ブログパーツ

東西味違い | 00:35:26 | Trackback(0) | Comments(10)
課題:タコその1@築地
8月最終日の今日は8つながりで「タコ」話を。
octopus


築地で「タコ」 以前に場外のお店で茹でダコを買いましたが(過去記事)
それ以来 家ごはんは タコに縁がありませんでした。  (この場合のタコ=マダコ ね)

やっぱり タコは 生きてなきゃね。

そう思いながらも 
場内(仲卸)で活けダコ、どれがいいのか 選べない。
神戸の魚屋さんだと 間違いなく活けダコ(生きてるタコ)は
明石周辺の漁港から来た地もののマダコ。
築地は 全国からタコが来てるから 
どこから来たタコか、マダコかミズダコか・・・

そういう意味では 生きている魚介類の種類、産地表示のないものもある築地では
素人の買い物は 難易度が高いといえます。
(仲卸さんは聞けばちゃんと産地を答えてくれるのですが、
 素人に時間をつかってられないよ、という顔をされることもしばしば。
 買う気もないのに質問だけするのはお仕事の邪魔になるんじゃないかと
 こちらも気が引ける。 
 私には馴染みになった仲卸さんのお暇そうな時に聞く位しかできません)



そういえばそろそろタコのシーズン終わっちゃう~~~~~(産卵したら味が落ちる) と
以前からチェック済みの 活けダコを扱っているお店に行ってみた。
(前にマダコの卵を買ったお店)

ちょうどいい大きさ (神戸でいつも買う、700g~1キロくらいの大きさ。
ちなみに築地だとかなり小ぶりなほうになる)
のタコを 網から出して〆てるところに遭遇。
築地で見るタコにしては 色も神戸のに近くて薄い色だし、
大きさも手ごろだし。 
チャンス到来か!

「それ、いくら(値段)くらい?」
「キロ1500円」
「1キロくらいかしら?」
「そうだね~それくらいかな」

計ってもらうと ちょうど1キロ。 買いました。
神戸と同じように お腹だけ出してもらって ビニール袋の中に。
家で袋を取り出すと まだ動く!!!!
きゃぁ~~~~~~~~~!

これは タコ をやるときの お約束の絶叫。(●^o^●)
しずちゃんといっしょに。
一緒に買ったしずちゃん(えぼだい)といっしょに。

ちなみに しずちゃんも 先週(下の写真)に比べると大きくなってきましたね~!
しずちゃん

手乗りエボダイ
この大きさなら神戸だったら煮付けだけど、今回は一夜干しに挑戦。

さてさて タコちゃんの塩もみに入りますよ~~~
塩もみ
神戸の魚屋のおばちゃんに教えてもらった ビニール袋での塩もみ。
ビニールの口を縛ってモミモミします。 これなら私でも簡単に塩もみできます。
塩もみ完了
水でヌメリ泡を洗い流した時、タコの皮膚がヌルヌルしてなければ終了。

茹でる前に 生で使う分(タコごはん用)を切り取っておく。
このとき、ふと魔がさして 足の端っ子をそぎ取って食べてみる。
sogitori
お! ウマいっ!!! ★★☆
思ったより身が柔らかい。 神戸のタコだともっと硬いと思うんだけど…
歯触りがよくて、意外に簡単に噛み切れる。 そして、甘い。 
タコのうま味が 軽く残る塩もみの塩味で絶妙!
これ、ウマ~~~~~い!!!!

iikanzi
東京はタコ刺し(生)があって あれがどうも不思議だったんだけど
これなら美味しい。 タコ刺し、アリです! (●^o^●)
足の根元を刺身用に多めにとり置く。 

茹でます。
茹で
神戸サイズ700gで7分、これは1キロあったけど足が半分になっちゃったから軽めで6分くらい?
茹であがり
茹であがり。

色はナイス。
味は・・・ 思ったより タコうま味がかなり薄いかなぁ。。。。
茹で汁も タコ臭さが少なくて、旨みが出てはいるけれど、、、(^_^;)
ちょっと想定外のお上品さ。 やっぱり明石のタコみたいにはいかんねんな。。。


あとは生の足をぶつ切りにして タコごはんへ。
茹でダコの タコウマが少なかったので 
神戸ではやったことなかったけど 昆布を足して、 味も塩と薄口しょうゆで。
(神戸では昆布なし。醤油もほとんど使わない)
築地タコでタコごはん
あ、ちなみに生ダコ使うタコごはんの作り方は広島は三原の知り合いに習いました。
今まで食べた中でこの知り合いのタコごはんが一番美味しかったから。

色よし。 (写真は茶色っぽいですが、 混ぜるとゴハン全体がピンク色に)
味も・・・ なかなか好評ではありましたが・・・

正直、タコだけの味ではないのが 私には不満。
タコごはんは 嫌ッ!というほど満ち満ちたタコ味で食べたい~~~~!
それに、なぜかタコが硬い! タコごはんでこんなにタコが硬いなんてビックリした。

私に仕込まれタコごはんにはうるさい娘も 「う~ん、いまいち、かな」
さすが。 タコをわかってるね~娘!

ご飯をけなされて喜ぶのもなんだけど
……なんですね…‥ 明石のタコを超えろとは言わないが
明石のタコ並のタコをゲットするのは まだまだ道遠し…・ なんですかなぁ…

御参考までに 神戸のタコごはんをのせておきます。
タコごはん@神戸
なんとなく タコの身がはち切れているようだよね。
なにかしらの違いがあるんだろうね~~。


タコ話、 もう少し詳しい話をまた改めて。

人気ブログランキングへ

ブログパーツ

築地 | 22:14:23 | Trackback(0) | Comments(0)
君はハモの子を食べたか? ハモ、オマケ!
ところで みなさま。
ハモの 卵、 ハモの子 は お召し上がりになられたこと おありかしら?

あれだけ 神戸で ハモを食べていながら
私は一度も ハモの子なるもの 食べたことがなかったよ。

というか ハモに 子 なんか おったんか?

ハモの骨切りのため 1匹丸ごと買ったら
卵がついてきたので 記念写真とりました。

ハモの内臓



ウキブクロってのが 旨い と ネット検索で 出てた。
で、たぶん これが ウキブクロだろうと。

あと、周りはタマゴだろう。  端っ子のは肝だろう。

だろうだろうで 恐る恐る調理。

まぁ、フグじゃないし 胆のうさえとっちまえば なんとか食べられるんじゃないの?
(というかさ、ハモの内臓の詳しい図解とか 調べても出てこないんだよ。
 常識なの?これって??? さかなって そんなにみんな内臓とか熟知してるの?)

ウキブクロの周りにへばりついてる 卵を はがしてみました。
バラバラになっちゃうかと思ったけど 新鮮だからか 崩れず 意外にまとまってくれた。
卵っす。


ウキブクロも周りの内臓をはずして こちらは適当に切る。 中から空気が抜けて皮みたいになった。
腸らしきものは タテに割いて 中に残ってる未消化物をこそげ出して 洗って 切る。

卵 と その他内臓 を 別にして それぞれ 酒+淡口しょうゆで 炊いてみます。

きも


これは内臓の方。
ウキブクロは ゼラチンのマカロニみたいになった。
味は醤油味のハモ。
美味い。。。  これは ハモの スジ肉や~~~~~ヽ(^o^)丿

他の内臓は ダンナ様に献上したので。。。。味は不明…


卵っす。


こっちは 卵の方。 上に乗ってるのは おそらく肝臓?
肝臓っぽいの 美味しそうだったんで ちょっとかじってみたけど… ちょこっと苦かった。

卵は…・
美味~~!!!! 美味です!!!奥さまっ!!!!!!

味は濃厚な醤油味のハモ。
ちょっと香りとか味とか 鯛の子に似てる。
でも、鯛の子より 粒が小さくて それなのにしっかりしていて
ツブツブ感がたまらない。

こんなん、 神戸でみたことないって どういうこと?????

お店のおやっさんいわく
「ハモの子は 珍味だから 子だけ集めて売ってたりするのよ」  だそうで。
そうか。 一般庶民の口には入らない レアものなんですか。 ハモの子は。


神戸では もしかすると 流通してるのかも?!
なんて 思ったり。

みなさま。 ハモの子 見つけたら 一度お試しあれ!


◆ハモ料理いろいろ
京都の鱧料理~鱧一八選 (京都 てんぷら かふう HPより)

あ、ところで →人気ブログランキングへ

こちら、クリックしていただけると嬉しゅうございます。
どの記事の→人気ブログランキングへ
からでも有効です。
どうぞよろしゅう おたのん申します(*^_^*)

ブログパーツ


築地 | 00:17:32 | Trackback(0) | Comments(4)
ハモ その2 骨切り達人への道険し?
なぜか 続きものになってしまった ハモの骨切り顛末記。(この前の記事は→こちら

トビウオの刺身を作る 職人の腹骨切りを見学し
「あ、これなら わたくしにも 出来そうだわっ!」 と 簡単に思ってしまったのにはわけがある。

私は キャベツの千切りが この上なく好きなのだ。

で、包丁さえ研げば 何とかなるだろうと 思ったのさ。 なんという早合点。


先ほど購入の 巨大ハモと 実演販売で すっかりその気にさせてくれたトビウオ。
この両名を携え 家にたどり着いた私は
まず包丁(ウチのは和牛刀)を研いだ。
いつにまして 念入りに。

そして 練習台として トビウオから 取りかかった。
これはね。 正直、かんたん でした!
へっへっへっ!

三枚おろしにして腹骨をすいたあと、背骨の周辺に残る小骨を 「キャベツの千切り様に」骨切りする。
(厳密に言うと刃の入れ方抜き方は違いますが)
トビウオの骨切り

↑いま 骨切りし終わったところ。 これを斜めに糸づくりみたいに切って出来上がり。
これは 骨がまるでないようで おいしゅうございましたよ。 ええ。 ええ。。。。

さて。 いよいよ 天草産の素晴らしいハモ登場!!
骨は外していただいております。
でかい。 まな板から 完全にはみ出てる~~~!
頭と骨と内臓外して600gくらいですか。分厚いです。たっぷりしてます。
天草のハモですよ!

で、調子よく 「キャベツの千切り」 したわけです。

なんとなくジャキジャキと 骨が切れてる音がする。
でも、ちょっとトビウオと勝手が違うんよね。
骨がどこにあるのか よくわからん・・・
わからんうちに 骨切り終了。
骨切り終了…(^_^;)

なんとな~く イヤな予感…
沸騰したお湯で サッと湯引き。
ううむ~~~~(T_T)

あかん~~  (-_-;) 
パッとボタンの花のように開かん。
食べると… なんと、皮のすぐ裏にみっちり 
骨がぁぁあぁあああぁぁぁ。。。。。
そうか。 ハモの骨は こんなところにおったんかぁ???!!!

しっぽの方は薄いからか骨切り出来てたけど、
分厚い、美味しいところはおおむね、骨が触って 食べにくい ハモの湯引きとなりました。
味はええんです。 味はやっぱり輸入とかと全然ちがって ウマいんです。
でも、ハモは骨切りができてないと ちょっと食べづらいなぁ・・・・・
ちゅうか、 あかんなぁ・・・・・   がっくりですわ。。 (T_T)

で、次の週。 リベンジですよ。 とうぜん!

先週ハモを買ったお店に 直行。

「先週買ってった、ハモの骨切りなんですけど・・・」
おやっさん、「ふんふん、どうやった?」 と 結構かまってくれます。
「半分くらいあかんかった・・・・です・・・・(+_+) 」
おやっさん、 アハッ! という感じで ・・・・  (●^o^●) 笑った…      (T_T)
「で、 今日はリベンジしたいんですけど ええハモ入ってますか?」
「あるある。 ちょっと待って!」
おやっさんが ひょい!と兄ちゃんを呼び寄せ 指さして 「これ出してあげて~」 と。。。。

なんと 水槽から 活きてるハモを ひっぱりだして!!!!
活け締めですかいっ!そりゃ、ええハモですわ!
よすぎやろ~!!!!

こりゃ えらいこっちゃ。

で、うちに持って帰ってきました。 初の 活け締めハモ!
キロ3800円。 0.55キロで2090円。 お値段は前回と同じ。
活け締めハモ!!!

正味300g強。前回のに比べると半分くらいの重さ。
厚みは それなりに薄くなる。
でも、身の透明感は抜群。 さすが。活け締め! 
しかも このサイズは 神戸のハモのサイズにかなり近い。
(神戸で買うハモの 大きいときのサイズと同じくらいかな)

で、さっそく 包丁研いで 骨切りスタート!
骨切り~~~!!!!

ふふふっ! どうですか? こんな感じですかっ!!!!
前回失敗したおかげで ばっちり骨の位置、わかりましたから。
失敗は成功のハモ。
包丁を入れたとき、 皮の白い色が見えるところまで切ればええんですな。 要するに。

骨切り終了~~~!!!


ま、こんな感じでしょうか?

これを切り分けて茹でると・・・
ハモ湯引き梅肉のせ

こないだのと ゼーンゼン違うやんか!!!
ちゃんとハモの花が開きましたやん。
やったね!

前回 あれだけ皮の手前の細くて長~い骨が 織りなしたカーボンファイバーみたいで
全く食べられんかったのに、 それがゼーンゼンどこにあるやらわかりません!!
すごいなぁ。ハモの骨切りって!
おいしぃ~~~~~~!!!!! ヽ(^o^)丿
お味は さすがに うま味スッキリ。 
湯引きした残り湯で頭も炊いて 汁ものにしました。

こちらもオイシィ~~~~~!!! ヽ(^o^)丿
大満足。 ハモの湯引きも。 ハモの骨切り加減も。
も~、わたくしのこと、『骨切りのプロ』 と 呼んで。 食べさせてくれるなら、 
いくらでも骨切りしますよ~~! 骨切り、楽しぃ~~~~!!!LOVEほ・ね・き・りっ!!


ちなみに こんなのも 東京の夏の味覚。  今週築地場外で発見。

思いっきり怪獣ですがな!
 

これはね。 天然ものは初めて見ましたが (すごいね。なぜかピグモンを思い出してしまう)
ホヤ っちゅう 食べ物です。

これは東京来て初めて見たね~。
東北の方で獲れるらしい。
東北の友達が ウチに飲みに来た時の土産に これをビニール袋いっぱい持ってきたときには
正直・・・・・戸惑いました…・(^_^;)

ま、遠い夏のおもいで だね~~~。


人気ブログランキングへ

ブログパーツ




築地 | 20:35:15 | Trackback(0) | Comments(8)
ハモの季節です! 築地から初夏のお便り
 京の葵まつりの様子がテレビに映し出されると
鱧の季節が来た! と 胸がざわつく。


ハモ

神戸の実家があるJR塩屋の駅前の一等地には 魚屋があって
駅から出て まず その魚屋に立ち寄るのが 習慣になっているのだが
この季節 まず 見るのは 骨切りされたハモが パック詰めになっている 陳列棚。

ハモを見つけると すかさず 色つや、大きさを見比べて
最適な物をゲットする。

私は少し赤味がかった肉色のハモがすき。

ハモはもちろん、適度に分厚いのが ウマい。
塩屋の魚屋に来ているハモは それほど分厚いものではないけれど
新鮮なので 湯引きにすると 抜群にウマい。

もちろん湯引きにした時の湯は そのあと 薬味などを入れて 吸いものにする。
これもまた ハモの濃厚な旨味があって 薄口しょうゆを少し垂らしただけで
爆発的、官能的なほど うま味が広がり しばらくは他のものは食べたくなくなるほどになる。


5月の連休が明けると
築地市場に ハモの姿が 急に目立つようになってきた。
ハモを築地で見るとは 正直 あまり想像していなかった。

東京のスーパーで ハモの湯引きを見かけるようになったのは ごく最近のように思う。
30年前にはまず 目にすることはなかった。
ここ数年、神戸に帰っても ハモが獲れず、値段が高騰している時に
あろうことか 輸入のハモの湯引きが出回っていて
それでもハモをどうしても食べたかったので 買ったはいいが 処分に困る ということを繰り返したが

そのころから 東京でも 同じく輸入のハモの湯引きが パック詰めになって
店頭で 割りに手軽に手に入るようになったように思う。

あの頃から ハモは 東京で メジャーになりつつあったのだろうか。



また長い前説である。
ハモへの愛を どうしても伝えたかったのである。

で、ここで いきなりハモ登場。

今回はなんと 骨切りに挑戦! ということになってしまった…(+_+)
なぜなら・・・築地の中買いエリアは 骨切りしてくれないから。
私がお気に入りのお店は、 ワタ出し、三枚下ろしまではしてくれるのだけどね。
(通常、そこまでしてくれれば ほぼ街の魚屋さんと同じだと思うんだけど!)
天草のハモ!

先週 ハモを見つけて 思わず駆け寄ってしまった。
「これ いくら位かな?」
「キロ2000円でいいよ」
東京ではハモと言えばブランドともいえるらしい 天草産のものの 大型のハモ。
ちょうど一本で一キロ、2000円。   (たぶん結構お値打ちだった・・・)

これはでかい。
こんな大きなハモ、 正直神戸では 買ったことない。
京都へ行くと いつも楽しみにしている ハモの付け焼きは
神戸で見るハモの 二回りほど大きなもので
あれは 種類が違うんじゃないか?と いつも疑うほどの大きさだけど

そんな京都サイズのハモである。

そうか。 神戸のハモは サイズが小さいねんな。
京都に大きいのが行ってしまうのかもしれない。
神戸のハモは 昼網 なので 神戸沖、播磨灘方面、つまり淡路のハモだと思うんだけど
昼網なので 当然 鮮度抜群。
サイズが小さくても 味は 京都のハモに負けてないと思ってたけど…

とにかく わたくし的に 人生最大サイズのハモを相手に 人生初の骨切りに挑戦。

と その前に。

ちょうど 同じ日。

トビウオのシーズンで 長崎からやってきたトビウオを買ったら
トビウオの刺身の作り方を 売り場の人が実演して見せてくれた。
その刺身の作りが 骨切り だったのだ。

「キャベツの千切りと同じ要領で ここに包丁を入れるだけなんですよ」

いとも簡単に トビウオの腹骨を 骨切りして 糸づくりにしていく 仕事人。

おおお。
わたくしにも できそうやんか。

と、これが ハモの骨切りに 躊躇なく突撃してしまう きっかけになってしまったとは
さすがの仕事人も 知る由もない・・・


続く
 


◆ハモ  →ぼうずコンニャクの市場魚貝類図鑑
◆お料理についてはこちら
鱧料理・天然フグ料理 好月HP】 より 
http://www.nnc.or.jp/~yosizuki/hamo-unntiku.html
すっぽん料理・鱧 季節料理 万両HP


→人気ブログランキングへ
↑そうそう。
その調子で トントント~~~~ン と キャベツの千切りの調子で クリックすると
あなたもハモ名人に~なるわけないやん…えらいことになったんやから… ということで
珍しく 続きものになりました。 後編を お楽しみに~~~!

ブログパーツ

築地 | 20:23:28 | Trackback(0) | Comments(8)
桜もち。 どっちがどっち?
今日は おひな様。

『関東と関西では お内裏様とお雛様の位置が逆』

というのは 結構知られていると思うのですが
(ちなみに 関西ではお内裏様は向って右、お雛様は左。)
→hirokunさんの ≪東京弁は流行るんです≫ 今日の症状 〔お雛様〕 2004,2,22もご覧くださいね。

桜もちも 関東と関西では違うって 知ってました?


おひな様の時に 和菓子屋さんがこぞって売り出すのが
甘酒 ひし餅 ひなあられ。
そして 影ながら実はこれが一番実質的で人気モノじゃないかと思われる
さくらもち。


いつの頃から でしょうねぇ。
おひな様が終わるころから お花見のころまで
桜もちを楽しみにするようになったのは。


若かりし遠い昔。  東京で 迎えた おひな様。
しがない下宿暮らし お内裏様もお雛様も 持ってなかったけど
「まぁ 桜もちでも食べて 気分盛り上げようよ!」
って 何気なく 買いに行った私を 襲った 衝撃!!!

これが   東京の   桜もちじゃぁぁぁぁっ!!!

とうきょうの 桜もち

なんじゃこりゃあ!!!!!


私の大好きな 桜もちは どこにも見当たらず・・・・・ (涙

ふと 目にとまった  それらしき姿には

「道明寺」

と書いてあるではないか!

道明寺~~~~!

なんやの、「道明寺」って。


これは桜もちやろう!


しかも白いし・・・


(それにしては 白っちい・・・・)




という まいどまいど 遠い昔の憤りを思い出させる ひな祭りの桜もち。


今年は 関東風と 関西風 二種類買って食べたけど
やっぱり 桜もちは 「道明寺」に限るね! (って、これが桜もちなんやってば!)


◆桜もちについても hirokunさんのサイトでご覧くださいね!

≪東京弁は流行るんです≫ 今日の症状 『桜餅』 2002.4.4

◆桜もち(道明寺)の作り方も載っています。 次はこれにチャレンジか?

≪井の頭和菓子処 末廣屋喜一郎≫ HPより 『和菓子のレシピ 道明寺』


人気ブログランキングへ
  ぜひぜひクリックなさってくださいましよ!m(__)m


ブログパーツ



東西味違い | 22:41:24 | Trackback(0) | Comments(4)
焼きアナゴ 手作りしてみた! ①
あなごは焼きアナゴ。 これ、神戸の常識。

とはいうものの、 東京の煮アナゴも美味しいよ~~~~!
最近私は 東京の煮アナゴにハマっています。
東京の煮アナゴは 大きなサイズのをふっくら蒸しあげたような 
ホロっと崩れる柔らかさが たまらなくおいしい!
油を抜いた上品なウナギ みたいな感じです。

サンプルとしてお見せするのは 最近入り浸っている築地場内の 
【あんこう屋 高はし】 さんの あなご丼のアナゴ

(【あんこう屋 高はし】さんについては もちろん つきじろうさんの →≪春は築地で朝ごはん≫ をご覧ください!)

高はしのアナゴ



ぶあっついでしょ~~~! おいしぃ~~~よ~~~~!



関西から東京にご旅行の折には ぜひとも 煮アナゴの丼を召し上がれ!



でも、焼きアナゴは やっぱり好き。
東京で なかなか手に入らない 焼きアナゴ。
築地でアナゴは 生で売ってるのよ。 活きてるのをさばいてるのよ。
築地だけじゃなくて 町のスーパーでも売ってたりするのよ。
生のアナゴが売られてるって、そんな珍しいことじゃないのよ。
なんてったって、江戸前のアナゴは有名。
東京じゃ テンプラサイズのアナゴ。
神戸じゃ ちょうど 焼きアナゴにもってこいのサイズなのよね。 

見るからに美味しそうな 活き活きアナゴが気楽に手に入るんだもの。
なんとか 手軽に焼きアナゴを作れないものか。
もうすぐ 桃の節句、 お雛様だしね!

お雛様には ちらし寿司、ちらし寿司といえば。。。。 やっぱ焼きアナゴ、でしょ?
あ、ちなみに ちらし寿司って 関東では 五目ずしとでもいうのかな?
関東のちらし寿司は 寿司ネタが酢飯に乗ってる丼みたいなもんです。(+o+)

『焼きアナゴの作り方を教えてください』←Yahoo!知恵袋

というわけで やってみたよ。 焼きアナゴ。

築地で手に入れた 開いた生あなご。
8匹1000円。
ぬめりが少しあるので 水洗いしてペーパータオルで拭き取ったのと
水洗いせずにペーパータオルだけで拭き取ったのと 両方やってみた。

けど、結局付け汁に一緒に入れちゃったから どっちでもよかったかな。

アナゴを付け汁につける




焼き方、よく焼いて 大善のみたいにしたのと
一応軽く火を通すのと これも両方やってみた。

焼きアナゴしっかり目焼いてみました



これは、 どっちもいいね。

同じたれ、同じだけつけたんだけど、
よく焼いた方は 出来上がり、 味がちょっと濃い目。

普通に焼いた方は ちょうどいい感じ。
ちょっと関東風の蒸して柔らかくしたアナゴみたいで
これはこれでいい感じ。

左側が普通に焼いてみた方





なんや。 焼きアナゴ、簡単に作れるやん!
しかも 美味しいし。
しかも 食べたいだけ食べられるし。

これでもう 神戸から冷凍したのを保冷材つめて
ヒーヒー言いながら 担いで帰ってこんでもええ。

これからは アナゴは 手作りに限る!

…というものの これには後日談があり…              (たぶん、続く…)
 


人気ブログランキングへ

ブログパーツ

東西味違い | 14:35:36 | Trackback(0) | Comments(2)
須磨海苔で恵方まきを作るぞ!その2 雪の東京、土井勝先生に感謝の中巻き
節分、豆まき、恵方巻き。
東京は久しぶりの積雪。
ゆきやこんこを眺めつつ、
「今年は自分で恵方巻きを作ってみよう」大作戦が始まる。

(過去記事 → 去年の 「恵方巻きいうのは のりまきのことやね」
          今年の 「須磨海苔で恵方巻きをつくるぞ!その1 今年は中巻き、アナゴ入りを目指す!」
とにかく 7種類の具を入れよう。

・・・・・・・・・今年の具は・・・・・・・・・・

あなご ミツバ 厚焼き卵 椎茸の煮たの ニンジンの煮たの
きぬさや 海老

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

あなごは事前にゲット。
ミツバを買い忘れていたので 雪の中 スーパーに行ったら
お客さんがまばらな中、 恵方巻きが山積みになっていた。
あの恵方巻き、 全部売れただろうか・・・


今日の恵方巻きのご指導いただいたのは かの 土井勝先生!です。。(→ウィキペディア:土井勝)
いやぁ、土井勝先生の「主婦の友デラックスシリーズ:土井勝の家庭料理講座(基礎からおもてなしまで)」(1983年主婦の友社)は 母の本棚からウチの台所に引っ越してきてもう何年になるだろう。
困った時にはまずこちらを手に取ります。

そして 築地の師匠、≪春は築地で朝ごはん≫のつきじろう様もご愛用のウェブサイト≪てまえ、板前、男前≫。こちらの写真は包丁の使い方とか、写真が細かくわかりやすいので、特に魚関係で困った時は本当に助かります。
今回は「太巻き寿司の巻き方」が大変参考になりました。


具です。
本日の具。

左から ミツバ 厚焼き卵 きぬさや 海老 椎茸 ニンジン あなご

海老は芝海老。
先週末築地で海老屋さんに勧められて デンブにしようかと思って買ったけど、
あまりに新鮮でおいしそうだったので 素揚げにして食べちゃった残り。
殻を剥いたら 意外に油っ気がなかったので急きょ恵方巻きに入れることに。

あなごは デパ地下の魚屋さんとちょっと高級スーパーでゲットした 焼きアナゴ
土井勝先生のレシピで煮直しました。

厚焼き卵は、アナゴを煮た煮汁の残りを入れて焼きました。
煮汁が美味しくて、厚焼き卵も美味しくできて よかったぁ。
水を足して もう少し柔らかな仕上がりでもよかったかな。

細かいレシピについては 後でアップするかも・・。


本日、トリを務めます役者は こちらの≪須磨海苔≫。
いかがですか? このピンキーな袋は。
本日のお海苔。


中巻き山積み。

中巻きの山積みです。
のり巻き巻くのなんて もしかして 細巻き入れても 生まれて3回目くらい?
両端からご飯や具やらが出てきちゃうのね。うえ~ん。

でも、これ、巻きすなしでやったんですよ。
ラップとふきんで…

巻きすが欲しいよ! めっちゃ面白い。 自分で作ると 味が好みに仕上がるし。
今度築地行ったら 巻きす買おう!そう心に誓ったのでした。

断面!

断面です。
一応恵方巻きなんで 今年の恵方、南南東に向かって黙ってまるかぶりしたあと
残ったのを切ってみました。
海老は見えませんが(真ん中に一匹入れただけだからね・・・)
まぁまぁのいろどり? ちょっと端っこに寄っちゃったね。
次回の課題でございます。

初めての 手作り恵方巻き。
結構楽しかったよ。
何より 自分好みな味が作れるのが最高。

須磨海苔のお味は… 軽くあぶったんだけど しっかりした歯触り。
これ以上のり巻きが大きかったり長かったりしたら ちょっと噛むのに疲れちゃったかも。
切ったのは 海苔がしっかりしてて崩れないから 食べやすくてよかったんだけどね。

意外に 恵方巻きには 不向きな感じ。
普通の切って食べるのり巻きなら GOOD! なのではないでしょうか。

ちなみに こちらは 築地で見つけた 兵庫県産の海苔。
「手巻き用」として売られていました。
嬉しくて写真写させていただきました!

兵庫産海苔@築地


人気ブログランキングへ

ブログパーツ

東西味違い | 23:30:40 | Trackback(0) | Comments(4)
須磨海苔で恵方巻きをつくるぞ!その1 今年は中巻き、アナゴ入りを目指す!
さぁ、やってきました!節分やで!!! 恵方巻きやで!!!!!!!!


関西で 節分と言えば 最近は恵方巻きらしい。(過去の記事→「恵方巻きゆうのは のりまきのことやね。」
恵方巻きは 関西から発して 全国制覇のコンビニのおかげもあるんでしょうが
今や全国的な節分の行事になっておるようです。

恵方巻き → ウィキペディア

この数年、本当にすごい勢いで節分には恵方巻き、が定着しつつあります。
去年までは お店のを買ってきてた我が家でしたが
今年はかの名産≪神戸の須磨海苔≫ もゲットしたことですし。
家で巻いてみようか、と。 ええ、ええ。

しかし 問題はあの太巻きのぶっとさ。
あんなん しゃべらんと食べようとしたら 危ないやろ。

とくに そうでなくても 常日頃嚥下関係に難ありな老体には 無理無理。


うちで作って食べるなら そうねぇ、中巻きくらいがいいわねぇ。
そう思っていたところ ちょうど都合のいい サイトを見つけました。
その名もズバリ 『恵方巻きレシピ』
このサイト、本文自体はあやしくはなさそうなんですが どこのどちらさんのサイトかとんとわからん。
まぁ、都合のいいところだけ抜き書きさせていただくと…

・・・・・・・(以下『恵方巻きレシピ』より抜粋)・・・・・・・・・・・・
私は大阪出身で子供の頃食べた「節分の巻き寿司」(恵方巻は最近の名前です)を知っている私からみたら、最近コンビニで売ってる恵方巻は【暴力的】な太さです。(笑)。。。たぶん商魂たくましいコンビニの商品企画者が考えたのでしょう。
昔ながらの「節分の巻き寿司」はもっと細く短いです。一般の巻き寿司と細巻きの中間の太さで、長さは半分です。幼児じゃない限り、切らずに少しずつ食べることが可能です
                 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(以上 抜粋終わり)・・・・・・・・
こちらの出所は≪おしえて!goo!≫のこちら→Q‐No.2711795「節分の恵方巻きの食べ方について教えてください」
こちらのA‐No10の回答の抜き書きのようです。

(このところ 急激にクローズアップ現代されてるジャンルですから 情報もかなり錯綜しておるようですね)


ノリ巻きにしたあとは 切らずに食べるようだけど、 海苔のサイズは どうでもええということと勝手に理解。

うちの今年の恵方巻きは 『中巻き』 を目指す!
そして 懸案の 具 です。

去年の記事にもアップしましたが、(『恵方巻き ゆうのは のりまき のことやね。』2007.2.3UP)

≪母の のりまき≫ の 具

  高野豆腐   厚焼き玉子   穴子   三つ葉 
  しいたけの煮たの   ニンジンの煮たの   かんぴょう

これだけはっきり覚えてるというのは すごいことやと思う。
それだけ いつもおんなじ具が入ってたということやもんね。
私の料理のなかで これほど「きまった形」のものって あるだろうか?と ちょっと感動したりするわけです。

ま、でも、この中でも 私の気に入らんかったものは 惜しげもなくほかのものとチェンジしようと。

アナゴ は 絶対必要。
これは まぁ、神戸人なら 当たり前、 なのかな? あ、これ、アンケートとればよかったなぁ。。。「あなたの恵方巻きに アナゴは必要ですか?」 って。 まぁ、それは来年に置いといて…

まず、アナゴそれから、三つ葉。 
これも好きなんですよ。 胡瓜も あなきゅう(アナゴときゅうりの細巻き)美味しいから 好きやけどね。 でも、 恵方巻きには ぜひともミツバで上品にいってみたい。

あとは彩りとちょっと甘い系で シイタケとニンジン。

どうしてもやっぱり外せないのが 厚焼き玉子。 これはできれば出し巻きっぽい味でいこう。

あと2品ですね。

じつは、残った2品が 私が母の太巻きで できれば入れてほしくなかった具材なのよ。
(高野豆腐とかんぴょう・・・)

どうしましょう。 あと2品。→人気ブログランキングへ


たぶん・・・つづく。。。

ブログパーツ

東西味違い | 23:32:21 | Trackback(0) | Comments(2)
そうだ 築地、行こう② 築地で生シャコに遭遇!
シャコを 初めて食べたんは 実は東京来てからなんですよ。
春先、垂水の市場のあたりで ゲジゲジのお化けみたいな 
気っしょく悪いシャコが 
これまた よけい 気っしょく悪~いことに あの腹のヒダヒダした足を
シャカシャカ シャカシャカ 動かして 身をくねらせてるのを見ると
子ども心に 
「魚えええええっ! 誰がこんな 気色悪いもん 食べるんや!?」 と。

私の中では 年末の バットに入ってるナマコと
春先のシャコは

「気っしょく悪い 食べ物 ナンバー1,2!」

でした。

シャコの味は 東京に来て にぎり寿司のネタで初めて知った。
それも シャコ食べ始めた 早い時期に 子持ちシャコ に出会ってしまった。

これは はぁ、 ほんまウマいです。
東京来て ほんまウマいと思って 病みつきになった 海のものの 一つです。

自分的ウマさランキングで言うと イイダコ (もちろん子持ち) といい勝負。
相撲で言うと 三役以上 とでも申しましょうか。

春先の子持ちシャコ。 
それを食べて 初めて 神戸で 生のシャコを買ってみる気になりました。

子持ちやなかったけどね。
それでも 今まで 気色悪く ぴんぴん ピクピク 暴れてたシャコやからね。
甘かった~~~~~!
ウマかった~~~~~~~~~~~~~!
やっぱり 活けを茹でた方が 東京のスーパーで買うより 全然ウマ甘でした。

シャコって茹で方が難しい。
殻から外すのが 難しい。 身が殻にくっついてとれにくい。 すぐ身がもげる。
(それで 売ってるのを買うと 高い訳やな、と かなり納得したわけです)

それでも 生のシャコみたら 買う!
そういう人になってしまったのは
思い出せば 東京暮らしがきっかけだったのです。


そんな 生のシャコ。
見つけました! 築地で!!!!!
こりゃ、買わなあかんでしょ。
茹でる前

さすがに 春先の 神戸の魚屋のように
あのヒダヒダの足を シャコシャコ動かしてはなかったけど
なんといっても 築地に入って 初めてのお店だったので
「産地、どこ?」
なんて 聞けるわけないし。

とにかく 生で売ってるから 古過ぎるもんやないやろう。
実際 身体の色も透き通ってて 新鮮そうやし
眼も ツルっと透明感あって ちょっと青みがかっててきれいやったんで
一も二もなく 買ってしまいました。

いくらやったかな?
10匹位で 300円位?

いや。もちろん今まで東京のスーパーやデパートだって
生のシャコ 見たことないですよ。
東京で初遭遇の 記念すべき 生シャコちゃん達。


茹でます。
塩入れたお湯に放り込む。

活きてる時だと もう 洗うのすら恐ろしいので 
買ってきた袋ままボールに放り込んで
袋から引っ張り出しながら 蓋しながら ジャーっと水掛けてジャカジャカ振って 水捨てて
ガンガンに沸かしたお湯に放り込んで すぐ蓋して釜ゆで でしたが

今回は 活きてない (じっとしてる)シャコ。
それでも ヤッパリ 慣れへんなぁ、 このカマキリみたいな形も 可愛気のない色も・・・・・
気色悪いので 視線をそらしたまま
それでも 跳ねる心配がないので 袋からざるにあけて 上から水を流して洗って
水切りしたのを 釜ゆで。

時間は・・・ 適当。
なので たぶんいつも 茹ですぎ。。
身が柔らかくて 殻から外しにくいのは 茹で時間がちゃんとしてないからかもしれない。
茹であがり

殻をむくのは
キッチンバサミで
まず 頭落としす。 殻の両脇を首の方から 背と腹上下一緒に切り落とし
しっぽの先まで 周りをぐるっと 切り落とす感じで
あとは腹の肉が殻にくっついていこうとするのを 親指を滑らし 身を押さえながら
殻から外す。

ピンピンの活き活きシャコを茹でても 身がやけに柔らかいのが たいがい何匹かおるけど 
あれは なんやろう?  ちょっと 鮮度が落ちてるんかな?と思ってましたが真相はいかに?
(もちろん 茹で時間もあると思うけど)

今回は全体的に 身が柔らかめ。 それでも 大体は 殻から 何とか外せました。
今日は 活きてるシャコやないから 何時にも増して 念入りに茹でたせいもあるかもしれません。


今回 とってもラッキーだったのは
なんと、 春先でもないのに もう 子が入ってるのがいたこと。
身が柔らかかったので 殻から外しながら 身も子も食べちゃいました。
よって画像はないのですが・・・
美味しかったよ~~~~~!
今年最後の子持ちシャコ? いやいや、来春最初の子持ちシャコ!
年末に入って早々 縁起がいいねぇ!
奥はブリの炊いたん


柔らかめの身と格闘しながら どうにか形が残ったのを お皿に載せてみました。
シャコって、歩留りが悪いねぇ。 (^_^;)
でも 写ってないのも私のお腹には納まってますから
私的には全く問題ありません。

シャコ独特の 癖のあるねっとりした味も 全然生臭さがなく
甘さも 十分。
神戸で活きシャコ茹でて食べるのと 甘さで言えば それほど差を感じなかった!!!

築地のシャコ。
イケるやん。

神戸では 春先の味覚。
これから正月開けて シャコが出てきたら
ぜひ一度 食べてみて。

ほんま、お勧め。

ところで、 神戸ですしネタとして シャコ 売ってます?
どうなんやろね。
あんだけ 春先 魚屋を賑わせているのに 好きというのを あまり聞いたことないような気がする。
まぁ、子どもはあんまり食べんネタやろうし、 私の子どもの頃はお寿司なんて
ほんまにハレの食べ物やったから 滅多に食べに行けんかったのもあるやろうけど。

東京のすしネタとしては お値段もお手頃ネタと思われる。
回転寿司屋でも必ず安い値段の方にある。 
カウンターのお店に行くと ツメ という アナゴみたいに煮詰めた甘いタレを塗って出してくれたりする。
「あ、それ、塗らんとって~~~~ 」と言いたいのを ぐっと我慢するんやけどね。
わさび醤油で食べるんが私は好きです。
ツメも悪くないんやけどね。 
あ、そうか、関西はアナゴにツメ塗らんのやったっけ?

ちなみに、 シャコの子持ちの見分けは
茹でてある すしネタ用のシャコやったら
首のところ見てください。
ちょっと茶色っぽい(あるいはオレンジのくすんだような) 色のものがのぞいていたら
それが 子です。
触れるようならちょっと触ってみると そこだけちょっと硬い感じがするはず。

シャコ、 子持ちに出会ったら ぜひ 試してみてください。
それでハマれば あなたも シャコのとりこになるはず!!!!

【シャコ】 市場魚介類図鑑 より
【シャコ・しゃこ】 兵庫の旬のマガジン「ふるさと特産館」 より

【築地土曜会(参加2回目)場内編2】 つきじろうさんのブログ≪春は築地で朝ごはん≫で
活きているシャコの動画が見られます! 相変わらずすごい気っしょく悪~~~~!!!! (^_^;)
築地でゲットしたシャコとのことです。 次は私も築地で活きシャコゲットをめざせ!!!!!


アクセスランキング
ブログパーツ

築地 | 22:17:01 | Trackback(0) | Comments(6)
そうだ 築地、行こう。①  築地の魚は元気か?
神戸富士の追っかけに疲れたので ちょっと休憩。
(再度山シリーズの続きは 少し形をかえたアプローチで また後日アップします)

さてさて。

神戸を離れて もはや30年。
いつまでも神戸を思って メソメソしている場合ではない。
とはいうものの 郷愁そそられる要因の一つに
「(東京では) 魚が食べられない」 というのがある。

東京でも以前は活きのいい魚が揚がって 江戸っ子も江戸前を食べていたようだけど
今や日本の人口の10分の一が住む(関東近県を入れるともっとになるだろうね)
東京という食料の大消費地には 近県から水揚げされる魚だけでは
とてもじゃないけど間に合わず
日本全国から かき集めるように 魚だけでなく様々な食料が運び込まれ
それでも足らずに 外国からも輸入され 日々大量に消費されている。

魚が 水揚げされてから 消費者の口に届くまで いったい何日かかるの?
パック詰めにされて 透明感が遠のき、心なしか肉質が少し柔らかめに見える
東京のスーパーの 切り身の魚を目にすると
私には とてもじゃないがこれが魚とは思えなく。

そんな中でもマグロは東京の方が ず抜けて美味しいので
「さすが東京!」とは思っていたけれど。
あと、サンマ、イワシね。
私が東京に来た30年前でも それこそ銚子沖で水揚げされるサンマやイワシは
東京のスーパーでも 尾頭付き 目も透き通ったものに時々出会えることがあって
さすがにこれは旨い。

秋刀魚の時期になると 関西よりも 相当高いテンションで (としか私には思えないけれど)
みんなサンマを買いに走って 塩焼きにして ウマいうまいと食っている。
なんとなく わかりますか? この感覚。
そうさ。 塩焼きの魚がウマい ということは 魚が新鮮でウマいということ。
東京で魚の味が楽しめるのは サンマやイワシ。 それと
たまに豪勢に気張って マグロの刺身。

それ以外の魚は 切り身で おおむね冷凍か解凍物というかんじ。

魚の 旨味、甘く感じるあの旨みが 全く感じられない魚。
パサパサするだけで味がないとくると 魅力を感じないのも無理はない。
東京で生まれ育つと 魚のおいしさを知らずに成長しちゃうんじゃないかと
人ごとながら すごく心配になってしまうほど。

普段の味のないお魚なら 関東の甘辛い味付けの煮付け、 とても理解できる。
魚の味じゃなく 甘辛味で食べてますものね。あれはどう考えても。

ところが 最近 東京でも急速に 魚事情がよくなってきていて
東北、北海道からの海産物はもとより 新潟からくる新鮮な尾頭付きの魚の量も増えて
スーパーでも「相模湾の昼網」などと称して 神戸で見かけるのと変わらない
新鮮な魚を見かけることも多くなった。

でも、こういう魚は 付加価値があるせいか 割高感があるのですよ。
毎日お魚三昧どころか まず お口にできません。

神戸にいる時は2日に1度以上は魚を食べていたのに。
いくら牛肉の代わりの豚肉が安くておいしいとはいっても
魚eaterとしては 耐えられるもんじゃぁありません。

まぁ、久しぶりに長々の前書き。
今日は興奮冷めやらぬ 初めてのおつかい ならぬ 初めての築地 ですからね。
盛り上がっておるわけですよ。


で。
最近ブログで仲良くしていただいている ≪春は築地で朝ごはん≫ のつきじろう様の記事を
何度も読んでいるうちに
「これは 築地に行かなきゃだめだろう」 と思うようになりました。

魚好きとしては 『日々の生活で魚を食えないストレス』 を 一気に解消したい。
さらには 神戸おっかけブロガーとして
東京で手に入る 神戸の味! これを 探求したい!

要するに
『 東京に居ながらにして 神戸の魚を食べてる気分になろうじゃないか!』 という企画。
いつもの如く 勝手にぶちあげることにいたしました!!!!!


とりあえず 今回は てっとり早くご報告!

築地に行けば ウマい魚が買えるっ!!!!


今回 初築地 の記事は 次回ゆっくりアップいたしますが
この写真だけは 載せておこう!

築地でみつけた マダコ!

築地記事一号 マダコ 姿

ウマかったッ !!!!!

築地記事一号記念マダコの切り身


見てください!
赤く着色されてません!
活けダコを〆てもらって家で茹でたタコと 同じ色!
どうです。
この素材だけで勝負しようという 潔い姿!

味は・・・ 次のブログあたりで詳しく書きますが(たぶん)
私的に 合格点ですっ!

これで一匹丸ごと 900円。
普通 この大きさだと スーパーで 半身で500円弱。
(先ほど近所のスーパーで見てきたら 外国産のマダコ100g198円だった)
高いときだと 700円近くする。
最近 外国産のタコが多くて 国産のマダコは 探さないとなかなか見つからないし。


そんな中、 このサイズで
しかもちゃんと 「タコの味がする」!!
そして 「柔らかくちゃんと半レア ジューシーに茹でてある」!!!

それで この価格。 安い! 安すぎる!!!!!

明石焼きを作ろうと 久々に思った・・・


カワイイたこじろう!!!



築地に行けば 神戸で食べていた魚の味を しっかり思い出せる味が体験できると知った私。
ああああ。
これからは ちょくちょく築地に行って 神戸の味を 懐かしもう!


素晴らしい築地へのナビゲーターは いつもお世話になっております、早坂様のブログ
 ≪神戸っ子ゴハン≫ つながりで
関西出身の築地ブロガー (?とでもご紹介すればよいのだろうか?)
≪春は築地で朝ごはん≫ の つきじろう様。

つきじろう様のおかげで 初築地から よいお店に恵まれました!
本当に感謝、感激です。

これから私も ちょくちょく 築地情報をアップできればと思います。
神戸の情報と併せて 比較などできたらなぁ。



アクセスランキング
ブログパーツ

築地 | 11:36:48 | Trackback(0) | Comments(8)
恵方巻き ゆうのは のりまき のことやね。

きょうは節分。
恵方巻き 食べなアカン、ゆうやん。


うそやろ。


そんなん、関西おる時、いっぺんも聞いたこと無い。
絶対あんなん、バレンタインデーみたいなもんで どこかの誰かの企てや。


そやけど、流行りもんに弱いんです。 特に食べ物は…



今年は去年ほど大騒ぎな感じや無いんですけど、それでも今日はさすがに 太巻きが山盛りになってた。
3本1000円やて。 安いなぁ。 去年はもっと高かった気がする。

3年前、流行に乗せられて初めて食べた恵方巻きは、なんか まずかった。
味が濃い、ゆうか。 海苔がまずい、ゆうか。 寿司メシが酸っぱい、ゆうか。

今年は美味しかった。関西っぽい味やった。
寿司メシ、ほんのり甘め。 酢があまり効いてない。 なんか懐かしいあじ。
具も、無難。 厚焼き玉子、胡瓜、桜デンブ、しいたけの煮たのん、カニカマ。



太巻き。 実家では のりまき 言います。
秋の大運動会の時に 親がお重箱に入れてくるんが この のりまき。


嫌いやったなぁ。 (爆


なんか、おかずとご飯が一緒になってて、損した気分やった。
もっと派手な から揚げとか たこウインナー とか、
そういうのが食べたかった。


のりまき、 母が好きやったんです。
子どもらが嫌いやから、 家で ご飯の時に 作られへん。
運動会の時やったら 文句言わんと (言えんと) 食べるやろう、 周りに みんなおってやから 静かに食べるやろう、と。
しかも 母が腕によりをかけて作った、 自慢の のりまき。
母は播州の田舎の出身やったんで、 秋の運動会ゆうたら、祭りもいっしょ。祭りは のりまき! ゆうのが決まりやったらしいんで、 めっちゃ張り切って 力入れて 作る。
パッとフタ取ったとき まわりの皆さんが 「 おおおおおっ~~~~! 」 とどよめくのも 計算に入っとったんやないかと。


そう 子ども心に 思ってたんですけどね。



最近、母の作ってくれた のりまきが また食べたいなぁと思ってます。
というか、 大人になって ようやく私も のりまきの美味しさと有難みが わかるようになってきたんやね。
外でのり巻き 買ってきても なかなか美味しいのに当らんし。
のりまき作るんには 野菜や乾物を別々に煮て味付けて、 結構準備が大変や という事に 
ようやく気付いてきたわけですよ。


のりまき。 恵方巻きが流行ったお陰で この時期 選び放題です。
今年のは 結構美味しかった。 そやけど、 母の のりまきの こだわりは 三つ葉やったんかなぁ。 三つ葉の入ったのりまきには まだ(多分) 一度しか出会ってない。

自分でも そろそろ一度くらい 作ってみよかな、 思ってます。



≪母の のりまき≫ の 具

  高野豆腐   厚焼き玉子   穴子   三つ葉 
  しいたけの煮たの   ニンジンの煮たの   かんぴょう



 


ブログパーツ

東西味違い | 20:30:23 | Trackback(0) | Comments(14)
かぶらの漬けもん と 千枚漬け

 コーベの漬けもん、ゆうたら、何となく奈良漬、ゆうイメージがあるんですけど、
私、奈良漬嫌いやったんで、神戸でも東京でも奈良漬は食べません。(神戸の奈良漬のことを甲南漬って言うのかな?ただ奈良漬ってよんでたけど、ようわかりません)

 ウチの母が大好きやったんは、垂水のダイエーの横に 朝市のテントみたいな出店してた漬物屋さんの蕪のぬか漬け。 かぶのこと、ウチはかぶら、言う。 ナスはなすび。

 垂水に買いもん行ったときはその漬物屋さんに必ず寄ってた。
普段は祭りの時の屋台でたこ焼き買うんもあまりええ顔せん母やのに、 子ども心に 「こんなお店で買って大丈夫なんやろか」 と思ってたけど、そこのお店はええらしかった。 確かにかぶらのぬか漬け、美味しかったし、そこで買った白菜のぬか漬けも美味しかったんで、 私は漬けもんゆうたらこういう味なんや、と思ってました。


 大人になって、漬けもん食べるようになって、ぬか漬けの美味しいのんに当ることは、滅多にないんや、という事がわかってきた。
というか、売ってる漬けもんそのものが、ほんまに美味しい思えるもんが なかなかない。
大体が 化学調味料のあじがすごい。 あれ、野菜の旨味が 消されてしまう。

 あの垂水の漬けもん屋の漬けもんは、かぶらやったらかぶらの味、白菜やったら白菜の味がしっかり味わえてたなぁと思う。 ぬかや塩や、昆布の味が合わさって、野菜の味を引き出してさらに美味しく感じるように出来てたんや、と。


 かぶらの漬けもん。 自分の家では 新鮮なかぶらを薄くスライスして 軽く塩もみしただけで食べるんが好きです。 かぶらって、甘いんよね。 かぶらの甘み、塩でより際立って、ほんまに美味しい。 そのままでも美味しいけど、オカカ かけて お醤油たらっとたらすと、もう、ご飯何杯でも食べてしまいます。



≪千枚漬け≫ ってあるでしょ。 聖護院蕪の漬けもん。 
あれ、甘酸っぱい味で、かぶらの味もなんもわからんので、嫌いやったんです。

 その≪千枚漬け≫。
京都の【東山八百伊】さんゆう漬物屋さんに出会ってから 好きになりました。
【東山八百伊】さんとの出会いも、懐かしい思い出があるけど、それはまた改めて。

 ここの 丸のままのすぐきと 生しば漬け、一本ものの壬生菜漬けは、化学調味料が入ってへん。 塩だけで漬けてあって美味しいんです。
 何年か前、それまで敬遠してた≪千枚漬け≫を 初めて試食したら、 かぶらの味がして、めっちゃ美味しかった。
かぶらに昆布の味がふくらみを持たせて、ふうわり口ん中でかぶらの甘みと香りが広がる。
≪千枚漬け≫って、もともとこういう味やったんちゃうの?と感動でした。


 昨日、たまたま 【東山八百伊】 さんが日本橋高島屋に催事出店してる、ゆうんで行ってきました。
 ちょうど、先だって ほいほいさんのブログで 【村上重本店】 さんが日本橋高島屋に しなもんを置いてはる と聞いて、 ついでやから 両方買って食べ比べしよ、思って。




 千枚漬け。 写真手前、東山さん。奥が村上重さん。村上重さんのは、蕪とお塩だけ。千枚漬けがたっぷりの昆布でぐるぐる巻きにされてて。 さらに ビニール袋に入れられ、輪ゴムでしっかりグルグル止めにされてる。 なんかものすごい質実剛健な感じ。(笑
20070110102712.jpg
 ちょっと昆布多すぎ?ゆうくらい、マッタリした旨味がかぶらにしみこんでる。かぶらの味が引き出されてもいるけれど、昆布も味も、すごい。 私はちょっと昆布の漬け込みすぎかなぁ、昆布味がきついかなぁ、と思いましたが、家族には好評。

 残念ながら、東山さんのは今回、お砂糖がちょっとだけ入ってました。2年ほど前に買ったときは入ってなかったと思うんやけど、今回のはちょっと甘い。 とは言うものの、かぶらの甘みを引き出すだけの、隠し味みたいな使われ方なんですけど。 絶妙な美味さはそれなり。 でも、村上重さんのと比べてしまうと、甘みの中に歴然と砂糖の甘みを感じてます。
砂糖が少し入ってるといっても、 他の千枚漬けとは全然ちがう。 私はそれでも好きでしたよ。

 東山さんのは かぶらのシャキッとした歯ごたえがたまらない。 アッサリした感じで、パクパク食べられます。
(東山さんの、今回は普通のビニールパックでしたけど、最初に食べたんは紙の包装紙に入ってました。 おんなじものなんかなぁ? つくり方変えはったんかなぁ?)20070110102746.jpg


 ついでに すぐきの食べ比べ。
写真手前、東山さん。奥が村上重さん。
こっちも同じような感想です。東山さんはアッサリ。ちょっと酸味が強めで、このままで食べるより チョロッと醤油かけると 旨味の相乗作用で抜群に美味しい。 ご飯が何杯も進んでしまう。 (私はすぐきは 最初に何もかけず、次に醤油かけて、最後にオカカかけて 3回は楽しめます)

 村上重さんのすぐき。 すぐき蕪の味の癖が、発酵とともにさらに味わい深く、 深みのある味になってます。 村上重さんのはこのままのほうが美味しい。
ちなみに、葉っぱのほうは、村上重さんのはちょっと癖が強いので、東山さんの方が食べやすかた。好きな人はきっと村上重さんの葉っぱがタマランやろうね。


 それぞれに美味しかった。どっちもそれぞれの美味しさでした。


 どちらのお店も、塩のみで漬け込んだお漬物を作り続けてはる、というところが とてもポイント高いです。こういうオツケモン、いつまでも作り続けて欲しいなぁ。


 かぶらはやっぱりかぶらの味が生かされた漬け方が好きやなぁ。
かぶらって、もともと美味しいんやから。



ブログパーツ

東西味違い | 11:11:11 | Trackback(0) | Comments(5)
年越しそば

いよいよ年末です。
今年もあと24時間。 このブログをはじめて、改めて 私はこ~べのことがすっきゃねんなぁ、と思いました。 そうとうしつこく こ~べのことを想ってる。 相手が男やったら逃げ出すやろな。(笑


 さて。 暮れも押し迫った31日は、いろいろバタバタした後、 うちでは必ず晩御飯の後に、紅白が終わりかけた頃、もう、なんも食べれん、ゆうても許されずに、 年越しそばを頂くことになってました。
 これがなかなかツライ。
なんてったって母は 『エビのテンプラ』 が大好きで、 こんな夜中にも関わらず、年越しそばには 必ずといっていいほど 『エビのテンプラ』 を入れるんです。

 おせち作りの手伝いしながら 相当つまみ食いをして、しかも晩御飯もそこそこちゃんと何かしら食べた後ですよ? むりや。無理すぎる。


 そばはもちろん、関西風の汁です。煮干と昆布のだしが出るときもあるし、「ほんだし」とか 使うときもあるし、 とにかく、出しに淡口醤油です。 すっきりした透明の汁に、関東からするとちょっとうどんっぽい、小麦粉つなぎの大目の(ゆうても二八位やないかな) 茹でそばをあっためて投入。そこに市場で買ってきた、これはウチで作るそばとしては最高級にして年に一度の 『エビのテンプラ』を。


 母はそれで満足やったんやろうね。


 私らは 苦しいて苦しいて ウゲウゲいいながら食べてました。


 いや、私はそばは好きなんですよ。スッゴイ好きなんです。
でも、この年越しそばの苦しさは、『ご飯食べれるありがたさを改めて感じさせるイベント』 か?
と思うほどに苦しい。 

 それでも、ウチではご飯 出されたら残さん、ゆう シツケされてたんで


 大晦日。 ゆくとしくるとし 見ながら そばを 詰め込んでました…


 


 母が亡くなり、私が年末年始の台所の実権を握って、最初に改革したんが、この年越しそばイベントです。
 12月31日の夕ご飯を 年越しそばにする!


 こんな簡単なことやけど、大英断でした。(爆
父は何気に抵抗してましたけどね。
 それでも、2年目からは 率先して支持してくれてたんで、きっと彼も 年末の最後に 文句はいわねど苦しんでたんでしょうね。


 


今年も 大晦日の夕ご飯は 年越しそばです。

 美味しい鶏肉買ってきて (京都行った時は必ず買ってくる、鶏のセセリがええですね。神戸でもセセリは売ってます。東京では見たことありません。東京で年越し迎えるときは合鴨か地鶏、上手くいけば比内鶏を使います。 テンプラは… まぁ滅多に食べへんなぁ… でも、美味しそうなテンプラ売ってる時は買ってきます。 だんだん母に似てきたかなぁ…)
夕方、関西の汁で そばを頂きます。
 美味いです。

年の最後に 美味しいもん食べると  それなりにやっぱり幸せ。


今年、怒涛のように始まったこのブログ、お付き合いいただきありがとうございました。
来年も引き続き よろしゅうごひいきに。

よいお年を。


 


【追記】 せせり   せせりは鶏の首の周りの肉で、よくしまっていてしかも油が適度についており、お雑煮などの出しに使うには最適。焼き鳥にしてもジューシーで味が凝縮されて、すごく美味しいです。関西ではセセリは結構普通に売ってるけど (スーパーではあまり見かけない?普通の肉屋では普通に売ってる) 東京では見ません。 セセリが食べたい…


ブログパーツ

東西味違い | 00:00:00 | Trackback(0) | Comments(4)
餅は丸もち!

 毎年、暮れの29日になると、お向かいのお宅の餅つきの音が 朝から響いて 年の暮れを告げたものでした。
 お向かいのお子さんが大きくなり、結婚されて子どもさんが生まれ、しばらくぶりに お餅つきの ペッタン ペッタンという音が聞こえてきたのは 何年前やったでしょう。
薪でグラグラゆだったお釜の上でもち米を蒸す匂いにも、 新年を迎える懐かしい思い出が蘇ります。


お餅、神戸の実家で使うのは 丸もちと 『ナマコ』と呼ばれる餅でした。

 丸もちは、近くの商店街にある和菓子屋さんのお餅がとても美味しくて、年末にはお正月用に買って帰ります。
丸くて、手のひらにちょうど乗る大きさの丸もち。和菓子屋さんの丸もちは きめ細やかな生地は よく伸びて、その中に米の粒がすこうし残っていて、その舌触りがなんとも言えず美味しい。

ストーブの上に餅網を置いて、そこでひっくり返しながら焼きます。

 焼いたお餅は 醤油の入った皿に入れ、醤油にまんべんなく浸るように 箸でぐいぐい押し付けてぺっチャンコにしてしまいます。
醤油で表も裏も茶色くなったお餅を、 海苔でくるんで食べる。
いわゆる ≪磯辺巻き≫ が 昔から大好きでした。

 正月のお雑煮も、この丸もちを焼いて入れます。
餅がきつね色にこんがり焼けたのをお雑煮の中に入れると、汁を吸って ジュ! と音を立てます。 香ばしくて、ちょっとオカキみたいな味になるのも美味しい。


 母の実家では、丸もちを水につけて保存しておきます。
こうすると硬くなったりひび割れたりすることなく 正月過ぎにやわらかいお餅が食べられます。
ちょっと水っぽさで柔らかくとろけそうなこの水餅を、焼かずにお雑煮に入れて食べるのも好きでした。 お餅がとろけて、お雑煮のだし汁をたっぷり吸って ドロドロになったところが特に美味しかった。

 なまこ餅は、自宅で餅をついた(作った)時に作りました。
私が小学生のころ、電動餅つき機なるものが流行って、我が家でも購入。しばらくはこの餅つき機が年末、大活躍でした。この餅つき機で餅をつくと、まずは御鏡、そして丸もち。最後に保存用のなまこ餅を作りました。
 なまこ餅は、餅を巨大なホットドッグのような形にします。この形のまま、冷まして固め、ビニール袋などで乾き過ぎないようにして冷暗所で保存します。食べる時にかまぼこのようにスライスして焼いて食べました。 関東では保存用に 『板餅』 を作るようなものでしょうか。


 真空パックされた餅が売られるようになり、 「餅が丸くない!」 ことに抵抗を感じつつ、かびない便利さに、うちでもだんだん丸もちから四角いパック餅を食べるようになった時期があります。


 でも、やっぱり餅は丸もちがええね。


 


 【追記】 うっかり書きもらしてしまいましたが、ウチのお雑煮は醤油です。これは関東風なんかと思ってたんですが、関西でも元日は味噌、2日目に醤油、というのがある、と、そういえば以前聞いたことがありました。 雑煮については全国各地でいろいろあるという話。 今年は無理でも来年の正月には雑煮についても書いてみたいと思います。 (雑煮についてはhirokunさんのところでも何回かとりあげられているようです ≪もちの形について≫ ≪正月2日のすましの雑煮について≫1/2の水菜を参照


ブログパーツ

東西味違い | 20:43:53 | Trackback(0) | Comments(2)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。